1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2013/06/03(月) 21:40:56.22 ID:8u34POSX0

真姫「だからいいでしょ!? エリーっ !!」

絵里「ふふっ、どうしようかしら?」

真姫「早くっ! アレがないと私っ!! 私っ!!」

絵里「そんなにこの薬が欲しいの?」
サッ

真姫「あっ!! あ、あぁ……エリー、早くちょうだいっ!! お願い……」

絵里「仕方ないわね、はい」

真姫「あぁ……っ!! はぁ…… はぁっ……」
ブスッ……

真姫「んっ、あ……あぁっ……////」

絵里「ふふっ、これをにこが見たら何ていうかしらね?」



4: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 21:48:55.53 ID:8u34POSX0

真姫「にこちゃんには言わないで!! 」

絵里「恋人に隠し事? 悪い子ね、あなたは」

真姫「うっ……そ、それは……」

絵里「まぁ付き合い方は人それぞれだからいいんじゃない? 」

真姫「もぅやだぁぁ……ぐすっ」

絵里「じゃあもうやめる?」

真姫「やめたい……けど、私を……私をこんな風にしたのはあなたでしょ!? エリー!! 」

真姫「うっ、うぅ……っ! ひぐっ……えぐっ……!! 」

絵里「ま、これからも末長くよろしくね」



6: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 21:58:22.63 ID:8u34POSX0

海未「ワンツースリーフォー!! ワンツースリーフォー!! 真姫、遅れていますよ!!」

真姫「わ、わかってるわよ!! はぁっ……はぁっ……!! 」

絵里「……」
ニヤッ

真姫「はぁっ……はぁっ……、 あっ…… !! 」
バタッ……

穂乃果「真姫ちゃん!? 」

ことり「大丈夫!? 」

真姫「し、心配ないわ! 足がもつれただけよ、はぁ……はぁっ……」

にこ「真姫ちゃん?」

真姫「だ、大丈夫だって言ってるでしょ!! エリー、ちょっと」

絵里「ふふっ」



8: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:04:08.47 ID:8u34POSX0

穂乃果「真姫ちゃんと絵里ちゃん、どこ行ったんだろ? 」

ことり「保健室かなぁ? 」

希「最近あの二人一緒にいること多くない?」

凛「怪しいニャー」

にこ「……」

花陽「に、にこちゃん! 心配するようなことはないよ、多分……」

にこ「わかってるわよ、何てったって真姫ちゃんはこのにこにメロメロなんだから! 」

凛「自分で言うの恥ずかしくないの? 」

海未「さぁ、私たちは練習の続きですよ! 」



9: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:09:58.56 ID:8u34POSX0

絵里「どうしたの? 真姫」

真姫「ど、どうしたのじゃないわよ! 薬切れたの! 」

絵里「そう」

真姫「今はちょっと持ち合わせないから後で払うから! 」

絵里「あの薬ね、ロシアから極秘のルートで運んでるから私だってかなりリスキーなのよ」

真姫「何? 今までのじゃ足りないってこと!? わかったわよ、いくら払えばいいの!? 」

絵里「お金はね、もういらないの」

真姫「え? 」

絵里「これからは身体で払ってもらおうかしら」



14: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:15:47.68 ID:8u34POSX0

真姫「な、何バカなこと言ってんのよ !! 」

真姫「そんな冗談言ってないで早く渡しなさいよ!! 」

絵里「あら? 冗談で言ったつもりはないんだけど」

真姫「なっ……!? 」

絵里「まぁするかしないかはあなたの自由よ、真姫」

真姫「ず、ずるいわ!! そんなの……」

真姫「できるわけないじゃない! 私にはにこちゃんが……っ」

絵里「ならいい機会だし、大好きなにこちゃんの為に薬やめてみたら? 」



15: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:23:01.52 ID:8u34POSX0

絵里「できるわよね? 大切な人の為なら」

真姫「……っ!! そ、そんなの…… はぁっ ……はぁっ……!! 」

絵里「ふふふっ」

真姫「ひぐっ……エ、エリー……はぁ…… っ、はぁっ……!! 」
ガタガタ……

絵里「薬とにこ、どっちが大切か……? 」

真姫「はぁっ……はぁっ……!! エリーっ !! んっ、ちゅぱ……ちゅるっ……」

絵里「んむっ……ぁっ……んん」

真姫(にこちゃん……っ、ごめんなさいっ……!! )



