1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:32:58.97 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「いいよ、どこが分からないの?」

真美「わかんない!」

雪歩「・・・え、えっと、ちょっと適当に問題だすね・・・問題集貸してくれる?」

真美「ん、いいよ!はいどーぞ!」

雪歩「じゃあ、まずは社会ね・・・えーっと・・・」

雪歩「『645年、中大兄皇子と中臣鎌足らが蘇我氏を倒して始めた政治改革を何という?』」

真美「んー・・・わかんない!」

雪歩「・・・・・・つ、次の問題ね」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:39:35.45 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「『0度の経線が通るのはどこの何という都市か?』」

真美「ブラジル!」

雪歩「『その0度の経線を何という?』」

真美「リンパ腺!」

雪歩「『1889年に日本で作られた、アジア初の憲法を何という?』」

真美「少林拳!」

雪歩「『その憲法において主権者は誰だったか?』」

真美「マー君!」

雪歩「・・・・・・」



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:45:11.18 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「次は数学ね・・・」

真美「うげっ」

雪歩「『次の数を文字式で表しなさい。aの4倍』」

真美「モジシキってなに?美味しいの?」

雪歩「『次の方程式を解きなさい。x+5=12』」

真美「んーっと・・・60!」

雪歩「・・・・・・もういいよ、わかった」

真美「え、もう終わり?真美はまだまだ行けるっぽいよ!!」

雪歩「・・・・・・」



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 00:54:47.51 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「真美ちゃん、学校の授業はちゃんと聞いてた?」

真美「んー、たぶん・・・」

雪歩「たぶん!?」

真美「ほっほら、毎日レッスンとかで疲れちゃって、たまーーーに寝ちゃったりしてるかもだけど・・・」

雪歩「・・・マズイよ真美ちゃん、このままじゃ」

真美「んー、そっかなぁ?真美的にはテストだけいい点とれたらそれでいいんだけどね」

雪歩「それじゃ全然ダメだよ!!というかこの惨状だとテストも危ういよ!!」

真美「ええーっ!?ま、またテストでやらかしちゃったらパパとママにたっぷり怒られるよ、どうにかなんないの!?」



17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 01:01:19.67 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「そりゃあ勉強するしかないんじゃないかなぁ」

真美「だ、だよねー・・・でも勉強ってメンドクサいしやってらんないよー」

雪歩「そうやって後回しにしてきた結果がこれだよ、今からでもちゃんとやらないと本当にマズイことになるよ!」

真美「ゆきぴょんはそう言うけどさぁ、さっきの問題だって1個か2個くらい正解してるっしょ?」

雪歩「1個もしてないよ!!0点だよ!!」

真美「え、ウソ!?逆パーフェクトじゃん!!すごい!!」

雪歩「全然すごくないよ、あまりに酷すぎて私ちょっと手出しちゃいそうになったもん」

真美「え・・・そ、それはジョーダンだよね、あはは」

雪歩「・・・」

真美「・・・!!」ゾクッ



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 01:07:15.03 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「勉強しよう、真美ちゃん!!」

真美「う、うん、真美がんばる」

雪歩「私にできることなら手伝うから、真美ちゃん自身の将来のためにも頑張るんだよ」

真美「わ、わかった」

雪歩「とりあえず、さっきの問題の答え言っていくね・・・」

雪歩「えっと、『645年、・・・』これは『大化の改新』」

真美「あーねー、なんか聞いたことあるなー」

雪歩「次が『イギリスのロンドン』」

真美「あーロンドンね、言われたらわかるんだけどなー」

雪歩「次は『大日本帝国憲法』、その次が『天皇』」

真美「あーハイハイハイ、そんな感じだよねー」

雪歩「・・・・・・」イラッ



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 01:16:37.46 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「で、数学が・・・1問目は『4a』、2問目が『x=7』」

真美「なるほどね、わかるわかるー」

雪歩「わかったんだね、じゃあ同じ問題で復習しよっか」

真美「えっ」

雪歩「『645年、中大兄皇子と中臣鎌足らが蘇我氏を倒して始めた政治改革を何という?』」

真美「え、えーっと・・・タイコのタツジン・・・」

雪歩「・・・・・・」スッ

真美「・・・ご、ごめんゆきぴょん、マジメにやるから!!黙ってスコップ出すのやめて!!」



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 01:28:23.89 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「ねえ、真美ちゃんたちってお医者さんの娘だよね・・・」

