※生えてます



1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:34:08 ID:l5lrJmH.

※警告※
このSSにはとてもアレな表現が多く含まれています。
また、18歳未満の方は自己責任…もとい見ないでください。



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:35:14 ID:l5lrJmH.

響「すぅ、すぅ…」

貴音「ふふ…」スッ

ナデナデ

響「えへへ~…」

貴音「ああ、なんて愛おしいのでしょう…」

響「ん~」

貴音「それにしても、まこと素晴らしいものですね…」チラッ

カラン

貴音「小鳥嬢から受け取った睡眠薬の効力は」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:35:48 ID:l5lrJmH.

響「むにゃむにゃ…」

貴音「さて、響が起きるまでこの愛らしい寝顔を見つめていましょう」

チッ チッ チッ

響「くぅ、くぅ…」

チッ チッ チッ チッ

響「すぴ~」

貴音「起きない…ですね。本当に…」

貴音「………」

ムラムラムラムラ

貴音「あああああああああああ~~~~っ」ムラムラムラムラムラムラムラ

貴音「そうです…起きないのなら、気付かれなければ何をやってもやってないのと同じではありませんか…」

貴音「やっちまいましょう」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:36:32 ID:l5lrJmH.

響「くー、くー」

貴音「ああ、小柄な響の胸にたわわに実ったこの豊満な果実…♡」

貴音「はぁ、はぁ…これは上着をめくって…直接、拝ませてもらわなくては…」ス…

ズリッ

タプンッ

貴音「なんとっ!? これは…下着をつけてないではありませんか…」

貴音「ああっ♡ こんなものに上着一枚だけなんて犯罪的すぎますぅぅ~っ♡」クネクネ

スルッ

フニュ♡

貴音「ああ…♡ やわらかぁい…響の胸が私の指の形に食い込んで…っ♡」ゾクゾク



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:37:06 ID:l5lrJmH.

ムニュムニュムニュ

響「んっ…んんん…」

ピョクン

貴音「この桃色の乳首も…ああっ、素晴らしい…指の腹で押してみましょう」クリッ♡ クリクリッ♡

響「んっ、あっ…」ビクッ

貴音「~~~~~♡♡♡♡」キュンキュンキュン

貴音「ああっ、響が…響が私の指で感じている…っ♡」

響「はぁぁ…」

貴音「そ、そうです…谷間に…この谷間の中に、顔を…っ!」グオッ

モニュッ

貴音「すぅぅ~っ、はぁぁ~っ♡ ああぁぁぁぁ~~~~」グリグリ

貴音「はぁっ!」ガバッ

貴音(至福…!!)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:37:47 ID:l5lrJmH.

貴音「はぁ、はぁ…く、苦しい…」グイッ

ボロン

ビキッ ビキッ

貴音「うぅ…興奮してるとはいえ、ここまでち○ぽを隆起させるとは…我ながら、はしたない…」カァァ…

貴音「しかし、この響の魅力からすれば、それも仕方のないことですね」

響「すぅ、すぅ…」

貴音「あぁ…♡ 響の顔…」ビキビキッ

ス…

スリスリ

響「うぅ~ん…」

プチュ

貴音「あああああ~♡ 私のち○ぽが響の唇にぃ…っ♡」ゾクゾクゾクゾク

ドピュン ドプッ! ドピュルル! ドピュン!!

貴音「ああああああ~~~~っ♡」ビクンビクンビクン



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:38:21 ID:l5lrJmH.

響「んんん…」ベトォ…

貴音「ああっ♡ 響の顔を私のざぁめんで汚してしまいました…っ♡」ブルルッ

貴音「ふぅぅ~…このままにしていくわけにもいきませんね。拭きましょう」

フキフキ

貴音「これで、綺麗になりましたね」

響「くぅ、くぅ…」

貴音「………」

スッ

貴音「響…」

ズリッ!

貴音「下着…!」

スルスルスル



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:38:56 ID:l5lrJmH.

貴音「はぁ、はぁ、はぁ…あ、温かい…」

ガバッ

貴音「うひゅっ! すぅぅぅぅ…はぁぁぁぁぁ…」

貴音「おほぉっ♡」ビクン

貴音「ああ~っあああああ~」

シコシコシコシコ クチュクチュクチュクチュ

貴音「はああああ~~~~っ♡♡♡♡♡」ゾクゾクゾクーッ

ドピュゥン! ドッピュァーッ!! ビュルルルルルル!!

貴音「あぁぁ~っ♡」ビクンビクン

ドクッ!

トロォ…

貴音「あ~~…はっ、はっ♡」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:39:33 ID:l5lrJmH.

