SS速報VIP:P「桃太郎」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420959312/



1: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 15:55:12.55 ID:9cvB7pqX0

昔々あるところに、高木爺さんと小鳥婆さんが住んでいました

高木爺さんは山へ芝刈りに、小鳥婆さんは>>3に行きました

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420959312




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 15:56:11.37 ID:i2ORn/EDO

海に漁をしに



4: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:02:39.01 ID:9cvB7pqX0

小鳥婆さんは海に漁をしに行きました

ザザーン ザザーン

小鳥「うん、なかなかの天気ね! これならおいしい晩御飯が捕れるわ!」

小鳥「目指すは大きなお魚、いざ、小鳥丸発進!」

ブロロロロロロロロ

ザアアアアアアアアアアア!!!

海のど真ん中

小鳥「さて、うまく釣れればいいけど」

小鳥婆さんは海で大きな網を広げ、かかる間にお気に入りの同人誌を読んでいました

そしてしばらく待った後に網を引き揚げたら、大きな>>6がかかりました



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:03:29.34 ID:UjvY7xzyO

あずさ人魚



7: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:06:18.79 ID:9cvB7pqX0

あずさ「あら~、網にかかっちゃったわ~」ピチャピチャ

小鳥「ピヨッ!? 本物の人魚!?」

小鳥「こ、これはとてつもないレア物!」

小鳥「ご飯は捕れなかったけどもっとすごいものを手に入れたわ!」

あずさ「あの~、何とかしてほしいのですけど…」ピチャピチャ

小鳥婆さんはあずさ人魚を>>10しました



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:07:18.79 ID:ahynPzNL0

いっしょに写真を撮った



12: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:11:31.37 ID:9cvB7pqX0

小鳥「一緒に写真を撮りましょう!」

あずさ「え、ま…まあそれくらいなら…」ピチャピチャ

小鳥「タイマーセットして、はいチーズ!」

カシャ

小鳥「さらにもう一枚!」

カシャ

小鳥「ありがとうございます、おかげでいい絵が撮れました!」

小鳥(しかしとてもエロいわね、B91が丸出しだなんて…!)

小鳥(おかずはこれで決まりね!)

あずさ「あの…もうわかったので早く海に///」ハァ///ハァ///

小鳥「あ、そうですね、それじゃあ>>14」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:12:35.82 ID:8tm2CpR4O

うちの連絡先を渡しますので、遊びに来てくださいね!



16: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:14:47.57 ID:9cvB7pqX0

小鳥「うちの連絡先を渡しますので、遊びに来てくださいね!」

小鳥「はい、私の携帯番号」

あずさ「あ、どうも」

小鳥「それじゃあ…よいしょっと!」

バシャーン!

あずさ「ふぅ…助かりました」

あずさ「とりあえずありがとうございます、これはお礼の>>17です」

小鳥「うわぁ…とても大きな>>17ですね!」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:15:06.70 ID:vNHjf05mo

BL同人誌



20: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:19:25.42 ID:9cvB7pqX0

小鳥「とっても大きな…BL同人誌…!」

あずさ「P×Pだけでなく高黒、三十路やショタ組、男の娘カップルなどが全部収録されてます~」

小鳥「おお…おお!」ペラッ

小鳥「これは…ああ、すごい! 小さな男の子のあそこが小さな男の子のお尻の穴に///」ハァハァ///

あずさ「気に入ってもらえて何よりです」

小鳥「ありがとうございます、人魚さん!」

あずさ「それじゃあまた今度」

小鳥「また!」

小鳥婆さんはBL同人誌を手に入れ、満足そうに家に帰りました



21: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:24:02.28 ID:9cvB7pqX0



高木「バカモーン!」

小鳥「ピヨッ!?」

高木「私は魚を捕ってこいと言ったんだぞ! 誰がBL同人誌を捕れといった!?」

小鳥「そ、それは…でもとてもレアもので…」

高木「大体同人誌を食えるか!? むしろ喰うはずが喰われているじゃないか!」

高木「せっかく飯を楽しみにしてたというのに…こんなものこうしてやる!」ビリビリィィィ!

