1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:52:16 ID:VKu

高山紗代子ちゃんと上条春菜ちゃんの話を書きます。
越境ネタ注意。



2: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:53:17 ID:VKu

上条春菜「プロデューサーさん、見てくださいあの子!」

モバP「え、どれ?」

春菜「あの子ですよあの子! ほら、眼鏡をかけたおさげの!」

モバP「えーっと……。ああ、高山紗代子か」

春菜「プロデューサーさん、知ってるんですか!?」

モバP「ああ。今日の相手だよ。ライブバトルの」



3: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:53:49 ID:VKu

春菜「だ、誰が?」

モバP「高山紗代子が」

春菜「だ、誰の?」

モバP「お前の」

春菜「ということは、あの子はアイドル……?」

モバP「そうだ」

春菜「そ、そんな……!」ガックシ

モバP「急にどうした春菜」



4: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:54:31 ID:VKu

春菜「あんな、あんなにも眼鏡が似合うアイドルのことを知らなかったなんて……! この上条春菜、一生の不覚です……っ!」

モバP「そんなに落ち込むようなことか?」

春菜「そんなにです! 紗代子ちゃんこそ眼鏡アイドル界に舞い降りた新星! きっと私の良き同志となってくれるはずです!」

モバP「…………」

春菜「こうしてはいられません! プロデューサーさん、さっそくご挨拶に伺いましょう!」

モバP「まあ待て待て。とりあえず準備をしてから──」

春菜「何してるんですかプロデューサーさん! 早く行きますよ!」

モバP「……春菜、765プロの控え室は左だ」



5: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:54:58 ID:VKu

~~


高山紗代子「……」

ミリP「紗代子、大丈夫か?」

紗代子「……緊張はしてます。でも、この日のために一生懸命レッスンをしてきました! だから、きっと……」

ミリP「そうだな、紗代子は頑張ってる。相手はアイドルとしては先輩だけど、その努力は絶対に無駄にはならないよ。全力でぶつかってこい!」

紗代子「っ……はい! 今の私の全力、見ていてください!」



6: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:55:45 ID:VKu

コンコン

ミリP「あれ、誰だろう?」

紗代子「スタッフさんかもしれませんね。私、出ます」

紗代子「はーい」ガチャ 


春菜「失礼します!」


紗代子「!?」

ミリP「!?」



7: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:56:40 ID:VKu

春菜「はじめまして、346プロの上条春菜です! 今日はよろしくお願いします!」

紗代子「こ、こちらこそ、よろしくお願いします……」

モバP「おい春菜! 廊下を走るな!」

モバP「……ああ、765さんすみません。ウチの上条が挨拶をすると言って聞かなくて……」

ミリP「いえ、大丈夫ですよ。こちらこそすみません。我々から伺おうと思っていたんですけど……な、紗代子?」


春菜「素敵な眼鏡ですね! それを選んだポイントとかありますか?」

紗代子「えっと、形と色が好みだったので……」


ミリP「ははは、すっかり話し込んでますね」
 
モバP「すみません本当に。おい春菜! もう戻るぞ!」



8: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:57:23 ID:VKu

春菜「ええっ!? 眼鏡トークはまだまだこれからですよ!?」

モバP「高山さん引いてるだろ! 迷惑かけんな! もし集中乱してたらどうするつもりだ?」

紗代子「い、いえ! 私は大丈夫です」

モバP「ほら気ぃ遣わせてる。帰るぞ。こっちにも準備があるんだから」ズルズル

春菜「うう……紗代子ちゃん、ライブバトルの後、じっくりお話しましょうねー!」ズルズル

モバP「お前な、かけるなら眼鏡だけにしとけって俺は何度も──」

