SS速報VIP:美希「潜む真実に非情なる忘却を」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419148222/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 16:50:22.39 ID:oJXeB6GlO


美希「久しぶりだね、春香」

春香『んーそうだね。美希もみんなも忙しくて会えないもんね』

美希「えへへっ、大人気アイドルだからトーゼンなのっ!」

春香『大人気?』

美希「むっ……そこまでじゃないとは言わせないの!」

春香『アハハっ違うよ美希』

美希「じゃぁなに?」

春香『美希のことだから超人気とか、宇宙一とか言うかと思っただけ』

美希「怪物相手に歌うのはまだ無理だから宇宙一じゃないし、超人気は春香だから」

春香『なぁにそれ、謙遜しちゃって……嫌味? 呪うよ?』

美希「春香が言うとリアリティがありすぎて怖いの」

春香『そーぉ? 一応閣下の異名を持っていたから当然かな?』

美希「そーなの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419148222




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 16:58:03.66 ID:oJXeB6GlO


春香『そういえば……最近やよいはどう? 元気?』

美希「やよいに会えてないの?」

春香『ぜーんぜん。さっき言った通り』

美希「そっか……ここはガツンと……」

春香『あははっ、ほら。みんな忙しいし』

美希「美希だって忙しくてもこーして話してるのにっ」

春香『美希は時間があれば寝てるだけでしょ』

美希「最近はそーでもないの」

春香『へぇ……なにしてるの?』

美希「クッキー作ったり、お菓子作ったり……女子力を身につけてるの」

春香『なるほどねー……私の教えたコツは掴めた?』

美希「んー……あと少し。春香の字が綺麗なら……」

春香『十分綺麗なはずだよ!?』

美希「………………」

春香『…………ほ、本当に汚かった?』

美希「じょーだんなの」

春香『もうっ! 呪うよ!』

美希「それはヤ!」

春香『えへへっ、じょーだんなの』

美希「ぐぬぬっ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:04:48.00 ID:oJXeB6GlO


春香『それで? やよいは?』

美希「元気だよ。すっごく元気赤いリボンがトレードマークなの」

春香『そっかぁ……』

美希「はるかさんのキャラは頂きです! って」

春香『な、なんだってーっ!?』

美希「真実なの」

春香『くっ……こうなったら私がやよいのキャラを貰っちゃおうかなーって!』

美希「………………」

春香『………………』

美希「………………」

春香『……なんかごめん』

美希「あんまり変わらないかなーって」

春香『うん。なんとなくそんな気はしてた』



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:15:51.86 ID:oJXeB6GlO


美希「でも、春香には春香のやよいにはやよいの良さがあるの」

美希「だからどう頑張ってもそれは真似でしかない」

美希「確かに似てるけど……でも、やっぱりやよいはやよいで春香は春香なの」

春香『急に真面目になられても反応に困っちゃうんだけど……』

美希「ミキはいっつも真面目なんだけど」

春香『ほぉう? 事務所のソファで居眠りの常習犯が何を言うかと思えば』

美希「それは疲れてるから仕方がないの!」

春香『疲れてる……ねぇ?』

美希「にやにやしないで」

春香『だってレッスンサボったのに居眠りしてたし……』

美希「陽の光には勝てなかったの」

春香『言い訳だね』

美希「言い訳なの」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:24:09.92 ID:oJXeB6GlO


春香『全くもう……美希はかわらないなぁ』

美希「だからそれは前の話で今はちゃんと」

春香『知ってる知ってる。美希がいっつも頑張ってること、私知ってるよ』

美希「……………………」

春香『…………美希?』

美希「そーいうのを笑顔で言うから、春香は嫌われるの」

春香『好かれない!?』

美希「あざとい」

春香『そんなつもりないってば』

美希「どーだか」

春香『ぐぬぬっ』

美希「あざとくなくなったら春香はただのリボンなの」

春香『……ただのおにぎりのくせにッ!』

美希「食べられるだけおにぎりの方が……」

春香『ハイハイ、この話は終わりーっ!』



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:34:19.51 ID:oJXeB6GlO


美希「そういえば、この前でk……伊織が駅前の美味しいデザートを買ってきてくれたの」

春香『この前言ってた新しくできたやつ? どうだった?』

美希「中々に中々だったの」

春香『つまり?』

美希「ホイップクリームが少し弱い感じがしたの。それでも美味しいけど、他のと合わせた時に消えちゃうというか……」

春香『んー……美希は甘甘が好きなんだね』

美希「そーいうわけじゃないの。ただ、消えるのはあれかなって思っただけ」

春香『でも、クリームがほのかな甘さ、冷たさだからこそアイスの冷たさや甘さが引き立つわけでして』

春香『必ずしも甘ければいいってわけじゃぁないんだよ』

美希「ドヤ顔してるのが見え見えなの」

春香『むふっ』

美希「イラッ」

春香『あははっ、でもクリームの食感とかって意外と口に残るでしょ?』

美希「……うん」

春香『だから……別に消えたりはしてないよ。ちゃんと残ってる』



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:40:47.85 ID:oJXeB6GlO


美希「……今度また食べてみる」

春香『伊織に買ってきて貰うの間違いじゃ……』

美希「ないの。今度自分で買ってくるの……ちゃんと2つ」

春香『えへへっ、ありがと』

美希「だれも春香の分とは言ってないの」

春香『……まぁそこまでは望まないよ』

美希「望んだって別に良いの……クッキーたくさん作ってくれたし」

春香『じゃぁ……望んじゃおっかなー』

美希「叶えるとは言ってないけど」

春香『もーっ! みーきーっ!』

美希「あははっ、じょーだんなの」

「あのー」

美希「……?」

「あの、もしかして星井――」

美希「今はプライベートかつ電話中なの」

「電話……」

美希「サインも握手もプロデューサーの許可を貰って欲しいの」

「は、はぁ……」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:46:06.91 ID:oJXeB6GlO


