211: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)20:46:16 ID:yrH

第18部 ぽてぽてぽってり



212: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)20:48:56 ID:yrH

――事務所

ガチャ

奈緒「おはよ……うわ、何だ?このどんより空気は!?」

加蓮「あ゛……な゛お゛?お゛は゛よ゛う゛」

奈緒「おいおいおい!どうしたんだよ加蓮!!」



ガチャ

凛「加蓮、飲物持って……あ、奈緒もいたんだ」

奈緒「いたんだ……じゃなくて、どうしちまったんだ!?」

凛「実は……」



213: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)20:56:05 ID:yrH

奈緒「『ポテト6本まで説?』だって?!」

凛「うん……なんか、デンプン質の爆弾とかどうとか」

奈緒「まぁたしかに身体にいいものではなさそうだけどよぉ……」

加蓮「あ゛……あ゛…」

凛「で、トレーナーさん達がこれ幸いと」

奈緒「禁止しちまったわけか……」

加蓮「り゛ん゛、の゛み゛も゛の゛は゛?」

凛「はい、温かいココアだよ」

加蓮「こ゛ーら゛か゛い゛い゛」

凛「ダメだよ。いつもポテトと付け合わせで頼んでいたからって」

加蓮「こ゛ーら゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛」

奈緒「ダイエットコーラとかはなかったのか?あれなら……」

凛「運動部のみんなが、おかゆとバナナと一緒に全部……」

奈緒「あぁ」サッシ



214: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)21:03:33 ID:yrH

奈緒「じゃあ、コンビニまでひとっ走り買ってきてやるよ」

凛「いいの?」

加蓮「あ゛り゛か゛と゛う゛……」

奈緒「見てられないってのもあるけどね」

凛「じゃあ、ファミチキとからあげくんと711のドーナツにミニストップのソフトクリームもお願い」

奈緒「全部違う店じゃねぇか!」

「しかも油モノばかりだし……」

凛「加蓮がこんなんだから逆に食べたくなって……」

奈緒「それぐらい自分で買ってこい!」



215: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)21:08:41 ID:yrH

――コンビニ

奈緒「えっと……コーラは」

千枝「あ、奈緒さん。おはようございます」

雪美「……おはよう」

由愛「おはよう…ございます」

奈緒「お、どうした?何か買物か?」

千枝「はい。そこで会ったので、みんなで温かい物を飲もうかなって」

雪美「苺一会……?」

由愛「そっちの苺じゃないですよ……」

千枝「奈緒さんもですか?」

奈緒「アタシか?アタシは……」



216: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)21:17:23 ID:yrH

奈緒「というわけなんだ」

千枝「千枝、それ知ってます。でもああいうのは、大抵何かだけとかの極端な話が多いですから……」

奈緒「だよなぁ……」

由愛「栄養を偏りなく接種していれば……その…」

奈緒「うんうん、由愛の言う通りだな」ナデナデ

由愛「えへへ……」ニコニコ

千枝「雪美ちゃんはポテトって好きかな?」



217: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)21:20:37 ID:yrH

雪美「米軍のAレーションでは、毎食ほぼ必ずジャガイモ料理が多用される……」

「例えば、肉料理の添え物として、独立したメニューとして。もちろんフライドポテトだけでなく、ハッシュドポテトにベイクドポテトにマッシュポテト。さらにはポテトケーキ等多彩」

「ちなみにトウモロコシやライス等で代用されることもあり、感謝際ではサツマイモやタロイモがメインになることも」

「そもそも南北戦争においてジャガイモを支給され、それを現場の兵隊がベーコンのしたみ脂で揚げた……」



三人『!?』



218: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:15:37 ID:yrH

奈緒「ゆ、雪美?」

千枝「雪美ちゃん、苺だけじゃなくてジャガイモも好きなんですか?」←錯乱中

雪美「……」



「(///)」ポッ

由愛「あ……照れてます」

奈緒(可愛い)カシャカシャ

千枝(可愛いです)カシャカシャ

雪美「ダメ……撮らないで」テレテレ

由愛(可愛いです)シュバババ

雪美「スケッチも……駄目」



219: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:17:24 ID:yrH

奈緒「まぁ、とりあえず三人だけならアタシがおごってやるよ」

「トラプリのCDも出たし、小遣いがごきげんだからな」

千枝「わぁ……ありがとうございます」

雪美「じゃあ……ここからここまでの棚のを」

由愛「まってちがう」



220: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:22:14 ID:yrH

アリガトウゴザイマシター

雪美「ホットミルク……おいしい」ズズズッ

由愛「ココアも温かいです」フゥーフゥー

千枝「大人っぽくカフェオレを注文しました」エッヘン

奈緒「砂糖は忘れるなよ……」

「そういえば、凛達NG組もなんか言ってたな。ブラックコーヒーが大人っぽいって」

雪美「ブラック……人が飲めるモノじゃない」

由愛「苦いのは苦手です……」

千枝「千枝も……志保さんにエスプレッソですか?頂いたのですが」

奈緒「あぁ……アレは特殊過ぎるからな。大人でも好き嫌いはあるな」



221: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:23:58 ID:yrH

奈緒「ま、飲物ぐらいで大人の気分を味わえるならいいじゃないか」

「どうせ数年すれば、アタシ達も大人の仲間入りだしな」

雪美「でも……7年前から10歳…」

由愛「メタい」



222: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:27:49 ID:yrH

奈緒「変に気取ったこと言ったからかな?」テレテレ

千枝「そんなことありません。奈緒さんは千枝から見れば、すっごく大人です!」

奈緒「へへへ……そうか」

雪美「うん……凛や加蓮にいじられてるのは可愛い」

奈緒「うっ……」

由愛「雪美ちゃん!」

千枝「と、とりあえず事務所にいきましょう!加蓮さんも待ってますから」

奈緒「ソウダナー」

由愛「奈緒さーん!」



223: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:40:36 ID:yrH

――昼時

千枝「はい、ポテトの彩りグラタンですよ」

雪美「レシピは海自の潜水艦『やえしお』の項目参照」

アツアツ

加蓮「あ゛ーい゛ぎかえるぅ」

奈緒「あ、復活した」

凛「ただのイモ不足だったわけね」

加蓮「イモ不足って……まぁ否定しないけど」

奈緒「まぁ、一見落着かな」

千枝「こうやって緑黄色野菜と組合せれば、ジャガイモだけでなく他の栄養も取れますから」

加蓮「さすがね」ハフッハフッ

奈緒「食べるか喋るかどっちかにしろ!」

凛「はぁ……まぁいいか。ありがとうね。千枝」

千枝「えへへー」

雪美「千枝、おかわり」スッ

由愛「もう食べちゃったの!?」

ハヤーイ

オイシイハセイギ

ナニソレー



(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー



224: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/12(水)22:41:59 ID:yrH

ハウスのレトルトシチューでグラタンもどきを作ったがやや濃かったので、牛乳で薄めたら結構成功

とりま、フライドポテトの食べ過ぎには注意しましょう



元スレ
【モバマス】千枝「今夜の夜食は」ネネ「食べ過ぎ注意ですよ」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1536416626/