1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 17:39:09.636 ID:tazYcxwHE.net

アスカ「カヲルぅ、ねぇカヲルってばぁ♡」

レイ「フィフス、こっちを向いて……♡」

カヲル「はあ……」

シンジ「……」

シンジ(カヲル君が本部に来てから、なんだか居場所が無いや)

カヲル(ああ。こんな連中ではなくシンジ君と触れ合いたい……!)



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 17:40:47.184 ID:tazYcxwHE.net

ミサト「あら、渚くんこんにちはぁ」

カヲル「どうも」

ミサト「ふふ、相変わらず美人ね~。キスしちゃおっかしら♡」

カヲル「……遠慮しておきます」

ミサト「もう。シンジ君は前に大人のキスだってさせてくれたのに」

カヲル「!?」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 17:45:45.032 ID:tazYcxwHE.net

カヲル「それは本当ですか?」

ミサト「えっ、ホントよ。いやー、なんかそういう空気っていうか、流れでつい」

カヲル「……」ジィ

カヲル(この唇が、シンジ君の愛らしい唇と)

ミサト「ど、どうしたのよじっと見つめちゃって ///」

カヲル「葛城さん。失礼します」

ミサト「え、渚くん……?」

ちゅぅ

ミサト「!!!?」

アスカ「あっ」

レイ「そんなっ」



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 17:52:01.645 ID:tazYcxwHE.net

ミサト「ン、ン……!♡」

カヲル(シンジ君に直接キスを求めても、引かれてしまう。ならせめて、彼が触れたものだけでも……)

カヲル(ああ! この唇、舌がシンジ君のそれと―――!!)

カヲル「ちゅぅぅちゅぱっ、れろれろれろっ、ンちゅぱっじゅるるるっ」

ミサト「♡♡♡!!!」ビクンビクン

アスカ「嫌……カヲル……」

レイ「ズルイ……」

カヲル「……ふぅ」

ミサト「は、へ……♡ ひへ♡」ピクピク

カヲル「ごちそうさまでした。よし、帰ろう」

アスカ「まっ待ってカヲル!!」



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 17:56:08.319 ID:tazYcxwHE.net

カヲル「なんだい?」

アスカ「キスなら! シンジとキスなら、私だってしたことあるわ!」

カヲル「!?」

アスカ「あ、あの、ヤケになって、気の迷いで……けど嘘じゃないわよ」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 17:59:34.657 ID:tazYcxwHE.net

アスカ「唇で触れ合っただけの軽いやつだけど、したの」

カヲル「……」

アスカ「だから、ねぇ、カヲル」

ちゅっ

アスカ「!」

カヲル「……ごちそうさま」

アスカ「ふぁ……♡」ヘナヘナ

レイ「…………私は……」

カヲル「君もなにか?」

レイ「い、碇君に、胸を揉まれたことなら」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 18:07:49.882 ID:tazYcxwHE.net

レイ「碇君が勝手に部屋にあがってきて。シャワーから出てきたところで鉢合わせて、事故で……」

カヲル「胸を?」

レイ「え、ええ」

カヲル「間接胸モミか……あまり意味が無い気もするけど」

レイ「お願い……!」

カヲル「まあいいか。せっかくだから触らせてもらうよ」

もみっ

レイ「ンっ♡」

カヲル「これが、シンジ君の芸術的な手が揉んだ胸……」

もみもみもみもみ

レイ「ひ♡ はぁっン♡ あっあぁっあ♡」

もみもみもみっ

レイ「ん~~~~~ッッッ♡♡」ビクビクッ

カヲル「ありがとう。堪能したよ」

レイ「ぁ……はぁぁ♡」ヘナヘナ



10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 18:09:59.692 ID:tazYcxwHE.net

カヲル「それじゃ、僕はこれで」スタスタ

ミサト「……ぁぁ……」

アスカ「かをる、ぅ……♡」

レイ「……モット♡」

ミサト(もっと。彼にしてもらうには……)

アスカ(あいつ。あいつとすれば)

レイ(そうすれば、きっとまた、フィフスが……)



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 18:13:04.803 ID:tazYcxwHE.net

シンジ(家でもこのところ、邪魔者にされてる気がするんだよな……)