美希「………おとなしく帰ってくれたの」

春香『別にしてあげたって良かったのに』

美希「美希は春香とは違うの」

春香『そうだね』

美希「……………………」

春香『…………………』

美希「……あっ、そういえばこのまえプロデューサーが春香のためにプレゼント買ってたの」

春香『えっ?』

美希「サプライズするんだーって」

春香『なんで言うの!?』

美希「聞かなかったふり、聞かなかったふり」

春香『無茶ぶり!』

美希「じゃぁ……独り言を盗み聞きした春香が悪いってことで」

春香『納得できるかッ!』



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 17:54:51.91 ID:oJXeB6GlO

美希「春香は注文が多いの」

春香『いやだって――』

美希「お店だったらおデブ一直線なの」

春香『大食いじゃないよっ!』

美希「……伊織よりキレがないの」

春香『試されてるっ!?』

美希「気づいたときには試合終了なの」

春香『誰との!?』

美希「………………」

春香『………………』

美希「直接会って話してれば伊織より上かもしれないの」

春香『はいはい、会いに来たらダメだからね? 仕事サボって』

美希「……バレた」

春香『一つ穴を開けたらみんなが困るんだから絶対ダメだからね?』

美希「言われなくても分かってるの」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 18:04:30.24 ID:oJXeB6GlO


春香『……ねぇ、美希』

美希「なに?」

春香『この前小鳥さんがお見合いするんだーっていって消息を絶ったんだけど』

美希「結果が結果だけに有給取ってるだけなの」

春香『まさか産――』

美希「自分以外全員が二次会に誘」

春香『もう止めて! 私が悪かった!』

美希「小鳥は例のアレさえなければ完璧なの」

春香『あはは……切っても切れないと思うよ』

美希「縁は切れ」

春香『それ以上はアウト!』

美希「この前なんて机に置いたままにして響が読んでたの」

春香『そ、それで?』

美希「うぎゃーで顔真っ赤」

春香『あーうん。なんとなく想像できた』



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 18:13:25.84 ID:oJXeB6GlO


美希「そのあと貴音が来て、響が涙目の原因を見て」

春香『見て?』

美希「プルプルして小鳥に不潔です! って怒ってた」

春香『あちゃー……』

美希「あの小鳥は見ていられなかった」

春香『だよねぇ……』

美希「ここ最近で一番変わったのは千早さんなの」

春香『千早ちゃん?』

美希「…………………」

春香『……言うまでもないってこと?』

美希「これ言うと春香が怒りそうだから」

春香『じゃぁなんで言ったの?』

美希「どうせ、春香から聞いてくると思ったから」

春香『えへへっ、やっぱり?』



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 18:24:02.84 ID:oJXeB6GlO


美希「なんと自炊に積極的になったの」

春香『おおっ』

美希「さらにファッションに興味を持ち出したの」

春香『なんですとっ!』

美希「……という希望」

春香『えー……』

美希「とりあえずこれから千早さんに会いに行く予定なの」

春香『美希も会ってなかったの?』

美希「千早さん、海外行ってたから」

春香『なるほど……って、怒る要素ないよね?』

美希「春香に何も言わずに留学しちゃったの」

春香『あははっ、別にそんなことで怒ったりしないよ』

春香『元々、私が薦めたことだしね』

美希「それは知らなかったの」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 18:34:12.93 ID:oJXeB6GlO


春香『でもそっか……それで見なかったんだね』

美希「そうなの」

春香『じゃぁこれから千早ちゃんに会えるわけだ』

美希「羨ましい?」

春香『んーん。私も会いにいくし』

美希「一緒に行く?」

春香『一緒に行く』

美希「それじゃ――」

千早「……ちょっと良いかしら」

美希「ん……あっ」

千早「頑張ってメール打って電話もしたのだけど」

美希「……えっと」

千早「事務所に携帯置きっぱなしだったわ。貴女が後で待ち合わせ場所連絡するって言ったのに」

美希「あ、あははっ……」

千早「携帯だけはしっかり持ち歩くように言われてるでしょう?」

美希「うっかりしてたの」

千早「……全く。一回事務所に帰るわよ。美希」

美希「い、いえすマム!」

春香『……なーるほど。千早ちゃんはお姉ちゃんらしくなったんだね』



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 18:35:21.86 ID:oJXeB6GlO


終わり


元スレ
SS速報VIP:美希「潜む真実に非情なる忘却を」