前作



SS速報R:【ミリマスSS】百合子「ふ○なりのふりなり」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543334278/



1: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 00:57:59.41 ID:5tad2Q0D0

【765プロライブシアター・更衣室】
ロコ「あぅぅ…今日のレッスンはベリーハードでした…。」


百合子「ライブが近いからね。仕方ないね。」


杏奈「杏奈…もう…限界…。」


百合子「杏奈ちゃん、スパドリあげるから元気出して。」


杏奈「ん…これ、どうしたの…?」


百合子「レッスンルームに置いてあったの。多分、プロデューサーさんからの差し入れだと思う。」


ロコ「ロコの分もありますかっ?」


百合子「もちろん。沢山あるから、みんなで分けよう。」



2: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 00:59:26.58 ID:5tad2Q0D0

杏奈「んっ…ぷはっ…生き返る…ね。」


百合子「私も1本貰おうっと。」


杏奈「あれ…?百合子さんの瓶だけ…ラベルが違う…?」


百合子「ほんとだ。新商品かな?」


百合子「ま、いっか。」ゴクゴク


百合子「…うぇっ…何だろう。ちょっと苦いような…。」


ロコ「2人とも、早く着替えて帰りますよー。」


ロコ「早く帰って、しっかり休んで、コンディションを整える!インポータントです!」


杏奈「……ロコがお姉ちゃんみたい。」


ロコ「エルダーなんですってば!」


百合子「あはは…さて、私も着替えないと。」ヌギヌギ



3: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:00:37.00 ID:5tad2Q0D0

百合子「よい、しょっと…。」


杏奈「……ッ!?」


杏奈「ゆ、百合子さん…それ、何…?」


百合子「ん?それって?」


杏奈「百合子さんの…その、お股の…膨らんでるの…。」


百合子「お股の…?………なっ!?」


百合子「ななななな、何これぇ!!??」



4: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:02:51.65 ID:5tad2Q0D0

杏奈「そ、それ…!もしかして…男の子にある…あの…!?」


百合子「いやそんなまさか!!」


杏奈「でも…!どう見てもそれって…!」


ロコ「ペニスですね。」


百合子「ロコちゃん!?」


ロコ「彫刻やヌードデッサンなどで見たことがあります。間違いなくペニスです。」


百合子「ペニスペニス言わないで!」



5: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:04:00.56 ID:5tad2Q0D0

百合子「それにしても、どうして私にその…ゴニョゴニョが…?」


杏奈「百合子さん!百合子さんの飲んだドリンク…スパドリじゃない、よ…!」


百合子「えっ?なになに…『キョコンの力』…これのせい!?」


杏奈「きっとそう…だよ!どうしよう…!?」


百合子「どうしようって…私が聞きたいよ…。」


ロコ「…………えいっ。」グイッ


百合子「いたたたた!引っ張らないで!」


ロコ「取れませんね。」


百合子「取れるわけないよ!」


杏奈「よく…おちん◯んを…躊躇わずに掴める…ね。」


ロコ「フレンドのペニスは汚くなんかありません!」


百合子「こんなところで友情発揮しないで!」



6: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:05:16.59 ID:5tad2Q0D0

ロコ「ラベルには何か書いていませんか?元に戻る方法とか。」


杏奈「無いみたい…困った、ね…。」


百合子「…とりあえず、このまま様子を見てみるよ。」


杏奈「えっ…いい、の…?」


百合子「うん。薬だし、効き目が切れたら元に戻るかもしれないじゃない?」


ロコ「わかりました。ロコ、元に戻る方法をリサーチしておきます。」


杏奈「杏奈も、頑張る…!」


百合子「2人とも、ありがとう!」



7: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:06:45.45 ID:5tad2Q0D0

