1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:06:30.47 ID:L9sx+Fo40

ミサト「エヴァー」

リツコ「ああもう!何度言ったらわかるの?伸ばさないって言ってるでしょう!」

ミサト「もう一回!もう一回お手本言って」

リツコ「エ・ヴァ」

ミサト「エ・ヴァー」

リツコ「あああああ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:08:57.30 ID:L9sx+Fo40

ミサト「また違った?」

リツコ「まったくもう……ねえミサト、ちょっとこれにエヴァって書いてみて」

ミサト「バカにしないでよね。書くのは間違えないわよ」

サラサラ

リツコ「ふむ……「ア」の最後の一画が妙に勢いいいのは置いておくとして、正解ね」

ミサト「ふふーん」

リツコ「威張るんじゃないの。さあこれを読んでみなさい。あなたが書いたのよ」

ミサト「エヴァー」

リツコ「……」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:11:18.58 ID:L9sx+Fo40

リツコ「マヤ!ちょっとマヤ!こっちに来てくれるー?」

マヤ「なんですか先輩」

リツコ「これ読んで」

マヤ「エヴァ」

ミサト「すごーい」

リツコ「すごくないわよ!みんなちゃんと言えるの!」

ミサト「なんでアタシだけできないのかな」

リツコ「私が聞きたいわよ」

リツコ「……ねえミサト、ルパン三世って言ってみて」

ミサト「ルパーン三世」

リツコ「やはり」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:13:29.05 ID:L9sx+Fo40

ミサト「なにがやはりなのよ」

リツコ「……いえ、なんでもないわ。それよりミサト、もう一度よ」

ミサト「エヴァー」

リツコ「おおおおおお!がああ!どうすればいいのよ!」

ミサト「ごめんねー」

リツコ「そうだわ……ミサト、エヴァンゲリオンって言ってみて」

ミサト「エヴァンゲリオン」

リツコ「そう!そこから「ゲリオン」を抜くと!?」

ミサト「エヴァー」

リツコ「何故……」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:17:37.33 ID:L9sx+Fo40

リツコ「うーん……じゃあこれを読んでみてよ」

『eva』

ミサト「エヴァー」

リツコ「やはりダメね。どうしたものかしら」

ミサト「ねえリツコ、そんなに正確に読めなきゃ駄目?」

リツコ「当然でしょ。作戦課長として、作戦の要もちゃんと言えないようじゃ士気にかかわるわ」

ミサト「指揮に差し支えるってね」

リツコ「殺すわよ」

ミサト「怒らないでよ。こんどこそちゃんと言うから。エヴァー」

リツコ「怒らせたいのね」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:21:17.75 ID:L9sx+Fo40

ミサト「もう、エヴァーンゲリオンに改名したらいいんじゃない」

リツコ「バカ言わないでよ。あなたがちゃんと言えれば済むことなのよ」

ミサト「でもなぜか言えないし」

リツコ「しょうがないわね……もう今日はここまでにしときましょう」

ミサト「イエーイ」

リツコ「宿題を渡しておくから」

ミサト「何よこのレコーダーは」

リツコ「再生してみるわね」

ゲンドウ『エヴァ。エヴァ。エヴァ。エヴァ。エヴァ。エヴァ。エヴァ。エヴァ。』

リツコ「指令に頼んで吹き込んでもらったの。寝るときはずっと聞いていなさい」

ミサト「拷問……」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:23:38.41 ID:L9sx+Fo40

翌日

リツコ「物凄いクマね。寝られなかったの?」

ミサト「当たり前でしょ……」

リツコ「でもこれで成果は上がるはずよ。さあ、音声の通りに言ってみなさい」

ミサト「……エヴァアアアアアア!!」

リツコ「ヤケにならないの!冷静になって、もう一度よ」

ミサト「エヴァァ」

リツコ「改善の兆しはあるわね」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:25:47.69 ID:L9sx+Fo40

