1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 00:18:14.46 ID:MHnSVcr60

みく「なーう……なーう……」

          すりすり

P「……」

みく「……なぁぁぁぁーーーーう……」

           すりすり

P「……はぁ」

P「しょうがない。忙しい時期だけど、去勢につれてくかなぁ」

みく「にゃ!?」

P「ちひろさん、タウンページお願いします」

ちひろ「はーい」

みく「ストップ、ストップPチャン!! きょ、きょ、去勢って……」

P「そこかしこで盛ってらないようにするのは、飼い主としての義務だからな。えっと、動物病院は……」

みく「や、やーにゃ!! みく、赤ちゃん産みたいから去勢なんて絶対嫌なのにゃ!! べー!!」

                 てこてこてこてこ

P「あらら、行っちゃった」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 00:23:51.02 ID:MHnSVcr60

      コンコン

P「みくー、出ておいでー」

P「……」

      コンコン

P「みくー」

P「……」

P「去勢するなんて言わないから、安心して出てきなさーい」

P「……」

          ガチャッ

みく「……ホント?」

P「ホントだぞー」

みく「ホントのホントに去勢しない?」

P「ああ、ホントだ」

みく「んふふふふふふ☆ さっすがPチャン!! 話が分かるにゃ!!」

          てこてこてこてこ
                                     ぎゅーっ!



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 00:29:37.80 ID:MHnSVcr60

みく「なーう……なぁぁぁぁう……」

             すりすり

P「しかし困ったな、これじゃあ仕事にならない」

雫「あれあれー? もしかしてみくちゃん、発情期ですかぁー?」

P「ああ、雫」

雫「駄目ですよぉ、プロデューサー! 飼い主として、きちんと去勢に行っておかないとー」

P「いや、連れて行こうとするとみくが嫌がってな……泣きながら嫌だって言われるとどうもやりづらいだろ」

雫「んー、でもぉー」

みく「なあぁぁぁあああああああああう!!! ふしゃー!!! にゃ、にゃ、にゃうごろごろ!!!!」

雫「お仕事になりませんよー」

P「そうだよなぁ……どうするかなぁ……なぁ、雫、なにかいいアイデアないか?」

雫「そうですねぇ……あ、そういえば!」

P「お、なにかあるのか?」

雫「お父さんから聞いたことがありますー! 発情期の動物は性欲処理をしてあげればおとなしくなるらしいですよぉー!!」

P「性欲処理……うぅむ」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 00:39:50.90 ID:MHnSVcr60

雫「猫さんなんかは特にですねー、交尾の刺激で排卵するので、一度性欲処理をしてあげると効果があるんですってー」

P「そうなのか……そうなのか?」

みく「ふしゃーーーー!!!! この、この、おっぱいオバケ!! みくのPチャンに近づくにゃ!!」

           ぺしぺし
                    たゆんたゆん

P「こらこら、雫に迷惑をかけるんじゃありません」

みく「あ、Pチャン!! えへへ~♪ うなー! うにゃああああああ!!!」

               すりすり

雫「猫さん相手に綿棒なんかを使って性欲処理をするご家庭もありますしねぇ」

P「ほう、初耳だな」

雫「去勢だと少し心苦しい人もいらっしゃるんでしょうねー」

P「勝手に飼い猫にしておいて心苦しいとか、身勝手な奴め」

雫「まぁまぁ。あ、なんだったら性欲処理の方法、教えましょうか?」

P「そうだなぁ……どうする、みく?」

みく「なああああああああああう!!!! んにゃああああああああああう!!!!」

P「聞いてない、か」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 00:47:12.73 ID:MHnSVcr60

