1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:51:04.82 ID:gW39B5S00

今日こそほのぼのss書くんだ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:53:43.43 ID:gW39B5S00

絵里「あら、ちょうど小腹がすいていたのよね」

凛「さすがかよちん、気が利くにゃ!」

穂乃果「ずっとダンスの練習してたからもうお腹ペコペコだよー」

海未「それではここでひとまず休憩しましょうか」

真姫「そうね」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:56:43.68 ID:gW39B5S00

凛「あれっ?このおにぎり・・・どれも形や大きさがが違う!?」

花陽「ふっふっふ、実はこのおにぎりは・・・全部中身が違うのです」

ことり「えっ・・・!」

花陽「もちろん中身は食べてのお楽しみです、さぁみなさんよく選んで食べてくださいね」

希「ロシアンルーレットやね」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:01:20.45 ID:gW39B5S00

海未「ちょっと一つ聞きたいのですが」

花陽「なんでしょう?」

海未「まさかとは思いますが・・・媚薬とか毒薬なんてものは入れてないでしょうね?」

花陽「なんでそんな事聞くの?」

海未「いえ、なんとなく・・・ちょっと聞いてみただけです」

花陽「大丈夫ですよ、心配しないでください」

海未「ならいいのですが・・・」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:07:16.31 ID:gW39B5S00

にこ「早速いただいてもいいかしら、にこお腹ぺこぺこなのよねー」ヒョイ

花陽「あっいいよ!食べて食べて!」

穂乃果「あーにこちゃん一番大きいのとらないでよー!ずるーい!」ブー

にこ「いっただきまーす!」パクッ

にこ「・・・この具材ってまさか!」モグモグ

花陽「そう・・・>>17だよ」ニッコリ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:11:57.28 ID:axfBRpEh0

青酸カレー



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:18:46.03 ID:gW39B5S00

花陽「そう・・・青酸カレーだよ」ニッコリ

にこ「え・・・」ゴックン

凛「ちょっ・・・かよちん」

絵里「何をいってるのあなた!?」

にこ「たしかに変な味のカレーだなって思ったけど・・・・・・う゛っ!!」ゲホォ!

ことり「ひっ・・・血っ!?」

にこ「あ・・・やだ・・・にこ・・・まだ死にたく」ゲホォ!

真姫「あ・・・いや・・・」ガタガタ

にこ「げほ・・・うぇ・・・」バタン

希「ひっ!?」

にこ「」

海未「なんてことを・・・」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:27:09.76 ID:gW39B5S00

凛「かよちん・・・どうしちゃったの」ガタガタ

絵里「あなた・・・自分が何をしたかわかってんの!」

花陽「・・・次、誰が食べるんですか?」

ことり「えっ・・・」

花陽「逃げられないように屋上の扉は閉めておきました」

花陽「選ばないなら私が選びますよ」ニコッ

希「・・・ウチがいくわ」

絵里「希!?」

希「これはロシアンルーレットやろ・・・つまり中にはアタリもあるってことや」

希「クジ運の強いウチが行ってそれを証明したる!」

海未「ですが・・・」

花陽「そっか・・・じゃあ希ちゃん選んで」

希(うちのスピリチュアルな直感によると・・・)

希「これや!」パクッ

花陽「おめでとう!大当たり!>>27だよ!」フフフ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:28:44.00 ID:LB1BnhnJ0

爆弾



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:32:55.48 ID:gW39B5S00

花陽「おめでとう!大当たり!爆弾だよ!」フフフ

希「ひっ・・・」 ピカッ

ドゴーン


みんな「きゃああああぁ!」


モクモク


希「」


絵里「のぞ、み・・・あ・・・いやだ・・・」

海未「上半身が跡形もなく吹き飛んでいます・・・むごい」

ことり「うわーん!もうここから帰りたいよぉ!」ウェーン

花陽「おにぎり美味しかったみたいだね・・・希ちゃんもきっと喜んでくれてたよ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:38:22.48 ID:gW39B5S00

