1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 07:48:57.436 ID:tSKafN8GE.net

ゲンドウ「部屋を女体で覆い尽くせるくらいの数が欲しい」

冬月「……そうか」

ゲンドウ「もう少し胸を大きく育てるよう、赤木博士に言っておこう」

冬月「やれやれ」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 07:54:57.507 ID:tSKafN8GE.net

冬月「碇。第壱中学校の生徒、男女比に偏りがあるのは何故だ」

ゲンドウ「シンジの性処理用だ」

冬月「……そうか」

ゲンドウ「だが男子も、羨むことでシンジの自尊心を満たす存在として残してある」

冬月「やれやれ」



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:03:01.826 ID:tSKafN8GE.net

ゲンドウ「―――採用」

女性「ありがとう御座います!」



冬月「碇。本部職員の新規採用、まさかお前の趣味で選んでいるわけではないだろうな?」

ゲンドウ「シンジの性処理用だ」

冬月「……そうか」

ゲンドウ「制服にタイトスカートの着用も義務づけよう」



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:07:43.788 ID:tSKafN8GE.net

冬月「パイロットの顔写真か。こうして並べると、まるでどこぞのアイドルグループだな」

ゲンドウ「ああ」

冬月「碇。まさかとは思うが」

ゲンドウ「シンジの性処理用だ」

冬月「……そうか。いや、しかしそれは」

ゲンドウ「レイ以外の二人のクローン体製造も進めている。戦力的にも万全だ」

冬月「やれやれ」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:14:10.417 ID:tSKafN8GE.net

冬月「碇。シンジ君の住まい、寮に用意していないというのは本当か? 今さら同居でもするつもりかね」

ゲンドウ「問題ない。プール付きの邸宅を用意させた」

冬月「……そうか」

ゲンドウ「各国から使用人も集めてある。世話係兼、シンジの性処理用だ」

冬月「やれやれ」



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:17:17.655 ID:tSKafN8GE.net

冬月「碇。なんだこの『シンジきゅん歓迎パレード』という項目は。なぜこんなことに大きな予算が割かれている?」

ゲンドウ「この地に人類の切り札を迎え入れるのだ。パレードくらい必要だ」

冬月「……そうか?」

ゲンドウ「問題ない」

冬月「うーむ」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:21:48.913 ID:tSKafN8GE.net

ゲンドウ「では先生。いよいよ、シンジを召喚します」

冬月「そうか」

ゲンドウ「メールや電話では味気ないので(アドレス教えてもらえてないし)、直筆の手紙を送ることにしました」

冬月「そうか」

ゲンドウ「では―――!」カキカキ


『来い』


冬月「やれやれ」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:29:09.037 ID:tSKafN8GE.net

戦自の偉い人「うわぁぁぁ、使徒つええ!」

戦自の偉い人「やべー。やべー」

冬月「やはりエヴァでなくては対抗できんな」

ゲンドウ「あ、ああ」ソワソワ

青葉「碇司令。ご子息の迎えに行った者から連絡が」

ゲンドウ「―――来たか!」

青葉「あ、いえ。断られたそうです。ご子息からは『来ない』との電報もいただきました」

ゲンドウ「……」

冬月「やれやれ」



使徒はレイ・アスカ・マリとそのクローン達が頑張って倒しましたまる



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/19(日) 08:47:31.620 ID:YVzZ6u4F0.net

この2人は脳内再生が捗りすぎて困る


元スレ
冬月「碇。レイのクローン体、多すぎないか?」ゲンドウ「シンジの性処理用だ」