P「そういうのって素人がやっても大丈夫なのか?」

雫「んーっと、ですねぇー……デリケートゾーンの事情なので、断言はできませんけど……
  まあ、激しくしすぎなければ問題ないはずですー」

P「そうか」

みく「Pチャン、みくね、赤ちゃん欲しいにゃー♪」

             ぎゅーっ

P「それって出先でも出来ますか?」

雫「大丈夫ですよぉー! 性器を傷つけないように気を付けてれば、他には問題ありませーん!!」

P「そうか」

みく「ふにゃんふにゃーん♪」

P「じゃあ、とりあえずやり方だけ教えてもらっていいかな? 他人にこういうこと任せるのは忍びないし」

雫「分かりましたー! じゃあ、お父さんに聞いてきますねー!」

P「頼んだ」

雫「お任せください!」

              とことことことこ

P「雫は優しいなぁ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 00:56:11.34 ID:MHnSVcr60

――― 仮眠室

P「ほーら、ほら、おいでー、みく、こっちおいでー。ほら、怖くないよー」

みく「なになに? Pチャン、にゃにするの?」

         てこてこてこてこ

P(よし、入った!!)

          バタン
                     カチャッ

みく「んふふふふふふ、うなーう!! うなーーう!!」

              すりすり

P「えっと、まずは……」

『雫ちゃんメモぉ~!
 ①まず猫さんを捕まえちゃいまーす!
 ②動けないようにして、性器に清潔な棒状の物を挿入しちゃいまーす!!
 ③あとは、ぐり、ぐり、ぐりと三回くらい刺激すれば、排卵して、おさまるそうです~!!

 ちゅーい!!
 ・汚いものを入れると、子宮が膿んだりします!! 駄目ですよお~!! 絶対に、駄目!
  きちんと挿入するものは消毒が済んだものを使いましょう!!』

P「ありがたいなぁ、ここまで書いてくれるなんて」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 01:05:44.01 ID:MHnSVcr60

P「挿入する清潔な棒状の物、なんかあるかな……」

みく「ねぇねぇ、Pチャン!! お布団、お布団ある!! 一緒に寝よ!!」

                 ぐいぐい

P「はいはい、ちょっと待ってなー」

P「ゴムかけてその辺の物でも突っ込むかな……いや、でもそれだとサイズ的にみくが苦しいかもしれないし……」

みく「ねーえー、Pチャンってばー!! おーふーとーんー!!!」

                 ぐいぐい

P「……手元にあるのはこの極悪イボ付きごん太ディルドーと極悪イボ付きごん太バイブだけだしなぁ……」

みく「ぶー!! Pチャンのケチ!! もういい、みく、一人で寝てやるにゃ!!」

                   てこてこてこてこ               ぼふーん!!

P「いっそゴムかけて俺のを使うか……あ、そっか、清潔なら指とかでもいいのかもな……」

みく「……」

                    てこてこてこてこ              ぎゅーっ!!

みく「えへへ~♪ Pチャン! みくだにゃー♪」

P「知ってるぞー」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 01:11:22.01 ID:MHnSVcr60

P「えーっと、ゴム、ゴムはぁ……」

みく「Pチャン、にゃに探してるの?」

             ぎゅーっ

P「みく、動きにくいから離れてくれ」

みく「なーう、なーう!!」

            すりすり

P「お、あったあった。よし、みく、お布団行くぞー」

みく「ホント!?」

P「ホントだぞー」

みく「じゃあ、みく、枕のこっち側がいいにゃあ!!」

P「そうか、じゃあ俺はこっちだなー」

           ぼふん         ぼふん

みく「えへへー♪ あったかあったか!! みくは満足にゃ!!」

P「さて……みく、パンツ脱がすぞー」

みく「えっ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 01:23:27.80 ID:MHnSVcr60

P「ほら、動くなよー」

みく「す、ストップPチャン!!! 駄目、駄目にゃ!!! 脱がすのはナシにゃあ!!!
   みくは、そういう意味で言ったんじゃなくて!! ただ、二人でお昼寝を……」