【その日の夜、百合子の部屋】
百合子「……どうしよう。」モッコリ


百合子「うう…全然元に戻る気配がない。」


百合子「何とか家族にはバレずに済んだけれど、時間の問題だよね…。」


百合子「…………。」


百合子「……これが、男の人の…お、おちん◯ん…。」ゴクリ


百合子「いやいやいや!無いから!興味なんて全然無いから!」


百合子「絶対に触ったり弄ったりなんかしない!」


【2時間後】
百合子「……最低だ、私って。」



8: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:07:53.96 ID:5tad2Q0D0

百合子「こんなことに小説を使うなんて、文学少女失格だぁ!」


百合子「……でも、すごく気持ちよかった…。」


百合子「男の人って、みんなこんなことやっているんだ…。」


百合子「こんなの、ブラッドベリもトールキンも教えてくれなかった…あれ?」


百合子「おちん…ち◯…?」



9: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:09:45.83 ID:5tad2Q0D0

【次の日、765プロライブシアター】
百合子「…うう、眠い。アレって疲れるんだなぁ…。」


ロコ「ユリコ!ペニスの様子はどうですか?」


百合子「ちょっ、ロコちゃん!?誰かに聞かれたらどうするの!?」


ロコ「そ、ソーリーです。…それで、どうなんですか?」


百合子「そのことなんだけどね、実は…」


杏奈「百合子さん…!ビッグニュース、だよ…!」



10: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:10:25.93 ID:5tad2Q0D0

ロコ「アンナ?どうしたんですか?」


杏奈「あのね…百合子さんを元に戻す方法…見つけた、よ…!」


百合子「えっ!?」


ロコ「本当ですか!?それは一体?」


杏奈「えと…その……。」


杏奈「……ひとりエッチ。」


ロコ「ひとりえっち?」



11: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:12:00.60 ID:5tad2Q0D0

杏奈「ひとりエッチについて…お話しします…。」


杏奈「ひとりエッチというのは…例えば…おしっこの出るところを触ると…気持ちがいいとか…」


杏奈「あるいは…おしっこをするところを…擦り付けると…気持ちがいいとか…」


杏奈「そういうことを…ひとりエッチというの…。」


ロコ「つまりマスターべーションですね。」


百合子「へ、へぇー!そそそうなんだぁ!」


杏奈「うん…ひとりエッチで治るって…販売元の公式HPに書いてあったの…。」


杏奈「10回やれば…おちん◯ん…消えちゃうんだって…。」


ロコ「なるほど。では、早速やってみましょう!」


杏奈「だ、だめ…だよ!」


ロコ「えっ?」



12: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:13:06.12 ID:5tad2Q0D0

杏奈「あのね…杏奈、ひとりエッチってよくわからなかったから…プロデューサーさんに聞いたの。」


杏奈「『プロデューサーさんも、ひとりエッチしますか?』…って。」


ロコ「セクハラでは?」


百合子「それで、何て?」


杏奈「『ああ。週4くらいでやってる。杏奈もそういうのが気になる年頃か?』…だって。」


ロコ「セクハラでは?」


百合子「週に4回…?」


杏奈「うん…ひとりエッチって、1日に何度もできないみたいなの…。」


ロコ「そういうものなんですね。」


杏奈「無理にやると、おちん◯んイタイイタイになって…血が出ることもあるとか…。」


ロコ「血が!?」


杏奈「だから……やめようね!」



13: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:13:56.07 ID:5tad2Q0D0

杏奈「それに、普通は1、2回で満足しちゃうみたい…。」


杏奈「賢者タイム(?)っていう時間が…あるらしくて…。」


杏奈「『性欲お化けな思春期の男の子も、1日に10回は無理』って、プロデューサーさんが…。」


ロコ「なるほど。それじゃあ何日かに分けて行う必要がありますね。」


杏奈「それで…百合子さん、できそう?」


百合子「……う、うん!大丈夫!ありがとう、杏奈ちゃん!」


