5: 代行ありがとうございます 2012/12/21(金) 19:21:00.80 ID:rgzf6Sz40

菫「くそっ!なんてことだ!」

菫「せっかくサンタさんが来るためにって、家の煙突掃除してたのに・・・」

菫「このままじゃ、サンタさんが家に入れないじゃないか!!」

菫「くぅっ・・・どうするか・・・」くっ・・・

菫「こんな時に限って、家には誰もいないし・・・」

菫「でも、自力じゃ無理そうだし・・・」

菫「誰かに助けてもらわないと・・・」



11: 菫さんはピュア 2012/12/21(金) 19:28:16.17 ID:rgzf6Sz40

菫「ここからなら、大声で叫べば誰か気づいてくれるはず」

菫「・・・少々恥ずかしいが仕方ない」

菫「せっかくこの一年、いい子にしてたんだ」

菫「クリスマスにサンタさんからプレゼントをもらえないなんて・・・」

菫「あってはならないことだ!!」

菫「すいませーん!!誰かーーー!!!」

菫「助けてくださーい!!」

し~ん・・・

菫「・・・だめか」

ギィッ・・・ギィッ・・・

菫「!?」

菫(誰か気づいて、ハシゴをのぼってきた!)

安価>>15



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:29:34.66 ID:79RNKL7yO

あわあわ



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:37:12.80 ID:rgzf6Sz40

淡「ってあれー?菫先輩?」

菫「えっ?・・・大星か!?」

淡「なにしてるんですか?こんな所で?」

菫「かくかくしかじかなんだ、助けてくれ!」

淡「えっ、サンタさん?煙突掃除?プレゼントが貰えない?」

淡「・・・プッ」クスッ

淡「あははははっははははは」(爆笑)

菫「おっおい!何笑ってるんだ!!」

淡「いやーごめんなさい、色々おかしくって」ケラケラ

淡(菫先輩ってサンタ信じてんのまだ?もう高三でしょ?)グフフッ

淡(そして煙突に詰まるって・・・)プクッ

菫「おい、早く助けてくれよ」

淡「あーはいはい、分かってますよー」クックックッ

淡(・・・さて、どうしたものかなー?)

安価>>25



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:38:24.01 ID:6MDPBzxW0

スカート脱がして放置



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:46:08.55 ID:rgzf6Sz40

淡「じゃあとりあえず、引っ張ってみますね」ヨイショ

菫「あぁ、よろしく頼む」

淡「いきますよー、・・・せーの!」

グィーーーーーーー

菫「いててて!」ギューッ

淡「おりゃーーー!」グイグイ

菫「痛いって!痛い痛い!!」ギチギチ

淡「んー・・・駄目だなー」ふむ

菫「はぁっ・・・死ぬかと思った・・・」はぁはぁ

淡「方法が悪いのかも、・・・先輩家の中にお邪魔してもいいですか?」

菫「いいけど・・・どうするんだ?」イテテ・・・

淡「煙突の中の方から引っ張ってみます」

淡「その方が、上手くいくかも!」

菫「そうか・・・わかった」コクン



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 19:51:53.26 ID:rgzf6Sz40

菫宅 家の中

淡「へー、なかなかの家だなぁ」

淡「まぁ煙突あるくらいだしなー、・・・っと暖炉みっけ♪」

淡「せんぱーい!聞こえますかー!」

菫宅 屋根

\キコエマスカー!/

菫「おぉ!聞こえるぞー!」

淡「今から引っ張りますねー!」

菫「頼むーー!!」

淡「さてと・・・」ギュッ

淡(へー、菫先輩って私服でもスカートとか穿くんだ、以外ー)ほへー

菫「どうしたー!?」

淡い「・・・あっ、なんでもないでーす!」



43: >>39その状態だったら絶対みんな助けてくれないでしょ? 2012/12/21(金) 20:00:00.04 ID:rgzf6Sz40

淡「せーの、おりゃぁー」グイグイ

菫「いたたたたたたた!」

淡「駄目だ・・・全然動かない・・・」グイーッ

ビリッ

菫 淡「!?」

淡(しまった!スカートが・・・)あちゃー

菫「おい!今もしかしてスカートが破れ・・・」

淡「ちっ・・・違います違います!」

淡「引っ張ってたら脱げちゃっただけです!!」

菫「そうなのか?」

淡(どうしよー!?これよく見たら、超高級ブランドのやつじゃん!)

淡(・・・これ、絶対先輩に怒られる)あわわわ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:05:33.07 ID:rgzf6Sz40

淡(直すか、新しいの買わないと・・・)あせあせ

菫「おーい!どうしたんだー?」

淡「!?」ドキッ

淡(こうなったら、先輩に気づかれないうちに・・・)

淡「・・・あのー!実は私用事思い出しちゃってー!」

菫「・・・・・・・は?」

淡「すいません!これで失礼します!」

菫「おいちょっと待て!先に私を助けて・・・」

淡「緊急事態なんです!また後で来ますから!!」

菫「・・・」

菫(私が一番緊急事態だと思うんだが・・・)



52: 菫さんって抜けてるとこあるから(震え声) 2012/12/21(金) 20:11:02.60 ID:rgzf6Sz40

淡「それじゃあ失礼します!!」

タッタッタッタッ・・・

菫「・・・行ってしまった」

菫「あいつ、一体なに考えてるんだ?」

菫「・・・というか、スカート脱がせたままって・・・」

菫「このままじゃサンタさんが・・・」

菫「・・・」スゥッ

菫「誰かー助けてくださーい!」

・・・

ギィッ・・・ギィッ・・・

菫(よし、誰か来たぞ!)

安価>>55



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:12:04.49 ID:wbTpwQxj0

197cmの豊音ちゃん



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:21:18.00 ID:rgzf6Sz40

豊音「あれ?どうしたの?」

菫「!?」ビクッ

菫「・・・お化けが来た」

豊音「えっ!?お化け!?」キョロキョロ

豊音「うえーん・・・お化け怖いよー」ガタガタ

菫(あれ?違うのか?)

豊音「うぅっ・・・こーわーいー」カタカタ

菫「あの・・・ごめん、私の勘違いだ」

豊音「えっ?・・・なんだーよかったぁ」ホッ

菫「それより、私今かくかくしかじかで・・・」

豊音「えっ?助けて欲しい?」

菫「あぁ、お願いできないだろうか?」

豊音(そっかーサンタさんの為かー・・・私の所にもサンタさん来てくれるかな?)

