3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:19:12.23 ID:VFERWn9rP

海未「何をいまさら言っているのですか?」

穂乃果「いや、いつも頭おかしいから気になったの」

海未「そんなこと聞くまでもありませんね」

海未「まずその丁度いいおっぱいですね」

海未「そして練習後に脱いだ服の汗のにおいです」

海未「最高ですね」

穂乃果「わーお」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:22:32.72 ID:VFERWn9rP

海未「そして私は穂乃果の家のおまんじゅうが大好きです」

海未「穂乃果の味が口の中に広がります」

穂乃果「うん、それおまんじゅうの甘さね」

海未「それだけではありません」

海未「穂乃果のことを考えるだけで大事なところも濡れてしまいます」

穂乃果「聞いてないよ海未ちゃん」

海未「穂乃果は最高ですね」

穂乃果「やっぱり頭おかしいなこいつ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:25:21.18 ID:VFERWn9rP

海未「私たちはいつも3人でいますが」

海未「ことりより穂乃果の方が絶対にかわいいです」

穂乃果「嬉しいけど、ことりちゃんの前では言わないでね」

海未「何故皆はことりが良いと言うのでしょうか」

海未「いつもちゅんちゅん言ってるだけではありませんか」

穂乃果「普段はあまり言ってないね、ここの妄想でしか言われてないね」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:27:24.64 ID:VFERWn9rP

海未「穂乃果はあざといことはしていません」

海未「そんな素直な穂乃果が大好きです」

穂乃果「まあ私はキャラ作りしてないしね」

海未「大丈夫ですよ穂乃果。私はそんなあなたが大好きです」

穂乃果「喜んでいいのかね」

海未「もちろんですよ穂乃果、私は今でも濡れていますよ」

穂乃果「うーん、またいらない情報だよねそれ」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:29:32.62 ID:VFERWn9rP

海未「それでは今日は練習がないですし、秋葉原にでも行きましょう」

穂乃果「今日は家の手伝いが・・・」

海未「ほら行きますよ穂乃果」ギュッ ズルズル

穂乃果「ちょ、ちょっとー!」

海未「大丈夫です。いざとなったら私がお嫁に行ってお店を手伝いますので」ズルズル

穂乃果「わけわからん」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:31:41.72 ID:VFERWn9rP

海未「秋葉原に着きました」

穂乃果「うん、いつも来てるとこだよね」

海未「それでは早速、スクールアイドルショップに行きましょう」

穂乃果「はいはい、どこでも付き合いますよー」

海未「はぐれないように手を繋いでいきましょう」ギュッ

穂乃果「平日の昼過ぎではぐれるわけないよ!」

海未「何恥ずかしがっているのですか。問答無用です」

穂乃果「ああもう!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:35:26.98 ID:VFERWn9rP

海未「私たちの写真もたくさん入荷していますね」

穂乃果「人気になったものだねー」

海未「この穂乃果の写真、まだ持っていませんね」

海未「この写真、ほんのり穂乃果のパンツが見えていますね、即買いです」

海未「これと、これもお願いします」

穂乃果「何で私の写真ばかりチェックしてるの?」

海未「穂乃果はおかしなことを言いますね」

穂乃果「これって犯罪じゃないのかなぁ?ストーカーじゃないのかね」

海未「お店に売られているものを購入するのは犯罪なんですか?」

穂乃果「いや違うけど・・・くっそ」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:38:07.35 ID:VFERWn9rP

海未「全て3枚ずつお願いします」

穂乃果「一応つっこむけど、何で3枚もいるのかな?」

海未「観賞用、保存用、プレイ用です」

穂乃果「ん?布教用じゃなくてプレイ用?」

海未「ほのニーをする時に使うものです」

穂乃果「店員さーん!警察呼んで早く!」

海未「照れている穂乃果もかわいいですね」

穂乃果「殺意しかないよね!?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:41:08.56 ID:VFERWn9rP