バタン



9: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:57:54 ID:VKu

紗代子「す、すごい人でしたね……」

ミリP「ああ、噂通りの眼鏡ストだ」

紗代子「め、眼鏡スト……?」

ミリP「そうだ。眼鏡をこよなく愛する眼鏡アイドル、それが上条春菜ちゃんだよ」

紗代子「……そう、なんですね」

ミリP「もちろん油断しちゃ駄目だ。普段とステージでは別人だなんて、よくあることだからな」

紗代子(普段とステージが別人……)ホワンホワンホワン

???『わーいわーい!』

紗代子「……大丈夫です。油断なんてできません」

ミリP「よし、その意気だ!」

???『紗代子ちゃん、がんばってね♪』



10: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:58:27 ID:VKu

~~


モバP「もう一回確認するぞ。今日のライブバトルは『デュオ』。お前と高山が同時にステージに立ち、2曲連続でパフォーマンスする」

春菜「はい。1曲目が『Snow Wings』。そして2曲目が、765プロの『brave HARMONY』ですよね」

モバP「そうだ。いいか春菜、油断はするな。客の印象に残りやすい2曲目は相手の持ち歌だ」

春菜「油断なんてしません。ステージに立つときはいつも真剣です。そうでないとファンの皆さんと眼鏡に失礼ですから」

モバP「それならいい。場数ではお前が勝っているが相手は765だ。新人かどうかは関係ないからな」



11: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:58:57 ID:VKu

春菜「はい。……でもプロデューサーさん。私、楽しみなんです」

モバP「楽しみ、か」

春菜「い、いえ! もちろん気を抜いているわけではなくって……」

モバP「わかってる。眼鏡アイドル2人でどんなステージになるのか、それが楽しみなんだろ?」

春菜「はい。それも、あの偉大な先輩眼鏡アイドルがいる765プロですから! さすがはプロデューサーさん、お見通しですね!」

モバP「お前がわかりやすいだけだ」

春菜「そうですか?」

モバP「……おっと、そうだ春菜。アドバイスをしておこう」

春菜「アドバイスですか? ぜひお願いします!」



12: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)16:59:21 ID:VKu

モバP「相手を見るな」

春菜「え?」

モバP「高山紗代子を見るな。視界に入れるな。意識を割くな」

春菜「ど、どういうことですか?」

モバP「そして、ステージが終わったらまっすぐ控え室に戻れ。わかったな?」

春菜「そんな、いきなり言われても……」

モバP「……まあ、お前にできるとは思っていない。だけど心の準備はしておけ。期待通りにはならないからな」



13: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:00:01 ID:VKu

~~


『奏でよう、想いをあつめて。大切にあたためてきた日々は』
『お互いの夢、願いを、叶えると、掴もうと、うなずきあった決意』


モバP「高山さんは、逸材ですね」

ミリP「あ、346さん。ありがとうございます」

モバP「まず歌に惹かれますが、ダンスも疎かにしていない。新人の子はどっちつかずになりそうなものですが、堂々としていますね」

ミリP「はい。『妥協はしたくないんです』って聞かなくて。かなり熱心にレッスンに取り組んでいました」

モバP「それでも普通は間に合わないでしょうに。よほど自信があったんですね」

ミリP「いいえ。逆です」

モバP「……逆、ですか」



14: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:00:32 ID:VKu

ミリP「紗代子は本当に、何事にも全力で取り組みます。努力も決して怠りません。だけど、それは自信がないからです。『これだけやったから大丈夫』と、そう思えるラインまで紗代子は止まりません」

モバP「なるほど」

ミリP「いえ、違いますね。紗代子はきっと永遠に止まりません。どれだけ努力しようが、どれだけ力をつけようが、『もっとできるはずだ』『もっと頑張れるはずだ』という考えが頭から離れないでしょう」

