SS速報VIP:輝子「机の下のトモダチ」そのに
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376203553/



1: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 15:45:53.25 ID:jbQZDOX/o


前回の 輝子「机の下のトモダチ」の続きの番号から

思いついた順で短編即興

ままゆ
岡崎先輩
前川
荒木先生
きらり
こずえ
安部菜々
森久保

は書いた、書いてほしいのあって書いてくれたら次回までに勉強してみる


コレジャナイ感許そうよ




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376203553




2: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 15:49:55.51 ID:jbQZDOX/o

そのきゅう「高垣楓の場合」

輝子「フヒ…」

楓「…」ジー

輝子「フ…フヒ」

楓「…!」ピコーン

楓「…」タタタタッ




3: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 15:51:44.75 ID:jbQZDOX/o

輝子「…?」

楓「…」トコトコ

楓「…」フリフリ

輝子(ねこじゃらし振ってる…フヒ)

楓(じゃれついてこないかしら…)




5: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 15:54:49.33 ID:jbQZDOX/o

楓(じゃれついてきたら飼っていいわよね…うん)

輝子「…?」クビカシゲ

輝子(行ったら危険な気がする…フヒ)ゾゾッ




8: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 15:59:49.15 ID:jbQZDOX/o

番外「前川みくの旅路の果て」

みく「た…ただいまにゃ」ボロボロ

P「おう、おかえりみく」

P「ところでなんだ? その木は?」

みく「あちこち歩き回ってなんとか手に入れた原木にゃ…なんかよく分からない山に
迷い込んで変なおじさんにもらったのにゃ」





9: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:02:58.92 ID:jbQZDOX/o

<フフフ…ヨクゾカエッテキタナ…フヒ

みく「ひぃ!? また聞こえたにゃ!!?」

<ソレハヨイゲンボク…フヒ…オイテケー

みく「はいにゃぁ!!!」ダダダダダッ!

P「…」

P「おい、輝子」

輝子「な…なに? 親友?」ヒョコッ



10: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:03:33.81 ID:jbQZDOX/o

P「ほどほどにな」

輝子「わ…わかった…フヒッ」


前川みくの旅はまだまだ続く。





12: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:08:42.82 ID:jbQZDOX/o

そのじゅう「木村夏樹&多田李衣菜の場合」

夏樹「おーい! だりー!!」

夏樹「ったく…だりーの奴」

夏樹「ギターの練習するぞって言った瞬間逃げ出しやがって…」

<ネムレー♪ネムレー♪ゴートゥヘル!!!

