1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:03:35.63 ID:T6BX/C7k0

バルバレ


花陽「ふええええん。ここどこぉ・・凛ちゃぁぁん、真姫ちゃぁぁぁん」

村人A「こんにちは、あなたが新しいハンターさんね」

花陽「ええっ、人違いですよ!花陽はスクールアイドルっていうのをやってるんです!」

村人A「でも、その持ってる武器からしてハンターじゃないの?」

花陽「え?これは・・>>5!!花陽いつのまにかハンターになっちゃったのぉ!?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:06:01.10 ID:aOMNjfBR0

しゃもじ



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:11:21.59 ID:T6BX/C7k0

花陽「これはしゃもじ!!」

村人A「やっぱりあなたがこの村を助けてくれるハンターさんだったのね!」

花陽「どうやらそうみたいです・・」

花陽「あのぅ私は何をすればいいのでしょうか?」

村長「こんにちは、ハンター殿。手始めに>>10の納品をして来てくれんかのう」

花陽「はい・・」

村長「そこの受付嬢さんでクエストを受注するんじゃ」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:12:42.65 ID:UnuEH/Cj0

おにぎり



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:19:37.99 ID:T6BX/C7k0

花陽「あのぉすいません、おにぎりの納品クエストを受注したいのですが・・・?」

受付「こんにちは可愛いハンターさん!おにぎりクエストですね、はい、受注しておきました!」

花陽「ありがとうございます」

受付「準備ができたらそちらの坂からお願いしますね」

花陽「行く前に準備しないとだね」




花陽「すいません!>>15>>17をください!」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:23:17.43 ID:4akcS45J0

どなべ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:24:13.31 ID:P0vmqFZv0





18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:27:32.31 ID:T6BX/C7k0

花陽「すいません!土鍋とお米をください!」

店員「まいどあり!」

花陽「うわああ、美味しそうなお米がこ~んなに!」ジュルリ

花陽「よし、出発するよ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:34:23.28 ID:T6BX/C7k0

遺跡平原

花陽「ここがベースキャンプだね」

花陽「あ、アイテムの中にたいまつがあるよ!」

花陽「しかも川まであるから水も確保できちゃう!さすが初心者向けクエストだね♪」



花陽「~♪」調理中




花陽「はい、花陽上手に炊けました♪」

花陽「白いご飯って素敵ですよね。よし、美味しいおにぎり握っちゃうぞー」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:39:09.75 ID:T6BX/C7k0

花陽「おにぎり整列~!1、2、3、4、5♪うふふ、今日のおにぎりは5個でした~」

花陽「あれ?でも、依頼されたおにぎりは2個みたい」

花陽「・・・・・」ジュルリ……




モグモグ モグモグ




花陽「ご馳走さまでした!やっぱりご飯は美味しよね♪」


クエストをクリアしました。



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:42:53.65 ID:T6BX/C7k0

村長「おかえり、クエストはどうだったかな?」

花陽「ご飯がとっても美味しかったです!」

村長「・・・・まぁクリアしたのならよい」

花陽「はい!」フンス

村長「早速だが、キミの狩りのサポートをしてくれるお供を紹介させてもらう>>25だ」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:44:11.57 ID:g9/hIPXz0

凛にゃん



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 22:48:49.85 ID:T6BX/C7k0

村長「凛にゃんだ!」

凛猫「かよちんのことは凛が守ってあげるにゃ!」

花陽「凛ちゃん!?なんで猫になってるのぉ!?」

凛猫「よく分からないけどかよちんをサポートするように言われたんだにゃ」

花陽「そうなんだ・・。でも、凛ちゃんとてもかわいいよ!」

凛猫「ありがとうかよちん、かよちんもとってもかわいいにゃぁ~」

花陽「えへへ///よろしくね、凛にゃん」

凛猫「よろしくにゃー!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:01:34.45 ID:T6BX/C7k0

花陽「次は何のクエストをしようかな」

凛猫「楽しみだにゃ」

花陽「あ、そういえば凛にゃんの得意技って何?」

凛猫「攻撃方法は>>34、得意技は>>37だよ!」

花陽「ふむふむ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:04:19.12 ID:rbBlIUm60

大樽g爆弾



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:06:02.40 ID:ylnT0VrbP

ロックオンハサミギロチン



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:13:54.38 ID:T6BX/C7k0

凛猫「凛はどこでも大樽G爆弾を出して攻撃するよ。そして得意技はロックオンハサミギロチンだにゃ!」

花陽「凛ちゃんは猫なのにハサミがあるの?」

凛猫「ふっふっふ、それは企業秘密にゃ」

花陽「花陽には当てないでね?」

凛猫「もちろんにゃ!さぁクエストに行くにゃ!!」

花陽「うん!受付さん、すいませーん」

受付嬢「オトモとの初クエストですね!>>43の狩猟なんて新米ハンターにオススメですよ!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:17:42.60 ID:HKLSzrc40

