SS速報VIP:モバP「ロック・ザ・ビート!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367841391/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 20:56:32.04 ID:xFf3kEESo

P「夏樹、改めてロックフェスのLIVE、お疲れさま!」

夏樹「へへっ、Pさんもお疲れ!」

P「次のLIVEも期待してるぞ!」

夏樹「もちろん! 次はもっとアツいパフォーマンス、見せてやるよ!」

P「お、そりゃ楽しみだ! ……ところで」

夏樹「どうしたんだ?」

P「あそこに転がってるのはなんなんだ?」

李衣菜「助けてー!」ジタバタ

夏樹「ギターパフォーマンスの練習をしてたら、コードに絡まっちゃっただりーさ」

http://i.imgur.com/OHxb8sz.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367841391




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 20:58:34.37 ID:xFf3kEESo

P「なにやってんだ李衣菜……ほら、じっとしてろ。ほどいてやるから」

李衣菜「あぅぅ、すみません……」

夏樹「せめてコード無しでやればいいものを」

李衣菜「えー、だって本番じゃスピーカーに繋いでやんなきゃならないでしょ?」

夏樹「そういうのはもっとちゃんと弾けるようになってから言えよな?」

李衣菜「うっ。なつきち先生、これからもよろしくお願いしますっ」

夏樹「しょうがねーなぁだりーは……しっかりついてこいよ!」

李衣菜「うん!」

P「どうやったらもやい結びになるんだこれ」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:00:28.11 ID:xFf3kEESo

―――

P「ふいー、やっとほどけた」

李衣菜「ありがとうございますPさん! 自由だー!」

夏樹「悪いなPさん。だりーがいつも迷惑かけちまって」

P「いやいや、そうでもないよ。こういうところも李衣菜の魅力だしな」

夏樹「あぁ、分かる分かる! なんつーか、ほっとけないみたいな?」

P「そうそう! 李衣菜の可愛さってそこにあると思うんだよ!」

夏樹「さすがPさん! やっぱアタシたちのプロデューサーだぜ!」

P「ははは、よしてくれ。恥ずかしいじゃないか」

李衣菜「恥ずかしいのは私ですけど!?」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:03:05.17 ID:xFf3kEESo

李衣菜「むー、二人して私のこと言いたい放題! これでもチームCoolなんだけど!」

P「Coolに入れたのは俺だけどな。出会った頃は、爽やかでかっこ可愛い感じの女の子だと思ったし」

夏樹「今じゃ見る影もないな」

P「まったくだ」

李衣菜「ひどい!」

夏樹「でもその代わり可愛いんだよな」

P「その通り。可愛さがあふれて留まることを知らない」

李衣菜「貶されてるのか褒められてるのか分かんないよ!」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:05:04.92 ID:xFf3kEESo

P「なにを言う!」

夏樹「アタシらはだりーの魅力を語り合ってるんだぞ!」

李衣菜「う、うぐぐ……! で、でもそれなら、もっと私のクールなところを語ってよ!」

P「李衣菜のクールなところ……?」

夏樹「あ、あぁ。アレがあるじゃんPさん。アレだよ、アレ」

P「お、おうアレな。アレだろ、アレ! 言ってやれよ夏樹!」

夏樹「い、いやここはPさんだろ?」

P「な、夏樹は李衣菜のパートナーだろ!?」

夏樹「Pさんはプロデューサーじゃねーか!」

李衣菜「せめて一つくらい言ってほしい!」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:07:28.84 ID:xFf3kEESo

李衣菜「いいもんいいもん、どうせ私はクールじゃないもん」イジイジ

夏樹「す、拗ねるなって……」

P「あ、でも」

夏樹「ん?」

P「ロックフェスの時は夏樹に負けず劣らず、すごくかっこよかったなぁ」

李衣菜「へ……?」

P「気合の入り方が違ったというか……李衣菜のアツい気持ちが伝わってくるようだったよ」

P「この調子なら、ロックなアイドルもそう遠くないうちになれるかもな!」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:09:44.24 ID:xFf3kEESo

李衣菜「Pさん……」

P「李衣菜……」

李衣菜「それは、褒めてるんですよね? またからかってるとかじゃない?」ジトッ

P「う、疑り深い……もちろんだ。李衣菜が本気を見せてくれたんだ」

P「俺も本気で応えたいんだよ。李衣菜の本気をもっと見てみたい」

李衣菜「……へへへ、はい。私の本気、ファンのみんなに……Pさんに! 見せてあげますっ!」

P「あぁ!」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:11:39.40 ID:xFf3kEESo

李衣菜「よぉーし、やるぞー! うおぉーっ!」ウッヒョー!

