1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:16:11.49 ID:owNHMUq00

部室

咲「どうゆう事なの?」

和「とうとう改心したみたいですね。最近、女性関係を清算してるみたいですよ」

咲「嘘だー。長野一、女の子の携帯番号を知ってる部長だよ?」

和「はい、最近はナンパもせず、休日は家でゴロゴロしてるとか…」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:23:29.63 ID:owNHMUq00

和「見て下さい。これ、部活で書く日誌なんですが…」

咲「あぁ、うん。部長の仕事だけど、和ちゃんや染谷先輩がよく書いてるって日誌ね」

和「はい。まぁ、書かせてもすごく適当にサラサラ書いて、5分で終わりとかだったのですが…」

和「最近の日誌です」パラッ

咲「うわぁ…、細かい字で私達の事をびっしり書いてる…」

和「それだけじゃありませんよ。今後の予定とか、構成とか、色々と部長としての意見も書いてるみたいで…」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:28:35.32 ID:owNHMUq00

久「…」テクテク


和「あっ…、部長が来たみたいです」

咲「えっ?そうなの?」

和「隠れて様子を見ませんか?」

咲「でも、隠れる場所なんか…」

和「そこのロッカーでいいんじゃないでしょうか。狭いですけど」


サッサ

ロッカーに隠れる咲和



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:35:02.97 ID:owNHMUq00

ガチャ

久「誰か居るか」


シーン

久「ふむ、私が一番乗りか。どうもここの一年も怠けきってるみたいだな」

久「私が一年の頃など、誰よりも早く来て、牌を磨いたり、部屋を掃除したり、先輩の牌譜を何ども読み返したり…」

久「おっと、年寄臭い愚痴になってしまった。ここは一年が三人も居るから、彼女達を私が卒業までに伸ばしてやらないと…」

久「まずは宮永のネット麻雀の牌譜からだな。ミスしている所に、赤ペンでマルをつけておこう」



ロッカー

咲「頭に、不愉快な重さがあるんだけど…」

和「す、すいません。大きく育ってしまったので…」ドタプーン



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:42:37.50 ID:owNHMUq00

久「ふーむ、宮永は普通の麻雀だと魔王の如く強いが、ネット麻雀だとこんな単純なミスもするのか…」カキカキ


コンコン

久「はい、どうぞ」

モブ山「失礼します。今朝、竹井さんの靴箱に手紙を出した者です」

久「うん、ちゃんと読んだよ。この時間に部室に来ると言ってたな。大切な話なら、場所を変えようか?」



ロッカー

咲「あの子、アイドル候補生やってるらしいモブ山さんだよ!?」

和「えぇ…、男子の中でも特に人気が高いとか…。これは…喰われますね」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:50:12.44 ID:owNHMUq00

モブ山「いえ…、誰も居ないなら、ここでいいです…」キョロキョロ

久「安心してくれ。私しか居ないよ」

咲・和(ごめんなさい、モブ山さん)



モブ山「あ…あの!私、竹井先輩が好きになってしまって…」

久「ありがとう」

モブ山「もし良ければ…、私とお付き合いして下さい!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 16:58:15.46 ID:owNHMUq00

久「君の気持はうれしい。こんな私を好きになってくれてありがとう」

久(正直、どこに魅力があるかわからんが…。顔はまぁ、そこそこ美少女の類だと思うが)

モブ山「やっぱり駄目ですか…。私が女だから…」シクシク

久「いや、女性同士が恋愛する事に偏見はないよ。いつの日か、私も女性とお付き合いする日が来るのかもしれない」

モブ山「じゃあ…、どうして…、私が気に入らないのですか?」

久「まぁ…会って間もないって事もあるけどね。モブ山さんは、女の私から見てもカワイイ女の子だと思うよ」

久「フリフリの服とか似合いそうでうらやましいよ」ニコッ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:03:48.05 ID:owNHMUq00

