1: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:46:57.50 ID:j3RP1D0j.net

鞠莉「やっと理事長の仕事が終わったわ。暗くなる前に早く帰りましょ」

ガララッ

鞠莉「ん?」

千歌「あっ」

鞠莉「あらチカっちじゃない、まだ学校に居て...」

千歌「しーっ!」

鞠莉「?」

タタタタッ

鞠莉「チカっち?」



2: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:48:05.20 ID:j3RP1D0j.net

千歌「よいしょ...よいしょ」

モゾモゾ

鞠莉「チカっち?」

千歌「ごめん鞠莉ちゃん、ちょっと机の下に隠れさせて」

鞠莉「え、えぇっ?」

千歌「鞠莉ちゃ~んおねが~い♡」ジーッ

鞠莉(うぅ、上目遣い....////) 



3: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:48:42.33 ID:j3RP1D0j.net

千歌「だめ?」

鞠莉「構わないけど..でも何で...」

ガララッ

曜「千歌ちゃんみぃつけた!」

千歌「ひゃっ」ササッ

曜「なんつって!居るのは鞠莉ちゃんだけかー」

鞠莉「もしかしてチカっちを探してるの?」

曜「うん、今皆でかくれんぼしててね残りは千歌ちゃんだけなんだよ。全く、本当どこに行ったのやら」

鞠莉(ははーん、そういうことなのね♪)



5: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:49:57.73 ID:j3RP1D0j.net

千歌「....」ドキドキ

鞠莉(見つかりそうで怯えてるチカっち....かわいいかも////ちょっとイタズラしてみましょ♪)

鞠莉(うふふ、マリーの太ももでチカっちの顔を挟んでっと♪)

ピトッ

千歌「ひゃあっ////」

鞠莉(かわいい////)ゾクゾク



7: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:51:16.79 ID:j3RP1D0j.net

曜「ん?そこに誰か居るの?」

鞠莉「いいえ、誰も居ないわ」ドキドキ

千歌(へ、変な声出ちゃった////...もう、鞠莉ちゃんってば////)

サワッ

鞠莉「んっ////」

曜「鞠莉ちゃん?」

千歌(鞠莉ちゃんがその気なら千歌だって)

スリスリ

鞠莉(やだ...////チカっちに太ももを撫でられてる...しかも触り方がなんかやらしい////)

ツツーッ

鞠莉「あぁんっ////」

曜「鞠莉ちゃん!?」



9: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:52:28.43 ID:j3RP1D0j.net

鞠莉「だ、大丈夫...大丈夫だから」

曜「そんな訳には行かないよ。顔も赤いし保健室一緒に行こ?」

テクテク

千歌(やばっ!よーちゃんがこっちに来ちゃう!)

千歌(....)ジイーッ

鞠莉(うぅ、チカっちがなんとかしろって眼でこっちを見てる...こんなところ曜に見られたら確実にまずいわ。なんとかしないと!)



10: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:53:43.31 ID:j3RP1D0j.net

鞠莉「あっ!チカっち!!チカっちが今廊下を走って行ったわ!!!」

曜「ホントに!?急いでおいかけなくっちゃ!!待てーーー千歌ちゃん!!」

タッタッ

ガララッ

鞠莉「ふぅ、なんとか乗り切ったわ」

鞠莉「もう出てきていいわよチカっち」

千歌「...////」フルフル

鞠莉「チカっち?」



11: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:54:15.44 ID:j3RP1D0j.net

千歌「....鞠莉ちゃんのバカ////もしさっきので見つかったら鬼に捕まるだけじゃすまないんだからね。噂されたらどうするつもりだったの!?////」

鞠莉「だって隠れてるチカっちが小動物みたいで可愛かったんだもの」

千歌「千歌は小動物じゃないよ!」プンプン

ナデナデ

鞠莉「まあまあバレなかったんだから良かったじゃない。スリルあってマリーは楽しかったわ」

千歌「まあ...確かにスリルあってドキドキはしたけど////」

鞠莉「じゃあまたかくれんぼする時はぜひマリーの机の下に....」

千歌「やだっ!/////」



13: 名無しで叶える物語 2018/11/13(火) 21:54:50.58 ID:j3RP1D0j.net

終わり
ちかまり流行れ


元スレ
鞠莉「チカっちと内緒のかくれんぼ」