1: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 12:59:22.41 ID:Ww30FPmt0

書きためしているのでまとめて投下します

過去作
提督「朝起きたら艦娘が爆乳になっていた」

提督「霞にケッコンを申し込んだら意外にもOKを貰ってしまった」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1547006362




2: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:01:41.89 ID:Ww30FPmt0

提督「あれぇ? なんか俺のパンツ無くなってないか?」ゴソゴソ

提督「うーん、誰か間違えて持って行っちゃったのかなぁ……。まあパンツくらい新しく買い直せばいいか」

提督「さーて風呂だフロリダ~……」

???「ちょっと待ったーーーッ!」バーーン!

提督「!?」

???「突入ーー!」ダダダッ

提督「なっ、だ、誰だお前たちは! あっ、その顔に被ってるのは俺の無くなったパンツ!!」

???「ふふふ、バレてしまっては仕方がない」

提督「ええい一体お前たちは誰なんだ!!」





3: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:02:47.45 ID:Ww30FPmt0



艦隊仮面ムラゴー「艦隊仮面1号、ムラゴー!」バンッ

艦隊仮面カスキュー「艦隊仮面2号、カスキュー!」ドンッ

艦隊仮面ボノハチ「艦隊仮面3号、ボノハチ!」ダンッ

艦隊仮面ミチサン「艦隊仮面4号、ミチサン!」ズンッ

艦隊仮面「「「「4人合わせて艦隊仮面!!」」」」

提督「な、なにぃぃぃッ!?」






4: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:04:27.95 ID:Ww30FPmt0

提督「か、艦隊仮面だと!? この鎮守府にどうやって侵入してきたんだ!」

ムラゴー「ふっふっふ、私たちにかかれば鎮守府の警備などザルもザル!」

カスキュー「さあ大人しくそこに直りなさい!」

ボノハチ「こっちも手荒な真似はしたくないの」

ミチサン「とりあえず服を脱いでそこに仰向けになるのよ」

提督「な、なにを馬鹿なことを! お、おーい! 誰か来てくれーーーッ!」

ムラゴー「チッ! みんな、行くわよ!」

「「「おーーーっ!!」」」

提督「う、うわぁあああああああ!」




6: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:05:04.44 ID:Ww30FPmt0

ムラゴー「ふっふっふっ……」ウマノリ

カスキュー「右手、ロック!」ガシィッ

ボノハチ「左手、ロック!」ガシィッ

ミチサン「両脚、ロック!」ガシィッ

提督「や、やめろ!! クッ、なんだ!? 相手はこんな小学生みたいな体格なのにビクともしない! コイツらもしや艦娘か!?」

ムラゴー「今頃気づいても遅いわ! さぁーてアンタのハジメテ……一生記憶に残る経験にしてあげる!」ガバッ

提督「うわぁ脱ぐな脱ぐな脱ぐな!!! あっ、クソっ、股間の上で腰をそんな動かすな!」

ムラゴー「イヤイヤ言ってもアナタのコ・レ? 大きくなっちゃってるけど~?」グリグリ

提督「くっ、うぅ……っ!」

ムラゴー「さ、満を持してご開帳~」

提督「や、や……っ」




7: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:05:52.82 ID:Ww30FPmt0








「やめろーーーーーーーーーーッ!」











8: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:06:30.64 ID:Ww30FPmt0



提督「その時のことはよく覚えていません。ただ、艦隊仮面が私の腰の上で一心不乱に腰を振り、モノを口に咥え、しゃぶり、勃たなくなっても尻の穴に指を入れ前立腺を刺激して無理やり勃たせ、朝まで私の精力という精力を搾り取って行ったのです……」