モバP「……それでは、すぐに潰れてしまいますよ」

ミリP「だからブレーキが必要なんです。紗代子の頑張りを認める存在が」

モバP「それが、あなたですか」

ミリP「ええ。俺や、劇場のみんながそうです」



15: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:01:06 ID:VKu

『歌声よ。私達のイマ、もっと遠く、彼方までのせてゆけ』


モバP「……ひとつ、いいですか?」

ミリP「はい?」

モバP「高山さんは、どうして──」


『広い空に、夜空にたったひとつ。なりたいのは、佇んでいる、美しい、大きく輝く月』
『Like a blue moon…』
『Like a blue moon…』



16: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:01:40 ID:VKu

~~


春菜「紗代子ちゃん!」

紗代子「春菜さん。今日は、ありがとうございました」

春菜「…………」

紗代子「その……お客さんの判断はともかく、春菜さんのパフォーマンスは、とても──」

春菜「どうして、どうして眼鏡を外したんですか?」

紗代子「…………」

春菜「お願いします、答えてください」

紗代子「……眼鏡をかけた弱い私が、ファンの皆さんの前に立つわけにはいかないからです」

春菜「眼鏡姿を見られるのが、恥ずかしいということですか」

紗代子「……『恥ずかしい』とは、少し違います」

春菜「それなら、どうして──」



17: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:02:08 ID:VKu

モバP「春菜、やめろ」

紗代子「!」

春菜「プ、プロデューサーさん……」

モバP「高山さん、悪いね。疲れてるだろうから、早く控え室に戻った方がいい」

紗代子「は、はい……」

モバP「それと、今日のステージはとても良かったよ。俺に言われても嬉しくはないだろうけど」

紗代子「い、いえ! あの……本当に、ありがとうございました。失礼します」タッタッタッタ

モバP「さて、春菜」

春菜「…………」

モバP「帰ろうか」

春菜「……はい」



18: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:02:35 ID:VKu

~~


モバP「春菜。言っておくが悪くはなかったぞ。歌詞も振り付けも完璧だった」

春菜「…………」

モバP「ただまあ、上の空というか、集中できてなかった気はする」

春菜「…………」

モバP「それでも紙一重の勝負だったと思う。自分のパフォーマンスに集中していれば勝ってただろうな。それが今回の反省だ」

春菜「…………」

モバP「なあ春菜。別に慰めるつもりじゃなくて、俺は本気でそう思って──」

春菜「プロデューサーさんは」

モバP「ん?」



19: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:03:01 ID:VKu

春菜「プロデューサーさんは、知ってたんですね。紗代子ちゃんのこと」

モバP「そりゃそうだ。あの765プロの新プロジェクト、そのオーディションを勝ち抜いた1人だ。注目しない理由がない」

春菜「紗代子ちゃんは、ステージで眼鏡を外していました」

モバP「そうだ。高山紗代子はステージで眼鏡をかけない。理由は……」



20: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:03:45 ID:VKu

モバP『……ひとつ、いいですか?』

ミリP『はい?』

モバP『高山さんは、どうして眼鏡を外したんですか?』

ミリP『ああ……。それですか』

モバP『ひどい近視でしょう? 彼女。最前列の観客さえ見えていないのでは?』

ミリP『はい。コンタクトも使う気がないみたいで。こっちはいつもヒヤヒヤしてますよ』

モバP『……理解できません』

ミリP『俺もです』

モバP『なっ……』

ミリP『一度聞きましたが、教えてはもらえませんでした。本人にとっては、これ以上ないほど意味のある行為らしいですけどね』

モバP『……知りたいとは、思わないんですか』

ミリP『思いません。話してくれるまで待ちますよ。そうでないと意味がない気がするんです』



21: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:04:14 ID:VKu

モバP「理由は、聞いたけど教えてもらえなかった」

春菜「……ごめんなさい」