花陽「次・・・誰?」

穂乃果「・・・誰って言われても」

ことり「もうやだよぉ!」

花陽「仕方ないなぁ・・・それじゃ仕方ないねこうするね」

プシュ

穂乃果「あっ・・・」ガクッ

真姫「・・・体が」

海未「動かないっ・・・!」

絵里「あなた・・・なにをっ・・・!」

花陽「麻酔銃だよ・・・体を動けなくする程度のね」

凛「なん・・・で・・・」

花陽「生き残ることができたら教えてあげるね」ニコッ



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:44:18.57 ID:gW39B5S00

花陽「じゃあ次は絵里ちゃん!」

絵里「ひっ・・・!」

花陽「三年生のトリを飾るのは絵里ちゃんじゃなくちゃね」

花陽「よーく選んでね」ニッコリ

絵里(体が動かないし・・・たぶん無理やりにでも食べさせられる!)

絵里(なら、せめて被害が最小限でとどまりそうなものを・・・)

絵里「・・・これでいいわ」

花陽「あれっ?その小さなおにぎりでいいんだ?」

絵里「ええ」

絵里「・・・・・・」パクッ

絵里(食べてしまった・・・)

花陽「ちゃんと食べたし・・・ネタばらしといこうか」

花陽「そのおにきりの中身は、なんと>>42だったのです!」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:45:19.45 ID:OKNdel6R0

明太子



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:48:33.13 ID:gW39B5S00

花陽「そのおにきりの中身は、なんと明太子だったのです!」

絵里「辛っ・・・」

絵里「・・・でも、生き残った」ウルウル

絵里「私・・・生き残ったわ!」ポロポロ

花陽「よかったね絵里ちゃん」ニコッ

花陽「ねえ絵里ちゃん・・・おにぎりおいしかった?」

絵里「おいしいわ・・・こんなに美味しいおにぎりは初めて」ポロポロ

花陽「そう・・・よかった」ニコッ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:53:03.05 ID:gW39B5S00

海未「ちゃんとアタリもあるのですね・・・」

穂乃果「全部毒入りかと思って心配しちゃったよ」ホッ

ことり「でも、このロシアンルーレットが危険なものには変わらないはずだよ!」

花陽「・・・じゃあ次はそこでチュンチュン泣き喚いていることりちゃんね!」

ことり「えっ!?」

花陽「早く選んで」

ことり「え・・・ええと・・・どうしよう」

花陽「もう優柔不断だなぁ!・・・これ食べさせてあげる!」

ことり「ん!?」パクッ

ことり「んー!んー!」モグモグ

花陽「このおにぎりの中身はね>>54なんだよ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:54:35.55 ID:LB1BnhnJ0

たまごっち



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:00:02.47 ID:gW39B5S00

花陽「このおにぎりの中身はね・・・たまごっちなんだよ」

ことり「こんなもの食べられ・・・」

花陽「大丈夫・・・喉の奥に押し込んであげる・・・ね!」

ことり「ん゛っ!?」ゴクッ

ことり(たまごっちが・・・喉に詰まって!)

ことり「・・・っ・・・ぁ・・・・・・」

ことり(やだ・・・死んじゃう!やだよぉ!死にたくない!)

ことり「・・・・・・ぇ・・・・・・っ」

ことり(苦しい苦しい苦しい苦しい助けて助けて助けて助けて)

ことり(助け・・・)

ことり「・・・・・・」ガクッ

ことり「」

海未「ことり・・・?・・・・・・ことりぃ!」

穂乃果「そんな・・・嘘だよね」

花陽「残念ながら全部ホントだよ」ニコニコ



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:06:19.00 ID:gW39B5S00

花陽「次は海未ちゃんね」

海未「あなた・・・こんなことして良心が痛まないのですかっ!!」

花陽「痛みません。  ・・・・・・ほかに質問は?」

海未「・・・・・・あなたは最低です」

花陽「そうですか・・・じゃあ海未ちゃんさっさと食べてください」

海未「・・・・・・」

海未(そういえば・・・さっき絵里はできるだけ小さいおにぎりを食べてましたね)