百合子「初めてでうまくできないかもしれないけれど、やってみるね!」


杏奈「頑張ってね…。応援してるから…。」



14: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:14:49.87 ID:5tad2Q0D0

【その日の夜、百合子の部屋】
百合子「……どうしよう。」ツル-ン


百合子「違う…違うの…これはただ、知的好奇心が刺激されただけ。」


百合子「別に性欲に任せて、一晩で10回もオナニーにふけったわけじゃないの。」


百合子「私はそんなエッチな子じゃないもん!」


百合子「それに、よく考えたら、小説を使ったオナニーは文学少女の嗜みだし!」


百合子「……でも、一応2人にはしばらく黙っておこうかな。」



15: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:16:06.61 ID:5tad2Q0D0

百合子「(それから、私のふたなり生活が始まった。)」


百合子「(いや、正確にはふたなりのフリをする生活が。)」


杏奈「百合子さん…おち◯ちんの調子、どう…?」


百合子「だ、大丈夫だよ!何だかんだで慣れてきたし!」


百合子「(杏奈ちゃんは心配そうな顔で、頻繁に私に声をかけてくれる。)」


百合子「(罪悪感で心がえぐれそう。)」


ロコ「ユリコ。ちょっとだけデッサンのモデルになってくれませんか?」


百合子「絶対駄目!見たら絶交だからね!?」


百合子「(ロコちゃんは何かにつけて私をアートのモデルにしようとしてくる。)」


百合子「(正直いつバレるか気が気でない。)」


百合子「(それでも、何とかバレずに、薬を飲んでから1週間が経過した。)」



16: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:17:40.23 ID:5tad2Q0D0

【765プロライブシアター】
ロコ「そろそろペニスも無くなりそうですか?」


百合子「う、うん。そうだね。多分今夜には。」


ロコ「うーん。それまでに彫刻の型を取らせて欲しいんですが。」


百合子「絶対駄目だから!」


ロコ「残念です…。」


杏奈「ゆ、百合子さん…!大変…だよ!」


ロコ「アンナ?そんなに慌ててどうしたんですか?」


杏奈「あのね…このままじゃ、百合子さんのお◯んちん…取れないかも…!」


百合子「えっ?」


ロコ「それはどういうことですか!?」



17: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:18:48.81 ID:5tad2Q0D0

杏奈「あのね、10回のひとりエッチで元に戻れるのは…あの薬を飲んだ、当日の話らしいの…。」


杏奈「それ以降は…時間が経つごとに…必要なひとりエッチの回数が増える…みたい。」


ロコ「えっ!?ど、どれくらいですか!?」


杏奈「…1日につき、10回。」


ロコ「そんなにですか!?あれから1週間経っているんですよ!?」


ロコ「それだけのマスターベーションを行うのはインポッシブルですよ!」


杏奈「どうしよう…百合子さん、ごめんなさい…!杏奈が間違えたせいで…!」


百合子「あ…いや…過ぎたことだし、別にいいよ。」



18: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:20:26.96 ID:5tad2Q0D0

ロコ「このままじゃユリコが!ユリコが!」


百合子「ロコちゃん、落ち着いて!」


百合子「(こ、こうなったら…本当のことを言うしかない!)」


百合子「あ、あのね!実は私!」


杏奈「1つだけ、元に戻る方法…ある、よ…。」


百合子「えっ?」


ロコ「本当ですか!?それは一体?」


杏奈「…………セックス。」



19: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:21:30.03 ID:5tad2Q0D0

百合子「せせせセックス!?何言ってるの!?」


杏奈「公式HPに…書いてあったの…。」


杏奈「セックスは、ひとりエッチの…何倍もの刺激があるから…治りも早いって…。」


ロコ「なるほど。となると、パートナーの確保がマストですね。」


百合子「あのね、2人とも。そのこと何だけど…。」


杏奈「杏奈が…やる!」


百合子「ッ!?」



