1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:12:30.58 ID:MY2fKozc0



上条「……はあ……はあ……うがあああああああああああ!!!」

イン「ど、どうしたのとうま!?」

上条「ふしゅー……うぐっ……いきっ、いききききいいいきっききいききききき!!」

イン「とうまがおかしくなっちゃったんだよ……」





2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:13:31.20 ID:MY2fKozc0



上条「インデックスゥ……駄目だ、俺はもう駄目なんだよ……えぐっ……ひぐっ」

イン「今度は泣き出した……ねえ、何があったのか話してよ」

上条「……俺は今、飢えているッ!!」

イン「……飢えている? おなかでもへったの?」

上条「違うッ! 食欲などではないッ!!」

イン「じゃあ、眠いの? 人間の三大欲求の一つ、睡眠欲?」

上条「……確かに最近眠れてないな。しかし、そうじゃないんだ……」

イン「えっと、後は……はっ! と、とうまのエッチ!」

上条「何だよそれ……性欲でもないっつうの」

イン「……ちょっと覚悟した私がバカみたいなんだよ。で、何に飢えてるの?」

上条「それはな……」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:14:02.43 ID:MY2fKozc0











         「説教が……したいんだよおおおおおおおお!!!」













4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:14:37.19 ID:MY2fKozc0



イン「……へ?」

上条「説教! ああ、なんと甘美な響きであろうか……説く、教えると書いて説教!」

イン「……変な人がいるんだよ」

上条「何とでも言え! ともかく俺は説教に飢えている! 誰か……誰でもいい!
    悪い事してるヤツはいねえがあああ!!!」

イン「そんな丁度良く悪い事してる人なんて」


「キャー! 誰か助けてー!」

「へっへっへ……姉ちゃん、大人しくついてこいよ!」

「俺たちとイイことしようぜえ!」


イン「……居たんだよ」

上条「よっしゃあ! 幸いな事に相手は二人! 上条さんでも勝てる!」

イン「とうま、危ない事はしないほうが良いんだよ」

上条「うるせえ! ちょっとあいつらぶっ飛ばして説教してくる!」ダッシュ

イン「とうまー! もう……心配だから後を追うんだよ」



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:15:03.36 ID:MY2fKozc0



不良A「そんな大声出しても誰も来ないっつうの……へへへ」

不良B「そんなに怖がんなくてもイイだろ? なあ?」

女の子「イヤ……誰か、誰か助けてー!!」

不良A「そんな大声出しても誰も――」


      「待てぇぃっ!!」


不良B「……あぁん!? ンだコラァ!!」


「いつの時代も、悪の栄えたためしは無い。そしてその様な行いは、決して許されない。
 
 それにも気づかず、ただ悪行の限りを行う者達。人それを――外道と言う」


不良A「……カッコつけやがって、誰だテメエ!!」


上条「お前達に名乗る名前は無いッ!」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:15:37.01 ID:MY2fKozc0



上条「お嬢さん、俺が来たからにはもう大丈夫だ。さあ、こっちへ」

女の子「えっ……? は、はい!」

不良B「ンだテメエ? 助けに来た王子様気取りですかぁ?」

不良A「はっはっは! 何だそれ、超ダセえ!!」

上条「……気持ちいいくらいの不良っぷりだな。これは良い説教ができそうだ」

不良B「あぁ!? 何ごちゃごちゃ言ってんだコラァ!!」

不良A「今からボッコボコにしてやるから覚悟しとけよ!!」

女の子「だ、大丈夫なんですか?」

上条「……悪い奴、不良、素行の悪さ、攻めるべきポイントは……もともとは頑張っていたという所」ブツブツ

女の子「……あのー、もしもーし?」

上条「だー! うっせえ! 今説教の演算中なんだよ! テメェは黙って助けられてろ!」

女の子「は、はい!? すいません!」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:16:05.76 ID:MY2fKozc0



不良B「……おい、アイツやべえんじゃねえの?」

不良A「なんかキメてんのかもしれねえ……さっさとボコっちまおうぜ」

上条「……殴った後の台詞は……よし、できた! 待たせたな悪者ども!」

不良A「何をわけわかんねえコト言ってんだコラァ! テメエなんか一瞬で――」


上条「聞けっ! 悪者ども!」

不良B「……あぁん?」

上条「今から聞かせてやるぜ! 俺の熱い……説教をな!」



そうやって今まさに説教を始めようとする上条を、柱の陰からインデックスは見守っていた。


イン「……ついに始まってしまたんだよ、とうまの説教タイム」

イン「相当溜まってるみたいだけど……大丈夫かな」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:16:31.30 ID:MY2fKozc0



不良A「ハア? テメエの説教なんて誰が聞くと思ってんだよ!」

上条「いいから黙って聞け! ……なあ、お前達。
    今はそうやって暴れてるかもしれないけど最初は違ったんだよな?」

不良B「あぁ? 何言ってやがんだ?」

上条「最初はさ、すげえ能力者になりたいって思ってこの学園都市にやってきたんじゃねえのか?
    マンガに出てくるヒーローみたいになりたいって思ってたんじゃねえのか?」

不良B「……ンなコト聞いてどうすんだよ!」

上条「……図星だったんだな」

不良A「うるせえ! 軽くボコって終わらしてやろうと思ったが、テメエは病院まで送ってやる!」

上条「もういい、もういいんだ。そんなに無理に暴れなくても」

不良B「さっきからテメエはふざけたコト言いやがって……もう許さねえ!」

上条「許さない、か……どうするつもりだ?」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:16:57.87 ID:MY2fKozc0



不良A「へっへっへ……俺は風を操る能力を使えるんだよ。これでテメエを吹っ飛ばしてやる!」

上条「その能力……俺を吹っ飛ばすほどの力はあるのか?」

不良B「テメエ……もういい、思いっきり吹っ飛ばしてやれ!」

不良A「いくぞ……オラァ!」


一陣の風が周りの塵を吹き飛ばしながら上条に襲い掛かる。
しかし、上条は逃げようとせず静かに右手を前に突き出した。そして――


上条「……効かねえよ!」キュイーン

不良B「風が……消えた!?」

不良A「テメエ……何しやがった!?」

上条「さあな……ただ、一つだけ言えるのは――テメェの能力は俺に効かねえって事だ」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:17:35.93 ID:MY2fKozc0



不良A「ふざけやがって……! オラァ!」

上条「無駄だって言ってんだろ!」キュイーン

不良B「な、なんなんだテメエ! 意味分かんねえ能力使いやがって!」

上条「……能力、か。おい、そこのかぜおこし野郎」

不良A「かぜおこしだあ!? ……バカにしてんじゃねえぞ!」

上条「あの風、そこまで強い力は持っていなかった……異能力者(レベル2)ってとこか」

不良A「ンだよ……異能力者じゃ悪いのか!? ああ!?」

上条「それ以上はいくら頑張っても強度(レベル)は上がらなかった……」

不良A「……うるせえ!!」

上条「……もう一度聞くぞ。お前達、最初は頑張ってたんだよな?」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:18:10.99 ID:MY2fKozc0



不良A「……それは」

不良B「おい……何聞こうとしてんだ。無視しろっつうの!」

不良A「お、おう……そうだな。……テメエには関係ねえだろうが!」

上条(チッ……モブのくせに俺の説教の邪魔しやがって……)

不良B「気抜いてんじゃねえぞコラァ!」

イン(あっ! 鉄パイプでとうまを殴ろうとしてる……危ない!)

上条「……それで俺を殴るのか?」

不良B「ハア? 当たり前だろが、怖気づいたのか?」

上条「おい、そこの風使い。テメェはそんな事許していいのかよ?」

不良A「……どういう意味だよ」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:18:57.09 ID:MY2fKozc0



上条「テメェは最初、能力を使って俺に攻撃してきた。
    それはまだテメェに、能力者としてのプライドがあったって事なんじゃねえのか?」

不良A「……そんなもんねえよ。テメエがムカつくから、ただボコれりゃ何でもいい」

上条「本当か? 無理して嘘つかなくてもいいんだぞ?」

不良B「意味分かんねえコトばっか言いやがって! ……あ?
     おい、急に下向いてどうしちまったんだよ?」

不良A「……わ、悪ぃ。何でもねえよ」

上条「やっぱりそうだ。テメェは自分の能力が俺に効かなかった事にショックを受けてる。
    伸び悩んだ能力でも自分が使えるモノだから信じて、テメェは今まで生き続けてきたんじゃねえのか?」

不良A「……それは」

上条「本当はこんなくだんねえ事しても意味ねえって分かってんだろ?
    もっと自分の能力を高めて、自分の持つ力に自信を持てるようになりたかったんだろ?」

不良B「黙って聞いてれば偉そうに……おい! お前もなんか言ってやれ!」

不良A「……テメエの言うとおりだ。俺だって……自分の力をもっと強くしてえよ!」

上条(……かかった!)



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:19:31.31 ID:MY2fKozc0



不良B「お、おい……何言ってんだよ」

不良A「確かに俺だって、最初はどんな能力が使えるのか楽しみで仕方がなかった。
     しばらくして俺にも風を操るって能力が使えるようになって、その時はバカみたいにはしゃいじまった」

上条「…………」

不良A「でもよ……レベルが上がったは良いけど、その先に行けねえんだ。
     もっと強くなりたい、もっと力が欲しいって思ってもどうしようもなかった……」

不良B「お前……」

不良A「いくら努力しても、演算に力を入れても何にも変わらなかった……。
     それが何年も続いたら、道を外したくなってもしょうがねえだろうが……」

上条(…………長え)



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:20:15.22 ID:MY2fKozc0



不良A「俺はもう諦めたんだよ。こんなダメな自分に鞭打ってもどうしようもねえってさ。
     ……だったらよ、好き勝手やって楽しく過ごした方がマシだろうがあ!」

上条「……言いたい事はそれだけか?」

不良A「ああ……こんなくだんねえコト話しちまって、自分でもどうしたのか分かんねえけどな」

上条「そうか……お前、まだこのまま生き続けるつもりか?」

不良A「……悪ぃかよ、もう今更真面目に努力なんて出来るわけねえだろが」


上条「……ふざけんなッ! 甘ったれた事言ってんじゃねえ!!」


不良A「……っ!?」

不良B「な、何だよコイツ……今度は急にキレだしやがった」




イン(あれはとうまの説教術の一つ……「いきなりのテンション変化」……!)

イン「とうま、その調子なんだよ……頑張って!」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:20:42.98 ID:MY2fKozc0



上条「今更どうしようもねえなんて、誰が決めたんだ!」

不良A「さっきも言っただろうが……これが俺の限界なんだよ」

上条「その限界ってのは……誰が作ったんだ? 勝手にテメェで限界を作っちまってたんじゃねえのか!?」

不良A「それは……」

上条「テメェの勝手な絶望で限界を感じて、やけくそで道を外して他のヤツに迷惑をかけて楽しく過ごす……
    そんな物語をテメェは望んでいたのかよ!?」

不良A「……ンなわけねえだろうがああ!!」

上条「だったら! 今からでも遅いなんて事は無い! 今すぐ来た道を引き返せ!
    そしてもう一度……泥臭く努力しやがれ!」

不良A「……キレイ事ばっか言ってんじゃねえよコラァ!」

女の子(……今のうちに逃げちゃおっと)



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:21:10.78 ID:MY2fKozc0



上条「……わかった、これ以上言っても無駄みてえだ。だったら――決着付けようぜ」

不良A「……決着?」

上条「ああ、テメェのあらん限りの力を俺にぶつけてこい。俺は逃げも隠れもしない」

不良A「……テメエは俺の能力を打ち消しちまうんだろ? そんなの――」

上条「怖いのか? 負けるのが、自分の能力が弱いって認めるのが嫌なのか?」

不良A「……おい、もう一度言ってみろや」

上条「何度でも言ってやるよ。テメェは俺に負けんのが怖いんだろ?」

不良A「面白え……やってやるよコラァ! どうなっても知らねえからな!」

不良B「お、おい、落ち着けよ」

不良A「邪魔すんな! これはアイツと俺の……真剣勝負なんだからよ!」

上条「……いい顔してんじゃねえか。……来い!」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:21:57.49 ID:MY2fKozc0



不良A(集中しろ……アイツをぶっ飛ばす……俺の「力」でぶっ飛ばす…!)