リツコ「今日は違うプログラムよ。同じことばかりやると、慣れてきて効果が薄れるの」

ミサト「どうするのよ」

リツコ「普通に仕事をしてもらうわ。でもエヴァーって言ったらみんながクスッと笑うから」

ミサト「いじめ?」

リツコ「これもあなたのためよ。嫌だと思うから、そう言わなくなるでしょ?」

ミサト「うう……」

リツコ「さあ行きましょう。今日はシンクロテストがあるからね」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:27:58.19 ID:L9sx+Fo40

ミサト「よし、シンジくん、エヴァーに乗って」

シンジ「プッ」

ミサト「……レイ、準備いいわね?」

レイ「何の?」

ミサト「エヴァーのよ」

レイ「クスッ……」

ミサト「…………アスカ、始めるわよ」

アスカ「何をよ」

ミサト「エヴァーのシンクロテストよ!」

アスカ「キャハハ」

ミサト「……」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:31:31.62 ID:L9sx+Fo40

ミサト「あああああああ!!!」

リツコ「まさか、暴走!?」

冬月「どうしようもないな彼女は」

ゲンドウ「風呂上りに訪ねてこられて、しぶしぶ吹き込んだのに効果なしか」

リツコ「落ち着きなさいミサト!」

ミサト「落ち着けないわよ!何よこれ!しかもみんな、言わせようとしてるじゃない!」

リツコ「ちゃんと言えばいいだけでしょ!ほら、意識して!さあ!」

ミサト「エヴァー!」

マヤ「ププッ」

ミサト「おおおおお」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:34:40.27 ID:L9sx+Fo40

リツコ「そうだわ……ねえミサト、普通に言うんじゃなくて、跳ねるように言ってみて」

ミサト「跳ねる?」

リツコ「最後に促音を入れるのよ。そうね……「死ねっ!」「ボケっ!」みたいに」

ミサト「エヴァッ!」

冬月「おお!」

リツコ「そうよ!できるじゃない!しばらくはそれを定着させる形で行きましょう」

ミサト「疲れそう……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:37:18.62 ID:L9sx+Fo40

ミサト「レイのエヴァッ!へのシンクロ率が……」

リツコ「そうね……多少の揺らぎがあるわ。もう一度やってみましょう」

ミサト「シンジくんはエヴァッ!にだいぶ馴染んだようね」

リツコ「彼は要だから……この調子でいけるといいわね」

ミサト「じゃあそろそろエヴァッ!を休ませましょう」

リツコ「そうね」

ミサト「……ねえリツコ」

リツコ「我慢よ」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:40:04.41 ID:L9sx+Fo40

アスカ「集中できないわよ!」

レイ「ふざけるのはやめて」

シンジ「ミサトさん……」

ミサト「シンジくん、その哀れみの視線はやめて。……アタシも真剣なのよ!」

リツコ「そうよ三人とも。これは由々しき問題なの。「エヴァ」すら正しく言えないネルフ職員なんて」

アスカ「これだけふざけたんだから、そろそろちゃんと言えるわよね!」

ミサト「エヴァァ」

レイ「なかなか」

ミサト「そ、そう?」

リツコ「よし……!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:43:03.85 ID:L9sx+Fo40

ミサト「エヴァを発進させて!」

リツコ「やっとものにできたのねミサト!!」

ジリリリリリ

リツコ「…………夢、か……ああ、私どうしたら……」



ミサト「おっはよー」

リツコ「……リピートアフタミー。エヴァ」

ミサト「エヴァー」

リツコ「元に戻ってすらいるわ……」

ミサト「どうしたのよそんなに落ち込んで」

リツコ「夢は叶わぬものなの……・?」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:47:01.73 ID:L9sx+Fo40

ゲンドウ「葛城一佐。今日は伝えることがある」

ミサト「なんでしょう」

ゲンドウ「これより2日以内に正しくエヴァと言えなくば、君を三尉に降格とする」

ミサト「なっ……」

ゲンドウ「後任は伊吹二尉を昇格させ登用する」

ミサト「どうしてですか!」

ゲンドウ「言わなければならんか。それに伊吹二尉は、こと発音に関しては完璧だ」

ミサト「納得がいきません!」

ゲンドウ「これは命令だ。もう一度言うか?」

ミサト「くっ……」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:49:24.00 ID:L9sx+Fo40

