SS速報VIP:響が何か拾って来た様です
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417956841/



1: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 21:54:01.43 ID:soeefbFSO

響「プロデューサー、この子達さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、何か拾って来たのか?どれどれ…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417956841




2: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 21:55:11.69 ID:soeefbFSO

響「ハム蔵も仲良くするんだぞ」

ハム蔵「ジュイ!」

響「あはは、偉いぞハム蔵」





3: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 21:56:33.87 ID:soeefbFSO

弟「いいなぁ…あのハムスター、褒められてる」

兄「俺たちは闇の世界の住人だ。…光を求めるな」





4: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 21:57:46.80 ID:soeefbFSO

P「…この地獄兄弟、元居た所に返して来なさい」

響「えー」





5: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 21:58:59.97 ID:soeefbFSO

兄「プロデューサー…お前も俺の弟になれ」

P「断る!」

兄「…相棒、オレ達はずっと一緒だ。2人で歩いて行こう、ゴールのない暗闇の中を」

弟「すごいよ…兄貴すごすぎるよぉ!」

兄「帰る」

P「…何だったんだ」






6: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:00:41.43 ID:soeefbFSO

響がまた何か拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、また何か拾って来たのか?どれどれ…」





7: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:02:04.60 ID:soeefbFSO

グラサン「よォそこのお二人さん、オイラにちィと酒を分けちゃくれねーかい」

響「餌はウイスキーで良いんだって。
ねぇプロデューサー、芽が出るまででいいから飼って良いでしょ?」





8: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:03:28.57 ID:soeefbFSO

P「…公園に返して来なさい」

響「えー」

グラサン「…酒がねーなら失せろガキ。もうてめーとはこれっきりだ」





10: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:05:01.13 ID:soeefbFSO

響「実はもう一匹いるんだぞ」

ヒゲ「飼うなら早くしろ。でなければ帰れ」

P「…この二人、地位的には真逆だけど本質は同じだから返して来なさい!」





11: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:06:36.52 ID:soeefbFSO

ヒゲ「プロデューサー、俺と一緒に人類の新たな歴史を作らないか?」

ヒゲ「かつて誰もが成し得なかった神への道。トップアイドル補完計画だよ」

P「帰れ!」

ヒゲ「お前には失望した」

P「…何だったんだ」






12: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:09:32.23 ID:soeefbFSO

響がまたまた何か拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、今度は何拾って来たんだ?どれどれ…」





13: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:11:06.48 ID:soeefbFSO

星「星だけにスター!」

響「この子ギターが弾けるんだ」

星「ヒーモヒモヒモヒーモヒモ~♪」

P「…このヒトデ返して来なさい」





14: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:13:09.58 ID:soeefbFSO

星「俺は星なんかじゃねぇ…本当は違うんだ…
俺は本当は星じゃなくてただの…お月様だったんだよ…」☆スポッ→○

P「このジャガイモ、荒川の河川敷に返して来なさい!」

響「えー」

星「…俺はプロデューサーって太陽がいなけりゃ歌えねえ、自分の力で光れねぇ情けねぇ衛星だ」

P「…何だったんだ」






15: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:14:45.47 ID:soeefbFSO

響が懲りずに何か拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、いい加減に懲りようか。今度は何拾って来たんだ?どれどれ…」





16: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:15:59.62 ID:soeefbFSO

アロハ「プロデューサーくんは元気いいなあ。何かいいことでもあったのかい?」

P「…学習塾跡に返して来なさい」

響「えー」





17: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:17:22.13 ID:soeefbFSO

響「ちっちゃいのも居たのに」

ロリ「プロデューサーよ。儂が極秘ルートから入手した情報によると、ミスタードーナッツが今、全品百円セールを行っておるらしいのじゃ」

P「…フレンチクルーラー買ってあげるから帰りなさい!」

ロリ「ぱないの」





18: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:21:06.09 ID:soeefbFSO

アロハ「まあ、安心していいよ。ここまで深い仲になったんだ。ある日突然、挨拶もなしで姿を消したりしないさ。僕も大人だからね、そこら辺はわきまえてる」

P「深い仲にもなってないし、わきまえなくても良いから帰って貰えると助かるよ!」

アロハ「僕は助けないよ。君が一人で勝手に助かるだけさ」

P「…何だったんだ」






19: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:43:03.07 ID:soeefbFSO

響が空気を読まずに何か拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、空気読む事も覚えような。また何か拾って来たのか?どれどれ…」