夏樹「ん?」

夏樹「机の下か?」




16: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:15:46.92 ID:jbQZDOX/o

輝子「…フヒ?」

李衣菜「…」Zzz

夏樹「なんだ、この状況」

輝子「ど…どうなってるんだろうね?」




18: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:24:17.65 ID:jbQZDOX/o

李衣菜「ん…」

夏樹「おい、だりー」

李衣菜「あっ…なつきちじゃん、おはよー」トロン

夏樹「なんで机の下で輝子に膝枕されてんだよ…」

李衣菜「だって比奈さんが前にしてもらったって聞いて…」

李衣菜「ちょっと眠かったし、気持ちよかったって聞いたし…ついでに隠れられるし」




19: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:27:57.78 ID:jbQZDOX/o

李衣菜「一石二鳥くらいじゃん!」ドヤァ

夏樹「ほぅ…既にアタシに見つかってるわけなんだけど?」

李衣菜「あっちゃー…輝子にそれっぽい子守唄頼んだのが仇になったかー」

輝子「が…がんばった…フヒ」

夏樹「と、いうわけで」ガシッ

李衣菜「…えっ?」

夏樹「次のライブまでにまともにギター弾けるようになってもらうからなっ!!」ズルズル

李衣菜「あっ!輝子―! またお願いねー!」ブンブン

輝子「う…うん」フリフリ




20: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:29:25.87 ID:jbQZDOX/o

子守唄の作詞にいそしむ輝子の姿が見られたそうな。



24: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:43:18.52 ID:jbQZDOX/o

そのじゅういち「道明寺歌鈴の場合」

歌鈴「ふんふんふ~ん♪」

歌鈴「たまには事務所のお掃除もたまにはいいな~♪」

歌鈴「あっ…こんな所にバナナの皮が…」

歌鈴「いくらドジな私でも見えてるバナナの皮には負けないですよ?」

歌鈴「えっと…ゴミ箱は……!?」ガッ

ドクベニダケ「やぁ」




27: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:48:42.07 ID:jbQZDOX/o

歌鈴「ふぇ!?」

???「フヒ?」っきのこ型クッション

歌鈴「…んっ!」ボフッ

歌鈴「いったぁ…くない?」

輝子「歌鈴さん大丈夫…?」

歌鈴「輝子ちゃん?」




28: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 16:58:04.53 ID:jbQZDOX/o

-----
---
-

歌鈴「輝子ちゃんありがとぉ…」

輝子「こ…こちらこそ…親友たちが机の下から出ちゃってて…フヒ」

歌鈴「うわぁ…プロデューサーさんの机の下がすごいことに…」

輝子「う…うん、そろそろ収穫しないと親友に怒られる…」

歌鈴「あはは…」




29: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 17:02:07.06 ID:jbQZDOX/o

輝子「あ…危ない目に…ごめんなさい…フヒ」

歌鈴「えへへ…別に大丈夫だよ! 輝子ちゃんのおかげで痛くなかったしね」ナデナデ

輝子「そ…それならよかった…フヒ」




30: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 17:06:39.00 ID:jbQZDOX/o

※ドクベニタケはピンク色でとてもかわいらしい茸です(有毒)