不良A「うおおおおおおおお!!!!」

不良B「お前……スゲエよ! 今までとは全然違え!」


 男から放たれようとしている風は先ほどのとは明らかに勢いが違っていた。
集中力、正確さ、そして上条を倒したいという欲求が男を新たな地点へと運んだのである。


上条「……さあ、ぶつけてみろ!」

不良A「…………オラアアアアアアアアア!!」

上条「確かに威力は上がっている。だけどな……!」キュイーン

不良B「なっ……! これでも駄目なのかよ!」

不良A「クソッ……これが俺の、限界……」



上条「いいぜ、テメェが勝手に自分の可能性を否定しているのなら――――」



イン(とうま……ついにアレを出すんだね……)

イン(私には見守る事しかできないけど……ファイトなんだよ! とうま!)




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:22:27.00 ID:MY2fKozc0







上条「――――まずはその、ふざけた限界をぶち壊す!」バキッ






不良A「がはっ……! ぐう…………」







19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:22:56.96 ID:MY2fKozc0



不良B「なっ……テメエ! よくもやりやがったなコラァ!!」

不良A「……やめろ、いいんだ。真剣勝負に俺は負けたんだ……。
     そんなコトしてもみじめなだけだからやめてくれ」

上条「どうだ……目は覚めたか?」

不良A「ああ、これじゃ痛すぎて眠れねえかもな……テメエの拳、効いたぜ」

上条「そっか……で、結局お前はこれからどうするんだ?」

不良A「……ンなコトテメエには関係ねえだろが。さっさとどっか行きやがれっつうの」

上条「おう、じゃあな。せいぜい頑張れよ」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:23:22.43 ID:MY2fKozc0



不良B「アイツ……行っちまったな。本当に良かったのか?」

不良A「……知らねえよ。それより、俺……」

不良B「もう一度、やり直してえんだろ? 大丈夫だ、お前の考えたコトは止めねえよ」

不良A「……悪ぃな。……俺、もう一度しっかりやってみるわ」

不良B「ケッ、カッコつけてんじゃねえよ。……じゃあ、俺も久しぶりに勉強でもしてみっかな」

不良A「うわっ……似合わねーなオイ」

不良B「お前が言うなっつうの」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:23:55.35 ID:MY2fKozc0



上条「ふう……久しぶりだけどなんとかなったな」

イン「とうま、お疲れ様なんだよ。はい、飲み物どうぞ」

上条「おっ、インデックス。気が利くな、サンキュー……んぐんぐ」

上条「ぷはあー! やっぱり説教の後の『ヤシの実サイダー』は最高だな!」

イン「いい説教だったね、とうま」

上条「全部見てたのか? 何だよ、恥ずかしいじゃねえか」

イン「私はとうまの事をいつでも見守ってるんだよ。それより、とうま」

上条「ん? 何だ?」

イン「これでスッキリした? もう大丈夫?」

上条「それなんだが正直…………全ッ然、足りねえんだよおお!!!!」

イン「……えっ?」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:24:34.33 ID:MY2fKozc0



上条「確かに説教+変則そげぶで少しは解消できた。だがな……あいつらはただのモブなんだよ。
    そんなやつらを説教したって大満足! ってなるわけねえだろ?」

イン「そ、そうなの?」

上条「ああ、解消するにはもっとこう……なんて言うかすげえヤツを説教しないとな!」

イン「……さっぱり意味が分からないんだよ」

上条「説教の気持ちよさが分からないなんて……インデックスも人生損してるな」

イン「うん、私はそんな事で損したまま生き続けても別に問題ないんだよ」





23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:25:01.62 ID:MY2fKozc0



上条「……まあ、いいや。ともかく、次はもっと大物を説教したいな」

イン「大物……具体的には誰にするの?」

上条「そうだなあ……何となくはアテがあるんだが、決めるのが難しいな」

イン「選択肢は決まってるんだね」

上条「ああ、後は誰にするかなんだが……そうだ! イイ事思いついたぞ!」

イン「いい事? なになに?」

上条「何人か候補を挙げて、そこから末尾で決めちまえば良いんだよ!」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:25:41.59 ID:MY2fKozc0



イン「ま、まつび? なにそれ?」

上条「例えばこんな感じでレスがあったとします」


931 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(ロンドン) [sage]:2011/06/02(木) 09:03:01.0X ID:Fortis/AO

    ステイル×インデックスこそ至高 異論は認めない


イン「ふむふむ」

上条「で、そこの投稿時間のところの時間を見てくれ。そこの最後がXになってるだろ?」

イン「うん、これが末尾?」

上条「そういう事だ。これでルーレットのように次の説教相手を決めていく」

イン「なるほどね。理解したんだよ」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:26:09.30 ID:MY2fKozc0



上条「さて、最初の末尾判定は……このようになっております!」

末尾1~5→御坂美琴

末尾6~0→白井黒子

イン「……二人しかいないの?」

上条「まだまだがっつり説教する気はないからな。軽めの相手をチョイスしてみた」

イン「でも、女の子を殴るのはあまり……と言うか全然いい事では無いんだよ」

上条「インデックス……分かってないなあ。説教だからって、必ずしも殴る必要は無いんだぞ?」

イン「どういう事?」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:26:44.45 ID:MY2fKozc0



上条「さっきやったのは説教とそげぶとパンチがセットのいわゆるフル説教だ」

イン「……何その呼び方」

上条「こまけえこたぁいいんだよ! で、他にも色んな説教のタイプがあるんだ。
    たとえば励ますための励まし説教、ただ嗜めるためだけのお叱り説教、その他にも色々ある」

イン「その呼び方、とうまが考えたの?」

上条「おう! なかなか良いだろ?」

イン(……かわいそうなとうま。やっぱり私が見守ってないとダメみたいなんだよ)




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:27:10.74 ID:MY2fKozc0



上条「まあ、とりあえずさっき挙げた二人は別に殴る必要はなさそうだから心配するな」

イン「それなら安心かも。じゃあ、さっそく決めようよ」

上条「よーし! 次のレスで決めるぞ!」




29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:27:43.70 ID:MY2fKozc0



末尾1~5→御坂美琴

末尾6~0→白井黒子

上条「御坂か白井か……末尾カモン!」

イン「私としては、できれば短髪じゃないほうがいいんだよ」

上条「え? 何で?」

イン「……教えない」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:32:45.72 ID:MY2fKozc0



上条「>>29の末尾が0って事は白井か……」

イン「どんな説教するかはもう考えてあるの?」

上条「ああ、白井の場合は……励まし説教でいこうと思う」

イン「なるほどね……それなら私も安心して見ていられるんだよ」

上条「ん? インデックスも一緒に来るのか?」

イン「私は……とうまの行くところならどこへでもついていくんだよ」

上条「インデックス……お前」

イン「とうま……」

上条「さては昼飯の心配してんだな? 大丈夫だって、ちゃんと用意してやるからさ」

イン「うん、そんな事だとは思ってたけど実際にこうなると結構ショックなんだよ」





31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:34:55.67 ID:MY2fKozc0



上条「よっしゃあ! 白井、待ってろよ! 今上条さんが説教しに行ってやるからなー!」

イン(……本人からしてみたら、いい迷惑なんだよ)




32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/02(木) 12:35:39.74 ID:MY2fKozc0



なんか色々注意点とか


・キャラぶっ壊し
・説教がおかしい、というか説教ではない
・事実無根のでっち上げのオンパレード
・原作との矛盾はもはや言うまでもない
・インデックスが上条に対して色んな意味で優しい
・色々残念

新感覚説教ストーリーです。えっ?何番煎じ?こまけえ(
末尾決めは前からやってみたかっただけです
だらだら続けるつもりはないのでサクッとやってサクッと終わらせるつもりです、それではまた



53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:15:40.96 ID:m52hLsXD0



上条「さて、白井を説教したいんだが……あいつはどこに居るんだ?」

イン「いつもは短髪と一緒にいるよね」

上条「そういえばそうだな。じゃあ、御坂にでも電話してみるか」

イン「とうま……短髪の電話番号知ってるの?」

上条「おう、色々あってペア契約ってヤツに申し込んだんだ」

イン「……ペア? 契約? ……とうま、それちょっと詳しく聞きたいかも!」

上条「ん? 別に大した事じゃねえぞ。ただそれをやると安くなるってだけだ」

イン「そ、その契約ってのは、一生続いたりするの!?」

上条「一生? それは無いだろ。長くてもせいぜい二年位だろうな」

イン「そっか……ちょっとホッとしたんだよ」

上条「何だそれ?」




54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:16:26.43 ID:m52hLsXD0



上条「それよりも御坂に電話だ……えーと、み、さ、か……よし」プルル

美琴『も、もしもし!?』

イン(出るの早っ!)

上条「よう、御坂。今大丈夫か?」

美琴『えっ!? えっと……私もちょっと忙しいんだけど、
    仕方ないから話くらいは聞いてあげるわよ?』

上条「そっか、そりゃ悪かったな。じゃあ後でまた掛け直したほうが良いか?」

美琴『なんでそうなるのよ! せっかく出たんだからちゃんと最後まで話しなさい!』

上条「それもそうだな。実はな御坂、お前に頼みがあるんだ」

美琴『た、頼み?』




55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:16:56.52 ID:m52hLsXD0



上条「ああ、お前しか頼めるヤツがいなくてさ」

美琴『そんなに大事な事なの? でも、何で私が……?』

上条「誰に頼ろうか考えた時、真っ先に御坂が思い浮かんだんだ」

美琴『なっ……! 何よ……それ』

上条「……お前だけが頼りなんだ、力を貸してくれ!」

美琴『……わかったわ。この美琴センセーに何でも言ってみなさい!』

上条「さすが御坂だ、頼りになるぜ。じゃあ、質問いくぞ?」

美琴『う、うん……』

上条「えっと、白井が今どこに居るのか教えてくれないか?」

美琴『………………へっ?』




56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:17:26.94 ID:m52hLsXD0



美琴『えっ? アンタ、黒子の居場所が知りたくて私に電話かけてきたって事?』

上条「おう、御坂あるところ白井ありって感じだからな」

美琴『つまり私自身には特に用事は無い……って事かしら?』

上条「まあ、そうなりますな」

美琴『ふふ……ふふふふふ…………ふざけてんじゃないわよコラァ!!!』

上条「うわっ!? 何だよ急に大声出して!」

イン(大丈夫だよ、短髪。それは怒るのが正解だから)