豊音(っと、それよりまずはこの人だね・・・どうしようかな?)

安価>>66



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:23:31.00 ID:mqv73XRN0

液体浣腸をして腹をへっこませば抜けるからやる



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:31:02.49 ID:rgzf6Sz40

豊音「ねえ、全く抜けないのかなそれ?」

菫「あぁ、さっきも人に引っ張ってもらってたんだが・・・」

豊音「ふむむむ・・・ということは、今より穴を大きくするか」

豊音「それとも・・・」う~ん・・・

菫「?」

豊音(煙突だしな~、壊すしかないよね・・・でもそれはちょっとね・・・)

豊音(つまり、煙突をどうにかするんじゃなく、詰まってる方をなんとかすれば・・・)

豊音「・・・!」ピコーン!

豊音「いい案が思い浮かんだよ!」

菫「本当か!?」

豊音「うん!その為に、ちょっとお家の方にお邪魔するね!」

菫(・・・どんな方法なんだろう?)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 20:38:02.03 ID:rgzf6Sz40

菫宅 家の中

豊音「え~っと・・・あったあった暖炉」ヒョィ

豊音「む!?なぜか都合良く、おしりまるだしだよ」

豊音「ってことは後は・・・」ゴソゴソ

菫宅 屋根

菫「何してるんだろ・・・」

豊音「ジャジャーン!レディーの必需品、液体浣腸!」ジャジャーン

菫(なんか下でごそごそやってるな・・・)

豊音「よーっし、狙いを定めて・・・」

豊音「・・・そこだーーーー!!」

ブスッ

菫「ひゃひゃぁあっ!!!」ビビクン



89: >>76 のくすってとこに、はまってもうたの人ってタグつけてもらってる者やで 2012/12/21(金) 20:47:07.25 ID:rgzf6Sz40

ピュイッ

菫「ひゃぁっ・・・何をぉ・・・」プルプル

豊音「浣腸したんだよ!カンチョー!」ニコッ

菫「なぁっ・・・」プルプル

豊音「ようするに、詰まってるあなたを細くすればいんだよ!」

豊音「すなわち、お腹の物全部出せば、ウエストが細くなって抜けるはず!」

菫「なっ・・・なんでそうなる・・・」プルプル

豊音「仕方ないよ、緊急事態だもん」

豊音「さあ!全てをぶちまけて!!」

菫「そんなの・・・無理に決まって・・・」プルプル

グルルルルルルル・・・

菫「・・・あっ」フッ

菫(・・・もう限界だ)

(以下自主規制、ちゃちゃのん音頭でもお楽しみ下さい)



98: 書いてて自分でも頭痛くなってきた 2012/12/21(金) 20:55:39.17 ID:rgzf6Sz40

菫(いちごのようにかわいくて~♪)(菫さん排泄中)

豊音「う~ん、便秘だったの?よくでるねー」

菫(いちごのように甘酸っぱい~♪)

豊音「勢いがいいよ~、これならいけるかも!」

菫(それがいちごの生きる道~♪)

豊音「全然治まらないね」

菫(決して甘い道じゃない~♪)(菫さんまだまだ排泄中)

豊音(うっ・・・さすがに臭いが・・・)うぷっ

菫(ベリーナイスな人生を~♪)

豊音(・・・これ後で、どうするんだろう)

菫(産地直送送りたい~♪)(菫さん排泄終了)

豊音「あっ、止まった」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 21:01:24.86 ID:rgzf6Sz40

菫「ひぃー・・・ひぃー・・・」はてっ・・・

豊音「どーお?抜けそう?」

菫「・・・・・だろう」ボソッ

豊音「えっ?なになに?聞こえないよー」

菫「・・・・・・・」ブチッ

豊音「?」

豊音(なんか今、ブチッって音が・・・)

菫「こんなことでぇええ!!!!!!」

菫「抜けるわけぇえええええ!!!!!」

菫「無いだろうがぁあああああ!!!!!!!!」(大怒号)

豊音「!?」ビクッ

菫「お前・・・後で、○す・・・絶対○す」

豊音「ひいいいいいいい」カタカタ



122: なぜ俺の書く宮守勢は、毎回クズになるのか・・・ 2012/12/21(金) 21:11:08.58 ID:rgzf6Sz40

豊音(どっどどどどどど、どうしよう・・・)カタカタ

豊音(逃げなきゃ・・・)そろーり

菫「おい!お前!!」

豊音「!?」ドキン

菫「逃げるつもりか?もしかして・・・」ゴゴゴゴゴ

豊音「ひぃっ・・・」ビクビク

菫「・・・もし許してほしいのなら、とりあえず部屋の掃除をしろ」

菫「もちろん、来る前よりきれいにしろよ?それが礼儀だ」ゴゴゴゴゴ

菫「自分で舐めれると思うくらいきれいにしろ」ゴゴゴゴゴ

菫「そしたらさっさと帰れ、私がおとなしいうちに・・・もうお前の顔なんて見たくない」

菫「そうじゃないと私は、お前を本当に・・・」ゴゴゴゴゴ

豊音「ひぃっ・・・やりますやります!やらせてください!!!」ビクビク

菫「・・・後、私のおしりもふいとけよ」



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 21:19:38.84 ID:rgzf6Sz40

数十分後

菫(あいつは帰ったか・・・まぁいい)

菫(あんなクソ野郎に助けてもらうなんて、こっちから願い下げだ!)フン!

菫(部屋の掃除は一応やったようだしなあのクソ野郎、後私のおしりもふいてた)

菫(・・・いや、クソ野郎はある意味私か・・・ってなんでそうなる!!)

菫(全部あいつのせいだろ!?私は悪くない!!)

