1: 名無しで叶える物語 2018/11/02(金) 23:36:10.21 ID:Y/QamSdN.net

ザーッ・・・

果南「はぁ・・・止まないなぁ」

今日は学校が早く終わったから、最近出来なかったダイビングしようかと思ってたんだけど・・・

果南「午前中は降ってなかったのに・・・」

昼位から降り続けた雨は、夕方になってもそのまま降り続けてる

果南「暇だなぁ・・・」

ザーッ・・・

プルルル・・・プルルル・・・

果南「ん、誰かなん」ピッ

鞠莉「ハァァ~~~~イ♪!カナーーーーン!!元気してr」ピッ

果南「・・・暇だなぁ」

プルルル・・・プルルル・・・

果南「・・・」ピッ

鞠莉「何切ってんのよ!」

果南「うるさかったから」

鞠莉「SorrySorry!まあ聞いてよ果南!」



2: 名無しで叶える物語 2018/11/02(金) 23:42:17.77 ID:Y/QamSdN.net

鞠莉「この雨だし、どうせ暇でしょ?Cafeにでも行かない?」

果南「カフェ?・・・あぁ喫茶店かぁ」

鞠莉「YES!」

果南「私ああいう静かな空間苦手なんだよねぇ」

鞠莉「まあそう言わず!雨の音を聞いて飲むコーヒーはWonderfulよ?」

果南「へー・・・いやまあ良いけどさ、この辺に喫茶店無いじゃん。沼津の方までわざわざ出向くつもり?」

鞠莉「安心して!」

ププー!

果南「・・・まさか」ガラッ

窓を開けたらそこには、小綺麗なミニバン?があった

鞠莉「Ciao~♪」

果南「よっぽど暇なんだね、鞠莉」

鞠莉「まあね~、さっ、準備して!行きましょ!」

果南「ハァ・・・はいはい」

まあ暇だったし、たまには雨の日に外に出るのも悪くないのかな・・・

ザーッ・・・



4: 名無しで叶える物語 2018/11/02(金) 23:53:38.33 ID:Y/QamSdN.net

ザーッ

ガラッ

鞠莉「遅いよ、果南」

果南「しょうがないじゃん、一応遠出だし・・・」

ガチャ バタン

鞠莉「さ、Let's go!」ピッ

https://youtu.be/d8tpBYUIvTk



果南「何でそんなにテンション高いのさ・・・」

鞠莉「そう?いつも通りよ?」

果南「・・・ま、確かに」

ブーン・・・

果南「んー・・・久しぶりかも、雨の日に外出るの」

鞠莉「確かに、昔から雨が降ったら私の家に来てたもんね」

果南「雨に降られちゃうと、やる事無くなっちゃうからさ」

鞠莉「Yes、家で勉強するしか無くなるもんね」

果南「え、しないけど」

鞠莉「・・・まあ果南だもんね」

果南「何その含みのある言い方」

鞠莉「そのまんまの意味よ」

果南「遠回しに馬鹿って言ってる?」

鞠莉「言ってないわよ~♪」

果南「ハンドル、取ろうか?」ニコッ

鞠莉「Very Very Sorry」



5: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:00:56.42 ID:s8QQf9bU.net

ザーッ・・・

鞠莉「God damn'it!急に横から出てくんじゃないわよ!」ププー

果南「そういえばダイヤは?誘ってないの?」

鞠莉「ん、電話したんだけど出ないのよね。出掛けてるのかも」

果南「LINEも?」

鞠莉「・・・うん、今の所反応無し」ホラ

果南「・・・ほんとだ、珍しいね」

鞠莉「しょうがないから仕方無く果南を誘ったのよ」

果南「へえ、妥協して私か」

鞠莉「・・・んもう!拗ねないでよかなーん!!」ギュー

果南「ちょ馬鹿馬鹿馬鹿ハンドルハンドルぅ!!」

鞠莉「オーマイガァァァァァ!!!」キキーッ!! パパーッ!

