SS速報VIP:杏「ちひろさんに感謝を込めて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1542549369/



1: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 22:56:10.13 ID:D97oj0G30


*エログロ描写はありません
*微百合かもしれません

きらりちゃんの口調が曖昧です

前の設定を引き継いでます
【モバマス】ちひろ「アイドルとお泊まり」
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1530968671/


スレ立てられてたら投下します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542549369




2: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 22:58:08.06 ID:D97oj0G30



ちひろ「…」カタカタ

ちひろ「スタドリは……あったあった」

ちひろ「…」ゴクゴク

ちひろ「ふぅ…」カタカタ

仁奈「あ、杏おねーさん、ちひろおねーさんの目、死んだ魚のきもちになってやがります…」

杏「死んだ魚の気持ちとは」

仁奈「仁奈、ちひろおねーさんの力になりてーです…仁奈にできることねーですかね?」

杏「う~ん、杏に言われてもなぁ…とりあえず、ちひろさんのお仕事がひと段落着いたら聞いてみたら?」





3: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 22:58:54.51 ID:D97oj0G30



仁奈「でも、ちひろおねーさん最近頑張りすぎでごぜーます、このままだと倒れちまうですよ」

杏「確かに杏から見てもあれは働きすぎだね」

仁奈「杏おねーさんはぐうたらしすぎでやがりますよ!」

杏「これが杏のスタイルだから」

仁奈「もう!杏おねーさん!仁奈は真剣に考えてるですよ!」

仁奈「もしちひろおねーさんに何かあったら、仁奈は、仁奈は…」ウルウル

杏「わ、悪かったよぅ、一緒に何か考えよう?ね?」

仁奈「…」コク

杏「う~ん、そういえばちひろさんってコスプレが趣味だったよね?」

仁奈「ちひろおねーさんも仁奈と同じで、色んなきもちになりやがってました」





4: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:00:04.32 ID:D97oj0G30



杏「そうそう、それで杏達も何かの気持ちになりきってちひろさんのお手伝いしてあげるってのはどう?」

仁奈「仁奈達も何かのきもちになるですか?」

杏「そう、何の気持ちになるかはまだ思い浮かばないけど、いつも頑張ってるちひろさんを少しでも楽にしてあげる気持ちでさ」

仁奈「杏おねーさん、変なものでも食べやがりました?」

杏「えっ、それどういう意味さ」

仁奈「杏おねーさんがこういうこと言ってくれるの、意外でやがりました」

杏「ま、まぁ、杏もちひろさんには感謝してるし、たまにはね」カァ

仁奈「あっ!照れた!杏おねーさん太陽のきもちでやがりますね!」

杏「そ、そんな赤くないだろ!?」カァァ






5: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:00:54.30 ID:D97oj0G30



きらり「二人とも~?ちひろさんお仕事してるから、もーう少し静かにしようね?」

仁奈「きらりおねーさん!」キラキラ

杏「き、きらり?いつの間に?」

きらり「さっきだゆ☆杏ちゃんがてれてれしててきゃわわなとこ☆」

杏「うわぁぁきらりにも見られてたのかよ~…」

きらり「まぁまぁ☆杏ちゃんきゃわゆかった!」

きらり「ところで2人はなんのお話してたにぃ?」

仁奈「仁奈、ちひろおねーさんのために何かしてーって思って…そしたら杏おねーさんが、ちひろおねーさんのきもちになって、ちひろおねーさんを楽にしようって」

きらり「ちひろさんの気持ち?」

杏「コスプレのことだよ」






6: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:01:57.99 ID:D97oj0G30



きらり「杏ちゃんから言い出すなんて珍しいにぃ?」

杏「べ、別にいいだろぅ?」

きらり「それでそれで…ふむふむ、ちひろさんのお手伝いをして、みんなもハピハピ☆杏ちゃんはやっぱりしっかりものだにぃ☆」

杏「や、やめろ~」

仁奈「でもまだ何のきもちになるか決まってねーでやがります」

杏「きらりはなにがいいと思う?」