19: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:36:07.01 ID:8u34POSX0

凛「はぁー今日も練習疲れたニャー!! 」

花陽「真姫ちゃん、身体もう大丈夫なの? 」

真姫「全然問題ないわ、悪かったわね心配かけちゃって」

にこ「まーきちゃんっ!! 」
ガバッ

真姫「きゃっ!? もぅにこちゃん、 びっくりさせないでよ」

にこ「それより今日の約束覚えてる? 」

真姫「え?あ、うん……」

にこ「わぁ覚えててくれたんだ、うれしいなぁ 」

真姫「……」

にこ「もしかしてまだ調子悪い? また今度にしよっか」

真姫「ううん、平気よ」

にこ「ホント? じゃあまた倒れちゃわないようににこが手握っててあげる」
ギュッ

真姫「あ……にこちゃん……////」



20: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:41:59.26 ID:8u34POSX0

絵里「……」
ニヤッ

希「絵里ちゃん? 」

絵里「真姫」

真姫「!? 」

絵里「一緒に帰りましょ? 」

にこ「残念でした、真姫ちゃんはこれからにこと」

真姫「……わかったわ」

にこ「え?真姫ちゃん……?」

真姫「……」

絵里「行くわよ」

真姫「……」
コクッ

にこ「嘘……何で……」



21: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:48:27.06 ID:8u34POSX0

にこ「どうして……真姫ちゃん」

希「にこっち、にこっち」

にこ「何よ……」

希「可哀想なにこっちにプレゼントや! 嫌なことはコレで全部忘れられるんよ」
ゴソッ

にこ「何……この粉……」

希「まぁものは試しや、ちょっと腕チクッとするよ」
プシュッ

にこ「あぐっ……、な、何したのよ!? 」

希「直に効果表れるから」

にこ「んっ、く……あっ……身体が熱っ……」



25: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 22:55:56.08 ID:8u34POSX0