モブ山「私、竹井さんのためだったら…。どんな服でも着ます!」

久「すまない。その気持ちは、ありがたいが…。今の私は誰かとお付き合いをするつもりはない」

モブ山「そうですか…。残念です」ガクッ

モブ山「あの…一度だけ抱いて貰えませんか!?これで諦めますから!」

久「いや…、抱く事も出来ない。とゆうか、女の子がそう簡単に抱いてくれって言うもんじゃないよ」デコピン

モブ山「あぅ!」

久「自分の体は大切にな。この先、もっといい出会いがあるさ…。竹井みたいな、性悪極悪女たらしにひっかかっちゃいけないよ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:10:09.53 ID:owNHMUq00

モブ山「失礼しました」ションボリ


~~~~~~~~~

ブーブー

久「おっ、メールか。げっ…、また女か…。これ広島のちゃちゃのって現役アイドルじゃないか(困惑)」

ちゃちゃの『リクエストされてたエッチな写メおくるけ~』

久「アイドルがこんな写メを一般人に送るんじゃない。数年後、週刊誌にネタとして売られるぞ」ポチポチ

久「こんな感じで釘を刺しておこう」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:16:08.84 ID:owNHMUq00

コンコン

久「はーい」

ちゃちゃの『エッチまでしたのに…、ふざけんといて!(#^ω^)』

久「いや…、知らないから…」

美穂子「上埜さん、さっき廊下ですれ違った女の子が泣いてましたが…。また泣かせたんですか?」

久「あぁ、福路さんか。告白を断ってしまってな…。辛い想いをさせた」

美穂子「あらあら~まぁまぁ~、それはお気の毒に」ニコニコ



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:25:37.30 ID:owNHMUq00

美穂子「サンドイッチ作ったんですけど、いかがですか?」

久「毎日、済まない。しかし、君の所の部活はいいのか?」

美穂子「風越は部員も多いですし、コーチも居ますからね。清澄は、6人で色々と大変でしょうし」

久「全くね。無名校の麻雀部って、二軍とか三軍も無いんだな。これはこれで、アットホームな麻雀部独特の楽しさがあるけど」モグモグ

美穂子「上埜さんは…」

久「あぁ、そうそう。上埜って誰だ?私は竹井だが」モグモグ

美穂子「失礼しました。た、竹井さん///」

久「私と親しい仲だったら、久って呼んでくれても構わないよ」パクパク

美穂子「ひ、ひさ///」クラクラ



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:31:48.04 ID:owNHMUq00

美穂子「ひ、久。良かったら、日曜日に映画とか…」ゴニョゴニョ

久「日曜日?すまない、日曜日はダメなんだ」

美穂子「予定入ってますか…」ガクッ

美穂子「まさか女の人とデートですか!?」クワッ

久「デート?いや、今週のは全部断ったはずだが…。とゆーか、私、刺されるかもしれないな」

美穂子「私が守りますよ!何としてでも」

久「肉体関係を持った女性に、謝りに行かなければ…。まずは広島か」

美穂子「はい!行きましょう!」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:38:36.71 ID:owNHMUq00

一方、白糸台


菫「ふんふーん」シャカシャカ

尭深「こんにちわー。…弘世先輩だけですか」タジタジ

菫「わぁお!尭深じゃない!ささ、こっち寄って」クイクイ

尭深「い、いえ…。まずはお茶入れないと…」

菫「私が入れといたわよ。尭深の今日の気分のお茶、これじゃないの?」ニコッ

尭深「正解ですけど…。よくわかりますね」

菫「そりゃ、尭深の先輩だからね。二年も過ごしたのよ?これくらい当たり前じゃない」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:43:30.57 ID:owNHMUq00

尭深(お茶を飲むくらいなら、大丈夫だよね)

尭深「では…、失礼して」ゴクゴク


自然に尭深の肩に手を回す菫

菫「お茶、どうかしら?上手く、淹れれてる?」

尭深「え、えぇ…。美味しいですよ…」


ドクン!

尭深「はぅ!?こ、これは…」