真美「う、うん、そうだけど・・・」

雪歩「なら遺伝で地頭は悪くないはずなのに・・・どうしてこんなことになっちゃったんだろう・・・」

真美「ゆきぴょん・・・それって遠回しに真美はバカってこと?」

雪歩「そうだよ、真美ちゃんはバカだよ!!!」

真美「なにさー!!ゆきぴょんだってそんなに頭よくないんじゃないの!!!」

雪歩「そうかもしれないけど少なくともテストは平均以上だし真美ちゃんより絶対にマシだよ!!!!」

真美「むむむ・・・」



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 01:40:22.29 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「ちょっとずつでいいから勉強して、最低でもテストで平均点くらいは安定して取れるようにしないと・・・」

真美「バカ脱却の道はけわしいですなあ」

雪歩「真美ちゃん、おうちで勉強してる?」

真美「してない、っていうかそんなヒマあったらモンハンやりたいもん」

雪歩「・・・今日からゲーム禁止ね」

真美「えーっ!?し、死ねというのかね!?」

雪歩「死なないよそのくらいじゃ!!だいたい、今までゲーム制限とかなかったの?」

真美「え、ないけど・・・逆にパパも混ざってきたりしてさー」

雪歩「ダメだ、この子徹底的に甘やかされてる・・・これが全ての原因だよ・・・」



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 01:54:05.16 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「とにかく、今度のテストで全教科平均点が取れるまでゲーム禁止だよ!」

真美「それは厳しすぎるってー、1日1時間とかじゃダメ?」

雪歩「ダメだよ、そしたらあと5分ーとかあと10分ーとかいって引き伸ばすのが目に見えてるよ」

真美「うぐぐ・・・」

雪歩「・・・あのね真美ちゃん、亜美ちゃんは律子さんに勉強教えてもらってるらしいよ」

真美「なぬっ」ピクッ

雪歩「わざと真美ちゃんには内緒にしてたみたいだけど、さいきん仕事で忙しくて学校も休みがちだから律子さんに頼んだんだって」

真美「なんと・・・」

雪歩「亜美ちゃんに負けたら悔しいでしょ?真美ちゃんも負けないように頑張ろう?」

真美「そだね・・・なんか、それ聞いたらやっぱり本気でやらなきゃっていう気持ちになったよ・・・!!」

雪歩(最初からこれ言えばよかったなあ)



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 02:03:41.29 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「さすがに私も律子さんに真っ向から挑んで勝てる自信はないけど、中学の内容なら教えられると思うから」

真美「頼りにしてるよゆきぴょん!」

雪歩「今日から私が家庭教師になるよ」

真美「えっ」

雪歩「都合の合う日だけになるけど、真美ちゃんの家でみっちり勉強を教えてあげる!!」

真美「そ、そういうのは事務所にいるときだけでいいんじゃないかなー」

雪歩「ダメだよ、たぶん真美ちゃんは監視されてないとサボるタイプだと思うから」

真美「ううぅ・・・わかったよ・・・そんじゃーお願いね、ゆきぴょん」

雪歩「うん、一応親御さんにも話しておいてくれると助かるな」

真美「りょーかい、ちゃんと言っとくよ」



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 02:18:51.14 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「というわけで、お邪魔しますぅ・・・」

真美「ささ、こっちだよーゆきぴょん」

雪歩「あの、真美ちゃん・・・お母さんは今日は・・・?」

真美「お仕事だよ、遅くまで帰ってこないよ」

雪歩「そうなんだ、挨拶しておきたかったんだけど・・・」

真美「そのうち会えるっしょ、たぶん」

雪歩「うん、そうだね」



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 02:27:47.33 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「さて、早速始めよっか」

