1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2014/01/14(火) 00:02:44.87 ID:4IlrJgbh0

兄「……ハァ」ピト

兄「あったけーなー」

妹「……おい」

兄「あー妹の太ももあったけーよぉー」

妹「おかーさんお兄ちゃんが変なことしてくるー」

母「……まったくいい加減にしなさいよね」

















母「兄は2年前に事故で死んだでしょう?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:07:21.15 ID:K7qjvWbt0

妹「は? なにいってんの?ここにいるし!」

母「馬鹿なこと言ってないではなく寝なさい」

妹「そんな…ほんとに…」

妹「ほんとのほんとにお兄ちゃんは死んじゃったの?」

妹「お兄ちゃん!!」

兄「いるぞ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:09:54.49 ID:bx3zg5tv0

妹「え?あれ?…でもお母さんが」

兄「いるぞ」

妹「いるの?」

兄「まぁ正確には霊だが」

妹「霊?…ってゆーれい?」

兄「うむ そうだ」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:11:46.91 ID:bx3zg5tv0

兄「俺にも分からん 」

妹「ええ? でもゆーれいって事は…」

兄「未練があるのかもな」

兄「まぁ詳しくは俺もわからん」

兄「だけどせっかくもらったおまけの日々だしな 楽しませてもらおう」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:13:49.74 ID:bx3zg5tv0

妹(その日からゆーれいのお兄ちゃんとの不思議な日々が続いた)

兄「おい妹 これ干しといてくれ」

妹「あ、うんわかったよお兄ちゃんは


妹(どうやら、モノに触れることはできるみたいだ)

妹「というか…」

兄「うおりゃっ」

妹(ゲームでもなんでもござれみたい)



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:15:52.06 ID:bx3zg5tv0

兄「ん?なんだ元気ないな妹」

妹「いや、お兄ちゃん…ゆーれいなのに自由すぎない?」

兄「そうか? 別に普通だが」

妹「いや、明らかに普通じゃないでしょ」

妹「普通に生活できてるし」

兄「でも腹減らないじゃん」

妹「食べる必要ないからでしょ?」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:17:10.78 ID:bx3zg5tv0

兄「食べる必要がないとかはおいといて食べることは出来ると思うぞ」

妹「知らないよ…」

兄「ほらもう寝ろ 明日早いんだろうが」

妹「うん…おやすみお兄ちゃん」

妹「…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:19:16.64 ID:bx3zg5tv0

兄「」グーグー

妹(普通に寝ちゃうんだもんなぁ…)

妹(でも…お兄ちゃん…自覚はあるってことは…)

妹(ゆーれいなんだよね?)

兄「」グーグー

妹(ほんとに…?お兄ちゃんなの…?)

妹(わかんないよ…)



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:21:49.06 ID:bx3zg5tv0

妹「…おはよ…」

兄「おはよう ってか寝癖ひどいぞ」

妹「あー…うん…」

兄「ほらこっちこい とかしてやるから」

妹「うん…ありがと」

兄「ほんとお前は…昔から朝は弱いんだな」

妹「仕方ないじゃない…」

サワッ

妹「ひゃうっ!?」

兄「ん?おおすまん」

妹「いっ!いきなり首に触んないでよね!」

兄「すまん なんか触りたくなった」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:22:52.60 ID:bx3zg5tv0

妹「もぉー…」

兄「ほら終わったぞ」

妹「ありがと」

妹(お兄ちゃんの手…氷みたいに冷たかった…)



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:25:25.43 ID:bx3zg5tv0

別の日

妹「お兄ちゃんそれとって」

兄「どれ?」

妹「それそれ」

兄「ああこれか…………アレっ」スカッ

妹「?」

兄「すまん なんか掴めない」

妹「えっ? どういうこと?」

兄「すり抜けちまう」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:27:17.01 ID:bx3zg5tv0

