1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/10/25(木) 21:38:10.99 ID:F7heTRPDO

「あッ……あぁ……」

―そこには全身を縛られ、足を強制的に広げられている少女がいた

―争った痕だろうか。服はあちこちが破れ、スカートに至っては原形を留めていない

「……うぅ……アぁ……うぅンっ……」

―縛られた少女は胸を露出させ、又には貞操帯を装着させられていた

「はァっ……あぁ……くぅンッ!」

―時折腰から下を動かそうとするが、足を縛られて固定されているためにそれもうまくいかない

―おそらく貞操帯の中には前と後ろに何かが装着され、その幼い性器と排泄口に挿入されているのだろう

「う――――――っ!」





(なんで……どうして……)



みりあ(みりあは……こんなことに……)



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 21:47:44.31 ID:F7heTRPDO

みりあ(パパ……ママ……妹……)

みりあ(誰か……誰か…助けて……)

みりあ(お尻と前の中に変な棒が入れられて……苦しい)

みりあ(ちょっと体を動かすだけで棒が中を突いて……痛い)

みりあ(なのに……)



みりあ(なのに、体がすごい熱い……さっきから汗をすごくかいてるだけなのに、それだけで何か感じてる)

みりあ(変なの……みりあおかしくなっちゃったの?)

みりあ(プロデューサー……)



みりあ(なんで……みりあをこんな……)



ギィィィィ

みりあ「っ!?」

―ドアが開く方へ向こうとする少女

―しかし

ギュッ

みりあ「はくッ!?……ふぁッ!」

―体を捻ったため、中に入れられた棒……つまりバイブが幼い膣の内部で動き、性器がそれを押し出そうと反応したため、少女は感じてしまった

―もちろん貞操帯で固定されている為、内部で収縮しているだけである

―しかし

みりあ「くぁッ!んんッ!……あぁぁぁッ」

―その反応は幼い彼女には強すぎる刺激だった





「気持ちよさそうだな」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 21:54:25.23 ID:F7heTRPDO

みりあ「や……やだ……見ないで」

―少女の必死の嘆願にも答えず入ってきた男が告げる

「もっと気持ちよくしてやろうか?」

―その冷たい声に少女は感じ取った

みりあ(や……何をされるの?)

みりあ(これ以上何かされるなんて……や……やだ……)

みりあ「ぷ、プロデューサーぁ……」

モバP(以下P)「何だ?このスイッチが気になるのか?」

―男がポケットから何か小さいリモコンを取り出す

―そこには大・中・小・切と書かれていた

みりあ(え……何あれ……)

―少女は感づく。あのスイッチを入れられたらどうなるのか

―ただでさえどうにかなってしまうような状況が、さらに悪化すると

みりあ「ヤ……やだ……ダメ……」

―少女は必死になり声をあげる

―しかし



P「ダメだ」

―無慈悲に声をかけ



―そのスイッチに手をかけた



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:00:29.01 ID:F7heTRPDO

ヴヴヴヴ

―音だけ聞くなら携帯の振動音。しかし、聞こえてくるのは少女につけられた貞操帯の中からだ

みりあ「はァァッ!……んんんっ……くあッ!!」

―突然の体の中から来る振動に少女の体は反応しきれず、のたうちまわる

―しかしそれは逆効果であった

みりあ「くあッ?!…はうゥゥゥ……くぅぅンッ!!」

―振動だけでなく外部からの動きで感じてしまい、思わず大きな声を出してしまう

P「そうかそうか。そんなに喜んでくれるとはな」

―男は少女に問い掛ける



P「もっと……気持ち良くなりたいよな」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:12:17.48 ID:F7heTRPDO

みりあ「んんっ?!……やっ……やだ……あふッあぁぁぁぁ!!」ブルブル

みりあ(やだ……これ以上は……おかしくなっちゃうよぉ)

―しかし、少女の必死な願いは届くはずもなく

カチリ

ヴォォォォォォ

―激しいモーター音と共に、貞操帯が震えるぐらい力強く動き出すバイブ

みりあ「あ――――!!」

みりあ「やだやだっ……はッ!あハァ!!ンっ!だめっ……やだ……はげし……きゃハッ?!」

みりあ(やだ……さっきより激しく動いて……)

みりあ(こんなに激しく動いてるのに……痛くない……)

みりあ(むしろ……)

みりあ「あ゛あ゛あ゛ーっ!」

みりあ「ダめっ!……やだっ!!……何か…ふハッ!……イっ……」

みりあ「あぁ――――――――――――っ!」



―その瞬間、少女は絶頂を迎える

みりあ(な……なに……すごい……ぞくぞくする……)

