1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 20:43:19.64 ID:SELaddHk0

ttp://s-up.info/view/201201/062235.jpg
ttp://s-up.info/view/201201/062236.jpg
ttp://s-up.info/view/201201/062237.jpg


メアリー・コクラン「ダーリン! 今日のお仕事もカンペキにこなしたワ!」

榊原里美「ほぇぇ……またNGを出してしまいましたぁ……」

松尾千鶴「だから言ったでしょ、私にあんな衣装似合わないって」

P「とりあえずダーリンって呼ぶのやめようか?」

メアリー「嫌よ! メアリーのダーリンはPだけなんだから!」

千鶴「不潔ですね……私の話はスルーなのかしら……ハッ、聞こえた?」

里美「ごめんなさいです~、次回挽回しますからぁ~」

P「全部聞こえてるぞ、捌けないだけだ」

千鶴「聞こえてたの……そういうことだから」

里美「ほわぁ、千鶴ちゃんが怖いですぅ~」

メアリー「怖いのはいつものことヨ!」

P「酷いこと言うなよ、千鶴の衣装は似合っててかわかったじゃないか」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 20:55:06.61 ID:SELaddHk0

メアリー「水泳大会の時も思ったの」

里美「ほえ?」

メアリー「どーやったらそんな風に育つのヨ!」

里美「ふわぁ、何もしてないですぅ~」

メアリー「何もしてないでそんなに育ったっていうの!?」

里美「トレーニングとかも一切してませんよ~?」

メアリー「おかしいワ……メアリーはこんなに努力しているというのに」

里美「メアリーちゃんはこれからですよぉ」

メアリー「参考までに聞くワ、そこが大きくなり始めたのはいつくらい?」

里美「そうね~」

メアリー「ジュニアハイスクールからならメアリーもこれからネ!」

里美「う~んと、9歳くらいだった気がします~」

メアリー「夢も希望もないワ!!」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:00:00.29 ID:SELaddHk0

里美「千鶴ちゃん、何をしているのですかぁ?」

千鶴「……学校での宿題です」

里美「おねぇさんが解いてあげます~」

千鶴「……別に……頼んでないし……」

里美「これは~……」

千鶴「そこはもう解いてあります」

里美「え~と、これはぁ~」

千鶴「そこは範囲ではありません」

里美「わかりましたぁ!」

千鶴「……何が?」

里美「千鶴ちゃん、今丁度宿題が終わったのですねぇ?」

千鶴「……はい」

里美「それじゃあ、お茶にしましょう~」

千鶴「……本当は残ってるけど……仕方ないから家でやろう……」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:06:42.13 ID:SELaddHk0

千鶴「……」

さらさら

メアリー「チヅル! すごいワ!」

千鶴「……」

メアリー「格好いい漢字だワ! 読めないけどステキね!」

千鶴「……」

メアリー「何て書いてあるのかしら? 教えて!」

千鶴「メアリー……」

メアリー「メアリーと書いてあるの!? 嬉しいワ!」

千鶴「……いや、そうじゃな……」

メアリー「これ、ダーリンにみせてくるわね!」

千鶴「あ……」

メアリー「ダーリン! これメアリーの名前なの!」

 五 月 蝿 い 

P「……」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:15:17.21 ID:SELaddHk0

メアリー「なんとしてもダーリンを振り向かせるわ!」

里美「ほぇ? 振り向かせるのですかぁ?」

メアリー「そうヨ! ゆくゆくはダーリンを独り占め……ウッフフ」

里美「私も頑張ってみますぅ」

メアリー「だめヨ! 今回はメアリーが振り向かせるの!」

里美「ほわぁ……それなら次回まで我慢しますぅ」

メアリー「シカバネは拾って頂戴ね!」

里美「メアリーちゃん……」

メアリー「ダーリン!」

P「どうした?」

メアリー「Will you marry me?」

P「自分の年齢考えような」

メアリー「oh...」

里美「メアリーちゃあああああんん!!」

メアリー「メアリーが斃れても……サトミがいるワ……」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:19:58.58 ID:SELaddHk0

里美「メアリーちゃん……安らかに……」

P「どうしてそうなった」

千鶴「文字通り玉砕ね……」

里美「ではぁ、次は私ですぅ」

P「お前にアレ言われたらOKしそうなんだけど」

里美「ほわぁ……」

千鶴「……固まった……」

P「よし、伊達にこの濃い面子をまとめてるわけじゃないからな」

千鶴「……プロデューサーも、恋人とか欲しいのかな……」

P「……」

千鶴「メアリーと里美どっちを取るのかしら……」

P「どっちも取らないよ」

千鶴「どちらでもない……まさか私……? ハッ……聞こえてた?」

P「ばっちりと」

千鶴「……そういうわけではないので」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:28:06.69 ID:SELaddHk0