モバP「どうした、急に」

春菜「ステージに上がって、紗代子ちゃんが眼鏡をかけていなくて……そこで、プロデューサーさんのアドバイスの意味がわかりました」

モバP「そうか」

春菜「言われた通りにやろうと、思いました」

モバP「でも、できなかった」

春菜「はい……だって、紗代子ちゃんは本当に眼鏡が似合っていて、可愛くて、それなのに……」

モバP「悔しそうだな、春菜」

春菜「……そうです! 私は悔しいんです! 紗代子ちゃんに胸を張ってほしいんです! 紗代子ちゃんに、眼鏡をかけた自分を好きになってもらいたいのに!」

モバP「…………」



22: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:04:52 ID:VKu

春菜「プロデューサーさん、私にチャンスをください!」

モバP「チャンス?」

春菜「2……いえ、1ヶ月後に、紗代子ちゃんにライブバトルを挑ませてください!」

モバP「それで、どうするつもりだ」

春菜「私のパフォーマンスで、紗代子ちゃんを変えてみせます! だから、お願いします!」

モバP「…………」

春菜「…………」



23: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:05:21 ID:VKu

モバP「お前が眼鏡に救われたように、眼鏡のせいで辛い経験をした人がいるかもしれない。それが高山紗代子かもしれない。それでもお前は、彼女に眼鏡をかけさせようとするのか」

春菜「……はい! そんな人にこそ、私は私の想いを届けたいんです!」

モバP「そうか……」

春菜「…………」

モバP「春奈、お前はひどいやつだよ」

春菜「……はい」

モバP「そして……最高だ!」

春菜「!」

モバP「やってやろうじゃないか! 1ヶ月後、お前の本気を見せてやれ!!」

春菜「……はいっ!! この、眼鏡に誓って!」



24: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:05:48 ID:VKu

~~


ミリP「紗代子、ライブバトルの挑戦が来た」

紗代子「わ、私にですか?」

ミリP「そうだ。期日は1ヶ月後。形式は『デュオ』で、会場はこの前と同じ場所だ」

紗代子「それで、相手は……?」

ミリP「346プロ、上条春菜」

紗代子「…………」

ミリP「あまり驚かないんだな」

紗代子「はい。もう一度ぶつかるような、そんな気はしてましたから」

ミリP「どうする? スケジュールは空いてるけど」

紗代子「……やります。やらせてください!」

ミリP「わかった。先方にもそう言っておくよ」



25: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:06:39 ID:VKu

紗代子「曲は、まだ決まっていませんよね?」

ミリP「いや。1曲目は346プロの『Nation Blue』だ」

紗代子「!」

ミリP「2曲目はこちらが選ぶけど、俺は『星屑のシンフォニア』を推そうと思っている」

紗代子「あの曲を、一人で……」

ミリP「一度敗けた相手に、1ヶ月後に勝負を挑む。どんな覚悟かは想像もつかないけど、今のままで勝てるとは思わない方がいい」

紗代子「…………」

ミリP「この歌をものにすれば勝てる。そして、紗代子ならそれができると思う。だから選んだんだ」

紗代子「プロデューサー……!」

ミリP「できるか?」

紗代子「はい! 全力で行きます!」



26: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:07:19 ID:VKu

~~


 もう少し。もう少しだ。
 高山紗代子というアイドルを知ったときから、いつか春菜の壁になると確信していた。実力ではなく精神、その在り方に対しての壁だ。春菜が目指すアイドル像、その究極に至る過程で必ずぶつかる壁だ。
 高山紗代子は眼鏡そのものを嫌悪しているわけではないだろう。しかし春菜にとっては同じことだ。眼鏡を「弱さ」として切り捨てるのなら、あいつは黙っていない。
 だから意図的にぶつけた。春菜には、ギリギリまで相手が高山紗代子であることを言わなかった。一種の裏切り行為によって、春菜を最大限動揺させるために。そして負けさせるために。
 そのとき春菜はどうするか。
 あいつは折れない。他のことはともかく、眼鏡のことなら譲らない。悔しさをバネにもっと輝く。必死に羽ばたく。
 だからもう少し。もう少しなんだ。
 もう少しで、上条春菜は次のステージに辿り着く。それは目先の勝利に比べて遥かに価値があることだ。



