1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 20:50:49.37 ID:AcMeymHg0

花陽「二人とも、メイド服を着てどうしたの?」

穂乃果「今日は花陽ちゃんの誕生日だから、記念に何かご奉仕したくて!」

凛「かよちん、何でも頼んで!」

花陽「えぇっ!?そんないきなり…」

穂乃果「ほら、遠慮しないで!折角の誕生日なんだから、ね?」

花陽「じゃあ…>>6
コンマ判定
81~99:おにぎり食べたい!
61~80:マッサージして!
41~60:寒いから暖めて!
21~40:暖かい物が飲みたい!
00~20:ババ抜きしよう!

小ネタやーで。
かよちん誕生日記念



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 20:59:24.21 ID:qmgTCaQj0

まきちゃん



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:04:38.78 ID:AcMeymHg0

花陽「暖かい物が飲みたい!」

穂乃果「コーヒーでいい?」

花陽「うん。あ、砂糖もお願い」

凛「分かったにゃ!今すぐ入れてくるよかよちん!」

(………)

穂乃果「お待たせしました!」カチャ

凛「かよちん、遠慮なく召し上がってにゃ!」

花陽「それじゃあ……ごくっ…」

花陽「…うん、とっても美味しい!」

凛「よかったにゃ!」

穂乃果「何かミスしてたらどうしようと思ってたよー」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:06:37.71 ID:AcMeymHg0

穂乃果「花陽ちゃん、次どうぞ!」

凛「凛と穂乃果ちゃんはいつでもOKだにゃ!」

花陽「じゃあ…>>11
コンマ判定
81~99:おにぎり食べたい!
61~80:マッサージして!
41~60:寒いから暖めて!
21~40:お買い物、行こう!
00~20:ババ抜きしよう!



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:14:17.87 ID:aQ4Qqq3y0

ksk
いつもはもっと人くるのに今回は全然こないね



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:19:29.98 ID:AcMeymHg0

花陽「おにぎり食べたい!」

穂乃果「分かった!凛ちゃんと色々な味のおにぎりを沢山作ってくるね!」

花陽「台所にある食材は何でも使っていいけと、散らかさないでね?」

凛「大丈夫にゃ!凛と穂乃果ちゃんはそんな子じゃないよかよちん!」

(………)

穂乃果「どうぞ!」デーン

花陽「わぁ…おにぎりがいっぱい…」キラキラ

凛「梅干から鮭、昆布まで色々あるにゃ!」

花陽「私だけじゃ食べきれないから、穂乃果ちゃんと凛ちゃんも一緒に食べよう!」

穂乃果「いいよ!」

凛「ちょうどお腹も空いてたんだにゃ!」

花陽「それじゃあ」

「「「いただきます!」」」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:21:12.91 ID:AcMeymHg0

凛「美味しかったにゃー!」

穂乃果「まだまだいけるよ!花陽ちゃん、どんどん頼んで!」


花陽「じゃあ…>>16
コンマ判定
81~99:部屋の掃除、お願い出来る?
61~80:マッサージして!
41~60:寒いから暖めて!
21~40:お買い物、行こう!
00~20:ババ抜きしよう!



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:40:43.14 ID:tuK/BMnc0

ksk
なんか重いようだ



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:48:50.51 ID:AcMeymHg0

花陽「ババ抜きしよう!」

穂乃果「いいね!盛り上がろう!」

花陽「カードは持ってきてあるから、用意しなくていいよ」トン

凛「やろう!やろう!」

穂乃果「よーし!負けないぞー!」
----------------
花陽「あがりっ!」

凛「あー!負けちゃったにゃ~…」
---------------
穂乃果「………」ジリジリ

凛「………」ジリジリ

花陽「凛ちゃん、穂乃果ちゃん、ババ抜きにそんな熱くならなくても…」
----------------
穂乃果「楽しかったー!」

凛「何故か疲れたにゃ~」

花陽「二人とも、熱くなりすぎ…」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:50:30.14 ID:AcMeymHg0

凛「かよちん、凛と穂乃果ちゃんはまだまだいけるよ!」

穂乃果「遠慮なく頼んで!」

花陽「えっと…>>22

コンマ判定
81~99:部屋の掃除、お願い出来る?
61~80:マッサージして!
41~60:寒いから暖めて!
21~40:お買い物、行こう!
00~20:洗濯物、たたむの手伝って!



