1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:12:43.33 ID:fOgGIF690

穂乃果「……」

海未「…穂乃果、これは」

穂乃果「海未ちゃん、何も言わないで」

海未「ですが…」

穂乃果「うん、分かってた…わかってたんだよ」




穂乃果「カレーに…お饅頭は合わないっ!」モグモグオエッ



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:23:32.13 ID:fOgGIF690

穂乃果「どうにかしてお饅頭のマンネリ化を打破しようと思ったけど…」

穂乃果「カレーのスパイスィーなかほりとお饅頭の真心の詰まったような甘い餡子」モグモグウエッ

穂乃果「じゃがいもと小豆が奏でるデスメタル…!」モグモグウッ

穂乃果「そしてお饅頭のしっとりとした生地がカレールーに絡まって…!」モグウエッウエッウエッ

海未「やめて!それ以上実況しないでくださいっ!」

穂乃果「どうして…争わないでいい二人が…こんな…こんなっ!」ポロポロ

海未「貴方の所為でしょう!?」

穂乃果「うぅ…せめてクリームシチューとかにするべきだったよ…」

海未「ほんとにやめて あたまおかしくなる」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:40:31.33 ID:fOgGIF690

凛「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」

花陽「へっ?」

凛「望みを叶えてくれる言葉だにゃー」

凛「かよちんも言ってみてよ!」

花陽「す、スーパーかりふぇらじらしせっくすえくすかりどーしゃす?」

凛「あはは!言えてないニャー!」

花陽「うぅ…凛ちゃんの意地悪ー」

凛「一つ一つ区切ってみるといいんじゃないかな?」

花陽「スーパ、カリ、フェラ、ジラシ、セックス、エクスカリバー、ドーシャス!」

花陽「凛ちゃん!言えたよ!」パァッ

凛「言えてないにゃ」

花陽「これで望みが叶うのかな?」

凛「だから言えてないにゃ」

希「呼んだー?」

凛「呼んでないにゃ」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:49:51.57 ID:fOgGIF690

真姫「……」

にこ「……」

にこ「…真姫ちゃん、何やってるの?」

真姫「真姫?何の事?私は真姫。ただの針葉樹よ」

にこ「へぇー学園祭で真姫ちゃんのクラスって劇やるんだぁ」

真姫「木は何も語らない、それは一番言われてるわ」

にこ「……」ボキンッ

真姫「オラナイデ!」

にこ「……」ブスッ

真姫「ササナイデ!」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 14:57:20.75 ID:fOgGIF690

絵里「アイドルってさ」

希「うん」

絵里「よく排尿もしなければ排便もしないって言うじゃない?」

希「うん…うん?」

絵里「だったら私たちはスクールアイドルのままでいいわよね。アイドルになったら体壊しちゃいそうだわ」

希「あのねえりち、それは言葉のアヤって言って、本当にトイレに行かない訳やないんよ?」

絵里「あ、そうなんだ…よかった」

絵里「じゃあ一体何が出るのかなぁってずっと思ってたのよ…ボルシチとかペニエリとかかしら?」

希(アカン)



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:09:12.37 ID:fOgGIF690

ことり「ことりはとっても歌が好きー♪」

ことり「かあさんよぶのも歌でよぶー♪」

ことり「ぴぴぴぴぴっ、ちちちちちっ」

ことり「ぴちくりぴっ♪」チュン!





‐数日後‐


穂乃果「ねぇ…ことりちゃんの噂、聞いた?」

海未「はい…何でも歌うだけであの理事長をこき使ってるのだとか」

凛「凛知ってるよ?それってマインドコントロールって言うんだよね?」

ことり「ふええええん!違うの!そうじゃないのぉ!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:33:02.11 ID:fOgGIF690

