1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:04:30.298 ID:YdNm1xzR0.net

ミサト(え…デカっ…なんか思ってたのと違うし車に入るのかしら…)

ミサト「・・・時間が無いわ、乗ってッ!」

花山「・・・」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:10:08.332 ID:YdNm1xzR0.net

ミサト「(ふう・・・何とか乗れたのはいいけど車が全然進まないわ・・)」ブゥゥゥゥ

ミサト「(それにしても無口ねこの子・・)」チラ

花山「・・・」


ミサト「(まぁ急に話し掛けられても恐いしまあいいわ)・・ここがNERVよ」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:15:20.470 ID:YdNm1xzR0.net

なんとか到着

花山「・・・このロボットは・・・?」

ミサト「(ビクッ)こ、これは・・・」

リツコ「私が説明します・・葛城三佐?」

リツコ「~~~ッッッッッ!!」

花山 「・・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

リツコ「ッ!?(なんなのこの子・・・)」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:24:24.488 ID:YdNm1xzR0.net

ゲンドウ「久し振りだな、シン・・・ッッッ!?!?」

ゲンドウ(な、なんなんだアイツはッッ!?まさかシンジなのかッ!?)

ゲンドウ(ふ、冬月先生ッッ・・・)

冬月()ウツムキー

ゲンドウ「わ、私が今から言うことをよ、よく聞け」

ゲンドウ「これにはお前が乗るのだ」

花山「・・・わかった」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:38:01.152 ID:YdNm1xzR0.net

ゲンドウ(すんなりいった・・・)

レイ(…出番、無かった。)

……

マヤ「エントリープラグ注水!」

花山「・・・この液体はなんですか?」

リツコ「心配しないでッ 肺がLCLで満たされれば直接酸素を取り込んでくれま・・・ッッッ!?」

花山「」ガブォッ ゴボ・・ッ

リツコ「(聞いておきながらなんで飲んでるのよ・・・ッッッ!?)」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:49:37.537 ID:YdNm1xzR0.net

ミサト「エヴァンゲリオン初号機!発進!」

ミサト「シンジ君!まずは歩く事だけを考えてッッ!」

花山「(・・・歩く?)」

ズシン…ズシン…

リツコ「やった!」

サキエル「」ガシッ

花山「ッ!?」

ミサト「シンジ君落ち着いて!!捕まれたのはあなたの腕じゃないのよ!」

花山「…」

初号機「」ガシッッ!

サキエル「…」

初号機「…」グググ…

サキエル「」パンッッッッッ!!!

花山「…まだやるかい」



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 05:57:56.386 ID:YdNm1xzR0.net

サキエル「!!」ビュッ

ミサト「自爆ッッ!?」

ズドドォオン!!!

『初号機、パイロット共 生存確認!!』

ミサト「あれが・・・侠客立ちッッッッ!!!」



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 06:08:21.214 ID:YdNm1xzR0.net

ちょっと飛ばして学校

教師「え、え~彼が転校生の・・・碇シンジ君です・・」

花山「・・・」

ケンスケ「お、おいトウジ・・・本当にやるの?下手したらお前が死ぬぞ」ヒソヒソ

トウジ「あ、あったり前や!!ワシの妹が怪我して入院してんねんぞ!」ブルブル

レイ「・・・・・・・・」



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 06:18:48.322 ID:YdNm1xzR0.net

トウジ「スマンな転校生・・・ワイはおまえを殴らなあかん・・・」ビクビク

花山「・・・」スクッ

ケンスケ「(死んだな)」

トウジ「や、やる気やな?来るんならこいや!」gkbr

花山「…」武器ズラー

トウジ「~~~~~~~~~ッ!?」

トウジ「な・・・なんやこの武器はァッッ!!反則やないかァッッッ!!!」

ケンスケ「(す、凄いッ!全部本物じゃねぇかッッッ!!!)」


花山「使うのは俺じゃねェ」

トウジ「え!!?」

花山「好きなモノを 好きなだけ使用え」

トウジ「~~~~~~~~ッッッ」

花山「終わったら 言え」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 06:24:47.926 ID:YdNm1xzR0.net

トウジ「ぃ…ぃゃ… ぁの…」

トウジ「ゴメ…ナ…ナ…ゴメ…ナサ…イ」ジワァァァ・・

花山「…」ガシッ

トウジ「ごめんなさいッッ ごめんなさいッッ」

花山「だったらかたづけろ」

花山「見つかったらどーすんだ!」

花山「いそげ」

トウジ「ハッハイッ!」



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 06:46:28.150 ID:YdNm1xzR0.net

こっから続ける創造力がもうないから書きたい所書いて終わる


アスカ「ねぇシンジ。キスしよっか」

花山「何?」

アスカ「キスよ,キス。した事ないでしょ?」

シンジ「…」

アスカ「じゃあしよう。」

シンジ「…」ガシッ ギュウゥ

アスカ「い…ッッ」

シンジ「顔を上げろ…」

アスカ「!!?」

シンジ「」キュバ~~~~ッッ!!

アスカ「~~~~~~~~~!!!」

アスカ「」パンパンパンパン!

シンジ「」ッッポン!!

アスカ「」ジンジン

アスカ「き、今日はもう寝るわ..」ヨロヨロ…

それでいい… これでいい…

花山「」パク..

だがな____

花山「ホントはよう…」モゴモゴ

花山「ペッッ」

俺は 上手いんだぜ!!!





51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/10(火) 06:47:30.847 ID:YdNm1xzR0.net

満足したッッ!!!


元スレ
ミサト「碇シンジ君、でいいのよね?」 花山薫「・・・」