菫「即効性だからね…。うふふ」ジュルリ



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:48:09.21 ID:owNHMUq00

尭深「体が熱い…」ドクドク

菫「媚薬を少々ね。でも、私、無理矢理って好きじゃないのよね」

尭深「く、薬まで盛って…。そんな事…」モジモジ

菫「だけど、貴方の判断に任せるわ。貴方が嫌がるなら、私は何もしないし、ここから立ち去るけど?」

尭深「うぅ…」モジモジ

菫「照の秘蔵プリン食べさせてあげるわね。あっ、スプーンないや。私の指でいいかな?」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 17:54:04.58 ID:owNHMUq00

尭深「スプーンの代わりに指ですか…。ふ、不衛生だと思います!」モジモジ

菫「そう言うと思って、保健室から消毒液借りて来たわよ」プシュー

菫「これで大丈夫だと思うけど。これでも貴方は、先輩の指が不潔だと言うの?」

尭深「い、いや…。不潔だとか言う前に、指でプリンを食べるのが…」モジモジ

菫「大丈夫大丈夫。長野じゃ、みんなやってるから。親愛の儀式なの。私は、貴方を麻雀部の大切な後輩として親愛してるのよ?」

尭深「親愛ですか?」モジモジ

菫「そうそう、別に体目当てとかそんな事思ってないし。媚薬もただのジョークよ」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:00:11.36 ID:owNHMUq00

菫「はい、あーん」

尭深「えっ…えっ…あのぉ」モジモジ

菫「あーん」

尭深「は、はい」ハム

菫「どう、おいしい?プリン狂の照が隠してたプリンよ。美味しいと思うのだけど」

尭深「お、美味しいです」ハムハム

菫「私も食べようかな」

菫「今まで食べたプリンが別のスイーツに思えるくらい美味しいわね」チュパチュパ

尭深(私の口に突っ込んだ指で、プリン食べた…。つまりこれは、弘世先輩と間接キッス///)



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:05:51.29 ID:owNHMUq00

菫「じゃあ、まだまだあるからね。あーん」

尭深「はい」モガモガ

菫「舌の裏側を、指でこすると気持ちいいらしいわよ」コスコス

尭深「む、むぐっ!?」

菫「ちょっと急だったかな…。さて、この尭深の唾液まみれの指は…」

菫「こうします」チュパチュパ

尭深「汚いと思いますよ///」

菫「貴方の体に汚い所なんて、一つもないと思うけど?プリンより美味しいわね」

尭深「そんな///」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:11:27.17 ID:owNHMUq00

淡「テルーが二軍の指導してるって珍しいね」

照「私だって、後輩に指導するくらい出来るさ。えっと…この子の名前は…」

誠子「モブ田ですよ。得意技は一気通貫」

照「そ、そうか。モブ田さんだ!一気通貫ね。じゃあ、鳴いても大丈夫かテストしよう」

淡「それ菫が、もう何回も検証したよ。鳴いても鳴かなくても、一気通貫寄りの牌が集まるから」

照「そ、そうなのか…。この子、二軍なの?」アセアセ

誠子「一気通貫にこだわりずきて、逆に手を伸ばせないんですよ。これも弘世先輩が日誌に書いてますけど

照「そ、そっかー。知らなかったなー」アセアセ



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:21:17.12 ID:owNHMUq00

淡「菫と尭深は?一軍の練習しなくていいの?」

照「菫が、渋谷と二人で特打ちするらしくて、後二時間後に…」

誠子「二時間ですか。特打ちって、何するんですかね?私と淡もですか?」

照「…さてな」





菫「ねぇ、照。咲ってまだ処女なのよ」

照「は?」

菫「私は色んな意味で警戒されてるからね。後、手を出せない理由も色々あった。例えば、和。和に殺される、部活を辞められるで清澄はジ・エンド」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:28:54.38 ID:owNHMUq00

菫「ってわけで、私は今の今まで大人しく咲を見守ってた…」