菫「・・・いや、もうあのことは全部忘れよう」

菫「きっとあれは全部悪い夢だ、そうに違いない」コクン

菫「それに私は早く助からないといけないからな、サンタさんの為にも」うんうん

菫「というわけで・・・、誰かー助けてくれー!!」

・・・

ギィッ・・・ギィッ・・・

菫(・・・次は誰だ)ゴクリ

安価>>135



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 21:20:21.50 ID:XrxkyosM0

コーチ



145: >>134一番最初の元ネタがギャグエロ漫画ですし・・・ 2012/12/21(金) 21:28:37.40 ID:rgzf6Sz40

久保「ん?なんだこれは・・・」

菫(ん、大人の人が来たな・・・)

菫(これは助かるかも・・・)

久保「どうした?なにがあった?」

久保「助けて欲しかったようだが?」

菫「あぁあの、すいません」

菫「実はかくかくしかじかで・・・」

久保「ほう、煙突に詰まってねぇ・・・」ふむ

菫「助けてくれないでしょうか?」

久保「・・・」

久保(こんなマンガみたいな事、本当にあるんだな・・・)

久保(さて、どうしたものか・・・)

安価>>150



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 21:29:49.36 ID:JJTqzsnY0

ドムに上から押してもらう



163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 21:42:18.14 ID:rgzf6Sz40

久保「・・・しかしこれ、一人ではどうしようも無さそうだな」うーむ

菫「実際、何人かに助けてもらう機会があったんですが・・・」

菫「どちらもなんとも・・・」

久保「そうだな、とりあえず人手がいるだろうな、なおかつ力がありそうな人間を・・・」

久保(うちで言えば誰だ?)

久保(福路はそういうタイプぽくないし、吉留も力のイメージはないな)

久保(文堂もあいつヒョロいしな、池田は・・・)

久保「池田ァッ!!!」カッ

菫「!?」ビクッ

菫(なんだ急に、この人・・・)ドキドキ

久保「すまない、ついいつものクセで・・・」

久保(池田は、あいつ運動神経は良さそうだがパワータイプじゃないな)ふむ

久保「ということは・・・よし」ピポパ

菫「あの、何を?」

久保「なーに、ちょっとした助っ人さ」二ヤッ



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 21:51:11.59 ID:rgzf6Sz40

十数分後

久保「おっ!来たか!」フッ

純代「あの・・・、なんの用でしょうかコーチ?」

菫「!?」

菫(なんだコイツ!?声が私とそっくりだ!?見た目は全然違うのに!!)

久保「いやどうもな、この子がかくかくしかじからしくてな」

純代「はぁっ・・・それで?」

久保「それでって・・・、お前の力で助けてやってくれ!力持ちのお前なら余裕だろ?」

純代「いや私、別に力持ちってわけじゃ・・・」

久保「もー!細かいことはいい!」

久保「とりあえず押せ!お前の重さなら、それでいけるだろ!」

純代「なっ!?・・・ひどい、そんな言い方・・・」ずーん

菫(この二人、どういう関係なんだ?さっきコーチって言ってたけど・・・)うーむ

純代「・・・はぁっ、あの・・・とりあえず助けますね?」

菫「・・・あぁっ!よろしく頼む」ハッ!



172: >>166 土居坂崎先生は神だからね 2012/12/21(金) 21:59:49.75 ID:rgzf6Sz40

純代「えっ?」

純代(この人の声・・・)

久保「どうした深堀?」

純代「あっいえ、なんでもないです・・・」

菫(深堀さんねぇ・・・ふむ)

純代「あの、それじゃあ押してみますね?」

菫「それで頼む」コクン

菫(掃除してるとはいえ、下の様子も確認できてないしな・・・)

菫(なんとか私が先に、家の中を確認しないと)

純代「いきますよ・・・、せーの!」

グググググググッ・・・

菫(・・・あれっ?さっきより痛くない・・・けど)

純代「どっ・・・どうですか・・・」ググググググッ

菫「・・・駄目だ、ビクともしない」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:08:22.42 ID:rgzf6Sz40

純代「そうですか・・・」ハァッ・・・

菫(案外お腹の中の物出した効果があったのか?)

純代「コーチ、どうしましょうか?」

純代「・・・ってあれ?コーチ?」キョロキョロ

純代「コーチどこに・・・」カサッ

純代「・・・あっ、これコーチの置き手紙だ」パサッ

菫「なんて書いてあるんだ?」

純代「えー『すまない大事な会議があるのを忘れてた、後は全部お前に任せた深堀 久保』」

菫 純代「・・・」

菫 純代「えぇえええーーー!!」

純代「なんでなんですかぁー!コォーチィー!!!」

菫「・・・また見捨てられたか」ヘッ・・・



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:17:35.88 ID:rgzf6Sz40

純代(えっ、ちょっ、私に任せるってそんなの・・・)うわわわ

純代(一体私にどうしろ!?)チラッ

菫「・・・」ジーッ

純代(めっちゃこっち見てる!!!)

菫「・・・なぁ、私たちって似てると思わないか?」ハハッ

純代「・・・はぁ」

菫「・・・特に声が、なぁそう思うだろ?深堀さん?」ニコッ

純代「そっ・・・そうかもですね・・・」アハハッ・・・

菫「そんな似た者同士の私たちだ、困ってる私をほっとけないよな?人事じゃないよな?」

菫「なっ?深堀さん?」ゴゴゴゴゴ

純代(目が怖い・・・)ゾクッ

純代(でもどうやって助ければ・・・方法が・・・)

純代(・・・私、どうすれば?)

安価>>185



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:19:16.74 ID:9d6POaeU0

逃げるんだよぉ! スモーキーーッ!!



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:29:34.15 ID:rgzf6Sz40

純代(正直逃げたい・・・でもどうすれば・・・)

菫「私と同じ、黄金の魂を持つものなら助けるはずだろ?」

純代「!?」

純代(今のってたしか・・・)

菫「Luck!(幸運を)PLUCK(勇気をッ!)」

純代「それ関係ないでしょ・・・」

菫(くっ、ニワカなのがバレた・・・)

純代(あれ?でもこのノリなら・・・)

クルッ

菫「ん?どうした?」

純代「逃げるんだよォ!スモーキーーーーーッ!」

タッタッタッタッ・・・

菫「・・・・・・えっ」

純代「どけーッ、ヤジ馬どもーッ!!」



208: さすがに自分からはもう、ジョジョネタ自重します 2012/12/21(金) 22:38:03.12 ID:rgzf6Sz40

菫「・・・」

ヒュー・・・(風の音)

菫「なんかジョジョのノリで逃げられたー!!!」

菫「なんでだよ!なんで逃げるんだ!!」

菫「そしてなんだとスモーキーって!?」

菫「煙突だから・・・」ハッ!

菫(・・・これ以上言ってはいけない気がする)

菫(今私の中で、審議中だが・・・結果は却下だった)

菫「くっ!もういい!」

菫「次だ次!誰かー助けてくれー!!」

・・・ギィッ・・・ギィッ

菫(ほら来た!WRYYYYYYYYYYーーーーーーッ!)