ザーッ・・・



6: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:02:05.93 ID:s8QQf9bU.net

キキッ

鞠莉「さあ、到着よ!」

果南「死ぬかと思った・・・あんな運転二度としないで」



7: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:09:44.97 ID:s8QQf9bU.net

「Cafe Mermaid」

カランカラン・・・

「いらっしゃいま・・・あ、鞠莉さん!」

鞠莉「Ciao~店長!元気にしてた?」

「私は元気ですけど、この天気ですから店はガラガラですけどね」

鞠莉「確かに・・・あそこの窓際に1人だけね」

果南「まあ、貸切感あって良くない?」

「あ、今日はご友人も?」

果南「どうも、松浦果南です」

「いらっしゃいませ、ごゆっくりしてって下さいね」

鞠莉「じゃ、いつもの席に行くわよ!」

果南「いつもの?」

「鞠莉さんはいつも必ず、窓際の席に座るんです。その方が道行く人を眺められるからって」

果南「へぇー、なに気どってんだか」

鞠莉「Shut Up! 早く座るわよ!」

「ではすぐメニューをお持ちしますね」

果南「ありがとうございます」

鞠莉「あのお客さんの隣よ」

?「・・・」カキカキ

果南「真面目に勉強してる・・・何かダイヤみたい」

鞠莉「ん~・・・ていうかダイヤじゃない?」

果南「へ?」



8: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:14:41.56 ID:s8QQf9bU.net

ダイヤ「・・・♪」カキカキ

ダイヤ「・・・はあ、やっぱりありふれた悲しみの果ては素晴らしいですわ・・・」ウットリ

ダイヤ「はっ、いけないいけない、勉強しなくては・・・」

ダイヤ「・・・しかし、こんな風に喫茶店で勉強するのも初めてですわね・・・鞠莉さんとかには見せられませんわ」

「なんで?」

ダイヤ「それは「えー?ダイヤがコーヒー飲みながら勉強~?お茶飲みながら勉強机で勉強してそうなのに~!」とか言いそうだからですわ!」

ダイヤ「そんなからかわれ方、絶対されたくな・・・」

果南「・・・」ニヤニヤ

鞠莉「・・・」ニヤニヤ

ダイヤ「・・・へ?」



9: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:22:22.66 ID:s8QQf9bU.net

果南「まあそう落ち込まないでよ」

ダイヤ「」

鞠莉「ぷくく・・・さっきの言葉、一言一句全部言おうか?」

ダイヤ「・・・!!」シャキン

鞠莉「No!! ケーキのナイフを装備しないで!!」

「ご友人だったのですね、こちらメニューです」

果南「あ、ありがとうございます、ほらダイヤも頼も?」

ダイヤ「不肖黒澤ダイヤ、今生に悔いはなし・・・」シャキン

鞠莉「Stop!Stop! Japanese HARAKIRIはやめてぇ!!」

ワーギャー!

果南「・・・ちょっと待ってて下さいね」

「は、はい」

果南「・・・ふーたーりーとーもー!!」ガバッ

ギュウウウウウ・・・

ダイヤ「ピギィィィィィィィ!!ハグの力強過ぎですわぁぁぁぁ!!!」

鞠莉「オーマイガァァァァァ!!折れる!折れるって!!」

果南「もうほら、早く注文するよ」ドサッ

ダイヤ「ぜぇ、ぜぇ、何だか綺麗な川が見えましたわ・・・」

鞠莉「私も、Grandpaが手招きしてた・・・」

果南「はい、ちゃっちゃと決めて」

ダイまり「はい・・・」



10: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:29:41.54 ID:s8QQf9bU.net

果南「じゃあ、私はカフェラテで」

ダイヤ「私は、さっきと同じくブレンドをお願いしますわ」

鞠莉「じゃあ・・・私はカプチーノ!」

「かしこまりました、ではお待ち下さい」

果南「ありがとうございまーす」

鞠莉「・・・てか、どうしてここにいるのダイヤ?」

ダイヤ「いてはダメなんですの?」

果南「鞠莉は最初、ダイヤも誘ってここに来るつもりだったんだよ」

鞠莉「でも、電話してもLINEしても反応無いから・・・出かけてるのかなって」

ダイヤ「え?」スッ

ーMari 新着メッセージが1通ー

ダイヤ「あ、ホントですわ」

果南「気づいてなかったのか・・・」

鞠莉「でもLINEはともかく、電話もしたよ?」

ダイヤ「それは恐らくこれですわ」スポッ

アリフレタカナーシミ アリフレタイーターミトー・・・♪

果南「ああ、イヤホン・・・」

ダイヤ「ウォークマンで曲を聞いてましたから、電話に気づかなかったんですわね」

鞠莉「そういう事だったのね・・・」



11: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:32:46.53 ID:s8QQf9bU.net

