1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:18:23.19 ID:lr32P4Lw0

花陽「あ、え、えっと……なんでもないの!」カアアアアアアアアア

ことり「? そう?」キョトン

花陽「うん! なんでもないから気にしないでください!」

ことり「かよちゃんがそう呼びたいなら『お姉ちゃん』って呼んでもいいのに」ウフフ

花陽「聞こえてたの!?」

ことり「お姉ちゃんの耳はごまかせません、なんてね」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:22:45.60 ID:lr32P4Lw0

花陽「そ、その! 違うんです!」

ことり「違うって何が?」

花陽「お姉ちゃんって言ったわけじゃなくて……えっと、とにかく違うの!」

ことり「そっか、ことりの聞き間違えかー」

花陽「うん! 花陽は断じてお姉ちゃんなんて言ってないの!」

ことり「ことり、かよちゃんみたいな可愛い妹ほしかったからお姉ちゃんって呼ばれて嬉しかったのに」シュン

花陽「えぇっ!? あ、えっと……うぅ……」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:27:30.71 ID:lr32P4Lw0

ことり「うふふ、ごめんね、かよちゃん可愛いからからかっちゃった」テヘヘ

花陽「もう、ひどいよー……」

ことり「でもね、かよちゃんみたいな妹がほしいっていうのは本当だよ」ギュッ

花陽「っ!?」カアアアアアアアア

ことり「かよちゃん赤くなっちゃって、りんごみたい。あ、でもかよちゃんはごはん大好きだし梅干しの方が例えとしてはいいのかな?」ナデナデ

花陽「あ、え、えっと……」パクパク

ことり「赤くて口をパクパクさせて……分かった! 金魚さんだ!」ウフフ

花陽「あうぅ……」カアアアアアアアアア



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:33:26.34 ID:lr32P4Lw0

ことり「かよちゃんって優しくて可愛くて、ことりの理想の妹なの」

花陽「は、花陽も! ことりちゃんって優しくて綺麗で、理想のお姉ちゃん、です……」カアアアアアアア

ことり「じゃあことりとかよちゃんは相思相愛だね」アハハ

花陽「そ、相思相愛!?」バッ

花陽「そ、そんな相思相愛なんて……!」ズリズリ

ことり「あ、かよちゃん危ない! 後ろ階段!」

花陽「え? きゃああああああ」ズルッ

ことり「かよちゃん!」ギュッ



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:37:39.22 ID:lr32P4Lw0

花陽「ご、ごめんなさい……。また花陽迷惑かけて……」シュン

ことり「そんなことよりかよちゃん怪我ない? 大丈夫?」

花陽「花陽は大丈夫だけど、ことりちゃんは……?」

ことり「ことりも大丈夫だよ」

花陽「で、でも無理な姿勢で花陽を支えてくれたから……」

ことり「実を言うとちょっとだけ……」アハハ

花陽「花陽のせいで……ごめんなさい……」シュン

ことり「そんな、かよちゃんのせいじゃないよ! ことりが変なこと言っちゃったから、ね?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:42:38.77 ID:lr32P4Lw0

ことり「それに、ことりは大丈夫だから」

花陽「でも……」

ことり「かよちゃん、それ以上自分のせいにしたらそれでこそことり怒っちゃうよ?」

花陽「う、うん……」

ことり「ことりは大丈夫だから、ね?」ナデナデ

花陽「こんなんじゃ花陽、ことりちゃんの妹失格だよね……」

ことり「そんなことない! ことりはかよちゃんのいいところいっぱい知ってるし、失格だなんてそんなことは絶対ない!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:47:39.92 ID:lr32P4Lw0