安価>>215



215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:39:01.19 ID:79RNKL7yO

あわあわ



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:50:10.93 ID:rgzf6Sz40

淡「菫先輩ただいま~♪」

菫「大星!?お前帰ってきたのか!?」

淡「はい!用事も済みましたから!」

淡(結局似たような安物に買ってきたけど・・・大丈夫だよねこれで?)

淡(菫先輩だし、きっと気づかないよね?)

菫「うぅ~大星ぃ~」グスグス

淡「ちょっと!?先輩泣いてるの!?」

菫「う~~ううう、あんまりだ・・・みんな私を助けてくれない」ヒッグヒッグ

淡「ちょとちょと、先輩そんなに泣かないで・・・」あわわ

菫「・・・ふぅー、泣いたらすっきりした」

淡「・・・ありゃ?」

菫「大星!早く助けてくれ!」

淡(も~・・・この人は~・・・)ヤレヤレ

淡(さって、どうしよっかな?)

安価>>230



230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 22:51:00.02 ID:wbTpwQxj0

大宇宙パワーで菫さんごと煙突を吹き飛ばす



243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:02:44.99 ID:rgzf6Sz40

淡「もーこうなったら、私も本気だしちゃうよ!」

淡「先輩!煙突ぶっ壊しちゃうけどいいですか?」

菫「なっ、そんなことしたらサンタさんが・・・ていうか、そんなの無理だろ?」

淡「私の大宇宙パワー、もといセブンセンシズを使えば楽勝だよこんなの!」

菫「おいおい、私を舐めてるのか?高三だぞ?」

菫「お前のような少女が、煙突壊せるわけ無いだろ?」ハハッ

淡(サンタさん信じてるくせに、よく言うね)

菫「まっ、そこまで言うらやってみろよ」ケラケラ

淡「むー、信じてないな」

淡「後で後悔してもしらないからね!」バッ

淡「はぁぁぁぁぁあああああ」グググッ

菫(ん?なんだあの構え・・・)

淡「○ガサス!流星拳!!」ゴッ!



248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:08:03.07 ID:rgzf6Sz40

菫「えっ」

ドガガガガガガ

淡「おりゃああああ!」

菫「きゃあーーーーー」

ヒュー・・・キラン

淡「フッ、彼方まで飛ばしちゃったね」

淡「そう、まるで流星のようにね」キメッ

淡「・・・!」

淡「しまった!先輩もろともフッ飛ばしちゃったよー!」

淡「わーーーー!どうしよー!」

淡「先輩に怒られるーー!!!」あたふた



261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:15:30.37 ID:rgzf6Sz40

ヒュー・・・

・・・ズドン!!

菫「いたたっ・・・助かったのか?」

菫「まさか大星が聖闘士だったとは・・・」

菫「・・・ロケット団の気分だよ、今私は・・・」

菫「煙突がなければ即死だった・・・って、まだ抜けてないし!!」

菫「どんなけ頑丈な煙突なんだよ!ていうかもうこれ煙突じゃないよ!」

菫「はたから見たら、土管にでもハマってるかと思われるよ!」

菫「うぅっ・・・なんだってんだよ・・・もうやめたげてよぉ・・・」

菫「誰か助けてくれぇ・・・」グスグス

ガサッ・・・

菫「・・・誰か来た」グスン

安価>>265



265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:16:08.76 ID:liXD2kYI0

ちゃちゃのん



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:28:01.84 ID:rgzf6Sz40

いちご「大きい音がしたから来てみれば、なんじゃこれ隕石か?それともUFO?」

いちご「もしかしたら、宇宙人が・・・」ドキドキ

菫「・・・」どよーん

いちご「きゃぁーーー!!宇宙人じゃーーーー!!!」(絶叫)

菫「何!?宇宙人だと!?どこだどこだ!」キョロキョロ

いちご「いや、あんたのことなんじゃが・・・」

菫「私!?私は地球人だぞ!!」

いちご「なんじゃ違うのか、残念じゃ・・・」

いちご「というか、あんた何者何じゃ?」

菫「そうだ!実は私かくかくしかじかで・・・」

いちご「はっ?煙突?サンタ?聖闘士?」

菫「とにかく、助けてくれ!!」

いちご(何を言うとるのかよくわからんが・・・ちゃちゃのんはどうしたらええんじゃろ?)

安価>>290



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:29:25.80 ID:M4GM1vAU0

はまる



298: 状態としては、>>292 2012/12/21(金) 23:39:38.95 ID:rgzf6Sz40

いちご「というかこれ、ほんまに煙突なんかの?」ジロッ

菫「おい後ろをあんまり見るなよ!」ドキッ

いちご「おろ?おしり丸見えじゃの」

菫(くぅー、まさかあの事がここに響いてくるとは・・・)

いちご「んーそれにしても、外国の煙突じゃの」よっと

菫「おい、中に入ってくるなよ!」

いちご「ええじゃろが、ちょっとくらい・・・」

菫(おしりに息が・・・)カーァッ

いちご「あたちゃーほんまにぴっちりじゃの」

菫「おい!もう出ろよ!」ジタバタ!

いちご「はいはい、わかりましたよー」

グイッ

いちご「・・・あれ?」



305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:46:48.88 ID:rgzf6Sz40

菫「おい、どうした?」

いちご「・・・」グイグイグイ

菫「さっきから息がかかって、うっとおしいんだが・・・」ドキドキ

いちご「あのー、大変言いにくいことなんじゃが・・・」

菫「なんだ、どうしたんだ?」

いちご「実はあのー・・・ちゃちゃのんもどうやら・・・」

菫「なんだよさっきから、はっきり言えよ!」

いちご「・・・ちゃちゃのんも詰まってもうたんじゃ」

菫「・・・・・はっ?」

いちご「だ・か・ら!」

いちご「ちゃちゃのんも、この煙突に詰まって抜けなくなったんじゃ」

菫「」



318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 23:55:46.54 ID:rgzf6Sz40

菫「なに・・・やってんだよ・・・」(絶望)