27: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:07:46 ID:VKu

~~


『速く、速く、速く。もっと走れるから信じてね』
『願う事の強さ。それが最後のDestination』


モバP「彼女はやっぱり逸材ですね。346の曲をこうも歌いこなすなんて。それともプロデューサーの腕ですか?」

ミリP「まさか。日頃のレッスンの賜物ですよ。頑張ったのは俺じゃなくて紗代子です」


『諦める事なく、前を向いて自分信じてね』


ミリP「今回も勝ちはもらいますよ。紗代子は、たった一度の勝利にあぐらをかくアイドルじゃないですから」



28: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:09:39 ID:VKu

『いつも、君を見てる』


モバP「……春菜は、眼鏡をかけてようやくアイドルでいることができます。眼鏡をかけて、ようやくステージに立っています。自信がないのは高山さんと同じです」

ミリP「そう、だったんですか……」

モバP「その春菜が自分から言ったんです。『もう一度やらせてほしい』『1ヶ月で仕上げてみせる』と。それがどんな意味なのか、わかりますか?」

ミリP「それは……」

モバP「765さん。春菜は勝ちますよ」

ミリP「…………」



29: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:10:14 ID:VKu

~~


『がむしゃら、未来へと。一途な明日へと。信じる力と情熱で走れ』


 春菜は歌う。春菜は踊る。広めるために。自分の世界を、理論を、信念を。
 紗代子は歌う。紗代子は踊る。引き込むために。自分の世界に、意志に、情熱に。
 ぶつかり合う歌と歌。踊りと踊り。過去と過去。意地と意地。
 「変えてみせる」と息巻く春菜に「変わるものか」と紗代子が応じる。侵略と魅了。二人の在り方は対照的だ。


『見上げた夜空に、星屑のシャワー』


 春菜は紗代子を見ていた。強さを得て鮮明になった視界で、しっかりと。
 紗代子は春菜を感じていた。弱さを捨ててぼやけた視界で、はっきりと。
 二人の世界にあるのは、もはや互いの姿だけだった。それで良かった。
 会場が揺れる。観客が沸く。ファンとアイドルはかけ離れていた。それで良かった。決闘を見守る彼らは、正しく観客だった。
 春菜に染められた会場は、紗代子に魅入られた会場は、どこまでもその熱を高めていく。


『もう一度願いをかけて』



30: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:10:38 ID:VKu




──そして、弾けた。





31: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:11:11 ID:VKu


~~



32: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:11:44 ID:VKu

 家に帰って、ご飯を食べて、お風呂に入って。その間ずっと、家族に心配されるくらい私は上の空だった。 
 今もそう。学校の課題が手につかない。明日が休みでよかったと思いながら、私はベットに潜り込んだ。

 気を抜けば、すぐに今日のステージが頭に浮かぶ。あれだけ努力したけど、やっぱり反省点はたくさんあった。もっとやれた。そんな後悔がずっと消えない。
 だけどそれ以上に私の頭を占領する感情がある。それは好奇心。
 あのとき、あのステージの上で、私の隣にいたアイドルは、いったいどんな顔をしていたんだろう?

 「眼鏡をかけてたら、見えたのかな……」

 咄嗟に口をついて出た言葉で、眼鏡をかけたままだったことに気が付く。私は慌てて眼鏡ケースに手を伸ばした。

 そして目を閉じる。暗闇に浮かぶのは少女の顔。ぼんやりとしていて、表情は読み取れない。眼鏡をかけていて、そして私を見ていることしかわからない。
 意識が完全に闇に落ちるまで、彼女は私から目を逸らさなかった。




33: 名無しさん@おーぷん 2018/12/22(土)17:12:24 ID:VKu

終わりです。
渋に投稿した作品を少しだけ手直ししました。


元スレ
【ミリデレ越境】春菜と紗代子と眼鏡と眼鏡