―しかし、感傷に浸る間もなく

ヴォォォォォォ

みりあ「はヒッ!!やだっ!……くハッ!?」

―バイブは無常にも動き続けていた



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:20:56.56 ID:F7heTRPDO

―数刻後

―バイブのモーター音は止んでいた

―電池切れだ

―そして少女は……

みりあ「はーっ、はーっ、はーっ」

みりあ「はーっ……あぁぁぁ……」

―少女は全身から力が抜け落ち、憔悴しきっていた

―顔の回りは涎と涙と鼻水

―そして膣から愛液を流し、床をべとべとにしていた



P「そろそろいいだろう……」

―男は立ち上がると寝転んでいた少女を無理矢理起こす

みりあ「あ……」

―そしてベッドに倒し

P「そろそろ……入れるぞ」

―そう言いながら貞操帯の鍵を外す

カチン

カチン

みりあ「ふぁぁぁ」

―半日の間つけられていた貞操帯が緩み、安堵の声を漏らす少女

P「よし、外すか」

ズルッ

みりあ「きゃっ!」

ズズズズッ

みりあ「あっ、あっ……――――っ!」

みりあ「だ、ダメっ!」

P「ほほぅ、そんなに気に入ったか。また後で付けてやるよ」



P「今度は一日中な」ニヤリ

みりあ「」ブルルッ



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:25:57.29 ID:F7heTRPDO

スポッ

みりあ「あっ、あぁぁぁぁっ!!」

―ようやく膣と排泄口が解放される

―しかし、長い間バイブが入れられていたため、少し広げられていた両穴が、何かを欲しがるようにひくひくさせる

P「そんなに欲しいのか。よしよし、今入れてやるよ」

―そう言いながら自分の性器を少女の幼い入口に当てる

みりあ「ひゃっ!?や……やだっ!ムリっ、こんなっ……」

P「大丈夫。今まで入っていたから」

グニュッ

みりあ「あっ!」

みりあ(……っ、だめだめ)



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:31:27.57 ID:F7heTRPDO

ギシギシ

みりあ(動けない……)

ズズズッ

みりあ「あ゛ぁぁぁぁ……」

みりあ(縄が……)

ゾクゾクッ

みりあ「痛……っ」

みりあ(体中食い込んで……)

ニヂュルッ

ヌププ

P「力を入れなくてもずっぽり挿るな」

ギチギチ

みりあ(うそ……)

みりあ(嘘……嘘……)



みりあ(みりあ、プロデューサーと)



みりあ(セックスしてるの――)



みりあ(なのに気持ちよくて……体が感じちゃって)



みりあ(逃げられない――)



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:37:46.60 ID:F7heTRPDO

みりあ(こんなに中が反応して……挿ってきて)

P「あ……すごい、みりあの中あったかい……想像以上の名器だな」

バチュバチュ

みりあ「やっ!あッ!ふっはッ!……あふっ!」

みりあ(さっきの棒と違う……)

みりあ(プロデューサーのでナカ……つっつかれてる)

みりあ(なのに、おまたのアソコがぎゅって感じて……)

みりあ「んッ、あっ!ふぁ――!!」

みりあ「あっ……もぅダメ……ひあッ!!」

みりあ(強引にされてるのに……れいぷされてるのに……)



みりあ(へんなの……みりあ、へんなのぉぉぉぉ!)



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:39:02.47 ID:F7heTRPDO

みりあ(これ……すごく)



みりあ(気持ちいいよぉ!)

ゾクゾクゾクッ



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:45:49.23 ID:F7heTRPDO

P「み、みりあ!いくぞッ!」

ググッ

みりあ「ふぁッ?!な、何ッ?……はげし……ッ!!」

みりあ「あ゛あ゛っ!イっ!やあっ!!」

P「で、出るっ!」

ドクッ

ビューッビュルッビュッ

みりあ「あっ……あっあぁぁぁぁ!!?」

みりあ(な、なかで……熱い……)

P「あーっ、めっちゃ出たよ」

みりあ(これって……プロデューサーの赤ちゃんの元……?)

みりあ「はぁはぁ……はぁ……」





P「まだまだ時間はあるから、エナドリ飲んでまたヤろうか」

みりあ「あ……」





みりあ「は、はい……」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/25(木) 22:48:23.62 ID:F7heTRPDO

P「じゃあ……」



P「この薬で楽しもうな」

ニチュル

みりあ「ひぃアッ!!」

みりあ(どうしたんだろう……なんか)

みりあ(きもちいい……もうずっとこのままでいたい……な)




~Fin

(*>△<)<ナーンナーンっっ








元スレ
SS速報R:【デレマス】みりあ「苦しい……痛い……でも……」