希「希パワー注入ーっ!! 」
プシュッ

にこ「あぁっ、また……!! 」
ビクビクッ

希「どうや?」

にこ「生まれ変わったみたいよ! 感謝するわ、希」

希「景気付けにもう一回いっとく? 」

にこ「お願いするわ! 」

希「あ、言い忘れたけど次からは有料やよ?」
プシュッ

にこ「んぁっ……あっ……」
ビクビクッ

希「オペレーションコンプリートや」
ニヤッ



27: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:03:55.85 ID:8u34POSX0

真姫「んっ、や……あぁっ……」

絵里「今頃はにこも……ふふっ」

真姫「えっ?」

絵里「何でもないわ、そんなことより 」
クチュクチュッ

真姫「あっ、ぁ……やぁぁぁぁっっ!! ////」
ビクビクッ



28: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:08:38.55 ID:8u34POSX0

数日後

にこ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 蟲が……蟲がぁぁぁぁぁ!!!! 」

希「あらあら? どうしたん、にこっち」

にこ「の、希!! 早くあの薬がないと……っ!! 」

希「有料や言うたはずやけど?」

にこ「に、にこの全財産あげるからっ!! 」

希「うーん、ちょっと足りひんけどまぁしゃーないか」
プシュッ

にこ「んんっ……あっ、はぁぁぁぁ」



32: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:16:33.47 ID:8u34POSX0

数日後

にこ「真姫ちゃん、お願いがあるの」

真姫「またお金? 一体何に使ってるのよ!? 」

にこ「……ん」

真姫「てかにこちゃん、また痩せた? それ以上痩せるとヤバいんじゃ……」

にこ「あんたこそ最近鏡見てるの? やつれすぎよ、肌もボロボロだし」

真姫「うるさいわね! 自分でも……わかってるわよ……ぐすっ」

にこ「ねぇ……何でにこたち、こんなになっちゃったのかな……」

真姫「うっ、うぅ……ひぐっ……」

にこ「にこ……もう嫌だよ、こんな真姫ちゃん見てるの」

真姫「わ、私だって……辛いわよ……っ!! 」



36: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:22:49.19 ID:8u34POSX0

にこ「あ……あぁ……」

真姫「にこちゃん!? 」

にこ「また……くる、嫌っ……早く打たなきゃ……」
ガクガクッ

真姫「駄目ぇぇ!! 」

にこ「邪魔しないでよ!! 真姫ちゃんだってこの苦しみイヤというほど味わってきたでしょ!? 」

真姫「でも、それでも……ダメ、にこちゃん……ひぐっ」
ガバッ

にこ「放せ放せ放せ放せぇぇ!! にこの邪魔するなぁぁぁぁ!!!! 」
バシッ!!!!

真姫「きゃっ!! 」
ドサッ

にこ「はぁ……はぁっ、はぁっ……はぁ… っ!!」



37: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:33:08.80 ID:8u34POSX0

にこ「あ、真姫ちゃん……にこ……」

真姫「ひぐっ……もぅいやぁぁ……」
ボロボロ

にこ「にこ、最低だね……」

真姫「……私だっていつそうなるか……、にこちゃんだったらどうする……? 助けてくれる?」

にこ「……」

真姫「……そうよね」

にこ「ごめん……」

真姫「あ……!? はぁっ、はぁっ……!! 」

にこ「真姫……ちゃん」

真姫「あっ……ぐっ、震えが……止まらな……! 」
ガタガタッ

にこ「にこが打ってあげるね」
プシュッ

真姫「んはっ……あっ……、はぁ……はぁ……」



39: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:45:17.32 ID:8u34POSX0

真姫「ねぇ、にこちゃん」

にこ「何?真姫ちゃん」

真姫「お願いがあるの……聞いてくれる……? 」

にこ「……言ってみなさい」

真姫「……私と一緒に、死んでくれる? 」

にこ「…………仕方ないわねぇ、真姫ちゃんのお願いなら断れないわ」

真姫「ありがとう、にこちゃん……愛してる」

にこ「……ぐすっ、今までそんなこと一回も言わなかったくせに、ホントずるいわね…… 」

真姫「最後に言えてよかったわ」

にこ「にこも愛してるわ、世界中の誰よりも真姫ちゃんのこと愛してるわ」

真姫「ふふっ、はぁ……最低の人生だったわ」



40: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/03(月) 23:53:43.13 ID:8u34POSX0