グラビモス



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:22:40.38 ID:T6BX/C7k0

花陽「じゃあ、そのグラビモスでお願いします!」

凛猫「わくわくだにゃ」

受付「地底火山なのでクーラードリンクを買って行ってくださいねー」ノシ

花陽「クーラードリンクだって」

凛猫「それならキャンプに置いてあるから大丈夫だよ」

花陽「そうなの?じゃあ、残りは砥石とか回復薬を・・・」



クエストに出発しました



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:27:40.24 ID:T6BX/C7k0

花陽「アイテムBOXから回収して~」

凛猫「さぁかよちん、グラビモスを倒しに行くにゃ!」

花陽「うん!」





花陽「ここからは暑そうだからクーラードリンクを飲まないと」

凛猫「かよちんはグラビモスってどんなやつか知ってるにゃ?」

花陽「ううん、分からないけど・・初心者向けだからきっと大きくてもくまさんくらいかなって」

凛猫「くまさんとかかよちんはかわいいにゃあ」

花陽「えへへ」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:31:05.05 ID:T6BX/C7k0

凛猫「んっ・・?何か聞こえる・・・」

花陽「えっ?本当凛ちゃん?」

凛猫「あっ、あっちの溶岩の方に何かいる!」

花陽「どこどこっ・・?」






グラビモス「・・・・」

花陽「」

凛猫「」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:36:13.27 ID:T6BX/C7k0

花陽「何、あの大きい岩みたいなの・・・・」ガクガク

凛猫「きっと見かけ倒しに決まってるにゃ」ガクガク

花陽「無理だよ、花陽あんな怖いのには近づけない!」

凛猫「凛も正直震えてるにゃ・・でも、倒すしかないにゃ」

花陽「えええええええええええ!」

凛猫「かよちん、静かにするにゃ!」











グラビモス「ん?」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:41:17.92 ID:T6BX/C7k0

凛猫「ヤバい、見つかったにゃ!」

花陽「そんなっ」

グラビモス「」ドスドスドス

凛猫「こうなったら受付さんを信じて突撃するにゃ!いくよ、かよちん!」

花陽「うわーん」

凛猫「くらえ!大樽G投げにゃ!」エイッ

グラビモス「」プスプスプス…

花陽「えいっ!えいっ!」 カンッ! カンッ!

グラビモス「?」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:46:42.05 ID:T6BX/C7k0

花陽「あれ?これ弾かれ・・・」

グラビモス「」ダスッ 体当たり

花陽「くっ・・」

グラビモス「」ダッダッダッ 突進

花陽「うわわわわわわ」


1回力尽きました



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:50:36.00 ID:T6BX/C7k0

キャンプ

花陽「ううっ、勝てる見込み0だよぅ」

凛猫「無理ゲーだにゃ」

花陽「リタイアしてもいいかな?」

凛猫「でも、まだ諦めるには早いにゃ!まだかよちんはあと1回倒れてもいいんだにゃ」

花陽「でも・・・」

凛猫「凛も頑張るから一緒にがんばろかよちん?」

花陽「うん・・頑張る」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:52:26.07 ID:T6BX/C7k0

花陽「いた、グラビモスだ」







グラビーム!







花陽「え?」


1回力尽きました



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:57:04.47 ID:T6BX/C7k0

キャンプ

花陽「うん、無理だね」

凛猫「ごめんね、怖い思いさせて」

花陽「ううん、凛ちゃんのせいじゃないよ」ムクリ

凛猫「バルバレに帰ろっか?」

花陽「うん・・・」

>>63「ねえ、諦めるの?」

花陽「えっ?」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 23:58:26.76 ID:sPRNR0ul0

まき



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:05:03.72 ID:T6BX/C7k0

真姫「ねぇ、諦めるの?」

花陽「えっ?」

真姫「こっちでは初めましてね、花陽」

花陽「真姫ちゃん・・・」

凛猫「真姫ちゃんだにゃ!」

真姫「>>68>>71もいるわ。3人でギルドを組んでるのよ」

花陽「ええっ!?」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:06:45.92 ID:Y5C3QzM00