小鳥「あああああああ! 私の同人誌がぁあぁぁあぁあああ!?」

高木爺さんはBL同人誌を破り捨てたら、同人誌の中から>>23が生まれました



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:25:16.05 ID:5JCidiawo

黒井



27: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:28:21.32 ID:9cvB7pqX0

黒井「おぎゃーおぎゃー!」

高木「おお、なんと腹黒そうな男の子なんだろう!」

小鳥「ご飯の代わりに凄いものが生まれましたね!」

黒井「おぎゃーおぎゃー!」

高木「よし、BL同人誌の中から生まれたからBL太郎にしよう!」

高木「今日からお前がBL太郎だ!」

黒井(BL太郎)「おぎゃー…おぎゃ…ぎゃー………」

小鳥「BL太郎も喜んでますよ!」

BL太郎「んなわけないだろ!」



29: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:33:56.40 ID:9cvB7pqX0

黒井もといBL太郎は爺さん婆さんの手によって育てられ、すくすくと成長しました

BL太郎は高木爺さんのことを毛嫌いしていますが小鳥婆さんのことを好んでいました

いわゆるババコンというものでした

そんなある日、鬼ヶ島から来た鬼が村で暴れていると、爺さんたちは知りました

小鳥婆さんはBL太郎に、鬼ヶ島へ鬼退治をしてくれるように頼みました

そしてBL太郎は快く引き受けました

BL太郎「鬼だか何だか知らんが私にたてつくものがいるのなら全力で排除してやる、フハハハハ!」

小鳥婆さんはBL太郎のために剣と鎧、そしてお手製の>>30団子を作りBL太郎に持たせました



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:34:26.67 ID:tTX9vvf8O

セレブ



31: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:36:28.23 ID:9cvB7pqX0

小鳥「はい、セレブ団子よ、頑張って行きなさいね」

高木「無事に帰ってこいよ」

BL太郎「言われなくてもわかってる、鬼とやらを軽く懲らしめてるわ!」

BL太郎は鬼ヶ島に向かって歩き出しました

そして通り道、BL太郎は>>34猿と出会いました



34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:37:44.06 ID:b+7zzxQmO

伊織



36: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:42:36.97 ID:9cvB7pqX0

伊織「ちょっと、そこのおじさん」

BL太郎「何? このセレブな私、BL太郎に向かっておっさんだと!?」

BL太郎「猿の分際で生意気な…!」

伊織「そんなことよりアンタ、鬼を退治しようとしてるじゃない」ウキッ

伊織「そんな装備で大丈夫なの?」ウキッ

BL太郎「大丈夫じゃないのか?」

伊織「大丈夫なわけないでしょ、相手は人間よりはるかに強い鬼よ、そんな鎧じゃ軽く粉砕されるわ」ウキキッ

BL太郎「ならどうしろというのだ」

伊織「このスーパーモンキー伊織ちゃんが仲間になってあげるというのよ、そのセレブ団子を引き換えにね」

BL太郎「何? (主な原材料の8割が>>39で占められている)セレブ団子だと!?」

伊織「さあどうするの?」

BL太郎「………」



39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:44:10.18 ID:vNHjf05mo

砂糖



41: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:47:04.64 ID:9cvB7pqX0

BL太郎「…いいだろう、だが鬼を退治する間だけだぞ」

伊織「どうも」パクッ

伊織「……うわっ、これ砂糖の塊じゃないの」モグモグ

BL太郎「貴様…おばあさんが私のために作った団子を悪く言うとは…!」

伊織「まあいいわ、お腹いっぱいになったから、鬼退治に付き合ってあげるわ、感謝しなさいよね」ウキッ

黒井「ぐぬぬ…」

伊織猿が仲間になりました



42: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:48:27.29 ID:9cvB7pqX0

BL太郎と伊織猿は、深い森に入りました

そして森の中に>>44犬と出会いました



44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:49:41.99 ID:mIy2pmoyO

貴音



47: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:52:22.87 ID:9cvB7pqX0

貴音「初めまして、BL太郎殿…」

BL太郎「おお、私のことを知っているのか」

貴音「はい、風のうわさで聞いておりました、そして貴殿が鬼退治へ向かっていることも」

BL太郎「そうか、それでお前も仲間になりたいのか?」

貴音「はい、それでお願いがありますが」

BL太郎「セレブ団子がほしいのだろ?」

貴音「いえ…>>49を望みたいのですが…」

BL太郎「何!?」



48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:53:35.90 ID:mEs9r4+Q0

食べ放題の店



49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 16:54:08.20 ID:NoIo2plWO

↑+びぃえる本



51: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 16:57:05.02 ID:9cvB7pqX0

