1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:17:32.92 ID:OIyh5DuK0

千早「全くもって同感です」

P「ほら、見ろよこの写真」

千早「なんですかこれ、天使ですか」

P「やよいマジ天使」

千早「焼き増しよろしくお願いします」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:19:39.50 ID:OIyh5DuK0

千早「この間の話なんですけど」

P「ん?」

千早「高槻さんと事務所で少し話し込んでたんです」

P「ほう」

千早「幸せでした……」

P「うらやましい!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:21:35.73 ID:OIyh5DuK0

千早「いや、まぁそれで」

P「いいなぁ、本当にいいなぁ!」

千早「家族の話になったんです」

P「続けて」

千早「お姉さんぶる高槻さんかわいい」

P「わかる、マジ可愛い」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:24:10.06 ID:OIyh5DuK0

P「昨日、やよいが一人のロケがあったから一緒に行ったんだけどさ」

千早「なんですか、職権濫用ですか、羨ましすぎます」

P「ならお前やよいみたいな天使を一人で外に出すって言うのか?」

千早「そんなこと許されるはずないでしょう」

P「だろ?だから俺がついていくしかないんだ」

千早「私がついていけば皆幸せなんじゃ?」

P「仕事しろ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:26:24.96 ID:OIyh5DuK0

千早「高槻さんと一緒の仕事をもっと増やしてもらえれば」

P「ん~まぁ善処するよ」

千早「約束ですよ? 言質とりましたからね? なんなら誓約書作りますか?」

P[そこまでしなくても大丈夫だ! 多分」

千早「多分ってなんですか! 遊びでやってるんじゃないんですよ!」

P「その発言は正しいが使いどころが残念だなぁ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:31:00.32 ID:OIyh5DuK0

千早「まぁいいです、ここはプロデューサを信じましょう」

P「そりゃどうも」

千早「それで、話の続きをお願いします」

P「あぁ、それでな。 移動中にたい焼きやがあったんだよ」

千早「はぁ」

P「やよいって買い食いするイメージないだろ?」

千早「それは……そうですね」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:33:20.09 ID:OIyh5DuK0

P「時間もあったし、いつもレッスン頑張ってるご褒美ってことでさ」

千早「買ってあげたんですか?」

P「うん。凄く喜んでてくれてさ」

千早「でしょうね、天使の笑顔が思い浮かびます」

P「やっぱ最初は悪いですよーとか言ってたんだけどさ」

千早「高槻さんらしいですね、人に気を使って」

P「な、おいしそうに食べてるところもマジかわいかった」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:35:35.19 ID:OIyh5DuK0

P「で食べ終わってからも本当にありがとうございましたーって何度もお礼言ってさ」

千早「あの」

P「ん?」

千早「私昨日二人の帰り事務所で待ってましたよね?」

P「あぁ」

千早「たい焼きもらってないです」

P「えー」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:37:15.87 ID:OIyh5DuK0

千早「私の分はないんですか?」

P「昨日の話だしなぁ」

千早「いえ、でも私の分も買おうとか、私のことは思い浮かばなかったんですか」

P「そうだな、やよいでいっぱいだった、可愛すぎた」

千早「なら仕方ないですね」

P「悪いな、今度は買って来るよ」

千早「はい、お願いします」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:40:52.52 ID:OIyh5DuK0

P「しかし、そんなにたい焼き好きだったのか」

千早「そこまで好きというわけでは」

P「そうなのか?」

千早「えぇ、好きではありますけどね」

P「ふーん」

千早「高槻さんのほうが遙かに好きです」

P「天使とたい焼き比べんな」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:43:36.65 ID:OIyh5DuK0

千早「はぁ、早く帰ってこないかしら」

P「もう仕事は終わってるはずだからな、直に帰ってくるだろ」

千早「高槻さんがいないと事務所に華がないわ」

P「アイドルだろお前」

千早「高槻さん以外のアイドルなんて有象無象よ」

P「この事務所の大半を敵に回したな」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:46:27.36 ID:OIyh5DuK0

千早「だってすっごい可愛いじゃないですか」

P「異論はない」

千早「で、高槻さんってやよいって名前じゃないですか」

P「あぁ」

千早「やよいって弥生って書くし3月じゃないですか」

P「そうだな」

千早「私は如月で2月だし、これはもう運命と言っても過言ではないと思うんです」

P「過言だな」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:48:43.52 ID:OIyh5DuK0

