SS速報VIP:【ミリマス】可奈「はれ?志保ちゃんもしかして…」志保「…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421768365/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 00:39:25.44 ID:sYC1Yd7TO

可奈「志保ちゃーん!」ダキッ

志保「きゃっ…もう、可奈、いきなり抱きつかないで」

可奈「ごめんね志保ちゃん。えへへ……はれ?」ムニッ

志保「はぁ…言っても聞かないんだから…」

可奈「……」ムニッ

志保「…可奈?」

可奈「…………」ムニッムニッ

志保「ちょっと…」

可奈「…」ムニムニムニムニ

志保「ちょっ!?可奈、どこさわって…!」

可奈「志保ちゃん…」

志保「…なにかしら」

可奈「もしかして…太った?」

志保「」ビシィ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421768365




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 00:44:30.94 ID:sYC1Yd7TO

カシャーン

可奈「あ、志保ちゃんスマホ落としたよ」

志保「」

可奈「志保ちゃん?」

志保「そんなはずは…いやでも最近きつくなってきたのも事実だしでもあんまり食べないしレッスンでカロリーも消費してるはずなのに…」

可奈「志保ちゃん!」

志保「か、可奈、どうしたの?」

可奈「や、なんか顔色悪かったから…」

志保「気にしないで。…少し用事を思い出したから私は帰るわ」

可奈「う、うん…志保ちゃん、また明日」

志保「…それじゃあ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 00:47:48.02 ID:sYC1Yd7TO

北沢家

志保「」

志保「体重が…微妙に増えてる…?」

志保「やっぱり太ったのかしら…」

志保「これは真剣にダイエットを考えないと…」

美奈子「ダイエットと聞いて」ガラガラ

志保「お帰りください」ピシャ

志保「…ここ、二階なんだけど…美奈子さんどうやって来たのかしら…」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 00:54:37.58 ID:sYC1Yd7TO

志保「恥ずかしいけれどプロデューサーさんに相談した方がいい…よね」



P「おはようございます」

志保「おはようございます、プロデューサーさん」

P「ん?おはよう志保、どうしたんだ?今日はオフだったと思うが」

志保「実はプロデューサーさんにご相談が…」

P「…深刻そうだな、わかった、応接室で話そうか」



応接室


P「…それで、どうしたんだ?」

志保「はい…実は…」






P「…なるほど、体重が増えていたと」

志保「普段偉そうに言っているのに自己管理も出来ずに申し訳ありません」

P「いや、体重の管理は難しいからな、志保が悪い訳じゃない」

志保「…ありがとうございます」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 01:04:55.64 ID:sYC1Yd7TO

P「…見た目に目立った変化はないようだが…普段から抱きついてくる可奈に言われたんだよな?」

志保「はい…」

P「普段から触ってるから感触でわかると言うことか…とりあえず対策をとるから恥ずかしいだろうが後で増加した分を教えてくれ」

志保「はい、お願いします」






P「というわけで四人ほどに手伝ってもらうことになった」

千早「志保、話は聞いたわ。私も協力してもいいかしら?」

志保「千早さん…ありがとうございます」

海美「やっぱさ、運動だよ運動!身体動かしてきれいに痩せよう!」

響「自分たちが一緒にやるんだから痩せるのは間違いないぞ!志保、頑張ろうね!」

志保「はい、よろしくお願いします」

美奈子「わっほーい!食事は任せてくださーい!」

志保「プロデューサーさん」

P「…」

志保「人選間違ってませんか」

P「…頼み込んだんだ、志保のための食事をって。そしたら特別に作ってくれることになった」

志保「…」

P「志保のところに行く予定のカロリーはすべてこっちにくる、心配するな」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 01:12:09.28 ID:sYC1Yd7TO