真美「どきどき」

雪歩「な、何をドキドキしてるのかな、真美ちゃんは」

真美「え、だって・・・人の家に上がり込んですることなんて一つしかないっしょー」

雪歩「あ、あのね真美ちゃん・・・今日はそういうのじゃないからね」

真美「ちぇー、つまんないの」

雪歩「じゃあ、今度こそ始めるよ・・・とりあえず、まずは苦手なところから順番に潰していくべきだと思うの」

真美「ふむふむ」



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 02:37:01.42 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「真美ちゃんの苦手な教科は何?」

真美「えっとねー、まず数学でしょ、それと英語、社会、理科かなー」

雪歩「・・・ぜ、全部ね」

真美「あ、国語だけは結構得意だよ!」

雪歩「そうは思えないんだけどなあ・・・」

真美「むっ・・・なんかバカにされてる気がする」

雪歩「とにかく、一番壊滅的なのは数学かな・・・これを0から今の進度の授業を聞いてて理解できるレベルまで持って行こう」

真美「おー、ゆきぴょんなんだか頼もしいですぞ!」

雪歩「まず基礎を徹底的に固めることだよ、基礎が理解できてれば応用も勝手にできるからね」

真美「ほーい!」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 02:43:27.37 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「正の数と負の数、このへんはわかるよね・・・」

真美「うんうん、こんなの簡単っしょ~」

雪歩「『昨日の気温は0度でした。今日はそれより3度下がりました。今日の気温は何度でしょう?』」

真美「-3度!」

雪歩「あ、これは解けるんだね!偉いよ真美ちゃん!」

真美「えへへ、真美だってやればできるんだかんね!」

雪歩「じゃあ次は不等号の使い方を・・・」

真美「フトーゴー?そんなのあったっけ?」

雪歩「・・・・・・」



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 03:03:08.38 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「さて・・・数学はこのへんでいいかな、次は社会を・・・」

真美「ま、まってよゆきぴょーん・・・ちょっと休憩しようよー・・・」

雪歩「うーん、まだ初めて30分も経ってないけど・・・モチベーション下がるのもアレだし休憩しよっか」

真美「やった!ゲームしていい?」

雪歩「それはダメ」

真美「むー、ガンコだなぁ・・・」

雪歩「私は真美ちゃんのために言ってるんだよ」

真美「それはわかるけどさぁ・・・息抜きできないと勉強に集中できないっていうか」

雪歩「真美ちゃんにとっての息抜きはゲームだけなの・・・?」



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 03:15:25.05 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「それからなんだかんだあったけど5教科少しずつやりましたよぉー」

真美「つかれたー・・・こんなに勉強したの人生で初めてだよ・・・」

雪歩「私も疲れたよ・・・想像してはいたけど、ここまで大変だとは・・・」

真美「でも、なんかちょびっとだけ賢くなった気がするよ・・・!!」

雪歩「その感覚が大事だよ、真美ちゃん!今度は今回やった内容をテストするから、ちゃんと復習するんだよ」

真美「ガッテン承知!ゆきぴょんはもう帰るの?」

雪歩「うん・・・もう遅いし、まさか泊まっていくわけにもいかないもんね」

真美「んっふっふ!真美はそれでもいいよ、朝まで遊んだりして・・・」

雪歩「わ、私はそれはちょっと・・・きっと親御さんにも迷惑がかかると思うし」

真美「むー、ゆきぴょんがそう言うならしょうがない・・・んじゃ、またね!」

雪歩「うん、またね真美ちゃん、おやすみなさい」



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 03:24:11.68 ID:tjAmLzb90.net

亜美「真美ー、さいきんゆきぴょんに勉強教わってるんだってー?」

真美「んっふっふ、そうなのだよ!亜美も律っちゃんに教わってるんでしょ?」

亜美「あー、それ真美には秘密にしてたのに!!誰だ漏らしたのー!!」

真美「亜美だけ抜け駆けしようったってそうはいかないよん!」

亜美「ふーんだ・・・いいもん、ゆきぴょんより律っちゃんのほうが賢そうだし!真美には負けないもんね!」

真美「なにをー!確かに律っちゃんはメガネだけど真美とゆきぴょんの愛には絶対勝てないもんね!」

亜美「じゃあ今度のテスト負けたほうがゴージャスセレブプリン奢りね!」

真美「乗ったー!!後悔しても知らないかんね!!」

亜美「真美こそ!!後悔しても知らないかんね!!」



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 03:43:58.17 ID:tjAmLzb90.net

