1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:43:26 ID:w2e6fp1k

女「うぅ....うぅううう....」グスグス

弟「...............」ダラン

女「....救えなかったんだ....あたしはこの子を救えなかった!」

男「....お前はよくやったよ」

女「やめて....慰めなんか....お願いやめて........」ガタガタ

男「弟くんは君に感謝してる。....死ぬ間際、君と一緒に過ごせて良かったと」

男「こんなに自分を想ってくれる人がいて幸せだったと。そう思っている」

女「か....勝手なことを....言わないで!」

男「結果はどうあれな....意識を失う瞬間、弟はそう思っていた」

男「生き残っていたら....君にそのことを伝えたろう」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:44:03 ID:w2e6fp1k

男「.......『この』弟はもうそれを伝えることができない。」

男「だから代わりに俺が来たんだよ。全てはこのために....」

女「............あん....た....?」

男「これは想像や憶測なんかじゃない。弟が幸せを感じていたこと....きっと分かってくれよ」クルッ

女「............行かないで?」

男「............俺は俺だ。その子の代わりにはなれない」

女「待って....待って!お願いだから....弟ぉ....」

男「............」スタスタ

女「待って....おね....がいだから....」

男「................................」スゥッ

   スゥゥゥゥゥッ............



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:44:54 ID:w2e6fp1k

女「....おかしい」

女「分かってるわよ....この子が死んだのはあたしのせいだって....」

女「見える....あたしは....身代わりになれた」

女「この子を救えた....なのに....」

女「............それをしなかったんだ。」

女「..................」

  チャキッ

女「辛すぎるって............こんな....世界....」グッ

  グサァッ

  ブッシュウゥゥゥ............

女「................................」ドサァ....

  スゥゥゥゥ....



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:45:48 ID:w2e6fp1k

男「............」スゥゥゥゥ....

男が過去から戻ってきた。

友「....お帰り。」

男「............」スタスタ

友「........どうだった?ん?」

友「お前の姉は....救えたのか?」

  スタスタスタスタ

友「おい....何かあったの....」

  ガシィッ

友「う....ぅっぐぇ....?」

突然首を締めあげられる。



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:46:42 ID:w2e6fp1k

男「....めぇーのよぉ............」

男「............てめぇのよぉ!」

  グググッ....

友「かっ........はぁっ............?」

男「てめぇのせぇじゃねーか........あぁ!?」

男「いや違うね!俺のせいだね!」

男「お前が悪いんだぜ!」

男「なんなんだ?俺がやったことだ!全部!」

男「ははははははははははははははは!!!」

  ドサァッ

友「げほっ....ハッ....ハッ....」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:47:46 ID:w2e6fp1k

  ハハハハハハハハハハハハハハハ

友「あいつ....何言ってるんだ....どうしちまった....?」

男「俺だよ!」グルン

男「弟を殺したのは俺だ!」

男「女にあんな顔をさせたのも!全部俺だ!!」

男「だってそうだろ!?そうしなきゃ女が死んでたんだ!!」

友「....................お前の姉を、救えたんだな」

男「救えた!救えた?救えただとっ!!?」

男「ははははははははははっ!!フザけろ!!!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:48:19 ID:w2e6fp1k

   アハハハハハハハハハハハハハハ

友「....な....なんなん....だよ....」

男「」ツカツカツカ

  ゲシィッ!

友「ぐふっ!」

今度は腹を蹴り飛ばされる。

男「裏切った!裏切った!裏切った!」ゲシッゲシッ

男「俺が女に嘘をついた!俺がついた!女についたっ!!」ゲシッゲシッゲシッ

友「がはぁっ....がっ!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:49:09 ID:w2e6fp1k

  ................................

友「ハァっ....ハァっ....................」ゼェゼェ

男「....................」ゴトッ

  バシャアッ!