千鶴「……二人とも可愛い衣装が似合う……」

メアリー「そうよ! メアリーはキュートな衣装が似合うってダーリンが教えてくれたワ!」

千鶴「プロデューサーが……?」

メアリー「チヅルも聞いてみたらいいんじゃない?」

千鶴「私は……似合う衣装が無いし……無いし……」

メアリー「ずーっとここで悩んでてもダメよ! ダーリンの所へ行くわよ!」

千鶴「私のダーリンじゃないし……」

P「それで?」

メアリー「チヅルにはどんな衣装が似合うかしら」

P「割と何でも似合うと思うけどな……色白で化粧栄えもしそうだ」

千鶴「そんな餌じゃ釣られないし……」

P「じゃあ事務所にある衣装着せてみるか」

メアリー「いいわね! そうしましょ!」

千鶴「可愛くなれるならなんでもいいし……」

メアリー「チヅル! 聞こえてるわよ!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:34:51.70 ID:SELaddHk0

メアリー「……眠いワ……」

里美「……陽気ですねぇ~……」

メアリー「やめて……その波長は余計眠くなるわ……」

里美「ほわぁ……どうしましょう~」

メアリー「……ダーリンが来るまで起きてるのよメアリー……」

里美「……Pさんが来るまで私も起きてますぅ……」

メアリー「……サトミの胸マクラがやわらかすぎるのが悪いのよ……」

里美「そんなぁ……それじゃあどけてください~」

メアリー「動く気力も残ってないワ……」

里美「ほぇぇ……どうしましょう……」

メアリー「もう……限界よ……」

里美「私もですぅ……」

P「只今戻りましたー」

メアリー「ダーリン!」

里美「おにいちゃん!」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:40:16.72 ID:SELaddHk0

里美「千鶴ちゃんと一緒にお留守番ですぅ」

千鶴「メアリーは……?」

里美「Pさんと営業ですよぉ?」

千鶴「……どうして私じゃないのかしら……」

里美「……?」

千鶴「私のほうが絶対に頼りになるのに……ハッ……口に出てた?」

里美「~♪」

にこにこ

千鶴「えと……一緒にお出かけしたかったわけじゃないし……」

里美「ふんふふ~ん♪」

にこにこ

千鶴「……寂しいわけじゃないし……ないし……」

里美「かわいいですねぇ~」

千鶴「……かわいくないし……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:49:14.21 ID:SELaddHk0

千鶴「……」

メアリー「千鶴! 勉強を教えて欲しいの!」

千鶴「……Zzzz……」

メアリー「寝たふりなのはばれてるワ!」

千鶴「……何?」

メアリー「勉強を教えて欲しいのだわ!」

千鶴「いいけど……」

メアリー「これよ!」

千鶴「国語……」

メアリー「作者のキモチをリカイしろと言われてもわからないワ、その前に漢字が読めないの」

千鶴「……まず漢字の勉強を……」

メアリー「これをリカイしないとダーリンへのラブレターが書けないワ!」

千鶴「どうでもよくなってきた……」

メアリー「ならチヅルも書きましょ!」

千鶴「好きな人いないし……プロデューサーは好きな人じゃないし……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 21:57:22.05 ID:SELaddHk0

メアリー「ダーリンはムネの大きい人と小さい人どちらが好きなのかしら」

里美「どっちなんでしょうねぇ~」

メアリー「試しにミズギでノーサツしてくるワ!」

里美「がんばってねぇ~」

メアリー「着替えてくるワ!」


メアリー「ダーリン! メアリーのセクシーミズギはどう!?」

P「なんでこんなところで水着になってんだ、似合ってるけど」

メアリー「そういうことじゃないのよダーリン……」

里美「Pさ~ん!」

P「里美!? うおおお……二つのジバクくんが自在に……」

メアリー「どうしてサトミまで着替えるノ!?」

里美「せっかくなのでぇ……ほわぁ、紐がほどけちゃいましたぁ!」

メアリー「ダーリン! 見てはだめよ!」

どすっ☆

P「へぁぁぁ……目がぁぁぁ! 目がぁぁぁ!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:07:51.82 ID:SELaddHk0

里美「すいませぇん……もう大丈夫ですよぉ」

P「いたたた……何も目を直接触ることはないだろう」

メアリー「ごめんなさいダーリン……でもあれを見たらダーリンは色々死んでしまうの」

P「あー……大分よくなってきた」

メアリー「ダイジョウブ? 責任を取ってメアリーが一生面倒を見てあげるワ」

里美「メアリーちゃん、それはだめですよぉ~? 私が面倒をみます~」

メアリー「譲れないわ! ダーリンは私のものよ!」

P「くだらない言い争いしないの! ……で、何で千鶴まで水着なわけ?」

千鶴「別に……私も似合ってるか知りたいとかじゃないし……」

メアリー「フン! メアリーが一番なの!」

千鶴「誰が一番水着を似合ってるか知りたいわけじゃないし……ハッ……聞こえた?」

P「千鶴も似合ってるよ」

里美「ほわぁ……またほどけそうです~、お兄ちゃん、結んでくださ……やっぱりだめです~!」

千鶴「似合ってるのは嬉しいけど……恥ずかしいし……恥ずかしいし……」

おわり



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/30(金) 22:13:32.88 ID:SELaddHk0

モバマスSSもっと増えろ

SSのタイトルが思いつかないからいっそ2人称で固めようかなーって

明日誕生日を迎えるあの子のSSも書くと思うよ

それじゃあまたね


元スレ
モバマスP「ダーリンおにいちゃん貴方」