照「ぐっ…、咲ちゃんは清澄一美少女だろうからな…。お前が手を出したい気持ちはわかる」

菫(和の方がいいんだけどなー。あの子はガードが堅いってレベルじゃないし)

菫「まぁ、この姿だと咲を落とすのに、一日あれば大丈夫ね」

照「一日だと!?」

菫「貴方が、私が長野に向かったって聞いた時には…。もう咲は私の物よ」ニヤッ

照「なんだと…、今すぐ長野に転校しなくては…」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:37:59.92 ID:owNHMUq00

菫「しなくていいわよ。咲に手を出すつもりないし」

照「ホントか!?」

菫「この体、借り物だしね。傷をつけるのはね。ちょっと忍びないなって」

菫「貴方が私の言う事聞いてくれたら、長野に行かないわよ」

照「くっ…、私を犯す気か…、エロ同人みたいに!」

菫「…貴方の貧相な体に興味ないわよ。私のする事を見逃してくれたら、それでいいから」ジトー

照「わかった。咲ちゃんの貞操のためだ。協力しよう」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:43:20.56 ID:owNHMUq00

照(とは言ったものの…。すでに二軍三軍で、カワイイ子が片っ端から喰われた)

コツコツ

モブ田「きゃーーーーー!弘世先輩がいらっしゃったわよー!」

モブ達「弘世先輩!お疲れ様です!」

菫「はいはーい。遅刻しちゃってごめんねー。ちょっと野暮用が…」

尭深「///」キュ


菫の服の袖を掴む尭深

尭深「菫、責任取ってね///」

菫「うーん、まぁ善処するわね」

誠子「おい、尭深。弘世先輩か、菫先輩って呼ばないと」

淡「菫、敬語使わないとガミガミうるさいのにねー」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:46:59.09 ID:owNHMUq00

菫「別にいいわよ。好きなように呼んでちょうだい」

モブ田「わ、わ、私!菫お姉様って呼びたいです!」

モブ中「私も!」

モブ村「私も私も」





淡「なんか菫が丸くなったねー。テルーが部長みたい」

照「そうだね…」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:51:18.97 ID:owNHMUq00

一か月後、東京


菫「遅い、この私を待たせるなんて」ブーブー

久「誰のせいだと思ってるんだ!東京にも女、作りやがって…」バン

菫「あぁ…全国大会出た時に、ちょっとね」

久「ホテルに無理やり連れ込まれたんだよ!怖かったじゃないか!」バン

菫「それくらいシャープシュート(物理)で何とかしてよ。で、見た所、怪我ないみたいだけど刺されなかったの?」

久「お前の代わりに、毎日土下座してるんだよ!」バンバン



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 18:57:15.13 ID:owNHMUq00

菫「何で謝る必要があるわけ?お互い、納得して性交渉してたわけで…」

久「結婚するまでそう言う事はしちゃいけないんだよ!このバカ!」ガルル

菫「ふーん、あーそー」

久「何度か刺されそうになったが、福路さんに助けて貰った。お前は、福路さんにもっと感謝するべきだ!」

菫「美穂子ねー。毎日、美穂子の監視を抜け出してナンパしたりするの大変だったけど、そう言う使い方もあるのか」

菫「最強のボディガードね。ただ、弘世さん。家に帰ったら、部屋を隈なく調べなさい」

久「部屋?あぁ、わかった」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 19:01:57.93 ID:owNHMUq00

菫「で、弘世さん。元の体に戻りたい?」

久「もちろんだ。この体はいくつ命があっても足りない。宮永や原村や片岡を育てるのは楽しいが」

菫「咲、貴方に懐いてるでしょ?」

久「う、うむ。最近は久お姉ちゃんと呼ばれてる///」

菫「照が聞いたら泣くわね」



菫「私はこのままの体でも不自由ないけど?」

久「それは困る」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 19:04:19.51 ID:owNHMUq00

