1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:16:03.69 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「まずは・・・・・・そうだなぁことりちゃんくらい大きくなろう!」

穂乃果「・・・・・・でもバストアップってどうやればいいんだろ」

穂乃果「そうだ!バストと言えば希ちゃん!希ちゃんに聞いてみよう!」

みたいのお願いします



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:20:13.68 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「希ちゃんどこかなー?あっ絵里ちゃんだ!絵里ちゃんも立派なバストしてるよね・・・・・・よし!」

穂乃果「おーい!絵里ちゃーん!」

絵里「あら、穂乃果じゃない。どうしたの?」

穂乃果「あのねあのね!穂乃果バストアップしたいんだけど!」

絵里「急にどうしたのよ・・・・・・穂乃果はそのままでも十分かわいいわよ?」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:23:36.19 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「かわいくないよー!皆がすごくかわいいから穂乃果にもなにかないとって思って」

絵里「そう・・・・・・穂乃果も真剣なのね。わかったわ!一肌脱ぎましょう!」

穂乃果「ありがとう絵里ちゃん!それで何か秘訣みたいなものはあるの?」

絵里「それはね・・・・・・これよ!」

疲れた



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:50:18.42 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「これって・・・・・・ギョーザ?」

絵里「いいえ違うわ。これはペリメニっていってね。ロシアの料理なの。私はこれを食べて育ったからきっとこれのお陰よ」

穂乃果「へえーそうなんだ!一個もらっていいかな??」

絵里「もちろんよ!」

穂乃果「もぐもぐ・・・・・・ん!?これピーマンはいってる!!!」

絵里「よ、よく気付くわね」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 01:55:22.20 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「えーりーちゃーん!?」

絵里「ご、ごめんなさい穂乃果!でも昔から食べてたのは本当だし、ついでに穂乃果好き嫌いを・・・・・・あっ!いっちゃったわ」

穂乃果「どさくさに紛れてピーマン食べさせるなんて・・・・・・絵里ちゃんたらもう!やっぱり希ちゃんを探そう!」

穂乃果「希ちゃーん!でておいでー!」

海未「穂乃果。もう少し静かにできないのですか」

穂乃果「あー海未ちゃん!・・・・・・じゃあダメだよね」

海未「な、なにがダメなのですか!相談ならうけますよ?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:02:17.42 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「うーん・・・・・・海未ちゃんバストいくつ?」

海未「なっ、何を急に言い出すのですか!失礼ですよ!」

穂乃果「穂乃果、今バストアップしたくて希ちゃんを探してたんだけど・・・・・・」

海未「そうですか・・・・・・なぜ急にバストアップをしようと?」

穂乃果「穂乃果って皆と違って顔も普通だしアイドルっぽさもないしって思って。それで胸を大きくすればもうちょっと人気でるかなって」

海未「穂乃果・・・・・・確かに私では力になれませんね。私はこのように小さいですし・・・・・・でも穂乃果は今のままで十分魅力はあると思いますが」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:09:02.05 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「皆優しいからそう言ってくれるけど、やっぱりかわりたいの!男の子は大きい胸が好きって聞くし!」

海未「それはよくわかりませんが、まずどのくらい大きくなりたいか、という目標はあるのですか?」

穂乃果「うん。一応ことりちゃんくらいにまでなれれば結構セクシーかなーって!」

海未「たしかにことりは体は華奢なのになかなかふくよかな胸をしていますね。なら直接ことりに聞いてはどうですか?さっき教室にいましたよ」

穂乃果「それもそうだね!ありがとう海未ちゃん!」

海未「それにしても・・・・・・いつもの事とはいえ突拍子もない事をしますね穂乃果は・・・・・・そこがいいところでもありますが」

穂乃果「ことりちゃんまだいるかなー?あれ?あれは・・・・・・」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:16:51.01 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「かよちゃん!凛ちゃん!」