「お待たせ致しました、カフェラテ、ブレンド、カプチーノでございます」

鞠莉「ありがとう!」

ダイヤ「頂きますわ」

果南「ほいっと」

鞠莉「では、Japanese Styleで乾杯しましょ!」

ダイヤ「・・・果南さん、コーヒーで乾杯するなんて聞いた事ありますか?」

果南「一度もないね」

鞠莉「ごちゃごちゃ言わずに!はい、乾杯!」

かなダイ「「乾杯」」

キン・・・



12: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:43:05.32 ID:s8QQf9bU.net

https://www.youtube.com/playlist?list=PLW6ZDKHxQvR9kBtwSGnJOkJwWmH80Eajk

鞠莉「・・・」ズズッ

ダイヤ「・・・」ズッ

果南「・・・あっちぃ」

鞠莉「で、結局何でここにいるのよダイヤ」

ダイヤ「ああそうでしたわね、別段深い理由もありませんわ」

ダイヤ「家の用事で沼津まで来たのですが、帰り際にここを見つけて入ってみたくなった、それだけですわ」

鞠莉「へぇ、それでたまの空き時間にも勉強してるわけ?」

ダイヤ「ええ、こんなに落ち着いて勉強出来るのは久しぶりですから」

果南「さっすが生徒会長様」ズズッ・・・

ダイヤ「褒めてるんですの?」

果南「ん、めっちゃ褒めてる」

ダイヤ「適当ですわね・・・」

鞠莉「ま、三人揃ったんだし結果all right!」

果南「だね」

ダイヤ「偶然とはいえ、凄いことですわ・・・」

ザーッ・・・



14: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 00:53:47.11 ID:s8QQf9bU.net

果南「・・・てか、落ち着いて勉強するの久しぶりってどういう事?ダイヤん家なんかいつも静かじゃないかなん?」

鞠莉「確かに」

ダイヤ「いえ、ここ最近はAqoursの活動が忙しくて勉学を疎かにしてしまってて・・・」

ダイヤ「溜まった勉強を今日の様な空いた日に、消化してるのですわ」

果南「でも、勉強だけなら家でも出来るじゃん」

ダイヤ「・・・実はルビィのμ's好きがここ最近更に過熱してまして・・・」

鞠莉「え、いつものがMAXじゃないの?」

ダイヤ「いえ、近頃はリミッターを振り切ってますの・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

二日前、黒澤家

ー居間ー

ルビィ「もうっ!止めなぁ~いっでっ!アナタから!熱くなれぇ~~っ!!」

ドッタンバッタン

ー2階 ダイヤの自室ー

ダイヤ「くっ・・・!!喧しい・・・!けどμ'sなのがせめてもの救い・・・っ!」

・・・コートリーノーツバサガツイニーオオキクナーッテー!!!

ダイヤ「・・・せめて1曲踊り切って、ルビィ・・・!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

現在

ダイヤ「と、このような感じで・・・他言無用ですわよ」

果南「・・・ストレス発散だったり?」

鞠莉「あの物静かなルビィがねぇ・・・感慨深いわ!」

ダイヤ「こっちは感傷に浸ってる暇もありませんわよ・・・」

果南「まあ、多少は大目に見てあげよ・・・」

ザーッ・・・



15: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 01:07:53.74 ID:s8QQf9bU.net

ダイヤ「・・・しかし、果南さんが喫茶店と言うのも何だか面白いですわね」

果南「うん、我ながら似合わない気がするよ」

鞠莉「そうかしら?東京はこんな感じの一杯いるデショー」ズズッ

果南「こんな感じ言うな」

鞠莉「まあ確かに、場末の居酒屋とかでBeer飲んでそうな感じはするけど」

ダイヤ「未成年飲酒はいけませんわよ!」

果南「まだしてないよ!」

鞠莉「まだ?」

果南「あいや、しないよ!!」

ダイヤ「かーなーんーさーん!?」

果南「してないって!お父さんのチューハイ飲んだ事も無いからぁ!!」

鞠莉「oh、墓穴を掘るってこの事ね」ズズッ

果南「あっ」

ダイヤ「ぶっぶーですわぁ!!」

果南「しょうがないじゃん、付き合いでさ・・・」

鞠莉「んーでもさ、20歳になってから初めてお酒を飲むって人、絶対いないと思うのよ」

ダイヤ「何をおっしゃいますの!ここにいるじゃありませんか!」

果南「へー、ほんとに?」



16: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 01:08:43.83 ID:s8QQf9bU.net