菫「鹿児島に行くわよ」

久「鹿児島?」

菫「そこなら元に戻して貰えると思うのよ。ただ美穂子には黙っておいて」

久「わかった」



こうして二人は鹿児島の巫女に元に戻して貰いましたとさ。

終わり



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:00:48.17 ID:owNHMUq00

霞「二人ともお疲れ様でした」

久「…」パチ

菫「…」ヌクッ

久「あら…、おもちが小さくなっちゃったわ」シュン

菫「おおっ、この髪の長さ…、私だ!」ファサ

霞「原因はよくわからないけど、魂を移し変えたわよ」

菫「すまない、恩にきる」

久「ちぇ、まだ白糸台の一年生とか食べてないのに」

春「久、また浮気」テヲツネル



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:10:15.32 ID:owNHMUq00

久「ぎゃあーーー、私の携帯電話のメモリーやフォルダが!?」

菫「あぁ、問題が片付いた人のは消去しといた。エッチな画像や動画は当然、全部削除だ」

久「なんてことしてくれたのよ!私のコレクションなのよ!」

菫「知るか。己の行いを改めろ。子宮じゃなくて、脳で物事を考えるんだな」

久「ぐぬぬ」

菫「では私は一足先に帰るよ。竹井、福路さんを幸せにしてやれよ」

春「久を幸せにするのは私です」ポリポリ

久「この後、福岡行って広島行って大阪に行って奈良に行って…、駄目だわ。冬休みが終わるわね」ハァ



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:19:05.42 ID:owNHMUq00

新幹線の中

菫「うわぁ…、私の携帯にひっきりなしにメールが届くな」

菫「ん?松実さんからメールだ…」

菫「そう言えば、初めて自分から他校の生徒さんのメールアドレス聞いたんだっけ」

菫「まぁ、聞いたもののそれからメールする事はほとんど無かったが…」

菫「冬休みだしな。たまには道草もいいかもな。それに…、私の癖。確か阿知賀のレジェンドって人が見抜いたらしい」

菫「どんな人か興味があるな。帰りに寄れるし、少しだけ寄ろう。断られたら、一人大阪観光でもして帰るか」


そして松実館へと足を運ぶ菫



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:25:33.79 ID:owNHMUq00

菫「すいません、宿を探してるのだが、今日は空き部屋ありますか?」

玄「はいはい、お客様ですね。って弘世さん!また来てくれたんですね!お姉ちゃーーーーん、弘世さん来たよーーーー」

菫(ん?また?)

宥「あ、あの///お久しぶりで///ってそんなに久しぶりにでもないかな」

菫「あぁ…、全国大会以来だから、約半年ぶりかな?元気そうで何よりだ」

玄「何をおかしな事を言ってますのだ。あっ、部屋は満席です。ごめんなさい」ペコリ

菫「うーむ。それは困ったな。他の旅館やホテルを教えて貰ってもいいだろうか?」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:29:16.98 ID:owNHMUq00

宥「わ、私の部屋に…」ゴニョゴニョ

玄「ご予算はどれくらいですか?」

菫「一泊一万円くらいならどこでもいいよ」

玄「それならそんなに遠くない所に旅館がありますよ。車を出して貰いましょうか?」

菫「助かるよ」


宥「…」スゥゥゥゥゥ

宥「私の部屋に泊まって下さいッッッッ!!!!!!」キーン



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:34:51.21 ID:owNHMUq00

菫「は?」

玄「流石、私のお姉ちゃんですのだ。やる時はやる女なのです」

宥「すぐ私の部屋を綺麗に片付けますし、ご安心を」

菫「えっ…、君達の旅館は自分の部屋も提供してるのか?」

玄「まさか。普通は関係者以外立ち入り禁止ですよ」

宥「そうです///」

菫「私が泊まっていいのか?宿代は、通常料金なのか?」



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:39:47.72 ID:owNHMUq00