にこ「そうね」

真姫「だってこの私よ? 可愛くてスタイル良くて頭も良くて、将来は実家の病院を継ぐ。完璧な人生設計してたつもりだったんだけど」

真姫「それが今やこんな薬なんかに縛られた状態、とんだ皮肉だわ」

にこ「ふふふっ」

真姫「あー笑ったわね!? 」

にこ「やっぱり真姫ちゃんっておもしろーい! 」

真姫「もう! にこちゃん! 」

にこ「好きよ、真姫ちゃん」

真姫「なっ!? ////」

にこ「にこは幸せ、だって一番大好きな人と一緒に死ねるんだから」

にこ「きっと天国でもずっと一緒だよね?」



45: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:04:57.91 ID:7dTIx7vm0

真姫「当たり前でしょ! なんたってこの真姫ちゃんとこれから天国に逝くのよ」

真姫「とっておきの場所予約してるんだから」

にこ「すごーい! さすが真姫ちゃん」

真姫「私とにこちゃん以外誰もいない所よ、誰にも邪魔されないから……だから、ちょっとくらい恥ずかしいことだって……////」

にこ「うん」

真姫「朝起きるとね、隣に可愛い寝顔があるの。多分私はその子が目を覚ますまでずっと見てて」

にこ「えー恥ずかしいよぉー」

真姫「目を覚ますとすぐ私にねだってくるのよ、『真姫ちゃーん、おはようのチューしてぇ』って」

にこ「にこ、そんなこと言わないー」



50: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:13:43.28 ID:7dTIx7vm0

真姫「本当は? 」

にこ「言っちゃうかなぁ?えへっ」

真姫「私がし・か・た・な・く・キスしてあげると、嬉しそうな顔して『もっと、もっとぉ』って」

にこ「えーそれじゃにこ子供みたい」

真姫「子供じゃない?」

にこ「もぅーだったら、いーっぱい甘えちゃうよ?」

真姫「い、いっぱい!? 」

にこ「うんっ! フルーツ食べたいとかチョコ買ってきてーとか」

真姫「それってただのわがままじゃない!! 」

にこ「てへっ」



52: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:23:17.75 ID:7dTIx7vm0

真姫「ふふっ」

にこ「天国楽しそうなところだね、でも早く行かなきゃまた……きちゃう」

真姫「そうね……でもその前に」

にこ「ん?」

真姫「遺書って書いた方がいいのかしら?」

にこ「んーどうなんだろうね?にこはーそういうの書いたことないからわかんなーい」

真姫「私だってないわよ! そもそも誰に向けて書くものなの?」

にこ「家族とか?」

真姫「家族ね……何かピンと来ないわね 」

にこ「じゃあ友達?」

真姫「と、友達……っていっても」

にこ「まぁ真姫ちゃんの場合、友達の100%をμ'sが占めてるから」

真姫「にこちゃんも人のこと言えないでしょ!! 」



53: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:30:53.80 ID:7dTIx7vm0

真姫「μ'sね……」

にこ「ラブライブ、出てみたかったなぁ」

真姫「にこちゃん……」

にこ「でもにこ、μ'sに入ってよかったよ」

真姫「そ、そう? まぁ楽しかったこともあったけど辛いことも」

にこ「だって真姫ちゃんに出逢えたから」

真姫「ま、まぁね////」

にこ「大好きな真姫ちゃんとこれからもずぅーっと一緒、嬉しいなぁ」

真姫「わ、私もにこちゃんと一緒だと嬉しいわ////」



55: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:38:28.58 ID:7dTIx7vm0

にこ「……そろそろ逝こっか? 」

真姫「うん、手繋いでいい?」

にこ「ん、じゃあいっせーので一緒に飛ぼう、 怖い? 」

真姫「わかったわ、にこちゃんと一緒だったらコワクナイ」

にこ「真姫ちゃん、天国でもよろしくね」

真姫「しょーがないから面倒みてあげるわ、ふふっ」

にこ「いくよ?いっせーの」

絵里「残念だけど死んでいいのはにこだけよ」
トンッ

にこ「え……?」
ヒューッ

真姫「にこちゃんっっ!!!!」

……グチャッ



60: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:47:03.65 ID:7dTIx7vm0

絵里「真姫、何勝手に死のうとしてるの? 」

真姫「イヤっ!! 私もにこちゃんと一緒に死ぬの!! 放してっ!!」

絵里「そんなこと私が許さないわ」

真姫「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!! にこちゃん!!!!あっ……あぁ……ぐっ、かはっ……!! 」
ガクガクッ

絵里「ごめんなさいね、今は本当に持ってないのよ」

真姫「あ、あぁ……あああああたああっ!!!! はぁっ……はぁっ…… 」

絵里「これは罰よ、せいぜい気を失うまで苦しみなさい」

真姫「ああぁぁぁぁぁあああああたああっ……!!!!!!!! 」
ドサッ



65: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 00:58:41.59 ID:7dTIx7vm0