海未「今日もたくさんのお宝が手に入りましたね」

海未「こんな時の為にことりのメイド喫茶でバイトさせてもらって正解でした」

穂乃果「あんたさっきはことりちゃんをバカにしてたのに、しっかり利用してるね」

海未「ことりは親友ですからね」

穂乃果「こいつ人間として終わってるよ」

海未「では次はとらのあなに行きましょう」

穂乃果「嫌な予感しかしませんね」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:42:56.73 ID:VFERWn9rP

海未「穂乃果も同人誌を探すのを手伝ってください」

穂乃果「一応聞くけど、何を探せばいいの?」

海未「ほのうみ本を片っ端からかごに入れてください」

海未「私は右からまわります。穂乃果は左からお願いします」

穂乃果「何で私の同人誌を探して歩き回らないといけないのか・・・」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:45:35.79 ID:VFERWn9rP

海未「冬コミの新作が大量でしたね」

海未「これなんて私が受けですよ。穂乃果に攻められたいです」

海未「ああ、穂乃果がこんなに積極的に」

穂乃果「恥ずかしいから静かにしてくれる?」

海未「何を言っているんですか。こんなお宝を前に落ち着けと言うのですか?」

穂乃果「自分の部屋でやってよもう・・・」

海未「自分の部屋なら思いっきり穂乃果で興奮してもいいんですね、分かりました」

穂乃果「ちょっとまった!今のなし!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:49:14.79 ID:VFERWn9rP

海未「さて、用事は終わりました」

海未「ところで穂乃果は初詣には行きましたか?」

穂乃果「そういえば行ってないなー」

海未「それでは神田明神に行きましょうか」

穂乃果「たまにはまともな思いつきもするんだね」

海未「私たちの始まりの場所です。是非行きましょう」

穂乃果「ちょっと楽しみかも」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:52:51.36 ID:VFERWn9rP

海未「着きました」

穂乃果「ではお水で手を清めようか」

海未「そうですね、うう・・・冷たい・・・」ピチャピチャ

穂乃果「我慢だよ、海未ちゃん」ピチャピチャ

海未「そうですよね、これから1年、この手でほのニーをすることになるのです。しっかり清めなくては」ピチャピチャ

穂乃果「あんた祟られるぞ」ピチャピチャ

海未「終わりました。次はお参りしましょう」

穂乃果「せっかくの初詣がしょっぱなから最悪だよ」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:56:11.49 ID:VFERWn9rP

海未「5円の準備はいいですか?」

穂乃果「はいはい、持ってますよー」

海未「それでは」チャリーン

穂乃果「えい」チャリーン

穂乃果「今年も一年、ライブが成功しますように」イノリ

海未「穂乃果が私のことをもっと好きになりますように。ちなみにパンツをもっと見たいです」イノリ

穂乃果「何でライブの祈願しないの!?バチ当たるよ!?」

海未「穂乃果はおかしなことをいいますね」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/15(水) 23:58:44.19 ID:VFERWn9rP

海未「次はおみくじですね」

穂乃果「少しドキドキするなー」

穂乃果「それでは私から」つ200円

穂乃果「何が出るかな~?」ポト

穂乃果「7番!良いことありそう!」

海未「私の番ですね」ポト

海未「1番ですか」

穂乃果「では交換しよう」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:00:58.17 ID:L+mlxqqUP

穂乃果「私の結果は・・・えい!」ヒラキ

穂乃果「中吉か。まあまあといったところかな?」

海未「えーと私は・・・」ヒラキ

海未「ほの吉ですね」

穂乃果「え?ほのキチ?」

海未「ほの吉です。さすが1番ですね、穂乃果のようです」

穂乃果「希ちゃん出てこいやー!変なもん印刷すんなー!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:04:11.03 ID:L+mlxqqUP