真美「・・・・・・」カリカリ

雪歩「真美ちゃん、さいきん真面目に勉強するようになったね」

真美「真美、やればできる子だもんね!」

雪歩「もういろんな問題を解けるようになってきてるし、この短期間ですごい成長ぶりだよ」

真美「んっふっふ!これも真美たちの愛の力だねっ!」

雪歩「そ、そうだね・・・」

真美「ね、ゆきぴょん!真美が今度のテストでいい点取ったら、ご褒美ちょうだい!」

雪歩「あ、確かにそういうのあったほうがいいね・・・何にしよっか」

真美「じゃあさ・・・・・・そのときは真美にチューしてよ!」

雪歩「えっ、ええっ!?」

真美「ね、いいでしょ?」

雪歩「わ、私は・・・それで真美ちゃんが頑張れるなら、それでいいけど・・・」

真美「よーっし!!気合い入れていくぞー!!」カリカリ

雪歩「・・・・・・」



65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 03:55:31.94 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「さて、今日はテスト前の最終確認として模擬テストをするよ」

真美「ついにこの日がやってきたかぁ・・・」

雪歩「問題は私なりに抜粋したものだから実際のテストとは違うと思うけど・・・実力を確認するという意味ではきっと無駄じゃない、はず」

真美「うんうん!」

雪歩「ここまで頑張ってきた真美ちゃんにはぜひ高得点を取ってもらいたいと思います!!」

真美「今の真美にかかれば、そこらの問題なんてかるーくヒネっちゃうもんね!」

雪歩「じゃあまずは国語からね・・・」

真美「どーんとこい!」



67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:11:00.39 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「それじゃあ、はじめ!」

真美「国語なんて言葉なんだ!やればだれだってできる!」

雪歩「一応テスト中だから私語はやめてね」

真美「ご、ごめん・・・」

真美(むむ、この問題見たことある・・・ゆきぴょんゼミでやった問題だ!)

真美(漢字とかちょっとムズいけど、今までやってきたことをぶつけるだけ!)

真美「・・・・・・」カリカリ

雪歩「・・・・・・」



70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:17:37.37 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「はい、これで5教科全部終了ですー」

真美「やりきったー!!」

雪歩「今から採点するからちょっと待っててね」

真美「りょーかいです、ゆきぴょん先生!」

雪歩「・・・・・・」シャッシャッ

真美「おぉ、なんかホントの先生みたい・・・」

雪歩「そ、そうかな?」

真美「うん、でもメガネ掛けたらもっとそれっぽいかも」

雪歩「なんで真美ちゃんの中では『メガネ=賢い』なんだろう・・・」



72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:26:59.98 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「はい、それじゃあ結果を発表するよ」

真美「どきどき」

雪歩「左が真美ちゃんの点数、右が前回の定期テストの平均点ね」

真美「ね、もう目開けていい?」

雪歩「う、うん、別に目つぶってとは言ってないけどね・・・」

真美「いくよ・・・そりゃあ!!」カッ


国語:64/63.5
数学:78/58.1
英語:72/68.0
理科:82/60.4
社会:60/57.0
5科目:356/307



79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:34:32.22 ID:tjAmLzb90.net