いちご「いやーやっちまったのう」テヘへ

菫「なんでそんなのんきなんだよ!もっと焦れよ!」

いちご「そう言われてものう・・・なってもうたもんはしゃーないし」

菫「だからって、その反応って・・・」

いちご「あっ、オナラとかは駄目じゃぞ?」

いちご「ちゃちゃのんの顔に、直接きてしまうからのう」

菫「そういう問題じゃないだろ!」

いちご「無論、糞尿も厳禁じゃぞ?」

菫「やらないよ!そんなの!!」

いちご「・・・ほんとかのう?」



330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:04:11.19 ID:D7ESNMrH0

菫「なっ、何がだよ・・・」ドキッ

いちご「このおしりは怪しい・・・」ジィーッ

菫「おい!あんまり見るなよ!」

いちご「ん?何の事じゃ?」

菫「お前!私のおしり見てるだろ!」

いちご「べっつに見とらんがの?」

菫「嘘つけ!絶対見てるだろ!」

いちご「そっちからじゃ、わからんじゃろ・・・」

菫「私はわかるんだよ!」

いちご「なんじゃそれ・・・」ヤレヤレ

ガサッ

菫「あっ」

いちご「どうしたんじゃ?」

菫「・・・誰か来た」

安価>>335



335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:04:50.80 ID:uajQQJQ80

シーズンオフケーキ目当てのすこやん



350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:17:23.02 ID:D7ESNMrH0

健夜「ケーキ屋さんに下見~、おいしいケーキを下見~」ルンルン♪(スキップ)

健夜「ふふっ、クリスマスが終わればケーキ安くなるからね♪」

健夜「26日はケーキパーティだ!!」フフッ

健夜「・・・・・リア充共は爆発しろ」ボソッ

健夜「・・・♪~~♪~~」(スキップ再開)

健夜「ん?何あれ?」ピタッ

健夜「巨大な・・・人?」

菫「助けてください!」

健夜「えっ?」

いちご「ちゃちゃのんからもお願いじゃー!」

健夜「!?」

健夜(これ、下半身は別の人!?どうなってんのこれ!!?)

健夜(・・・私、どうすれば・・・)

安価>>355



355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:18:21.33 ID:chRVfYNx0

119して帰る



370: 洋榎ちゃんができなかったことを、こうもたやすく・・・!! 2012/12/22(土) 00:25:57.29 ID:D7ESNMrH0

健夜「・・・えーっと、助ければいいのかな?」

菫「はい、お願いします!」

いちご「おぉここに救いの女神がおるんじゃな!」

健夜「それじゃあちょっと待っててねー」ピポパ

菫「えっ?何を・・・?」

健夜「んー?助けを呼ぶんだよ?」トゥルルルル

菫「・・・」

菫(またこのパターンか・・・、これはまた助からないな・・・)ハァッ

いちご「どこに電話してるんじゃ?」

健夜「んー?119だよ?」

健夜「こういうのはレスキューに頼んだ方はいいでしょ?」

菫「!?」

菫「・・・・・・その手があったのか・・・」(愕然)



378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:33:02.24 ID:D7ESNMrH0

健夜「あっ、もしもし」

健夜「レスキューお願いします、二人少女が困ってるんです」

健夜「それじゃあ、お願いしますねー」プツン

健夜「はい、これでいいかな?」

菫「あぁっ・・・これでやっと・・・」パァァ

健夜「それじゃあ私はもう行くね、大事な下見してこなきゃいけないから」

菫「はい!ありがとうございました!」

健夜「じゃーねー」

スタスタスタスタ・・・

菫「はー良かったー、やっと助かる!」

いちご「・・・」

菫「・・・おい、どうしたんだ?助かるんだぞ?もっと喜べよ」

いちご「一つ、疑問があるんじゃが・・・」

菫「ん?何だ?」



381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:38:11.02 ID:D7ESNMrH0

いちご「さっきの人、レスキュー呼んでくれたようじゃが」

菫「あぁ、もう助かるぞ私たち!」

いちご「・・・場所、言うとったか?」

菫「・・・・・・・・・・・え?」

いちご「レスキューお願いしますってのは聞こえたがのう」

いちご「どこそこに、ってのが聞こえんかったんじゃ」

いちご「もし、場所がわからんのじゃったら」

いちご「レスキューの人らも、これないんじゃないかの?」

菫「」

いちご「・・・なぁ、どうじゃったんじゃ?」

いちご「さっきの人は、ここって場所を・・・」

菫「・・・・・・ってなかったよ」

いちご「えっ?」

菫「場所がどこかだなんて、言ってなかったよぉーーーーー!!!!!」



390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 00:45:29.48 ID:D7ESNMrH0

いちご「おぉ・・・やっぱり」あちゃー

菫「なんだよ!!なんでもっと早くそのこと言わなかったんだよ!!!」

いちご「じゃから、よう聞こえんかったと・・・」

菫「それでも大事なことなんだからちゃんと言っとけよな!!」

いちご「・・・ちゃちゃのんに怒るのは筋違いじゃないかのう?」

菫「・・・なんだと!」

いちご「ちゃんと場所を言わんかったあの人、ひいては」

いちご「そこに気づかんかった、そっちのせいじゃないかのう?」

菫「・・・でも、それならそっちだって・・・」

いちご「言うたじゃろ?よう聞こえんかったって」

いちご「そっちはしっかり聞こえとったはずじゃぞ?それともなにか?」

いちご「おしりの方に目は見えても、正面の声は聞こえんのかのう?」

菫「・・・」



398: 久しぶりに、ちょっとむかつくちゃちゃのんを 2012/12/22(土) 00:53:04.01 ID:D7ESNMrH0

いちご「・・・なにか反論は?」

菫「・・・無いよ別に、実際そういうことなんだしな」

いちご「じゃっ、謝ってもらおうかの」

菫「なっ!」

いちご「だってほうじゃろ?間違いとはいえ、一度はちゃちゃのんの事を責めたんじゃ」

いちご「その事を謝罪するのも筋のはずじゃが?」

菫「・・・・・・くっ、わかったよ」

菫「・・・そっちのせいにして悪かったよ」

いちご「えっ?なんて言うたんじゃ?」え?

