1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 17:33:02.73 ID:oTfGwU2l0

小鳥「ただいマンモス」

P「チッ」

小鳥「中学生ですか」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 17:39:48.09 ID:oTfGwU2l0

P「ウルトラマンコスモス!」

貴音「うるとらまんこすもす」

P「ウルトラマンコ・スモス」

貴音「うるとらまんこ・すもす?」

P「ウルトラマンコ」

貴音「うるとらまんこ?」

P「はぁぁぁぁあん」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 17:45:20.13 ID:oTfGwU2l0

P「ねえちゃんと風呂入ってる?」

長介「はい」

P「やよいとお風呂入ってるんだー!」

長介「?そうですが何か?」

P「」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 17:51:22.52 ID:oTfGwU2l0

P「いっぱいの『い』をおに変えたら?」

亜美「おっぱい!」

P「これはこれでつまらん」

亜美「何ですと」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 17:57:41.54 ID:oTfGwU2l0

P「Hになればなるほど硬くなる棒ってナニ?」

冬馬「なっ…!言えるわけねーだろ!」

P「えー、何でだよ。知ってるだろ?」

冬馬「ば、バーカッ!この変態プロデューサーが!」

P「答えは鉛筆でした」

冬馬「は?」

P「ん?何想像してたん?ほれほれ言ってみ」

冬馬「……」

P「うわっ、言えないようなモノ考えてたのか!みなさーん!天ケ瀬冬馬は童貞むっつりスケベでーす!」

冬馬「……」プルプル



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:06:55.93 ID:oTfGwU2l0

冬馬「Hになればなるほど硬くなる棒って何だ?」

翔太・北斗「「陰茎又は男性器」」

冬馬「…せ、正解はえんぴ」

翔太「冬馬君、Hしたことないもんねー」

北斗「分からなくても仕方ないな」

冬馬「……くそったれえええええ!!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:13:43.44 ID:oTfGwU2l0

P「立てば立つほどビンビンになるアレってナニ?」

春香「えっ、ええぇっ!?」

P「どうした春香、この程度の問題分からないのか?」

春香「あー、うぅ…それはですね…えぇー…」

P「ほれほれ。はよせい」

春香「ち…ち…ち…ちん…ぅぅ…ち…ちん……ちん」

P「正解はアンテナでしたー!!」

春香「…ぇ」

P「ちんちん!!ちんちん!!って!?ねー!?ちんちん!!ってなに!?僕分かんない!」

春香「…ぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああ」ダダッ



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:21:38.97 ID:oTfGwU2l0

P「しゃぶってアレをすると大きくなって時間がたつとしぼんでしまうアレって何ですか?」

あずさ「そうですねぇ…最近しゃぶってないですね。最後にしたのはいつかしら…」

P「ぇ…」

あずさ「プロデューサーさん…今、持ってないですか…?」

P「お、俺は…」

あずさ「無いわけないですよね?私知ってるんですよ」ジー

P「は…ははっ…」

あずさ「さあ、見せて下さい…プロデューサーさん」ズイッ

P「あ、あずささん……」ゴクリ

あずさ「私…もう我慢出来ません」ボソッ

P「ちょ、ちょっと…落ち着いて…」

あずさ「焦らさないで下さい…」


あずさ「そこのコンビニで貰った風船を」

P「はいどうぞ」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:33:25.12 ID:oTfGwU2l0

P「やると寒くても汗ばんでしまう、相手に白いのを飛ばす行為はナニ?」

美希「寒くても汗ばむんだ…」

P「ヒントは…後ろからすると気持ち良い」

美希「気持ち良いコトなんだ。……ねぇ…ミキ、それハニーとしちゃったよね?」

P「ああ…あの日な」

美希「ミキ…またしたいな。ハニーと…汗だくになって」

P「美希が望むなら…俺はいつでもしてあげるから」

美希「ホント?じゃあ…丁度今なら出来るね。2人っきりで…」

P「それじゃするか…」


P「雪につららを挿して投げないで下さい。死んでしまいます」

美希「雪合戦は戦争なの。勝つためなら手段を選ばないの」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:43:30.68 ID:oTfGwU2l0

P「サックス、シックス、スックス…次はナニ?」

雪歩「あ…えっ…その…」

P「中学生は皆知ってるぞ。小学生でも知ってるやついるんじゃないかな」

雪歩「は…はぅぅ…」プシュー

P「雪歩なら当然知ってるよな?子どもじゃないんだから」

雪歩「し、知りません!!知りませんからぁ…」

P「なら…俺が教えてあげるよ。今ここで」

雪歩「はひいぃぃ!?そ、そんな…急に…心の準備が……」

P「大丈夫…すぐに教えてあげられる。こっち来て」

雪歩「…ぁ…ぅ……はぃ…その……初めてなので……」オズオズ

P「ははっ、怖がらなくて良いぞ…」


P「答えはネクストだ」ボソッ

雪歩「……こ、こんなえっちでへんたいな私は穴掘って埋まってますぅぅ!!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 18:58:21.96 ID:oTfGwU2l0

