1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 18:55:10 ID:xotMIvDk

オーク「あれ、いつもなら簡単に押し倒せるハズなのに……」

女騎士「何をごちゃごちゃ言っている、この魔獣が!!」チャキッ

オーク「ひっ!!」

女騎士「その命貰い受ける!!」ギロッ

オーク「ま、待て!!」

オーク「そうか、これが欲しいんだな」ゴソゴソ

オーク「それっ!!」ボロン

女騎士「……」

オーク「え?」

女騎士「汚らわしいケダモノが……」

オーク「あ、あれー?」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 18:57:08 ID:xotMIvDk

女騎士「言葉が通じる故に少しはマトモな奴かと思えば」

女騎士「いきなり恥部を露出してくるとはな……」

女騎士「やはりオークは聞くに及ぶ通り、粗野で下劣な魔獣らしいな」

オーク「ちょ、ちょっと待てよ!?」

オーク「お前ってアレだろ?」

オーク「『女騎士』なんだろ!?」

女騎士「ああ、その通りだが?」

オーク「じゃあアレ言わないの!?」

女騎士「アレとはなんだ」

オーク「『くっ、殺せ!』ってやつ」

女騎士「は?」

女騎士「あとは貴様にトドメを刺すだけの状況で」

女騎士「なぜそのようなことを言わねばならぬのだ?」

オーク「え……だって……あれ!?」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 18:59:04 ID:xotMIvDk

女騎士「死への恐怖で気が狂れたか、魔獣よ」

女騎士「それ以上の醜態を晒す前に引導を渡してやるのが情けというものか」

オーク「だから待ってくれ!!」

女騎士「問答無用!!」ザッ

オーク「ひいっ!!」

オーク「何でもするから命だけはお助けおおおおおっ!!」

女騎士「……何でもする、と申したか?」ピタリ

オーク「え、ああ……」

女騎士「いいだろう、そこまで言うのなら命だけは助けてやろう」

オーク(ん、もしかしてこの展開は)

女騎士「何でもするという言葉に二言は無いな?」

オーク「ああ、もちろんだ!」

女騎士「ならば……」

女騎士「貴様たちの拠点の位置と侵入経路、見張りの数などを教えてもらおうか?」

オーク「え?」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:01:03 ID:xotMIvDk

女騎士「どうした、今更仲間を裏切ることなどできぬと申すつもりか?」

オーク「いや、そうじゃなくて……あれー?」

オーク「俺は『何でもする』って言ったんだけど」

女騎士「だから拠点攻略のための情報を寄こせと言っている」

オーク「それだけ?」

女騎士「それだけでいい」

女騎士「敵の弱みに付け込み、過剰に搾取するなど騎士道にもとる行為だ」

オーク「いやだからそうじゃなくて!!」

女騎士「……貴様は何を言いたいのだ?」

オーク「何でもっていったらアレだろ?」

女騎士「先ほどからアレだのなんだの、もっとハッキリと言葉を選ばぬか」

オーク「なんというか……」

オーク「『では私を肉奴隷にしてくれ!』みたいな?」

女騎士「」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:03:01 ID:xotMIvDk

女騎士「ほお……」ビキビキ

女騎士「折角拾った命、再びドブに捨てたいようだな」チャキッ

オーク「いやいやいや!!」

オーク「だってお前は女騎士なんだろ!?」

女騎士「またその質問か」

女騎士「私は国王直々に武勲を賜り騎士位を叙され」

女騎士「さらに王立騎士団の一個中隊を任された名実ともに騎士たる者だ」

女騎士「それを女騎士と呼ばずしてなんとする?」

オーク「要するに女騎士なんだよな?」

女騎士「くどい、何度も言わせるな」

オーク「だったら欲しくないの?」

女騎士「質問をするなら主語を省略するな、何を私が欲しがるというのだ?」

オーク「ち○ぽ」

女騎士「」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:05:01 ID:xotMIvDk

女騎士「私を愚弄して遊んでいるのか?」

女騎士「それともオーク族の日常会話とはそういうものなのか?」

オーク「いや、日常会話でこんな言葉が飛び交うことは無いと思うが……」

女騎士「貴様は恥じらいも無くそのような下劣な言葉を吐いておいて」

女騎士「自分でおかしいとは思わぬのか?」

オーク「え?」

オーク「おかしいのはお前じゃなくて俺だって?」

女騎士「なにを当たり前のことに驚いているのだ」

オーク「……」

女騎士「……」

オーク「あ、ホントだ」

女騎士「今更気づいたのか、この痴れ者が……」

オーク「いやでも女騎士って……ええっ!?」

女騎士「一体貴様は私をなんだと思っているのだ!?」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:07:07 ID:xotMIvDk