志保「プロデューサーさん…死ぬ気なんですか」

P「約束を果たすまでは死なない…いや、死ねない」

美奈子「大袈裟ですよプロデューサーさん!たった量が3.75倍になるだけじゃないですか!」

P「ごめんやっぱ無理かも」










千早「最初は私ね、お腹に力を込めて力強く歌うことでお腹回りを鍛えましょう」

志保「はい」

千早「あ♪あ、あ♪あー♪」

志保「あ♪あ、あ♪あー♪」

千早「あー♪んあー♪」

志保「あー♪んあー♪」










千早「どう?」

志保「お腹の筋肉がひきつっている気がします」

千早「効果が出てるわね、この調子で続けましょう」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 01:20:38.70 ID:sYC1Yd7TO

千早「こんなところね…」

志保「ありがとうございました」

千早「また付き合うわ」

志保「はい、千早さん。」






響「次は自分達だね!」

海美「じゃあ初日だし軽く8キロ位走ろっか」

志保「」

響「それはちょっと飛ばしすぎだぞ!簡単に3キロぐらいでいいよ」

志保「わかりました」

響「一緒に走るから苦しくなったら言ってね」

志保「はい」


P「離せ!俺は運動するんだ!離せ美奈子!」

美奈子「ダメですよプロデューサーさん!カロリーが逃げちゃいます!」

P「離せ!離せぇぇぇぇ!」

美奈子「暴れてもカロリーが逃げるから拘束しちゃいましょう!」

P「もがっ!?」

美奈子「これでよし」



13: ご主P ◆DVFK/y2FAA 2015/01/21(水) 02:45:51.67 ID:sYC1Yd7TO

志保「はっ、はっ、はっ、はっ」

海美「♪」

響「志保、頑張れ!」

志保「っ…はい!」





P「」

美奈子「どうですか?美味しいですか?」

P「」


響「志保ー、無理しちゃダメだぞー!」

志保「まだっ…大丈夫…です!」



千早「…我那覇さんの胸、縮まないかしら」ボソ

響「こらぁ!聞こえてるぞー!」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 02:52:44.42 ID:sYC1Yd7TO

志保「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」

響「志保、お疲れ様。30分ほど休憩しようか」

海美「うーん…走り足りないなぁ…」

響「そりゃ海美には物足りないだろうけど、これは志保の為だってことを忘れちゃダメだぞ」

海美「はーい。後で走ってこよー」




P「美奈子、もう抵抗しないから俺にも休憩くれないか」

美奈子「ダメです!一度食べる手を休めると食べる意欲が萎えて食べられなくなるんです!だから休憩は挟みません!」

P「食べる意欲なんか最初からないよ!」

美奈子「それだけ元気なら休憩要りませんよね?」

P「」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 02:58:20.06 ID:sYC1Yd7TO

志保「ふうっ…」

海美「じゃあ次は私の番だね。しほりんの体力的には…とりあえず腹筋背筋を50回の2セットで!」

響「海美にしてはストレートだね」

海美「…?ジャブだよ?」

響「知ってた」





P「」

美奈子「プロデューサーさん!まだ入りますよね?ね?」

P「」

千早「この酢豚美味しいわね」


海美「腹筋!」

志保「1………2…………3………」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 03:06:22.14 ID:sYC1Yd7TO

志保「…50!」

海美「お疲れ様、しほりん!はい、ドリンク」

志保「…ありがとう…ございます…」

響「腹筋背筋は家でもできるからね、継続は力なりさー」

志保「はい」

海美「明日明後日は空けるよ」

志保「え?連続でやらないと意味がないのでは?」

海美「腹筋背筋はやってもらうよ?基礎運動だし。でも他のことはオーバーワークだから続けると逆効果なんだよ。超回復ってやつね」

志保「…なるほど」


P「」

美奈子「気絶してても流動食なら食べられますよね?こうやって口と頭を固定して…後はここにお粥を流せば」

千早「春巻きを食べて春撒き…微妙ね」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 03:11:33.20 ID:sYC1Yd7TO

