1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:02:25.79 ID:R4rrJ6IU0

薫「せんせぇー!かおるね、お仕事がんばったよー!」

P「よーしよし、良くやった薫」ナデナデ

薫「えへへ~」

きらり「………」



きらり「プロデューサーちゃーん!」

P「ん?」

きらり「きらりもすゆー☆」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:03:56.59 ID:R4rrJ6IU0

P「きらりもって……あぁ、きらりも仕事頑張ったもんな」

きらり「うんうん!」

P「じゃあきらり、ちょっと屈んでくれ」

きらり「にょわ?」



P「よーしよし、良くやったなきらり」ナデナデ

きらり「………」

P「……ど、どうした?」

きらり「ううん、何でもないにぃ☆」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:06:57.12 ID:R4rrJ6IU0

薫「せんせぇー!かおるね、お仕事がんばったよー!」

P「よーしよし、良くやったな薫。じゃあご褒美に……それっ!」


ブーンブーン


薫「ひゃあーっ!すごいすごーい!!」

P「ハッハッハ、ジャイアントスイングだー!」

きらり「………」



きらり「おっすおっす、プロデューサーちゃん!」

P「おう、きらりか」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:09:42.68 ID:R4rrJ6IU0

きらり「きらりもね、それすゆ☆」

P「ん?それって……じゃ、ジャイアントスイングか?」

きらり「うんうん!」

P「……ま、まぁ、確かにきらりも仕事頑張ったが」

きらり「してしてー☆」

P「わ、分かった」


グルングルングルン……

ドタドタドタドタ……



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:12:35.78 ID:R4rrJ6IU0

P「(……こ、これじゃ、ただ手繋いで回ってるだけだな……)」

きらり「………」


グルングルングルン……

ドタドタドタドタ……


スッ


きらり「……プロデューサーちゃん、ありがとにぃ」

P「……悪い、きらり。俺にもう少し腕力があれば」

きらり「ううん、きらり楽しかった☆」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:15:59.58 ID:R4rrJ6IU0

薫「せんせぇー!かおるね、お仕事がんばったよー!」

P「よーしよし、良くやったな薫。じゃあご褒美に……よいしょっと」



薫「ひゃあーっ!たかいたかーい!!」

P「ハッハッハ、そりゃ高いだろう、肩車なんだから」

きらり「………」



きらり「おっすおっす、プロデューサーちゃん!」

P「あぁ、きらりか」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:19:36.99 ID:R4rrJ6IU0

きらり「きらりもね、肩車してみたいにぃ!」

P「えっ!?……き、きらりもか?」

きらり「うんうん!」

P「うーん……」

きらり「してしてー☆」

P「……わ、分かった。じゃあ、そのままじっとして」



P「ふんぐぐっ……!」ガクガク

きらり「うきゃー☆」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:23:01.73 ID:R4rrJ6IU0

P「(薫の倍くらいの感じだが……いや、これならまだ何とか……!)」ガクガク

P「ど、どうだぁ!高いだろう、きらりー!」ガクガク

きらり「すごいすごーい☆」



ちひろ「……ちょっと二人とも、見た?あのプロデューサーさん」ヒソヒソ

珠美「肩車なんて下心みえみえですね。最低です」ヒソヒソ

藍子「お尻の感触目当てなんですよ、きっと」ヒソヒソ



P「……な、なぁ。もういいか?きらり」ガクガク

きらり「え?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:26:09.91 ID:R4rrJ6IU0

P「悪いな。ちょっと急用ができちまって」

きらり「にょわー、それなら仕方ないにぃ」

P「今度はまた、人目のないところで、な!それじゃっ」スタタタ

きらり「うん……」





きらり「……にょわー」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:29:36.34 ID:R4rrJ6IU0

薫「せんせぇー!かおるね、ライブもがんばったよー!」

P「あぁ、見てたぞ!……やったな、薫」ギュッ

薫「えへへへ……せんせぇ、だーい好き」ギュッ

きらり「………」



きらり「うぇへへへ……プロデューサーちゃーん」

P「い、いたのかきらり!?」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:33:48.82 ID:R4rrJ6IU0

きらり「きらりもね、プロデューサーちゃん、ぎゅってすゆ☆」

P「そ、そうか、きらりもか……そうだな、きらりも頑張ったもんな!」

きらり「うんうん!」

P「さぁきらり、俺の胸にドンと来い!」

きらり「おにゃーしゃー☆」


ボフッ


P「むぶぅっ!!?」

きらり「?」ギュー



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:37:03.07 ID:R4rrJ6IU0

P「き、きらっ!……離しっ……む、胸で、い、息……!」ムゴムゴ

きらり「う、うん……」


スッ


P「ハァ、ハァ……す、すまないきらり。俺にもっと身長があれば」

きらり「ううん……ごめんね、プロデューサーちゃん」

P「きらり……」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:42:12.90 ID:R4rrJ6IU0

きらり「……もっともっと、プロデューサーちゃんと触れ合いたいのに」

きらり「きらりもプロデューサーちゃんも、ちっともハピハピ出来ない……」

きらり「………」

きらり「……ぐすん☆」


ペカー


きらり「お、お空がまぶしぃ~☆」

???「うっうー!諦めたらそこで試合終了ですよー!」

きらり「にょわっ!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:45:41.61 ID:R4rrJ6IU0

~数日後~

きらり「今日もお仕事ばっちし☆」

P「おう、頑張ったなきらり!」

きらり「ね、ね、プロデューサーちゃん」

P「ん?」

きらり「右手、前に出してー?」

P「あ、あぁ……こうか?」

きらり「はいたーっち☆」


パチーン



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:49:20.05 ID:R4rrJ6IU0

P「おっ」

きらり「うきゃー☆次、次はプロデューサーちゃんもっ☆」

P「……よし、いくぞ!」


パチーン


きらり「にょわー☆ハピハピ出来たー☆」

P「良かったな、きらり」

きらり「うん☆」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:52:54.80 ID:R4rrJ6IU0

藍子「……あ、あの~、プロデューサーさん?」ソワソワ

珠美「た、珠美達も、結構頑張ったですよ?」ソワソワ

P「ん?あぁ、お前達もか。そうだな……よーし、じゃあいくぞー?」

P「ハイターッチ!」


フニョッ

ムニュッ


藍子「ひゃっ……!」

珠美「ひぅっ!?」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 16:56:27.87 ID:R4rrJ6IU0

P「し、しまった!タッチする位置がズレた……!」

珠美「どっ、どっどど……どこ触ってるんですかーっ!!」バシーンバシーン

P「し、竹刀で叩くな!わざとじゃないんだ、信じてくれ!!」

藍子「も、もぉ~!プロデューサーさんのエッチ!」ポカポカ

P「あいだだだだだっ!」



???「ハイタッチは、用法容量を守って正しく使いましょー」

???「皆と私の、お約束ですよー!」



おわり


元スレ
モバP「きらりがご褒美をねだってくる」