1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:28:44.39 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「どうした?」

女エルフ「最近思うんだけど」

女騎士「?」

女エルフ「私たちってさ」

女騎士「うん」

女エルフ「ひどい目に会いすぎじゃない?」

女騎士「あー……」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:30:20.92 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「こないだ、友達が人間に無理やりヤラれたらしいの」

女騎士「よくある話だな」

女エルフ「しかもね」

女騎士「うん」

女エルフ「その娘、処女だったんだよ……」

女騎士「うわあ…」


女エルフ「ひどいよね」

女騎士「ひどいな」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:31:06.04 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「でも、私の同僚も犯されたことあるって言ってた」

女エルフ「え?同じ人間なのに?」

女騎士「半々」

女エルフ「半々?」

女騎士「うん」

女騎士「オークとか」

女エルフ「あー」

女騎士「触手とか」

女エルフ「あるある」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:31:43.36 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「人間なんか比較にならないアレがさ」

女エルフ「なにがさ?」

女騎士「ナニがさ」

女エルフ(笑

女騎士「どう見ても入らないよね」

女エルフ「丸太くらいあったりするよね」

女騎士「でも入れられる」

女エルフ「痛いよね…」

女騎士「痛いよ…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:32:46.05 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「オークのさ」

女エルフ「うん」

女騎士「アレでね」

女エルフ「うんうん」

女騎士「おなか」

女エルフ・女騎士「「ボコォッ!!」」

二人「(笑



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:33:30.64 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「でね」

女エルフ「うん」

女騎士「触手でもさ」

女エルフ・女騎士「「ボコォッ!!」」

女エルフ「あるある」

女騎士「痛い痛い」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:34:22.51 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「痛いんだよ、あれ…」

女エルフ「痛いね」

女エルフ「でもさ」

女騎士「うん?」

女エルフ「たまにね」

女エルフ「媚薬」

女騎士「あ~…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:35:30.70 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「あれでしょ」

女騎士「飲ませるタイプもあるけど、直接塗り込んでくるやつ」

女エルフ「そうそう」

女騎士「あれやばい」

女エルフ「やばいね」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:36:17.68 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「私が初めてあれを使われたの、触手からだったんだけど」

女騎士「もう大変だった…」

女エルフ「ほほう」

女騎士「おなか」

女エルフ・女騎士「「ボコォッ」」

二人「(笑

女騎士「されてさ」

女エルフ「んで?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:38:01.17 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「ぬるぬるの粘液を塗りこめながら」

女騎士「もう、奥の奥までずっこんばっこんずっこんばっこん」

女エルフ「うぅ…」

女騎士「でも媚薬のせいで乳首は立つし、締まりはよくなっちゃうし」

女エルフ「イキそうになるもんね」

女騎士「そそ。でね」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:38:41.24 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「『やめろ!』って叫ぶけど」

女騎士「やめない」

女エルフ「やめないよね」

女騎士「むしろ喜ぶ」

女エルフ「ありすぎる…」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:39:47.57 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「だから私も耐えるわけだけど」

女エルフ「うん…」

女騎士「しばらく犯されてたら」

女騎士「アレがびくびくしてくるのが分かるわけ」

女エルフ「うっ……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:40:39.39 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「射精?」

女騎士「そうそう。すぐわかる」

女エルフ「『膣内で更に太く……!』みたいな?」

女騎士「それ」

女騎士「でさ」

女騎士「私も妊娠したくないから」

女騎士「『膣内はやめろ』って言うけど」

女騎士「ヤツら決まって」
女騎士「膣内射精」

女エルフ「容赦ないよね……」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:42:21.24 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「だから変えてみるわけよ」

女エルフ「どんな?」

女騎士「『膣内はやめてください』って」

女エルフ「あ~……それ一番言っちゃいけないやつだ」

女騎士「やっぱそう?」

女エルフ「絶対そう」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:44:52.59 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「だってお願いしてもさ」

女エルフ「だいたい膣内に射精される」

女騎士「むしろ喜ぶ」

女エルフ「それどころか」

女エルフ「『射精すぞ!』とか叫んで」

女エルフ「一番奥まで『ズンッ!』て突いて」

女エルフ「おなか」

女エルフ・女騎士「「ボコォッ!」」

二人「(笑



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:46:54.81 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「で、子宮に直接ナカダシ」

女騎士「何度妊娠しかけたことか……」

女エルフ「でも」

女エルフ「悔しいことに」

女エルフ「一緒にイっちゃうわけ」

女騎士「あるある」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:48:14.78 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「しかも」