貴音「………」

ベトベト…

貴音「はしゃぎすぎました…」

貴音「急いで片付けなくては…うかうかしていては、響が起きるかも…」

響「たかね…」

貴音「ひ、響…!!」

貴音「お、起きたのですか…じ、実は、ですね、響の服に牛乳を零してしまって下着にまで」

響「ピヨ子が…」

貴音「はい?」

響「ピヨ子が、たかねが睡眠薬貰ったと思ってるから…寝たふりしてみろって言ってたんだ」

響「だから…してたんだ、寝たふり…」

貴音「…………………………」

貴音「なに………………?」



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:40:03 ID:l5lrJmH.

響「たかねのしたこと、全部わかってるぞ」

貴音「…………………」ダラダラダラダラ

貴音「あ、あの、あの、あ、あのですね響、これには、これは…そう、古来より伝わる儀式で」アタフタ

響「自分も…たかねのこと、好きだったのに…」グスッ

貴音「え」

響「最初は、可愛いって言ってもらえたり、頭撫でてもらえて嬉しかった…」

貴音「………」

響「それなのに、あんなことして…信じられない…たかねなんて嫌いだ」

貴音「…………」

響「もう、自分に近づかないでほしい」

貴音「…………………」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:40:33 ID:l5lrJmH.

グイッ

響「わっ!?」

ブッチュゥゥゥゥーン♡

響「んっ!? んーっ! ん~ん!」

貴音「ちゅ…むちゅ…んっ…」ジュルルッ

響「んんん!! んんんんーっ!!」

貴音「じゅる…じゅっ、ずるるる…」ヌチャ…

響「~~~~~!!」バタバタ

貴音「ぷは…」

トロォ…

響「あっ、はっ、は…た、たかね…」クタッ

貴音「………」

響「な、なんでこんなことするんだ…ひどいぞ…」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:41:03 ID:l5lrJmH.

ガシィ!!

響「んっ!?」モガッ

貴音「黙りなさい。その可愛らしい口からそんな言葉は聞きたくありません」

響「んーっ、んーっ」

モニュッ

響「~~~!!」ビクッ

響(む、胸が…)

貴音「どうやら響には教育が必要なようですね…」アーン

チロッ

響「んっ!」

貴音「れろ…れろれろれろ」クリクリクリ

響(ううっ、おっぱい舐められてる…っ!)



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:41:33 ID:l5lrJmH.

ブチュ

響「うひっ!」

貴音「んんん…」チュゥゥゥ…

チュバッ ペロッ

響「あっ…! ちょ、た、たかね! 赤ん坊みたいだぞ!」

貴音「私は赤子…響お母様の乳を吸うのが使命」チュムチュム

響「うひっ! こ、子供は唇で転がしたりしない…ぞっ!」ビクン

貴音「さて、こっちも…」ス…

響「うあっ! ちょ、たかね、下の方は…」

貴音「えいっ」クリクリッ

響「あっ、あっ、そこは…駄目っ!」ブルッ

貴音「駄目ではありません、いいことです!」クリクリ

響「んあっ…」ピクピク



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:42:05 ID:l5lrJmH.

響「こ、こんなのおかしいよ…狂ってる…」

貴音「おかしくなんてありません。好き同士だからこそ、こういうことをするのは当たり前の事です」

貴音「狂っていると言うのなら、響が私を狂わせるのです」

貴音「つまり全ての責任は貴女にあるのですよ、響」

響「うぅ、でも自分こういうの嫌だぞ…」

響「手繋いで一緒に遊んだりとか、デートの終わりにちゅーするとか…そういうのがいい…」

貴音「それはまだ、響が本当の快楽を知らないだけです。今から私が教えてあげましょう」スッ

ニュルン♡

響「うぎゃっ…! あっ、あっ、指いれちゃだめ…っ!」バタバタ

貴音「嫌がっていても、こちらはこんなに濡らして…はしたない娘ですね、響は」グチュッ

響「ん~~~~~~♡」ブルブルブル

貴音「おや…随分と気持ちよさそうな顔をしていますね」

響「えっ!? じ、自分そんな顔してないしっ…あっ♡」ビクッ



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:42:35 ID:l5lrJmH.

グチュン♡ グチュッ グチュッ♡

響「ふあ~~♡ あっ、あっ、あっ、あっ、なにこれっ」キュゥゥゥ

貴音「響の身体は…女の子の身体は、こうして感じるように出来ているのですよ」クイッ

響「あっ♡ そ、そっち指曲げないで…っ♡」ブルッ

貴音「ほう、響はこちらが感じるようですね」ヌチャッ ヌチャ♡

響「そ、そこはっ、そこは、ほんと駄目っ…!」

キュッ♡

響「ふああああああ~~~♡」プッシャァァァァ

ジョロロロロロロロ

貴音「ムッ!? これは…恵みの雨!!」バッ

バチャッ

響「あああっ…た、たかね…自分のおしっこ浴びちゃだめぇっ…」ジョボボボボボ

貴音「はぁぁぁ~♡ 温かい…ぐびっ、ぐびっ」ゴクッ ゴクッ

響「あああ~…」カァァァァァッ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:43:06 ID:l5lrJmH.