美奈子「今日は急だったから薬膳用の材料はないんだ、ごめんね?」

志保「いえ、急なことだったので。明日からよろしくお願いします」

美奈子「任せて!腕によりをかけますよー!」




海美「プロデューサーなんで椅子に固定されてるの?」

響「プロデューサーは犠牲になったんだぞ…美奈子の犠牲に…」

千早「中華の味はなんちゅうか…ぷっ…くっくくく…」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 03:19:41.52 ID:sYC1Yd7TO

北沢家

志保「…身体中が痛い…やっぱり運動不足だったのかしら」

志保「でもやるしかない」

志保「私は…これ以上太るわけにはいかない」






一ヶ月後

P「運命の時だな」

志保「プロデューサーさん、退院出来たんですか」

P「ああ…」

千早「志保…」

響「絶対大丈夫だぞ!」

海美「そうだよ!」

美奈子「痩せなくてもいいと思うけどなぁ…」

P「黙ってろ」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 03:24:12.30 ID:sYC1Yd7TO

志保「…」ギシッ

ピピッ 48kg

志保「…!?そんな…体重が…変わってない…!?」

P「なん…だと…」

響「そんなぁ…」

海美「うーん…」

美奈子「わっほーい!」

千早「3サイズを計ってみましょう、私はBを、我那覇さんはWを、高坂さんはHをお願い」

響「わかったぞ!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 03:26:47.85 ID:sYC1Yd7TO

海美「83…小さくなってるね」

響「54、細くなってる」

千早「…」

86

千早「…」ギュー

志保「いたっ…千早さん、痛いです」

千早「…80、小さくなってるわ」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 04:39:11.72 ID:sYC1Yd7TO

千早「…」ギリギリギリ

千早「…見間違えました、78です」

志保「ち、千早さん…!本当に痛いです…!」

P「志保の胸にメジャーが食い込んでて眼福(やめろ千早!志保が痛がっているだろ!)」

志保「なっ!///み、見ないでください!///」

響「この変態プロデューサー!」チョキ

P「ぎゃあああああ!!!」



25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 04:48:17.46 ID:sYC1Yd7TO

P「で、だ。結局胸が成長してその分の体重が増えた、と」血涙

千早「………………………くっ」

志保「はい…」

P「DからFにか…公式プロフィール書き換えないとな」

志保「すみません」

P「成長期だからな、仕方ない」

千早「成長期…」ペタペタ

千早「」

響「ち、千早…」

海美「でも太ってなかったならよかったじゃん!しほりん」

志保「はい…お騒がせしました」

美奈子「じゃあ今日はパーティーにしましょう!腕によりをかけてたくさん作りますよ!」

P「太ってなくてよかったなって話をしてるのに太らせようとするな」



26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 04:57:58.55 ID:sYC1Yd7TO

後日

可奈「志保ちゃーん!」ダキッ

志保「可奈、だから急に抱きつかないで」

可奈「じゃあ急にじゃなかったらいいの?」

志保「…時と場合によるわ」

可奈「今はいい?」

志保「…少しだけよ」

可奈「ありがとー!でも志保ちゃん、おっぱいおっきくなったんだよね?どうやったの?」

志保「それは…」チラッ

P「…」カタカタカタカタ

可奈「…?プロデューサーさん?」

志保「秘密よ」

おわり



27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 05:01:50.37 ID:sYC1Yd7TO

おまけ

千早「…」

《好きな人を想って胸を揉めば女性ホルモンが分泌され胸が大きくなります!》

千早「…プロデューサー、私に力を…!」スカッスカッ

千早「」スカッスカッ

パラッ

《揉む胸がない人は諦めて寝ましょう(笑)》

千早「…んあー!」

おわり




28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 05:04:00.61 ID:sYC1Yd7TO

ふとダイエットする志保を思い付いたので蕎麦食ってる場合じゃねぇ!と勢いで書いてしまった

可奈志保期待した人ごめんなさい


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】可奈「はれ?志保ちゃんもしかして…」志保「…」