菫「おい!今私はちゃんと謝ったぞ!」

いちご「だーかーらー、言うとるじゃろ?よう聞こえないって」

菫「ちっ・・・私が悪かったよ!!すまなかった!!」

いちご「ん、まぁ次から気をつけるんじゃな」ふむふむ

菫(・・・こいつ、なんかムカつくな)



405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:01:55.47 ID:D7ESNMrH0

菫「・・・で、これからどうするんだ?」

いちご「どうするもこうするも、助けを待つ他ないじゃろ」

いちご「一応レスキューには一度連絡がいくはずじゃ、そこでもしかしたら何かしら対処してくれるかもしれん」

いちご「まっ、イタズラ電話と勘違いされたらそれで終わりじゃがの」

菫「・・・なんでそう、冷静なんだよお前は」

いちご「焦っても仕方ないじゃろ?急がば回れ」

いちご「今できることを、冷静に判断すべきなんじゃ・・・今は」

菫(・・・なんだよコイツ・・・これじゃ私のキャラがないじゃないか!)

菫(普通逆だろこの感じ!これが場数の違いか!?)

いちご「ほら、なにしとるんじゃ早く助けを呼ぶんじゃ」

菫「あぁっ・・・、誰かー!助けてー!」

ガサッ・・・

安価>>410



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:02:53.86 ID:Cy2pWpkn0

レスキュー隊の格好をした愛宕ネキ



425: ちなみに洋榎ちゃんは、本当にレスキューっぽい格好をしています 2012/12/22(土) 01:17:25.03 ID:D7ESNMrH0

洋榎「そ~の~ち~の~運命~愛宕~♪」

菫(・・・あれ?あの格好ってもしかして)

洋榎「ん?なにやってのそれ?」

菫「もしかして・・・レスキューの人か!?」

洋榎「えっ」

いちご「なんじゃなんじゃ!?もしかしてきてくれたんかのう!?」

菫「だってなんか!レスキューっぽい格好してるし!!」

洋榎「えっこれ?」

洋榎(一応冒険者の設定やってんけどなぁ・・・なんか間違えたかな?)

菫「あの・・・さっき電話した者です!助けてください!!」

いちご「ちゃちゃのんからもお願いじゃー!」

洋榎(なんや状況がよう飲み込めんが・・・)

洋榎(レスキューを呼んでたようで、それをうちと間違えてそんで今、うちに助けを求めてると)

洋榎(・・・こんなところか?・・・うちどうしたらええんやこれ?)

安価>>430



430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:18:26.42 ID:2ViR3lv10

ちゃちゃのんのお尻の穴に指を突っ込んで抜けなくなる
必死に抜こうとする振動で菫さんのお腹の残りものが出てくる



447: 頭痛い・・・とりあえず、一個ずつ片づけていこう 2012/12/22(土) 01:30:53.75 ID:D7ESNMrH0

洋榎「あぁー・・・わかった、とりあえず助けるわ」

菫「本当か!?」

いちご「よっしゃー!本物のレスキューなら助かる!」

洋榎「・・・」

洋榎(いまさらもう、否定しにくいな・・・)

洋榎「ちょっと待ってや、今状況を確認するから」ジロジロ

洋榎(うーん・・・前からは無理そうやな・・・)

洋榎(後ろはどうや?)タタッ

洋榎「んー、こっちもキツそうやな・・・」

洋榎「・・・とりあえず引っ張って」

ズルッ

洋榎「!?」

洋榎(うわっ!転ける!どっか掴まらんと!)

ガシッ

いちご「ひゃっ!ちょっと!どこさわっとるんじゃ!」ビクッ



449: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:37:36.59 ID:D7ESNMrH0

洋榎「すまんすまん、ちょっと転びそうになって・・・」なははっ

いちご「じゃからって、白桃のようなちゃちゃのんのおしりに手を置くなんて・・・」

ズルッ

洋榎「あっ」

洋榎(また滑ってもうた!どうなってんねんここら一帯!?)

ズブッ

いちご「ひぐぅっ!!」ビビクン

いちご「なっなっにゃっ・・・何をやっとるんじゃ!!」

洋榎「えっ・・・あぁースマンスマン」

洋榎「転んだ拍子に、親指が穴に入ってもうたわ」テヘヘッ

いちご「なんでそうなるんじゃー!!」

菫(穴って・・・どこの穴だよ)ゴクリ



454: そうか、もういっそ開き直ってエロにすればいいんだ 2012/12/22(土) 01:47:34.98 ID:D7ESNMrH0

洋榎「ちょっと待っとけよ、今抜くからな・・・」グイグイ

いちご「ひゃぁっ!ぃやぁ!」ピクピク

洋榎「あれ、なんか抜けへんなんぁ?」グイグイ

いちご「んひゃぁっ!だめじゃよ・・・もっと優しく・・・」はぁはぁ

洋榎「優しくって言うたかて・・・めっちゃ締め付けられてるから、勢いよくいかんと・・・」

グググググッ・・・

いちご「ふぅん!じゃめぇじゃよ!!」ビククッ

菫(あいつら後ろでなにやってるんだよ・・・)ドキドキ

菫(・・・うっ、不意にお腹が・・・)グルルルル

洋榎「うーん・・・抜けへんなぁ、こうなったら細かい振動で・・・」

コチョコチョコチョコチョ

いちご「ひゃあっ、ひゃぁっ、なんじゃよそれぇ・・・」はぁはぁ

洋榎「これで抜けるやろ!!」グイーーーッ!

いちご「ふああああぁぁぁぁーーーーっ!」ビクンビクン

はてっ・・・



466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 01:55:20.97 ID:D7ESNMrH0

いちご「ふぁっ・・・ふぁっ・・・」ピクピク

洋榎「むぅっ・・・これでも駄目か・・・」

いちご「ひゃひゃのんの・・・おひりぃがぁ・・・」はぁはぁ

菫「・・・」プルプル

洋榎「ん?」

洋榎(前の奴の様子がおかしいなぁ?どないしたんや?)