真美「やった!!平均超えだよ!!」

雪歩「そうだね、あの状態からここまでくれば上出来だと思う!」

雪歩「特に理科と数学がいいね、数学はすごく苦手だったのによく頑張ったね」

真美「うんうん、なんか思ったとおりに数字がハマるとパズルみたいで面白くって!食わず嫌いだったのかもしれないねー」

雪歩「逆に国語と社会が微妙かな・・・一応平均点を超えてはいるけど」

真美「んー、やっぱ漢字とか苦手だなぁ・・・社会は覚えること多いし・・・」

雪歩「まあ、まだ本番まで少しあるから補強はできるよ」

真美「そだね!なんか楽しみになってきた!」



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:39:26.01 ID:tjAmLzb90.net

真美「それとさ、ご褒美の基準決めてなかったけど・・・本番で平均超えってことでいいかな?」

雪歩「う、うーん・・・目標は高いほうがいいんじゃないかなぁ」

真美「そっかぁ、じゃあ5教科で8割とか?」

雪歩「そのあたりが妥当かな、苦手を補強すればいける範囲だと思うし」

真美「いよっし!!8割目指してがんばるぞー!!」

雪歩「それじゃ、次からは今回間違えた問題を中心にやっていこうね」

真美「おっけー、ガンガンいこうぜっ!!」



82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:49:19.01 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「とまあ、いろいろあってついに今日が本番のテストですよー」

律子「亜美はバッチリだけど、真美のほうはちゃんと仕上がってるかしら?」

雪歩「もちろんですよぉ、今の真美ちゃんは最強です!」

律子「へえ、雪歩にしてはえらい自信ねえ・・・」

雪歩「正直、教えた私がビックリするくらいの飲み込みの良さでしたからね・・・」

雪歩「最初こそどうなるかと思いましたけど、今の真美ちゃんなら何がきても大丈夫です!!」

律子「そう、雪歩も苦労したのね・・・私も亜美の教育には相当骨を折ったわ」

律子「でも、スパルタ式に鍛え上げた今の亜美こそ最強よ・・・ふっふっふ」

雪歩(り、律子さんのメガネが光ってる・・・!!大丈夫だよね、真美ちゃん・・・)



83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 04:55:21.18 ID:tjAmLzb90.net

亜美「ふふーん、逃げないでちゃんと来たんだ?」

真美「亜美のほうこそ、真美が怖くて逃げ出しちゃうんじゃないかって思ったもんね!」

亜美「ねー真美、忘れてないよね?ゴージャスセレブプリン!」

真美「忘れるわけないっしょ、絶対亜美に奢ってもらうもんね!」

亜美「真美が奢るんだよ、わかってないなぁ」

真美「亜美が奢るの!!」

亜美「真美が奢るの!!」

先生「さあーテスト始めるぞ、席につけー」ガラッ

真美「むむむむむ・・・・・・!!」

亜美「むむむむむ・・・・・・!!」

先生(火花が散っている・・・!?)



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 05:08:48.95 ID:tjAmLzb90.net

先生「それでは・・・はじめ!」

真美(まずは国語から・・・漢字とか苦手だけど、ゆきぴょんに教わったやつなら読めるし書けるはず!)

真美(えーっと、これは・・・なんだっけ、忘れちった・・・)

真美(しょーがない、後回しにして・・・『アットウ』の『トウ』って『到』だっけ・・・?)カリカリ

真美(なんか違うなぁ・・・『倒』これだ・・・!!)カリカリ

真美(いける・・・!!)カリカリカリカリ



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 05:24:00.22 ID:tjAmLzb90.net

真美(数学・・・こんなのラクショー!!)カリカリ

真美(英語・・・heは三人称だから三単現のsがつく!!簡単!!)カリカリ

真美(理科・・・BTBは酸が黄色、中が緑、アルカリが青!!だよね!!)カリカリ

真美(社会・・・でた、大化の改新!!やっててよかったゆきぴょんゼミ!!)カリカリ

真美(絶好調だよ、これ絶対8割いってるっしょ!亜美がこれに勝てるわけない!)

真美(これでプリン・・・それとゆきぴょんのご褒美が・・・!!!)



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 05:32:13.24 ID:tjAmLzb90.net

律子「さて、なんだかんだあって今日で全教科出揃ったようね」

雪歩「二人とも、点数は見てないよね?」

真美「もちろん!」

亜美「亜美は返ってきた瞬間に折りたたんでカバンにしまったよ!」

真美「真美もそれやったよ!」

亜美「あー、亜美のマネしたなー!」

真美「そっちがマネしたんでしょー!」

律子「はいはい、そのへんにしなさい」

雪歩「平均点のデータと合わせて、二人の結果を発表します!」



90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 05:47:19.36 ID:tjAmLzb90.net

真美(ふーんだ、亜美が真美に勝てるわけないもんね!)