夏樹「……へへっ。よかったな、だりー」

P「夏樹?」

夏樹「あ、わりぃPさん。なんだかいい雰囲気だったな? 口説いてるみたいだったぜ」

P「なに言ってんだ。夏樹だってかっこよかったぞ?」

夏樹「へっ、当たり前だろ?」

P「それに、可愛かった」

夏樹「………………へっ?」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:13:45.98 ID:xFf3kEESo

P「初めての大きなLIVEに緊張してたり、本当に楽しそうに歌ったり踊ったり、な?」

夏樹「な、な……!」カァァッ

P「あ、あとは髪を下ろした時だな! あれならファッションモデルとしても……」

夏樹「ちょ、ストップPさん! やめろってそういうの!」

P「えー、なんでだよー? 照れることないだろ?」

夏樹「てっ照れてなんかねぇよ! そうじゃなくて、アタシはもっと歌の仕事をやりたいんだ!」

P「うーん、でももう何社かモデルの依頼受けてるんだよな」

夏樹「今はその行動力と決断を恨むぜ!?」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:15:26.50 ID:xFf3kEESo

李衣菜「んふー、な・つ・き・ちぃ?」

夏樹「んなっ、なんだよだりー!」

李衣菜「ダメだよなつきち、仕事を選り好みしちゃ。ロックじゃないよぉ?」ニヤニヤ

夏樹「だりーに言われたくねぇ……あ、アタシなんかがモデルなんて務まらねぇよ!」

P「そんなことないって。夏樹ならかっこ可愛く着こなせる!」

李衣菜「Pさんよく分かってる! 私が言っても聞いてくれないんですよ、アタシには似合わないーって」

P「なにっ、聞き捨てならねぇ! 似合うに決まってるだろ!」

李衣菜「そうだそうだー!」

夏樹「こ、こいつら……!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:17:25.52 ID:xFf3kEESo

P「なぁ夏樹、着てみよう。きっと似合う! 一回だけでもいいから!」

李衣菜「お願いっ、私もなつきちの可愛い服装見たい!」

夏樹「う…………わ、分かったよ……着るから。一回だけな!」

P「よしっ! よく言ってくれた!」

夏樹「ったく……ホント、しょうがないプロデューサーだぜ」

李衣菜「いぇーい! ひらひらな服とかあるんですか?」

P「それは李衣菜用に、別に用意してあるぞ!」

李衣菜「えっ」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:19:55.60 ID:xFf3kEESo

P「髪下ろしたのも撮るかなー」

夏樹「あんまり気が進まねぇなぁ」

P「夏樹の魅力を伝えるためさ、いいじゃないか」

夏樹「んー……ま、やるって決めちまったし。簡単に曲げるのはロックじゃない、ってな」

P「おー、かっこいい」

夏樹「可愛いのはPさんに任せるよ。頼んだぜ!」

P「おう!」

李衣菜「ねぇなんで私はひらひらなんですか!? ねぇねぇ!」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:21:48.22 ID:xFf3kEESo

―――

P「さて、そろそろ収録終わりの娘を迎えに行かなきゃ」

李衣菜「なんで私はひらひら……なんで……」ブツブツ

夏樹「まだ言ってる……だりー、適材適所ってやつさ。諦めな」

李衣菜「むぅ」ムスー

P「はは、ちゃんと李衣菜が気に入る仕事持ってくるから」

李衣菜「……嘘ついたら針千本ですからね?」

P「あいよ。期待して待っててくれ」

李衣菜「……はい!」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:23:16.21 ID:xFf3kEESo