シンジ「……」トボトボ

シンジ「……ただいまぁ」

ミサト「シンジ君! 待ってたわよ!」

アスカ「シンジぃ、おそーい!」

レイ「碇君……はやくこっちに来て」

シンジ「な、なに……どうしたの?」

ミサト「いいからほら、ここ座って」

シンジ「はっはい」



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 18:22:54.690 ID:tazYcxwHE.net

アスカ「いっち番乗り~っ!」ストン

シンジ「わっ!?」

アスカ「ふふ、シンジに抱っこされちゃった」

シンジ「ア……アスカ???」

アスカ「シンジ。最近、あんたのこと邪険にしてたみたいで、悪かったわね。反省してる」

レイ「ごめんなさい。碇君」

ミサト「保護者失格だったわ、私」

シンジ「え……どっどうしたの3人とも」

アスカ「怒ってる?」

シンジ「う、ううん。怒ってはないよ、元から」

アスカ「良かった! じゃ、これは仲直りの印ね!」ギュッ

ちゅぅっ

シンジ「!!?」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 18:28:03.686 ID:tazYcxwHE.net

アスカ「んちゅ……ぬチュッちゅぱっ……レロ、ぬちゅるっ、ン、ン、ちゅぅぅぅ……ぷはぁ……」

シンジ「あ、あ、あひゅか……♡」

アスカ「なぁに、バカシンジ。ふふっ」

レイ「……」ジィ

シンジ「は!? ダ、ダメだよ、ミサトさん達だっているのにっ」

アスカ「二人きりならいいの?」

シンジ「いや、その…… ///」

レイ「碇君」ギュッ

シンジ「綾波……」

レイ「弐号機パイロットとだけじゃ、嫌。私とも……キス……」

シンジ「!?」

ちゅぅぅ…



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 22:30:16.020 ID:tazYcxwHE.net

レイ「んぅン……むっン、ちゅっハァ……にゅチュ、ちゅるっン、はちゅぅ」

シンジ「……ッ! ぅン、んっんぁふっ……はぁぁ」

アスカ「次はまた私と……しよ? シンジぃ」

レイ「まだだめ。もっと、たくさんキスして」

シンジ「どっ、どうしちゃったの、二人とも」

アスカ「私の舌、シンジのでぜ~んぶいっぱい舐めて欲しいの……」

シンジ「……っ ///」

ミサト「あーあ、お口は取られちゃったか。しょうがないからシンジくぅん、手、貸してちょうだいね」



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 22:37:09.742 ID:tazYcxwHE.net

もにゅぅ

シンジ「ミ、ミサトさ……!?」

ミサト「おっきくて、柔らかいでしょ……?」

むにゅんっ

シンジ「わ……!」

ミサト「恥ずかしがらなくていいから、好きに触って。気になってたでしょ?私のおっぱい」

レイ「……こっちの手は、私に……」

むにっ

シンジ「あぅ、綾波まで……」

レイ「碇君の手で、触って。私の胸も、脚も、身体中全部、触って」



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 22:45:47.578 ID:tazYcxwHE.net

むにゅんむにゅん
むにっむにっ

シンジ「うぁ、あぁ……」

レイ「ん……ぅ、ぁっ」

むにむにむに

シンジ「ハァハァハァ」

アスカ「コーフンしてるの? バカシンジ」

シンジ「だ……っ、だって、こんなのっ」

アスカ「んしょ」ギュッ

シンジ「!」

アスカ「ねーシンジ。シンジの匂い、私にもちょうだい」

シンジ「え……?」

アスカ「私の身体に、ね? シンジの匂いを……移させて欲しいのぉ」スリスリ

シンジ「な、ぁ……アスカ……!?」

アスカ「ん、ン、ンん……っ、んふ、ふふ」スリスリスリ

シンジ「あああ、あ~~~~~♡」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 22:52:29.635 ID:tazYcxwHE.net

カヲル「―――シンジ君と?」

レイ「ええ」

アスカ「たっぷりスキンシップしてきたの。言っとくけどただ利用したんじゃないわよ。あいつだって、だらしない顔晒して大喜びだったんだから」

ミサト「私も保証するわ。シンジ君、間違いなく幸せだったはずよ」

カヲル「そうですか」

アスカ「それで、ね? カヲルぅ」



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 23:02:51.853 ID:tazYcxwHE.net