57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:18:11.07 ID:m52hLsXD0



美琴『そんなくだらない事で……わざわざ電話かけてくんなあああ!!!』

上条「えっ? そんなにマズかったのか? ただ白井に会いたいだけだったのに……」

美琴『なっ……! もう一生私に電話なんかすんな!』プツッ

上条「あっ、切られちまった……何だってんだよ?」

イン「とうま、それはとうまが全面的に悪いからね」

上条「はあ? ったく、意味がさっぱり……あれ、また電話だ。もしもし?」

美琴『て、訂正! さっきの一生私に電話なんかすんなってのは無し!
    また今度、もっとちゃんとした用事……いや、何もなくてもいいから電話しなさい!』

上条「はあ? 何だよそれ?」

美琴『い、いいわね!? 用件はそれだけだから!』プツッ

上条「……何だったんだ?」

イン「私が言うのもなんだけど……気づいてあげてよ、とうま」




58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:18:36.86 ID:m52hLsXD0



上条「しかし、御坂がダメとなるとそう簡単には見つからないかもな……」

イン「とうま、今日はおしまいにする?」

上条「うーん……残念だけどそうするしか……がはっ!」

イン「と、とうま!? どうしたの!?」

上条「くひゅー……すしゅー……ぬひゃ! ぬひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」

イン「まさか……! 思うように説教ができないことによってまたストレスが溜まり……」

上条「そひー! べふぁぐりゃてわー!」

イン「……禁断症状が起きてしまっているんだね。一刻も早く相手を見つけないと!」




59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:19:10.01 ID:m52hLsXD0



イン「白井……短髪と一緒にいたツインテールの女の子……いったいどこに」

上条「インデックスゥ……ごめんよぉ……ぐすっ……おではなんにもできねえだ……」

イン「落ち着いてとうま! 私に任せるんだよ! でも……どうやって見つければ……」


「ジャッジメントですの!」


イン「こ、この癖になりそうな声の持ち主は……!」

上条「……! ああ、間違いない……白井だ! 白井黒子だ!」

イン「声のした方はあっち……急ごう、とうま!」

上条「わかった! ……白井、今から上条さんが説教に行くぞー!!」




60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:19:49.50 ID:m52hLsXD0



黒子「ふう……あっさり片付いたのはいいのですが、また書類を色々書かされそうですわね……」

イン「見つけた!」

黒子「あら、あなたはいつぞやのシスターさん。どうかしましたの?」

イン「私ではなくて……とうまの話を聞いてあげて欲しいんだよ」

黒子「とうま……? ああ、あの憎き類人猿の事ですわね。その類人猿さんがわたくしに何か用ですの?」

イン「……実は、あそこに倒れているから近くまで行ってもらえないかな?」

上条「…………」グッタリ

黒子「なっ……!?」

上条「……説教、説教……たのしいせっきょ……」

イン「お願い! あなたしかとうまを救える人はいないの! だから……」

黒子「……さっぱり状況は理解できませんが、とりあえず言われた通りにしてさしあげますの」

イン「あっ……ありがとう! さあ、こっちこっち!」




61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:20:15.86 ID:m52hLsXD0



上条「…………はあ、……はあ……ぐうっ」

黒子「……これは、救急車を呼んだほうが良いのでは?」

イン「ううん……そういうのではないんだよ。とうまのストレスが溜まりすぎてこうなっちゃったの」

黒子「す、ストレス?」

上条「……その声は、白井……か?」

黒子「え、ええ……見ての通り白井黒子ですが……わたくしに何か用でも?」

上条「白井……一つ質問させてくれ……今、お前に悩みとかは無いか?」

黒子「へっ? わたくしの悩み? そんな事聞いてどうするつもりですの?」

イン「いいから答えて! 事態は一刻を争うんだよ!」

上条「がはあっ……」

イン「とうま!? しっかりして!」

黒子「…………どういうことなのでしょうか」





62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:20:51.81 ID:m52hLsXD0



黒子「うーん、悩み……強いて挙げるなら、最近お姉様が冷たいって事くらいでしょうか」

上条「…………」ピクッ

イン「とうまが反応した……そのまま続けて!」

黒子「はあ……お姉様はたまに心ここにあらずー、といった感じでして、
    わたくしが何を言ってもそっけない返事ばかりですの」

上条「……白井、それについての話……もっとくれ!」

黒子「も、もっと?」

イン「早く! あなたに全てが懸かっているんだよ!」

黒子「……そのテンションにはなかなかついていけませんの」




63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:21:17.65 ID:m52hLsXD0



黒子「まあ、こんな話をする機会もめったに無いでしょうし……
    この際ですから色々聞いていただくとしましょう」

イン「うん! どんどんやっちゃって!」

黒子「お姉様はわたくしにとって全て、と言っても過言ではありませんの。
    この身がいくら傷つこうと、お姉様さえ幸せでいてくれればそれでよし」

上条「…………お姉様、かけがえのない存在」

黒子「そんなお姉様ももちろん女の子ですの。ですから、誰か素敵なお方にその……
    淡い想いを抱くという事もあるかもしれません。いえ、きっともう……」

イン「……短髪」

黒子「こんな事をわたくしが、しかもこの殿方さんの前で言うのは間違っているかもしれません。
    ですが、明らかに最近のお姉様は何をするにも上の空……正直、黒子は寂しいですの」

上条「…………憧れの人……寂しさ」





64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:21:43.34 ID:m52hLsXD0



黒子「まっ、つまりはお姉様がわたくしの相手をしてくださらないので、
    黒子は寂しさを感じているという事ですの。悩みと言われましたらそんな事くらいでしょうか」

イン「ありがとう、後は少しの間だけとうまの話を聞いてあげて?」

黒子「話、ですの? と言っても肝心の類人猿さんは……」

上条「お姉様……憧れ……淡い想い……叶わない夢」ブツブツ

黒子「……ぶつぶつ何かを言ってるようですが、大丈夫でしょうか?」

イン「うん、あれは説教をするために必要なんだよ」

黒子「……説教?」

上条「…………寂しさ……押しつぶされそうな想い……それを諦めるか……見えた!!」

黒子「なっ……急に大声を出すからビックリしましたの」

上条「よおおおおおし!! 白井! 今から上条さんが説教してやるから覚悟して聞けよ!!」

黒子「は、はあ!?」

イン「とうま……頑張って!」




65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:22:12.06 ID:m52hLsXD0



上条「白井……お前にとって御坂美琴ってのはどんな存在なんだ?」

黒子「……お姉様、ですか? なぜそんな事を……」

上条「いいから答えてくれ。お前の思っている事をそのまま伝えてくれ」

黒子「……なにをなさりたいのかはさっぱり分かりませんが、
    先ほども申し上げました通り、お姉様はわたくしにとっての全てですの」

上条「では、お前は御坂のために命を懸ける事はできるか?」

黒子「命……あなたはずいぶんと重たい話がお好みのようですわね」

上条「茶化すなよ、白井。俺は真剣なんだ」

黒子「……何を考えているのやら。いいでしょう、お答えして差し上げます。
    わたくしは……お姉様のために命を懸ける事も厭いませんの」

イン「……そこまで短髪の事を」

黒子「この白井黒子、お姉様のためならばどんなに強大な相手でもひるまず立ち向かう、
    それは今までも、そしてこれからも変わりはありません」





66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:22:37.89 ID:m52hLsXD0



上条「いい覚悟じゃねえか、白井。……だからこそ、俺は不思議に感じるんだ」

黒子「……不思議に? それはいったいどういう事ですの?」

上条「それ程御坂美琴に心酔しているお前が、何でそんなに自信を失ってるんだろうってな」

黒子「わたくしが、自信を失っている……?」

上条「ああ、お前と御坂には固い絆がある。それは誰もが見ればわかる事だ。
    御坂の横には常にお前が居続けた、違いないな?」

黒子「……ええ、わたくしはお姉様のパートナーを自負し、お姉様の事を常に思い続けていました」

上条「そうだ、それが白井黒子だ。……なのに、今のお前はそれが揺らいでいる」

黒子「……言ってる意味がよくわかりませんの。遠回しな言い方はやめて頂けますかしら?」

上条「そうだな、無駄な事は省こう。白井……テメェは本当に、御坂のそばに居たいのか?」

イン(とうま……ここで勝負を仕掛ける気なんだね。頑張って!)




67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:23:15.61 ID:m52hLsXD0



黒子「何をいまさら……わたくしはお姉様のおそばに居続けたい、そんな事言うまでもありません」

上条「しかし、御坂が想いを寄せているかもしれない男の存在。それがお前を不安にさせている。
    そんなどこの誰かもわからない男の存在が、お前の気持ちを揺らがせている。違いないな?」

イン(えっ? まさかそういう方向性で攻める気?)

黒子「……詳しくは申し上げられませんが、わたくしはその殿方というのに見当がついております。
    その事に関しては、あなたにどうこう言われたくはありませんの」

上条「見当はついている、か……お前はその男をどう思うんだ?」

黒子「……この方は、本当に何にも気づいていませんの?」

イン「うん、超が付く鈍感だけど、許してあげて欲しいんだよ」





68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:23:53.47 ID:m52hLsXD0



黒子「……まあいいですの。正直、あまり好ましくは思いません。ですが、お姉様は口を開けばその殿方の話ばかり。
    落ち込んでいたり、嬉しそうにしていた時、何があったのかを問えばやはりその殿方……。
    そんな日々が続いてしまえば、お姉様はその殿方とご一緒になられた方が良いと思ってしまうのも無理はないですの」

上条「それがお前の思う御坂の幸せ、そう言いたいのか?」

黒子「……ええ、わたくしがそばに居ても、お姉様が幸せになるという訳ではない。
    でしたら、白井黒子という存在はお姉様を見守る事に徹すべきでは……」

上条「そうか……白井、お前も色々考えてるんだな」

黒子「……あなたに色々言われるのは非常に腹立たしいですが、それに関しては否定いたしませんの」

上条「白井、はっきり言ってやるよ。お前は……間違ってる!」

イン(これは説教術の一つ……「完全否定」……!)

イン(確かに相手を揺さぶるには効果がある……でもそれは失敗する可能性の高い諸刃の剣……心配なんだよ)




69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:24:25.97 ID:m52hLsXD0



黒子「わたくしが……間違ってる?」

上条「ああ、確かにテメェの考えてる事はすげえ立派な事だ。
    だがな……そこに一番大事なものが欠けてるんだよ!」

黒子「一番大事なもの……」

上条「そうだ。テメェの思う御坂の幸せには……テメェ自身の幸せが含まれてねえじゃねえか!」

黒子「わたくし自身の……いえ、お姉様が幸せであればそれで良い!
    わたくしがどうであろうと、それは些細な事ですの! 自分の幸せなど、考える必要はありませんの!」

上条「……本当にそれで良いのか、白井? そんな悲しい事を受け入れてしまっても良いのか?」

黒子「ええ、それがわたくしの願い……もうこれ以上お話する事はありません」

上条「わかった、でもこれだけ答えてくれ。……そんな事、御坂が望んでると思うか?」

黒子「……お姉様が?」




70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:25:41.98 ID:m52hLsXD0



上条「お前がそこまで思えるほどの価値が御坂にはある。俺もそれは否定しない。
    そんな御坂美琴が、お前がそんな悲しい事考えてるって知ったらどう思うだろうか?」

黒子「そ、それは……」

上条「きっとあいつの事だ、そんな馬鹿な事考えるのはやめろって言うだろうな。
    ……いや、絶対そう言うに決まってる」

黒子「……はっきり言い切りますのね。でも、あなたにお姉様の何が分かると言いますの!?
    お姉様も事を分かっていないくせに……お姉様の気持ちも知らないくせに!」

上条「ああ、確かに御坂の事なんて俺は全然わからねえ。じゃあ、代わりに答えてくれよ白井。
    テメェの今の思いを聞いて、御坂はどうすると思う?」

黒子「お姉様は……きっと、今あなたが言った事と同じようにわたくしに……」

上条「……白井の悲しみは、そのまま御坂の悲しみにもなっちまうんだ。お前が一方的に思ってるわけじゃない。
    お前達は……パートナーなんだろ? だったら、お前が心の底から幸せになっても良いんだよ」

黒子「わたくしの……本当の幸せ……でもそれは!」

イン(流れがよく分からないんだよ……)




71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:26:24.27 ID:m52hLsXD0



上条「諦めるなよ、白井……もっと素直になっちまえ。御坂とずっと一緒に居たいと心から願え!」

黒子「……ですが、それではお姉様が!」

上条「御坂は今は関係ねえんだよ! 白井黒子という人間が思うまま、考えるままに生きてみろ!」

黒子「……そこには壁もあります、いつまでもそんな事もできません。
    ……それでもあなたは、わたくしに素直に生きて苦しめと言いたいいんですの!?」

上条「壁? 不可能? 誰がそんな事決めたんだ!? テメェの幸せのルールなんて好き勝手に作れ!」

黒子「何も知らないくせに……何も知らないくせに!!」

上条「そうだ、俺は何も知らない。だからこそ不思議に思うんだよ。
    何を躊躇っているんだ? 何を恐れているんだ?」

黒子「……お姉様に拒否されるかもしれないという事、本当にそれが正しいのかという事……」

上条「……白井」





72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:27:34.31 ID:m52hLsXD0



黒子「この世の全てがわたくしを……いえ、もうやめましょう……こんな事話しても無駄ですの」

上条「諦めちまうのか? このままで良いのか!? 納得なんて出来てないんだろ!?」

黒子「……ですが! わたくしにどうしろと!?」



上条「いいぜ、白井黒子。テメェがどうしようもない現在(いま)に悩んでいるのなら――」



イン(とうま……! わたしには祈る事しかできないから……)

イン(お願いします……どうか、とうまを……)