絵里



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:07:10.05 ID:cW6MXPvt0

にこ



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:12:53.53 ID:7XIDgsoe0

真姫「絵里とにこちゃんもいるわ。3人でBIBIってギルドを組んでるのよ」

花陽「ええっ!?」

凛猫「キューティーパンサーワッタッシー!」

真姫「そう、こっちでCDも販売し始めたわ」

花陽「ええっ!?」

絵里「あら、花陽じゃない」

にこ「何やってんのよ」

凛猫「絵里ちゃんとにこちゃんだにゃ!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:18:03.62 ID:7XIDgsoe0

花陽「実は今・・」
カクカクシカジカデ

にこ「なっさけないわねぇ!グラビモスなんてちょちょいのちょいでしょうが!」

花陽「さすがにこちゃんだ・・」

真姫「最初はにこちゃんも必死に逃げ回っていたじゃない」

にこ「余計なことを言わない!!」

絵里「まぁまぁ。ところで花陽は何の武器を使ってるの?」

花陽「私はしゃもじを使ってるんです♪」

にこ「しゃもじ?」

絵里「あぁ、しゃもじ型の>>77じゃないかしら」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:19:24.22 ID:+c7+ptQZ0

ハンマー



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:24:50.33 ID:7XIDgsoe0

絵里「確かここのボタンを押すと・・」ポチッ

花陽「わわっ!」

絵里「ハンマーになっちゃうのよ♪」

にこ「変な武器もあるのね」

花陽「ううっ重たい・・・」

凛猫「そもそも使い方を間違ってたんだよ!」

花陽「そうみたいだね」

にこ「あんたまさか・・・」

花陽「あはは・・///」

凛猫「ねぇ、にこちゃんは何使ってるのかにゃ?」

にこ「にこは>>84よ」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:26:28.38 ID:W0bP/w5E0

フルラギアカゲヌイ



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:35:30.16 ID:7XIDgsoe0

にこ「にこはフルラギアカゲヌイよ、ちなみに太刀ね」

凛猫「何かかっこいいにゃ・・」

にこ「麻痺させちゃうこともできるから、にこのパーティ貢献率は高いんだから」フフン

真姫「・・・・そうね」

にこ「何よぉ~」

花陽「真姫ちゃんは何を使ってるの?」

真姫「私は>>93よ」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:37:14.81 ID:DAu2+Snu0

ライトボウガン



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:45:11.97 ID:7XIDgsoe0

真姫「私はライトボウガンよ」

花陽「遠くから攻撃できるんだ、いいなぁ・・」

真姫「にこちゃんがすぐ突っ込んでいくから私が後ろから適宜サポートするのよ」

絵里「そうよ、練気ゲージを維持するのは大事だけど、退がるときは退がりなさいよ」

にこ「ぶー」

絵里「ちなみに私は>>100を使っています」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:46:32.32 ID:EVsZrhBc0

はきゅん



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 00:53:50.45 ID:7XIDgsoe0

絵里「ちなみに私ははきゅんを使ってます」

花陽「はきゅん?」

にこ「アカムトルムの弓のことよ」

花陽「何かすごく強そうだね!」

にこ「2人が下がり目にいるからにこが前に出てバッサバッサとモンスターを倒すのよ!」

絵里「元々はにこが太刀振り回して味方をこかしちゃうからこの形になったんでしょーが」

にこ「えーそうだっけ?」

凛猫「にこちゃんらしいにゃ」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:00:14.47 ID:7XIDgsoe0

花陽「いろんな武器があるんだねぇ」

凛猫「どれも面白そうだにゃ!」


真姫「さて、本題に戻すわよ。花陽、今2落ち状態みたいだけどリタイアするの?」

花陽「うん、そのつもりだったんだけど、ちゃんと武器を使えてなかったことも分かったし・・・」

花陽「とりあえず負けてもいいから、もう1回挑戦してみようかなぁ」

凛猫「かよちんえらいにゃ!」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:05:34.33 ID:7XIDgsoe0

真姫「ねぇ、花陽?私たちに加勢させてもらってもいいかしら?」

花陽「真姫ちゃん・・花陽を助けてくれるの?」

にこ「仕方ないわねー」

絵里「ふふっ、いいじゃない」

真姫「いきなりグラビモス相手はキツいと思うけど、チャンスが来たら私が教えるから思いっきり頭を叩いて!」

花陽「うん、分かった」

凛猫「凛も頑張るにゃ!」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:10:50.00 ID:7XIDgsoe0

真姫「じゃあ、行くわよ!」


グラビモス(暇になったなぁ・・・・お?)

にこ「オリャァァァアア!」ザシュザシュッ!

