1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)09:25:22 ID:tBR

春香「は?喧嘩売ってるの?買うよ?ん?」

千早「いざってなったら逃げ出す癖によく言うわね。鼓膜破るわよ」

春香「やってみろや乳無しが」

千早「あら本当に死にたいのかしらこの無個性リボンは」

春香「あ?」

千早「あ?」

はるちは「「やんのかコラァ??」」

P「大変な事になっていた」



2: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)09:31:29 ID:tBR

P「お、お前たち一体どうしたって言うんだよ?いつもは仲良いじゃないか」

春香「あ、おはようございますプロデューサーさん」

P「何があったのか話してくれないか?」

春香「それは…」

千早「プロデューサー、この件は私たちでカタをつけますから。」

春香「おいテメェ今私が話してたろうがよ」

千早「その幼稚なオツムじゃいつまで経っても返事が出来ないと思って代わりに答えたのよ。感謝されて良いくらいだわ」

春香「ちょっと歌姫とか言われて調子乗ってるみたいだなぁ?テメェよりもあずささんのが上手いって聞いたことねぇか??」

P「ちょ、ちょっと落ち着いて…」

はるちは「「プロデューサー(さん)は黙ってて!」」

P「おおぅ…」



3: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)09:36:44 ID:tBR

P「はぁ…朝から疲れる…」

小鳥「あ、プロデューサーさぁん…」

P「お、音無さん??なんで涙目…あぁ二人に何か言われたんですか?」

小鳥「何か言われたなんてもんじゃありませんよぉ…
『年増は黙ってて下さい!』
『この万年独身女!』
『行き遅れ!』
って…言われました…」

P「それはお気の毒です…それにしてもあの二人何があったんですかね」

小鳥「その事なんですが…」

P「知ってるんですか?」

小鳥「全部では無いですが…」



6: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)09:48:26 ID:BkP

小鳥「昨日の夜事務所で…」

回想

春香「ふぁー、今日も疲れたー」

千早「お疲れ様、春香」

春香「千早ちゃーん、私を癒してぇー」

千早「もう…甘えん坊なんだから…ふふっ」

春香「えへへっ、こんな事するの千早ちゃんだけだよ?」

千早「は、春香ったら…///」

小鳥「おかえり春香ちゃん」ドバドバ

春香「小鳥さん鼻血鼻血」

小鳥「あらやだホントね」フキフキ

春香「あ、そう言えば冷蔵庫にゴージャスセレブプリンが入ってるんだー。千早ちゃん、一緒に食べよ?」

千早「ええ」



7: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)09:50:57 ID:BkP

小鳥「(ピヘヘへへへ、今日もいいもの見れたピヨ。そう言えばゴージャスセレブプリンって…)」

春香「あれぇ?ゴージャスセレブプリンが…」

千早「どうしたの?」

春香「な、な、な、無ぁい!」

小鳥「(昼間食べちゃったぁぁあ!)」



8: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)09:58:21 ID:BkP

小鳥「(うふふどうしようかしらこのまま黙っていればバレない大丈夫でもそんな事は人としてのプライドが許さないわけどバレたら確実に同人誌廃棄コースよどうするの小鳥考えて考えるのよ小鳥いやマジどうしましょううぅぅぅう!ピーヨーーーー!)」

千早「(あら?音無さんの様子が…進化でもするのかしら)」

千早「音無さん、どうかしました…」

小鳥「ごめんなさい私が食べました」

千早「えっ、それはゴージャスセレブプリンをですか?」

小鳥「えぇ…ごめんなさいね…」

春香「小鳥さぁーん、ゴージャスセレブプリン知りませんかー?」

小鳥「ピヨォッ!」

千早「…私が、私が食べたのよ。春香」

小鳥「ピヨォ?」



9: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:11:28 ID:BkP

春香「千早ちゃん…それどういう事?」

千早「冷蔵庫の牛乳を飲もうとした時に見つけて…つい」

小鳥「(千早ちゃん…)」

春香「そっか…」

小鳥「違うのよ、春香ちゃん」

春香「え?」

小鳥「ゴ、ゴージャスセレブプリンは…私が食べましたぁ!ごめんなさいいぃぃい!」

千早「音無さん…」

春香「そんな…千早ちゃんに嘘を吐かせたんですか??」

小鳥「本当にごめんなさい…ん?」

春香「自分の罪を隠す為に千早ちゃんを利用したんですね!最低です!」

千早「違うわ春香!音無を庇ったのは私が自分でした事よ!」

春香「千早ちゃんは優しいから…もう庇う事なんてないんだよ?小鳥さんは私達のゴージャスセレブプリンもといイチャイチャする時間を奪ってその上その罪を千早ちゃんに着せたんだから」

千早「違うのよ、本当に…」

春香「…もういいよ!千早ちゃんの分からず屋!」バタン!