20: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:22:45.25 ID:5tad2Q0D0

杏奈「百合子さんは…大切なお友達…だから、杏奈が助けたい…!」


ロコ「でも、ユリコがドリンクを飲んでから何日も経過しています。」


ロコ「アンナ1人でパートナーを務めるのは、アンナのフィジカルが保ちません。」


杏奈「そ、それは…。」


ロコ「だから、ロコもパートナーになります!」


百合子「ロコちゃん!?」


ロコ「ロコにとっても、ユリコはインポータントなフレンドです。」


ロコ「ユリコのためなら何だってやります!」


杏奈「ロコ…うん。そう、だね…2人で、百合子さんを助けよう…!」



21: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:23:20.83 ID:5tad2Q0D0

ロコ「ユリコ!明日はホリデーでしたよね?」


杏奈「今夜、お泊まり会…する、よ!」


百合子「えっ、あの、2人とも?」


杏奈「それじゃあ、杏奈たち…準備してくる、ね…!」


ロコ「また後で会いましょう!シーユー!」


百合子「ちょっと!……行っちゃった。」



22: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:24:49.57 ID:5tad2Q0D0

【その夜・百合子の部屋】
百合子「どうしよう…どうしてこうなった!?」


百合子「本当に2人とも泊まりに来たし、今はお風呂入ってるし…。」


百合子「こんな時に限って親は旅行中だし!都合良すぎだよ!」


百合子「ああもう!本当にどうしよう!?」


杏奈「百合子さん…上がった、よ…?」


百合子「ッ!?」


杏奈「良いお湯…でした。」



23: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:25:30.52 ID:5tad2Q0D0

百合子「お、おかえり!随分長湯だったね!」


ロコ「こういうことの前には、ちゃんと綺麗にしておきたいですから。」


百合子「ッ!?そ、そっか!そうだよね!」


百合子「それじゃあその、えっと…。」


杏奈「…………。」


ロコ「…………。」


百合子「お泊まり会だし、トランプでもしようか!」


ロコ「ユリコ。」


百合子「はいぃ!」



24: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:26:10.11 ID:5tad2Q0D0

ロコ「正直に言うと、ロコもアンナもヴァージンです。」


ロコ「ですが、大切なフレンドを救うために、ロコたちは覚悟を決めてきました。」


ロコ「だから、ユリコも覚悟を決めてください。」


百合子「ロコちゃん…。」


ロコ「…ですが、ファーストエクスペリエンスには変わりないんです。だから、その……」


ロコ「……優しくして?」


百合子「(可愛すぎる!)」



25: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:26:56.42 ID:5tad2Q0D0

百合子「あ、杏奈ちゃんはどうなの?怖くないの?」


杏奈「えと…本当は怖い、よ…。」


杏奈「…でも、百合子さんが困るのは、嫌…だから」


杏奈「杏奈、上手くできるかわからない…けど…頑張る…よ。」


百合子「(優しさが痛い!)」



26: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:27:47.07 ID:5tad2Q0D0

百合子「でも、2人とも初めてならやり方とか知らないんじゃ!?」


ロコ「ドントウォーリーです。ここに来る前に、ライブラリーでスタディしました!」


杏奈「あぅ…すごく、恥ずかしかった…。」


百合子「私のためにそこまで…。」


ロコ「当たり前じゃないですか!」


杏奈「大切な…お友達のため、だもん…。」


百合子「2人とも…。」


百合子「(私は何をやっているんだろう…。)」



27: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:29:22.90 ID:5tad2Q0D0

百合子「(2人とも、私のために一生懸命なのに。)」


百合子「(そんな2人を騙しているなんて、私は最低だ。最低の…大馬鹿者だ!)」


百合子「ごめんなさい!」ズルッ!!


