1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 05:53:04.40 ID:VbN+7kWOP

瑞樹「うん、大分良くなってきたわ」

美沙希「そぉですか?ありがとうございまぁす!」

美沙希「今日はごめんなさぁい、ボイストレーニングしてもらちゃってぇ」

瑞樹「いいのよ。美沙希ちゃんだけじゃなくて田舎から来た子にはよく頼まれるしね」

瑞樹「でもすっかり遅くなっちゃったわね、今日はもうここまでにしましょう」

美沙希「あっ、ごめんなさぁい、こんな時間まで……」

瑞樹「だからいいってば、それにしても随分な時間ね……美沙希ちゃん、今日はもう暇?」

美沙希「そぉですけどぉ?」

瑞樹「どこかで食事でもして帰ろうかなって思ってるんだけど、どう?」

美沙希「わっ、いいですねぇ!あたしもご一緒しますぅ!」

瑞樹「ふふ、ありがとっ」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:00:50.65 ID:VbN+7kWOP

美沙希「……素敵なお店ですねぇ」

瑞樹「でしょ?私も一度来て気に入っちゃって」

美沙希「川島さんってぇ、やっぱり大人の女性?ってカンジしちゃますねぇ!」

瑞樹「大人の女性?」

美沙希「そぉですよぉ、なんだかとっても落ち着いていてぇ、あたしと違ってこういう雰囲気も似合ってるっていうかぁ……」

瑞樹「……可愛くないかしら?」

美沙希「可愛く、ですかぁ?」

瑞樹「そう、可愛く、よ?」

美沙希「う~ん……」

瑞樹「ねぇ」ズイ

美沙希「うぁ」

瑞樹「ねぇねぇ」ズイズイ

美沙希「うぅ……川島さん、可愛いですよぉ……」

瑞樹「ふふ、やっぱりまだまだいけるわね」グッ

美沙希「ガッツポーズ……古い……?」ボソッ



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:10:59.70 ID:VbN+7kWOP

瑞樹「それで……何の話だったかしら……?」

美沙希「ええとぉ、大人の女性の話ですよぉ」

瑞樹「ああ、そうだったわね」

美沙希「川島さんってぇ、やっぱり年上だけあってぇ、大人の雰囲気でてるなぁ、てぇ」

瑞樹「それに可愛いしね」

美沙希「そ、そぉですねぇ、あたしにわぁ、そういうとこ真似できないなぁって」

瑞樹「そうかしら?」

美沙希「そうですよぉ、あたしだってぇ。田舎から出てきてぇ色々おしゃれとかしてみたりぃ、雑誌とか読んだりしているんですけどぉ」

美沙希「やっぱりぃ、こういう都会の雰囲気でてるお店来ちゃうとぉ、すっごく緊張しちゃってぇ……」

美沙希「川島さんわぁ、うまく言えないんですけどぉ、すごくお店の雰囲気に溶け込んでてぇ…」

美沙希「……なんだかあたしじゃあ、敵わないなぁって……」

瑞樹「そうかしらね?」

美沙希「そうですよぉ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:20:54.82 ID:VbN+7kWOP

瑞樹「大人、ね……まあ、私もあなたくらいの歳の頃はそういうの結構気にしてたところもあったわね」

美沙希「そぉなんですかぁ?」

瑞樹「ええ、美沙希ちゃんは22、だったわね?ちょうどその頃、私はテレビ局のアナウンサーとして入社したのよ」

瑞樹「学生時代と社会人になってからじゃやっぱり環境って全然変わるでしょ?いろんな人といろんなところで仕事したりして」

瑞樹「人生色々、男も色々、って感じでね、同期の女の子同士そういう話で盛り上がったり、あの彼いいとかどうとかって話になったりね、それこそ競争になったりしてね」

瑞樹「私にももちろん狙った相手とかいたりしたわ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:25:27.90 ID:VbN+7kWOP

瑞樹「それでいろいろ勉強して……最新の化粧品だとか、高級ブランドの服とか」

瑞樹「男を魅了するテクニックだとか、日焼けだけ止めて飢えて死ねだとか」

瑞樹「ま、それでも失敗する時は失敗してね、そのたびに思ったわ『もっと素敵な女になりたい!』って」

美沙希「大変だったんですねぇ……」

瑞樹「ええ、私だってただ待っているだけじゃ誰からも相手にされなかったでしょうね」

瑞樹「……努力してもなかなか相手にされなかったかもしれないけど……」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:31:04.09 ID:VbN+7kWOP