玄「宿代は頂きません。恋人の家に泊まりに行って、お金を出せって言う恋人は居ないですよね」

菫「えっ?いいのか?例え話の意味は分からんが」

宥「お願いしますうぅぅぅぅ~、泊まって下さい~」ウルウル

菫「おわぁ!?泣くなよ!わかった、こちらとしても頼みたいくらいだから、泊まる!泊まるよ!」

宥「ありがとうございます」ポロポロ

玄(お姉ちゃん、ファイトだね!)グッ



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:46:40.29 ID:owNHMUq00

夜、宥の部屋

菫「ふぅ~、いい湯だったな。いい旅館じゃないか。来年の合宿はここに…ってもう私、白糸台に居ないしな」

菫「しかし私の手の動きにあんな癖があったとは…。レジェンドさんには感謝だな」

晴絵『卒業するから特別に教えてやろう。実はな~』

菫「いい勉強になった。阿知賀に寄って正解だったな。これだけは、竹井と入れ替わって良かった点かもな」



コンコン

菫「はい、開いてますよ」

宥「こ、こんにちわ」カチコチ

菫「自分の部屋だから、ノックせずに入って来たらいいのに。どうした?表情が硬いぞ」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:55:15.00 ID:owNHMUq00

菫「で、照と私が抜けた穴を…」

宥「うんうん」コクコク

菫「モブ田とモブ村の伸びしろはまだまだあって…」

宥「うんうん」コクコク

菫「淡は才能の塊だ。しかし、天才が努力をしないと凡人に追いつかれるから…」

宥「うんうん」コクコク

菫「おっと、もうこんな時間だな。私ばかり話して済まない。この話は赤土さんには秘密にしてくれると助かる」

宥「そうですね。来年も白糸台と阿知賀で対戦するかもしれませんし」

菫「では…寝るか」ポチッ


電気を消す菫



159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 20:57:27.83 ID:owNHMUq00

菫「…」

宥「…」ゴソゴソ

菫「…」

宥「…」ヌギヌギ

菫「…」

宥「…寒いな」チラッチラッ

菫「…うーん、むにゃむにゃ」



165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:04:38.99 ID:owNHMUq00

宥「弘世さん起きてますか」

菫「ん~、ふぁーい」パチ

宥「今日は求めてくれないんですか?私を」

菫「にゃにがー」zzZZZ…

宥「私はあの日の夜の事が忘れられません。最初は嫌だったけど…、最後の方は…///」カァーー

菫「尻上がりタイプなのか?麻雀の話かな」


ガバッ

菫「う、うわぁ!」

宥「私…、寒がりなんです…、弘世さんに暖めて欲しい」ピトッ



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:09:15.27 ID:owNHMUq00

菫「何で服着てないんだよ!寒いなら、暖房の温度上げろ!」

宥「うっ…うっ…」ポロポロ

宥「あの日の夜の事は、遊びだったんですか!?あの時、大きなおもちが素晴らしいって褒めてくれたじゃないですか!」

宥「私にもう一度、ぬくもりを下さい!」プルルーン

菫「うーむ、確かにこのサイズのおもちは原村くらいしか身近に居なかったが…。って違う違う」

宥「愛してます!」


むちゅーーーーー

菫「ん!?んぐっ!?」



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/30(日) 21:19:09.58 ID:owNHMUq00

同時刻

ギィィィ

玄「お客様ですか?もう受付終わりましたし、部屋も空いてませんよ。ごめんなさい」ペコリ

尭深「一つだけ確認してもいいですか」

玄「あっ、白糸台のちょっとおもちの人」

尭深「弘世先輩。いえ、菫はここに泊まってますか?」

玄「…」

玄「いえ、泊まってませんよ」

尭深「菫に仕掛けたGPSがここを指してますが」

玄「さ、さぁ…。何のことやら」アセアセ

尭深「上見て下見て大間抜け。隠すとここをハリウッドよりよっぽどエンターテイメントな旅館にするぜ」



この後、菫さんは宥と尭深に土下座しました

終わり


元スレ
咲「部長がタラシじゃ無くなった?」