SS速報VIP:【ミリマス】ぷっぷかにゃんにゃん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419328240/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 18:50:50.47 ID:mo6XjiNX0




――お笑い行方不明


掴み所のない麗花とうざかわいい茜


キャラを捨て


正統派で挑む彼女らに


笑いの女神は微笑むのか!?






エントリーナンバー184番





ぷっぷかにゃんにゃん!




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419328240




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 18:52:43.19 ID:mo6XjiNX0



ドン!


ドン!


ドドドドドドドド!


茜「はいどうも~!」
麗花「はいどうも♪」


パチパチパチパチパチパチパチパチパチ


茜「ぷっぷかにゃんにゃんのプリティーな方、茜ちゃんだよ!」


麗花「ぷっぷかちゃんちゃんのプリティーな方、茜ちゃんだよ!」


茜「麗花ちん!?」


麗花「うん?」


茜「『うん?』じゃないよ 芸名違うし名前も違うよ」


麗花「そうなの?」


茜「そうだよ」


麗花「まあそんなことは気にせずにいきましょう♪」


茜「顔だけでも覚えて帰ってね~」






3: キャラ崩壊注意 2014/12/23(火) 18:54:48.62 ID:mo6XjiNX0



麗花「そういえば茜ちゃん」


茜「はいはい」


麗花「最近は怖~いニュースをいっぱい聞くわね」


茜「そんなに聞く?」


麗花「すっごく聞くわよ~」


茜「例えばどんな怖いの?」


麗花「朝起きて、ご飯を食べると!」


茜「ほうほう!」


麗花「仕事に行くでしょ?」


茜「それで?」


麗花「仕事に行って、帰る!」


茜「あ、帰るの……それで?」


麗花「おやすみ♪」


茜「寝ないで!」


麗花「まだよ!」


茜「まだなの!?」


麗花「まだよ」






4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 18:56:04.15 ID:mo6XjiNX0



茜「寝るところからでいいじゃん!」


麗花「でも、それだと働いてないって思われちゃう…」


茜「怖い話で職業なんて気にしないからね?」


麗花「でも働いてなかったら怖くない?」


茜「それは怖いけど…」


麗花「あっ、そういえば私、夢があるんです」


茜「また唐突に…どんな夢なの?」


麗花「世界中の山に登って…」


麗花「登って…?」


麗花「おやすみ!」


麗花「なんでやねーん!」


茜「コラァー! 勝手に話を進めない!」


麗花「進んでた?」


茜「進んでるよ! ボケとツッコミを一人でやってたよ」


麗花「じゃあ二人でやる?」


茜「元からそうでしょ!」


麗花「ごめんなさいね」






5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 18:57:04.01 ID:mo6XjiNX0



茜「それで、山に登って?」


麗花「おいしい窒素と酸素と二酸化炭素を吸い込むの」


茜「その表現やめよ?」


麗花「もしかして、酸素嫌いなの?」


茜「そんなわけないでしょ!」


茜「酸素が無かったら死んじゃうじゃん!」


麗花「そうなの?」


茜「そうだよ」


麗花「空気を目一杯吸い込んだら……やっほー!って」


茜「山の定番だね」


麗花「あ、これは違うの」


茜「違うの!?」


麗花「叫ぶ前の一言みたいな?」


茜「叫んでんじゃん!」


麗花「人工呼吸でも意気込むでしょ?」


茜「あれは空気を入れなきゃいけないでしょ」


麗花「窒素を?」


茜「言い方違う」






6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 18:59:06.72 ID:mo6XjiNX0



麗花「ちょっと人命救助の練習しない?」


茜「強引だね」


麗花「もしもを考えると、不安になっちゃって」


茜「じゃあ、まずは茜ちゃんがお手本やるから、麗花ちんは倒れてる人をやって」


麗花「うん、分かった」

スタスタ

茜「………………」


麗花「うっ…く、苦しい…」


茜「大丈夫ですか!?」


麗花「だ、大丈夫です…」


茜「大丈夫じゃないでしょ!」


麗花「のど飴が…のどに…」


茜「吐き出せー!」


茜「ほらトントン」


麗花「ゲホッゴホッ…あ、出てきた♪」


茜「嬉しそうに言わない」


麗花「食べる?」


茜「食べないよ!」


麗花「お持ち帰りですか?」


茜「いらない!」


麗花「じゃあ捨てちゃえ」ポイ


茜「捨てたらダメでしょ!」


麗花「じゃあ拾って?」


ヒョイ


茜「ゴミ箱に捨てます」


麗花「お箸は?」


茜「付けないよ!コンビニ弁当じゃないんだから」