花陽「ことりちゃん……!」

ことり「だから、ね? かよちゃん、私の妹になってください」ウフフ

花陽「よ、喜んで!」

ことり「うふふ、ことりにかわいい妹ができちゃった」

ことり「今日は妹記念日だね」

花陽「花陽にとってはお姉ちゃん記念日かな」アハハ

ことり「それじゃあ2人で一緒にして姉妹記念日。どうかな?」

花陽「花陽、それすごくいいと思います!」



19: >>17 CDのドラマパートとかだとかよちゃん呼び 2013/11/04(月) 11:52:30.76 ID:lr32P4Lw0

ことり「うふふ、じゃあ姉妹記念日で決まり。それで、かよちゃんにお願いなんだけど……」

花陽「お願い?」

ことり「うん、ことりと2人の時はお姉ちゃんって呼んでほしいな、って。ダメ?」

花陽「だ、ダメじゃないです!」

ことり「よかった。ことり、かわいい妹にお姉ちゃんって呼ばれるの夢だったから」ウフフ

ことり「そうだ、試しに1回呼んでみて!」

花陽「い、今?」

ことり「うん、お願いします、かよちゃん」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 11:57:38.19 ID:lr32P4Lw0

花陽「え、えっと……。改めて言うとなるとなんだか恥ずかしいよぉ……」テレテレ

ことり「うふふ、ゆっくりでいいからね」

花陽「お、おね……」

ことり「……」ゴクリ

花陽「お姉ちゃん!」ギュッ

ことり「わっ! びっくりした!」

ことり「いきなり抱き付かれるとは思わなかったからことりびっくりしちゃった」エヘヘ

ことり「よしよし、お姉ちゃんに甘えたかったらいくらでも甘えていいからね」ナデナデ

花陽「えへへ、お姉ちゃん」モッギュー



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:03:22.96 ID:lr32P4Lw0

数日後

ことり「かよちゃん、あーん」

花陽「あーん。もぐもぐ、やっぱりおね……ことりちゃんのお料理おいしい!」

ことり「うふふ、ありがとう。でも、かよちゃんのおにぎりには負けるよ」

花陽「おにぎりでは誰にも負けません!」キリッ

ことり「キリッとしたかよちゃんかわいい」ナデナデ

花陽「そ、そんなことないよぉ」カアアアアアアアア

穂乃果「かよちゃんとことりちゃんってこの頃すっごく仲がいいよね」トオマキ

凛「なんだかかよちんが取られちゃったみたいで寂しいニャ……」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:08:33.50 ID:lr32P4Lw0

海未「あの2人なんだか姉妹のようですね」

希「かよちゃんとことりちゃんって雰囲気似てるし姉妹って言われても信じるレベルやね」

にこ「そういえば最近ネットでもよく『かよちんとことりちゃんは天使姉妹』とか言われてるの見かけるニコ」

真姫「天使、ねぇ……」

凛「かよちんは天使ニャ!」

絵里「そういえば花陽、この前活動日誌でことりが天使だとか書いてたわよね」

穂乃果「あー、かよちゃんがオトノキ小のお花に水をあげにいったときの!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:13:49.58 ID:lr32P4Lw0

凛「そういえばあの時かよちんことりちゃんみたいなお姉ちゃんがほしいって書いてたニャ」

海未「ことりもコメントに同じようなことを書いていましたね」

真姫「相思相愛の姉妹ってわけね」

にこ「かよちんはニコの妹なのにー!」プンプン

希「どっちかっていうとニコっちが妹って感じやけど」

にこ「ちょっと、希ちゃん、それどういう意味?」

真姫「そのまんまでしょ。ニコちゃんの方が妹っぽいって話」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:19:14.99 ID:lr32P4Lw0