貴音「食べ放題の店とびぃえる本が欲しいのですが…」

BL太郎「欲張り過ぎじゃないか!?」

貴音「お願いします…」クゥーン

BL太郎「無理だ、そこまで私は金とBL本を持ち歩いてない!」

伊織「なら水瀬猿財閥に任せなさい!」ポパピプペ

BL太郎「何? なんかあるのか?」

伊織「あ、もしもし新堂? 実は…うん、お願いね」

伊織「これでよしっと、もうすぐ来るわ」



52: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:06:27.86 ID:9cvB7pqX0

新堂「お待たせしましたお嬢様」ウキッ

新堂「どうぞ、BL本とバイキング店行きの車を手配しました」

伊織「ご苦労様、行くわよみんな」

貴音「なんと!?」

黒井「どういうことだ…?」

ブロロロロロロロロ

バイキング料理店

ズラアアアアアアアアアアア!!!

貴音「面妖な…麺妖な………!」

ズズズズズルルルルルル

貴音「とても美味でございます!」

パクパクパク

貴音「そしてこの武田×涼の同人誌…実にいい、武田殿のいちもつが涼の菊門に深く入り込んでいます」

貴音「同人誌を読んで食事する…これほど幸せなことがあるのでしょうか?」

黒井「そんな幸せいらない…」



53: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:08:25.27 ID:9cvB7pqX0

貴音「どうもありがとうございました、お礼にあなた方の仲間になりましょう」ワン

伊織「よろしくね、にひひっ♪」ウキッ

BL太郎「私何もしてないではないか」



54: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:08:57.68 ID:9cvB7pqX0

貴音犬が仲間になった後、最後に>>57雉と会いました



57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 17:10:19.24 ID:I1lO0YISO

美希



60: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:16:42.12 ID:9cvB7pqX0

美希「ねぇそこの人」

BL太郎「なんだ?」

美希「ミキ、お腹がすいたの、何か食べさせてほしいの」

BL太郎「何?」

美希「ミキ的には、おにぎりはイチゴババロアがいいな☆」

BL太郎「団子はだめか?」

美希「そんなのいらないの、なんか安っぽい」

BL太郎「小鳥婆さんの団子をまた悪く言うとは…」

BL太郎「おい猿、何とかならんか?」

伊織「ごめん、電話圏外だから新堂呼べない」

BL太郎「ぐぬぬ…」

美希「ねぇまだ?」

BL太郎はやむを得ず>>63しました




63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 17:19:32.57 ID:la1nIk8kO

近所の家でイチゴババロアを作らせてもらいました



64: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:24:11.39 ID:9cvB7pqX0

BL太郎は近所の家でイチゴババロアを作らせてもらうことにしました

BL太郎「というわけで、作らせてもらいたいのですが…」

Sランクの主婦「ええ、構いませんけど」

ドボドボドボドボ

ギュイイイイイイイイイン

Sランクの主婦「違う、もっとたくさん入れて!」

BL太郎(何で私がこんなことをしなければならんのだ!?)