海未「最高の初詣でしたね」

穂乃果「うん、最低の初詣だったね」

海未「そろそろ帰りましょうか。少し家に電話しますね」プルルル

海未「お母様ですか?はい、今日は穂乃果が泊まりにきますのでよろしく」ガチャ

穂乃果「んん!?」

海未「許可が下りました。では私の家に行きましょう」

穂乃果「ちょっとまって!急すぎるって!」

海未「問題ありません、私たちの仲ではありませんか」

穂乃果「せめて着替えを取りに家に帰らせて!」

海未「私の着替えを着れば問題ないです。さあ行きましょう」

穂乃果「うぇぇぇ」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:07:58.38 ID:L+mlxqqUP

海未「ただいま戻りました、お母様」

海未母「おかえりなさい、海未さん」

海未母「そして穂乃果さん、いらっしゃい」

穂乃果「お邪魔します・・・」

海未「今日秋葉原で、お母様の好きな矢澤にこオールナイトイベントがあります」

海未母「海未さん、お留守番お願いしますね」ダダダッ ガチャ

海未「計画通り」

穂乃果「ちょっとおばさん!行かないで!穂乃果を一人にしないで!」

海未「私がいるではありませんか、穂乃果はおかしなことを言いますね」

穂乃果「それが危険だって言ってるんだよね!?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:11:22.73 ID:L+mlxqqUP

海未「今日は二人きりですね、穂乃果」

穂乃果「うん、そうだねー」ボウヨミ

海未「それでは私の部屋に行きましょう」

穂乃果「穂乃果、おうちに帰りたい・・・」

海未「今日のお宝を整理しますよ、うーんハラショー」

穂乃果「穂乃果おうちに帰るー!」ジタバタ

海未「暴れないでください穂乃果、私がついていますから」ギュッ

穂乃果「あんまり嬉しくないよ・・」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:14:35.12 ID:L+mlxqqUP

海未「ほら、穂乃果も整理してください」

海未「穂乃果が攻めと受けで分けてください」

穂乃果「生き恥だよこれ・・・」

海未「最高ですね、次のおかず候補はこの3冊あたりでしょうか」

穂乃果「そういうのは一人でやってくれないかな!?」

海未「大丈夫ですよ穂乃果、私は穂乃果が好きなだけですので」

穂乃果「唐突にごまかしてもダメだからね!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:18:22.21 ID:L+mlxqqUP

海未「終わりましたね」

穂乃果「疲れたー」

海未「では穂乃果はお風呂でも入ってきてください、ここに着替えが」

穂乃果「仕方ないな・・・このパジャマ、けっこういいにおいだね」

海未「とうとう穂乃果が私に告白してくれましたか」

穂乃果「そ、そんなんじゃないよ!つい本音が出ちゃっただけだもん!」

海未「照れている穂乃果はかわいいですね、いいこいいこです」ナデナデ

穂乃果「もう~!」

穂乃果「私行くからね!」ドアバタン

海未「・・・」

海未「さて、時間差で穂乃果の脱いだ下着を回収しなくては」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:20:56.90 ID:L+mlxqqUP

海未「それではお風呂場に突入です」

海未「このカゴあたりでしょうか・・・」

海未「ありました、穂乃果の脱ぎたて下着です」

海未「これを回収っと」ガサゴソ

海未「これで思い残すことはありませんね、それでは部屋に・・・」

穂乃果「お風呂は気持ちいいなー♪」

海未「・・・」

海未「・・・」

海未「私も入りましょうか」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:23:37.94 ID:L+mlxqqUP

穂乃果「今日は一日疲れたからなー」

穂乃果「ほんとに海未ちゃんには困ったものだね」

海未「失礼します」ガチャ

穂乃果「んん!?ちょっと何で入ってきてるの!?」

海未「誰も穂乃果が上がるまで待つなんて言ってませんが?」

穂乃果「常識的に待つでしょ!?」

海未「はいはい背中を洗ってあげますから」ゴシゴシ

穂乃果「あ、もう!・・・気持ちいい・・・」

海未「大事なところも濡れてしまいましたか?」

穂乃果「それはないな」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:30:41.28 ID:L+mlxqqUP

