SS速報VIP:ゆうぎり「誰もが持っている」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546412680/



1: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:04:41.36 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「サキはん」

サキ「姐さん?」

ゆうぎり「ちょっと訊きたいことがあるんどすが」

サキ「なんね?」

ゆうぎり「わっちは、そない貫禄がある女なんどすか?」

サキ「急にどがんしたと?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1546412680




2: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:05:50.66 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「チェキ会とかで度々ファンのお人が」

 
「5号さんの貫禄すげー」

「あら間違いなく、修羅場を潜ってきとる風格たい」

「なんか、持っとるもん持っとらすね」

 
ゆうぎり「って、言わはったんどすわ」



3: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:06:35.27 ID:zfVx+gag0

サキ「まぁ、確かに姐さんは持っとるもん、持っとるけぇなぁ」

ゆうぎり「ほんまに?」

サキ「いやまぁ、時代劇とかだと花魁って『姐さん』と呼び慕われとるし」

ゆうぎり「確かにお仲間の娘達からも、そない呼ばれてましたわ」

サキ「それにグラサンもゆっとったけど、明治維新の裏にこの人ありの『伝説の花魁』ってことは、そりゃもうすごか人なんやろなぁって想像出来るたい」



4: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:07:12.97 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「サキはんも『伝説の特攻隊長』でありんすが」

サキ「あたしはあくまで特攻隊長。総長……つまりリーダーである麗子には敵わんばい」

ゆうぎり「やけども、今はリーダーやってはります」

サキ「んまぁ、まとめ役として適任やかなかとかねぇ」

ゆうぎり「ふふっ」

サキ「?」

ゆうぎり「サキはんも貫禄がありすんなぁ、って」

サキ「いやいやぁ」



5: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:07:43.93 ID:zfVx+gag0

ガチャ

純子「あっ、いらしてたのですか」

ゆうぎり「あら、純子はん」

サキ「よっ」

純子「お二人が珍しいですね」

サキ「そうか?」

純子「何の話をしていたのですか?」

サキ「貫禄、かな?」

純子「貫禄?」



6: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:08:16.01 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「純子はんから見て、わっちは貫禄ある方に見えはります?」

純子「えっ、あっ、はい」

ゆうぎり「どの辺りが」

純子「その、なんと言いますか……ダイナマイトというかミサイルというか」

ゆうぎり「言ってる意味がよく分かりまへんけど」

純子「いえ、こっちのことです。はい……」

サキ(なんとなく気持ちは分かるばい)



7: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:09:13.50 ID:zfVx+gag0

純子「あぁでも、踊ってるゆうぎりさんは貫禄がありますね」

ゆうぎり「ほぉ」

純子「練習の時もそうですが、動きがとても綺麗で堂々としていて」

サキ「花魁だからやなかと?」

ゆうぎり「舞はありんしたが」



8: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:10:08.70 ID:zfVx+gag0

純子「舞とダンスでは動きが違いますが、それでも気品と迫力があります」

ゆうぎり「芸事も花魁の勤めどす」

サキ「姐さんは位的にはどの辺りで?」

ゆうぎり「太夫でありんしたかなぁ」

サキ「すごかと?」

純子「確か花魁の位でもトップだったかと」

サキ「姐さんもトップスターやんけ! さすがの貫禄や」



9: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:10:52.29 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「とっぷすたー?」

純子「なんと言いますか、頂点にいる人のことを指します」

ゆうぎり「でしたら、純子はんも愛はんもリリィはんも、そのとっぷすたーどすなぁ」

純子「いやいや、私はまだそんな」

サキ「謙遜するんやなか」

ゆうぎり「そうどす。幸太郎はんも言ってたました」

純子「えっ、なんてですか?」

 

 
ゆうぎり「純子はんのイケボは貫禄がある、と」



10: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:11:51.38 ID:zfVx+gag0

純子「イ、イケボ?」

サキ「姐さん、それ何?」

ゆうぎり「知りまへん」

純子「えぇ……」



11: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:12:55.31 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「この前、幸太郎はんが箱を見ながら」

サキ「箱?」

ゆうぎり「愛はんが調べものしてたあの」

純子「もしかしてパソコンですか?」

ゆうぎり「その『ぱそこん』や思はるんどすけどな。それを見ながら」

 
幸太郎「4号の歌声はイケボだなぁ、って書き込みが多いなぁ……」

 
ゆうぎり「そない、言うてはりましたわ」

純子「は、はぁ」



12: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:13:43.20 ID:zfVx+gag0

サキ「純子。イケボってなんね?」

純子「し、知りませんよ。最近の言葉なら私はあまり詳しくありませんし」

サキ「んー、言葉のニュアンスからしてアレだな」

純子「アレ、とは?」

 

