1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 21:28:31.64 ID:HjWeHjwo0

ガチャ

亜美「たっだいまー、兄ちゃん!」

P「おうお帰り」カタカタ

亜美「あれ、今兄ちゃんだけ?」チラッ

P「そうだけど」カタカタ

亜美「……えいっ」ガバッ

P「うおっ!?悪戯しようったってそうはいかんぞ」

亜美「大丈夫大丈夫!しないってばー」

P「そうやって油断させてからの~?」

亜美「しないってばぁ…」ギュッ

P(……どういうことなの…)



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 21:35:56.25 ID:HjWeHjwo0

P「……」カタカタ

亜美「……兄ちゃん頑張ってんだね」

P「まぁそれなりにな、9人も居たらそりゃ大変だよ」カタカタ

亜美「そっか…」ギュッ

P「……」カタカタ

亜美「…頑張ってね」

P「」

続いて



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:08:36.45 ID:HjWeHjwo0

P(何だ?何の悪戯だ?これは本当に亜美なのか?)

亜美「兄ちゃん?」

P「あっ、えっおおおう、ああ」カタカタカタカタカタカタ

亜美「……」ギュッ

P「なぁ亜美、どうかしたのか?」

亜美「……兄ちゃん分が…」

P「え?」

亜美「兄ちゃん分が足りないの!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:23:18.65 ID:HjWeHjwo0

P「なんだよ兄ちゃん分って…」

亜美「いいじゃん、減るもんじゃないし」ギュッ

P「うーん…」

亜美「~♪」スリスリ

P(あばばばばばばばおかしいって絶対おかしい)

ガチャ

律子「只今戻りました」

伊織「もう、亜美ったら仕事が終わったからって急ぎ過ぎよ」

亜美「うりうり~(棒)」グニュ~

P「あ、あひ?ほっへふねんら…」

あずさ「あらあら、亜美ちゃん?プロデューサーさんが可哀想よ?」

亜美「大丈夫だよ、兄ちゃんは頑丈だから!」

P「………」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:33:24.31 ID:HjWeHjwo0

P「亜美、お前さっきまで」
亜美「うあうあ~!今日は早く帰んないといけないんだった!じゃあね兄ちゃん!」ダッ

P「え、おーい…」

P「…なぁ律子、亜美になんかあったのか?」

律子「え?いつも通りでしたけど」

P「そうか…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:42:42.36 ID:HjWeHjwo0

―P宅―

prrrr…prrrr…

P「はいはいよ……亜美から?」ピッ

P「もしもーし」

亜美『あっ、兄ちゃん?今ヒマ~?』

P「まぁ暇だけど…」

亜美『んっふっふ~、兄ちゃんは彼女居ないもんね→♪』

P「余計なお世話だ」

亜美『亜美なら………ても……』

P「え?」

亜美『な、何でもないっ!』



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 22:50:59.02 ID:HjWeHjwo0

亜美『…ねぇ、ちょっと話がしたくてさ』

P「大事な話か?」

亜美『別に違うよ~、世間話ってやつ!』

P「あ、ああ」

亜美『…兄ちゃんが面倒くさいなら別に良いけど』

P「いや、そんなんじゃないけど」

亜美『良かった!…あんね、こないだ~………』

こうして俺達は暫く、ごく普通の会話を楽しんだ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 23:05:43.95 ID:HjWeHjwo0

亜美『……そんでねー』

P「あっ…もうこんな時間か」

亜美『え~!まだいいっしょー!?』

P「夜中なんだから、もう寝なさい」

亜美『ん~、分かったよ……』

亜美『あっ、あと…あのね…』

『亜美、誰と話してんの?』

『うぁ、じゃあね兄ちゃん、おやすみ!』ピッ

P「あっ亜美?」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 23:28:15.35 ID:HjWeHjwo0

P「……俺も寝るか」

ティロティロティーン

P「メール?」ピッ

From:亜美
Sub:明日忙しい?
デートしてくれま・す・か?


P「……」ピッピッピッ


To:亜美
Sub:暇だけど
何か企んでんのか?



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 23:37:48.17 ID:HjWeHjwo0

ティロティロティーン

From:亜美
Sub:違うってば(-_-;)
亜美は真面目に言ってるんだよ!

P「本当にどうしたんだあいつ…」ピッピッピッ

To:亜美
Sub:真美も一緒なのか?
みんなで美味しいもんでも食いに行くか!?

P「……」

ティロティロティーン

From:亜美
Sub:兄ちゃんのバカ
<本文がありません>

P「…怒ってる?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 23:46:06.28 ID:HjWeHjwo0

To:亜美
Sub:どこに行きたい?
亜美の行きたい所に行ってやるよ

P「……」

ティロティロティーン

P「あいつ打つの速いな」

From:亜美
Sub:本当に?
亜美は兄ちゃんのオススメのデートスポットに任せるよ→

P「あいつ俺がそんなの知らないの分かってて言ってんな…」ビキビキ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09(金) 23:55:59.69 ID:HjWeHjwo0

To:亜美
Sub:どこでもいいのか?
俺なんかに任せて、知らないぞ

P「…………」

………………

ティロティロティーン

From:亜美
Sub:頑張ってよ!
兄ちゃんと一緒ならどこでも楽しいって!

P「亜美がこんな事言うなんて…」

ティロティロティーン

From:亜美
Sub:
ちょっと待って今の無し!