9: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:07:21.32 ID:Ww30FPmt0

提督「う、うぅ……」バタッ

ムラゴー「ふう」ツヤツヤ

カスキュー「全く、4人を相手にしたくらいで倒れるなんてね」ツヤツヤ

ボノハチ「ふん! クソ提督らしいわ!」ツヤツヤ

ミチサン「さあ見つかる前に退散するわよ!」ツヤツヤ

艦隊仮面「さらばっ!」ダダダダッ

提督「く、クソ……あ、あんな駆逐艦のような子供体型の四人組なんかに無理矢理犯されるなんて……こ、こんなこと他の人に言えるか……」

提督「泣き寝入りしかないのか……うぅ……うううう」ポロ……ポロ……




10: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:08:26.31 ID:Ww30FPmt0

別の日……

提督「うー、便所便所ベンジョンソン……」

提督「……ふう、間に合った」ジョー

艦隊仮面「「「「艦隊仮面、参上!!」」」」

提督「うわぁ! また現れた!!」

提督「ちょ、ちょっと今は待て! 小便中だから!」

ムラゴー「ちんちんならこの前見たわよ」

提督「そういうことじゃなくて!!!」

カスキュー「まあ出してくれてるなら話は早いわ。かかれーーっ!」

提督「ま、まて!! 待ってください!! あ、あ、あーーーーーーっ!!」




11: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:09:10.76 ID:Ww30FPmt0





提督「その日……その日は手でやられることが多かったです。耳元でいやらしく囁かれながらチュコチュコと扱かれ、後ろでは尻の穴を執拗に舐められました。次第に足が震え立てなくなった後も幾度となく搾り取られ、最後は艦隊仮面から小便をかけられました……」







12: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:10:01.85 ID:Ww30FPmt0

また別の日……

提督「……今日はあの艦隊仮面とかいうやつらは現れなかったな……」

提督「うう、無理矢理搾り取られるから最近シコる気すら起こらん……」

提督「まあいいや、さぁさっさと寝よ寝よ」

艦隊仮面「「「「艦隊仮面、参上!」」」」クチュクチュクチュ

提督「うわぁ!! 布団に入ってやがった!!」

ムラゴー「お、遅かったじゃない……」フラフラ

カスキュー「ま、待ちくたびれたわよ……」フラフラ

ボノハチ「クソ提督……」フラフラ

ミチサン「……んっ」クチュクチュ

提督「あっ、この野郎! 布団に入ってオナってやがる!! ってなんだこの水の量!? ああ! 4人全員オナってたんだ!! だからフラフラなのか!」

ムラゴー「るっさい!! もうこっちは準備万端なのよ!! かかれーーっ!」グチュグチュ

提督「うわぁあああああああああああ!!!!!」



13: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:10:51.05 ID:Ww30FPmt0





提督「その日は今までで一番激しい夜でした。発情しきった艦隊仮面のナカは今までで一番締め付け、一番熱く、そして一番絡みついてきました。その日はいつもより私を抑える力は弱く頑張れば逃げられそうだったのですが、それ以上に私はその快楽に囚われていたのです……」