73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:28:03.97 ID:m52hLsXD0






上条「――――まずは、そのふざけた現状をぶち壊せ!!」




黒子「……!」








74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:28:53.65 ID:m52hLsXD0



黒子「わたくしの手で……幸せを掴め、そう言いたいのでしょうか」

上条「それはテメェの考え方次第だ。どうするも俺が決める事じゃねえ、ただ……」

黒子「ただ……何ですの?」

上条「テメェが自分で決めた事なら俺はそれを否定しない。心の底から応援してやる」

黒子「……はあ、呆れた殿方さんですこと。わたくし、何だか無駄な時間を過ごしたみたいですの」

上条「な、なんだよその言い方は」

黒子「当然ですの。好き勝手言われたおかげで気分を害してしまいました。
    ……ですが、少しはマシになったかもしれませんわね」

上条「……そうか、それなら俺も嬉しいよ」

黒子「まったく……よくよく考えたらこの状況、ずいぶん間抜けですわね。
    殿方さん? わたくし……あなたには負けませんの!」

上条「へっ? どこがどうしてそうなった?」

黒子「……殴ってもよろしいでしょうか?」

イン「いいと思うよ」





75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:29:37.68 ID:m52hLsXD0



黒子「まあ、あれだけ焚きつけられた事ですし……わたくしはお姉様の所に向かおうと思いますの」

上条「そうか……じゃあな、白井」

黒子「ええ、あなたの入る隙間など無くしてさしあげますの。それでは――」

イン「消えちゃった……」

上条「……なあ、インデックス」

イン「ん? どうしたの、とうま」

上条「俺の入る隙間って、なんの事だ?」

イン「うん、とうまがいつも通りで私としては安心なような、心配なような複雑な気持ちなんだよ」





76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:30:15.88 ID:m52hLsXD0



コンビニ


美琴「はあ……急に電話くれたと思ったら、黒子の居場所が知りたいだなんて……」

美琴「……もう立ち読みする気にもなれないわね。帰ろうかな……」

黒子「見つけましたわお姉様!!」

美琴「ん? なんだ黒子か……って、どうしたのその体から溢れんばかりのオーラは!?」

黒子「黒子は……黒子は決めましたの!」

美琴「へ? 決めたって何を?」

黒子「わたくしは……白井黒子は、御坂美琴を一生愛し続けると誓いましたの!!」

美琴「は、はあ!? 何よ急に!?」

黒子「お姉様!! さあ、黒子の愛を受け取ってくださいまし!!」

美琴「ちょっと!? やめなさい! 離れなさいってば!!」

黒子「いいえ! 一生離しませんの!! お姉様! お姉様お姉様!! おねえええええええさまああああああああ!!!!」

美琴「ど、どうなってるのよおおお!?」





77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:30:45.16 ID:m52hLsXD0



イン「それより、お疲れ様なんだよ、とうま。はい、タオル」

上条「おっ、さんきゅ―。いやー……白井は悪いヤツじゃねえから、あまり上手くいかなかったな」

イン「無理やり感は否めないね。でも、あの子も少しは素直になれるんじゃないかな?」

上条「なら良いんだけどな。……あー、無理やり説教したらやっぱり疲れるな」

イン「それなら説教なんてしなければ良いんだよ」

上条「それでもやめられないのが説教なんだ。まっ、インデックスには分からないだろうけどな」

イン「私は説教に何の魅力も感じないから、別にわからなくてもいいんだよ」




78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:31:47.34 ID:m52hLsXD0



イン「とうま、もう大丈夫? ずいぶん回復したみたいだけど」

上条「少しはマシになったみたいなんだが……まだ足りねえな」

イン「えー……まだやるの?」

上条「ああ! きっと上条さんの説教を待ちわびているヤツがまだまだいるはず!」

イン(そんな人いるわけないんだよ、というのは黙っておくんだよ)

上条「よっしゃあ! 次の候補を挙げるぜ!」


末尾1~3→御坂美琴

末尾4~6→神裂火織

末尾7~9→姫神秋沙

末尾 0 →一方通行


イン「この人達を選んだ理由は?」

上条「特には無いかな。次レスで決めるぞ」




79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:33:13.74 ID:m52hLsXD0



上条「それじゃいくぞ! ……末尾カモン!」


末尾1~3→御坂美琴

末尾4~6→神裂火織

末尾7~9→姫神秋沙

末尾 0 →一方通行


イン「ところで、女の子ばっかりなのはどうしてなの?」

上条「そういえばそうだな。何でだろ?」

イン「とうまはこの数か月の間に、女の子の知り合いが増えたからね」

上条「その初めはインデックスか。改めて考えると、お前と知り合えて良かったな」

イン「な、何を急に言い出すの!?」

上条「ん? どうしたそんなに慌てて」

イン「……無自覚ってのも罪なんだよ」



80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/03(金) 13:37:56.60 ID:m52hLsXD0



上条「神裂か……これは説教のし甲斐がありそうだ!」

イン「でも、説教するところなんてあるのかな?」

上条「それを何とか生み出すのが上条さんのスゴイ所なのでございますよ!」

イン(……そろそろ言ってあげた方が……ううん、私はとうまを見守り続けるって決めたんだよ)

上条「待ってろよ神裂! 上条さんが説教を届けてやるからな!!」

イン(心の中だけど、とうまの代わりに謝るんだよ……ごめんね)



102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 20:55:58.59 ID:h8Eo/K7l0



上条「さて、神裂に決まったわけだが……あいつはイギリスだよな?」

イン「その通りなんだよ。とうま、どうするの?」

上条「神裂か……白井の場合は御坂に聞いたし、同じように誰かに聞くか」

イン「それがいいと思うけど、誰に聞けば良いんだろうね」

上条「ふっふっふ、この上条さんに任せなさい!」

イン「とうま……カッコいいんだよ!」

上条「そうだろ? もっと褒めても良いからな!」

イン(……こうやって褒めてあげる事で、少しは良くなるかもしれない。
    ごめんねとうま、シスターさんが嘘をつくような事をして……でも、とうまのためなんだよ)




103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 20:56:45.75 ID:h8Eo/K7l0



上条「よし、そうと決まれば早速電話してみるか」

イン「誰に電話するつもりなの?」

上条「土御門だよ。あいつなら神裂と一緒に仕事する事もあるし、連絡が取りやすいだろうからな」

イン「なるほど」

上条「さーて、土御門っと……もしもし?」

土御門『よーう、カミやん。電話とは珍しいにゃー』

上条「そういえばそうだな。そんな事より土御門、お前に頼みがあるんだ」

土御門『ん? 頼み?』





104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 20:57:39.78 ID:h8Eo/K7l0



上条「ああ、お前にしか頼めない事なんだ」

土御門『俺にしか頼めない事……はっはーん、そういう事ですかい』

上条「おっ? 俺が何を頼みたいのか分かったのか?」

土御門『この土御門さんをナメてもらっちゃ困るぜよ』

上条「さすが土御門! では早速……」

土御門『おいおい、そんなに焦るなよカミやん。別に夜に渡せばいいだろ?』

上条「は? 夜? 渡す?」

土御門『とぼけなくてもいいんだぜい。オレの秘蔵のメイドさんいっぱいのアレが欲しいんだよにゃー?』

イン「……とうま!? それは本当なの!?」

上条「そんなわけねえだろ!? おい、土御門。何を勘違いしてるかは分かんねえが、
    俺は神裂の事について聞きたかっただけなんだよ」

土御門『へ? ねーちんの事?』




105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 20:58:51.14 ID:h8Eo/K7l0




上条「ああ、どうしても神裂に会いたくてさ。それでお前にどうやったら会えるかのを教えてもらいたいってわけだ」

土御門『……カミやん、それならそうと早く言って欲しかったにゃー!』

上条「人の話を聞かなかったのはそっちだけどな」

土御門『カミやんがねーちんにどうしても会いたい、ねえ……これは情勢が一気に変わるかもしれないな』

上条「情勢? 何の話だ?」

土御門『何でもないぜよ。それよりカミやん、いいコト教えてやるぜい』

上条「いい事? 神裂に関係してるのか?」

土御門『おうよ! カミやんの求めているねーちんだが、現在仕事で日本に来てるんだにゃー』

上条「マジか! じゃあ、学園都市に来てもらう事も可能なのか?」

土御門『それに関しては土御門さんにお任せだぜい。期待して待ってるぜよ』

上条「サンキュー土御門! じゃ、よろしく!」




106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 20:59:37.28 ID:h8Eo/K7l0



イン「何とかなりそうでよかったね、とうま」

上条「ああ、持つべきものはやっぱり友達だよな」

イン「でも、お仕事で来てるのにわざわざ説教するために呼んでもいいのかな?」

上条「こまけえこたぁいいんだよ! さて……どうやって説教しようかな」


イン(とうま、今は言わないでおくけど……相手の事も考えてあげて欲しいんだよ)

上条「説教、説教、楽しい説教~」

イン(……そんなとうまを、私は応援し続けるって決めたから……でも)

上条「まっだかなまっだかな~」

イン(……揺らぐ気持ちを隠し続けるのも、辛いものがあるんだよ)




107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:00:47.88 ID:h8Eo/K7l0



土御門(ねーちんにどうしても会いたい、ねえ……まっ、カミやんの事だからそのままの意味じゃないだろう)

土御門「しかーし! 土御門さんは面白そうなニオイは逃さないのですにゃー! ねーちんに電話、電話っと」プルル


神裂『も、もしもし、土御門ですか?』

土御門「よーう、ねーちん。きちんと携帯電話が使えてるみたいで、オレとしては一安心だぜい」

神裂『……わざわざそれを言うためだけに電話をしたのですか? こちらは忙しいのです、切りますよ』

土御門「まーまー、今回はねーちんに大切なお話があって電話したんですにゃー」

神裂『大切な話? 要件があるならさっさと話しなさい』

土御門「ふっふっふ、ねーちん……千載一遇の時来たり! 今すぐ学園都市に来るぜよ!」

神裂『学園都市に、ですか……?』




108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:01:53.17 ID:h8Eo/K7l0



神裂『今回は学園都市に行く必要は無かったはずです……何かあったのですか?』

土御門「ああ、ねーちんが今までの借りを返せるチャンスかもしれないぜい?」

神裂『借り? それはいったい……』

土御門「カミやんが、ねーちんにどうしても会いたいって言ってるんだにゃー」

神裂『なっ……!? 本当なのですか、土御門!?』

土御門「おうよ、カミやんから直接連絡があってな。さあ、ねーちんはどうするよ?」

神裂『……上条当麻が、どうしても私に会いたい……と。しかし、学園都市に入る事は可能なのですか?』

土御門「それは土御門さんが上手くやっとくぜよ。だから安心してカミやんの所に行ってくれい!」

神裂『……感謝します、土御門。今すぐ向かいます!』

土御門「あっ、そうそうねーちん。『アレ』の出番はあるかにゃー?」

神裂『そ、それは……必要と判断した場合、取りに行きます。……一応準備をお願いします。それでは』プツッ


土御門「さてさて、何が起きるのやら……楽しませてくれよ、カミやん?」





109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:02:54.84 ID:h8Eo/K7l0



上条の部屋


イン「お家に戻ってきたけど、ここで待ってればいいの?」

上条「ああ、土御門が『待ってればすぐ来るにゃー』って言ってたから大丈夫だろ」

イン「でも、まだ電話してから一時間も経ってないんだよ。そんなすぐに来れるわけが」

轟!

上条「うわっ! 何だ!? ベランダの方から衝撃が……って」

神裂「久しぶりですね、上条当麻」

上条「おお! 神裂、ずいぶん早かったな。しかし、今の衝撃は何だったんだ?」

神裂「ビルからビルへと跳びながらここまで来たので……おそらくその着地の時に起きたものかと」

上条「相変わらずの聖人パワーだな……」

イン「お疲れ様なんだよ。はい、とりあえずお茶でも飲んで落ち着いてね」

神裂「あっ、ありがとうございます……ふう、美味しいですね」




110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:03:43.74 ID:h8Eo/K7l0



上条「悪いな神裂、急に呼び出したりなんかして」

神裂「い、いえ……他でもないあなたのためですから……出来る限りは応えたいと」

上条「おおっ! そこまで言ってもらえると上条さんとしてもやりがいがあるぜ!」

神裂「はあ……やりがい、ですか?」

イン「先に言っておくけど、わざわざ来てくれたのにごめんね」

神裂「?」

上条「さて、早速で悪いんだが……神裂!」

神裂「は、はい!」

上条「最近、悩みとか何かねえか?」

神裂「……へっ?」




111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:04:58.67 ID:h8Eo/K7l0



神裂「悩み……ですか?」

上条「そうそう。いやー、結構考えたんだけどなかなか思いつかなくてさ。
    だから悩みを聞いてそこから活路を見出そうかと」

イン「悪い人じゃないから仕方ないよね」

神裂「……いったい何の話をしているのですか?」

上条「気にすんなって。それよりさ、悩みを何でもいいから言ってくれよ!」

神裂「ええと……急に言われましても……」

イン「遠慮しなくてもいいんだよ。それに、早くしないととうまが……」

上条「…………ぐがあぁぁ……でひゅゥ……うばわあああああ!!!!」

神裂「なっ……!? どうしたのですか!?」

イン「とうまの禁断症状なんだよ! お願い、早く悩みを言って! とうまを助けるために!」

神裂「……何が起きているのでしょうか」




112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:06:12.98 ID:h8Eo/K7l0



上条「がはっ…………」バタン

イン「とうまー!!」

神裂「何やら大変な事になってるみたいですね……。悩み……本当に何でも良いのですか?」

イン「うん! さあ、言ってあげて!」

神裂「そうですね……こんな事をあなたに相談するのもアレなのですが……」

上条「…………ぐふう……」

神裂「私がお世話になったある人に恩を返したいのですが……なかなか上手くいかなくて」

上条「…………恩……返し……」ピクッ

イン「とうまが反応した! そのまま続けて!」

神裂「はあ……色々頑張ろうとしたのですが、いざやろうとすると踏ん切りがつかなかったり、
    実際に頑張ってみても、どうやら相手にとっては逆に迷惑だったみたいで……」