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 21:52:22.92 ID:s087g1m90

はい



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:00:12.15 ID:AcMeymHg0

花陽「部屋のお掃除、お願い出来るかな?」

穂乃果「それくらい容易いよ!」

凛「かよちん、ちょっと待ってて!」

花陽「あ、ゴミ袋とか出さなくていいよ!」

(………)

穂乃果「ちょっと散らかってるね」

凛「二人で分かれて掃除するにゃ!」

(………)

穂乃果「机の埃を取って、と…」

凛「本棚も整理するにゃー!」

(………)

穂乃果「ふう…床の掃除終わったよー!」

凛「こっちの方も終わったにゃ!」

(………)



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:03:38.92 ID:AcMeymHg0

花陽「穂乃果ちゃん、凛ちゃん、ありがとう!はい、お茶!」

穂乃果「ありがとう!」

凛「二人でやったから早く済んだにゃ!」

花陽「私の誕生日の為にここまでしてくれて、凄く嬉しい!」

穂乃果「当たり前だよ!」

凛「だって凛達、友達だもん!」

花陽「本当に…ありがとう…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:05:17.08 ID:AcMeymHg0

穂乃果「まだまだいけるよ!」

凛「かよちん、どんどん頼んで!」

花陽「じゃあ…>>30
コンマ判定
81~99:お話したい!
61~80:マッサージして!
41~60:寒いから暖めて!
21~40:お買い物、行こう!
00~20:洗濯物、たたむの手伝って!



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:07:09.03 ID:feD3Go6h0

はい



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:13:19.14 ID:AcMeymHg0

花陽「洗濯物をたたむの手伝って!」

穂乃果「了解!」

凛「承知にゃ!」

(………)

穂乃果「結構あるね…」ドーン

凛「大丈夫!すぐに片付くにゃ!」

花陽「二人だけじゃ大変だから、私にも手伝わせて!」

(………)

穂乃果「あ!花陽ちゃんのパ…」

凛「穂乃果ちゃん、それ以上言ったらアイアンクローだよ?」

穂乃果「はい」

花陽「(下着とかは分けておけばよかったかな…////)」

(………)



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:18:56.67 ID:AcMeymHg0

穂乃果「ふう…結構終わったね…って凛ちゃん、どうしたの?」

凛「え?な、何でもないよ!」アタフタ

花陽「疲れてるなら休んでていいよ?」

凛「だ、大丈夫!(かよちんのブラスに見とれてたなんて言えない…)」

穂乃果「よし!このまま一気に終わらせちゃおう!」

凛「おーっ!」

花陽「うん!」

(………)

穂乃果「終わったー!」

凛「少し疲れたにゃ…」

花陽「ちょっと休もう?頑張りすぎだと思う」

穂乃果「花陽ちゃん、お言葉に甘えて少し休ませてもらうね…」バタッ

凛「にゃ~…」ゴロン

花陽「(可愛い)」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:21:00.04 ID:AcMeymHg0

(数分後)

穂乃果「復活!」シャキン

花陽「か、回復早いね…」

凛「スクールアイドルやってるからね!さあかよちん、次お願い!」

花陽「次は…>>36
コンマ判定
81~99:お話したい!
61~80:マッサージして!
41~60:寒いから暖めて!
21~40:お買い物、行こう!
00~20:ふ、二人でき、キスを…////



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:22:31.82 ID:iY+WLwp30

こい



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:30:02.67 ID:AcMeymHg0

花陽「お話したい!」

穂乃果「いいよ!何のお話する?」

凛「嫌いな物とかどうにゃ?」

花陽「いいよ!」
----------------
凛「凛、お魚嫌いなんだにゃー」

花陽「凛ちゃん、魚食べないと頭良くならないよ?」

穂乃果「花陽ちゃん、いつのネタを…」
----------------
穂乃果「私、ピーマン苦手なの」

凛「穂乃果ちゃん、子供にゃー」

穂乃果「魚が嫌いな凛ちゃんに言われたくないもんっ!」

花陽「くすくすっ…」
----------------
穂乃果「花陽ちゃん、嫌いな物無いの!?」

凛「凄いにゃ…」

花陽「そんな驚くような事じゃないと思うけど…」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:31:52.88 ID:AcMeymHg0

穂乃果「楽しかったね!」

凛「またお話したいにゃ!かよちん、次は?」


花陽「えっと…じゃあ、>>41

コンマ判定
76~99:マッサージして!
51~75:寒いから暖めて!
26~50:お買い物、行こう!
00~25:ふ、二人でき、キスを…////



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:34:17.45 ID:s087g1m90

はい



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:40:15.03 ID:AcMeymHg0

花陽「お買い物、行こう!」

凛「分かったにゃ!」

花陽「あ、でもメイド服じゃ寒い…」

穂乃果「大丈夫!防寒仕様だからへっちゃらだよ!」

花陽「す、凄い!」

(………)

花陽「穂乃果ちゃん、凛ちゃん、目立ってるよ…」

穂乃果「大丈夫!アイドルで立ってる時も、これくらい注目されてるから!」

凛「そうにゃ!これくらい大丈夫だよ!」

花陽「で、でも」

海未「穂乃果!なんて格好してるのですか!」

にこ「凛もなんでメイド服を着てるのよ!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:44:47.89 ID:AcMeymHg0