穂乃果「はふぅ~おこたあったかい」

雪穂「お姉ちゃん、足伸ばさないでよ。入れないじゃん」

穂乃果「やだやだ~。今日穂乃果ここで寝るの~」

雪穂「…ねぇ、こんな話知ってる?」

雪穂「何事に対しても無気力な女子高生が、ずっとこたつに入ってたの」

雪穂「トイレ行くのも面後臭くて…2週間ずーっとこたつで寝てたんだって」

雪穂「そしたら、何だか肉の焼ける匂いがしたらしくて、ふととこたつの布団をめくってみたら」

雪穂「真っ黒に焼けた肌に…皮が剥がれに、肉の部分がみ、みえ、見え見え見え」












ママ「あら?あんた達何で毛布被って抱き合ってるのよ、気味悪いわねぇ」

ほのゆき「エコだよっ!エコっ!」ガクガクガクブルブルブル



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 15:46:15.83 ID:fOgGIF690

真姫「わーたーしーはーまーきちゃん」

真姫「うーたーっておーどる」

真姫「15秒だけどしーんーでーれーらー」

海未「…何ですかその歌」

真姫「…なんか、いきなり頭の中で浮かんだのよ。仕方ないじゃない」

海未「あ、私も浮かびました」

海未「わーたーしーはーうーみちゃん」

海未「かーしこーいかーわいい」

海未「15秒だけどおーよーめーさーんー」

海未「キャルンッ♪」

真姫「あ、絵里?うん。ばっちり録音したわ。後で渡すから校内放送よろしくね」

海未「最低です!貴方は最低ですっ!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:01:46.21 ID:fOgGIF690

穂乃果「ねぇねぇことりちゃん!この前のDVD、とっても良かった!」

ことり「でしょ?もうヒロインの女の子に感情移入しちゃってことり泣いちゃったもん!」

穂乃果「うんうんっ!あのシーンで男の子が登場するってのがもう鳥肌たっちゃった!」

ことり「そうなの!でも実はあのお話、あれで終りじゃないんだって~」

穂乃果「ホント!?」

ことり「しかも続編が昨日ビデオ屋さんでレンタル開始ってこの前CMであってた!」

穂乃果「そっか!じゃあ私借りてくるから一緒に見ようよ!何ていうタイトルなの?」

ことり「えっと、確か『夏の夜の夢物語』ってタイトルだったよ」

穂乃果「分かった!早速今日借りてくるね!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:06:57.32 ID:fOgGIF690

‐レンタルショップ‐

穂乃果「えっーと、確か夏の、夏のー」

穂乃果「あ、あった!」



『真夏の夜の淫夢』



穂乃果「…あれ?続編なのにビデオなんだ。ま、いっか」

穂乃果「早速ことりちゃんを呼んで一緒に見よーっと!」











…次の日、ことりと穂乃果は学校を休んだ。



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:21:57.78 ID:fOgGIF690

花陽「誰か助けてー!」

にこ「ちょっと待っててー」

にこ「…ねぇ、このやりとりもそろそろマンネリじゃない?」

花陽「そ、そうかな…」

にこ「もっと違う返しが欲しいわね…例えば」

にこ「ちょっとだけよ♪」

花陽「チ゛ョ゛ッ゛ト゛ダケ゛ナ゛ノ゛ォ゛!?」

にこ「ちょ、待↑て↓よ→」

花陽「チ゛ョ゛ッ゛ト゛チ゛ャ゛ラ゛イ゛ノ゛ォ゛!?」

にこ「ちょっと!ちょっとちょっと!」

花陽「チ゛ョ゛ッ゛ト゛ナ゛ン゛ナ゛ノ゛ォ゛!?」

にこ「…ねぇ、その声疲れないの?」

花陽「うん、ちょっと疲れた」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:34:41.21 ID:fOgGIF690

絵里「日本には色々なトイレの呼び方があるのね」

亜里沙「亜里沙知ってる!セッチンって言うのでしょ!」

絵里「亜里沙は物知りね。でも何でチンなのかしら…」

絵里「私達に…その、アレは生えてないのに…」モジモジ

亜里沙「あっ!亜里沙それも知ってるよ!フタナリって言うんでしょ!?」

絵里「えっ?」

亜里沙「日本の女の子は、変な魔法や薬でオチンチンが生えちゃうんだって!」

亜里沙「もし亜里沙やお姉ちゃんがずっと日本にいたら、私たちもオチンチン生えちゃうのかな?」

絵里「……」








‐次の日‐

希「ダメやってえりち!何で生徒会長辞めるとか言うん!?」グイグイ

絵里「いやぁ!離して!帰る!エリチカロシアのおうちに帰るっ!」ジタバタ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 16:36:12.84 ID:fOgGIF690

今からバイトだから終わり
このスレは好きに使ってくれ


元スレ
穂乃果「お話しようよっ!」