上条「……躊躇い……空回り……逆効果」ブツブツ




113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:07:12.63 ID:h8Eo/K7l0



神裂「一番の問題は……その相手の方には恩返しなど要らない、と言われてしまいまして……」

イン「だったら言われた通り何もしなくてもいいんじゃないの?」

神裂「しかし、私はその方のおかげで幾度となく救われてきました。その事実に変わりはありません。
    今まで色々な事があり、悩んだ事もありましたがその方が現れただけで全てが良い方に向かっていく。
    それに対して感謝せずにいられるでしょうか? 少なくとも、私はどうしてもお礼をしたいのです」

イン「……そっか、それなら頑張りたいと思うのもわかるんだよ」

上条「…………救い……それに対する……感謝……。――――来た!」

神裂「っ!? 急に起き上がって……大丈夫なのですか?」

イン「とうま! いけるの!?」

上条「ああ……何とかな。それより…………神裂!!」

神裂「は、はい!」

上条「お前の悩みは……全部まるごと上条さんに任せろ! さあ、説教タイムの始まりだ!!」

神裂「…………説教?」




114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:08:11.88 ID:h8Eo/K7l0



上条「神裂、お前はそのお世話になったヤツにどんな事をしてもらったんだ?」

神裂「……それをあなたに言うのは、何だかおかしい気がするのですが」

上条「いいから答えろ!」

神裂「そ、そんな急に大声を出さないでください!」

上条「……悪ぃ、つい熱くなっちまって。頼む、そいつの事、俺に話してくれよ」

神裂「はあ……分かりました。最初は、私の大切な人を救っていただきました。
    それに関しては絶望していた私の前で、その方は一緒に助けようと言い、言葉通りその子を救ったのです」

上条「なるほど……他には無いのか?」

神裂「後は……私の大切な仲間を助けていただきました。それも一度ではありません。
    その方は自らの命の危険など顧みず、ただ誰かを助けたいと闘い続けたのです」

イン(あれ? それってもしかして……)




115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:09:03.94 ID:h8Eo/K7l0



神裂「そして、私自身もその方に助けていただきました。
    その時は動ける状態ではないにも関わらず、血を流しながらも敵の前に立ち向かったのです」

上条「何だかすげえヤツじゃねえか……そりゃお礼も言いたくなるよな」

神裂「……彼は気づいていないのでしょうか?」

イン「うん、信じられないかもしれないけど、鈍感に鈍感を重ねて鈍感をくっつけたくらいの鈍感さんだからね」

神裂「それは言いすぎでは……ないですね」

イン「言葉では語りつくせないんだよ」

上条「ん? お前達何の話をしてんだ?」




116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:09:42.49 ID:h8Eo/K7l0



上条「で、お前は今までどうやってお礼をしようとしたんだ?」

神裂「……それは言えません! それだけはあなたの前では絶対に言えません!」

上条「その反応……ずいぶん頑張ったみてえだな」

神裂「……ええ、私なりに頑張ったつもりです。
    しかし先ほども言いましたが、どうやら相手にとっては迷惑だったようで……」

上条「神裂がせっかく頑張ったのに、それを無碍にするとは……ひでえヤツだ、許せねえ!」

神裂「……これは、ボケというものですか?」

イン「本人は真剣なんだよ。ツッコんでも無駄だからね」




117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:12:06.43 ID:h8Eo/K7l0



上条「とりあえず整理すると、お前は感謝してもしきれない程の事をしてもらいながら、
    そのお礼がさっぱり出来ていないって事でいいな?」

神裂「まあ、簡単に言ってしまえばそうですね」

上条「それにしても……何回もお礼しようと頑張ったのに、全部失敗ってのは結構辛かっただろうな」

神裂「あっ、それが……その……」

上条「ん? 違うのか?」

神裂「実は……実際の所はまだ一回しか、その……お礼をしていなくて……」

上条「へ? 一回だけ?」

神裂「はい……何回かやろうとしたのですが、どうにも踏ん切りがつかなくてですね……」

上条「一回だけ……だとお!? おい、神裂。テメェは優しい説教で終わらせようと思ってたけど予定変更だ。
    テメェにはしっかりたっぷりお説教してやる!」




118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:13:03.51 ID:h8Eo/K7l0



上条「何だよそれ!? お世話になったヤツには何度も助けてもらいながら、テメェは一回しか頑張ってねえなんてよ!!」

神裂「そ、それは……確かにその通りなのですが……」

上条「頑張った? 迷惑がられた? そうじゃねえだろ!! 何でもっと努力しねえんだ!?」

神裂「わ、私にも色々思う所があるのです!」

上条「そんなの関係ねえだろが! テメェがどうとかじゃねえ、相手に何をするかが大事なんだろうが!!」

神裂「…………くっ」

イン(これはとうまの説教術の一つ……「一点突破」……!)

イン(一瞬の隙を見逃さず獣のように鋭く攻める……しかし、これは反撃に弱い……大丈夫なの、とうま!?)




119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:14:14.83 ID:h8Eo/K7l0



上条「なぜ一回で諦めた!? 何でもっと相手の事を考えてやれなかった!? 答えてみろよ、神裂!!」

神裂「……っせえんだよ」

イン(……何だか様子がおかしいんだよ)

上条「そいつは命を懸けてテメェを救ってくれたんだろ!? だったらもっと」






神裂「――――うるっせえんだよ、鈍感野郎が!!」






上条「……!?」

イン(やってしまったね……とうま、何とかこの反撃を耐えて……耐え抜いて!)




120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:14:57.74 ID:h8Eo/K7l0



神裂「私だって……私だってただ何もせず黙っていたわけではないんですよ!!
    お礼をしたい、必ずいつかお礼をしたい……でも、何が相手にとって喜ばれるのか分からない……。
    だから力を貸すと言った知り合いに助言され、悩み、そしてようやく決意して行動した! しかし……」

イン(激しい感情の放出……とうま、今は耐えるんだよ)

神裂「いざ相手に見せればこの世のものとは思えない顔をされ、挙句の果てにはトラウマ扱い……。
    そんなのって……そんなのってありますか!? 私が今まで苦しんできた過去、現実、
    それら全てをあの人は明るく照らしてくれた! それに対して私が感謝したいというのは間違いなのですか!?
    なぜ、私の気持ちを分かってくれないのですか! なぜ……なぜ……あなたは……!!」

上条「ふ、ざけんな……」

イン「とうま……?」

上条「ふざけてんじゃねえよ!!」

神裂「……っ!」




122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:16:34.71 ID:h8Eo/K7l0



上条「そんなのテメェの勝手な理屈じゃねえか! もう一度言う、テメェがどうとかじゃねえんだ!」

神裂「……だったらどうしろと言うのですか!! 私には、もう……無理なんですよ……」

上条「教えてやるよ神裂! 何をするかが問題じゃねえ……誰に対してお礼するかが一番大事なんだよ!」

神裂「誰に……対して……?」

上条「今のテメェは恥、失敗、そんな事しか考えられてねえ。それはテメェの問題で相手には関係無い。
    そして無駄なこだわり、それも必要ねえんだよ!!」

神裂「無駄なこだわりなんて……」

上条「やり方や質も確かに大事だよ。でもな、感謝する相手が第一なんだ……感謝するお前とその相手、
    テメェらだけが作れるその現実をもっと大切にしろよ!」

イン(考えてはいけない……冷静になってはいけない……でも、これは物凄くアレなんだよ)




123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:18:16.36 ID:h8Eo/K7l0



神裂「私達だけが作り出せる現実……それはいったい?」

上条「別に一回きりでお礼しなくても良いんだよ。何回も、お前の気が済むまで感謝し続けろ!
    断られても、嫌がられても、相手が笑顔になるまで諦めんな!」

神裂「…………あなたの言う通りかもしれませんね。それは素晴らしい考えです。
    しかし、私はもう……あんな顔をされるのは……」

上条「……怖いのか。拒否されるのが、否定されるのが怖いのかよ」

神裂「怖い……? なるほど、私は……恐怖していたのですか……」

上条「……それは悪い事じゃないさ。大丈夫だ、安心しろ」

神裂「教えてください、どうすれば……どうすれば!!」





上条「いいぜ、神裂火織。テメェが恐怖で何も出来ないって言うのなら――」





イン(私はこうやって真剣に生きるとうまが……今のとうまが……)

イン(だから、私はとうまを信じ続ける。……いつまでも、そしてこれからも)




124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:19:01.80 ID:h8Eo/K7l0








上条「――――まずは、そのふざけた原因をぶった切れ!!」





神裂「……!」








125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:19:56.99 ID:h8Eo/K7l0



神裂「その原因……」

上条「確かに一度目は駄目だったかもしれない。
    でもな、お前がもしもう一度心を込めて感謝の思いを伝えれば、きっと相手も笑顔になってくれるさ。」

神裂「私は……もう一度頑張っても良いのですか? 恐れずにまた努力しても良いのですか?」

上条「お前を躊躇わせている原因、恥や恐怖はもう忘れろ。大丈夫だ、俺を信じてくれ」

神裂「わかりました……もう一度、挑戦してみます!」

上条「神裂……! 俺も応援してるから、何かあったらまたいつでも来てくれよ」

神裂「ええ、また『すぐ』に伺います。それと最後に一つ聞きたいのですが」

上条「ん? 何だ?」




126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:21:23.87 ID:h8Eo/K7l0



神裂「もし、また同じ反応をされたら……七天七刀を抜いても、構いませんね?」

上条「えっ? 何でそれを俺に聞くんだ?」

神裂「いいから答えなさい、構いませんね?」

上条「は、ハイ、大丈夫だと思います……多分」

神裂「それだけ聞ければ安心です。感謝します、上条当麻」

上条「何かよく分かんねえけど、力になれたみたいで何よりです」

神裂「それでは私は『一旦』失礼します、それでは――」ダッ

上条「……窓から出てった。そんなに急いでたのかな」

イン「でも、なんだか覚悟を決めたって感じだったね」




127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:22:25.27 ID:h8Eo/K7l0



土御門の部屋(上条の部屋の隣)


土御門「一部始終聞かせてもらったが……とんでもないカオスだったにゃー」

土御門「カミやんにお礼するにはどうすれば良いかをカミやん本人に聞いて、
     お互いなぜか本気でキレる……それを止めない禁書目録、オレでもついていけないぜよ」

土御門「そしてこの流れ……ねーちんはおそらく」

バタン!