菫(あいつら・・・妙に動き回るから・・・)プルプル

菫(それに・・・刺激されて・・・)プルプル

菫「・・・もう・・・だめぇ・・・」チョロ・・

チョロチョロチョロ・・・

洋榎「どうしたんやあれ・・・」

いちご「はぁ・・・はぁ・・・」

いちご(なんじゃこれ・・・あったかい・・・)

菫「」



537: 保守ありがとです 2012/12/22(土) 09:56:18.74 ID:D7ESNMrH0

菫(やってしまった・・・最悪だ・・・)

菫(・・・・・・死にたい)

いちご(・・・なんじゃろ、もーどーでもええや)クラクラ

いちご(ちゃちゃのんは一度離脱じゃ・・・)フッ

いちご「・・・」Zzz

洋榎(あれ?このおしりの奴の反応が・・・)

洋榎(・・・オチたか?)ふむ

洋榎(そっかー、人はおしりの穴に指突っ込まれると気絶するんやなー)なるほどー

菫(何がどうなったら、こうなるんだよ・・・)

菫(もう、煙突もサンタさんも関係ないじゃないか・・・)

菫(誰でもいい、早く助けてくれ・・・)

菫(このままじゃ、私はもう・・・)

がさっ・・・

安価>>540



540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 09:57:37.83 ID:mVeRqoze0

ホモが現れる



546: いきなりそれとか・・・もう知らん、どうなっても知らん 2012/12/22(土) 10:11:03.34 ID:D7ESNMrH0

京太郎「おや?あれ何でしょうハギヨシさん?」

ハギヨシ「ん?・・・土管ですかね?」

京太郎「近くに人がいる・・・行ってみましょう!」

ハギヨシ「・・・」

ハギヨシ(はぁっ、デート中だと言うのに京太郎くんは・・・)ヤレヤレ

ハギヨシ(・・・そういう子供っぽいところも、好きなんですがね)フフッ

タッタッタッタッ・・・

京太郎「あれ?よく見たらこれ煙突じゃねえか!?」

ハギヨシ「むっ、人が中に詰まっているようですね」

菫「あっ・・・たす・・・けて・・・」カタカタ

洋榎「なんやなんや!?誰か来たんか!?」

京太郎 ハギヨシ「!?」

ハギヨシ「向こうにも誰かいるようですね」ふむ

京太郎「どうなってんだこれ・・・」



553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 10:20:35.03 ID:D7ESNMrH0

ハギヨシ「京太郎くん、私は向こうの方へ」タタッ

京太郎「はい!お願いします・・・」

菫「ううっ・・・もういやだ・・・たくさんだ・・・」カタカタ

京太郎「一体何があったんですか!?」

ハギヨシ「おやおや、これはこれは・・・」ほほう

洋榎「あっ!ちょっとそこのイケメンさん!助けてもらえんやろか!?」

菫「実はかくかくしかじかで・・・」

洋榎「まるまるうまうまなんや!」

京太郎「煙突掃除?サンタ?ペ○サス流星拳?」

ハギヨシ「ほほう、アナルに・・・ですか・・・」フフッ

菫「お願いだ・・・」

洋榎「助けてくれんか!?」

京太郎 ハギヨシ「・・・」

京太郎 ハギヨシ(どうすればいい・・・?)

安価>>560



560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 10:25:51.61 ID:RgybGx5G0

京太郎ファック



569: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 10:36:16.89 ID:D7ESNMrH0

ハギヨシ「京太郎くん、ちょっとこっちに来てこれを見てください」

京太郎「えっ、なんですかハギヨシさん?」トテテ

京太郎「・・・てぇ!?これは・・・」カーァッ

洋榎「ちょうもお!そんなんええからはよう・・・」

ハギヨシ「どう思いますか、これを?」

京太郎「いや・・・これは、みちゃいけないんじゃ・・・」あわわ

ハギヨシ「いけません!はっきり見てください!」

ハギヨシ「これは駄目なアナルの使い方です!こんな出来損ないのアナルの使い方じゃ!」

ハギヨシ「私は楽しめません!」

洋榎「・・・何を言ってるんじゃこの人」

京太郎「ハギヨシさん、ほんと一体なにを・・・」

ハギヨシ「見せてあげましょう、この方々に・・・」

ハギヨシ「本当のアナルの使い方と言うものを!!」ギラリ



572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 10:44:12.68 ID:D7ESNMrH0

京太郎「!?」

京太郎「ハギヨシさん!?何を!?」

ハギヨシ「素敵滅法!!」

シュババババ

京太郎「俺のズボンが・・・!」

ハギヨシ「それでは行きますよ、京太郎くん」ガシッ

京太郎「えっ」

ハギヨシ「そこの方々もしっかり見ておいてください!」

菫 洋榎「えっ」

ハギヨシ「これが、本当に正しいアナルの使い方です!!」

京太郎「ぎゃああああああああああああ!!!」

(以下自主規制、ちゃちゃのん音頭でもお楽しみください)



578: まさか京ちゃんにこれを使う日が来るとは・・・ 2012/12/22(土) 10:50:55.62 ID:D7ESNMrH0

京太郎「(いちごのように愛らしく~♪)」(京ちゃんファックられ中)

ハギヨシ「(いちごのように好かれてる~♪)」(ハギヨシ、京ちゃんをファック中)

京太郎「(それがいちごの人柄よ~♪)」

ハギヨシ「(決して愛想がいいんじゃない~♪)」

京太郎「(みんなに笑顔を見て欲しい~♪)」

ハギヨシ「(それが私の願いなの~♪)」

京太郎「(小さな小さないちごのような~♪)」

ハギヨシ「(小さな私の願いなの~♪)」

京太郎「(私の笑顔で元気になって~♪)」

ハギヨシ「(あ~ちゃちゃのん音頭~♪ちゃちゃのん音頭~♪)」(ファック終了)

京太郎「(誰かの笑顔は~♪私の笑顔に~♪)」はてっ・・・

洋榎「おぇ~~~~~~~」

菫(・・・もう何もかも嫌だ)



584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:00:10.55 ID:D7ESNMrH0

数十分後

菫(さっきの人は、あの行為に満足したのか帰っていた・・・)

菫(連れの人を抱えて・・・)

菫(・・・本当になにしにきたんだ?)

