1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 07:51:28.14 ID:JFRBnDIg0

P「その髪型めんどくないですか?」

ちひろ「…え?」

P「いや、毎朝その太い三編みしてるのかなぁと」

ちひろ「まぁそうですけど、慣れてるのでそこまでは」

P「へぇ…」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 07:52:05.29 ID:JFRBnDIg0

ちひろ「…」カタカタ…

P「…ん?」

ちひろ「…?」

P「あー、うーんマズったか」

ちひろ「どうされました?」

P「いや、たいしたことはないんですが…」

P「来週のスケジュール調整ミスってますね」

P「アイドルの移動がギリギリになっちゃうなぁと」

ちひろ「近場であれば私が出向いてもいいですよ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 07:54:42.76 ID:JFRBnDIg0

P「あら、ホントですか、助かるなぁ」

ちひろ「…最初からそうお願いするつもりだったでしょう?」

P「さぁ」

ちひろ「…はぁ」

P「まぁまぁ、今度いい店連れていきますんで」

ちひろ「また口ばっかりじゃないんですか?」

P「いやいや、今度こそは大マジですから」

ちひろ「いい加減期待しちゃってるこっちの身にもなってください」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 07:58:01.12 ID:JFRBnDIg0

P「だって休みなかなか取れないですし」

ちひろ「仕事終わりとかじゃダメなんですか?」

P「えー、いい店とか近場にないじゃないですか」

ちひろ「私は別にいいお店じゃなくても…」

P「いーや、俺はちひろさんとの初めてのお店はいいとこって決めてるんです」

ちひろ「…」

P「どーせなら休日一日使ってデートしたいですし?」

ちひろ「…なんで私に聞くんですか?」

P「え?いきたくないですか?そうですか…」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:02:39.94 ID:JFRBnDIg0

ちひろ「別にいきたくないなんて言ってないです」

ちひろ「むしろいきたいんですよ、私も」

P「良かった、振られたらどうしようかと」

ちひろ「…振るわけなんてないじゃないですか」

P「どうしてですか?」

ちひろ「…っ」カァアア

ちひろ「…わかってるくせに」

P「んー、わかんない☆」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:06:42.74 ID:JFRBnDIg0

ちひろ「ばか…」

P「えー、今の傷つくなぁ」

ちひろ「はいはい、さっさと仕事終わらせてくださいよ」

ちひろ「アイドルの皆帰ってきちゃいますよ」

P「了解です、っと」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:07:29.27 ID:JFRBnDIg0

P「…」

ちひろ「…」カタカタ…

P「ん~~~~~、終わった~!」

ちひろ「おつかれ様です」

P「何か手伝うことあります?」

ちひろ「特には」

ちひろ「私もあと五分もしたら終わるので」

P「じゃぁ俺はコーヒーでも淹れてきますね」

ちひろ「ありがとうございます」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:11:30.66 ID:JFRBnDIg0

P「~~~♪」

ちひろ「…」カタカタカタカタ…

P「~~~♪」


コポコポコポ…


P「はいどうぞ」

ちひろ「ふぅ、ありがとうございます」

P「終わりました?」

ちひろ「はい、なんとか」

ちひろ「じゃ、頂きますね」

P「どうぞどうぞ」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:16:15.27 ID:JFRBnDIg0

ちひろ「…ふぁ」

P「…」ズズッ

ちひろ「なんというか」

P「?」

ちひろ「相変わらずコーヒー淹れるのうまいですよね」

P「だっていい豆使ってますし」

ちひろ「いや、あの…そういうことじゃなくて」

P「学生のころ近所の喫茶店のマスターに色々教えてもらいましたから」

ちひろ「あぁ、そうだったんですか」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:21:16.43 ID:JFRBnDIg0

P「家に結構いいサーバーとか置いてますよ」

P「まぁ最近はとんと使ってないですけどね」

ちひろ「どうしてですか?」

P「え?仕事で忙しいので」

ちひろ「あ、はい」
P「…」

ちひろ「…」

P「今度うちきます?」

ちひろ「え?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:25:34.51 ID:JFRBnDIg0

P「いい店とはいいませんが、料理とかならご馳走できますし」

P「なにより忙しくて外デートできませんしね、でも家デートなら…」

P「そうだ、そういやお酒は…」

ちひろ「ちょちょちょちょ、ちょっと」

P「はい?」

ちひろ「何で勝手に話進めてるんですか?」

P「来たくない、と」メモメモ

ちひろ「そういうの要らないんで」

P「はいはい」ケシケシ



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:29:33.97 ID:JFRBnDIg0

ちひろ「そりゃ行きたいですけど、こっ…」

P「こ?」

ちひろ「心の準備が、ですね…」

P「…?」

ちひろ「…」カァアア

P「…あぁ」

P「…えっち」

ちひろ「…っ!」ビクッ

P「むっつり」

ちひろ「~~~!」ビクビクッ

P「守銭奴」

ちひろ「それ関係ないですよね?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:34:40.06 ID:JFRBnDIg0

ガチャッ


加蓮「ただいま~」

凛「ただいま」

奈緒「はァ~疲れた…」


P「よっす、お帰り」

ちひろ「お帰りなさい」

加蓮「あれぇ、他のみんなは~?」

P「他のアイドルは今日は午前だけ」

加蓮「あれ、そうだっけ?」

P「そうだよー、ちゃんときいとけー」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:37:58.87 ID:JFRBnDIg0