P「大丈夫、赤ちゃん作るわけじゃないからなー」

          がしっ       がしっ

P「じっとしてろ、すぐすむから」

みく「やー!! やーにゃー!!! Pチャンの馬鹿ぁ!!! 見つかっちゃったらどうするつもりにゃ!!!」

P「あー、もう、騒ぐなよ……うるさいなぁ……」

みく「た、確かにね? さんざん焚きつけたみくも悪いけど……でも、ここですぐっていうのは……
   みく、は、初めてだから……はじめては、もっと、デートとかした後に、二人のお部屋でって……」

P「こら、みく!!! 騒ぐんじゃありません!!!」

みく「にゃうっ!? ど、怒鳴んないでよぉ……Pチャン、怖いにゃあ……」

P(ようやく静かになったか……しかし、始める前からこれだと、途中で声を聞きつけて誰かが来るかもしれないな……先に手を打っておかないと)

P「みく、動くなよ」

みく「……えっと、Pチャン……顔……あっ」

              ちゅっ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 01:33:28.80 ID:MHnSVcr60

P「……」

         ちゅっ        ちゅっ

みく「んちゅ……あっ、Pちゃ……んむぅ……あ、にゃうん……」

P「……」

         ちゅっ         ちゅっ

みく「や、や……んっ……駄目だって……んちゅ……」

P(これでだいぶ静かになったけど……どうするかな……手を離すとみくが逃げちゃうかもしれないし……)

          ちゅっ         ちゅーっ

みく「んにゃっ……ん……ぁっ……んん……P……んふん……♥」

P「みく」

みく「……ハァ―――ッ……ハァ―――ッ……」

P「みく」

みく「にゃ、にゃに……? Pちゃん……」

P「脱がすぞ」

みく「……うん」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 01:40:07.91 ID:MHnSVcr60

みく「……にゃう……うううう……」

P「よし、じゃあやるか」

みく「……上、脱がさないの……?」

P「上脱がしたらセクハラだろ、何言ってんだ」

みく「えっ」

P「……ところでさ、みく」

みく「な、なに?」

P「どっちがいい?」

みく「……えっと……それって……」

P「こっちと」

P「こっち」

           ぼろん

みく「……ん、んと……ま、まだ怖いから……最初は手がいいにゃあ……」

P「手か。じゃあ、手でやるからもう暴れるんじゃないぞ」

みく「う、うん……優しく、してにゃ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:08:21.64 ID:MHnSVcr60

P「じゃあ行くぞ」

みく「う、うん……お、お願いします……にゃ」

P「えーっと、それ」

              ぐりっ

みく「ッ!?」

P「あよいしょ」

         ぐりっ      ぐりっ

みく「~~~~~~~~~ッッ!!! P、Pチャン、痛い!! やめて、痛い、痛いにゃあ!!!」

P「よし、これで三回……どうだ?」

みく「どうもこうもないにゃあ!! 怖いし、痛いし、最悪にゃ!!!」

P「……性欲処理できましたか?」

みく「痛いだけだったにゃあ。フンだ、Pチャンなんか嫌いにゃ、つーんだ!」

P(駄目だったか……んー、やっぱり濡れてない状態でグリグリしても効果がないのかな……)

P(とすると、雫のメモどおりじゃなくてもう少しじっくりやる必要があるわけか)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:15:28.96 ID:MHnSVcr60

P「みく」

みく「ふんにゃ! もうPチャンなんか知らないもん!! あっちいけー!」

P「ほら、みく、こっち向いて」

        ちゅっ

みく「ん……♥」

みく「……ふ、ふんだ……何でもかんでもちゅーすれば許されるわけじゃないのにゃ♪」

P「そうか」

             ちゅっ

みく「ん……んちゅっ、ふっ……んん……♥」

P(手っ取り早く濡らすには、しっかり愛撫をするべきなんだろうけど……やり過ぎると捕まりかねないしなぁ……)

みく「……Pチャンのお口、タバコのにおいがする……」

P「お、気になるか? ごめん」

みく「……んーん……なんていうか、Pチャンの匂いだから、ちょっとだけ、安心する……」

P「そうか」

みく「ちょ、ちょっとだけ、だからね! タバコ臭いのはやだからね! その辺はちゃんと理解してほしいにゃあ!!!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:22:15.50 ID:MHnSVcr60

