96: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:15:54 ID:lrD

第七部 ストロベリータチバナの逆襲



97: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:23:38 ID:lrD

司会「さぁアイドル料理対決も残り時間が迫ってまいりました」



結華「こがたん、あとは?」

恋鐘「炒めた野菜をのっけるだけたい!」

ジャージャー

霧子「麺……茹で上がりました」

咲耶「よし、これを容器に入れて」

摩美々「よーし、かんせー」

恋鐘「うちのちゃんぽんは天下一品ばい!みんな食べてみるとよ!」



98: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:28:09 ID:lrD

唯「ユッキは丼にご飯を!早苗さんは卵を溶いておいて!」

友紀「任せて!」

早苗「とりあえず四つずつ溶けばいいわよね!」

チャカチャカ

夕美「じゃあ、仁奈ちゃんが卵をまわしかけちゃってね」

仁奈「まかせるでごぜーますよ!」

シュワワ

唯「よし!これをご飯に乗せるだけっ」

友紀「こっちも完成だよー!」

早苗「あっちは長崎ちゃんぽんで」

夕美「こっちは沖縄ちゃんぽん……少しこっちがマイナーかな?」

唯「マイナー上等だよ♪」



99: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:34:51 ID:lrD

司会「では勝者は……」

ジャララララ

恋鐘「……」

夕美「……」



司会「3対2でチームSun flower!」

夕美「わあっ!」

唯「やったね☆」



恋鐘「くやしかー、ばってん。こっちは野菜が炒めきれてなかったから……」

摩美々「あー、ざんねん」

霧子「もうちょっとしっかりしてれば……」

咲耶「気に病むな、霧子」

結華「そうだよ、逆にいえば野菜さえ完璧なら、三峰達の勝利は間違いなかったんだからね」



100: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:43:42 ID:lrD

唯「お疲れさまー!楽しかったよ☆」

恋鐘「うちもたい!」

霧子「よかった……みんな仲良くなれて」





恋鐘「とはいったものの、負けはくやしかー!」

凛世「あちらは……料理上手の方ばかりですから」

夏葉「そうね…このアイドルデータブックを見るだけでも、家庭料理からスイーツまであらゆる部門に精通しているようね」

樹里「どれどれ……うわ、42キロを一時間で走ったり、ゲームのプログラムを書き換えるのまでいるんだ……」

果穂「うわぁ~パンチで鉄の板を貫いたり、チョップで戦車を倒したりできるんだ!」

智代子「……人間?」

凛世「お会いした限りでは……神の領域の方がちらほら」



101: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:49:17 ID:lrD

樹里「で、そんな連中が作った料理を食べる番組に参加か……」

夏葉「当日誰が来るかわからないから……要注意人物だけ確認しておきましょう」

智代子「そうだね。でもなるべくならおいしいのが食べたいな」





千雪「そして、この時『イチゴ』は料理として出るとは誰も思いませんでした」

甘奈「イチゴって……ウニのあれじゃないよね?」

甜花「……なーちゃん、それは『ウニのイチゴ煮』…だよ」



102: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)22:55:29 ID:lrD

――当日

モバP(以下P)「困ったな……撮影の遅れで、みりあが283プロさんとこの番組に間に合いそうにないと」

ちひろ「とりあえず……梨沙ちゃんかメアリーちゃんでも」

P「でも今からで間に合うかな?」



ガチャ

ありす「おはようございます」



P「……」ジー

ちひろ「……」ジー

ありす「……?」



P(どうします?一応、バラエティらしいんですけど?)

ちひろ(まぁ、お相手がそんなに気にしてなければ……)



ありす「もう……お二人とも、どうかしたんですか?」

P「うむ……実はな」



103: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)23:00:14 ID:lrD

ありす「というわけで参加することになりました」ドヤァ



千枝「あ、ありすちゃん……その」

ありす「ご安心ください。本日、私は手ぶらですから」



桃華(大丈夫ですの?)

薫(今の時期ならいちごが食材に出てこないと思いまー)

仁奈(それに早くしないと、本番まで時間がねーですよ)

千枝「え、えっと、ありすちゃん。今日も頑張ろうね」

ありす「はいっ!」



104: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)23:08:17 ID:lrD

――スタジオ

司会「じゃあ、放課後クライマックスガールズの皆さんのリクエストをどうぞ!」

果穂「ハンバーグ!」

智代子「生チョコ!」

樹里「まぁ、カレーでいいよ」

凛世「茄子を……お願いします」

茄子「はーい」ニュッ

千枝「わわわ、茄子さんは今日は応援席でお願いします!」

茄子「ちくわ大明神!!」シュタタタ

夏葉「なんだったのかしら……とりあえず鶏肉料理を」

司会「オーダー入りましたぁ!」





千枝「多分、だけど鶏肉料理が一番難しいはずだから、千枝がやりますね」

桃華「生チョコはお任せください。かな子さんからしっかり教わりましたわ」

薫「カレーに取り掛かりまー」

仁奈「お茄子を焼くのですよ!」

ありす「では私がハンバーグですね」



105: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)23:13:23 ID:lrD

ありす「ハンバーグ……相手が同じ年ですが油断はできませんね」

「ここは本格的に作りましょう」フンヌ



ジュー

「ふぅ……あとはソースですね」

「シンプルにウスターソースとケチャップを」

「このケチャップは珍しいですね?瓶に入ってます……」

つ【いちごジャム】

「全部入れちゃいましょうか」



グツグツグツ

千枝「……なんででしょう」

桃華「食材にいちごはないはずですわ?」

薫「いちごのにおいだ……」

仁奈「仁奈、間違えてねーですよね?」



ありす「ふんふふーん、るんららー、たらりらったらーん」←普段からいちご料理を作ってるので違和感無し



106: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)23:17:43 ID:lrD

司会「ではできあがった料理を」

放クラ『いただきます!』



夏葉「うん……このチキンサラダいいわね」カチャカチャ

樹里「カレーもこの短時間でよくできてるな」パクパク

智代子「生チョコうまー!」トロー

凛世「茄子も……しっかりと」

「ん?」

果穂「ぶくぶくぶく……」



樹里「か、果穂ーっ!!」



107: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)23:27:38 ID:lrD

ありす「どうしたんでしょう?こんなにおいしいソースなのに?」ペロッ

千枝「まずくはないけど……刺激的だよね」

桃華「いちごジャムだけの方が、まだ被害は少なかったのかもしれません」





樹里「おい、しっかりしろ!」

果穂「イチゴ……コワイ……イチゴ……キライ」

智代子「しっかりしてー!!」

凛世「独特の……お味ですね」ペロッ

夏葉「まずくはないけど、果穂には少し早い味ね」





――後日、スイーツファイブによるスイーツ食べ放題で許してもらえました

(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー



108: ◆Vysj.4B9aySt 2018/10/08(月)23:29:40 ID:lrD

構想中の、幸子に食べさせるプリンをサツマイモプリンにするか、蓮根プリンにするかで物語が変わるので、悩んで先にいちごネタを書きました



では読んで下さった方に感謝を


元スレ
【モバマス】千枝「今夜の夜食は」ネネ「食べ過ぎ注意ですよ」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1536416626/