きらり「うゆ?きらり?う~ん、二人ともきゃわゆいから、ちひろさんがはぴはぴな気持ちなれるような…あ!」

杏「お!きらり、なにか思いついた?」






7: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:03:11.41 ID:D97oj0G30



きらり「メイドさんとかどうかにぃ?」

杏「メ、メイド!?」

仁奈「うわぁ!メイドさんのきもち、なりてーでやがります!」

杏「本気!?」

きらり「杏ちゃんは嫌?」

杏「そ、そもそもメイド服とかはどうするのさ!」

きらり「杏ちゃんアタシポンコツアンドロイドでメイド服着てたにぃ?トレーナーさんに貸してもらってくゆ!」

仁奈「仁奈のはどうするでやがりますか?」

きらり「きらりんがもってくゆ☆」

杏「なんできらりが持ってんのさ!」






8: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:04:53.51 ID:D97oj0G30



きらり「杏ちゃんかわゆいから、きらりんも自分で杏ちゃんのメイド服作ってゆの☆」

杏「ま、まじで?」

仁奈「やったー!メイドさん、楽しみだなぁ~」ホワホワ

P「お楽しみのところ大変申し訳ないのですが、千川さんがお仕事中のためもう少を声を小さくお願いします…」

きらり「あ、Pちゃん、ごめんなちゃい…☆」

杏仁奈「ごめんなさい…」

ちひろ「…あっ、プロデューサーさん、お疲れ様です」

ちひろ「皆さんも、私のことは気にしないでください、皆さんの笑顔が私の原動力ですから!」

仁奈「ちひろおねーさん!」

ちひろ「なんですか?仁奈ちゃん」

仁奈「明日、覚悟するでごぜーますよ!」

ちひろ「えっ!?」

きらり「ちょっ、仁奈ちゃん、それじゃ下剋上みたいだゆ?」

杏「まあいいじゃん、覚悟しないと仁奈ちゃんの可愛さにボコボコにされちゃうんだから」

きらり「まあ、それもそうだにぃ☆」





9: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:05:58.72 ID:D97oj0G30



ちひろ「な、なんの話なんでしょうか」

P「さあ」

仁奈「あ!プロデューサー!ちょっといいでやがりますか?」

P「?市原さん、なんでしょうか」

仁奈「ちょっとしゃがんでくだせー」

P「はい」シャガミ

仁奈「明日、杏おねーさんと一緒にちひろおねーさんを楽させてやりてーんで、ちひろおねーさんのお仕事、お休みにしやがってくだせー」

P「はぁ…千川さんは休日にも出勤してくださっているので、できないこともないですが…どうして突然?」

仁奈「最近のちひろおねーさん、ずっとカタカタしてて休んでねー気がしやがります」

P「確かにそうですね…現在ここのプロジェクトには事務の方が千川さんしかおりませんし、彼女1人に全て任せてしまっていたのは私も反省しなければならないです…」

仁奈「??」

杏「簡単な言葉でまとめてあげて」





10: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:06:44.78 ID:D97oj0G30



P「し、失礼しました。わかりました、引き受けましょう、市原さん」

仁奈「やったー!ありがとうごぜーます!プロデューサー!」ギュー

P「い、市原さん!いけません!」カァ

きらり「二人ともきゃわゆい☆」

ちひろ「これはきゃわゆいですねぇ」

杏「ちひろさんが言うとなんか犯罪臭い」

ちひろ「失礼な」

杏「ちひろさん、最近働きすぎじゃない?」

ちひろ「そ、そうですか?」

きらり「そうだにぃ?たまにはお休みもらった方がいいゆ?」

ちひろ「大丈夫です、今できることは今したほうがいいですし」





11: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:07:30.47 ID:D97oj0G30



ちひろ「あと、お金も出ますしね」テヘ

杏「がめついな」

きらり「ちひろさんすごいにぃ…杏ちゃんも見習う見習う!」

杏「ぐうたらしてお金もらいたい」テヘ

きらり「そこじゃないにぃ!」

杏「ちひろさん、明日は覚悟しといてね」

ちひろ「杏ちゃんもですか?楽しみにしておきますね」フフ

仁奈「それじゃあ、ちひろおねーさん!また明日でごぜーます!杏おねーさんときらりおねーさんもばいばーい」

仁奈「さ!行くですよ!プロデューサー!」

P「はい、行きましょう」ガチャ

ちひろ(尊い…」

杏「ちひろさん」

きらり「ち、ちひろさん?声に出てゆ…」





12: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:08:38.01 ID:D97oj0G30