そしてようやく完成しました

BL太郎「やっとできた…迷惑をかけたな」

Sランクの主婦「いえいえ、お構いなく」

Sランクの娘「なんかとってもおいしそうですねー!」

BL太郎「ほら、どうだ、味は?」

美希「>>66」




65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 17:25:01.66 ID:mEs9r4+Q0

この家の子になろーっと



66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 17:25:09.73 ID:YRA9vuPWO

とってもスピリチュアルなの!+↑



67: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:29:22.14 ID:9cvB7pqX0

美希「とってもスピリチュアルなの!」

BL太郎「そうか…それじゃあ…」

美希「ミキ、この家の子になろーっと!」

BL太郎「…はっ?」

美希「おじさんでもこのババロアが作れるんだったらこの人が作ったらもっとおいしいババロアが出来上がるはずなの!」

美希「いいでしょ、おばさん?」

Sランクの主婦「おば…?」ピキッ

美希「…お姉さん」

Sランクの主婦「ええ、うちはいつでも歓迎するわ!」

Sランクの娘「よろしくお願いします、美希さん!」

美希「よろしく!」

美希雉はとある主婦のペットになりました

BL太郎「やってられるか! もういい、勝手にしろ!」

BL太郎はばかばかしくて出ていきました



68: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:34:03.97 ID:9cvB7pqX0

BL太郎たちはようやく鬼ヶ島がある海につきました

BL太郎はどうやって渡ろうかと考えていると、小鳥婆さんの話で知り合いにあずさ人魚がいたことを思い出しました

小鳥婆さんから教えてもらった電話番号であずさ人魚とその知り合いを呼び出し、一緒に鬼ヶ島へ行くことになりました

そしてとても早く鬼ヶ島につくことができました

BL太郎「手間をかけさせたな」

伊織「どうもありがとう!」

貴音「このご恩は一生忘れません」

あずさ「こちらこそ力になれて嬉しいわ」

あずさ「それじゃあみんな、帰りましょうか」

あずさ人魚軍団「ええ!」

あずさ人魚たちは海底に帰りました



69: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:34:53.08 ID:9cvB7pqX0

そして待ちに待った鬼ヶ島の鬼退治

BL太郎は伊織猿、貴音犬を連れて、>>72鬼と戦うことになりました



72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 17:35:34.67 ID:9f+aopUYo

小鳥



74: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:40:21.05 ID:9cvB7pqX0

小鳥「待ってたわね、BL太郎」

BL太郎「お婆さん!? どうして…」

小鳥「全ては全部私の野望のためよ」

小鳥「あの糞爺、私の大切なBLコレクションをBL太郎に見せたら悪影響を及ぼすから全部捨てたのよ!」

小鳥「だからあいつに復讐するために、私は真の姿である鬼になって町で暴れて」

小鳥「鬼が鬼ヶ島にいるという情報を拡散させた」

小鳥「そしてBL太郎を鬼ヶ島に誘導させ、私は高木爺さんを………ふふっ…」

BL太郎「な、なんてことを…」

伊織「ひどい…」

貴音「なんと…」

BL太郎はまさか鬼が小鳥婆さんだなんて思ってもいませんでした

育ての親が鬼だという現実に混乱と葛藤の末、BL太郎は決断しました

小鳥婆さん、もとい小鳥鬼を>>76



76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 17:41:10.86 ID:yTXA0ZJTO

妻にする



78: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:44:37.88 ID:9cvB7pqX0

BL太郎「なら邪魔者はもういなくなった…これで婆さんは私のものになったということだな」

小鳥「えっ?」

BL太郎「小鳥婆さん、生まれたときからきっとそうだったかもしれない…

BL太郎「私はあなたのことが好きだ、この世で一番」

BL太郎「世話してくれたことには感謝している、その恩返しがしたい」

BL太郎「私の妻になってくれないか///」

小鳥「喜んで///あなた///」

チュッ

伊織「なにこれ」ウキッ

貴音「はいはい面妖面妖」ワン



79: ◆5m18GD4M5g 2015/01/11(日) 17:48:07.39 ID:9cvB7pqX0

こうしてBL太郎と小鳥鬼は結婚し鬼ヶ島で暮らすことになりました

伊織猿と貴音犬はペットもとい家族となり、不自由のない生活をしました

そしてたくさん子供が生まれ、BL同人誌も多く買占め、それを読破し

家族全員で幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし




P「という話を考えたんだけどどうかな?」

春香「桃要素ないじゃん」

おしまい



81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 18:04:06.95 ID:nNsxuQHI0

乙 色々面白かった


元スレ
SS速報VIP:P「桃太郎」【安価】