8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:34:38.65 ID:mo6XjiNX0



茜「人命救助の話でしょ!」


麗花「そうだった!」


茜「じゃあ今度は茜ちゃんが倒れるから、救助してみて」


麗花「分かった」


スタスタ


麗花「………………」


茜「う…頭が…ドサ…」


麗花「あ、変な人! ばいばい!」


茜「助けろー!」


麗花「写メ撮ろ」


茜「撮らんでいい!」


ピロリン


茜「ピロリンじゃないよ!」


麗花「でも『頭が…』なんて言って倒れないでしょ?」


茜「言わないけ・ど、駆け寄って助ける!いい?」


麗花「はい」






9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:35:33.91 ID:mo6XjiNX0



スタスタ


麗花「………………」


茜「苦しい…バタ」


麗花「大丈夫!?」


茜「う……」


麗花「大変…! 息してない!」


麗花「心臓も止まってる…瞳孔も…!」


麗花「私は医者だ」スッ


麗花「お医者様!」


麗花「脳死です」


チーン


茜「殺すなー!」


麗花「ダメだった?」


茜「死んだら助けられないでしょ!」


麗花「ギリギリがいいの?」


茜「そうそう」


麗花「ギリギリで♪いつーも生きていたいから~♪」


「「Ah~↑」」


茜「言わせないで!」バシ


麗花「ノリノリじゃない♪」


スタスタ


麗花「………………」






10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:36:20.78 ID:mo6XjiNX0



茜「苦しい…バタ」


麗花「大丈夫ですか!もしもし!?」


茜「……」


麗花「大変…息してない!」


麗花「人工呼吸しないと!」


茜「ちょいちょい、その前に救急車呼ばないと」


麗花「しゃべった!」


茜「違うよ! 続けて」


麗花「救急車は…110」


茜「警察だよ!」


麗花「119…もしもし大変です」


麗花「息をしてない女の子が…はい…わかりました!」


麗花「もうすぐ来るからね…」


茜「そうそう、次は人工呼吸」


麗花「気道を確保、手を胸において息を吸う」


茜「そしてそれを…」


麗花「やっほー!」


茜「叫ぶな!」






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:37:57.43 ID:mo6XjiNX0



麗花「フー!フー!」


茜「そうそういい感じだよ、いい感じ」


麗花「フー!フー!」


茜「苦しくなってきたよ、苦しく」


麗花「フゥゥゥゥゥゥウ!」


茜「吹きすぎ!」


麗花「そう?」


茜「ずっと吹いたら吸えないでしょ!」


麗花「それもそうね」


茜「酸素と二酸化炭素のバランス!」







12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:39:36.58 ID:mo6XjiNX0


麗花「それじゃあいくよ~」


麗花「ひっひっ、ふぅー!」


麗花「ひっひっ、ふぅー!」


茜「バランスはいいけど出産じゃない!」


麗花「産まれないの?」


茜「う、産まれる…!」


麗花「産まれるの!?」


茜「そっちが振ったんでしょうが!」


ポコン!


麗花「産まれた!」


茜「産まれた!?」


麗花「お箸は?」


茜「弁当じゃないからいらない!」


茜「赤ん坊にお箸つける店無いでしょ!」


麗花「じゃあかんぴょう付けとくわね」


茜「それヘソの緒!」


麗花「レバー味♪」


茜「血・の・あ・じ!」


麗花「あってるじゃない」


茜「あってたね」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:40:37.21 ID:mo6XjiNX0



麗花「ねぇ~そろそろ人工呼吸のやり方教えて♪」


茜「麗花ちんが逸らしまくってるんでしょうが!」


麗花「一発でやるから、お願い」


茜「本当に?」


麗花「本当に」


スタスタ


茜「苦しいっ…バタ」


麗花「大丈夫!?…息してない、119!」


茜「いい感じだよ…」


麗花「人工呼吸ね…フゥー…スゥー…」


茜「バランスナイス!イケイケゴーゴー!」


ピーポー


麗花「来た!こっちですよーやっほー!」


茜「ヤッホーいらないよ、でも良いよ!ラスト決めよう!」


麗花「ああ!駄目だ!」


茜「どうして!?」


麗花「温めてない!」


茜「コンビニ弁当か!」


茜「いい加減にしろ」


「「どうも、ありがとうございました」」








14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 19:43:37.59 ID:mo6XjiNX0

終わりだよー(o・∇・o)

好みが分かれる(予防線)ものです


↓書いたもの
P「あんぱん」

元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】ぷっぷかにゃんにゃん