兄「すり抜けちまう」

妹「二度言わなくていいよ」

妹「えっ?でもほんとに?」

兄「うん ほれ」スカッスカッ

妹「………………」

兄「これは…いやぁ…」

兄「消える時が来たかもなぁ…」

妹「えっ?」



兄が死んでから二年半が経っていた



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:29:16.33 ID:bx3zg5tv0

妹「どういうことよ?」

兄「いや 俺にもわからんけども…ゆーれいが消えかけてるってことは」

妹「ことは?」

兄「未練が無くなりつつあるってことじゃないのか?」

妹「そ、そうなの?」

兄「いや、知らんが 」

兄「まぁでも、いい機会かもな 」

兄「おまえも来月から高校生だし」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:31:58.73 ID:bx3zg5tv0

妹「いい機会って…」

兄「?」

妹「きえちゃうんだよ…?」

兄「? まぁゆーれいだからな」

妹「それでいいの?」

兄「いいもなにも…仕方ないとしか…」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:33:27.59 ID:bx3zg5tv0

妹「仕方な言って…!」

兄「?」

妹「なんなのよ!」

兄「おお?」ビク

妹「もういいわよ!」

妹「勝手に消えて無くなればいいじゃない!」

妹「馬鹿兄貴!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:35:42.69 ID:bx3zg5tv0

兄「兄貴…ね…」ポリポリ




妹(なんなのよ…お兄ちゃんが死んじゃって…)

妹(どうしようもなく絶望してて…)

妹(でも帰ってきてくれて…)

妹(ほんとに嬉しかったのに…)

妹(自分で壊して…直して…また壊すの…?)

妹「ばかぁっ…!」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:38:03.46 ID:bx3zg5tv0

次の日

妹「おはよー…」

妹(あー…昨日怒っちゃったからなぁ)

兄「おー…おはよ…」

妹(気まずい…)

兄「妹」

妹「なによ」

兄「どうしよう とんでもないことが起きた」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:40:36.04 ID:bx3zg5tv0

妹「はぁ?」

兄「いやな…母さんが倒れちまった…」

妹「はっ?はぁっ?!」

兄「今日の朝買い物してる時にな…倒れたらしい」

兄「幸い、通りがかりの人が通報してくれてな…たった今病院に運ばれたって…」

妹「お父さんは…?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:43:48.27 ID:bx3zg5tv0

兄「今母さんといっしょの病院だって」

兄「通勤途中だったからな…着信着てないか?」

妹「ホントだ…」

兄「だろ」

妹「25件」

兄「気付けよ」

妹「それよりも…お母さんは…?」

兄「分からん なにぶんゆーれいだからな 誰も話しちゃくれない」

妹「どうやって知ったのよ?」

兄「近所のおばちゃん達のお話」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:45:48.68 ID:bx3zg5tv0

妹「私行ってくる…」

兄「そーだな それがいい…俺も行く」

妹「うん…」

病院

妹「それでお母さんの容態は…?」

医者「いえ…なんのことはない過労ですね」

医者「今はベッドでお休みですがすぐに良くなると思いますよ」

妹「そうですか…」ホッ



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:48:02.77 ID:bx3zg5tv0

兄「よかったな…」

妹「うん…」

兄「……………………」

父「妹…来てたのか…」

妹「うん」

父「すまんな…俺が仕事ばかりに気を取られて…」

妹「そっ…そんなことないよ…」

妹「むしろ…私が…何もしなかったから…」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:49:31.43 ID:bx3zg5tv0

帰宅

兄「何事もなくてほんとに良かった…」

妹「ほんと…」

妹「………」

妹「もう…………」

兄「……?」

妹「家族が居なくなるのは…こりごりだもん…」

兄「あー…」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:51:22.70 ID:bx3zg5tv0

兄「んー…」

妹「どうしたの?」

兄「いや実はな…俺さっき病室行かなかっただろ?」

妹「え?うん…」

兄「病院につく少し前にな…なんか…こう…通信があったんだよ」

妹「え?」

兄「その…いわゆる…神様…?的なのから」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:53:15.62 ID:bx3zg5tv0

兄「どうやらな…俺が原因らしい」

妹「…え?」

兄「お前は霊に対してかなり強い体質らしい」

兄「だけど…母さんはそうじゃなかった…」

妹「だから…病室に…」

兄「うん」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:55:45.01 ID:bx3zg5tv0

妹「そんな…」

兄「それでな………」

妹「……?」

兄「俺、消えようと思うわ」

妹「…え?」

兄「消える」

妹「何で…?」

兄「なんでも何もないだろう…俺がいる限り母さん父さん、妹にまで迷惑かけちまう」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 00:59:26.14 ID:bx3zg5tv0