20: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:44:24.41 ID:soeefbFSO

6「俺の死に場所はここか」

P「路線に返して来なさい」





21: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:45:38.88 ID:soeefbFSO

響「黒いのも居たんだぞ」

将軍「よかろうプロデューサー、条件を言う。
我が軍門に下れ」

P「下らないから!」





22: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:47:03.57 ID:soeefbFSO

将軍「時が来たらすぐに私のもとへと馳せ参じ、我が右腕となり働いてもらおう。
もちろん、アイドル達がそれを阻むと言うならば…奴らも敵だ。良いな?」

P「良くないよ!お前も路線に帰れ!」

響「えー」

6「しょうがないピヨ」

P「…何だったんだ」






24: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:56:54.16 ID:soeefbFSO

響がよく知らない何かを拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、また良く分からないのを拾って来たのか?どれどれ…」





25: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:58:22.30 ID:soeefbFSO

響「箱に入れて捨てられてんだ」

蛇「ダンボール箱をいかに使いこなすかが任務の成否を決定すると言っても過言ではないだろう」





26: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 22:59:38.10 ID:soeefbFSO

響「何かお父さんみたいなのも一緒だったぞ」

裸蛇「お前に俺は捨てられない」





27: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 23:01:11.04 ID:soeefbFSO

P「…多分それ捨てられてたんじゃなくて潜入中だよ!元の場所に返して来い!」

響「えー」

響「潜入中だったのか…何か悪い事したぞ」

蛇「後悔するよりも反省する事だ。後悔は、人をネガティブにする」

P「…何だったんだ」






28: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 23:11:24.96 ID:soeefbFSO

響が元ネタが分かるかどうか不安な何かを拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、ネタ切れって分かるか?今度は何拾って来た?どれどれ…」





29: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 23:12:47.96 ID:soeefbFSO

羊角「だんだん胃腸が丈夫になってゆく。
ビフィズス菌なんてもうなくても平気よ」

P「良い声だけどな。
凄く良い声なんだけどな。
アバランチ公園のダンボールハウスに返して来なさい」





30: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 23:13:47.48 ID:soeefbFSO

響「でもプロデューサー、この子シロナガスクジラも一瞬で黒こげに出来る『超電磁スタンガン・ドゥリンダルテ』も持ってるんだぞ」





31: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/07(日) 23:15:10.61 ID:soeefbFSO

P「魔法の擬音で人生やり直してくれる天使が来る前にルルティエに返して来い!」

響「えー」

羊角「サバトは、もう、誰からもいらない子なんですぅぅぅ!!」

P「…何だったんだ」






32: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 01:49:36.92 ID:qq9MCIqSO

響が最後に衝撃Zな何かを拾って来た様です


響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「響、もうこれで最後だからな。今度は何を拾って来た?どれどれ…」





33: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 01:50:44.73 ID:qq9MCIqSO

モミアゲ「響は言った!
この事務所にいれば、世界を好きに出来るって。
ペットにも野良にもなれるって。
でも、俺はペットになれる訳ないし、野良になんかなりたくない!
でも、でも俺は戦う、事務所の平和を守るために、この我那覇響と共に!」





34: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 01:53:16.83 ID:qq9MCIqSO

P「返して来い!色んな意味で返して来い!!」

響「…うん。拾って来といて何だけど、正直自分もこれは無いと思うぞ」

P「おい止めろ」





35: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 01:55:34.62 ID:qq9MCIqSO

モミアゲ「見ろ、おまえの倒したプロデューサー軍団を。
これこそ能ある我那覇は、響を隠す!」

P「バカか!?」





36: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 01:57:05.01 ID:qq9MCIqSO

響「…プロデューサー、やっぱり自分この子返して来るぞ」

P「そうか…ロケットパンチに気を付けろよ」

響「うん!この子にはきっと、帰る場所が有るからな!」

P「……有るかなぁ、あのラストの後で…?」






37: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 01:59:08.47 ID:qq9MCIqSO

―――この後も響は何かを拾って来る

飼っても良いかと言葉を掛ける

そしてプロデューサーは返して来いと言葉を返す

これは、そんな響とプロデューサーの物語―――







38: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 02:00:18.69 ID:qq9MCIqSO

響「プロデューサー、この子さっき拾ったんだ!事務所で飼っても良い?」

P「元居た所に返して来なさい」

小鳥「…て言うか、そもそも事務所で飼おとしないで貰えるかしら、響ちゃんにプロデューサーさん?」

響・P「「あ」」


~Fin~





41: ◆BTK4Nt7FSQ 2014/12/08(月) 11:07:40.19 ID:qq9MCIqSO

読んで下さった方ありがとう


ちなみに元ネタは

#仮面ライダーカブトの矢車想と影山瞬の地獄兄弟

#銀魂のマダオ・長谷川泰三とエヴァの碇ゲンドウ

#荒川アンダー・ザ・ブリッジの星

#化物語の忍野メメと忍野忍

#烈車戦隊トッキュウジャーのトッキュウ6号・虹野明とシュバルツ将軍

#メタルギアのスネークとネイキッド・スネーク

#撲殺天使ドクロちゃんのサバトちゃん

#真マジンガー衝撃!Z編の兜甲児

です


元スレ
SS速報VIP:響が何か拾って来た様です