女エルフ「ふむ」

女騎士「量が半端ない」

女エルフ「ですよねー」

女騎士「もうドロドロ」

女騎士「妊婦かってくらいパンパンになるまで射精」

女エルフ「つらいよねー」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:49:03.40 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「でさあ。射精して終わりならいいけど」

女エルフ「あー…」

女エルフ「抜かず?」

女騎士「そう」

女騎士「『いま射精したばっかりなのに、また膣内でおっきく…!』みたいな」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:49:46.34 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「イってすぐは、やめて欲しいね」

女騎士「腰抜けるよアレ」

女エルフ「頭真っ白になるもんね~」

女エルフ「わたしこないだアヘ顔にされたもん」

女騎士「うわー」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:51:35.23 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「だってずっと調教されてさ…」

女騎士「触手に?」

女エルフ「いや、人間」

女騎士「えげつない」

女エルフ「でもあそこまでされたら」

女エルフ「そら堕ちる」

女騎士「どんなだった?」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:53:36.28 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「とりあえず媚薬でしょ」

女騎士「びくんびくんしちゃうね」

女エルフ「そう。悔しいけど、びくんびくん」

女エルフ「か~ら~の」

女エルフ「焦らしプレイ」

女騎士「うわあああ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:56:54.05 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「まず基本フェラチオから」

女エルフ「代わる代わる私の口をまるで道具のように」

女エルフ「使う使う」

女騎士「相手ばっか気持ちいいよね」

女エルフ「でさ」

女エルフ「しゃぶれよ、ってうちはまだいい」

女騎士「あ、わかった」

女騎士「頭掴んで腰ふってくるやつ」

女エルフ「それ」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 17:59:47.37 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「まじつらいよね」

女騎士「オエってなるよね」

女エルフ「でも私ら、喉耐性高いじゃん?」

女騎士「意外に吐かないよね」

女エルフ「で、喉奥に射精」

女騎士「量は?」

女エルフ「意外に多いんですわこれが」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:03:41.43 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「口んなか、もうネバネバでさ」

女騎士「人間なのにね」

女エルフ「お前ら全員エビオス飲み過ぎみたいな」

女エルフ「で、一巡したかと思ったら」

女エルフ「『へへ…これで終わりと思うなよ』」

女騎士「二回目?」

女エルフ「も、あるけど背後から手下パターンだった

女騎士「うわ~」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:07:32.02 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「何人?」

女エルフ「10人ちょっと」

女エルフ「でも割りと少ない」


女エルフ「少ない少ない。多いときは50人とか行くし」

女騎士「ちなみに50人は」

女エルフ「お城の兵士に捕まったり(笑」

女騎士「ごめん(笑」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:10:14.37 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「で」

女騎士「うん」

女エルフ「話戻すけど」

女エルフ「フェラ」

女騎士「口んなかネバネバ」

女エルフ「あれもさ」

女エルフ「吐かせてくれるなら、まだいい」

女騎士「うんうん」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:13:52.84 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「『全部飲め!』とか言わない?」

女騎士「あるあるあるある」

女エルフ「ネバネバしてるから喉にひっかかるしさ」

女騎士「しょっぱいよね」

女エルフ「苦くない?」

女騎士「あー、そっち派?」

女エルフ「いや、派とか意味わかんないし(笑」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:16:21.51 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「でもさ、やっぱ飲みにくいじゃん」

女騎士「絡むよね」

女エルフ「うえっ、て精液だけ吐くんだけど」

女騎士「『なに吐いてんだ!』って?」

女エルフ「よくおわかりで」

女騎士「まあねえ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:19:29.68 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「たまにマニアックな人だと」

女騎士「口のなか溜めさせるよね」

女エルフ「そうそう!」

女エルフ「口開いて、こっち向け~って」

女騎士「で、ごっくん?」

女エルフ「いや」

女エルフ「うがいパターンだった…」

女騎士「うえぇ……」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:23:49.04 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「ごっくんして、その日はそれで終わり」

女騎士「うぅ」

女エルフ「翌日から地獄ですよ」

女エルフ「手マンとか」

女エルフ「ク○ニとか」

女エルフ「するくせに」

女エルフ「挿れない」

女騎士「焦らしかあ」

女エルフ「焦らしだあ」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:28:39.29 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「んでさ、私もプライド高いから」

女騎士「高いの?」

女エルフ「高い高い」

女エルフ「エルフ高いよ」

女エルフ「ていうか

女エルフ「プライド高くないエルフ少ない」

女騎士「堕ちるの早かったりするけどね(笑」

女エルフ「いきなり『んほおおお!しゅごひいあいいい!!』?(笑」

女エルフ「半々だよ、半々」

女騎士「まあ私らもだいたいそうだけど(笑」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:32:20.57 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「で、また話戻すけど」

