SS速報VIP:グリP「もうすぐクリスマス!」千鶴「ですわ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417805291/



1: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:48:21.68 ID:BxB+VD8X0

2: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:49:45.12 ID:BxB+VD8X0

~リビング~

グリP(以下P)「というわけで、ひなたへのプレゼントを用意しないとな」

千鶴「そうですわね」

P「しかし、何がいいかなぁ。あまり変な物渡してもしょうがないし……」

千鶴「これからも寒い時期が続くのですから、ここは無難にマフラーがいいと思いますわ」




3: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:51:05.11 ID:BxB+VD8X0

P「マフラーかぁ…。そうだな、そうしよう!」

千鶴「かわいいものを探してきませんとね!」

ひなた「あ、おとうさんにおかあさん。なに話してるんだべか?」ヒョコッ

P「あっ…い、いや、今日も寒いなぁって話をね…。なあ、千鶴!」

千鶴「そ、そうですわね。だから、暖かい服を用意しなきゃいけませんわねって言ってましたの!」



4: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:53:22.43 ID:BxB+VD8X0

ひなた「!」ピクッ

P「ん?どうしたんだ?」

ひなた「な、何でもないっしょや…。そっかぁ、あったかい服…。」

千鶴「ひなた、どうしたんですの?風邪でも引いたなら…」

ひなた「ち、違うよぉ。えーっと…あたし、部屋に戻ってっからねぇ」タッタッタッ



5: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:57:03.34 ID:BxB+VD8X0

P「あ…。ひなた、どうしたんだろうな」

千鶴「さ…さぁ?」

P「ま、とりあえず何でもなさそうだし、買い物に行ってくるか」

千鶴「…そうですわね」

―――――
―――




6: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:58:12.71 ID:BxB+VD8X0

~ひなたの部屋~

ひなた「……あったかい服かぁ」チラッ

【はじめての手編み】

ひなた「ちょっと難しいけども、頑張ってみっかなぁ…」

―――――
―――




7: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 03:59:39.63 ID:BxB+VD8X0

~ふれあい商店街:洋服屋~

P「で、マフラーを見に来たのはいいけれども、何がいいか悩むな……」

千鶴「シルクにウール、カシミヤとかとかとか。いろいろありますわね」

P「ああ、それにフルエキゾーストにスリップオン…?これ違うやつだろ……」




8: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:03:04.35 ID:BxB+VD8X0

千鶴「あなた、これなんてどうです?」

P「赤いマフラー…。確かに似合いそうだな。…よし、これにしよう」

千鶴「ふふ、シンプルなデザインで素敵ですわよね」

P「ああ。それに、千鶴も好きなの選びなよ」

千鶴「わたくしもですの?」




9: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:05:34.87 ID:BxB+VD8X0

P「ああ、ひなたにだけプレゼントってわけにはいかないだろう」

千鶴「あなた…ありがとう。でしたら、わたくしはこれにいたしますわ」

P「薄い黄色のマフラーね。それじゃ、買ってくるよ」スタスタ

千鶴「お願いしますわ。…あら、これは……」

―――――
―――




10: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:07:47.73 ID:BxB+VD8X0

P「お、千鶴。どこ行ってたんだ?急にいなくなってたから探したぞ」

千鶴「ごめんなさい。ちょっと用事が出来て…」

P「用事?もういいのか?」

千鶴「ええ。もう大丈夫ですわ」

P「そっか。じゃ、そろそろ帰るか。ひなたも待ってるよ」

千鶴「そうですわね。夕飯の支度もしませんと」

―――――
―――




11: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:09:10.22 ID:BxB+VD8X0

~自宅:リビング~

P「ただいまー…。って、あれ?」

千鶴「真っ暗ですわね…」

P「ひなたー!居ないのか?」

<居るよぉー!