チョロロ…

響「はぁ、はぁ…」クタッ

貴音「いけない子ですね、響は。気持ちよかったからって、お漏らしなどをして…」

響「え…じ、自分はそんな…」

貴音「気持ちよかったでしょう?」

響「………」

貴音「さて…」ズリッ

ボロンッ

響「!?」

ビキッ ビキビキッ

響「た、たかね…そ、それっ…」

貴音「どうです、立派でしょう?」ビンッビンッ



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:43:40 ID:l5lrJmH.

貴音「舐めたりもしてほしいところですが…響を気持ちよくさせるのが目的ですから、すぐに致しましょう」

クチュッ

響「んっ!」ビクッ

貴音「ほら、今から響のここに、私のこれが挿入るのですよ」ギンギン

響「そ、そんなのやだっ」チラチラ

貴音「そう言いながら、視線はここに向いていますが。興味があるようですね?」ビクッビクッ

響「こ、こんなの入らないってっ!」

貴音「やってみなければ…わからない!」グイッ

響「わっ!」ガバッ

バーン

響(こ、こんな…両足抱えて、おしっこさせるみたいなポーズ…誰もいないけど…恥ずかしいっ…)



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:44:14 ID:l5lrJmH.

貴音「さぁ、響…力を抜いて、楽にしてください」

ビクッビクッ

響「あっ…やっ、やめてっ! やだぞっ、いやっ!」バタバタ

貴音「暴れないでください、暴れんな…」グイグイ

ヒクヒク…

貴音「ぴったりと閉じていますが…充分濡らしているので大丈夫でしょう」

ピト…

響「あっ! 先っぽが当たってるっ…♡」キュンッ

貴音「行きますよ…」

ズリュリュ…

響「んん…っ…!」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:44:46 ID:l5lrJmH.

貴音「見えますか響? 今、貴女の大切な所が、私のち○ぽにどんどんこじ開けられていますよ…っ♡」

響「あっ、あっ♡」

ズプププ…

貴音「ほらほら、どんどん奥に挿入っていきます…♡」

響「あっ♡」

ドチュンッ♡

響「ああああああ~~~~♡」ビクゥン

貴音「ふあっ…♡ 全部挿入りましたっ♡」

響「ああああっ♡ 自分のここに、貴音のがずっぽし入っちゃってるぅ~っ…♡」

貴音「たっぷり濡らしましたからね、痛いより気持ちいいでしょう?」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:45:16 ID:l5lrJmH.

貴音「響の膣内、私のち○ぽとぴったりですよっ♡」キュンッ♡

響「ふぇっ!?」

キュン♡ キュルルン♡

貴音「はぁ~っ♡ 響の膣内も悦んでますっ♡ 気持ちいいですかっ♡」ブチュン ブチュッ♡

響「うあっ、あっ♡」

貴音「それっ♡ それっ♡」グイッ グイッ

ズリュッ♡ ズリュリュ♡

響「あっ♡ ああっ♡ 気持ちいいところにあたってる、こすれてる~っ♡」

グチュッ♡ グチュ♡ グポッ♡

貴音「あっ、射精る…響っ、膣内に出しますよっ…♡」グポッ グポッ

響「えっ…ちょ、ちょっと待って、やめて…」

貴音「はぁぁぁぁ~ん♡」ブルッ

ビューッ♡ ビュルルルルーッ♡

響「うにゃぁぁぁぁぁ~~~~~♡♡♡♡♡」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:45:46 ID:l5lrJmH.

ビューッ♡ ビュビューッ♡

響「あっ、あっ、あっ、あつい…あついのが、おなかにかかってるぅ…♡」

貴音「はぁ、はぁ…」ズル…

ヌポ…

貴音「ふぅ…下ろしますよ、響…」ス…

ドサッ

響「はぁっ…♡ ふぅ…っ♡」ヒクッ ヒクヒク

ドポッ ドポポッ

貴音「む、いけません響。せっかく出した私の精液が溢れてしまっているではないですか」

響「ご、ごめんなさぁい…♡」

貴音「これは、ちゃんと栓をしなければなりませんね」ビキンビキン

ニュ…

響「あ…♡」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:46:16 ID:l5lrJmH.

ツルン

響「ふぁっ…!? す、すべるぞ…」

貴音「響、自分で合わせてください」

響「………」コクン

ギュ…

響「た、たかね…きて…」

貴音「では…」ズイッ

ジュプ…

響「ん…♡」

ジュプププ…♡

響「んん…」

ジュポン!!