ちひろ「あ、あら!?すいません、出てましたか?」

杏「引くほど『尊い…』って出てたよ」ヒキ

ちひろ「ほんとに可愛いんですからいいじゃないですか!」カァ

ちひろ「というか、お二人は帰らないんですか?」

きらり「杏ちゃんはそろそろ帰ゆ?」

杏「そうだなー、ちょっと準備するからきらり先に外行ってていいよ」

きらり「わかったにぃ☆」ガチャ

杏「ちひろさんは帰らないの?」ヨイショ

ちひろ「私はもう少ししたいことがあるので」

杏「ふ~ん、ちひろさんさ、有給とか結構溜まってるんじゃないの?」

ちひろ「あまり使わないですからねぇ」

杏「まあ、あんまり無理しすぎないでね、杏も心配だから」フイ





13: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:10:46.16 ID:D97oj0G30



ちひろ「ふふ、どうしたんですか?杏ちゃん」

杏「べ、別に、気まぐれだよ」カァ

ちひろ「杏ちゃん、実はしっかり者ですもんね」

杏「褒めても飴しかでないよ、はい」

ちひろ「ありがとうございます…」ポカン

杏「どうしたのさ」

ちひろ「変なものでも食べましたか?いつものぐうたらな杏ちゃんらしくないというか…」

杏「失礼な、まあそう思うならそう思っておけば?杏はもう疲れたから帰るね」

杏「お疲れ様、ちひろさんもはやく帰りなよ」ガチャ

ちひろ「…耳まで真っ赤で、素直じゃないですね、杏ちゃん」

ちひろ「…高校生の子に心配されるなんて私もまだまだだなぁ」ペリペリ

ちひろ「ん、この飴美味しい、杏ちゃんがいつも舐めてるやつかな?」

ちひろ「よし、残りのお仕事も終わらせちゃいましょうか」カタカタ





14: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:11:27.36 ID:D97oj0G30



ーーーー次の日ーーーー

きらり「仁奈ちゃんサイズ大丈夫かにぃ?」

仁奈「わぁ~!ひらひらだぁー!」ヒラヒラ

杏「うぉっ…眩しいっ」

きらり「うっきゃー!仁奈ちゃんきゃわゆい!杏ちゃんもきゃわゆい!」

杏「てかきらり、今日お仕事じゃないの?」

きらり「うゆ~…そうだにぃ…きゃわゆい杏ちゃんと仁奈ちゃん見れないのザンネン!」

きらり「杏ちゃん?仁奈ちゃんとちひろさんとの写真たっくさん撮ってきらりんに送ってね?約束だゆ?」

杏「あ~はいはい、わかったからはやく行きなよ、時間そろそろでしょ?」

きらり「んじゃっきらりんいってきまーす☆」

仁奈「いってらっしゃーい!」

杏「ありがとね、きらり」

きらり「おっすおっす☆」ガチャ





15: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:12:03.62 ID:D97oj0G30



杏「サイズぴったりでよかったね」

仁奈「すげーでやがります!杏おねーさんを抜かすのもそう遠くねーでごぜーますね!」

コツコツコツ

仁奈「あっ!この足音、ちひろおねーさんでやがりますかね?」

杏「そろそろ準備しとこうか」

仁奈「はい!」





16: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:12:47.77 ID:D97oj0G30



~~~~~~~~~~~~~~

ちひろ「おはようございm…!」ガチャ

仁奈「おはようごぜーます!ちひろおねーさん!」ヒラヒラ

杏「おはようございます、ちひろs…」ギュッ

杏「うぐっ!ちひろさん!?」カァ

ちひろ「はっ…すみません、気づいたら体が!」ギュー

杏「謝るなら離してよ!く、苦s…」

仁奈「仁奈も!仁奈もぎゅーってするです!」ギュー

杏「うぉぉぉ…」

ちひろ「よしっ!今日1日頑張れそうです!」ツヤツヤ

杏「あ、そのことなんだけど」

仁奈「ちひろおねーさんは今日お休みでやがります!」

ちひろ「えっ?今日は仕事のはずですが…」





17: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:14:09.94 ID:D97oj0G30



杏「仁奈ちゃんがプロデューサーにお願いして休みにしてもらったんだよ」

ちひろ「え、だ、大丈夫なんですか?私からプロデューサーさんに何も言ってませんけど…」

杏「まあそこらへんは心配しなくて大丈夫だよ、プロデューサーも大丈夫って言ってたから」

ちひろ「でもどうしていきなり…」

仁奈「ちひろおねーさんは最近働きすぎでごぜーます!たくさん働くのはえらいことでごぜーます」

仁奈「でも、たまには休まなきゃいけねーですよ!だから、今日は仁奈と杏おねーさんでちひろさんを楽させてやるんでごぜーます!」