妹「………ずるいよ…」

兄「え?」

妹「お兄ちゃんは!」

兄「う」ビク

妹「おにいちゃんはいつもそうやって!!」

妹「いつもそうやって!自分の気持ちを隠して!!」

妹「黙って!!隠して!!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:01:14.54 ID:bx3zg5tv0

妹「ちっちゃい頃にジュースが多いほうだってあたしにくれて!」

妹「サッカーがしたいのにおままごとに付き合ってくれて!!」

妹「好きな番組も見れなくて!!」

妹「あたしのために大学も諦めて!!!」

妹「…………あたしをかばって死んじゃってぇ………!!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:03:24.92 ID:bx3zg5tv0

妹「恨んでる筈なのにぃ…!!」

妹「誰よりも…優しいお兄ちゃんがぁ…!!」

妹「死んじゃって…!!」

妹「なのに!次はゆーれいになってぇ…」エグッエグッ

妹「また…消えるってぇ……」

妹「やだよぉ………あたし……」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:04:37.78 ID:bx3zg5tv0

妹「消えないで………おにいちゃん……!!」

妹「ずっとそばに……いてよぉ!!!!」

兄「……………………」

妹「うぅ…」グス

兄「…………妹………」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:07:44.01 ID:bx3zg5tv0

兄「それは………できない…」

妹「……!………」

兄「俺はな…別に俺自身の気持ちを蔑ろにしてきたわけじゃない…」

兄「確かに…お前のために、おままごともしたかもしれない」

兄「ジュースとかも…」

兄「おもちゃだって何度諦めたかわからない」

兄「大学もお前のために諦めた」

兄「……………お前をかばって死んだかもしれない」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:10:07.27 ID:bx3zg5tv0

兄「だけど…別に…辛かったことなんて…一度もない」

妹「…………」

兄「俺は、俺よりお前が大事だ」

兄「お前が心の底から大事だ」

兄「お前が笑顔で入れるなら」

兄「俺はどんなことでもできるんだよ」

兄「俺は俺の…お前が大事だっていう気持ちに嘘をついたことなんて」

兄「一度もない」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:13:12.27 ID:bx3zg5tv0

兄「お前が大事なんだ」

兄「だから俺は消えるよ」

兄「お前が未来へ踏み出すその足に」

兄「いつまでも死人がしがみついてるわけには行かない」

妹「うぅ…」

妹「うわぁぁぁぁぁぁっ!!!」

兄(触れることさえできなくても…)

兄(それでも…お前が眠れないときは)

兄(ずっと見守っててやる…)



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:17:31.87 ID:bx3zg5tv0

次の日、泣きつかれれて寝たあとに起きると兄は消えていた

今までのことが全て幻だったように

兄は何も残さずに消えた

兄が死んでから二年と半年ちょっと…

あたしは幸せな夢を見た

それは夢というにはあまりにもリアルで

時間まで過ぎていて

まさに現実世界で起きた夢だった

だけど…夢は夢……

いくら時間が過ぎていて…いくらリアルだったとしても

もうこれは過ぎ去った夢なのだ



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:20:06.42 ID:bx3zg5tv0

夢にはすがれない

夢では生きていけない

夢では未来へは進めない

妹「ありがとう…おにいちゃん…」

あたしも全部受け入れて前へ進んでいくよ

人の笑顔が喜べるお兄ちゃんみたいな人になるよ

だから見守っててね…




妹「ありがとう! 兄貴!!」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/14(火) 01:22:15.78 ID:bx3zg5tv0

俺四年前に妹死んじゃってさ

もし立場逆ならこんな感じだろかと思って書いてみた

まぁあれだよね スレ乗っ取ってゴメンね>>1

お前ら家族は大事にしろよ
(ヾ(´・ω・`)バイバイ


元スレ
兄「寒い」妹「こたつ入れば?」