海未(ならば私も、形の整ったおにぎりより・・・形の崩れたおにぎりを選びます)

海未「・・・・・・」ヒョイ

花陽「あれ?それ選んじゃうんだ」フフフ

海未「・・・あなたの挑発には乗りません」パクッ

海未「・・・・・・」モグモグ

海未「・・・・・・このおにぎりの中身は?」

花陽「・・・そのおにぎりの中身はね、>>69なんだよ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:07:37.19 ID:k4H+mFim0

ピクミン



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:15:06.59 ID:gW39B5S00

花陽「・・・そのおにぎりの中身はね、ピクミンなんだよ」

海未「・・・うっ・・・気分が悪い」

花陽「そりゃ全種類のピクミン入れたからね、親切でしょ?」

花陽「当然・・・毒入りの白ピクミンもいれてあるんだよ?」

海未「あ・・・そんな・・・」ウゥ

花陽「海未ちゃん脱落・・・と」

海未「あ・・・穂乃果・・・ほのかぁ・・・ほぉ」

海未「」ガクッ

穂乃果「なんで・・・こんなことに」ガタガタ

真姫「助けてよぉ!だれかぁ!」

花陽「・・・ふふふ」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:19:11.94 ID:gW39B5S00

花陽「・・・次は穂乃果ちゃん」

花陽「って思ったけど、真姫ちゃんと同時に食べて!」

真姫「えっ!」

穂乃果「二人同時!?」

花陽「そうだよ?・・・はい、これ食べて」

真姫「・・・ひっ」パクッ

穂乃果「・・・いやっ」パクッ

モグモグ

花陽「さーて答え合わせだ!穂乃果ちゃんは>>81、真姫ちゃんは>>82だよ!」フフフ



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:20:35.08 ID:5w3g22ss0

ご飯



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:20:36.67 ID:PSUmiowS0

美味しいお肉



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:25:30.39 ID:gW39B5S00

花陽「さーて答え合わせだ!穂乃果ちゃんはご飯、真姫ちゃんはおいしいお肉だよ!」フフフ

穂乃果「あれ・・・具材が・・・ない」

穂乃果「でもなんだろう・・・懐かしいコメの味がする」ポロポロ

花陽「穂乃果ちゃんよかったね」フフフ

真姫「うまい・・・うまいわこのお肉!もしかして私もアタリかしら!」

花陽「そりゃ>>95の肉だからね」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:26:25.88 ID:k4H+mFim0

どうくつマムル



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:30:11.12 ID:gW39B5S00

花陽「そりゃどうくつマムルの肉だからね」

真姫「なんてもの食わせてんのよ!」

真姫「あれ・・・でも」ウルッ

真姫「涙が止まらない・・・」ポロポロ

花陽「そりゃそうだよ・・・真姫ちゃんは選ばれたんだからね」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:33:15.04 ID:gW39B5S00

花陽「さぁ次は凛ちゃんだよ!」

凛「・・・」

花陽「ほら、どうしたの?早く食べなよ」

凛「・・・お前、かよちんじゃないな!」

花陽「どうしてそう思う?」

凛「かよちんは人を殺めたりするような子じゃないにゃ!正体を表せ!」

花陽「・・・・・・ふっふっふ」

花陽「あははははははははは!!!」

花陽「そう!私の正体は花陽ではない!もっと詳しく言えば・・・この子の体に憑依してる言ったほうがいいかな?」

凛「・・・にゃんだと?」

花陽「私は豊穣神・セレス!偉大なる米の支配者なり!」

凛「神様・・・だと」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:41:21.81 ID:gW39B5S00