穂乃果「でも、確かにかよちゃんって妹って感じするよね」

海未「なんだか放っておけないと言いますか……」

にこ「あのふわふわほっぺがかわいいニコ!」

絵里「ホント、ニコは花陽のほっぺが大好きよね」ヤレヤレ

真姫「……」モミモミ

凛「真姫ちゃん、ほっぺ痛いの? 虫歯かニャ?」

にこ「真姫ちゃん虫歯!? 歯医者に行くニコ!」ギュッ

真姫「っ! 虫歯じゃないわよ!」カアアアアアアアア



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:24:19.73 ID:lr32P4Lw0

ことり「かよちゃん、そんなにお口に入れたら喉に詰まらせちゃうよ?」

花陽「大丈夫です! もぐもぐ……んっ……!」

ことり「大変! はい、かよちゃん、お水」

花陽「んぐっ……ありがとう、ことりちゃん」エヘヘ

ことり「そんなに一気に食べるからだよ、もう」アハハ

ことり「ほっぺぷくーって膨らんでてなんだかハムスターみたいでかわいかったけど」ツンツン

花陽「ぷにぷにしないでー」

ことり「うふふ、かよちゃんかわいい」プニプニ



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:29:39.90 ID:lr32P4Lw0

海未「ハムスターとは言い得て妙ですね」

穂乃果「いいえてみょう?」キョトン

絵里「うまく言い表してるってことよ」

希「確かにかよちんは小動物的可愛さがあるなー」フムフム

真姫「なんだか頑張ってる姿を見るとご褒美をあげたくなるわね」

絵里「滑車をぐるぐる回すハムスターにひまわりの種をあげたくなる感覚よね」

にこ「かよちんハムスターに餌をあげてほっぺぷくーってなったところをぷにぷにしたいニコ!」

凛「ニコちゃんほっぺばっかりニャ」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:34:25.71 ID:lr32P4Lw0

凛「でも、かよちんは小動物的な守ってあげたいって言うのもあるけど誰よりも強いニャ!」

凛「小学校の時も凛のこと助けてくれたし……かよちんは強いニャ!」

真姫「そんなの分かってるわよ」

絵里「花陽が本当はすっごく強い心の持ち主だって言うのは知ってるわ」

希「それにすごく心が綺麗やんな」

希「総選挙で順位が芳しくなくても票を入れてくれた人がいることに感謝することができる、強くていい子やん」

穂乃果「かよちゃんが強いことならみんな知ってるよ」

海未「小動物も各々の強さを持っているものですよ。それも含めて言い得て妙だと言ったんです」

凛「みんな……!」ジーン



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:39:07.62 ID:lr32P4Lw0

にこ「そ、それにほっぺが……」

凛「ほっぺはもういいニャ」ヤレヤレ

穂乃果「あー! あれ!」

海未「どうかしましたか?」

ことり「急いで食べるからほっぺにおべんとついちゃってる」ヒョイパク

花陽「あ、えへへ、ありがとうことりちゃん」

ことり「ご飯はゆっくり味わって食べないとダメよ?」ウフフ

花陽「花陽的には味わってるんだけど……」エヘヘ



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:44:22.01 ID:lr32P4Lw0

絵里「まぁあれくらいなら普通でしょ?」

希「エリチは誰彼かまわず泣いてる子にチュウしちゃうエロチカちゃんやからね」フフ

絵里「なっ……! やる相手くらい選ぶわよ!」カアアアアアアアア

凛「凛が泣いててもされたことないけど誰にするニャ?」

希「ウチが見た時は穂乃果ちゃんにしとったなー。チュウした後にその豊満な胸に抱きしめて……」

絵里「見てたの……?」

海未「穂乃果、この話は本当ですか?」

穂乃果「え、えっとー……」メソラシ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:49:17.19 ID:lr32P4Lw0

希「ウチ以外の人に見られなかったのは不幸中の幸いやね」フフ

海未「接吻と抱擁だけですか? 穂乃果、私の目を見てください」

穂乃果「そ、それだけだったかなー?」チラッ

絵里「そうね、それだけよ」

希「嘘はあかんよ。お互いにワシワシしたりしてたやん」

希「『え、絵里ちゃん、誰かきちゃうかも』『大丈夫、誰も来ないわよ。あら、穂乃果の胸意外に大きいのね』なんて言いながら――」

絵里「希! それ以上はいいから!」

海未「絵里、穂乃果。どうして嘘を吐くんですか……?」

穂乃果「だ、だって恥ずかしいし……」カアアアアアアア

絵里「誤魔化せるなら誤魔化したいじゃない! そんなこと!」カアアアアアアアア



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:54:13.66 ID:lr32P4Lw0

にこ「そんなことして噂になったらどうするニコ?」

にこ「アイドルがグループ内で恋愛なんて大問題になるニコ!」プンスカ

凛「そういうニコちゃんもこの前部室で真姫ちゃんと」

真姫「ちょ、ちょっと凛!」アセアセ

凛「あ、ラーメンおごってもらう代わりに言わない約束だったニャ!」

絵里「結局ニコと真姫もグループ内恋愛してるんじゃない」ヤレヤレ

穂乃果「自分たちのことは棚にあげて穂乃果たちだけなんてひどいよ!」

にこ「ば、ばれなきゃいいの!」

希「凛ちゃんにばれてるけどな」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 12:58:26.04 ID:lr32P4Lw0