P「……」

          ちゅっ

みく「んん……にゃふ……んっ……」

P「……」

       ちゅっ          ちゅっ

みく「あ……だ、駄目……顔……キスのあと、ついちゃうにゃあ……」

P「……」

              ぺろぺろ

みく「……ん……んー……つばでベトベトになっちゃう……ぺろぺろも駄目……」

P「……」

            かぷっ

みく「あっ……♥」

P「……」

                  はむはむ    ぺろぺろ

みく「あっ……はっ……んん♥ や、んん……耳は、ひ、にゃうんっ♥」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:31:02.17 ID:MHnSVcr60

P(……顔の愛撫だけでどこまでイけるものか……さすがに、痛くないくらいまでは濡れないよなぁ……)

みく「Pちゃん……顔ばっか、駄目……」

P「ごめんごめん」

みく「もう……Pちゃんの匂いで、べとべとになっちゃったにゃあ……♥」

P「じゃあ、こっち、行っとくか」

            ぺらっ

みく「へっ? Pチャン、そこ、お腹……」

P「そーれー」

             ぺろぺろ

みく「くっ……にゃははははははは!!!! Pチャン、駄目!! く、くすぐったい!!」

P「……」

              ぺろぺろ

みく「 お、お腹、お腹駄目!!! にゅふふひゃははははあ゙ぁっ、げほ、げほっげほっ!!」

P「……」

みく「ヒーッ、ヒーッ、だ、駄目、Pチャン、い、息、ひっ、ふふっ、息できにゃ、ふふふふふにゃっはっはは!!!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:38:43.45 ID:MHnSVcr60

――― 5分後

みく「にゃはははは、はははは!! 駄目、ホントに、死んじゃう、にゃへ、ははは!!!」

P「……」

           ぺろぺろ

――― 15分後

みく「にゃ、ふ、にゃは……はは……Pチャン、駄目ぇ……」

P「……」

            ぺろぺろ

――― 30分後

みく「……、……、……」

             ビクッ   ビクッ

P「よし、そろそろ……みく、ちょっと下見るぞー」

           ぺらっ

みく「……ぁっ……ゃぁ……」

             ビクッ



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:47:06.58 ID:MHnSVcr60

P(……そろそろ大丈夫か? いや、もう少し濡らしておいた方が……)

みく「……にゃぁ……じ、じろ、じろ、み、見ちゃ、にゃ……ぅ……」

P(しかし、これ以上時間をかけてられないし……ここはもう、腹をくくるか)

P「みく」

みく「……ん」

P「お腹舐められるの、そんなに気持ちよかったか?」

みく「……き、気持ちよくなんか、くすぐったいだけだったにゃ……」

P「お腹舐められるのが気持ちいいなんて、みくは変態だな」

みく「ち、違うもん……みく、変態じゃ……」

P「こうやっておへそのあたり撫でられるだけで」

                つつつつつ―――っ

みく「ひ、にゃあ……ん……♥」

P「すっごく気持ちよさそうな声が出るようになっちゃったもんな。もう立派な変態さんだなぁ」

みく「うー……うぅぅぅぅ……!!!」

                  かぁぁぁぁ……



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 02:55:46.72 ID:MHnSVcr60

みく「やぁ……やだぁ……」

P「ほら、顔隠さない。しっかり見る」

みく「……今日のPチャンは、イジワルだから、嫌いにゃ……」

P「嫌いか?」

みく「……」

P「嫌いか?」

みく「……でも、ちょ、ちょっとだけ」

みく「……ちょっとだけ、ホントにちょっとだけ、こういうPチャンも、好き、かも……」

P「そうか。嬉しいなぁ」

           ぬちぬち

P(いい感じに興奮させることが出来たみたいだな……そろそろ終わらせるか……)