オーク「だって女騎士って俺に押し倒されて『くっ、殺せ!』とか言って」

オーク「そのまま剥かれて犯されて」

オーク「『ひぎいいいい!!』とか『おち○ぽ最高おおおおおおおおっ!!』とか」

オーク「そういうのじゃないの?」

女騎士「妄言もそこまでいくと怒りより呆れが先にくるぞ」

女騎士「いったいどこにそんなバカげた女騎士が存在すると言うのだ?」

オーク「どこにって……そんなこと言われてもな」

オーク「女騎士はそういうモノだって固定観念があるっていうか」

女騎士「よく分かった」

女騎士「つまり私をバカにしていたのではなく」

女騎士「女騎士に対する価値観そのものが根底から捩れていたワケだな」

オーク「悪気は無かったんだ、すまない」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:09:03 ID:xotMIvDk

女騎士「どうして女騎士に対するそのようなイメージを持っていたかは知らないが」

女騎士「もう二度とこのような不当な扱いはしないこと」

女騎士「解ったな?」

オーク「はい」

女騎士「とりあえず腰巻を元に戻せ」

オーク「あ、忘れてた」ゴソゴソ

女騎士「それでは貴様は我々の捕虜となってもらうぞ」

女騎士「先ほど言った通り、洗いざらい情報を吐いてもらうから覚悟しておけ」

オーク「なんだこの俺の扱い……」

女騎士「どうした、不服か?」

オーク「いいよ、俺が悪いんだろ俺が!」

女騎士「そう熱り立つな、捕虜としての正当な扱いは約束しよう」

女騎士「騎士としてな」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:11:14 ID:xotMIvDk

―数日後―


女騎士「それでは捕虜としたオークより得た情報を元に」

女騎士「オーク族の拠点の攻略作戦を開始する」

女騎士「皆の者、準備は良いな?」

オーク「あの、なんで俺までここにいるんですかね?」

女騎士「貴様がニセの情報を流し我々を謀っていた場合」

女騎士「然るべき断罪を下さねばならぬからな」ギロリ

オーク「ひいっ!?」

女騎士「無論、貴様が嘘偽りなく正直に証言してくれているのなら」

女騎士「騎士道に則り、今後も捕虜としての正当な扱いを約束しよう」

オーク「やっぱりこんなの俺の知ってる女騎士じゃねえよ!!」

女騎士「もう貴様のそれも聞き飽きた」

女騎士「さあ皆の者、この地を奪えば魔王軍領土への橋頭堡となる」

女騎士「人間軍の反撃の狼煙を我らが上げるのだ、いざ参らん!!」

兵士『おおおおおおおおおおおおおお!!』



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:13:05 ID:xotMIvDk

オークB「なんだテメェら!!」

オークC「なんで人間軍がここに攻め込んでこられるんだ!?」

女騎士「敵は混乱している、短期決戦で一気に叩くぞ!!」

オークA「すまねえ、みんなすまねえ……」

兵士「騎士様ああああ!!」

女騎士「どうした、お前の持ち場はここではなかろう!」

兵士「伏兵が……私の部隊はほぼ壊滅状態に……」バタリ

女騎士「なんだと!?」

オークB「おい、敵の勢い弱まってないか?」

オークC「みんな反撃に出るぞ!」

女騎士「くっ!」

女騎士「こうなれば今後の作戦の為にも、1人でも多くの敵兵を道連れに……」チャキッ

???「待てっ!!」ガキンッ

女騎士「き、貴様は!?」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:15:05 ID:xotMIvDk

女騎士B「貴重なオークち○ぽを殺すなど言語道断!!」

女騎士B「その愚行、私が止めてみせる!!」キッ

女騎士A「そんな……私がもう一人!?」

姫騎士「ワタクシもいますわ!」

エルフの女騎士「オークだらけの敵兵拠点なんて最高の環境じゃない☆」

女騎士A「ふざけるな貴様ら!!」

女騎士A「そろいもそろってその恰好はなんだ!?」

女騎士A「手甲と脛当はまだしも、その胴体の露出度はなんなのだ!!」

女騎士B「貴様こそなんだ、そのボディラインを包み隠すようなプレートメイルは!!」

女騎士B「お前はそれで騎士を名乗っていて恥ずかしくはないのか?」

女騎士A「それはこちらの台詞だああああああああああああああっ!!」

オークA「ど、どういうことだってばよ!?」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:17:05 ID:xotMIvDk