女騎士「うん」

女エルフ「プライド高いから」

女エルフ「『へへへ…ヒクヒクしてるな。挿れて欲しいのか?』」

女エルフ「って言われたときに」

女エルフ「ふざけるな!誰がキサマらなんぞ…」

女エルフ「と」

女騎士「あー……」

女騎士「でもモジモジ?」

女エルフ「モジモジですよホント……」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:36:21.92 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「それどころかさ」

女騎士「うん?」

女エルフ「目の前で」

女エルフ「他の女と」

女エルフ「ヤリだす」

女騎士「あ~」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:39:04.11 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「他の女パターンね」

女エルフ「うむ」

女騎士「あれ、だいたい知り合いじゃない?」

女エルフ「友人か姉か妹か母さんかその辺りだね」

女騎士「ちなみにそのときは?」

女エルフ「妹でした」

女騎士「おー」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:43:11.36 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「可愛い?」

女エルフ「可愛い。弱気だからなお可愛い」

女騎士「イジメられちゃうタイプか」

女エルフ「それはもう。エルフのくせにけしからんわけで」

女エルフ「そんな妹が高速ピストン」

女エルフ「なんかトロ顔で甘ったるく喘ぐし」

女エルフ「我慢できないっしょ?」

女騎士「できないかもね…」

女エルフ「だよねー」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:49:00.64 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「そんなときに、アソコをアレでグリグリするわけ」

女騎士「つらそう」

女エルフ「うん。だから言ったんです」

女エルフ「『お願いします……』って」

女騎士「堕ちた?

女エルフ「まだ」

女エルフ「で、そいつのチ○コが」

女エルフ「おなか」

女エルフ・女騎士「「ボコォッ!!」」

女エルフ「ならんならん(笑」

女騎士「ならんか(笑」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 18:55:11.73 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「まあ大きいのは確かでしたけど、そこまでは」

女エルフ「でね」

女騎士「うん」

女エルフ「散々焦らされたせいか」

女エルフ「やばい」

女騎士「おおぅ」

女エルフ「死ぬかと思った」

女騎士「あれか」

女エルフ「あれだ」

女エルフ「『んほおおおお!』」

女エルフ「アヘ顔」

女騎士「仕方ない」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:01:03.27 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「でさ」

女エルフ「『膣内に射精すぞ!』って言ったのね」

女騎士「ふむ」

女エルフ「アヘ顔晒したとはいえ」

女エルフ「まだ堕ちてないから」

女騎士「ほう」

女エルフ「だから」

女エルフ「膣内はやめて!って言ったの」

女エルフ「そしたら」

女エルフ「まさかの」

女エルフ「外だし」

女騎士「おほっ」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:03:58.79 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「媚薬使われて」

女騎士「うんうん」

女エルフ「散々じらされたあと」

女エルフ「ようやく入れたと思った直後の」

女エルフ「それですよ」

女騎士「モジモジしちゃう?」

女エルフ「モジモジどころじゃないよ……思わず『あっ…』とか言っちゃたもん…」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:06:56.43 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「したら」

女エルフ「『なんだ?膣内に欲しかったのか?』って」

女エルフ「もうね」

女エルフ「感服したね」

女エルフ「あ、こいつには勝てないって」

女騎士「で?」

女エルフ「そっからはあんまり覚えてない…」

女騎士「堕ちたか…」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 19:14:51.24 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「妹も?」

女エルフ「もちろん」

女エルフ「まあ、今は姉妹そろって元気だからいいよ」

女騎士「あー」

女騎士「ていうか私もそうだけど」

女エルフ「うん」

女騎士「よく助かるよね」

女エルフ「意外に最後は助かるよね」

女騎士「うんうん」



152: 保守ありです 2012/03/02(金) 21:12:42.86 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「まあ魔法使えるし」

女騎士「私は剣」

女エルフ「非力じゃない娘もわりと多いもんね」

女騎士「逃げる力、地味にあるしね」

女エルフ「あるね」

女騎士「…ん?」

女エルフ「ん?」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:13:37.87 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「そもそもさ」

女エルフ「うん」

女騎士「何でわたしたち捕まるんだっけ」

女エルフ「えっ」

女エルフ「……薬?」

女エルフ「人質とか」

女騎士「う~ん。それもあるけど」

女騎士「叩き伏せられるパターンが」

女エルフ「ボスか」

女騎士「ボスだな」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:19:52.19 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「強い人はほんと強いもんね」

