1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 15:39:45.84 ID:DsgWZWNA0

上条(また余計なこと覚えやがって…ただでさえ火の車だってのに、恵方巻なんてやってられるかよっ)

上条「男根からは生命の種、いわば恵みの種が放出されるんだ」ペラペラ

上条「だけどそのままじゃ卑猥だから、表現を棒状の巻き物に例えて恵方巻」ペラペラ

上条「……お前ももう分かるだろ? 
   それともインデックスさん、子供だから分からないのかなぁ?」

禁書「そ、そのくらい分かるよ! 言わば……〝ペ○ス〟でしょ!?」カァァ…!

上条「ちょ、大きな声で言うんじゃありません! 少しは恥じらいを持て!」アセアセ

禁書「恥ずかしいに決まってるじゃんバカとうまッ!!」アセアセ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 15:47:17.67 ID:DsgWZWNA0

禁書「それととうま、それは先に男根とかいった変態さんが言う台詞じゃないんだよ?」

上条「ま、まあそうだけど…よ」

上条「と…とにかくッ! 恵方巻なんてそんな、若干中学生の女の子がするイベントじゃありませんっ」

上条「まったく、上条さんはお前のことを思ってそういうことは話さないでいるってのに…」ブツクサ…

禁書「そ、そうだったんだ……」ポッ

上条(よしっ! 恵方巻イベント回避ッ)


 ────────────────────

  ──────────



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 15:54:38.47 ID:DsgWZWNA0

禁書「とうまとうまっ! 豆まきって何!?」キラキラ

上条「豆まき? ああ、新種の薪だそうだ」

禁書「えっ……」

上条「最近学園都市で開発されたらしい、出荷の条件に不十分な豆の二次産業になるんだってな」ペラペラ

上条「その金が生徒への給付金に回らないものかねぇ…」ハァ…

禁書「そう…だったんだ、世知辛い世の中の産物なんだね、豆まきって」フムフム

上条(世知辛いのはこの俺だぜッ)



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:03:57.73 ID:DsgWZWNA0

 ────────────────────

  ──────────


禁書「ね~ぇとうま! バレンタインデーって何!?」キラキラ

上条「ああそれな、好きな異性への想いを、友達とかがバラしてもオーケー……無礼講で殺伐とした日だ」

禁書「えっ……」

上条「起源は詳しくは分からないらしい…ただ最も有力な説は──」ペラペラ

上条「──関西圏で、著名人Aの友人が、Aの恋仲に嫉妬したらしく〝ばれていいん? ばれていいん?〟」ペラペラ

上条「と、そのを恋仲をスキャンダルにしようとした」ペラペラ

上条「それがだんだん訛って、〝ばれていいん?〟から〝バレンタイン〟になったらしいぜ?」ペラペラ

禁書「へぇ~! とうまって物知りだねッ!」

上条「まあ学校の勉強でこれぐらい出来れば…願ったり叶ったりなんだけどな……」ハハッ

上条(この嘘、ばれていいん? いくないに決まってんだろ)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:13:21.15 ID:DsgWZWNA0

────────────────────

  ──────────


禁書「と~うま! ホワイトデーって何!?」キラキラ

上条「ホワイトデー? そのままの意味だ」

禁書「えっ……」

上条「関東圏の学園都市には大抵雪なんて降らないのは知ってるな?」ペラペラ

禁書「うん、日本海側にある大きな山が邪魔してるんだよね?」

上条「ああ、それだってのに十年前に異常気象が起こった。
   もう3月だってのに、学園都市中に雪が降ったらしい」ペラペラ

上条「自然現象なのか、はたまた気候制御の能力者達のゲリラ行為なのか……今だに謎になっている事件」ペラペラ

上条「それが雪の白色をとって〝ホワイトデー〟だそうだ」ペラペラ

禁書「なんか…綺麗なお話なんだよっ」ニコッ

上条「そうだな……もしかしたら能力は人を感動させるためにも存在するって、思わせたかったのかもな」ニコッ

上条(アレ? ……もしかすると俺、小説家になれるんじゃね?)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:21:51.74 ID:DsgWZWNA0

────────────────────

  ──────────


禁書「とうまぁ、お花見って何!?」キラキラ

上条「それはな、学園都市だけで行われる、なんともスイーツ(笑)なイベントだ」

禁書「えっ……」

上条「まず自宅をでる……少し歩いて、
   最初に目に留まった花を、ネットの学園都市掲示板に載せるっていう──」ペラペラ

上条「男子にとって全然楽しくないイベント、優勝者の副賞も最新技術の化粧品だしな」ペラペラ

禁書「そっかぁ……とうまにはあまり関係なさそうなイベントだね」

上条「いっそ優勝して、オークションにでも出せばいいかなぁ?」ボソッ

上条(…ま、そもそもイベント自体が作り話だからな……)