ちひろ「仁奈ちゃんが私のために考えてくれたんですか?」シャガミ

仁奈「そうでやがります!」エッヘン

ちひろ「杏ちゃん、一応聞くけどプロデューサーさんは許してくれてるんですよね?」コショコショ

杏「うん、プロデューサーもちひろさんには羽を伸ばしてもらいたいと思ってるだろうしね、なんも心配しなくて大丈夫だよ」コショコショ

ちひろ「じゃあお言葉に甘えちゃおうかしら」





18: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:14:59.77 ID:D97oj0G30



ちひろ「ありがとうございます、仁奈ちゃん」ヨシヨシ

仁奈「えへへ」

杏「まあまずはソファに座ってゆっくりやること考えようよ」

ちひろ「そうですね」ヨイショ

杏「ふぅ~、疲れた~」ポスッ

仁奈「あっ!杏おねーさん!服汚れちまうですよ!」

杏「え~?大丈夫だって、結局次着るのも杏なんだし」

ちひろ「ほんっとにメイド服って可愛いですね」マジマジ

杏「あ、あの、そんなにまじまじ見られるのは恥ずかしいんだけど…」カァ

ちひろ「…尊い」マジマジ

杏「ちょ、や、やめろよぉ~!」ポカポカ

ちひろ「痛い痛い、杏ちゃんほんとに似合ってますよ、懐かしいですね、その衣装」






19: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:16:47.96 ID:D97oj0G30



仁奈「あー!ずりーですよ!仁奈は?仁奈はどうでやがりますか!?」ヒラヒラ

ちひろ「おっ………ふぅ」

杏「一瞬理性飛んだ?」

ちひろ「いきましたね」

仁奈「ど、どうでやがりますか?」

ちひろ「仁奈ちゃんの衣装も杏ちゃんと同じですね、その衣装はどうしたんですか?」

仁奈「きらりおねーさんが作ってくれやがりました!」

ちひろ「きらりちゃんが!?すごい作り込みですね…仁奈ちゃんに本当に似合ってます」カシャカシャカシャカシャ

杏「シャッター音激しいんだけど」

ちひろ「今日から待ち受けにします」

仁奈「えへへ、仁奈、メイドさんのきもちになるのすげー楽しみでやがりました!」

杏「一応ちひろさんのきもちなんだけどね」

ちひろ「私のきもち?」

仁奈「はい!杏おねーさんが、ちひろさんはこすぷれが好きだから、それを真似しようって!」






20: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:17:38.07 ID:D97oj0G30



ちひろ「確かに私もメイド服持ってますね…今度一緒に合わせてみましょうか」フフ

仁奈「わぁ~!ちひろおねーさんのメイドさん見てみてーです!」

杏「ちひろさんスタイルいいし可愛いからこの衣装でもいけるんじゃない?」

ちひろ「ちょっと杏ちゃん、あまりからかわないでください」

杏「杏は本気だけどな~」

ちひろ「か、からかわないでください」カァ

仁奈「あー!ちひろおねーさん太陽のきもちでやがりますね!まっかっかだー!」

ちひろ「に、仁奈ちゃん!今日は何してくれるのかな?」

仁奈「あ!そうでやがりました!」

仁奈「う~ん…あっ!まずはこれでやがります!」タッタッ






21: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:19:58.64 ID:D97oj0G30




仁奈「じゃ~ん!キツツキのきもちでやがります!」トントン

ちひろ「なるほど、肩叩きですか」

杏「お~、デスクワークの多い現代日本人にかなり効きそうな御奉仕だ」

ちひろ「杏ちゃんは見てるだけなんですか…?」

杏「う~ん、それはそれで申し訳ないし杏は」

杏「こうします」ゴロン

ちひろ「な、なんですかこれ」

杏「ちひろさんの膝枕」

ちひろ「見ればわかりますけど!!」





22: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:20:31.25 ID:D97oj0G30



杏「いやぁ、程々の肉感、温もり、星三つで」

ちひろ「杏ちゃん!その言い方やめてもらえますか!」カァ

仁奈「トントン、トントン、強さはこんくらいでやがりますか?」

ちひろ「はぁ~、いい感じです仁奈ちゃん…日々の肩凝りが可愛いで浄化されてます」

杏「わけわからん」

ちひろ「仁奈ちゃんのような姪が欲しいです…」

杏「娘じゃないんだ」

ちひろ「絶対親バカになるんで」

杏「わかる」





23: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:21:21.84 ID:D97oj0G30