ミサト「リツコ!特訓を始めるわよ!」

リツコ「やっとやる気になったのね。今までのあなたには危機感が欠けていたわ。
    今日からは真剣に取り組みなさい」

ミサト「これまでも一応真剣だったつもりだけどね……」

リツコ「独りよがりでは駄目なのよ。さあ、リピートアフタミー。エヴァ」

ミサト「エヴァー」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:53:41.29 ID:L9sx+Fo40

リツコ「……はぁ」

ミサト「ため息は妙にこたえるからやめて。うーん、なんでかしらね」

リツコ「言語学に即して考えてみる必要があるかしらね」

ミサト「そうだわ!私だけこれから「エヴァンゲリオン」って、略さず言うってのは?」

リツコ「長いでしょ。迅速な命令を出せなくなるわ」

ミサト「大丈夫よ!そのときはどうせ「初号機」とか「零号機」って言うから!」

リツコ「でも明後日の指令の試験はどうするの?」

ミサト「ぶっつけ本番で行けばなんとかなるわよ!」

リツコ「今まで使徒を倒してきたときもそんな感じだったしね……」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:55:54.39 ID:L9sx+Fo40

2日後

ゲンドウ「3、2、1、はい」

ミサト「エヴァー」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 16:59:16.62 ID:L9sx+Fo40

ミサト「エントリープラグ断線!エヴァー初号機、内部電源に切り替わります」

マヤ「まずいわね……」

リツコ「レイを出しましょう」

マヤ「そうね……葛城三尉、レイの準備は!?」

ミサト「いけます!」

マヤ「エヴァ零号機発進!」


冬月「やはり根本的な解決にはならんな」

ゲンドウ「むしろオペレーターのほうが、エヴァと言う機会は多い」

冬月「作戦後、もう一度葛城三尉を呼ぶぞ」

ゲンドウ「何か策があるのか」

冬月「ふむ……」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:02:21.84 ID:L9sx+Fo40

ミサト「お呼びですか副指令」

冬月「……嫌だろう?」

ミサト「ええまあ……でも」

冬月「君に名誉挽回の機会を与えようと思ってね。……これを」

ミサト「これは……レコーダー?」

冬月「昨日寝ずに吹き込んだ。これを聞いて、脳にしっかり刻み付けたまえ」

ミサト「副指令……」

冬月「3日後、再試験を行う。これまで数々の無茶な作戦を甚大な被害とともに成功させてきた君だ。
   今回もやってくれると信じているよ」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:05:45.01 ID:L9sx+Fo40

冬月『エヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァ』

ミサト「速いわ……」

リツコ「ミサト、大丈夫?やっぱり精神的にきついようね」

ミサト「あ、赤木博士」

リツコ「リツコでいいわよ。それにしてもひどいわね。
    アンビリカルケーブルとエントリープラグを間違えるなんて、本当に職員に向いてないんじゃないの」

ミサト「言い訳はしないわ」

リツコ「……それで、効果あるのその副指令ボイス」

ミサト「ちょっちねー……基本的に指令のと一緒だし」

リツコ「その「ちょっち」もムカつくわね」

ミサト「え?」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:10:45.74 ID:L9sx+Fo40

ゲンドウ「……というわけで、本日付で君を一佐に昇格とする」

ミサト「……はい」

ゲンドウ「だがこれは最後通告だ。次はないと思え」

ミサト「……はい」

ゲンドウ「エヴァの発音については目をつぶろう。我々が我慢すればいいことだからな」

ミサト「……」

ゲンドウ「しかし「ちょっち」は認められない。次にちょっちと言うごとに、3階級降格させる」

ミサト「ひど……」

ゲンドウ「二兎を追うものは、と言う。だからエヴァについてはいい。だがこれ以上の譲歩はできない」

ミサト「はい……」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:13:30.14 ID:L9sx+Fo40