奈緒「昨日言ってただろ」

加蓮「ん~、忘れた」

凛「相変わらずだね、加蓮は」

加蓮「褒めるな褒めるな」

奈緒「褒めちゃねーよ」



ちひろ「ちひろ、みんなお疲れ様、冷蔵庫にスタドリ冷えてるからよかったら飲んでね」

奈緒「うーい」

加蓮「あー、そろそろスタドリなくなるよー」

P「はいはい、明日買っとくから」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:47:04.15 ID:JFRBnDIg0

凛「仕事終わりのスタドリって体に染みるよね」

P「発言がおっさんだぞ、凛」

凛「プロデューサーもデリカシーないよね」

奈緒「何を今更」

P「えーだってお前らに対して気ぃ使いたくないし」

加蓮「私たちはもうそんな薄っぺらい関係じゃないもんね…」

加蓮「思い出すなぁ、あの夜…」

P「奈緒、早くこいつをつれて帰れ」

奈緒「あいあい」

加蓮「ひどっ、ひどいよプロデューサー!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:50:33.05 ID:JFRBnDIg0

P「大体俺はちひろさん一筋だっての」

凛「…出た出た」

奈緒「Pさんッてよくそんなこと恥ずかしがらずに言えるよな」

P「俺は大人だからなー」

加蓮「そうかなー割と子供っぽいところ多いよ、ね、ちひろさん?」

ちひろ「…」ボーッ

加蓮「ちひろさん?」

ちひろ「はっ、えっ?な、何々?」

加蓮「だめだこりゃ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:53:27.59 ID:JFRBnDIg0

凛「なんかこう…壁をキックしたい」

奈緒「フタリトモオトナダナー」

ちひろ「…コホン」

ちひろ「違うのよ、みんな。私は別にぼーっとなんかしてないわ」

奈緒「帰ろうぜ」

ちひろ「ちょっと待って奈緒ちゃん」

ちひろ「今帰られたら私どうしたらいいかわからないから」

凛「へぇ…」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 08:59:48.97 ID:JFRBnDIg0

加蓮「二人っきりになったら…」

奈緒「どうなるかわかんないって?」

凛「この神聖な事務所で」

加蓮「不潔」

奈緒「淫猥」

凛「阿婆擦れ」

ちひろ「うん、最後のはちょっとひどくないかな?」

P「はいはい、お前らそこまでにしとけ」

P「ちひろさんをいじめていいのは俺だけだからな」

加蓮「うっわ…」

凛「勝てないねーこれは」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:06:04.53 ID:JFRBnDIg0

奈緒「ま、アタシも帰ろうかな、観たいアニメあるし」

加蓮「何々ー、何観るの?」

奈緒「エ○ン」

凛「あれ面白いよね」

加蓮「私も観ようかなー、女子寮寄っていい?」

奈緒「いいけど騒ぐなよ」

加蓮「りょーかいりょーかい」

加蓮「じゃ、プロデューサー、ちひろさんまたねぇ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:11:44.75 ID:JFRBnDIg0

凛「お疲れ様でした」

奈緒「お疲れー」

P「お疲れさん」

ちひろ「次のお仕事は明日の朝からだから夜更かししないようにね」

加蓮「はーい」

ガチャ、バタン


P「…」

ちひろ「…」

P「相変わらず騒がしいですね、あいつら」

ちひろ「いいことだと思いますけどね」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:14:50.27 ID:JFRBnDIg0

P「元気もらえますからね」

P「忙しい仕事でも頑張ろうって気になりますよ」

ちひろ「ほんとにそうですね」

P「…」

ちひろ「…」

P「さて、もうやることは終わりましたし帰りましょうかね」

ちひろ「ですね、私も帰る支度しますね」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:19:07.22 ID:JFRBnDIg0

P「う~、外は寒いな」

ちひろ「事務所は快適でしたから余計にそう感じますね」

P「ちひろさん」

ちひろ「はい?」

P「その髪、マフラー代わりになります?」

ちひろ「…なりません」

P「ですよねー」

ちひろ「そんなに私の髪型気になるんですか?」

P「髪型というか、髪」

ちひろ「え?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:25:39.66 ID:JFRBnDIg0

P「綺麗ですし、まぁ他の髪型を見てみたいってのも多少はありますが」

ちひろ「へ、へぇ、そうですか」

P「ちひろさんは美人ですからどんな髪型でも似合うでしょうけど」

ちひろ「ま、またそんなこと…」

P「さ、明日も仕事だ、がんばろー」

ちひろ「…もう」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:28:45.83 ID:JFRBnDIg0

翌日


ガチャ

加蓮「おはよーございます」

奈緒「おはよー、ふわぁ」

凛「おはようございます」

ちひろ「みんなおはよう、ちゃんと時間前ね、えらいえらい」

加蓮「って、ちひろさんなんで髪下ろしてるの?」

ちひろ「んー、ちょっとね」

ちひろ「いいことが起きそうだから、かな」

凛「…?」

奈緒「?」

加蓮「???」

ちひろ「うふふ♪」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:29:28.69 ID:JFRBnDIg0

終わりです、お付き合いありがとうございました



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 09:32:31.40 ID:JsncwuQHO


やっぱりちひろは女神


元スレ
モバP「ちひろさんって」