アスカ「その時、キ」

レイ「碇君と何度も、キスしてきたわ」

アスカ「あっ。こらファースト!」

レイ「舌を絡めて、抱き合って深いキスを、何回もし……ぁ、ン♡」

カヲル「じゅるるルルル、れろれろれろちゅぱぱっンちゅ~~~ぅ」

レイ「……♡♡♡!!!」

カヲル「……ふぅ。どこかにシンジ君の分子が残ってるかな……」

レイ「ふへ……ぇ♡」

アスカ「私も! 私もシンジに、口の中隅々まですっごい舐められて、きゃっ」

ちゅぱっ

アスカ「ぁン♡」



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 23:15:14.871 ID:tazYcxwHE.net

アスカ「はンんん……♡ ハァ、ん~~~~ッッッ♡♡」ビクビクッ

ミサト「渚くん、キスだけじゃないのよ! 私のカラダ、シンジ君にあちこち弄られて」

にゅむぅっ

ミサト「はっぁうン♡!」

レイ「ハァ、ハァ……わ、私の、胸も、他のトコロも、いっぱい。碇君に……ぁぁっ♡」

アスカ「シンジの匂いがきっと残ってるわ♡ だからぁカヲル、ねぇぎゅってしてぇ♡ おねがぁい♡」



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/01(金) 23:19:06.159 ID:tazYcxwHE.net

~~~

カヲル「そろそろシンジ君の残滓も残ってなさそうだね。じゃ、さよなら」スタスタ

ミサト「ヒヘ……♡」ピクピク

レイ「フィフ……スゥ……♡」ピクピク

アスカ「……ぁ、ハ……♡ しゅき……ぃぃ♡」ピクピク

ミサト(もう、これぇ……やめらんな、い)



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/02(土) 00:24:46.742 ID:81E+mXZ/E.net

シンジ「……」

アスカ「カヲル、ああ、素敵ぃ、最高……♡」

レイ「心も、身体も、とてもぽかぽかするの♡ フィフス……♡」

カヲル「……」ニコニコ

シンジ(―――相変わらず、カヲル君もいる時の僕は、そこにいないのと一緒だ)

シンジ(カヲル君も以前に比べたら、アスカたちを邪険にしてないような気がする)

シンジ(でも……)



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/02(土) 00:34:08.022 ID:81E+mXZ/E.net

シンジ「うあっ! くぅ、あっああああ!!」

どぷっ、びゅくく

アスカ「あ……ン、ふふ。まぁた中でイっちゃったの? シンジったら」

シンジ「ハァ、ハァ、ハァ……ごめ……」

アスカ「大丈夫よ、そんな顔しなくても。ちゃんとリツコ特製の薬飲んでるんだから」

ヒカリ「碇君、今度はこっち……ねっ、ここ、挿れて……!」

シンジ「ほ、洞木さん……」

ヒカリ「お願い、碇君」

シンジ「……うん」

ぬちゅ

シンジ「う……っ、はぁ、ぅ」

レイ「……」スッ

ちゅっ

シンジ「はむぅ、ン、チュ……んんんっ」

レイ「チュ、チュぱっんちゅぅ、はぁ、むっチュジュルルっ」



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/02(土) 00:43:32.080 ID:81E+mXZ/E.net

シンジ「はぁううっ、あぁぁっっ!」ビククッ

マヤ「ふふ。さっき出したばっかりなのに、もう出ちゃった?」

ミサト「キモチいーい? シンジ君」

シンジ「ハァ、はひ……♡」


シンジ(―――みんな、僕だけの時には、怖いくらい優しくしてくれる)


アスカ「もっともっと、たくさん注いで。シンジ」

シンジ「うん……」


こんなの変だ。なにかに騙されてるんだ。
でも、この悦びを失うのが怖くて、確かめられないまま―――。

シンジ「ふぁ♡ あはっああぁぁぁぁぁぁぁーーーーー♡♡!!」


シンジ(僕、これで幸せ……なのかなぁ……)



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/02(土) 00:43:59.371 ID:81E+mXZ/E.net

おしまい


元スレ
カヲル「シンジ君と間接キスがしたいなぁ」