ダイヤ「当たり前ですわ!それもこれもμ'sの絢瀬絵里さんの様な真面目さを見習っての事です!」

ダイヤ「あの絵里さんが未成年飲酒などするわけが無いですわぁ!!」

果南「話脱線してるけど」

鞠莉「じゃ聞くけどぉ?今年のお正月、なんか飲んでなかったかしら?」

ダイヤ「お屠蘇の事ですの?それはお正月と言えばお屠蘇を飲むのがしきたりというもの・・・」

ダイヤ「あっ」

鞠莉「墓穴を掘るセカンドね」

果南「ほらやっぱりぃ!!」

ダイヤ「お、お屠蘇とかお神酒は別物ですわ!!コンビニでお酒を買って飲むとかなら話は別ですけど!」

鞠莉「でも飲んだ事あるに限定したら、当てはまるじゃないの」ニヤニヤ

ダイヤ「かっ!!」

果南「ね?いないんだよきっと。20歳になってから飲み始める人はさ」

ダイヤ「か、完敗ですわ・・・」

鞠莉「意外とチョロいのね・・・」

ザーッ・・・



17: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 01:15:33.35 ID:s8QQf9bU.net

「失礼します、こちらケーキを3つお持ちしました」

果南「ありがとうございま・・・え?」

ダイヤ「頼んでませんわよ?」

「サービスです、今日はお客様もあまりいらっしゃらないので・・・」

「余らせるのもなんですし、宜しければ」

鞠莉「WOW!流石店長は素晴らしい人ね!」

果南「そ、そういう事だったら・・・」

ダイヤ「有難く頂戴致しますわ」

「ふふ、ごゆっくり」

ショートケーキ チョコレートケーキ チーズケーキの三つが置かれた

果南「んー、じゃ私チョコレートケーキ」

鞠莉「私チーズケーキ!」

ダイヤ「ではショートケーキを・・・」

鞠莉「あそうだ、店長さん!」

「はい?」

鞠莉「ブレンドを三つ下さい!」

「・・・はい、かしこまりました」

果南「え、悪いよ鞠莉」

ダイヤ「そうですわ、いくらなんでも・・・」

鞠莉「良いの良いの!こうやって偶然とはいえ、久しぶりに三人だけで話してるんだから」

鞠莉「こんなに楽しい席のお礼よ、受け取って!」

ダイヤ「・・・もう、鞠莉さんは」

果南「はは、そういう事なら有難く受け取るよ」

鞠莉「ふふふ・・・」



18: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 01:23:07.61 ID:s8QQf9bU.net

雨はずっと降り続けて、窓には静かに雨音が跳ね返ってる


鞠莉「・・・」ソーッ

果南「あっ鞠莉!今私のケーキちょっと食べたでしょ!?」

鞠莉「No! I am innocent!」

ダイヤ「口元にチョコがついてますわよ」

鞠莉「Oh God・・・」


外から私達はどう写ってるのかな、雨とガラス越しの私達は


果南「鞠莉のチーズケーキもちょっと寄越してよ!」

鞠莉「嫌よ拒否するわ!」

果南「何でよ!」

ダイヤ「・・・」モグモグ


私、雨は嫌いだったんだけどね


果南「じゃあダイヤ、イチゴ頂戴!」

ダイヤ「ぶはっ!何でですの!?何で私に飛び火してるんですの!?」

鞠莉「私も!!」

ダイヤ「ぶっぶーですわぁ!!」


まあでも、こうやっていつもの二人に会えるんなら



19: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 01:24:13.87 ID:s8QQf9bU.net

果南「もう、ダイヤがケーキくれないから・・・」

鞠莉「ほんっとーよね!この硬度10!」

ダイヤ「何で私が悪者になってるんですのぉ!?」


たまには、雨も悪くないね



20: 名無しで叶える物語 2018/11/03(土) 01:28:23.74 ID:s8QQf9bU.net
元スレ
果南「雨の日のコーヒー」ダイヤ「番外編」鞠莉「その4デース!」