凛「あー!穂乃果ちゃんだにゃー!」

花陽「穂乃果ちゃん、そんなに急いでどうしたの?」

穂乃果「今ことりちゃ・・・・・・ん?んんん?」

花陽「こ、ことりちゃんがどうしたの?」

穂乃果「かよちゃんのバスト・・・・・・大きい」

花陽「ほ、穂乃果ちゃんいきなりどうしたの?!」

凛「にこちゃんみたいなこといってるにゃー!」

穂乃果「いやーごめんごめん!実は今バストアップしたくてことりちゃんに方法を聞こうと思ってたんだけどね、かよちゃんならわかるよね?」

花陽「バストアップだなんて・・・・・・私わかりません!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:36:09.97 ID:b0cQdkxh0

穂乃果「えー?でもかよちゃん一年生でこの大きさだもん絶対なにかあるよ!やっぱり白いご飯かな?」

凛「白いご飯だったら凛も食べてるにゃー!」

穂乃果「じゃあ違うかぁ・・・・・・うーん」

凛「なんか、悲しいにゃー・・・」

花陽「私はそういうのよくわからないけど・・・・・・よく食べる、とかかなぁ・・・・・・うぅぅ」

穂乃果「か、かよちゃん泣かないで!穂乃果も結構食べる方だと思うんだけどなぁ・・・・・・何が違うんだろ。うーん」

???「それはな、ピュアさやで?」

穂乃果「そ、その声は!」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:42:25.14 ID:b0cQdkxh0

希「ウチを探してるって海未ちゃんから聞いてな。しかもバストアップの秘訣を聞きたいって」

穂乃果「そうなの!穂乃果も希ちゃんや絵里ちゃんまでとはいわないけど、ことりちゃんくらいまでは大きくなりたくて!」

希「うん、ええ心がけやね。アイドルたるもの常に上を目指しとかんと」

穂乃果「そうだよね!さっすが希ちゃん!それで何か秘訣はあるの?」

希「だからさっきいったやん?ピュアさやって」 

穂乃果「ピュアさ・・・・・・?」

希「そう、ピュア。よく考えてみ?ウチも花陽ちゃんもことりちゃんもピュアやろ?」

穂乃果「た、たしかに・・・・・・希ちゃんはピュアっぽくないような気もするけど、絵里ちゃんは完全にピュアっぽくないよね?!」



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:51:06.08 ID:b0cQdkxh0

希「ウチはこうみえてもピュアなんよ?エリチはロシア人のクォーターだからスタイルいいのは当然といえば当然なんよ」

凛「クォーターってだけでスタイルいいなんて反則にゃ!」

花陽「メモメモ・・・・・・」

穂乃果「確かにそういわれればそうだね・・・・・・でもピュアってなろうと思ってなれるものなのかな?」

希「なれるで!アイドルといえばダンス!アイドルといえば歌!つまりピュアな曲を作って歌えばいいんや!」

穂乃果「なるほど!希ちゃんに相談してよかった!ありがとうー!」

希「あっ・・・・・・行ってもた。まったく猪突猛進というか穂乃果ちゃんらしいというか」

凛「凛はてっきりわしわししたら大きくなるでー!とかいってわしわしするかと思ってたにゃ」

希「まぁそれでもよかったんやけど、たまにはこういうのもええんと違う?」

花陽「さすが希ちゃん!そういう事まで考えてるんだね!私がピュアかはわからないけど、すごく納得しました!」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:54:22.40 ID:b0cQdkxh0

希「ん?ピュアかどうかなんて関係ないよ?」

花陽「え?」

凛「まさか適当にゃー?」

希「当たり前やん!確かにウチも花陽ちゃんもことりちゃんもピュアやけどほかの皆もピュアやし」

凛「凛はピュアピュアにゃー!」

花陽「確かに皆ピュアだよね・・・・・・」

希「ただからかうつもりだったんやけど、これはこれで面白そうやね」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29(水) 02:59:01.71 ID:b0cQdkxh0

真姫「これでどう?」

穂乃果「わーい!真姫ちゃんありがとう!よーし歌うぞー!」

真姫「・・・・・・また希に変なこと吹き込まれたのかしら」


穂乃果「ピュアガールズだー!純粋宣言いぇいぇいぇーい!」


穂乃果「あれ?穂乃果なにしようとしてたんだっけ?んー?まぁいっか!」

穂乃果「一生懸命がんばれー!」

ことり「なんだか、穂乃果ちゃんが楽しそうでよかった~」

花陽「ピュアガールズだー♪」

オワリ


元スレ
穂乃果「よーし!バストアップだ!」