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:31:04.25 ID:DsgWZWNA0

────────────────────

  ──────────


禁書「ねぇとうま、土用丑の日って何!?」キラキラ

上条「それな……牛の可哀想な話だ」

禁書「えっ……」

上条「お前は…〝かわいそうなぞう〟って話を知ってるか…?」

禁書「え、あの……とっても可哀想なゾウの話…?」

上条「昔は牛は、田畑を耕すためにも使われていたんだ」

上条「それが土用丑と言ってな、漢字で書くとこうなる……」カキカキ

禁書「へぇ」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:37:59.53 ID:DsgWZWNA0

上条「話を戻すぞ。そして、工業技術は発達してコンベアーが開発され──」ペラペラ

上条「──土用丑はいらなくなったんだ……でも、乳牛でもなければ肉牛用にも育てられていなかった…」ペラペラ

上条「……一斉処分だそうだ、昔にはよくあった話なんだよ…科学だけが大事じゃないってのにな」ペラペラ

上条「そして昔の過ちを償おうとした農家の人たちが、
   せめて土用丑を忘れないようにと、土用丑の日をつくったそうだ」ペラペラ

禁書「」ウルウル

禁書「私、その日…祈り続けるよ」ジワッ

禁書「〝我らの罪をお許し下さい〟って」…ニコッ

上条「……っああ!」

上条(なんかこっちまで泣けてきたぜ……)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:46:14.48 ID:DsgWZWNA0

────────────────────

  ──────────


禁書「とうまとうまとうまー! おせちって何!?」キラキラ

上条(また季節はずれな……)

上条「沖縄で、いわば〝お待ちなさい〟の意味だな」

禁書「えっ……」

上条「日本の南端沖縄は、元は琉球という一つの国だったんだ」ペラペラ

上条「元々は日本と全く違う言語を使っていた」ペラペラ

上条「そして琉球は統治され、それから日本語が流通し始めた」ペラペラ

上条「〝おせち〟はその名残らしい。やっぱりたまに、沖縄から来た生徒は使っちまうらしいな」ペラペラ

禁書「へぇ、私もたまに母国語を使いそうになるよ…結構大変なんだよね~」

上条「俺も英語がんばらねぇとな……」ハァ…

上条(嘘がバレないように頑張らないとな)



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 16:54:27.26 ID:DsgWZWNA0

────────────────────

  ──────────


禁書「ねぇ、お月見って何!?」キラキラ

上条「ん、お花見と同じ類だよ……」

禁書「えっ……」

上条「前話したろ? スイーツ(笑)って」

禁書「あったねそんな話」

上条「それの二番煎じみたいのもんだ、夜…窓からの月を撮影して、掲示板に貼り付け」ペラペラ

上条「優勝者の副賞は、最新技術のダイエットサプリメントだ」ペラペラ

禁書「またまた私達には関係ないイベントだね」ハァ…

上条「よくいつもバクバク食ってて太らねぇな……」

上条(ダイエットサプリメントが咄嗟にでた時点で、俺は自分に驚きなんだが…)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 17:03:03.17 ID:DsgWZWNA0

  ────クリスマス──────

禁書「とうまっ! 今日は──」

上条「ああ、クリスマスだな」

禁書「ふっふっふ…今日は美味しいものをたくさん食べれる日なんだよっ」

上条「……」ニコッ

上条(この日のためだけに嘘ついて悪かったな、インデックス)

上条「インデックス、クリスマスはただ美味しいものを食べる日じゃないんだぜ?」スッ

禁書「…え、これ……とうま!」パァァ…!

上条「お前に似合うか、分からないけどさ…」

禁書「開けて、いい?」

上条「もちろんだ、袋なんてビリビリに破いち──」

禁書「うわぁ~…可愛いネックレス……」

上条「って、すでにでしたか……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 17:09:16.29 ID:DsgWZWNA0

禁書「ありがとう……とうま」ニコッ

上条「……なんだよ、俺はらしからぬ態度に少し焦ってるんですが? 
   今から飯の材料買ってくるから少し──」

禁書「チュッ」

上条「って、おおお前なにをッ!?」

禁書「エヘッ、とうま……とうまとうまとうまッ!」

上条「うるせぇうるせぇ! なんだよインデックスッ!」

禁書「大好きだよ、とうまッ!」ニコッ


 


                  ──Fin──



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 17:11:53.95 ID:DsgWZWNA0

少し短すぎたかもしれないけど…見てた人ありがとう! 

恵方巻が頭から離れなくて書いてしまった…
今度またイチャコラ系を書こうと思う ではまたノシ


元スレ
禁書目録「とうま! 恵方巻って何!?」 上条「言わば俺の男根だ」