真姫「 んっ……こ、ここは……!? 」
ジャラッ

真姫「何これ? 鎖……!?ちょ、ちょっと!! いやっ!! 」

絵里「ようやくお目覚めね」

真姫「エリー!! どういうことよ!? さっさとこれ外しなさいよ!! 」
ジャラッ

絵里「ふふふっ、外したらあなた死にに行くでしょ?」

真姫「そうよ!! 私は早く死にたいの、にこちゃんが向こうで待ってるのよ!! 」
ジャラッジャラッ

絵里「だーめ、あなたは私の玩具なんだから」

真姫「くっ!! あんたのせいでにこちゃんは死んだのよ!! 絶対に許さないっ!! 」

絵里「……」
ニヤッ

真姫「まともに生きることも……死ぬことすら許さないなんて……、何なのよ!! 私に何の恨みがあるの!? 」

絵里「恨み? そんなものないわよ」

真姫「え? 」

絵里「真姫、あなたがとても魅力的だったから、それだけ」



68: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 01:07:03.30 ID:7dTIx7vm0

真姫「ふ、ふざけないで!! 」

絵里「あら?いいのかしら、そんな口の聞き方で」

真姫「っ!! 」

絵里「そろそろコレ、欲しくなってきたんじゃない? 」

真姫「あっ……あぁぁ、ぐっ……そ、そんなもののせいで……私とにこちゃんは……!! 」

絵里「私にキスしてくれたら与えてあげるわ」

真姫「ふ、ふざけ……くっ、はぁ……はぁっ!! 」
ジャラッ

絵里「真姫、にこはもういないのよ。 あなたには私しかいない、OK?」

真姫「うぅ……っ、うああああぁぁぁぁぁ !!!!!!!! 」



73: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 01:14:34.56 ID:7dTIx7vm0

絵里「なかなか頑張るわね」

真姫「はぁ……っ、はぁっ……!! 」
ジャラッ

ジャラッ!!

真姫「!?」

絵里「あら?気付いてなかった?この部屋にはもう一人いるのよ」

ガチャ

亜里沙「ただいまー」

海未「あぅ……あ、ありさ……」

真姫「う……海未ちゃん!? 」

亜里沙「いい子にしてましたか? 海未さん」

海未「は、はい……ですから早く、早く私に……!! 」



74: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 01:21:22.53 ID:7dTIx7vm0

亜里沙「んむっ……ちゅぷ ……っ、ぁ……んっ 」

海未「はむっ……じゅるっ、ちゅ……んぁ っ……////」

亜里沙「今日も海未さんは偉い子ですね、ご褒美です」
プシュッ

海未「あ、あぁぁぁ……んくっ、……ぁ////」
ビクビクッ

真姫「あ……ぁぁ、ぐぅ……」

絵里「あなたも早く欲しいでしょ? 真姫」

真姫「っ……く、くだ……さい」

絵里「ふーん」

真姫「エ……エリー、んちゅ……っ、ちゅるっ……はむっ、ぁっ……ん」

絵里「んふっ……ちゅっ……ぁぁっ……じゅるじゅる……っ」



77: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/06/04(火) 01:32:09.21 ID:7dTIx7vm0

一ヶ月後

真姫「にこちゃん、ちゅるっ……んむ、ぁっ……んんっ、ぁ……ッ////」

絵里「真姫……可愛いわ、ンッ……はぁッ ……やっ、ぁっ……あっ」

真姫「大好き……にこちゃ、んっ……やっ、ぁぁッ……」

真姫「毎日……にこちゃんと、愛しあえて 、わたし……しあわ……せ……」

真姫「にこちゃん……にこちゃん……やっぱり天国って、すごく……幸せなところね……」

真姫「これからも、ずっと……ずっと……一緒よ、ふふっ」

絵里「……」

亜里沙「壊れちゃったみたい」

絵里「……そうみたいね」

真姫「ぁッ……ぁんっ、にこちゃん……もっと、もっと……んんっ、やっ……、ふふっ……うん、私も愛して……る」



fin



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:33:06.93 ID:j2tNudHl0

oh....


元スレ
真姫「お金ならいくらでもあるわ!!」