真美(真美たちの愛の力に、律っちゃんのスパルタ教育なんかが勝てっこないもん!)

雪歩「表の見方は左が二人の点数、右が今回の平均点です」

雪歩「それでは、これが・・・今回のテストの結果です!」



【真美】
国語:70/69.0
数学:94/56.3
英語:76/62.1
理科:84/59.4
社会:66/64.2
5科目:390/311


【亜美】
国語:76/69.0
数学:88/56.3
英語:82/62.1
理科:84/59.4
社会:72/64.2
5科目:402/311



92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 05:56:02.33 ID:tjAmLzb90.net

亜美「やったー!!勝ったよ律っちゃーん!!」

律子「やったわね亜美、見事8割突破よ!」

亜美「んっふっふ!!亜美、律っちゃんのために頑張ったもんね!!」

律子「偉いわよ、よくあの状態からここまで上げてこれたわね」

律子「真美のほうも大したものだと思うけど、一歩及ばずってところね・・・」

亜美「真美ー、やっぱメガネだよ!メガネがないと勉強じゃあ勝てないんだって!」

律子「あ、あのねえ亜美・・・あんた私のこと、勉強教えてくれるメガネマシーンとか思ってんじゃないでしょうねえ」

亜美「そ、そんなことないっぽいよー?」

律子「まあ私は別にそれでいいわよ、そういうことならご褒美はナシってことになるけどね」

亜美「ちょ、ちょっとそれは酷いってー!亜美、そのために頑張ったんだかんね!!」

律子「まったくもう、この子ったら・・・ねえ雪歩、真美のことは任せたわよ」



94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 06:01:34.49 ID:tjAmLzb90.net

真美「なんで・・・・・・」

雪歩「・・・模擬テストより点数は上がってるんだけどね、やっぱり苦手な所が出ちゃったのかな」

真美「あんなに手応えあったのに・・・」

雪歩「まあ、思わぬところで減点されてることもあるからね・・・思ってるより書けてなかったとか・・・」

真美「・・・・・・」

雪歩「ま、真美ちゃんはよく頑張ったと思うよ!ほら、最初の頃と比べれば雲泥の差だし・・・」

真美「でも、8割取れなかったし・・・亜美にも負けちゃったよ・・・」

雪歩「・・・そ、それはしょうがないよ、今回は亜美ちゃんのほうが一枚上手だったんだよ」

真美「・・・・・・」



97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 06:12:31.67 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「ま、真美ちゃん・・・」

真美「うううっ・・・ゆきぴょん、ゴメン・・・真美、バカで・・・!!」

雪歩「真美ちゃんはバカなんかじゃないよ!!こんなに頑張って勉強して、ここまで結果を出せてるのに!!」

真美「でっでも、亜美に負けちゃって・・・」

雪歩「大事なのは勝ち負けだけじゃないよ!もちろんそれもあるけど、今回だって真美ちゃんのほうが良かった部分もあるんだから!」

雪歩「ほら、数学で94点も取れてるってスゴいことだよ、私でも中学の頃はそんなの取れなかったもん」

真美「・・・・・・」

雪歩「それに他だって、亜美ちゃんにそんなに大きく劣ってるわけじゃないでしょ?だから、そんなに悲観しなくても大丈夫」

雪歩「次は、次こそは必ず勝てるよ!私もついてるから、次こそ亜美ちゃんと律子さんに勝とう!ねっ?」

真美「・・・・・・うううっ、うああああん!!!」

雪歩「真美ちゃん・・・!!」



100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 06:24:54.11 ID:tjAmLzb90.net

雪歩「はあ、真美ちゃん悔しそうだったなあ・・・私も次にむけて頑張ろうっと!」

小鳥「雪歩ちゃん、真美ちゃんのこと見てあげるのもいいけど自分の勉強もね・・・」

雪歩「あ・・・そ、そうですよね、えへへ・・・」

雪歩(中学の勉強にかまけていたせいで高校の勉強が疎かになって学校で呼び出し食らったなんて真美ちゃんには言えない)

おわり


元スレ
真美「ゆきぴょーん勉強教えてー!」