みなさんも事務所では足元に生えている茸には気を付けましょう。




40: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:09:07.14 ID:jbQZDOX/o

そのじゅうに「市原仁奈の場合」

仁奈「きのこの気持ちになるですよ…!」

輝子「フ…フヒ」

仁奈「仁奈はキグルミの可能性を追求しやがるのです…」

輝子「…フヒッ」

仁奈「しょーこおねーさんは茸が大好きでごぜーます!」

輝子「う…うん?」




41: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:11:45.87 ID:jbQZDOX/o

-----
---
-


仁奈「というわけで、まずは茸が大好きなしょーこおねーさんの気持ち
になるのが一番の近道だと仁奈は考えたのです…!」

輝子「う…うん?」

仁奈「ごぉーとぅーへるー!! でごでーます!」

輝子「フッ…フヒ!?」




42: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:12:26.89 ID:jbQZDOX/o

仁奈「というわけで、まずは茸が大好きなしょーこおねーさんの気持ち
になるのが一番の近道だと仁奈は考えたのです…!」

輝子「う…うん?」

仁奈「ごぉーとぅーへるー!! でごぜーます!」

輝子「フッ…フヒ!?」




43: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:14:36.94 ID:jbQZDOX/o

仁奈「しょーこおねーさんの気持ちになるですよ…フヒ」デゴゼーマス

輝子「え…え?」

仁奈「ボッチボッチ♪イチハラニナー♪」デゴゼーマス

輝子「な…なんか違う気が…しなくもない…フヒ」




44: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:16:33.87 ID:jbQZDOX/o

過激な発言などはちいさな子たちには悪影響?です、事務所では極力控えましょう。



47: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:22:16.78 ID:jbQZDOX/o

そのじゅうご「イヴ・サンタクロースの場合」

イヴ「うぅ…仮眠室が全部埋まってて泊まるところがないよぅ…」

イヴ「うぅ…」チラ

P「ぐぅ…」Zzz

イヴ「ソファーまで先客が…輝子さんの所いこ…」



49: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:25:49.59 ID:jbQZDOX/o

-----
---
-


イヴ「輝子さん~」コンコン

輝子「は…はぁい…フヒ」ヒョコッ

イヴ「ごめん…今日も泊めてくれない…かな…?」

輝子「う…うん当然いいですよー…フフ」

イヴ「いつもありがとうございますぅ~」ウルウル

輝子「き…気にしなくてもいいよ、ここ親友の机の下借りてるだけだし…フヒ」

イヴ「このご恩はクリスマスに返します…おっきな靴下用意しててくださいね?」

輝子「う…うん、期待して待ってる…フヒ」




53: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:30:28.28 ID:jbQZDOX/o

イヴ「あとよろしければこのデスクに煙突を…」

輝子「い…いや…それはいい…かも」

イヴ「じゃあ…今度温泉を一緒に…山の奥の温泉を探しにいきましょう!」

輝子「そ…それくらいなら…いい…かも?」




54: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:31:17.10 ID:jbQZDOX/o

…遭難したそうです



55: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:35:42.24 ID:jbQZDOX/o

そのじゅうよん「川島瑞樹の場合」

~事務所~

瑞樹「おはよう」ガチャ

瑞樹「あら? 誰もいな…」ピキーン!


瑞樹「机の下ね、わかるわ」

瑞樹「そしてたぶん輝子ちゃんね、わかるわ」




56: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:37:47.45 ID:jbQZDOX/o

瑞樹「そして今、輝子ちゃんの周りにある茸の種類はナメコ、ニガクリタケ、ヤコウタケねわかるわよ?」

瑞樹「そして、輝子ちゃんの今日のパンツの色は[自主規制]ねわかるわ」

瑞樹「そして4分後にはPくんが来るわね、気配でわかるわ」

輝子(…)



※ナメコ:食える
※ニガクリタケ:食えない、危険
※ヤコウタケ:暗い所で光る、とてもきれい




57: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:38:37.53 ID:jbQZDOX/o

川島さんの感知能力は異常だと思った…フヒ by輝子



58: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:43:42.09 ID:jbQZDOX/o

番外そのに「遭難した二人を探して」

~とある森~

P「くっ…二人ともどこに…行ったんだよ!」

瑞樹「…あっちね、わかるわ」

P「あっちですね! 本当に川島さんが居て助かります」

瑞樹「当然よ、代わりに今度の呑みはPくんの奢りね?」




59: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:45:07.89 ID:jbQZDOX/o

-----
---
-

瑞樹(あとあっちの方でみくちゃんが泣きながら木を切ってるわね、なぜかはわからないわ)

P「川島さん!行きましょう!」

瑞樹「わかったわ」




60: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:47:01.44 ID:jbQZDOX/o

瑞樹(あとあっちの方でみくちゃんが泣きながら木を切ってるわね、なぜかはわからないわ)

P「川島さん!行きましょう!」

瑞樹「わかったわ」




61: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:48:00.97 ID:jbQZDOX/o

山は危ないです、ちゃんと装備を整えて行きましょう、二人は結構元気だったそうな、輝子は茸が大好きだったことに感謝したそうです。


みく「にゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」ガン!ガン!


いつか事務所に帰れるか!前川みくの旅は続く




62: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:52:43.09 ID:jbQZDOX/o

とりあえずまとめて

高垣楓
木村夏樹
多田李衣菜
道明寺歌鈴
市原仁奈
イヴ・サンタクロース
川島瑞樹
番外二本でお送りいたしました

とりあえずまたいったんHTML出します




63: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 20:55:46.95 ID:jbQZDOX/o

リクエスト出来る限り頑張って次回書いてみる

次回無理だったら次々回出せるように頑張る


目指せキャラ制覇



69: ◆/Pbzx9FKd2 2013/08/11(日) 22:03:25.19 ID:jbQZDOX/o

番号ややこしくなっとる…次回そのじゅうろくから始める

そのじゅうさんは小梅の「あの子」枠で


元スレ
SS速報VIP:輝子「机の下のトモダチ」そのに