海未「穂乃果、私がほのキチに見えますか?」

穂乃果「当然見えるよ、やばいくらいに」

海未「穂乃果、大好きです」ギュッ

海未「私は小さい頃からお稽古ばかりでしたし、人見知りでした。穂乃果も知っていますよね?」

穂乃果「う・・・うん」

海未「こんな私の側に穂乃果はいつもいてくれました。正直、穂乃果がいなければ、私はいつも一人ぼっちだったかもしれません」

海未「きっとお稽古をすることだけで生きていたのだと思います」

穂乃果「海未ちゃん・・・」

海未「今はっきり言わせてください。穂乃果ありがとう、穂乃果が大好きです」ギュッ

穂乃果「ちょっと海未ちゃん!ムネ!ムネ当たってるって!」

海未「こんな私ですが、穂乃果は私といつまでも友達でいてくれますか?」

穂乃果「・・・当然だよ海未ちゃん!私たちは親友だよ!そしていつかは・・・もっと先まで・・・」テレテレ

海未「なんですか?最後の方が良く聞こえなかったです」

穂乃果「ああもう!なんでもないよ!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:32:50.54 ID:L+mlxqqUP

穂乃果「もう上がるからね!」

穂乃果「海未ちゃんも早く上がりなよ!」ガチャッ

海未「・・・ありがとうございます、穂乃果」

穂乃果「・・・」

穂乃果「うあーのぼせた・・・海未ちゃんのせいだよ」

穂乃果「部屋戻ろう」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:37:57.59 ID:L+mlxqqUP

海未「来客用の布団をもってくるので待っていてください」

穂乃果「いらないよー布団なんて」

海未「ですが、畳では少し寒いと思うのですが・・・」

穂乃果「今日は海未ちゃんの布団で一緒に寝るもんねー」

海未「私の・・・布団ですか?」

穂乃果「今日散々私を引っ張りまわした罰だよ!」

穂乃果「海未ちゃんは私をしっかりあたためること!私は寒いの大嫌いだから!」

海未「仕方ありませんね」ギュッ

穂乃果「ちょ、ちょっと!?まだ早いよー!布団の中の話だよー!」

海未「私が一生守ってあげますからね」

穂乃果「しょ、しょうがないなー!守られてあげようかな!」テレテレ

海未「電気消しますよ」カチ



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:40:13.15 ID:L+mlxqqUP

海未「あたたかいですか穂乃果?」ギュッ

穂乃果「あたたかいかな?」

穂乃果「でももう少しあたたかい方がいいな」

海未「仕方ありませんね」ムギュッ

穂乃果「うぇぇ!?」

海未「明日も早いので寝ますよ、いいですね」

穂乃果「分かってるよー」

海未「ではおやすみなさい」スースー

穂乃果「おやすみー」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:44:04.56 ID:L+mlxqqUP

穂乃果「海未ちゃん、正直、穂乃果はうれしかったんだ」

穂乃果「こんな思いつきで行動する私を、海未ちゃんはいつもフォローしてくれるよね」

穂乃果「穂乃果はね・・・海未ちゃんのこと・・・」

穂乃果「寝てる海未ちゃんに一方的に言うなんて卑怯だよね」

穂乃果「いつか絶対、海未ちゃんに話すよ。私の気持ち」

穂乃果「それまでは親友として、仲間として・・・私を助けてね」

穂乃果「ちょっとだけ言っちゃおうかな?」

穂乃果「好きだよ、海未ちゃん」チュッ

穂乃果「おやすみ」ギュッ



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/16(木) 00:48:35.80 ID:L+mlxqqUP

穂乃果「スースー」

海未「穂乃果、私が寝たと思っていましたね」

海未「しっかり聞いてましたよ、あなたの気持ち」

海未「今はスクールアイドルとして多忙な日々を送っていますが」

海未「いつかは穂乃果と一緒になる日が来ると信じています」

海未「大好きですよ、穂乃果、一人の女の子として・・・」チュッ

海未「今年も・・・よろしくお願いします」チュッ

海未「お返しです♪」

終わり


元スレ
穂乃果「海未ちゃんは何でほのキチなの?」