千早「つれないですね、プロデューサー」

P「真っ当な意見を述べただけだ」

千早「あーあ、千早=高槻だと思ったのに」

P「超理論だな」

千早「それが成り立つと千早=天使になるんです」

P「千早も可愛いからな、いいんじゃないか」

千早「えへへ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:51:49.25 ID:OIyh5DuK0

P「あーでも本当に遅いな」

千早「ですよね」

P「やよい分が足りなくなってきた」

千早「なんですかそれ」

P「やよいに長時間会えないと減っていき、0になると狂う」

千早「中毒ですね」

P「やよいが可愛すぎるのがいけないんだ」

千早「かわいすぎるのは罪ですか」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:54:00.71 ID:OIyh5DuK0

P「だってさ、あんな天使俺の学校にはいなかったぞ!?」

千早「うちの学校にもいませんね」

P「小中高大学全部にいなかった!」

千早「それだけ高槻さんが稀有な存在という事でしょう」

P「なんであんなに可愛いんだろうな」

千早「高槻さんですからね」

P「あーそっかー」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 00:59:34.24 ID:OIyh5DuK0

千早「誰か帰ってきましたね」

P「マジで?」

千早「階段を上がって来てます」

P「やよい!やよい!」

千早「高槻さんはよ!」


ドア「ガチャ」

律子「ふぅ、今戻りました」

P「ケッ」

千早「……はぁ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:01:02.50 ID:OIyh5DuK0

律子「なんですかこの空気」

千早「いえ、なんでもありません。 お疲れ様です」

P「お疲れ、律子だけか?」

律子「えぇ、やよいと伊織は直帰しましたよ」

P「なん……」

千早「だと……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:03:43.65 ID:OIyh5DuK0

P「なんでだ!? 連絡来てないぞ!」

律子「私が聞きましたし……何かありました?」

P「何もないけどさぁ!」

律子「ならいいじゃないですか」

P「いいけどさぁ!」

律子「なんなんですか一体……」

千早「……」ズーン



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:09:06.48 ID:OIyh5DuK0

P「……はぁ」

律子「伊織もやよいの家に行ったみたいですよ」

P「え、そうなのか?」

律子「もやし祭りをするそうです」

千早「いいなぁ、いいなぁ」

P「俺も行きたかったなぁ、もやし祭り」

律子(二人ともそんなにもやし好きだったのかしら……」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:13:08.24 ID:OIyh5DuK0

律子「というか、二人ともまだ仕事残ってるんですか?」

千早「私はもう終わりました」

P「俺も」

律子「だったら早く帰ってください、二人とも忙しくて全然休んでないでしょう」

P(だからやよい分を補給したかったんだよ!)

千早(高槻さんがいないならいくら休んでも意味無いじゃない!)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:16:07.99 ID:OIyh5DuK0

P「しょうがない、今日はもう帰ろう」

律子「そうしてください」

千早「私も失礼します」

律子「はい、お疲れさま」

P「はぁ……」

千早「……」


ドア「バタン」


律子「なんだったのかしら……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:18:43.50 ID:OIyh5DuK0

P「せめてこのやよいも水着の写真で元気だそう」

千早「マジ天使ですね、高槻さん」

P「だろ?やよいにならこの水ぶっかけられても幸せになれそうだ」

千早「むしろご褒美でしょう」

P「それもそうか」

千早「高槻さんとプール行きたいです」

P「天国じゃん」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:22:32.35 ID:OIyh5DuK0

P「やよいに会えると思って事務所で待ってたのになぁ」

千早「全くですね、当てが外れました」

P「やよいに会えないことがこんなに辛いなんてな」

千早「せめて、今日の夕食はもやし祭りにしましょう」

P「あー、いいなそれ、やよいを近くに感じられそうだ」

千早「冷蔵庫まだもやしありましたっけ?」

P「残ってるはずだぞ、やよいと一緒に行った時大量に買ったから」

千早「ならまっすぐ帰りましょうか」

P「おう」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:27:46.06 ID:OIyh5DuK0

P「できたぞー」

千早「ありがとうございます」

P「もやし祭りを開催しまーす」

千早「全く可愛くないですね、高槻さんを侮辱してます?」

P「自分でもやっちまったと思ったよ」

千早「もやし祭りを開催しまーす↑↑」うっうー

P「やべぇ千早も可愛い」

千早「……えへ」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:34:49.42 ID:OIyh5DuK0