にこ「それとこれとは別ニコ!」

絵里「どこがどう別なのよ!」

穂乃果「納得のいく説明を要求します!」

真姫「わ、私とニコちゃんは、まぁあれよ。友情の延長みたいな感じなのよ!」

にこ「真姫ちゃん、ニコとは遊びだったニコ……?」ウルウル

真姫「誤魔化してるんだから察しなさいよ! バカニコちゃん!」

穂乃果「やっぱり誤魔化してるんだ!」

海未「絵里と穂乃果はいつからそういう関係なんですか!? 答えてください!」

希「ふふ、この子らほんと面白いわ」ニヤニヤ

凛「あわわ、止めなくていいのかニャ……?」アタフタ



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 13:03:05.34 ID:lr32P4Lw0

花陽「なんだかみんな騒がしいけど何かあったのかな?」

ことり「多分痴話喧嘩とかじゃない?」ウフフ

花陽「痴話……!」カアアアアアアアア

ことり「かよちゃんは好きな子とかいるの?」

花陽「あ、えっと……それはえっと……」カアアアアアアアア

ことり「その反応、いるんだ! お姉ちゃんにこっそり教えて?」ウフフ

花陽「……りちゃん」

ことり「? よく聞き取れなかったからもう一回いい?」

花陽「あ、あの!」ズイッ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 13:08:01.92 ID:lr32P4Lw0

ことり「これ、スクールリング……?」キョトン

花陽「花陽、ことりちゃんのことが好きなんです!」

花陽「ことりちゃんがお姉ちゃんだったらって、そう思ってたけど、この気持ちが好きってことなんだってことに気付いたの!」

花陽「だから!」

花陽「お姉ちゃんじゃなくて、花陽のお姉さまになってください!」カアアアアアアアア

ことり「お姉さま……って、えー!?」

ことり「かよちゃんはことりのことが好きなの!?」カアアアアアアアア

花陽「迷惑、だよね」ジワッ



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 13:13:02.66 ID:lr32P4Lw0

ことり「そんなことない!」ギュッ

花陽「ことりちゃん……?」ウルウル

ことり「ことりもね、本当はかよちゃんのこと好きだったの」

ことり「さっき好きな子を聞いたのだってことりの名前が出てきたらいいなって、それ以外の名前だったらかよちゃんのお姉ちゃんとして諦めようってそう思って……」

ことり「だから、迷惑だなんてそんなことはなくて……!」

花陽「ことりちゃん!」ギュッ

花陽「えへへ、よかった。ことりちゃんに嫌われちゃったらどうしようかと思っちゃった」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 13:19:42.08 ID:lr32P4Lw0

ことり「かよちゃんの気持ちはたっぷり伝わったよ。だから今度はことりからね」スッ

花陽「スクールリング……? ことりちゃんも持ってたんだ」

ことり「かよちゃん、ことりとスールになってください」ペコリ

花陽「……」キョトン

花陽「……ぷっ。ことりちゃんスールってなんだか違う学校混ざってるよ」アハハ

ことり「え? この学校でもスールって言うんじゃなかったの!?」

花陽「多分違うと思うけど……」

ことり「え、えーっとじゃあ……」アタフタ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/04(月) 13:23:41.59 ID:lr32P4Lw0

花陽「なんだか違う気もするけど、喜んでお受けします。でいいのかな?」

ことり「ご、ごめんね。変なこと言って戸惑わせちゃって」

花陽「うぅん、なんだか花陽たちらしいかなって感じもするし」エヘヘ

ことり「ことりたちらしい……? 言われてみれば確かにそうかも」アハハ

ことり「それじゃあこれからはスールとして」

花陽「よろしくお願いします、お姉さま」
ことり「よろしくお願いします、かよちゃん」

花陽「えへへ」ニコッ

ことり「うふふ」ニコッ

おわり


元スレ
花陽「お姉ちゃん……」ことり「何か言った?」