神裂「土御門! 頼みがあります!」

土御門「……『アレ』、の出番かにゃー?」

神裂「ええ……もう躊躇う必要はありません! 上条当麻がそう言ったのですから!」

土御門「わかったぜねーちん。さあ……これがオレに出せる最強の――」



『堕天使ドエロメイド――EXモード』






128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:23:24.38 ID:h8Eo/K7l0



イン「お疲れ様なんだよ、とうま」

上条「ああ、神裂がキレた時は焦ったな……でも何とかなって良かった良かった」

イン「そうだね、色々問題はあったけ」グー

イン「あっ……えっと……」

上条「何だよ、腹減ったのか?」

イン「う、うん……」

上条「よし、じゃあせっかくだし外にでも食べに行くか!」

イン「えっ? いいのとうま?」

上条「説教して俺も腹減ったところだったんだよ。行こうぜインデックス!」

イン「うん! しゅっぱーつ!」




129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:24:43.59 ID:h8Eo/K7l0



少し経って上条の部屋の前


神裂(少し時間がかかってしまいましたが、何とか着る事が出来ました)

神裂「上条当麻、受け取ってください。これが私の――本気です!」バキッ


神裂「失礼します! 上条と……あれ?」

神裂「誰も……居ない? どこかへ行ってしまったのでしょうか……せっかく着たのに」

神裂「しかし、鍵を開けっ放しとは不用心な……ん? この右手にあるのは……ドアノブ?」




神裂「…………また、借りが出来てしまいましたね」







130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:26:11.02 ID:h8Eo/K7l0



ファミレス

イン「いただきまーす! あむあむ、もぐもぐ」

上条「そんな慌てんなって。それよりも……末尾の時間ですよ!」

イン「えー……まだ、んぐんぐ、やるの?」

上条「口にソース付いてるぞ、よっと……よし、とれた」

イン「ありがとう! ねえとうま、まだ説教し足りないの?」

上条「正直に言うと、ここまでは準備運動だ。こっからが本番なんだよ!」

イン「……今でも十分おかしいから、これ以上はきついかも」

上条「ん? なんか言ったかインデックス?」

イン「何でもないんだよ」





131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:27:06.88 ID:h8Eo/K7l0



上条「さて今回は……こいつらの中から決めるぞ!」


末尾1、6→一方通行

末尾2、7→垣根帝督

末尾3、8→御坂美琴

末尾4、9→麦野沈利

末尾5、0→土御門元春


イン「この人達を選んだ理由は?」

上条「エンジンもかかってきたし、ちょっと無茶してもいけると思ってな」

イン「無茶? 大丈夫なの?」

上条「上条さん的には五分の三は茨の道だ」




133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:32:37.94 ID:h8Eo/K7l0



上条「よーし……末尾カモン!」


末尾1、6→一方通行

末尾2、7→垣根帝督

末尾3、8→御坂美琴

末尾4、9→麦野沈利

末尾5、0→土御門元春


イン「ちなみに上から二番目と四番目の人は誰?」

上条「実は俺も知らないんだよ。いいヤツだと良いんだけどな」

イン「そうだね。それと、今回は女の子も少ないし私としても安心なんだよ」

上条「ん? 何だそれ?」

イン(……このやり取りにも飽きてきたんだよ)



137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/04(土) 21:37:39.24 ID:h8Eo/K7l0



上条「……出ちまったか」

イン「むぎの、……下の名前はなんて読むのかな?」

上条「しず、り……? しかしこの人、誰なんだ?」

イン「うーん……優しい人だといいね」

上条「まっ、何とかなるだろ!」

イン「その意気なんだよ、とうま!」

上条「よーし、待ってろよ麦野とかいう人! 上条さんが今行くからな!!」

イン(……言うのはやめておいたけど、嫌な予感しかしないんだよ)



152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:29:42.15 ID:WdXvVC8+0



翌日


上条「さて、まずは麦野っていう人を見つけなくちゃいけない訳だが」

イン「さすがに知らない人だと探すのは難しいよね」

上条「そうなんだよな……そこで上条さんは考えました。あいつに調べてもらっちゃおうと」

イン「あいつ? 誰の事?」

上条「御坂だよ。あいつの能力なら学園都市にいるヤツなら何でも分かるはずだ、多分」

イン「短髪か……でも、それって大丈夫なの?」

上条「非合法だがこまけえこたぁいいんだよ。御坂ならきっと何とかしてくれるさ」

イン「うーん……いいのかな……?」

上条「説教には多少の犠牲はつきものなのですよ」




153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:30:46.49 ID:WdXvVC8+0



上条「という訳で御坂に電話してみるか……」プルル

美琴『もしもしっ!?』

イン(相変わらず出るのが早いんだよ)

上条「よーう、今大丈夫か?」

美琴『そ、そうね、ちょっと忙しいけど仕方ないから相手してあげるわよ』

上条「いや、忙しいならまた今度にするって前に言ったじゃないか。だからまた掛け直」

美琴『ウソ! ごめん! 物凄くヒマで立ち読みしてました! だから切っちゃダメえ!!』

上条「お、おう。それなら良いけど……何で嘘ついたんだ?」

美琴『……深くは追及しないで』




154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:31:53.23 ID:WdXvVC8+0



美琴『で、私に何の用なの? まさか……また黒子の居場所を聞きたいとか言わないでしょうね!?』

上条「違うって」

美琴『ホッ……じゃあ何よ』

上条「えーと、麦野しず……り、かな。それとも、しずとし?」

美琴『……何言ってんの?』

上条「ともかく麦野っていう人に会いたいんだが何の手掛かりも無くてさ。それでお前に聞いてみようと思って」

美琴『……はあ? 私は便利屋じゃないっつうの。麦野? そんな人知らな……ん?』

上条「お? もしかして心当たりでもある?」

美琴『ちょっと待ってね……えっと……確か……』

上条「頼む御坂、お前だけが頼りなんだ」

美琴『わ、私だけが頼り!?』




155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:32:57.31 ID:WdXvVC8+0



上条「上条さんにとって、御坂はかなり頼れるヤツって事で現在大注目なんですよ」

美琴『そ、そう。まあ、私の実力から考えても当然よね』

上条「という訳で、麦野って人について詳しく知りたいんだけど……助けてくれないか?」

美琴(アイツが私を頼ってくれてる……これに応えないわけにはいかないでしょう!)

美琴『いいわ、この美琴センセーに任せなさい!』

上条「おお! 心強いな、じゃあよろしく頼んだ!」

美琴『よーし! ちょっと時間を貰うわ、また後で連絡するから!』プツッ

上条「…………ちょろいな」

イン(短髪……ごめんね)




156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:34:36.50 ID:WdXvVC8+0



美琴(麦野……どこかで聞いた事ある名前ね……ちょっと調べてみるか)

――ただ今ハッキング中――

美琴(情報が漏れないようにかなりガードされてる……それ程の重要人物?)

美琴(……よし、見つけた。麦野沈利……ってこいつは!?)

美琴(まさかこうやってまた関わる事になるとは……第四位、『原子崩し』……!)

美琴(でもアイツ……何で第四位の事を知りたがってるの?)




157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:35:26.10 ID:WdXvVC8+0



上条「御坂はキチンとやってくれているだろうか」

イン「心配だね……」

上条「まあ、あいつなら大丈……おっ、噂をすれば何とやらだ。もしもし?」

美琴『私よ。アンタの言う、麦野沈利について色々分かったわ』

上条「さすが御坂! さっそく教えてくれ!」

美琴『……ねえ、アンタ。この人に何の用なの?』

上条「ん? ちょっと会って話をするだけだぞ」

美琴『何があったのかは知らないけど……悪い事は言わないから、麦野っていう人と関わるのだけはやめときなさい』

上条「へ? 何でだ?」




158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:36:15.08 ID:WdXvVC8+0



美琴『それは……えっと……ともかく! アンタはこんなヤツに関わらなくても良いのよ!』

上条「……何が言いたいのかは分かんねえが、俺はどうしても麦野って人に会わなきゃいけないんだ!」

美琴『どうしても……? アンタ、今度は何に巻き込まれてるのよ!?』

上条「……別に何もないさ。ただ、俺がそうしたいってだけなんだ」

美琴『……いつもいつもアンタは……そうやってまた、私に何も言わずに誰かのために戦うんでしょ!?』

上条「御坂、これは俺のわがままなんだ。頼む……今は黙って協力してくれ!」

美琴『……結局、アンタは何も変わらないのね。……いいわ、今から言うポイントに行けば会えるはずよ』

上条「ありがとう、御坂。じゃあ早速」

美琴『……! ヤバい、もう時間が無い! 今から一度だけ言うからしっかり覚えなさいよ! 良い!?』




159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:37:29.77 ID:WdXvVC8+0



上条「えっ? いきなりそんな事言われても……」

イン「貸してとうま! 私が代わりに覚えるから!」

美琴『この声は……! ええい、今はそんな時間も無い! 言うわよ!?』

イン「いつでもいいんだよ、短髪!」

美琴『短髪言うな! ええっと……ここだ! ポイントは――――――――――。第三学区の高層ビルの一つよ!』

イン「わかった、ありがとう短髪!」

美琴『美琴様と呼べ! やば……こっちも厄介な事になりそうだから切るわね!』プツッ

上条「……インデックス、ちゃんと覚えられたか?」

イン「私を誰だと思っているの、とうま?」

上条「だよな。……よし! 目標、麦野沈利に向けてしゅっぱーつ!!」




160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:38:24.23 ID:WdXvVC8+0



 第三学区 とある高層ビル内の一室


 浜面仕上は『アイテム』の隠れ家の一つに帰ってきた。

麦野「遅いよー浜面」

浜面「ああ……フレンダはどうしたんだ?」

麦野「消えた。敵に捕まったか死んだかも分からないわ。まっ、一人減ったところでやる事は変わらないから」

浜面「やる事……? これからどうするつもりなんだ?」

麦野「決まってるじゃない。今度はこっちが反撃する番、ムカつく第二位にたっぷりお返しって訳」

浜面「第二位?」

麦野「垣根帝督、『未元物質』とも呼ばれる超能力者で『スクール』を指揮しているクソ野郎だよ。……滝壺」

滝壺「わかった。……AIM拡散力場による検索を開始」

浜面(体晶……か)

滝壺「結論。『未元物質』は、この建物の中にいる」





161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:39:42.22 ID:WdXvVC8+0



 同時刻 とある高層ビルの入り口


上条「ここで間違いないのかインデックス?」

イン「うん、短髪のくれた情報によればここなんだよ」

上条「高級感バリバリって感じの建物……麦野って人はお金持ちなんだろうな」

イン「美味しいもの食べさせてくれるかな?」

上条「お前……初対面の人には失礼の無いようにしろよ」

イン(説教する方が何倍も失礼だと思うんだよ)

上条「さーて、早速中に……」

バガン!!

イン「うわっ!? 何の音!?」

上条「これは……爆発音!? いったい何が起きてるんだ!?」




162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:40:47.76 ID:WdXvVC8+0



麦野「『未元物質』……ッ!!」

垣根「俺には垣根帝督って名前があるんだが……まあいい。それより、どうよコレ?」

麦野「『ピンセット』か……」

垣根「カッコイーだろ。勝利宣言をしに来たぜ」

浜面「……クソッ、隠れ家までお見通しなのかよ」

垣根「いや、ここは簡単に見つけられたさ。俺達の『仲間』が教えてくれたからな」

絹旗「仲間……? いったい誰の事を」

垣根「フレンダ、って言えば分かるだろ。色々丁寧に教えてもらったって訳だ」

麦野「……チッ、絹旗!」

 麦野の呼びかけに応える代わりに絹旗は、数十キロはあると思われるテーブルを軽々持ち上げ、
それを物凄い勢いで垣根に投げつけた。バガン!! という轟音が響く。
それにもかかわらず、垣根に目立った外傷はなく、テーブルが粉々に砕け散っただけだった。

垣根「痛ってえな……ムカついた、まずはテメェから粉々にしてやるよ」

 その声を引き金に、『スクール』と『アイテム』の戦闘が再び始まった。




163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:41:30.61 ID:WdXvVC8+0



上条「また凄い音がした……どうなってんだよ!?」

イン「と、とうま。ここは危ないから逃げた方がいいんじゃ……」

上条「そういう訳にもいかねえだろ! とりあえず、音のした方へ向かうぞ!」

イン(うう……やっぱり私の嫌な予感は当たったんだよ)

上条「上の方か……エレベーターは危険だ、階段で上がるしかないな」

イン「階段で上まで行くの!? 物凄く大変なんだよ……」

上条「だったら俺一人で行く! それに、危ないからインデックスは先に帰ってろ!」

イン「むう……とうまを一人にはできないんだよ! 私もついていく!」




164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:42:32.06 ID:WdXvVC8+0



 二十五階 エレベーターホール


麦野「浜面! お前は滝壺を連れて逃げな! いいか、滝壺だけは死なすんじゃねえぞ!」

浜面「お、おい! お前はどうするんだよ!?」

麦野「私はフレンダのヤツを粛清しなきゃ気が済まねえんだよ……! 絶対逃がさねえ……」

浜面「そんな事言ってる場合じゃ……」

麦野「グズグズすんな! 絹旗が相手してる間にさっさと逃げろ、分かったな!」

浜面「麦野! ……行っちまったか。……ったく、そんな事してる場合じゃねえだろうが!」

滝壺「はまづら、むぎのを追いかける?」

浜面「……いや、今は麦野の言う通り逃げるしかねえ。絹旗が時間を稼いでる間に――」

垣根「絹旗ってのは、こいつの事か?」

浜面「……!」




165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:44:00.27 ID:WdXvVC8+0




 そう言って現れたのは第二位、垣根帝督。
 垣根はその左手に引きずっていた「何か」を浜面に向かって投げつけた。
浜面の足元まで転がってきたそれは、垣根と戦っていたはずの絹旗最愛であった。