ロコ「ユリコ!?いきなり脱ぐなんて、もうちょっとムードというものを!」


杏奈「百合子さん…大胆…だね。」


百合子「違うの!お股を見て!」


ロコ「お股って、ユリコのペニスのこと……あれ!?」


杏奈「な、無いよぉ…!おちん◯ん…無いよぉ!」


ロコ「ユリコ…!?」



28: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:31:09.67 ID:5tad2Q0D0

百合子「本当はね、あの薬を飲んだ日の夜に、おちん◯んは消えていたの。」


ロコ「そんな…じゃあどうして黙っていたんですか?」


百合子「2人をびっくりさせたくなかったの。」


百合子「一晩で10回もオナニーするような、エッチな子だと誤解されたくなくて…。」


杏奈「百合子さん…別に意外でもないから…びっくりしてないし、誤解もしてない…よ?」


百合子「してよ!!」


ロコ「どっちなんですか。」



29: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:33:03.08 ID:5tad2Q0D0

百合子「私が自分のことしか考えてなかったせいで、2人を巻き込んじゃった。」


百合子「本当にごめんなさい!!」


杏奈「百合子さん……。」


杏奈「…良かっ、たぁ…!」


百合子「えっ?」


ロコ「ユリコが元に戻れなかったらどうしよううって、ロコたち、ずっと心配だったんです。」


杏奈「百合子さんが無事で、本当に良かった…!」


百合子「2人とも……ありがとう!2人は私の最高の友達だよ!」



30: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:35:09.11 ID:5tad2Q0D0

百合子「それじゃあ、気を取り直して、お泊まり会しよっか。」


杏奈「うん……でも、その前に…杏奈たちに嘘吐いたのは…やっぱり、許せないよ、ね…。」


百合子「えっ?」


ロコ「はい。ロコたちにあれだけの決心をさせたのですから、ペナルティは必要ですよね。」


百合子「えっ?えっ?」


杏奈「というわけで…お仕置きタイム…だよ。」


百合子「お仕置きって…な、何をするつもりなのかな?」


ロコ「ふふふ。実は、ナイスなアイテムを持ってきているのです。」


杏奈「これ…なーんだ?」


百合子「そ、その瓶はまさか!?」



31: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:36:10.76 ID:5tad2Q0D0

百合子「どうしてそのドリンクを持ってるの!?」


ロコ「シアターに沢山あったんですよ。」


杏奈「誰かが…間違えて注文したらしい、よ…。」


百合子「それを何故2人が!?」


ロコ「もしもユリコが元に戻らなかったら、ロコたちも一緒にペニスを生やそうかと。」


杏奈「ひとりぼっちは…寂しいもん…ね。」


百合子「友情が重すぎる!!」



32: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:36:46.34 ID:5tad2Q0D0

百合子「そ、それで?その瓶をどうするつもりなの?」


ロコ「こうします。」ゴクゴク


杏奈「杏奈も…。」ゴクゴク


百合子「ッ!?」


杏奈「…うえ。あんまり美味しくない…。」


百合子「何してるの!?そのドリンクを飲んだら!」


ロコ「こうなりますよね。」ビキビキ


杏奈「すごい…指よりずっと大きい…。」ギンギン


百合子「ひぃぃぃ!!」



33: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:37:39.55 ID:5tad2Q0D0

ロコ「さて、マスターベーションをしなければ、ロコたちはずっとこのままです。」


杏奈「でも、杏奈たちは…10回もひとりエッチする元気…ない…。」


ロコ「というわけで…わかりますよね?」


百合子「嘘でしょ!?冗談だと言って!ねぇ!?」


杏奈「冗談じゃない…よ?」


ロコ「それでは、ユリコ…。」


百合子「待って!お願い!私が悪かったから!」


ロコ「ロコのエモーション、アウトプットしますね。」


杏奈「杏奈の聖剣ラビットカリバー…百合子さんに…ENTER…。」


百合子「待っ…!!」


百合子「アッーーーーー!!」


百合子「(こうして、私たちはさらに友情を深めたのでした。)」

【終わり】



34: ◆2xoSemqxLg 2018/11/28(水) 01:39:04.39 ID:5tad2Q0D0

以上で完結です。

ハートフルな友情物語に挑戦してみました。
楽しんでいただけると幸いです。


元スレ
SS速報R:【ミリマスSS】百合子「ふ○なりのふりなり」