P「フルーツポンチをさかさまにすると?」

千早「…フルーツポンチ?……せ、セクハラですか!?やめてください!」

P「セクハラとは人聞きの悪い」

千早「セクハラじゃなかったら何なんですか!!もう、信じられません!」

P「1人で何騒いでるんだ?簡単な質問じゃないか」

千早「簡単だとかそういう問題じゃないです!誰でも気分を害します!」

P「へー、何で気分を害するの?」

千早「そ、それは……」

P「言えないの?なら俺分かんないや」

千早「くっ……ヘンタイ…」


P「フルーツポンチをさかさまにしたらこぼれるって質問なのに…」

千早「……ぇ」

P「んん~、如月君…セクハラ?気分を害する?理由を教えてくれないか?おやおや顔が真っ赤だが大丈夫かね?」

千早「……」プルプル



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:08:49.15 ID:oTfGwU2l0

P「いれる前は硬くて出した後は柔らかくなるアレってナーニ?」

真「…そうですね。それはプロデューサーが持ってるものですよね」

P「そうだな」

真「…実は…ボクも持ってるんですよ…」

P「な…何…だと…?」

真「それに多分ボクの方がプロデューサーのより……大きくなりますよ」

P「ほほぅ…言ってくれるじゃないか。なら比べてみるか?」

真「ふふっ…望むところですよ。ボク自信あります」


P「うわっ…すごく…大きいな……俺の負けだ」

真「でしょ?ボクこれだけは誰にも負けませんよ!」


P「まさかガム風船をここまで大きくすることが出来るなんてな」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:25:53.62 ID:oTfGwU2l0

響「皆プロデューサーの犠牲になって…よーしっ!」


響「プロデューサー、ちんこすうって欲しい…?」

P「ちんこ吸ってほしい?…そりゃ吸ってほしいが」

響「じゃ…じゃあちんこ……すう…あげる…」

P「…ま、マジか…!」

響「なーんちゃって!!ほらー!これ、沖縄のお菓子ちんこすう!!」

P「……」

響「ホントに変態プロデューサーだな!普段からそんなことばっか考えてるから」

P「おい、これちんこすこうだぞ」

響「え」

P「ちんこ吸う?ちんこ吸う?ねえちんこ吸うって?ちんこ吸うって?響ちゃん?」

響「……」

P「ねえ響ちゃん、普段からちんこ吸うとか考えてるの?ねえ?ねえ?四六時中年中無休で頭の中はちんこ吸うことで一杯なの?」

響「…うわあああああああああああああああん!!」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:45:46.00 ID:oTfGwU2l0

P「『ち○こ』…○に入る言葉は何ですか?」

やよい「う~ん…チョコですか?」

P「せいかーい!やよいは賢いなあ!」

やよい「えへへ、そんなことないです」

P「やよい、はいたーっち!」

やよい「いぇい!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 19:57:19.09 ID:oTfGwU2l0

P「2人の大人が裸で密着する行為で、出したら終わりなのはなーんだ?あ、服着たままする奴もいるぞ」

真美「……さ、さぁね→、真美わかんなーい」

P「そうだな……真美はやったことないかもな」

真美「そ、そうなんだ…」

P「俺も真美とやってみたいんだが…」

真美「!!」

P「生憎…俺と真美じゃ体のサイズに差がありすぎるからなぁ…」

真美「そ、そんなの大丈夫だよ!真美…がんばれるから!」

P「本当か…?」

真美「う…うん。兄ちゃんとなら…きっと…ううん、絶対!!……だから…しよ?」


P「SUMOするのも久々だな。はっけよーい、のこった」

真美「……兄ちゃんのバカアアアアアアアア」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:14:12.72 ID:oTfGwU2l0

P「男の股のあたりについてて『ち』で始まるのってナニ?」

伊織「そりゃあち……って何言わせんのよ!この変態!ド変態!!変態大人!!!最低!!」」

P「何の事を言ってるのかさっぱりですな。はよ言いなはれ」

伊織「あ、あんたってやつは……そ、そんなにこの伊織ちゃんに言って欲しいの?」

P「ああ…伊織の口から聞きたい」

伊織「……イヤ」

P「そうか…残念だ…」

伊織「…あんたそういう趣味なの…?女の子にそういう変態的なコト言わせたい人種なの…?」


P「趣味?変態的?チャックって言ってほしいだけなんだけど…もしかして俺と伊織が考えてる言葉は違ったのかなぁ?」

伊織「は……?」

P「ううん、出来れば教えてほしいなあ!!いおりんが思ってた単語を!!一言一句!!正確に!!はきはきと!!」

伊織「……」

P「あんれ~?どうしたのいおりーん!?早く教えて~!!教えてよぉ!!ねぇってば~!!」

伊織「うっさいわねぇ!!!ちんこよ!!!!これで良い!?これで満足!?」グスッ

P「oh…」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:36:04.80 ID:oTfGwU2l0

P「夜中にひとりでこっそり見る、他人にはとても見せられないアレって?」

律子「はい?私そんなくだらない質問に付き合う気はありません」

P「そんなこと言わずにさぁ。皆ちゃんと考えてくれたんだから」

律子「はぁ…はいはい。『夢』…ですよね。これで良いですか?」

P「……もう少しかまってくれよ」

律子「プロデューサーの夢は他人に見せられないようなものなんですか?」

P「そんな事は無い!俺の夢は皆をトップアイドルに!!……うーん、質問が成り立たなくなってしまった」

律子「ふふっ、出題するならもう少し練った方が良いですよ」

P「ちぇっ」



律子「まあ確かに私の夢の内の1つはプロデューサー殿に聞かれたら困りますけどね」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:49:15.91 ID:oTfGwU2l0

P「男にしかなれなくて最初に「ホ」のつく2文字のモノってなんですか?」

社長「それを…私の口から言わせる気かね…」

P「はい」

社長「それではこっちに来たまえ」

P「……」スッ

社長「……正解は」

P「……」



社長「ホモ、なのだろ?」

P「ぶっぶー!正解は保父で…」

社長「まあまあ良いではないか。さて……」

P「」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:49:46.90 ID:oTfGwU2l0

よし 全員書いた



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 20:51:29.33 ID:+zrQfRZ60




元スレ
P「あっ、おかえりんこ!!!」