穂乃果「まずい!海未ちゃんとにこちゃんだよ!」

凛「よりによって、この二人に会うなんて最悪にゃ~…」

海未「穂乃果!貴女という人は、恥じらいというのが無いのですか!」

にこ「二人とも、アイドルだって事忘れてない?アイドルっていうのはねえ…」

穂乃果「花陽ちゃん、逃げよう!」ガシッ

花陽「えぇっ!?」

凛「お買い物は二人を撒いてからするにゃ!」ガシッ

(スタタタタ…)

海未「ちょっと!何処に行くのですか!」

にこ「待ちなさい!穂乃果!凛!花陽!」

花陽「ダレカタスケテエェェ!」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:47:13.45 ID:AcMeymHg0

穂乃果「お買い物に時間費やしちゃったね…」

凛「ごめんねかよちん…」

花陽「いいよ。結構楽しかったし」

穂乃果「気を取り直して!」

凛「かよちん、次のお願いを!」

花陽「次は…>>47

コンマ判定
67~99:マッサージして!
34~66:寒いから暖めて!
00~33:ふ、二人でき、キスを…////



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:52:15.19 ID:feD3Go6h0

はい



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:55:09.40 ID:AcMeymHg0

花陽「ふ、二人でき、キスを…////」

穂乃果「えっ…」

凛「か、かよちん…」

花陽「穂乃果ちゃんと凛ちゃんの感謝の気持ちをう、受け取りたくて…」

穂乃果「…いいよ!」

凛「何処にしてほしいかはかよちんに任せるにゃ!」

花陽「してほしい所は……>>51で…////」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 22:59:18.42 ID:iY+WLwp30

二人で左右からほっぺたに



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:02:22.39 ID:AcMeymHg0

花陽「二人で左右からほっぺたに…////」

穂乃果「分かったよ!」

凛「かよちん、目を閉じて!」

花陽「………」ドキドキドキ

チュッ

花陽「!!!」

穂乃果「どう?私達のキス」

凛「普通のキスだったけど、かよちんにはきっと凛と穂乃果ちゃんの気持ちがー」

花陽「」プシュー

穂乃果「わあっ!花陽ちゃん!花陽ちゃん」ユサユサ

凛「かよちーん!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:04:42.02 ID:AcMeymHg0

花陽「ご、ごめんね…」

穂乃果「謝らなくていいよ。誰にだってあるから!」

凛「そうにゃ!さあかよちん、次のお願いを言って!」

花陽「えっと、>>56!」

コンマ判定
67~99:マッサージして!
34~66:寒いから暖めて!



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:05:45.61 ID:80wmqaBO0

はい



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:10:27.77 ID:AcMeymHg0

判定修正するの忘れてた すまん

花陽「マッサージして!」

穂乃果「分かった!私は肩をやるね!」グッグッ

凛「凛は足をやるにゃ!」モミモミ

花陽「あ……凄く気持ちいい…」ポー

(………)

穂乃果「花陽ちゃん、俯せになって」

花陽「こう?」ゴロン

穂乃果「足の裏、踏んであげる!」グッグッ

凛「じゃあ凛は、かよちんの背中を押すにゃ!」グッグッ

花陽「い、痛い…でも気持ちいい…」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:13:45.96 ID:AcMeymHg0

最後まで選ばれなかった判定

花陽「寒いから暖めて!」

穂乃果「分かった!」ギュッ

凛「はい、かよちん!」ダキッ

花陽「ほ、穂乃果ちゃん、凛ちゃん!?急に抱きついて何を…////」

穂乃果「花陽ちゃん、寒いっていうから」

凛「抱きしめて暖めようと思ったんだにゃ!」

花陽「(部屋を温めてほしかったんだけど…少しの間、このままでいよう。…暖かい)」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:19:00.67 ID:AcMeymHg0

穂乃果「花陽ちゃん、プレゼントだよ!」

凛「凛からも!」

花陽「ありがとう!中身は何かな?」

花陽「これは…」

穂乃果「私からはデコレーションを飾ったスペシャル饅頭!」

凛「凛からは期間限定のラーメンだよかよちん!」

穂乃果「…あれ?」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:20:01.85 ID:AcMeymHg0

花陽「穂乃果ちゃんも凛ちゃんも…」

凛「食べ物だった、にゃ…」

花陽「………ぷぷっ」

穂乃果「くすくす…」

凛「ふふっ…」

「「「あはははははっ!」」」


こうして、花陽ちゃんの誕生日は過ぎていった。
あ、μ'sの皆でのお祝いはやりましたよ?この後で


今回はここまで



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/17(金) 23:21:49.07 ID:AcMeymHg0

終わりやーで。

花陽ちゃんお誕生日おめでとう。
ほのりんぱなで3Pも考えてたけど、流石に自重して健全な誕生日パーティーのSSを書く事にした。


付き合ってくれてありがとう。
また気が向いたら書くわ ノシ


元スレ
穂乃果「花陽ちゃん!」ドヤッ 凛「かよちん!」ビシッ