14: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:11:44.74 ID:Ww30FPmt0

提督「……来てくれたか」

叢雲「なによ? いきなり呼び出して」

霞「それに他の娘に秘密にするようにってどういうことよ」

曙「まさかこのまま私たちに変なことする気じゃないでしょうね、このクソ提督!」

満潮「ふん。要件ならさっさと言ってくれない?」

提督「うむ。私がこの鎮守府で苦楽を共にした信頼するお前達にしかできないことなんだ」

提督「……最近、私はとある4人組に襲われている」

叢霞曙満「「「「!!」」」」

提督「それも性的な意味でだ」

叢霞曙満「「「「!?!?!?」」」」




15: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:12:28.35 ID:Ww30FPmt0

曙「ど、どーいうことよ!?」

提督「そのままの意味だ。こんな情けないこと他の艦娘たちに知られるわけにはいかない。だから他言無用と言っているんだ」

満潮「そんな馬鹿な話……」

提督「俺のこの目が嘘を言っていると思うか?」

満潮「うっ……」

叢雲「……まあこんななっさけないこと冗談でも言わないわよね」

提督「頼む、この通りだ。このままでは俺はいつか腹上死してしまうかもしれん」ペコリ

霞「頭をあげなさい! ……わかったわ。私たち4人で司令官の部屋を見回りしてあげる。で? 敵はなんて言ったっけ?」

提督「艦隊仮面……奴らはそう名乗っていた」

叢雲「ふん。ふざけた名前ね」

曙「いいわ! 私たちに感謝しながら寝なさいよね、クソ提督!」

提督「ああ、ありがとう……」




16: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:13:08.06 ID:Ww30FPmt0

その夜

提督「ふう……今夜は久しぶりに安心して眠ることができるな」

ムラゴー「あら? 私たちと同じ布団で寝られるからかしら?」

提督「!???!?」

ミチサン「まあ今夜も寝かさないけれどね」

提督「か、艦隊仮面!! ……ふふふ、一体どうやって現れたのかはしらんがお前たちの悪行もこれまでだ!」

カスキュー「あら、今夜はいつになく生意気ね。そんなにイジめられたいのかしら?」

提督「ヒッ……ま、まて! 怯えるな俺!! 俺には仲間が付いている!」

ボノハチ「仲間ァ? それって表にいた4人のことかしら?」

提督「な……に……?」




17: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:14:15.24 ID:Ww30FPmt0

提督「む、叢雲ー! 霞ー! 曙ー! 満潮ー! 来てくれーーーッ!!」

ボノハチ「無駄よ。その4人なら今頃ぐっすり夢の中……。ほら」ベチャ

提督「こ、これはなんだ? 湿ったハンカチ……ま、まさか!」

ミチサン「そう。クロロホルムで眠ってもらったわ。仲間が聞いて呆れるわねぇ」

ムラゴー「さあ、私たちにデカい口叩いた罰はしっかり受けてもらうわよ?」

カスキュー「今夜はどうしてやろうかしら……そうね、いつもは精液が透明になるくらいまで搾り取ってやってるけど今夜はその逆にしようかしら」

提督「ぎゃ、逆だと……?」

ムラゴー「今夜は日が昇るその時まで一回も射精させてあげないわ。どんなに懇願しても絶対に寸止めで焦らしに焦らしてあげる」

ボノハチ「楽しみねぇ。クソ提督がどんな声で私たちに射精をおねだりしてくるか」

ミチサン「まあ絶対に射精させてはあげないんだけど」

艦隊仮面「「「「さあ、夜はまだまだ長いわよ……」」」」

提督「ヒ……ヒ……」




18: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:14:51.42 ID:Ww30FPmt0






提督「ヒイイイイイイイイイイイイイイッッッッッ!!!!!!!!」







19: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:15:20.87 ID:Ww30FPmt0






提督「……この日のことは思い出したくありません。あんな……あんな屈辱的な姿を……」









20: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:16:10.31 ID:Ww30FPmt0

「……お辛かったですね」

提督「はい……でも、少し楽になりました。この懺悔室みたいな感じはいいですね、プライバシーも守られるし、相手の顔も見えないのでスッと話すことができました」

「いえいえ、悩みは人に話すのが一番です。ですが人に話すのが難しい悩みの場合はこのような形でこっそり吐き出すのがいいのです」

提督「そうですね。いや~いつのまにか机の上にここのチラシが置いてあって半信半疑でしたが来てよかったです。……また来てもよろしいですか?」

「勿論です。……それでは最後に一つ質問をしてもよろしいですか?」

提督「え? ああ、はい」

「どの日が一番気持ちよかったですか?」

提督「……はい?」




21: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:16:49.31 ID:Ww30FPmt0

「そのトラウマをプラスに考えることも重要なことですよ」

提督「そ、そういうものですか……」

「そういうものです。それで、どれが一番気持ちよかったの?」

提督「えー………っと、その、焦らされた日が……」

「……なるほど。それじゃあもう一度味わってもらおうかしら」

提督「な、なにっ!?」

「かかれーーーっ!」

艦隊仮面「「「わーーーーーー!!!」」」

提督「く、クソっ! これは罠だったのか!! 鎮守府内にこんな部屋がいつのまにかあったのもおかしい気はしたんだ!! や、やめろ!! う、う」



22: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:17:25.26 ID:Ww30FPmt0







提督「うわあああああああああああああ!!!!!」








23: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:25:51.10 ID:Ww30FPmt0

以上ですあけましておめでとうございます

艦隊仮面……一体どこの誰なんだ……

感想とかあったら泣いて喜びます

あと



24: ◆7OUWtrrklk 2019/01/09(水) 13:27:22.70 ID:Ww30FPmt0

あと追加仮面とかも考えてはいるんでいつか書くかもしれないです


元スレ
SS速報VIP:提督「艦隊仮面だ! 助けてくれ!」