リツコ「よかったじゃないのミサト。元に戻れて」

ミサト「ちっともよくないわよ!」

マヤ「よかったですよ」

ミサト「うるさいわね!アタシからちょっちを取ったらどうなるのよ!」

マヤ「1」

ミサト「あんた、そんなに悪かったっけ……」

リツコ「言わなきゃいいじゃない。あなたは「ちょっと」なら一応言えるんだから」

ミサト「無意識に出ちゃうのはどうすればいいのよ」

リツコ「特訓よ」

ミサト「また……」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:15:48.36 ID:L9sx+Fo40

リツコ「リピートアフタミー。「ちょっとATフィールドを破ってくる」……はいっ」

ミサト「ちょっとATフィールドを破ってくる」

リツコ「さすがにこれは意識すれば言えるわけね」

ミサト「バカにしないでよ」

リツコ「どの口が言うの?この「ちょっち」「エヴァー」と言う口?」

ミサト「エヴァーはもういいんでしょ!」

リツコ「……あとは普通の会話ね……」



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:18:35.18 ID:L9sx+Fo40

シンジ「あ、おかえりミサトさん。……どうしたの?そんなに暗い顔して」

ミサト「んー……ちょっちね……」

シンジ「1」

ミサト「ちょっと待ってよ!シンちゃんまで!?」

アスカ「できたじゃないミサト!」

ミサト「?」

アスカ「今の叫び!ちゃんと「ちょっと待って」って言った!」

シンジ「おめでとう!」

ミサト「できた……できたの……?」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:20:43.74 ID:L9sx+Fo40

ミサト「というわけで、できました」

ゲンドウ「ふむ」

冬月「よくやったな葛城一佐。人間、追い詰められれば自然と物事を解決できるよう、能力が向くものだ」

ミサト「ありがとうございます!」

ゲンドウ「残るは「エヴァー」だけだな」

ミサト「えっ……」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:24:31.92 ID:L9sx+Fo40

ミサト「エヴァーを発進させて!」

マヤ「4」

日向「これで12階級降格ですよ……」

ミサト「どういう階級になるのよ!ていうか、どうしてまだそれが生きてるの!?」

リツコ「まあ、横滑りっていうか、ね。もともとエヴァーを直すのが目的だったんだからいいでしょ」

ミサト「……」

リツコ「いいじゃない。今回の降格は暫定だっていうから。ちゃんと直せば階級も元通りって、
    指令も約束してくれたんだから」

ミサト「帰り、一杯付き合ってよね」

リツコ「レコーダー、忘れないようにね」

ミサト「飲み屋でも……」



180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:27:57.80 ID:L9sx+Fo40

ゲンドウ『エヴァ、エヴァ、エヴァ、エヴァ、エヴァ、エヴァ』

冬月『エヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァエヴァ』

リツコ「ステレオは効くんじゃない?」

ミサト「不協和音になって、吐きそうよ」

リツコ「ただの飲みすぎでしょ。それより、どうするのよ。
    いくら暫定とはいえ、今日だけで10エヴァー。
    30階級降格で、今のあなたは専用に作られた階級「芋」よ」