女騎士A「くっ、コイツら強いぞ!!」ガキンッ

女騎士B「何を当たり前のことを!!」ガキンッ

女騎士B「いくら頑張ってもおち○ぽには勝てない女騎士と」カカカッ

女騎士B「自らオークを押し倒し逆レイプする女騎士とでは」ヒュン

女騎士B「そもそも肉体の鍛え方が違うのだよ!!」ザンッ

女騎士A「け、剣が……」バキッ

女騎士B「さてと」チラッ

オークA「っ!」ビクッ

女騎士B「くっ、殺せ!!」ゴロン

オークA「え?」

女騎士B「何のためにこの拠点を防衛してやったと思っているのだ?」

女騎士B「くっ、殺せ!!」

オークA「え、ええっと……」ボロン

女騎士B「その意気やよし!」くぱあ



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:19:26 ID:xotMIvDk

オークA「ふんっ!!」ズポオッ

女騎士B「んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」

女騎士B「オークち○ぽ最高おおおおおおおおおおおっ!!!」

オークA「やっぱり俺は間違ってなかったんだ!!」パンパン

オークA「そうだよな、女騎士ってやっぱりこういうやつだよな!!」パンパン

女騎士B「ぎんもぢいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!」ビクンビクン

姫騎士「ほら、貴方様も」くぱあ

オークB「え、いいんですか?」

エルフの女騎士「他のオークも呼んできて輪姦してよ~♪」

エルフの女騎士「できたら触手にも連絡入れてね☆」

オークC「よっしゃ任せろ」

女騎士A「」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:21:04 ID:xotMIvDk

女騎士A「おかしい、こんなことは間違っている……」

女騎士A「いったいどこでこの世界は狂ったのだ!?」

オークA「最初っからじゃね?」パンパン

女騎士B「オークち○ぽが奥までずんずんきてりゅのおおおおおおおおおっ!!」

女騎士B「排卵、排卵すりゅううううう!!特濃オーク汁で妊娠確実!!」アヘアヘ

女騎士A「私の顔と声で気持ち悪いことをするなああああああああああああっ!!」

オークA「違うんだよ、女騎士」パンパン

オークA「イレギュラーな存在なのは貴様の方なのだ」パンパン

女騎士A「な、何を言うのだ!!」

女騎士A「このような色に狂った騎士どもの方が正常だとでもいうつもりか!!」

女騎士B「だからその通りだと言っている」アヘアヘ

女騎士A「なん……だと……ッ!?」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:23:09 ID:xotMIvDk

オークA「くっ、膣内に射精すぞ!!」どぴゅっ

女騎士B「オークのおち○ぽミルクで子宮の中がぎゅるんぎゅるん攪拌されてりゅううううっ!!!」ビクンビクン

オークA「ふうっ」ズポッ

女騎士B「もう終わりか?」

オークA「んー、まだまだ絞り出せるとは思うが」ビンビン

女騎士B「ではコイツを開発してやろう」ガシッ

女騎士A「な、何をするか!!」ジタバタ

女騎士A「離せ、離さんかこの痴女が!!」

女騎士B「そんなこと言って本当は欲しいのだろう?オークのち○ぽ」

女騎士A「誰がそんなものを欲しがるか!!」

オークA「いいのか、本人は嫌がってるぞ?」

女騎士B「別に強姦でもいいではないか、むしろオークとしてはそれぐらいが普通だろうに」

オークA「それもそうか」ビンビン

女騎士A「ッ!!」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:25:17 ID:xotMIvDk

女騎士A「や、止めろ汚らわしい!!」

女騎士B「そんなこと言っても体は正直だぞ?」バキバキッ

女騎士A「貴様、素手で鎧を!?」

オークA「捕虜として大事に扱ってくれた恩を仇で返すようだが……」

オークA「まあこれも運命だ、諦めてくれ」グイッ

女騎士A「やめろ、やめてくれ!!」ジタバタ

女騎士A「嫌だ!!こんなことは間違ってる!!」ジタバタ

女騎士A「辱めるぐらいならいっそのこと殺してくれえええっ!!」ジタバタ

女騎士B「違うだろう」

女騎士A「え?」

姫騎士「そこは『くっ、殺せ!』でございましょう?」

女騎士A「は?」

エルフの女騎士「はい、リピートアフタミー!!」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:27:22 ID:xotMIvDk

女騎士B「くっ、殺せ!」

姫騎士「くっ、殺せ!」

エルフの女騎士「くっ、殺せ!」

女騎士A(なんだ、一体なんなのだこの状況は……)

女騎士B「くっ、殺せ!」

姫騎士「くっ、殺せ!」

エルフの女騎士「くっ、殺せ!」

女騎士達「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」


「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」

「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」

「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」

「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」

「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」「くっ、殺せ!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:29:01 ID:xotMIvDk

女騎士A「は、はは」

女騎士A「あははははははははははははははははははははははははっ!!!」

女騎士A(もう、どうでもいいや)

女騎士A「……くっ、殺せ!」

オークA「その言葉が聞きたかった!!」ズボオッ

女騎士A「ひぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!」

女騎士B「これで貴様もやっと一人前の女騎士だな」

姫騎士「あらあら、お赤飯を炊いて差し上げねば」

触手「ここどこですか……なんで私連れてこられたんですかぁ……!?」

エルフの女騎士「おっ、触手ちゃんも無事到着したみたいね☆」パンパン

オークC「ぬほおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」ビクンビクン

姫騎士「ほらほら、殿方たちは皆強制参加ですわ」くぱあ

兵士「なんだこれは……なんだこれは……」ビンビン

オークA「やれやれ、今日は朝まで乱交パーティか」どぴゅっ

女騎士A「あへえ」ビクンビクン



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:30:17 ID:xotMIvDk



original-002657-019




20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 19:46:59 ID:lR7pFBZg

珍しくまとも(?)な女騎士が出たと思ったらwww



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/27(木) 20:38:51 ID:XsLO0rgM

結局ちんぽに勝ててねえwww


元スレ
SS深夜VIP:女騎士「貴様を、殺す」オーク「えっ」