P「何この亜美かわいい」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 00:03:57.07 ID:dLYZRWoR0

―亜美真美宅―

亜美(うあうあ~今すっごく恥ずかしいこと打っちゃったよ~///)

ティロティロティーン

From:兄ちゃん
Sub:俺で良ければ
俺も亜美と居ればどこだって楽しいよ
……なんてな(笑)


亜美(うあ~兄ちゃん……)カァァ



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 00:14:29.19 ID:dLYZRWoR0

From:兄ちゃん
Sub:
じゃあ明日9時に○○駅前な、なるべく変装しとけよ?

亜美(えへへ……「あの竜宮小町の双海亜美に彼氏が!?」なんて騒ぎになったら大変だもんね→)

亜美(……彼氏……兄ちゃんが、彼氏……)カァァ

To:兄ちゃん
Sub:了解b
おやすみ(はぁと)

亜美(……えへへ)



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 00:22:06.47 ID:dLYZRWoR0

P「……なに中学生相手に緊張してんだ俺」


―翌日―

亜美「兄ちゃん、おっはよー!」

P「おはよう亜美」

P「…髪下ろした亜美もなんか新鮮で良いな」

亜美「亜美は何時だって新鮮のピチピチだよー!」

P「ははっ、そうだな」



91: なんかキャラ崩壊しててごめんなさい 2012/11/10(土) 00:29:26.48 ID:dLYZRWoR0

亜美「ねぇ兄ちゃん、この服似合ってる…?」

P「ああ、良いと思うぞ?そんなの聞かなくても…」

亜美「分かってないな~兄ちゃんは」

亜美「亜美…私は、兄ちゃんの意見が聞きたいんだよ」

P「あ…う、うん、ごめんな?」

亜美「ううん、いいよ」

P「……」

P(何だこのムズ痒さは)



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 00:34:44.36 ID:dLYZRWoR0

亜美「あのさ…で、デートなんだからさっ…」ギュッ

P「おぅ…」

亜美「腕組んでもいいっしょ?」

P「そ、そうだな…デートだからな、ハハハ…」

亜美「…兄ちゃんの腕あったかい」ギュッ

P(ああああああなんだよこの亜美はあああああああ)



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 00:40:57.35 ID:dLYZRWoR0

亜美「で、兄ちゃんのオススメデートスポットは?」

P「それが、練りに練った結果…」



―ゲームセンター―

亜美「えー…」

P「やっぱり駄目っすか?」

亜美「兄ちゃんは乙女心が分からな過ぎだよ!もっとこうさ…」

…数分後

ウィーン

亜美「あーっ、兄ちゃん惜しいっ!」

P(なんだかんだで楽しんでる亜美かわいい)



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 00:52:44.34 ID:dLYZRWoR0

ウィーン…ゴトッ

亜美「うあー、兄ちゃんやる~!」

P「まあこの位楽勝だし」

P(10回もやったけどな…)

亜美「このこあみのぬいぐるみ欲しかったんだ~」ギュッ

P「……ははっ」

亜美「な、何笑ってんの?」

P「ぬいぐるみで喜ぶなんて、亜美はお子ちゃまだなぁと思って」

亜美「ち、違うよ!ぬいぐるみは乙女なら誰もが喜ぶの!」

P「へぇ~」ニヤニヤ

亜美「……」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:03:38.32 ID:dLYZRWoR0

―デート終了後―

P「こんな所でも楽しめたようで良かったよ」

亜美「まあね、だって…兄ちゃんと一緒なら楽しいって、言ったもんね」

P「俺も楽しかったよ」

亜美「う、うん…」カァァ

亜美「本当は、もっとオトナなデートしたかったけどね…なんて」


P「………なぁ、最近の亜美、なんかおかしいぞ?」

亜美「…………」ギュッ



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:09:03.76 ID:dLYZRWoR0

亜美「だって………真美達が羨ましくて…」

P「えっ?」

亜美「兄ちゃんにプロデュースして貰えるのが羨ましいの!」ギュッ

P「……でもな」

亜美「分かってるよ、兄ちゃんが忙しいのも、律ちゃんが頑張ってるのも」

亜美「でも、なんか寂しくて……」

P「……」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:15:01.94 ID:dLYZRWoR0

亜美「それだけじゃない…」

亜美「私、一番年下だし、妹だし、子供扱いされてるみたいだから…」

亜美「少しでも大人しくなれば、兄ちゃんが振り向いてくれるかなって…」

P「亜美………」

亜美「ごめんね、わがまま言っちゃって…」

P「…」ギュッ

亜美「……」

P「大丈夫だよ、亜美は子供なんかじゃない」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:23:11.80 ID:dLYZRWoR0

亜美「兄ちゃん…」

P「亜美が頑張ってるのは知ってるし、そんな気持ちがあるなら、もう亜美は大人だよ」

亜美「……ありがと…」ギュッ

P「……」

亜美「兄ちゃんはやっぱり優しすぎだね…」

亜美「…だから彼女ができないのかもね!」

P「…それはほめてるのか貶してるのか」

亜美「ほめてるんだよ→!」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:27:04.52 ID:dLYZRWoR0

―翌日―

亜美「おっはよ~!」

P「おう、おはよう」

亜美「…兄ちゃん一人だね………えいっ」ガバッ

P「おっ、おい、もう大丈夫なんじゃ…」

亜美「関係ないよ~!」

亜美「亜…私が竜宮に居る限り、兄ちゃん分貰っちゃうかんね!」

終わり



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/10(土) 01:33:51.51 ID:dLYZRWoR0

駄文で申し訳ない
やよいPだけど最近亜美株が上昇中
みんなかわいいからちかたないね、765は早く竜宮もプロデュース可能にしろ


元スレ
P「二人きりの時の亜美の様子がおかしい」