~~~~~~~~~~~~~~

仁奈「トントン、トントン、うへぇ~疲れたでやがります」

ちひろ「仁奈ちゃんありがとうございます、おかげで肩が軽くなりました」

仁奈「ほんとでやがりますか!」

ちひろ「ええ、仁奈ちゃんも膝枕どうですか?」ポンポン

仁奈「仁奈もー」タタタッ

仁奈「してもらいてーです!」ポスッ

仁奈「…おおー!気持ちいでやがりますね~」ゴロゴロ

杏「だろー?」フフン

ちひろ「なんで杏ちゃんが自慢げなんですか」

ちひろ「…ふふ、なんだか娘が2人できたみたいです」ヨシヨシ

杏「うわ、撫でるなよぅ、杏はちひろさんの娘になるような歳じゃないぞぅ!」






24: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:22:10.30 ID:D97oj0G30



仁奈「仁奈、ちひろおねーさんのナデナデ好きでごぜーます!ママのナデナデもこんな感じでやがります!」

仁奈「杏おねーさんはちひろおねーさんのナデナデ嫌いでやがりますか?」

杏「えっ?いや、別に嫌いじゃ…むしろ好きっていうか…」ゴニョゴニョ

ちひろ「よく聞えなかったんで、もう一度言ってもらってもいいですか?」ニヤニヤ

仁奈「仁奈もよく聞こえなかったでごぜーます」ニヤニヤ

杏「や、やめろよぉ!」ガバッ

杏「杏もなにかちひろさんの手伝いしてあげないといけないよね」

仁奈「おお!杏おねーさんが珍しくやる気でやがります!」ガバッ

杏「あ」

仁奈「あ?」

杏「あ~…やっぱ面倒くさい」ポスッ

ちひろ「ちょっと杏ちゃん!?」





25: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:22:51.67 ID:D97oj0G30



杏「ちひろさんの肩ちょうどいい位置」グデー

仁奈「じゃあ仁奈はこっちの肩を借りるでやがります!」グデー

ちひろ「あ、あの、動けないんですが」

杏「今日はみんなお休みだから動かなくても大丈夫だよ~」

仁奈「ふわぁ、そうでやがりますね~」

ちひろ「仁奈ちゃん、ずっと肩叩きしてくれてたから眠くなっちゃいましたか?」

仁奈「うぅ、仁奈、眠くねーですよ」ゴシゴシ

仁奈「まだ肩叩きしかしてねーですし…」

ちひろ「じゃあお昼寝終わったらまたしてもらえますか?」

仁奈「もちろんでごぜーます」ウトウト

ちひろ「よろしくお願いしますね」

仁奈「…」スースー

ちひろ「…寝ちゃったみたいですね」

杏「仁奈ちゃん、ちひろさんに会いたすぎて今日すごい早起きしたらしいよ」

杏「慣れないことするから」





26: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:23:25.70 ID:D97oj0G30



ちひろ「嬉しい限りですね」

ちひろ「杏ちゃんも、私のためにわざわざ計画してくださってありがとうございます」

杏「いや、杏まだ何もしてないし…ちひろさんが心配だっただけだよ」

ちひろ「私そんなにひどかったですか?」

杏「仁奈ちゃんが、目が死んだ魚の気持ちって言うくらいにはひどかったね」

ちひろ「仁奈ちゃんに言われると深く傷つきますね…」

杏「高校生の杏が言うのもあれだけど、仕事とプライベートのオンオフは付けた方がいいと思うな」

杏「ちひろさん、自分のプライベートの時間削ってまでお仕事してない?」

ちひろ「アイドルの子達のためにプライベートを削るくらいなら全然苦しくないですよ」

杏「いやぁ、杏的には嬉しいんだけど、ちひろさんはもっと自分を大切にしないと」

杏「杏はそっちの方がもっと嬉しいかな」





27: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:24:03.68 ID:D97oj0G30



ちひろ「…こんなに心配されてるとは思ってませんでした」

杏「うん、ちひろさんは、その…杏にとって大切な人だし」カァ

ちひろ「あ、杏ちゃん?」チラッ

杏「み、見るなっ」バッ

杏「…多分今見せられない顔してる」

ちひろ「杏ちゃん…」

ちひろ「…お耳真っ赤ですよ」

杏「!い、言わなくてもいいだろぅ!?」ポカポカ

ちひろ「に、仁奈ちゃん起きちゃいますから」ドウドウ