瑞樹「それで、あれこれやってるうちにね、もう30近くまでなっちゃって……」

瑞樹「ふと、周りを見渡すと、同期の女の子はほとんど結婚しちゃってて……」

瑞樹「それで、下からは新しい女の子がどんどん入って来てて……」

瑞樹「そういう女の子も同期の男の子となんだか良い感じになってて……」

瑞樹「いつの間にか、職場じゃ私一人取り残された風になって、なんだか居辛くなってきてね……」

瑞樹「そんな時ね、彼に出会ったのは」

美沙希「プロデューサー、ですかぁ?」

瑞樹「そう、彼ね。」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:38:24.11 ID:VbN+7kWOP

瑞樹「彼ってば、私のこと見て可愛いなんて言うもんだから、私もつい吹き出しそうになって」

瑞樹「でも、そんな風に見てくれる人まだいたんだって思うと何だかまだやれそうだなって気がしてね」

瑞樹「アイドルにスカウトされたんだけど、それも悪くないかなって思って、それでここにきてみたの」

瑞樹「そしたら、その事務所、当たり前だけど私より若い子もたくさんいてね」

瑞樹「このままじゃまた取り残されちゃう!って思って自分のことを若くみせようって頑張ってみたの」

瑞樹「皮肉なものよね、大人の女になりたいって思って努力してたら歳だけ食って」

瑞樹「歳をとったらとったで今度は若くなりたいなんて思うんだから」

瑞樹「女ってつくづくわがままな生き物だなって思ったわよ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:46:01.67 ID:VbN+7kWOP

美沙希「でもぉ、川島さん可愛くなってますよぉ」

美沙希「努力の成果出てる?ってカンジ?」

瑞樹「そう?ありがと」

瑞樹「色々話してすっきりしたわ。ごめんなさいね、こんなおばさんのお話に付き合ってもらっちゃって」

美沙希「そんなことないですよぉ!あたしも楽しかったです!」

瑞樹「そういってもらえると嬉しいわ、ありがとう」

美沙希「あのぉ、川島さん……?」

瑞樹「ボイストレーニングもしてもらっているのにぃ、申し訳ないんですけどぉ……」

瑞樹「何かしら?」

美沙希「あたしにも教えてもらっていいですかぁ?」

美沙希「アンチエイジングのやり方について!」

瑞樹「」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 06:55:18.15 ID:VbN+7kWOP

美沙希「川島さんの使ってるコスメとかぁ、お肌に良いお料理とかぁ」

美沙希「どこでエステしてるのか、とかぁ」

美沙希「そういうのあったらぁ、あたしも参考にしたいなぁって」

美沙希「あたしもいつまでも若くないですからぁ、今のうちにお勉強しておきたいなぁって思いましてぇ!」

美沙希「あれぇ?どうしましたかぁ、川島さん?」

瑞樹「ふ、ふふふ……」

美沙希「?」

瑞樹「ふふっ、あははははははははは!」

美沙希「ひどいですよぉ!笑うなんて!あたし真剣なんですからぁ!」

瑞樹「くすっ……ごめんなさいね……ふふっ……でもそういうことじゃないの」

瑞樹「あなたはまだ若いんだから……ダメよ?歳とったときの話なんて今から考えてちゃ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 07:08:15.62 ID:VbN+7kWOP

美沙希「えっ、でもぉ……」

瑞樹「あなたが思う理想の女性を目指しなさい、それが大事、私たちはアイドルなんだから」

瑞樹「彼が、プロデューサーがあなたをスカウトしたの、わかる気がするわ、昔の私を思い出すもの」

瑞樹「彼はね、きっとあなたにはそういう女の子になってほしい、そう考えてるんだと思うわ」

瑞樹「綺麗になりたい女の子。それってよく言う『等身大の私』みたいなものになるんじゃないかしら?」

瑞樹「そういえばあなた、男の子からの人気があまりないって言ってたわよね?」

瑞樹「それもまあいいんじゃないかしら?女の子のなりたい女って男の子にはよくわからないものだと思うから」

瑞樹「綺麗な女になろうとするあなたを見て、アイドルなりたいって思える女の子がいたらそれはそれで成功よ」

瑞樹「憧れを抱くのに女も男もないんだから」

瑞樹「私たちの仕事ってそういうものだしね」

瑞樹「今日は本当に楽しかったわ、また今度、一緒に食事でもしましょう」

瑞樹「じゃ、また明日ね、美沙希ちゃん」

美沙希「はい……」

美沙希「……理想の女性、かぁ……」

美沙希「川島さんにはやっぱり敵わないなぁ……」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 07:09:03.77 ID:VbN+7kWOP

おしまい
短いと思ったら本当に短かった



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 09:11:22.34 ID:7VsxVhLvO

貴重な衛藤さん乙


元スレ
モバP「川島さんと衛藤さん」