P「やっぱやよいほど旨くは作れないなぁ」

千早「十分美味しいですよ」

P「そうかぁ?」

千早「私に比べれば……よっぽど……」

P「千早も上達してるよ」

千早「本当ですか?」

P「あぁ、今日だってもやしを袋から出してもこぼさなかったじゃないか!」

千早「あ、そうですね…私、上達してるんだ……えへへ」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:41:41.73 ID:OIyh5DuK0

P「今頃伊織は」

千早「高槻さんの家でもやし祭」

P「羨ましいな」

千早「妬ましいです」

P「俺たちももやし祭だけどな」

千早「高槻さんいないですけど、これはこれでいいですよ」

P「やよいがいなくてもか?」

千早「いたら高槻さんしか目に入らないですし」

P「可愛いもんな」

千早「可愛いですから」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:45:54.31 ID:OIyh5DuK0

千早「プロデューサー」

P「ん?」

千早「高槻さん以外だったらどのアイドルが可愛いですか?」

P「やよい以外?」

千早「えぇ、ふと気になったので」

P「みんな可愛いぞ」

千早「強いて言うなら」

P「千早って言って欲しいの?」

千早「はい」

P「千早が一番可愛いよ」

千早「思ってたのと違いますね」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:47:43.71 ID:OIyh5DuK0

P「まぁ今のは言わされた感が強かったな」

千早「くっ……」

P「どういうのがよかったんだ?」

千早「高槻さんを褒めてる感じが良いです」

P「なるほど……」

千早「お願いします」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:50:35.94 ID:OIyh5DuK0

P「ふむ……」

千早「そこまで悩みますか」

P「千早はどっちかっていうとキレイ、カッコイイ感じだからな」

千早「そうでしょうか」

P「うん、だから可愛いなって思うんだけどやよいほどじゃないな」

千早「……高槻さんは可愛いですからね」ムスッ

P「千早はかわいいなぁ!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:52:53.13 ID:OIyh5DuK0

千早「何故このタイミングでそんなに感情を込めて言えるんですか」

P「拗ねる千早があまりにも可愛くて」

千早「拗ねたところを褒められても嬉しくありません」

P「嬉しくなかったか?」

千早「……嬉しかったです……ケド」

P「千早は本当にかわいいなぁ!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 01:57:58.65 ID:OIyh5DuK0

千早「そこまで言ってもらえればもう十分です、大丈夫です」

P「そりゃ良かった」

千早「全く……」

P「お、千早の携帯なってるぞ」

千早「あ、高槻さんからメールだ」

P「ずるくないか!?俺来てないぞ!?」

千早「フフン」ドヤッ

P「ずりぃ!千早ずりぃ!」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:01:32.85 ID:OIyh5DuK0

P「何て来たの?何て来たの?」

千早「内緒ですよ」

P「えー」

千早「高槻さんが!わ・た・し・に!送ってくれたメールですから!」

P「うわーずっり!千早ずっり!ズル千早!」

千早「急に子供ですか」

P「いいもんね、千早が見せてくれないなら俺もやよいにメールするもんね」

千早「私にはあんまりメール送らないくせに何て送るつもりですか!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:03:58.73 ID:OIyh5DuK0

P「この秘蔵のツインテールでフリフリの衣装を着たレアなちーちゃんを送る」

千早「ちょっと! なんでそんな写真持ってるんですか!」

P「俺はお前のプロデューサーだ」キリッ

千早「カッコイイ……」

P「ふふ」カチカチ

千早「って、え? 本当に送りました?」

P「送っちゃった」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:06:59.17 ID:OIyh5DuK0

千早「あー長年積み重ねてきたクールなお姉さんキャラが……」

P「意識してたのかよ」

千早「今までと同じ感じにしてても、でもあんな格好しちゃうんですよね、とか思われちゃうんですよ……」

P「お前の中のやよいはどうなってんだ」

千早「だってあんな格好……えー……」

P「俺は可愛いくて有りだと思うぞ」

千早「プロデューサー……」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:09:08.12 ID:OIyh5DuK0