浜面「絹旗!」

垣根「安心しろ、そいつはそんな事で死ぬようなヤツじゃない。それよりも……見つけたぜ、『能力追跡』」

浜面「なっ……! 狙いは滝壺か!?」

垣根「その通り、そっちのアンタは厄介な能力の持ち主だからな。さっさと始末して楽に決着付けてえんだよ」

 そう言いながら垣根は、少しずつ浜面達との距離を詰めていく。
その一歩一歩が重く、浜面達の全身に響き渡る。

垣根「しかし、『アイテム』っていう組織はマヌケの集まりだな」

浜面「……何が言いてえんだ」

垣根「そこのガキは能力の差なんか無視して俺に立ち向かってボロボロにされる。
    リーダーの第四位は自分の感情に流されて状況が見えてねえ。裏切り者の粛清なんて無駄な事を自分でやるとはな。
    しかし、あの金髪の女も可哀想だ。騙されて、味方の手で殺されるなんてよ」

浜面「……騙されて?」




166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:44:59.75 ID:WdXvVC8+0



浜面「おい! それはどういう事だ!?」

垣根「おっと、口が滑っちまったか。まあ、今から死ぬテメェらには関係ねえ話だけどな」

浜面「……クソっ!」

浜面(……目の前にはエレベーター……これに滝壺を乗せ、俺は足止め……そうすれば滝壺だけは逃げられるはずだ)

浜面「(滝壺、お前はエレベーターに乗って逃げろ)」

滝壺「(……でも、はまづら)」

浜面「(……どうせ俺にはもう、ロクな結末なんか待っていねえんだ。……だったら、最後ぐらいカッコつけさせろ!)」

垣根「別れの挨拶は済んだか? こっちも暇じゃねえからさっさとしてくれねえか?」

浜面「――――ッ!! 行け!!」




167: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:46:10.97 ID:WdXvVC8+0



 浜面は滝壺の小さな体をエレベーターへ突き飛ばそうとした。
しかし、滝壺は浜面の方へ手を伸ばし、浜面と体の位置を入れ替えるとそのまま浜面をエレベーターの中へ押し込んだ。
滝壺はすぐに手だけエレベーターに入れ、B1のボタンを押す。いきなりの滝壺の行動、浜面は何が起こったのかを理解できなかった。

浜面「テメェ、何してん――――」

滝壺「ごめん、はまづら。大丈夫。私は大能力者だから。無能力者のはまづらを、きっと守ってみせる」

浜面「……ッ!!」

 浜面が何かを言う前に扉は閉まり、高速エレベーターは地下へ降りて行った。
エレベーターの中で一人、浜面は滝壺の言葉を頭の中で思い出す。

浜面(能力者の連中は、俺達の命なんかどうでも良いって思ってたんじゃなかったのかよ……)

浜面「……ちくしょう。俺は、どうすれば良いんだよ……」




168: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:47:11.22 ID:WdXvVC8+0



 同ビル 十階


上条「さすがに階段は……はあ……キツイな……ふう……」

イン「と、とうま……やっぱりエレベーターを使おうよ……」

上条「だな……動いてれば良いんだけど……おっ、近くにあって良かった」

イン「どうやらちゃんと動いているみたいだね」

上条「上条さんにもたまにはラッキーな事があるんだな。よし、ボタンを押せばすぐ来るぞ」

イン(とうまにラッキー……有り得ないんだよ。おそらくこのエレベーターも……)

上条「さすが学園都市製だな。もう着いたぞ」

 そして上条達の目の前の扉が開いた。しかし、そこには――





169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:48:04.68 ID:WdXvVC8+0



??「君への用件は以上だ」

土御門『……それはどういう意味だ』

??「せっかくの機会だ。見逃すのは惜しい」

土御門『ふざけるな……幻想殺しを利用するにも程があるぞ!』

??「君の意見は求めていない。ただ、伝える事だけを頼んだつもりだ」

土御門『……追及する余裕が今は無い、お前の言う通りに上条当麻に伝えよう。
     しかし……後でそれに関しては必ず説明してもらうぞ』





170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:48:46.95 ID:WdXvVC8+0



美琴(ふう……あと一秒でも切るのが遅かったらバレてたわね)

美琴(麦野沈利、第四位の『原子崩し』……アイツ、今度は何をしようって言うの?)

美琴(……っつうか超能力者とアイツって……ガチンコバトルの未来しか見えないじゃない!)

美琴「あー! ダメだ、私も行く! 今度こそ直接助ける時が来たのよ御坂美琴!!」

美琴「そうと決まればアイツの場所を特定しなきゃ……よし、前々から考えていたあの方法を使う時が来たようね……」





171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/06(月) 19:49:43.26 ID:WdXvVC8+0




浜面(誰か押したのか……クソっ、こんな時に……!)

上条「誰か乗ってるみたいだな……って……ああ!?」

浜面「ん? なっ……!?」

上条「テメェはいつぞやのスキルアウト!」

浜面「テメェはあの時の無能力者……!」



上浜「どうしてこんな所に居るんだよ!?」





176: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:47:26.32 ID:fm2r4ojZ0



イン「……とうま、この人誰? 知り合い?」

上条「知り合いっつうかなんっつうか……顔見知り……?」

浜面「……出来ればテメェのツラは二度と見たくなかったけどな」

上条「……とりあえず、俺達はこのエレベーターに乗らなきゃいけないんだ。悪いがそこをどいてくれるか?」

浜面「……どこに行くつもりだ。このビルから爆発音がしたのが聞こえなかったのか!?」

上条「だからだよ。何か大変な事が起きてるってのは分かる……それでも、見過ごすわけにはいかねえだろうが」

浜面「ハッ……ここでも善人気取りか? 悪ぃがテメェなんかが行ってもどうしようもねえよ」

イン「ねえ、とうま……やっぱりここから出よう? むぎのっていう人ももう逃げちゃってるよ」

浜面「麦野……? おい、今麦野って言ったか!?」

上条「な、何だよ、急に大声出して」




177: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:47:53.33 ID:fm2r4ojZ0



浜面「テメェら……麦野に何の用だ! まさか、テメェも裏の人間なのか!?」

上条「……裏も何も、俺達は麦野って人に会って話したいだけだ。お前、麦野って人を知っているのか?」

浜面「……イヤっていう程にな。それと、麦野は今ここには居ねえよ」

上条「ここには居ない? じゃあちゃんと逃げられたって事か、それなら一安心だな」

浜面「……麦野の心配をしてんのか?」

上条「ああ、今から会いに行く人の事を心配して何かおかしいのか?」

浜面「……本当に何も知らねえんだな。悪い事は言わねえ、上には行くな。
    俺なんかの言う事なんか聞けねえかもしれないがな……。もし行ったら……死ぬぞ?」

上条「……死ぬ?」




178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:48:28.25 ID:fm2r4ojZ0



浜面「ああ、上に居るのは学園都市第二位、超能力者の垣根帝督……『未元物質』だ」

上条「超能力者……そいつがこの上で暴れてんのか?」

浜面「そういう事だ……だから俺達無能力者は尻尾巻いて逃げるしか――っておい! 何行こうとしてんだよ!?」

上条「たかが超能力者だろ? そんなので恐れてたら他の人を助けに行けないだろうが」

浜面「は、はあ!? 今、テメェ何っつった!?」

上条「たかが超能力者、って言っただけだろ。何驚いてんだよ」

浜面「……怖くねえのか? 超能力者だぞ!? 何もできないまま殺されちまうかもしれねえんだぞ!?」

上条「……死ぬのは確かに怖えな。でも、俺が逃げたら困る人が居るかもしれねえだろ?
    俺が逃げて誰かが酷い目に遭うくらいなら、この体くらいどうなっても良いだろうが」

浜面「なっ……! お前、馬鹿だろ!? 何言ってんのか――」

上条「いいからどけ、邪魔だ」





179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:49:07.55 ID:fm2r4ojZ0



浜面(何言ってんだこいつ……超能力者が怖くない? 他の人のため? ありえねえ……でも、こいつの目は本気だ)

イン「とうま……本当に行くの?」

上条「見過ごすわけにはいかねえだろ? そこのスキルアウト、お前も早く逃げろ」

浜面「何だよ……何だよそれ。怖くねえとか、それがどうしたとか、意味分かんねえだろ!」

上条「そうやってお前が思うならそれで良い。……でも俺は違う、ただそれだけの話だ」


浜面(違う……? 何が違うんだよ……俺とこいつの何が違うんだ! ……認めねえ、そんなの絶対ぇ認めねえ!!)

浜面(こんなカッコつけたヤツだけが上手くいくなんてよ……クソッたれが!!)





180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:49:51.73 ID:fm2r4ojZ0



浜面「……相変わらず、ふざけた野郎だよテメェは!! おい……テメェに頼みがある」

上条「……何だよ、時間がねえんだ。さっさと言え」

浜面「テメェの探している麦野は、さっきも言った通りここには居ねえ。
    あいつは……仲間を粛清するって言ってどっか行っちまった」

上条「粛清……!? おい、どういう事だそれ!?」

浜面「フレンダってヤツが裏切って、俺達の情報をリークしたらしい。……が、どうやら罠かもしれねえんだ」

上条「罠……」

浜面「ああ……確証は無い。だが、フレンダも俺にとっては仲間なんだ。……頼む、麦野を止めてくれ」

上条「……でも、その『未元物質』ってヤツはどうするんだ? 誰が行くんだよ?」

浜面「……それは俺の仕事だ、俺が向かう」





181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:50:23.36 ID:fm2r4ojZ0



上条「お前……相手は超能力者だ、死ぬかもしれねえぞ?」

浜面「その言葉、そっくりそのまま返すぜ。まあ、麦野も超能力者だ。……お互い状況は変わらねえ」

上条「……テメェにどういう事情があるのかは知らねえが……分かった、俺は麦野沈利を止める」

浜面「……ああ、頼む! 俺は……上に行ってくる」

上条「気を付けろよ、無能力者」

浜面「……そっちこそ、無能力者」





182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:52:22.65 ID:fm2r4ojZ0



イン「とうま……行くのは良いけど場所とかわかるの?」

上条「……言うタイミングを逃したが、さっぱり分からん」

イン「……勢いだけじゃ何も解決しないんだよ」

上条「むう……あいつに約束した手前、何とかしねえと……ん? 電話?」

土御門『よう、カミやん。元気してるかにゃー?』

上条「このタイミングで土御門……嫌な予感しかしないんだが」

土御門『まぁそう言うなって。……今カミやんが知りたい情報を教えてやろうと思って電話したぜよ』

上条「……知りたい情報?」





183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:53:05.52 ID:fm2r4ojZ0



土御門『今から情報を送る。そのポイントに向かえ、話しはそれだけだ』

上条「……またテメェはそうやって俺を厄介事に巻き込む訳だな」

土御門『今回はカミやんのせい、とだけ言っとくぜい。それと、カミやん』

上条「ん? 何だ?」

土御門『……ごめんな』

上条「テメェにそんな事言われると気持ち悪いな……まあいい、じゃあな土御門」

イン「誰だったの?」

上条「土御門だよ。情報……おっ、来た来た。……ここから少し離れた――」





184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:53:59.41 ID:fm2r4ojZ0




 浜面はエレベーターで二十五階に再び戻り、その光景に愕然とする。


垣根「何だよ。戻ってきちまったのか」

浜面「た、滝壺!! ……テメェ!」

垣根「おー怖え。安心しろ、そいつも死んじゃいねえよ。でもまあ、結構頑張ったぜこいつ。
    この第二位相手に善戦したんだ、後で褒めてやれば良いんじゃねえ?」

浜面(クソッ……この野郎……! だがまともにやっても勝ち目なんてねえ……どうする)

垣根「さて……テメェを殺すつもりも無いし、今はこいつのせいで能力が暴走する可能性もある。
    喜べ、見逃してやるよ。そいつら連れてさっさと消えろ」

浜面(今こいつは何て言った……? 見逃す……?)