グラビモス「いててててて」

真姫「」ダンダンダン! 速射

絵里「今度海未に教えてもらおうかしら」 シュッ

花陽「うわわわ」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:17:49.58 ID:7XIDgsoe0

真姫「花陽いってきていいわよ」

花陽「もう?!」

真姫「大丈夫、私を信じて」ダンダン!

にこ「くらえっ!くらえっ!」ザシュザシュッ!

グラビモス「おい、ちょっ」

花陽「こんにちは~」ソローリ


にこ「おりゃっ!」

グラビモス「あふんっ///」ビリッ

真姫「花陽、今よ!」



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:22:31.84 ID:7XIDgsoe0

花陽「こうでいいのかな?」ドスン ドスン HR!

花陽「えーい!」ドスン ドスン HR!

にこ「どりゃああああっ」

グラビモス「おふっ!」

花陽「わわっ」アセアセ

絵里「あ、にこが乗ったわね」

花陽「えっ、何これ、何これ!」

真姫「にこちゃんが倒してくれるから待ちましょう」

花陽「よく分からないけど攻撃止めます」



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:26:36.58 ID:7XIDgsoe0

にこ「もうすぐ倒れるわよー!」

グラビモス「あひぃん」ズターン

真姫「じゃあ、私たちはまた撃ち込みましょう」

絵里「そうね」

花陽「えいっ、えいっ、えーい!」

花陽「えいっ、えいっ、えーい!」

グラビモス「」バタン

花陽「?」

真姫「モンスターが目を回してるのよ!攻撃継続!」

花陽「は、はい!」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:32:37.59 ID:7XIDgsoe0

真姫「また麻痺にさせてあげるわ」ダンッ!

にこ「おりゃあー!」

花陽「痛っ、にこちゃん痛いよぉ」コテン

絵里「にこ・・・」アチャー

グラビモス「起きたわ!!・・・・あふん///」ビリッ

花陽「えーい!」

にこ「とりゃっ!必殺!ラブにこ斬り!」

真姫「」ダンダンッ!



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:38:08.26 ID:7XIDgsoe0

グラビモス「いてててっ、もう逃げるしかないわ!」ドスドス

凛猫「あっ、逃げちゃうよ!」

絵里「任せて」



閃光ピカッ



絵里「逃げちゃダーメ♪」

グラビモス「はいっ♪」目回し


にこ「いい仕事するじゃない!」

絵里「はいはい」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:43:26.76 ID:7XIDgsoe0

真姫「花陽これをグラビモスの足元に置いてきて」
つシビレ罠

真姫「そのあとはこれをぶつけるのよ」
つ捕獲用麻酔玉

花陽「うん、やってみる!」






グラビ足元

花陽「よしっ設置!」

グラビモス「いやん」ビリビリ

ぽんっ

ぽんっ





クエストに成功しました



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:51:14.21 ID:7XIDgsoe0

花陽「やったっ・・!グラビモスを倒したよ!!」



にこ「なんだ捕獲したのね、せっかくラブにこ斬りで止めを刺そうと思ったたのにぃ~」

絵里「まぁまぁ」

真姫「花陽、おめでとう」

花陽「ありがとう、真姫ちゃん・・。何とか捕獲までできたのも3人のおかげだよ!」

にこ「そうね、にこの麻痺と乗り成功のおかげよね!」

真姫「・・・・まぁね」

絵里「・・・・ええ」

にこ「何よ、軽い冗談でしょ!」

凛猫「分かりづらいにゃぁ」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 01:59:44.69 ID:7XIDgsoe0

真姫「ねぇ、花陽。よかったら私たちのギルドに入らない?」

花陽「えっ」

絵里「スタンが取れる優秀なアタッカーを探していたのよ」

花陽「でも、私はまだ全然・・・」

真姫「さっき初めてにして1回取ってくれたじゃない。上手くなるのはこれからで十分だわ」

花陽「真姫ちゃん・・・」

真姫「ねぇ、どうかしら?」



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 02:06:31.71 ID:7XIDgsoe0

凛猫「かよちん・・」

花陽「凛ちゃん・・・」

凛猫「凛は入れてもらった方がいいと思うな!一緒に狩りに行ける時間が減っちゃうのはちょっとだけ寂しいけど・・・」

花陽「うん、ありがとう」



花陽「真姫ちゃん?」

真姫「なぁに?」







花陽「真姫ちゃんたちのギルドに花陽を入れてください!」


眠いのでおわり



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 02:17:11.24 ID:7XIDgsoe0

安価支援してくれた方々サンクス

よく分からんの書いてすまない
インフルの予防接種したせいか妙にダルい



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/13(水) 02:21:19.94 ID:LZFZlVa70

おつおつ


元スレ
花陽「ここどこ?」