P「やっべ」

千早「?」

P「急に千早の写真送ったからやよいにどうしたんですか?って聞かれた」

千早「冷静に考えたら当然ですよね」

P「そうか?」

千早「私だって急に他のアイドルの写メが届いたらプロデューサーの正気を伺いますよ」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:12:03.28 ID:OIyh5DuK0

P「どうしようか」

千早「正直に言えばいいじゃないですか」

P「千早ばっかりじゃなくて俺ともメールしようぜ!っと」

千早「いや私にメールきた事プロデューサーがしってちゃまずいでしょう」

P「千早は賢いなぁ」

千早「焦りすぎなだけかと」

P「やよいが元気か気になっただけだよ、って感じで送ろう」

千早(それであの写真を送るのはどうななんだろう……)



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:15:39.06 ID:OIyh5DuK0

P「あーでもやよい、千早のことめっちゃ褒めてるぞ」

千早「本当ですか!?」

P「あぁ、普段かっこいいのにこの写真はすっごく可愛いってさ」

千早「高槻さん……高槻さんのほうが遙かに可愛いのに……」

P「やよいとメールできて幸せ、千早も褒められて幸せ、皆幸せだな」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:19:56.77 ID:OIyh5DuK0

千早「もやし祭りのおかげなのかしら……高槻さんがそばにいるような感じがします」

P「どっちかって言ったらメールのおかげだと思うよ」

千早「うっうーってメールでも言うんですね」

P「つい言っちゃうって言ってたし、つい打っちゃうのかな?」

千早「そんなところも可愛い」

P「本当可愛いよな」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:24:58.42 ID:OIyh5DuK0

P「この間間違えてさ」

千早「?」

P「やよいに直接可愛いって言っちゃったんだ」

千早「いいじゃないですか、事実ですし」

P「千早は言えるのか?」

千早「恥ずかしくて無理です」

P「だよな」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:32:01.35 ID:OIyh5DuK0

P「でもさ、やよいの反応がすごい可愛くってさ」

千早「高槻さんはいつも可愛いです」

P「それもそうだな」

千早「でも、気になるんで続けて下さい」

P「あぁ、『はわっそんなことないですよ!でもうれしいです!うっうー』って感じ」

千早「プロデューサーが言うと本当に可愛くないですね」

P「あぁ」

千早「本当に……可愛くないです」

P「許して?」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:34:29.87 ID:OIyh5DuK0

千早「でも照れてる高槻さんは可愛いですね」

P「だろぉ?」

千早「頬を赤く染めて慌てる様なんて本当にもう愛らしいです」

P「だよな、動画に収めたい」

千早「売ってください」

P「できたらな」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:37:44.14 ID:OIyh5DuK0

千早「あと最近なんですが」

P「ん?」

千早「伊織と仲良くしている高槻さんを見てると」

P「嫉妬か?」

千早「いえ、そうじゃなく……いや嫉妬もするんですけどね、それだけじゃないんですよ」

P「ほう」

千早「なんていうか、二人が仲睦まじいと……ドキドキするというか……」

P「わかるわ」

千早「わかって頂けますか」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:40:18.82 ID:OIyh5DuK0

P「前に小鳥さんがそんな感じの事言ってた」

千早「ちょっとショックです」

P「言っておくよ」

千早「やめてください」

P「伊織の位置が羨ましいとも言ってたけど……」

千早「もうこの話はやめましょう」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:43:41.63 ID:OIyh5DuK0

P「そろそろ寝ようか」

千早「そうですね、夜更かしはいけませんし」

P「うむ、体調管理も立派な仕事だぞ」

千早「大丈夫です、私には立派はプロデューサーがついてますから」

P「任せとけ!」

千早「高槻さんが可愛いのは分りますけど、私のことも見てくださいね?」

P「千早は本当にかわいいなぁ!」

おわり



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 02:46:14.52 ID:VtPuCohW0

おつつ
ちーちゃんも可愛いよ!



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/02(木) 03:02:30.77 ID:9qmnwxoW0

千早が可愛いすぎて寝れない


元スレ
P「やよいは本当にかわいいなぁ!」