女騎士「で、捕まったあとも用意周到」

女エルフ「媚薬?」

女騎士「力を奪う的な首輪とか」

女エルフ「ああ」

女エルフ「あれ誰が作ってんのかな」

女騎士「わかんないけどあれ困る」

女騎士「抵抗できなくなるもん」



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:25:38.45 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「しかもさ」

女騎士「力入らないことをいいことに」

女騎士「好き勝手してくるよね。手下」

女エルフ「憂さ晴らししてくるね」

女騎士「無理やり壁に押し付けたりしてさ」

女騎士「『へへ!今までのお返ししてやるぜ』『おら、ケツだせや!』みたいなパターン多いよ」

女騎士「お前ら女を犯す以外選択肢ないのかと」



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:32:00.99 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「まあ見向きされないのもそれはそれで悲しいけど」

女エルフ「ねー」

女騎士「で。しかもボスな人って陰湿だし?」

女エルフ「例えば?」

女騎士「なんか」

女騎士「私の場合は」

女騎士「公衆面前輪姦とか」

女エルフ「あー、あるあるある」



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:36:14.36 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「『見ろ!お前らが尊敬するあの女騎士様は!』」

女騎士「『ド淫乱な変態雌豚だ!』とか」

女エルフ「言葉責めは基本だよね」

女騎士「あれホント恥ずかしい」

女騎士「あまつさえさ」

女騎士「民衆にヤラせるでしょ」

女エルフ「そーそー」



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:42:25.79 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「しかもさ」

女騎士「なにがどうなってるか知らないけど」

女騎士「民衆の男ども、普通にチ○コ突っ込んでくるし」

女騎士「それだけならまだしも」

女騎士「『ああ…女騎士様が』『女騎士様、すみません』とか」

女騎士「『女騎士様になんてことを』みたいなノリで」

女騎士「膣内射精しまくるなと」

女エルフ「尊敬されるだけいいよ…エルフはなんか物みたいな扱い多いよ」



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:46:26.92 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「体中が守ってきたはずの民の精液でベトベトでし」

女騎士「悲しい」

女エルフ「大抵拘束されてるしね…」

女騎士「そう。あれ、なんていうんだろ」

女騎士「首と手首固定する道具」

女騎士「あれに何度お世話になったか……」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:51:10.68 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「でもさ」

女エルフ「ん~?」

女騎士「個人的に一番つらいのは」

女騎士「相手が人間とか触手とか魔物とかじゃなくて」

女騎士「犬」

女エルフ「獣姦か~」



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:55:46.34 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「人間と形が違うんだよ…」

女エルフ「グロいよね。妙に赤黒いし」

女騎士「先のほうがゴリゴリしててつらい」

女騎士「ていうか」

女騎士「四つん這いになっただけで」

女騎士「的確に挿入してくる」

女エルフ「豚とかも

女騎士「豚はやばいね」



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 21:57:52.73 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「動物はなんか屈辱的だよ」

女騎士「うんうん」

女騎士「ところでさ」

女騎士「あれはどうよ」

女エルフ「あれ?」

女騎士「肉体改造系」

女エルフ「ふたなりか」

女騎士「うむ」



181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:04:18.04 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「気づいたらチ○コ生えてたり」

女騎士「私はなんか変な種埋め込まれたらチ○コ生えたよ」

女エルフ「しかもチ○コ凄い敏感だし」

女騎士「確かに」

女エルフ「チ○コ少し触られただけで『うあっ』てなる」

女騎士「でも射精、地味に気持ちよかったりするから困るよ」

女エルフ「金○マはないのになぜか射精できるんだもんね」



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:09:28.32 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「あ」

女エルフ「ん」

女騎士「さっきの動物の話だけど」

女エルフ「急にどうしたの」

女騎士「いや」

女騎士「言い忘れた動物がいた」

女エルフ「ん?」

女騎士「馬」

女エルフ「あー、あー」



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:12:45.24 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「トラウマすぎて忘れてたよ……」

女エルフ「長いし太いしバックで容赦ない」

女騎士「うんうん」

女エルフ「触手や魔物でもないのに」

女エルフ「おなか」

女騎士「ボコォッ!」

女騎士「あれ?」

女エルフ「ごめん。もういいかな(笑」

女騎士「恥ずかしい……///」



190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:20:57.70 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「でも色々やられるけどさ~」