響「はあああっ♡」ブルンッ



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:46:46 ID:l5lrJmH.

キュゥゥゥゥーッ…♡

響「あっ…♡ これっ…これいいっ♡」

貴音「そうですね響…♡ 正面からだとお互いの顔が見えますよっ♡」

ムニュ♡ ムニュムニュ♡

響「たかねのおっぱいおおきい…♡」

貴音「響の胸も…響の鼓動が私にも伝わってきます…♡」ドキン♡ ドキン♡

ジュッポリ♡

貴音「ほらっ♡ 見えますか、私と響が繋がってますよっ♡」

響「ああっ♡ 貴音が自分の中に入っちゃってるぅ~っ♡」

キュンキュンッ♡



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:47:16 ID:l5lrJmH.

貴音「動きますよ…っ♡」ズンッ

ニュルン♡

響「ふあっ♡」ビクン

ニュルン♡ ニュニュン♡

響「ふあああ~っ♡ 中がぬるぬるこすれる~っ♡」

プチュン♡ ブチュッ♡ チュッチュッ♡

響「あ~っ♡ なんでっ? なんでこんなに気持ちいいの~~っ♡♡♡」ビクンビクン

貴音「練習しましたから。じいやの痔が悪化するくらい」

ドチュン!



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:47:50 ID:l5lrJmH.

チュゥゥ♡

響「ん~っ♡ たかねのち○ぽがっ、自分の奥にっ、ちゅーしてるっ♡♡♡」キュンキュン♡

貴音「貴女の子宮口が開いている…私の子種を欲しがっているのですよ、響ぃっ♡」パチュン♡

響「はぁあ~っ♡」ブルルッ♡

キュンッ♡ キュゥゥッ♡

貴音「ああ…♡ 締まる…♡ わかりますか響、貴女の膣が私のち○ぽを欲しがっていますっ♡♡」

響「にゃぁぁ~♡ ち○ぽっ、たかねのち○ぽきもちいい~っ♡ もっと突いてぇぇ~っ♡」

ズン!

響「おひゅっ♡」ビクン

貴音「それっ♡」ズンッ!



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:48:21 ID:l5lrJmH.

ゴリュッ!

響「うはっ…たかね、激しっ…♡」

貴音「ふぅぅ~っ♡」ギチュギチュ…

響「あ~っ、赤ちゃんの部屋、そんな強く押し付けちゃや~っ♡」

グチュッ♡ ジュポ♡ ジュポッ♡

響「やぁぁぁ~っ♡♡ イクぅぅ~っ♡♡ もうイクのやぁぁぁ~~~っ♡♡♡♡」ビクビクン

貴音「ああ、射精る…響、射精ますっ…♡♡♡」

ビュルルルル♡ ビュルッ ビュルルルル♡

響「んーっ♡ あつい~っ♡ おなかあついの~っ♡」

貴音「ふぅぅぅ~、ほら響、私の赤ちゃんの素が響の子宮内に飛び込んでいきますよっ…♡」ドプッ ドププッ♡

響「はぁぁぁ~っ♡ 来てる~♡ たかねの赤ちゃんできちゃうぅぅ~っ♡」キュンキュン♡

ゴポゴポゴポッ

チュプンッ♡



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:48:53 ID:l5lrJmH.

貴音「ああっ、はぁぁっ♡ 出てるのに…腰が…止まらない…っ♡」

ドチュッ ドチュッ

響「ふぁぁ~♡」ビククンッ♡

貴音「はぁぁぁ~♡」ビュクン♡

ドクッ ドクドクン♡

響「あぁ…♡ おなかが…たかねのでいっぱい…♡」

貴音「響…」

響「ん♡」

チュッ♡



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:49:23 ID:l5lrJmH.

貴音「ん、ちゅ…♡」

響「ん、んっ、ん…♡」

ギュゥゥゥゥ

ブルッ ブルッ ビククン…

貴音「ぷは…」

響「あぁぁっ…」

貴音「ふぅ…っ、抜きますよ…」ヌポ…

響「ああっ♡」ブルッ

ドパァッ

響「はぁっ、はぁっ、はぁ~~っ…」ドロォ…コポポ…

貴音「ふぅ…」

響「あ…はぁ…あっ…ふぅ…」ヒクヒク



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/18(日) 21:49:53 ID:l5lrJmH.

貴音「響」

響「ふぁ…?」トロン

貴音「どうでしたか?」

響「えっと…す…」

貴音「す?」

響「すごい気持ちよかったぞ…」

貴音「響…♡」チュッ♡

響「ん…♡ たかねぇ…♡」チュッチュッ♡

和 姦 成 立

HAPPY END


元スレ
SS深夜VIP:貴音「響の寝顔は可愛らしいですね」