千鶴「って部屋に居るんですのね…。よかったですわ…。」

P「まだ部屋にこもっているのか」

千鶴「珍しいですわね…」

P「何かやってるのかな」

―――――
―――




12: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:10:23.17 ID:BxB+VD8X0

千鶴「ひなた!夕飯の時間ですわよ!」コンコン

ひなた「あっ、ちょっと待ってねぇ」ガチャ

千鶴「もう…。さあ、おとうさんが待ってますわよ」

ひなた「うん」

―――――
―――




13: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:12:38.21 ID:BxB+VD8X0

ひなた「ごめんねぇ」

P「ようやく降りてきたか。ひなた、テレビで765プロのど自慢大会やってるぞ」


『続いては響の番なの!』

『まかせるさー!我那覇響歌いまーす!』マルデカーナーシーミーノカケラダワー


千鶴「あら、素敵な曲ですわね」

ひなた「上手だねぇ」

P「ま、765プロでも上位に入る歌唱力だしな」




14: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:14:02.49 ID:BxB+VD8X0

『ふふ…さて、結果はいかがでしょうか。……な、なんとおぉぉぉぉ!』89点

『微妙な点数だね』アハッ

『うがー!所詮は機械のやることさー!これだから機械は御しがたいんだー!』


千鶴「ま、カラオケの採点はこんなものですわね……」パクパク

P「機械との相性もあるだろうしな」モグモグ

ひなた「残念だったねぇ」モグモグ



15: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:15:56.18 ID:BxB+VD8X0

『次は姫の番なのです!』クラヤミーニーハーシルキミーハー

『被せてきたの!?』


P「同じ作品で、同じ歌手の曲かよ…。なにかに強いられてんのか?」

千鶴「?」

ひなた「ごちそうさまぁ。したっけ、また部屋に戻ってっからねぇ」

千鶴「あ…!また…」



16: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:20:07.49 ID:BxB+VD8X0

『結果は…』100点!

『はいほー!姫にかかればこんなものなのです!』

『ま、負けたさー…。いったいなんで…』

『ほ?人類の10分の9をファンにしようとすれば、こうもなるのです』


P「徳川まつり…いったい何者なんだ…」

千鶴「あなた、食べ終わったなら食器を片づけてくださいませ」カチャカチャ

P「お、悪い悪い」

―――――
―――




17: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:24:23.08 ID:BxB+VD8X0

ひなた「えっと…ここで編み目を立ち上げて、毛糸をぐるっと回して……」

―――――
―――


~数日後~

千鶴「ここ最近、ずっと部屋にこもりっぱなしですわ」

P「ひなたも、なにかやりたいことあるんだろう。そっとしといてあげないと」

千鶴「ええ、でもすこし寂しいですわ…」



18: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:28:32.97 ID:BxB+VD8X0

―――――
―――


~ひなたの部屋~

ひなた「で、出来たべさ……なんとか間に合ったよぉ」

―――――
―――




19: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:34:04.06 ID:BxB+VD8X0

~クリスマス当日・夜:リビング~

パンパカパーン

P「メリークリスマス!」

千鶴・ひなた「メリークリスマス!」



20: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:43:44.58 ID:BxB+VD8X0

P「さて、ようやく訪れたクリスマス。ということでひなた、プレゼントだぞ」

ひなた「わぁ…!」

P「さあ、空けてごらん」

ひなた「あったかそうなマフラーだねぇ!」

P「かわいいだろ。おかあさんと選んだからな」

ひなた「えへへ、ありがとね!」



21: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:47:08.61 ID:BxB+VD8X0

千鶴「喜んでもらえて何よりですわ。それにこれもどうぞ」

ひなた「これは……手袋だねぇ!」

千鶴「マフラーだけじゃ寒いと思いまして」

ひなた「おとうさん、おかあさん。あたし、これ大事にすっから!」

P「あの時の用事ってこれだったのか…」




22: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:50:15.56 ID:BxB+VD8X0

千鶴「そうですわ。うふふ…それに、あなたの分もありますのよ」

P「ん?俺の分も用意してくれたのか?」

千鶴「ええ、マフラーのお礼ですわ」

P「そうか…ありがとう、千鶴」

千鶴「どういたしまして」



23: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:52:10.68 ID:BxB+VD8X0

ひなた「えっとぉ…あの、あたしもね、おとうさんとおかあさんにプレゼント用意したんだぁ。はいこれ」

千鶴「え?……これはセーターですわね」

P「どうしたんだ?こんな立派なの」

ひなた「あたしね、プレゼントは何がいいか考えてたんだけども、最近寒いねって話を聞いたもんで、セーター編んでみたんだぁ」



24: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:54:51.83 ID:BxB+VD8X0

千鶴「…ここしばらく部屋にこもっていたと思ったら、編み物をしていたんですのね…」

ひなた「あんまり上手くないけれども、もらってくれるかい?」

P「ああ、ひなた、ありがとうな」ナデナデ

千鶴「ふふ…素敵なプレゼントですわよ」ギュッ

ひなた「え…えへへ///おかあさん、あったかいねぇ」ギュッ



25: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:58:52.18 ID:BxB+VD8X0

P「なぁ、今年は最高のクリスマスになると思わないか?」

千鶴「ですわね」

ひなた「だねぇ」




f i n



26: wada ◆hcNEf..zgXd9 2014/12/06(土) 04:59:51.50 ID:BxB+VD8X0

終わりです。

クリスマスガシャSR10%チケットで来てくれたひなたは、やっぱり天使だった。

次回からはアイドルを変更して別編を、と思ってますが、いい組み合わせが思いつかない。

風花さんと美奈子は母親役になれると思うんだけど、娘役に悩むし…。

また、アルバムみながら考えますか…。


元スレ
SS速報VIP:グリP「もうすぐクリスマス!」千鶴「ですわ!」