P「みく、いいか?」

みく「ん……い、痛くしたら、やだからね!!」

P「気を付けるよ」

みく「ホントだからね!? また乱暴して、痛くしたら、みく、もう帰っちゃうからね!!!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 03:04:05.29 ID:MHnSVcr60

P「じゃあ行くぞー」

みく「うん……優しく、してね」

            ぬちゃっ……
                        ぬぷっ

みく「あっ……あっ、あっ♥ や、あ、うぁ、あぁん……んあ♥」

P「よーし。今度は大丈夫か?」

みく「……うん、へーきみたい」

P「みく」

みく「……どうかした、Pちゃん?」

P「猫語、使ってないぞ」

みく「…………ばか」

            ちゅっ

P「……ん」

みく「これ以上変なこと言えないように、みくがPチャンの口、閉じとくにゃあ……♥」

P「そうか……ん……」

            ちゅっ         ちゅっ



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 03:14:38.49 ID:MHnSVcr60

P(こう、ぐりぐりと刺激すると排卵するんだったよな)

           ぐりっ         ぐりっ

みく「ん……んん……♥」

P(しかし、排卵したかどうかはどう判断すればいいんだろうな……
  やっぱり雫に傍に居てもらった方がよかったかなぁ……)

         ぐっ    

みく「んひゃっ、あっ、あっ♥♥ Pちゃ、んん……ちゅっ……♥」

                  ちゅっ          ちゅーっ

P「ん……みく」

みく「んにゃぅ……?」

            かぷっ

みく「ひ、にゃぁ……♥ み、耳、駄目ぇ……♥」

P「……」

                ちゅっ      ちゅっ

みく「ぁ……♥ 首、そんなにしたら、跡が残っちゃ……んんっ♥」

P(とりあえず、みくを一回満足させて様子を見るか)



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 03:27:13.08 ID:MHnSVcr60

みく「……ッ、は、んぁ……♥ P、Pちゃ……み、ん♥」

P「気持ちいいか?」

みく「ん、んん♥」

P「そうか、じゃあよかった。そろそろスパートかけるぞ」

みく「えっ、あっ♥ ま、待って、Pちゃん、今、今は……」

        ずにぃっ!

みく「ひにゃぁぁぁあああ♥♥♥」

         ぐにっ! ずちゅっ! ぐっ! ずにゅっ!

みく「あ、あ、ああ♥ あにゃ♥ にゃぁあぁん♥♥」

P「こら、声が大きいぞみく」

         ちゅっ    にゅぷっ! にゅぐっ! ぐにぃっ!

みく「んちゅっ、や、P、ちゃ、んふっ、あっ♥♥ も、や、あ♥あああ♥♥♥」

              ぎゅーーーっ!!!

みく「あ、ふッ、ん、んんん―――――~~~ッッッ!!!」

                   ビクッ     ビクッビクッ



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 03:33:15.53 ID:MHnSVcr60

―――

P「ふぅ」

みく「……」

雫「あ、みくちゃんだいぶ落ち着きましたねぇー」

P「ああ、効果てきめんだったよ。ありがとう、雫」

雫「いえいえー、困った時はお互い様ですよぉー!」

P(でもなぁ……落ち着いたのはいいけど、今度は落ち着きすぎてて調子狂うな……一気にしおらしくなって……発散させるのは間違いだったか……)

雫「じゃあ私、お仕事行ってきまーす!」

P「そうか。じゃあ俺もそろそろ……」

みく「……あっ」

              てこてこてこてこ
                               きゅっ

みく「……えへへ♪」

P「袖をつかむな、歩きにくいから」

みく「やーにゃー♪」

P(……まあ、いいか。仕事に支障が出るわけじゃないし)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 03:35:55.78 ID:MHnSVcr60

終わった

若葉ちゃんで「ハリネズミの発情周期は三日」ってネタを思いついてたはずがどうしてこうなったのか誰か説明しろ


元スレ
モバP「ああ、もうそんな時期か……」