杏「ご、ごめん」

ちひろ「杏ちゃんこそ、恥ずかしいなら言わなくてもいいのに」フフ

杏「たまには杏も素直になりたいんだよ」

ちひろ「そういうものですか」

杏「そういうもの」

ちひろ「ふふ、ありがとうございます、杏ちゃん」





28: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:24:47.49 ID:D97oj0G30



ちひろ「こんなに大切に思われてるなんて私は幸せ者ですね」

ちひろ「でも、私にとってもアイドルの子達はみんな大切な子達ですよ」

ちひろ「その子達のためだからこそ、今の私はこんなにも頑張れるんです」

杏「そういうものなの?」

ちひろ「そういうものです」

ちひろ「なので私のことは心配なさらなくても大丈夫です、こんなに私のことを大切にしてくださる、そのお気持ちだけでも私の疲れなんてふっ飛んじゃいますから」

杏「まあちひろさんがそういうならいいけど…」

杏「杏もメイド服着ちゃったし、なにか御奉仕してあげないとな~」

ちひろ「杏ちゃんは何してくれるんですか?」

杏「う~ん、あんま動かずに、且つちひろさんが楽できるような…」

ちひろ「そんなものあるんでしょうか」





29: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:25:56.62 ID:D97oj0G30



杏「ちひろさん考えて」

ちひろ「わ、私がですか?え~と…あ、じゃあ私のことお姉ちゃんって呼んでみてもらえませんか?」

杏「えっ…」ヒキ

ちひろ「ちょ、距離取るのやめてくださいよ」

杏「いや、それ欲望が露見してるもん、禍々しいものが見える」

ちひろ「い、いいじゃないですか!ここ何年も一人暮らしだと寂しくなるんですよ!」

杏「仁奈ちゃんにいつも呼ばれてるじゃん」

ちひろ「そうですけど、仁奈ちゃんからも呼ばれたいし、杏ちゃんからも呼ばれたいんです」

杏「なにそれ…まあいいけどさ」

杏「じゃあいくよ?」

ちひろ「はい、いつでもきていいですよ」

杏「ふぅ…」





30: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:26:51.76 ID:D97oj0G30



杏「ちひろお姉ちゃん、一緒にお昼寝しよ?」ウワメヅカイ

ちひろ「おっ…………」

ちひろ「…………ふぅ」

杏「うわ、感想が気持ち悪いんだけど」

ちひろ「……」

杏「ち、ちひろさん?…死んでる」

ちひろ「生きてます」

杏「なんだ」

ちひろ「いろいろと失礼なメイドですね」

杏「杏普通に眠いからお昼寝したいんだけど」

ちひろ「なんかさっきまでと温度差激しくないですか?」

杏「あんだけ心配してたの損だなと思って」

ちひろ「あなたほんとにメイドですか?」






31: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:28:18.36 ID:D97oj0G30



杏「あと今ので体力使い切った」

ちひろ「はぁ、私もなんだか疲れちゃったじゃないですか」

杏「まあまあ、今日はお仕事お休みなんだし、ゆっくり惰眠でも貪ろうよ」

ちひろ「杏ちゃんはいつも貪ってますけどね」

ちひろ「まあ私もこんなにゆっくり過ごせる日がいつ来るかわかりませんし、お昼寝でもしましょうかね」

杏「肩貸して」ポスッ

ちひろ「ふふ、構いませんよ」

杏「おやすみぃ…」スースー

ちひろ「おやすみなさい」

ちひろ「ありがとうございますね、杏ちゃんも仁奈ちゃんも」

ちひろ「お二人のおかげで明日からも頑張れそうです」

ちひろ「ふぅ…私もお昼寝でもしましょうか」





32: ◆UaO2oQStPs 2018/11/18(日) 23:29:02.41 ID:D97oj0G30



~~~~~~~~~~~~~~~~~

きらり「おっすおっs…にょわ~☆」

P「諸星さん、どうされm…おや、これは…」

きらり「三人ともきゃわゆいにぃ☆」

P「はい、その通りですね」

P「三人とも、良い寝顔です」


このあと事務所で三人の寝顔が拡散されました


~終わり~




元スレ
SS速報VIP:杏「ちひろさんに感謝を込めて」