 
サキ「池の草がボーボー」



13: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:14:16.79 ID:zfVx+gag0

純子「ちょっ、それのどこがイケボなんですか!?」

サキ「『池』の草が『ボ』ーボー」

純子「意味が分かりません!」

サキ「言ってるあたしも分からん」

純子「もぉ!」



14: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:15:12.08 ID:zfVx+gag0

ゆうぎり「難しいことは愛はんに調べてもらいましょ」

サキ「そういや愛の奴、朝から見とらんけど」

純子「愛さんなら日の出前に出掛けましたよ」

サキ「何処に?」

純子「猪狩りに」

サキ「なんで?」

純子「さぁ」

サキ「あいつも何考えてっか分かんねぇなぁ」

ゆうぎり「それもまた、愛はんの面白いとこどす」



15: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:16:08.72 ID:zfVx+gag0

サキ「話を戻すとして、あたしらみんな伝説なんやし、そら貫禄の一つや二つは持っとらすよ」

純子「それが大きいか小さいかは別ですけどね」

ゆうぎり「わっちは大きいんどす?」

純子「確実に一番です」

サキ「純子。多分おめぇの考えだと、ちんちく除いたあたしは一番小さくなるんやなかと?」

純子「な、何を言ってるんですか!?」

サキ「やっぱそっち方面か!」



16: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:17:29.93 ID:zfVx+gag0

純子「そっち方面でなくとも、ゆうぎりさんには母親のような貫禄があります」

ゆうぎり「母親?」

純子「みんなが争っていても、それを鎮めてまとめるような貫禄が」

ゆうぎり「わっちに母親は早いでありんす」



17: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:19:07.16 ID:zfVx+gag0

純子「母親や生まれた時代順に」

サキ「それやと、たえが分からん」

純子「では享年順に」

サキ「たえが母親やぞ」

ゆうぎり「なら、たえはんはみんなの母親どすな」

サキ「あんなオカンおったら怖い」

ゆうぎり「では、わっちの次の純子はんが母親に」

サキ「純子がオカンやったら、小言うるさそうでグレるな」

純子「はいぃぃぃ!?」

サキ(かと言って姐さんやとビンタ一発ジ・エンドやけぇ、逆らわれへんなぁ)



18: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:20:01.27 ID:zfVx+gag0

ガチャ

さくら「ここにおったんや」

サキ「おぅ、さくら」

さくら「何話しとるん?」

純子「まぁ、ちょっと」

ゆうぎり「貫禄やら母親やら」

さくら「??」



19: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:20:40.94 ID:zfVx+gag0

サキ「あたしら伝説持ちやから、貫禄とかそこら辺云々を」

さくら「へぇー」

 

 

 

 
さくら「でも私には伝説ついとらんよ」



20: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:21:07.52 ID:zfVx+gag0

サキ「あっ」

ゆうぎり「あっ」

純子「あっ」



21: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:22:07.37 ID:zfVx+gag0

さくら「私には伝説や貫禄……なかとね?」

サキ「いや、ある! あるぞ!」

さくら「なら、ゆーてみてよ!」

純子(どうするのでしょうか?)

サキ「あのよ、グラサンが言っとったとよ」

さくら「幸太郎さんが?」

サキ「あぁ」

さくら「な、なんて?」

 

 
サキ「さくらの後ろ姿、貫禄あるとね」



22: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:22:34.38 ID:zfVx+gag0

さくら「えっ?」

純子「えっ?」

ゆうぎり「えっ?」

サキ「……」



23: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:23:11.61 ID:zfVx+gag0

サキ「グラサンがパソコン見ながら言っとったと」

 
幸太郎「ここのさくらの後ろ姿、よかよかよかったいんじゃい」

 
サキ「てな」



24: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:23:40.52 ID:zfVx+gag0

さくら「はぁ」

純子(本当なんでしょうか?)

ゆうぎり(よー、分からしまへんけど)

サキ(適当に誤魔化したんだが……ダメか?)



25: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:24:13.59 ID:zfVx+gag0

さくら「ま、まぁ、私にも持っとらすもんの一つや二つはあるっちゃね」

サキ(マジか!? 食い付いた!)

さくら「幸太郎さんはステージ裏からでも、私達のことよー見とるんやなぁ」

ゆうぎり「後ろ姿がお好きとは、幸太郎はんも変わってるでありんすなぁ」

純子「隠してるか否かの違いですけど、世の中に変な人間は沢山います」

さくら「ちょっと幸太郎さんとこ行ってくるね!」

サキ「お、おぅ」



26: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:24:50.87 ID:zfVx+gag0

純子「良かったのでしょうか?」

サキ「あっ、うん。まぁ、本人が納得したんなら」

ゆうぎり「ほな、わっちは水浴びして来るでありんす」

サキ「ほーい」



27: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:25:19.25 ID:zfVx+gag0

シュボッ、スパッ
 
ゆうぎり「ふぅー」



28: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:26:31.59 ID:zfVx+gag0

貫禄、風格、個性……

それらは誰もが持っている。

いや――

仮に持っていても、

気付いてないか表に出さないだけかも知れまへん。

小さな発見、大きな発見、

探せば色々と見つかる宝物、

わっちも探して行きたいどす。

以上、ゆうぎりでありんした――

 
ぱそこんの練習もやってみましょ



29: ◆WA7qvdXHqc 2019/01/02(水) 16:27:22.66 ID:zfVx+gag0

さくら「♪」

幸太郎(さくらはさっきから何をしたいのか分からん)

さくら「♪」

幸太郎(何をそんな嬉しそうに後ろ姿を見せるのか?)

さくら「どうですか!!」

幸太郎「えっ、まぁ、よかったいのぉ……」

さくら「やったぁ」

幸太郎(さくら……何がしたいのか俺には本気で分からん)

さくら「どやどやどやんすっす♪」

幸太郎(だが、それもさくらを含めたフランシュシュの良い所なのかもしれない)

 

 
おしまい


元スレ
SS速報VIP:ゆうぎり「誰もが持っている」