友「っ!?」バシャッ

ガソリンだった。男が俺にたっぷりガソリンをぶっかけていた。

男「............超............イラつく........」ゴトン

友「やっ..........やめっ....................」ポタポタ

男「」シュボッ

男「............................」

男「死ね」

  ポイッ

友「............っ............」

俺が燃えた。



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:49:52 ID:w2e6fp1k

友「いぎぇああああぁぁぁぁああああ!!!」

  ボォォォォォ

男「....................................」

友「いひっ、いひっ、いっぐぁあああっ!!!」ジタッバタッ

男「............死ね!死ね!死ね!」

友「ふっ、ひっ........ひぃっ....」ググッ

前はロクに見えなかったが、がむしゃらに手を伸ばした。

友「ふぬっ、ふっ、ふぅっ....」ガシッ

男「........」グイッ

男「....放せ!放せ!死ね!」ゲシィッ

友「うぎっ....ぎっ、ぎがぁぁ............」グィィッ

男「このっ、このっ、このぉっ........っ!!」ゲシッゲシッ

蹴りを浴びながらも男にすがりつく。力を振り絞って男を床に引き倒した。



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:50:31 ID:w2e6fp1k

男「やっ、やめ........................火がっ!」ゾッ

友「ふいっ、ふぃいいっ........ふぬっ!」ガシッ

男「放せっ!」

友「うっ............うっうっ........」グゴゴゴ

   ブシャアアアッ

ぶっかけられた時飲み込んでいたガソリンを吐き出し、至近距離で吹きかけた。

男「むがぁぁぃいあああああああ!!」シュゴォォオオオ

男の顔面が燃え盛る。

友「えぃいっ、えん、えっえぇ............」カタッ

男「むぬぉおおぉぉおおおおおっ!!」ガリガリ

男が顔を掻きむしる。
焦りきったその様子を見て、体が焼けながらも俺は不思議に冷静だった。



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:51:16 ID:w2e6fp1k

友「ふっ....................」チャキッ

男「もんぬぉおおぉおおおおおぉぉぁあああああ!!!」

   ドスッ

男の胸にナイフを突き立てた。

男「むぃいいいぃぃぃぉおぉおおおぉおおおあ!!!」

気付いているのか、いないのか?
男は顔を掻きむしり続けている。

   ドスッ     ドスッ

友「ふぇぇ........................」ドスッドスッ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:51:52 ID:w2e6fp1k

何度も何度も繰り返し刺した。
ボロボロの体を動かし続け、火が消えた後も燃えるような痛みが続いた。

男「....................................」

友「....................ハァっ................ハァっ............」カタン

気付けば男は死んでいた。
俺は男にのしかかるような格好で、指一本動かせず転がっていた。

   スゥゥゥゥゥゥ................



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:52:23 ID:w2e6fp1k

友「........................」

男「........................」スゥゥゥッ

傍らに男が現れた。

男「.........................」

男「............気持ちが....悪いんだよ............」

友「........................」

男「晴れねぇ............晴れねぇ........っ!!」

友(........あいつは....................きっと............)

友(俺を殺した............未来から........来た........)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:52:57 ID:w2e6fp1k

男「........................お前も........」

男「お前も殺せば....................」

男「少しはスカッとするかなぁぁああぁあ!!??」ギャアアアッ

きっと過去で分岐した世界は、他にも沢山ある。
ある世界では俺は男に殺され、またある世界では共に死んだんだろう。

その中でも。おそらく俺は特別。

友(....................ツイ............てる................)



            カチッ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:53:29 ID:w2e6fp1k

ズギュウウウウウウン!!!

....と時を超える。

友「男は...あいつの中で何があったのかは知らないが...狂っちまった...」

友「そして俺は殺される...無限に生まれた未来によって...」

友「.............『本編』はもう終わっている」

友「男が女を救い、元の時代に帰った時点で...そこがエンディングのはずだ」

友「この話は男と女のものだった」

友「俺なんて全くの脇役...出しゃばるべきじゃないのかも知れないが」

友「気に入らないんだよ...あの終わり方は」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 01:54:00 ID:w2e6fp1k

友「あの終わり方じゃダメだ。」

友「エンディングの後、男が狂おうが...例えば女が自殺しようが。本編には関係無いはずで...」

友「これ以上手を加えたって...ただの蛇足になるんだろうが...」

友「違うんだぜ...全然違う」

友「こんなの間違ってる...」

友「....俺がやるしか無いんだよな。」

友「主人公達が...頼りないからよ...あぁ、やってやるさ」

友「あの時代に行って、男と女に希望を与えてやる。」

友「二人を納得させて...これでいいんだと...安心してエンディングを迎えられるように」

友「待ってろよ......今行く。ハッピーエンドを作ってやるよ」






17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/17(木) 02:02:26 ID:DVnBpxak




元スレ
SS深夜VIP:終わりの後、始まりの前