夏樹「Pさん、アタシにも頼むぜ? モデルばっかりじゃなくて歌の方もさ」

P「あぁ、すぐにとはいかないかもしれないけどな」

夏樹「へへ、楽しみにしてるぜ!」

P「じゃ、ちょっと出てくるよ。みんなが戻ってきたらミーティングして、それで今日は終わりだ」

夏樹「分かった。待ってるよ」

李衣菜「行ってらっしゃい、Pさん!」

P「行ってきます……っと、まだ二人に聞きたいことあったんだ」

夏樹「聞きたいこと?」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:25:45.52 ID:xFf3kEESo

P「こういうのは直接聞かないとな。大事なことだ」

李衣菜「は、はい……なんですか?」

P「って言っても、そんなに気を張らなくてもいいよ。……夏樹、李衣菜」

P「二人は今回のLIVE、心の底から楽しめたか?」

夏樹「……あぁ! 最高のステージだったぜ!」

李衣菜「あ、わ、私も! アツくてかっこよくて……今までで一番でした!」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:27:11.60 ID:xFf3kEESo

P「……うん、ならよかった。俺も楽しかったよ、ありがとう!」ナデナデ

だりなつ「……!」

P「一緒に頑張っていこうな。それじゃ、行ってきまーす」

がちゃ ばたんっ

夏樹「…………」

李衣菜「…………」

夏樹「へへ」

李衣菜「えへ」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:29:47.29 ID:xFf3kEESo

夏樹「Pさん、すごいよな。アタシらを簡単にやる気にさせちまう」

李衣菜「……うん」

夏樹「だりーがPさんに惚れるのも分かるぜ」

李衣菜「うん。…………うん?」

夏樹「どした?」

李衣菜「待って待って、……え、ちょっとなつきち!? 誰が誰に惚れてるって!?」

夏樹「だから、だりーがPさんに」

李衣菜「わー、わぁー!!」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:31:52.57 ID:xFf3kEESo

夏樹「なんだよデカイ声出して……違うのか?」

李衣菜「ち、ちがっ! 違うもんね! だ、だぁれがPさんなんかっ!」

夏樹「へへっ、のんびりしてたらアタシがPさん攫っちまうぜ?」

李衣菜「………………え」

李衣菜「い、い、今なんて……!」ワナワナ

夏樹「んー? アタシなんか言ったか?」

李衣菜「な、なつきちがPさんを、え、えええええ!?」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:33:26.04 ID:xFf3kEESo

夏樹「そんな驚くなって、アタシだって女だぜ? 恋の一つや二つ」

李衣菜「ダメダメダメ! いくらなつきちでもPさんは渡さないからね!!」

夏樹「やっぱりだりーも惚れてるんじゃねーか」ニヤニヤ

李衣菜「違うもん! 好きだけど惚れてないもん!」

夏樹「どっちなんだよ……」

李衣菜「ううう……ま、負けないからね、なつきち!」

夏樹「へっ! 受けて立つぜ、だりー!」



おわり



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:34:34.41 ID:xFf3kEESo

というお話だったとさ
だりーなもなつきちもかわいい



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 21:45:55.81 ID:xFf3kEESo

李衣菜「……はっ!」

夏樹「どうした?」

李衣菜「二人の女が一人の男を奪い合う……なんだかロックっぽい!」

夏樹「別に奪い合ってるわけでもないし、普通は男女逆じゃね?」

李衣菜「燃えるね、なつきち!」

夏樹「燃えねーよ……それに、実際奪い合うのは二人とかいうレベルじゃないだろ」

李衣菜「え、そうなの!?」

夏樹「……だりーは恋愛事に疎い、と」



そんな蛇足



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 22:05:03.66 ID:4/K+2dyAO

コードをシールド、スピーカーをアンプと言う

まぁ、そんな事は関係なくにわかなだりー可愛いよ乙



24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/06(月) 22:12:41.93 ID:xFf3kEESo

>>23
にわかですまんな……


元スレ
SS速報VIP:モバP「ロック・ザ・ビート!」