千早「…あ、春香……」

小鳥「ごめんなさい…」

千早「いえ、気にしないで下さい。なんとかしてみせますから」

小鳥「千早ちゃん…」

千早「…今日はもう遅いので帰りますね」

小鳥「えぇ…」



10: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:14:36 ID:BkP

回想終わり

小鳥「という事が」

P「原因はあなたですか…」

小鳥「面目ない…」

P「けどまあ、あの様子だと二人とも意地はってるだけに見えますから、多分問題は別の所ですよ」

小鳥「どうやって謝るか…ですか」

P「えぇ…謝るタイミングを完全に見失ってますね」




11: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:26:14 ID:BkP

春香「…っくぁー、肩こるわー。胸あるから肩こるわぁー!」

千早「…」

春香「肩こるわぁ!胸が!邪魔で!肩!こるわぁ!あ!千早ちゃんは胸無いから楽そうでいいなぁ!」

千早「あー、なんだかリボンに寄生されてる哀れな生き物が雄叫びを上げてるわ。リボンが本体って可哀想ね」

春香「かぁー…ペェッ!お茶でも入れようかな。…っきゃあ!」ドンガラガッシャ-ン

千早「大丈……まーたワザと転んでるわね本当あざといわ」

春香「……ッ」ダッ

ガチャバタン

千早「………くっ」

P「なぁ千早、もういいんじゃないか?見てるだけでも辛いよ」

千早「でも、もう春香だって私の事なんか……」

P「嫌いな奴とわさわざ話したりなんかしないだろ?お前だってそうじゃないのか?」

千早「それは…」

P「お前は仲良りしたいんだろ?じゃあしてくればいい。簡単だ、謝って許してもらえばいい」

千早「…本当に簡単に言いますね」

P「簡単だからな。お前達ならな」

千早「少し、出てきます」

P「ああ!上手くやれよ!」

ガチャバタン

小鳥「上手くいきますかね…」

P「あなたもちゃんと謝るんですよ?」

小鳥「はい…(´・ω・`)」



13: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:32:56 ID:BkP

春香「…千早ちゃぁん…また前みたいに仲良くしたいよぉ…うぅ…ごめんね…千早ちゃん……」

千早「春香!」

春香「千早ちゃん…!な、何しに来たの!もう言う事なんて…」

千早「ごめんなさい!本当は春香と前みたい喋ったりしたい!春香にあんな事もう言いたくない!だから…もうこんな事するのは…やめましょうよ…」

春香「千早ちゃん…ううん、私の方こそごめんね。意地はって千早ちゃんに酷い事言っちゃったもん。本当、ごめんね…千早…ちゃん……うっ、うええぇぇぇぇん!」

千早「春香ぁ!…春香…ずっと仲良しよ…ずっとよ…」

春香「うん…うん…」




16: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:39:22 ID:BkP

P「…上手くいったかなぁ…」

春香「ちゃーんと、仲直りしましたよ!プロデューサーさん!」

P「うわぁ!春香、いつの間に…」

千早「ふふっ、ありがとうございます、プロデューサー」

P「千早…よかったじゃないか」

はるちは「「はい!」」

春香「えへへっ」

千早「ふふっ」

P「さぁ、これで仕上げだな」

春香「仕上げ、ですか?」

P「ああ、小鳥さん」

小鳥「ふ、二人とも…本当にごめんなさぁい!」

春香「小鳥さん…顔を上げて下さいよ」

千早「私達は何も怒ってなんかいません」

小鳥「本当に…?」

春香「はい!」

千早「えぇ」

小鳥「ピヘェ…同人誌廃棄コースは免れたピヨ…(二人とも…ありがとう…)」

P「おいコラピヨっ娘」



17: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:47:16 ID:BkP

二時間後

亜美「たっだいま…」

真美「ちょっと亜美、どしたの?」

亜美「ピヨちゃんが…」

真美「ん?…リボンで亀甲縛りにされてヘッドフォンで大音量地獄…」

亜美「帰ろっか」

真美「そだね」

ガチャバタン

小鳥「ピ、ピヨ…」ビクンビクン





18: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:48:53 ID:BkP

罵り合うはるちはが書きたかったんだけど小鳥さんに全部もってかれた…
即興ってやっぱキツイわ。
グリマスしてくる。



19: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)10:49:08 ID:ffP




元スレ
P「今朝事務所に来たら」