菫(もうここまで来ると、何が起きても驚かない自分がいる・・・)

洋榎(おっえ~~~~~~~)

洋榎(なんやねんあれ、目つぶったらフラッシュバックするわ・・・今晩夢に出そうや)

洋榎(・・・あかん、思い出したらまおぇ~~~~~~~~~~)

いちご「Zzz」スヤスヤ

いちご「・・・はっ」パチッ

いちご(気失ってたんか・・・って、まだ助かっとらんのか・・・)

いちご「・・・なんかここ臭いのう」プーン

がさっ・・・

菫「あっ、また誰か来た・・・性懲りもなく」

安価>>590



590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:02:38.11 ID:/mO4ZnBD0





593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:14:04.30 ID:D7ESNMrH0

照「・・・菫」ザッ・・・

菫「・・・照」

照「来たよ、菫」

菫「照、どうしてお前がここに・・・」

洋榎「なんやなんや、知り合いか?」

いちご「ちゃちゃのんにも、何が起こっとるか説明してくれー」

菫「照、私・・・」うるっ

照「大丈夫だ、全部聞いてる」

菫「えっ?」

照「淡に頼まれたんだ、『菫先輩をぶっ飛ばしちゃったから、探すの手伝って』ってな」

菫「・・・そうだったのか」

照「じゃあ菫・・・」

菫「あぁ・・・頼む照」

照(さて、どうするか・・・)

安価>>600



600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:16:20.37 ID:gg/hqNWV0

全てを悟り慈愛の表情を浮かべて優しく罵倒する



609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:23:55.85 ID:D7ESNMrH0

照「・・・それにしても菫、お前って本当に・・・」ニコッ

菫「?」

照「バカだよな」クスッ

菫「!!」

照「あぁ、誤解しないでくれ」

照「菫のバカみたいってって言うのは、子供や小動物のあれと一緒だから」

照「決して本気でバカにしてるわけじゃない、その・・・なんていうか・・・」

照「バかわいい?みたいな感じだ」クスクス

菫「・・・照」プルプル

洋榎「なんやこの状況・・・」

いちご「ちょー、ちゃちゃのんにも何が起こってのか詳しくー」

照「だってお前、サンタって・・・煙突って・・・」プクククッ

照「ほんと、菫はバかわいいよ」ニコッ

菫「・・・」



615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:36:58.22 ID:D7ESNMrH0

照「大体始めからおかしいだろ?掃除するならもっと服装選べよ」(1バかわいい)

照「というか、一人で煙突掃除なんてやろうとするなよ」(2バかわいい)

照「後そういえば、今菫下半身すっぽんぽんらしいな?」(3バかわいい)

照「穿いてたスカート、淡が破ってしまったらしいぞ?気づいてたか?」(4バかわいい)

照「あとさぁ、助けを呼ぶときまずレスキューに連絡しとくべきじゃなかったか?」(5バかわいい)

照「どうせ後から気づいて、他人のせいにでもしたんだろ?菫らしいよ」(6バかわいい)

照「それにどうせ、助けの呼び方も具体的な助け方を言わない言い方だっただろう?」(7バかわいい)

照「あれそれこうして下さい、って言えば簡単に助かってだろう、気づいてたか?」(8バかわいい)

照「それになにより、高三でサンタさんって・・・ククッ」(9バかわいい)

照「・・・後お前、SSだからって原作とキャラ違いすぎだ」(10バかわいい)

照「・・・とまぁ、言いたいことはこのくらいかな?」

照(ほんとはまだ言いたいことあるけど、とりあえずここまでだな)

照(あぁ~、久しぶりに私のドSに火が点いたな~)ニコニコ

菫「」



621: もう自分でもなんかよくわかんない 2012/12/22(土) 11:47:05.90 ID:D7ESNMrH0

洋榎(言い過ぎやろ・・・)

いちご(流石にちょっと可哀想じゃ・・・)

菫「うっ・・・、うえ~~~~~~~~~ん!!!」ブワッ

照 洋榎 いちご「!?」

菫「びえ~~~~~ん~~~~~!照がぁ・・・照がぁ・・・」ひっくひっく

菫「照が私をイジメるぅ~~~~~~~!!」え~ん

照「おっおい!泣くなよ菫!本当に子供みたいだぞ!?」

菫「うぇ~~~~~ん!!照のばぁか~~~~!!」うわんうわん

照「ちょっと菫・・・」オロオロ

洋榎「いーけないんだ♪いけないんだ♪」

いちご「せーんせいに言っちゃろー♪」

照「こっこら!ひやかすな!」

菫「うえ~~~~ん!!照なんてもう嫌いだ~~~~!!!」ビービー

照(くそぉ、どうすれば・・・)

安価>>625



625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 11:47:44.08 ID:mVeRqoze0

結婚しよう(迫真)



634: よし、終わろう(確信) 2012/12/22(土) 11:58:04.72 ID:D7ESNMrH0

照「わかった菫!!責任取るよ!!」

菫「うえ~~~ん・・・えっ?」グスングスン

照「菫!私と結婚しよう!」(迫真)

洋榎「えぇーーーー!!なんでそうなるんやーーー!!!?」(驚愕)

いちご「まぁ安価SSじゃし」(冷静)

菫「いいよ」(許可)

洋榎「なんでそっちもそんな軽いねぇーーーーーん!!!」(再び驚愕)

いちご「ほうじゃないと、話進まんし」(解説)

照「これからは全部私がしてあげる!菫のおしりも拭いてあげる!!」

菫「照・・・」ポッ

洋榎「いやそんな事より早く救出を・・・」

いちご「・・・もうこのさい、救出シーンなんてええじゃろ別に」

照「菫!幸せになろう!」

菫「・・・・・うん」コクン



643: 困ったときは結婚エンド(持論) 2012/12/22(土) 12:07:30.50 ID:D7ESNMrH0

数ヶ月後 結婚式場

いちご「それでは聞いて下さい、二人の幸せを願って・・・」

いちご「『ちゃちゃのん音頭ウエディングver』」

いちご「いちごのように~美しく~♪」

洋榎「いやー、なんか色々あったけど助かってよかったわほんま」

絹恵「よかったな、お姉ちゃん」

恭子「でも主将、ほんまにどうやって助かったんですか?」

洋榎「コークスクリューとか色々使ってな、なんとかや」

由子「それでなんで私たちまで、結婚式に呼ばれてるのよー?」

洋榎「ええやないか、細かいことは」

洋榎「祝い事は、たくさんの人で祝った方がええやろ?」

漫(うまっ!結婚式の料理うまっ!)バクバクモグモグムシャムシャ

いちご「今のあなたは誰よりも~♪」

いちご「世界で一番~幸せよ~♪」



650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/22(土) 12:14:29.33 ID:D7ESNMrH0

照「菫・・・」

菫「照・・・」

照「菫♪」

菫「照♪」

照「すーみーれー」

菫「てーーるーー」

照「菫?」

菫「照?」

照「・・・・・菫」ボソッ

菫「・・・・・照」ボソッ

照 菫「・・・ふふっ」

照 菫「二人で幸せになろうな!」

照 菫「菫!(照!)」

どうしてこうなったカン


元スレ
菫「煙突の穴に詰まって抜けなくなった」