女騎士「うん」

女エルフ「たま~に純愛あるよね」

女騎士「あるある!」

女エルフ「好きだった人とかね」

女騎士「いいよねー」

女エルフ「ちょっとだけ強引にキスされたりしてさ」

女騎士「ベッドイン!」

女騎士「でも改造されて死んじゃったりね…」

女エルフ「ね……」ハァ




192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:24:16.32 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「私の友達は、なぜかボスと恋に落ちてたなあ」

女騎士「レイプから始まる恋か」

女エルフ「うん」

女エルフ「けどさ」

女エルフ「ないよね、実際」

女騎士「……うーん」

女エルフ「えっ?」

女騎士「えっ」



195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:26:59.79 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「あるの?」

女騎士「いや」

女騎士「あるわけではないんだけど」

女エルフ「ふむ」

女騎士「たぶん私」

女騎士「こ、ここだけの話……」

女騎士「……ドMかもしれない」

女エルフ「詳しく」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:30:37.67 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「いやね」

女騎士「ほら、さっきから話してるけど」

女騎士「無理やり……ってシチュエーション多いじゃん?」

女エルフ「うむ」

女騎士「今はこんな話し方してるけど」

女騎士「普段はわりと」

女騎士「『貴様らクズに私は屈せぬ』とか言うわけですよ」

女エルフ「まあ私も似たタイプ」



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:37:53.33 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「でもね」

女騎士「いざ責められると」

女騎士「すぐに頬が上気するわ」

女騎士「乳首は立つわ。濡れるわ」

女エルフ「だいたいみんなそうだよ。うちら変態ばっかじゃん」

女騎士「うーん。そんでね」

女騎士「『はは!騎士様はとんだ淫乱だな!』」

女騎士「とか言われるとなぜか」

女騎士「『締まりがよくなったぞ!』『興奮してるのか変態が!』」

女騎士「……みたいに、よく言われたり…」

女エルフ「いるいる」



206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:44:52.07 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「で」

女騎士「極めつけは針とか蝋燭ですよ」

女エルフ「きついね」

女騎士「でしょ?だけど……」

女騎士「乳首に針刺されたり」

女エルフ「痛い痛い」

女騎士「お尻に蝋燭たらされたり」

女エルフ「熱い熱い」

女騎士「……気持ちよくなることが」

女エルフ「安心しなよ。私らじゃ普通」

女騎士「そっか」ホッ



209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:51:25.54 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「……よく考えたらさ」

女エルフ「うん?」

女騎士「私ら、使われてない場所ないよね…」

女エルフ「大抵はね…」

女騎士「お尻もさ」

女エルフ「うん」

女騎士「触手とかで腸がボコボコになるくらいに荒らされたし」

女エルフ「ひどいときは口から出てくるよね」

女騎士「なんかもう綺麗な場所残ってないよね」

女エルフ「極めると、脳姦やら眼孔姦とかもあるらしいし」

女騎士「乳首拡張で乳首に挿入されたって同僚もいたみたい…」



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:54:08.41 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「これでもかってプレイ多すぎ」

女騎士「想像つかないもんね」

女エルフ「ホント大変だよ…」

女騎士「うんうん……あ」

女エルフ「ん?」

女騎士「もうこんな時間だ」



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 22:57:12.45 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「用事?」

女騎士「うん」

女騎士「今から」

女騎士「盗賊を退治しにいかなきゃ」

女エルフ「あー」

女エルフ「そういや」

女エルフ「私も森に攻めてくるオークを迎撃しなくちゃいけないんだった」



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:00:25.79 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「またね」

女エルフ「うん」

女騎士「気をつけてね」

女エルフ「お互いね」

女騎士「じゃーねー」

女エルフ「また今度~」

―――
――



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:08:38.21 ID:Y6hJPNnuO

女騎士「くっ――!貴様ら!こんなことをしてタダですむと思うなよ!」

盗賊「へへへ…自分の状況わかってんのか?」

女騎士「くっ!まさか私がこんなやつに…!」

盗賊「今までの例をたっぷりしてやるぜ」

女騎士「や、やめろ……そんなもの私に…い、いやあああああ!!」

―――
――

オーク「グフッ」

女エルフ「妹をはなしなさい!」

妹エルフ「姉さん、来ちゃダメ!」

女エルフ「くっ――な、なに!?やめろ、貴様ら私に触るな…い、いやああああああっ!」

―――
――



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/02(金) 23:21:12.02 ID:Y6hJPNnuO

女エルフ「久しぶりぃ」

女騎士「久しぶり」

女エルフ「何かあった?」

女騎士「いつも通り」

女エルフ「だよねー」

女騎士「ていうか」

女エルフ「うん」

女騎士「騎士やめようかな」



おわり☆


元スレ
女エルフ「ねえ」女騎士「ん?」