花陽(セレス)「私は常日頃お前ら日本人がお米よりパンを食していることに嘆いていた」

花陽(セレス)「日本人は本来、お米を食す人種であり、お米を崇めなければいけなかったのだ」

花陽(セレス)「しかしお前らはいつしかお米への敬意を忘れてしまい、パンを喰らうようになった」

花陽(セレス)「私はそれが許せないのだ・・・そして誓ったのだ!パンを喰らう者に死の鉄槌を与えると!」

花陽(セレス)「ここで死に至ったものは全てお米に対する愛情がなかった人間だ」

花陽(セレス)「だかこの三人は違った、個人差はあれどお米に対する愛を感じ取った」

花陽(セレス)「そして生き延びた三人には極上の味と幸せを与えたのだ」

凛「・・・なんかよくわかんないけど、要はお米食べてない奴ぶっ殺したかっただけかにゃ?」

花陽(セレス)「その通りだ」

花陽(セレス)「さて凛・・・お前のお米への愛、試させてもらうぞ」

凛「わかったにゃ・・・ここまできたらやってやるにゃ!」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:46:57.93 ID:gW39B5S00

花陽(セレス)「あと残っているおにぎりはこの2つだ・・・と言いたいところだが」

花陽(セレス)「実は・・・お米に対する愛情があればどれ食べても助かるようになっていたのだ」

花陽(セレス)「凛よ・・・お米を敬いなさい、お米を感じなさい、そうすればお前の命は助かるだろう」

凛「お米を愛する心・・・」

凛(うっ・・・凛は元々ラーメン派だったからこれはきついにゃ・・・)

花陽(セレス)「さぁ・・・早く食べるのだ」

凛「・・・・・・えいっ!」パクッ

凛「・・・・・・」モグモグ

凛「・・・あっ、これは>>117だにゃ」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:48:17.69 ID:T234wF6QO

ふるさとの味



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:54:04.96 ID:gW39B5S00

凛「・・・あっ、これはふるさとの味がするにゃ」ウルッ

花陽(セレス)「おめでとう・・・凛よ!よくぞ試練に耐えた!」

凛「うまい・・・うまいにゃ・・・最高だにゃ」ポロポロ

花陽(セレス)「・・・私の役目も終わったな、それでは私も帰るとしよう」

凛「待って!殺されたみんなはどうなるの!?」

花陽(セレス)「・・・私も鬼ではない。希が持っていた水晶を見てみよ」

凛「・・・なにか映ってる」

花陽(セレス)「彼女たちの死後を映し出してる」

凛「ここって?」

花陽(セレス)「地獄だ」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:00:03.30 ID:gW39B5S00

――地獄

鬼「さっさと働け!」

にこ「ねぇ・・・なんでにこ達、地獄まで来て田植えなんかさせられてるのよ・・・」

希「知らへんよ・・・お米食べて死んだからやないの?」

海未「・・・この稲を収穫するまでずっと労働だそうです」

ことり「もう嫌だよぉ!足が疲れて動けないよぉ!」



花陽(セレス)「稲を収穫するまではここで農業に従事してもらう」

花陽(セレス)「そしてそのお米を食べて、お米のありがたみを知ってもらう」

花陽(セレス)「それがわかるまで生き返らせねーから絶対」

凛「悪魔だにゃ・・・」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:09:44.05 ID:gW39B5S00

花陽(セレス)「では、さらばだ・・・お前の仲間たちはそのうち帰ってくる」

凛「いつの話になるのかにゃ・・・ラブライブ参加できるのかにゃ・・・」

花陽(セレス)「ラブライブなど知らん・・・お米でも作ってろ」シュッ

花陽「うっ・・・」バタン

凛「か、かよちん!」

凛「・・・・・・」

凛「今は寝かしとこう・・・」


凛「みんな・・・全て終わったにゃ」

絵里「ハラショー!ご飯もう一杯!」

穂乃果「お米うまい!おかわり!」

真姫「ごはん!ごはん!」

凛「みんなコメキチになってるにゃ!」ガーン

――その後死んだみんなが生き返ったが、彼女らもみんなコメキチになっていた。
あの神様、一体何がしたかったんだろう・・・とりあえず凛はイライラしたのでラーメンを食べることにした。


THE END



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:10:26.40 ID:gW39B5S00

安価でほのぼのssなど無理だったのだ
次は安価なしでいく



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:10:28.42 ID:jeFtJpLL0




元スレ
花陽「みんな、おにぎり作ったよ!」