ミサト「なによ芋って……」

リツコ「だから飲んでる場合じゃないわ。特訓よ。これからうちに来なさい」

ミサト「ふぁーい……」



192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:31:31.14 ID:L9sx+Fo40

ミサト「エヴァー」

リツコ「おらっ!」

ドガァ

ミサト「リツコ……ハイヒールを手に持ってヒールで殴るのはやめて」

リツコ「もう体に覚えさせるしかないのよ。エヴァーと言ったらどうなるか。ほらもう一度」

ミサト「エヴァァァ」

リツコ「フェードアウトさせて誤魔化しても駄目!」

ミサト「エヴァァならいいのに……」

リツコ「ときどき、ちょっと良くなるのよね」



202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:34:13.84 ID:L9sx+Fo40

ゲンドウ「さん、はい」

ミサト「……エヴァ」

冬月「なんと……!」

リツコ「夢?夢じゃないの?本当に?マヤ、ちょっと頭殴って」

マヤ「うらっ」

リツコ「痛すぎる……夢じゃないのね!現実なのね!」

ゲンドウ「葛城折れた爪楊枝、よくやったな」

日向「69階級降格の末、ようやく成し遂げましたね」

冬月「これで69階級特進だ。新記録だぞ」

ミサト「ありがとうございます!」



208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:36:22.75 ID:L9sx+Fo40

ミサト「それじゃね、シンちゃん。今日はエヴァのシンクロテストがあるから」

シンジ「……はい」

ミサト「それから、ちょっと今晩は遅くなるからご飯食べてて」

シンジ「……わかりました」

ミサト「いってきまーす」

シンジ「……」



219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:40:09.72 ID:L9sx+Fo40

シンジ「父さん、話があるんだ」

ゲンドウ「なんだ?」

シンジ「ミサトさん……物足りないんだ」

ゲンドウ「つまり?」

シンジ「エヴァーの口癖も、イラッとくるちょっちも、それも含めてのミサトさんだよ!
    無理に直したから、つまらなくなったじゃないか!」

ゲンドウ「えっ」

シンジ「言葉が直ってから、なぜかちゃんと掃除もするし!
    エビス専用冷蔵庫まで買って、普通の冷蔵庫を使えるような気配りもしてくれるし!
    これじゃあもうミサトさんじゃないよ!」

ゲンドウ「あ……」

シンジ「返してよ!あのなんかアレなミサトさんを返してよ!またエヴァ占有してやろうか!」



235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:44:21.84 ID:L9sx+Fo40

リツコ「さん、はい」

ミサト「エヴァ」

リツコ「じゃないでしょ!エヴァー!前は言えてたんだからさっさと戻す!」

ミサト「ものすっごく納得いかないわ!アタシをおもちゃにして楽しいの!?」

リツコ「黙る!しょうがないでしょ指令の命令なんだから!
    シンジくんにキレられたときの落ち込みようを見てないからそんなこと言えるのよ!」

ミサト「知らないわよ!」

リツコ「手を組んでるとき、隠れてる部分が口じゃなくて眉になってたわ!眼鏡も光らないのよ!?」

ミサト「だからって!」

リツコ「いい?今日中に「エヴァー」に直しなさい。でないと、撃つわよ」

ミサト「ひどい」



249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:48:13.83 ID:L9sx+Fo40

ミサト「エヴァーの修理急いで!その間、通常兵器で応戦するのよ!」

マヤ「了解!」

リツコ「まずいわね」

ミサト「ちょっちね……」

日向「やっと元に戻ったなぁ」

青葉「最初から何もしなくてよかったんじゃないのか」

日向「それを言うなよ」



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:51:20.15 ID:L9sx+Fo40

リツコ「司令の手を組む位置も目の下まで戻ってきたし、一安心ね」

ミサト「まだ凹んでたの……」

リツコ「あれで子煩悩なのよ。シンジくんの髪型、変えれば奥さんに似てないこともないしね」

ミサト「あっそ……ところで、司令がボソボソしゃべるの、いい加減イラつかない?」

リツコ「そうね……」



280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:56:05.78 ID:L9sx+Fo40

ゲンドウ「……勝ったな」

キール「聞こえん。もう一度」

ゲンドウ「勝ったな!」

キール「よし!その調子だ碇。さあもう一度」

ゲンドウ「……勝ったな」

キール「戻っているぞ。ロンギヌスの槍で突き刺してやろうか」

ゲンドウ「シンジ……」



ミサト「気分いいわねー」

リツコ「かわいそうな気もするけどね」

ミサト「いいのよ。これでアタシの気持ちもわかるでしょ」


ゲンドウ「……勝ったな」

キール「っもう!」



おわり



298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/07/13(月) 17:58:23.49 ID:L9sx+Fo40

いくらでも続けられそうな気がするけど、この辺でやめておきます。
付き合ってくれてありがとう!
いろいろな誤字や間違いは、即興ってことで許してね。


元スレ
リツコ「ほらまた違う!もう一回よ」