垣根「どうせその様子じゃ『能力追跡』はもう駄目だ。次能力を使ったら死んじまうかもな。
    それに……あの雑魚ももうすぐ瓦礫の山に埋もれるんだ」

浜面「……おい! 瓦礫って何だよ!? まさか……」

垣根「建物一つで超能力者一人、安い買い物だろ? 上に何言われるか分かんねえが、知ったこっちゃねえ」

浜面「テメェら……フレンダを餌にして麦野を……!」

垣根「こんなに予定通りに行くと気持ち悪いがな。……止められるか、雑魚野郎? 俺はもう行くが、せいぜい頑張れよ」


 そう言って垣根はエレベーターに乗り、浜面の前から姿を消した。
後に残ったのは、倒れた少女二人と立ち尽くす男だけだった。





185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:55:32.25 ID:fm2r4ojZ0




 とある廃ビルの中の一室に、二人の女が座っていた。
一人は『アイテム』の構成員、フレンダ。もう一人は『スクール』の構成員、『心理定規』。
二人は同じようにただ座っているだけなのだが、明らかに違う点がある。
フレンダは椅子に手錠、鎖等で拘束され身動きが取れない。
そこに、その椅子を揺るがすほどの衝撃音が今にも崩れそうなビルに響き渡った。


フレンダ「うわっ!? ……何か今、物凄い音しなかった?」

心理定規「そうね、何かあったのかしら?」

心理定規(……来たわね、『原子崩し』)

フレンダ「ところでさ……結局、いつになったら私への疑いは晴れるって訳?」

心理定規「そうね……もう少し、ってとこかしら」

フレンダ「それ本当……? そろそろこの体勢も辛くなってきたんだけど……」

心理定規「もうちょっとだけ我慢してね。……さて、私はちょっと失礼するわ」

フレンダ「もう……仲間のくせに薄情って訳よ」

心理定規(バイバイ、あっちに行っても……恨まないでね?)





186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:56:40.97 ID:fm2r4ojZ0




 その衝撃音の原因は、廃ビルの入り口に居た一人の女性であった。
第四位、麦野沈利。『原子崩し』と呼ばれる彼女は光線を生み出す事が出来る。
正式な分類は粒機波形高速砲、それが持つ威力はこの様なビルなど数発で崩してしまうだろう。
しかし、麦野はその合理的な行動を否定し、あくまでもフレンダを目の前で、そして自らの手で粛清する事に固執している。


麦野「……下には居ねえ。だったら……上か」

麦野「フレンダ……楽には死なせない、覚悟しとけよ……!」


 届くはずのない言葉を呟きながら、薄暗い階段を麦野は上っていく。
このビルの階数は五階、その一番上にフレンダはいる。
彼女は何を待っている訳では無い。恐らく、麦野が目の前に現れても恐怖はしないだろう。

 違和感にはまだ、誰も気づいていない。





187: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:57:41.68 ID:fm2r4ojZ0



 少し経ってから、その廃ビルに上条とインデックスはたどり着いた。
二人はまだ何が起きているかを知らず、麦野とフレンダについての情報も無い。


上条「ここか……行くぞインデックス!」

イン「う、うん……でも、この建物……今にも崩れそうで怖いかも」

上条「それでも行くんだ……あのスキルアウトとも約束したからな」

イン「とうま……」

上条「……急ごう、取り返しのつかない事になる前に」





188: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:58:40.41 ID:fm2r4ojZ0



フレンダ「……はあ、私にスパイの疑いがあるとか……麦野も冗談がきついって訳よ」


 その部屋にはフレンダの溜め息だけが聞こえていたが、そこに一つの足音が混じる。


フレンダ(……誰か来た? ってあれは……)

麦野「元気そうじゃない、フレンダ」

フレンダ「麦野! もう、私をこんな目に遭わせるとか酷いって訳よ。……あれ? 何でそんなボロボロなの?」

麦野「……その態度、ムカつくよ。アンタ……覚悟はできてるわよね?」

フレンダ「か、覚悟? 何の事かさっぱり分からないんだけど」

麦野「……とぼけてんじゃねえこのクソ売女がァ!!」

フレンダ「っ!? む、麦野……? どうしちゃったの……?」

麦野「もういい、消えろフレンダ。――真っ二つにしてやる」


 麦野とフレンダの距離は十メートル、刃物ではこの距離を埋めることはできず真っ二つというのは不可能だ。
しかし、麦野の能力はそれを可能にする。まるでゲームでもするかのように麦野は狙いを定めた。





189: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 05:59:32.68 ID:fm2r4ojZ0



フレンダ「な、何をする気!?」

麦野「うるせえ、黙って死ねよ。フレンダ」


 光が麦野の手の付近に生まれ形を成す。それをフレンダはただ黙して見る事しか出来ない。
フレンダの頭の中で巡るのは死への恐怖、そして麦野の突然の行動によって起きた混乱。


フレンダ(何で……何で私が殺されなきゃいけないって訳……!? 麦野……!)

麦野「――じゃあな」


 その一言とともに一筋の光線が麦野から放たれた。
目では捉えられない程の速度で光線はフレンダに向かっていく。フレンダの死は、最早揺るぎない。

 しかし、その光線が放たれる寸前、少女の目の前に一人の男が駆け込んだ。
その男は右手を前に突き出し光線を迎え撃つ。当然、その男は光線により悲惨な末路をたどるはずである。

 だが、奇跡が起きた。いや、分かり切っていた事だから奇跡では無い。


上条「……間に合ったみてえだな」


 その男――上条当麻の右手は、異能の力を問答無用で打ち消す。





190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/07(火) 06:00:47.04 ID:fm2r4ojZ0



フレンダ「き、消えた?」

麦野「テメェ……誰だ!? 何しやがったこのクソがぁ!!」

上条「……あんたが麦野沈利か?」

麦野「……だったらどうするんだよ? テメェは何しにここに来たんだ! あぁ!?」

上条「何しに来た、か……そうだな、簡単に言えば」


 少年は何のためにここに来たのか。その身の持つ不幸体質ゆえ巻き込まれたからか。
いつもの様に何も考えず事件の中心に来てしまっただけなのか。否、上条当麻には三つの目的があった。

 一つは、あのチンピラとの約束を守るため。
 一つは、誰にも悲しい思いをさせないため。
 そしてもう一つは――



上条「――テメェに説教するためだ、麦野沈利」





207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:20:39.09 ID:humQ1rYV0



麦野「……はあ? 説教……?」

上条「ああ、どんなヤツかと思ってたら、これは説教のし甲斐がありそうだ……!」

麦野「……ふざけてんじゃねえぞクソ野郎がァ!!」

 
 上条の言葉の意味など当然理解できず、麦野は叫びながら光線を上条に向かって発射した。
先ほどフレンダに向けて撃った時よりも、その威力は明らかに上であると目でも判断できる。

 だが、それでも上条は逃げようとしない。動かずにただ、右手を前に突き出すのみ。
そしてその右手は何かが壊れる様な音とともに、再び麦野の攻撃を無効化する。


麦野「……予定変更。フレンダよりも先にアンタをぶっ殺してやるよ、感謝しな」

上条「……俺は戦いに来たんじゃない、テメェと話したくてここに来たんだ」

麦野「話したくて? 何それ……私を馬鹿にしてるのかしら?」

上条「俺は本気だ、なあ、少しで良いんだ。話を聞いてくれないか?」

麦野「へえ、裏の世界に来て話、ねえ……舐めた事言ってんじゃねえよ!!」


 またもや撃ち出される一筋の閃光。狙いは言うまでもなく上条である。


上条「……何度やっても無駄だ、テメェの攻撃なんて効かねえよ!」

麦野「……良いじゃない、楽しくなってきたよ。どうせ殺すならそれ位が丁度良い」

上条「……殺し合いなんてするつもりねえっつうのに、いい加減話を聞け!」

麦野「いいよ、話を聞いてあげても。……ただ、テメェが生き残れたらなァ!!」







208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:22:29.63 ID:humQ1rYV0



フレンダ「ど、どうなってるの……? 麦野は私を殺そうとしてるし、それにあの男は……いったい?」

イン「……大丈夫?」

フレンダ「へっ? うわっ! ……えーと、誰?」

イン「あなたを助けに来たんだよ。ちょっと待っててね……よいしょ」

フレンダ「ちょ、ちょっといい? 結局、何が起きてるって訳よ?」

イン「今、あなたが裏切って情報を流したから、あなたの仲間が大変な事になってるんだよ」

フレンダ「はあ!? 何それ、私が裏切った!?」

イン「うん、あの女の人はそれが許せなくてここまで来たみたい」

フレンダ「裏切ったって……私は仲間としか話してないって訳よ!?」

イン「えっ……? それ本当なの?」







209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:23:08.09 ID:humQ1rYV0



麦野「……単発だとその右手で防がれちまうみたいね。……だったら、こういうのはどう?」


 そう言うと麦野は光を周囲に形成し、照準を定める。その光の数は、六つ。


上条「なっ……! 一発一発しか撃てねえんじゃねえのか!?」

麦野「覚えておきな、超能力者ってのは化け物なのよ。……死ね」


 複数の光線が同時に上条に襲いかかる。その狙いは上条の頭、胴体、足、と正確に捉えていた。
その脅威にいち早く気付いた上条は放たれる前に身を伏せ、辛うじて五つの光線を避ける。
残りひとつは躱しきれず、その右手で防ぎすべての攻撃から身を守った。


上条(あ、危ねえ……何だよアレ!? ヤバい、どこかで隙を見つけて何とかしねえと……)

麦野「おいおい、何無様な動きしてんだよ。ほら、……楽しませろよ雑魚がァ!!」

上条(一発……これなら右手で……違う! 本命はこれじゃない、次の一発だ……!)


 その結論を瞬時に導き出し、一発目を右手で打ち消した後、すぐに二発目にも対応する。
麦野はその上条の動きを眺めながら笑みを浮かべていた。


麦野「良いねアンタ、超能力者に対してその立ち回り。……テメェの体を穴だらけにしてやりたくなってきたよ」

上条「はあ……はあ……そんなの絶対嫌だっつうの!!」







210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:24:20.00 ID:humQ1rYV0



麦野「平和ボケしたクソ野郎かと思ったけど、その様子だとずいぶん戦いなれてるみたいね」

上条「……おかげ様で、そういう経験はたっぷりあるもんでね」

麦野「うんうん、超能力者相手に頑張ってるアンタに私からご褒美をあげるわ」


 麦野が取り出したものは一枚のカードのようなもの。
何に使うかは不明だが、上条は経験則からそれが自分にとって害をなすものでしかないと確信した。


上条(何だよアレ……絶対危ないやつだろ!? あのキラキラ光る何かが気になる……。
    まるでミラーボールみてえだな……光……まさか!?)

麦野「受け取りな、――穴だらけになっちまえ」


 麦野はそのカードのようなものを空中に放り投げた。そこに向かって一筋の光線が発射される。
そして次の瞬間――


 雨のように光線が周囲に広がった。


上条「……っ!? やべえ!? クソッ……! おあああああ!!!」


 十から二十程はあろう光線の雨。上条はギリギリで躱せるポイントを見つけ滑り込み、
そこで右手を広げこれを奇跡的に無傷でやり過ごす。


麦野「へー、これも駄目……合格ってところかな。でも、さすがに粘りすぎかしら?」







211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:26:51.07 ID:humQ1rYV0



イン「よいしょ……これで動けると思うんだよ」

フレンダ「……鎖を解くって、何者? そういう系の専門家?」

イン「イギリスで使われているのに比べたら、こんなの子供のおもちゃだからね。さすがに手錠は無理だけど……」

フレンダ「へ、へえ……。それにしても、あのツンツン頭の男は何者な訳? 麦野の攻撃を打ち消すとか……」

イン「とうまは強いんだよ! れべるふぁいぶなんて目じゃないかも!」

フレンダ「……何その自信。よく分からないけど……結局、助かったのかな?」

イン「ねえ、あなたは誰にこんな事をされたの? 縛り付けるなんて相当酷いと思うんだよ」

フレンダ「うーん……私にも分からないんだけど仲間に急にこうされたって訳よ」

イン「それ、本当に仲間なの? 私にはそうは思えないかも」

フレンダ「いや、確かに仲間だった。でも変なんだけど、今日初めて会ったのに何故か仲間って判断できたんだよね」

イン(……もしかして、幻術?)

イン「ともかく……ここは危ないから離れた方がいいと思うんだよ」

フレンダ「……結局、今はそれが一番かもね」







212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:27:47.86 ID:humQ1rYV0



上条「……さすが超能力者、はあ……はあ……色々出来るんだな」

麦野「『拡散支援半導体』……これさえあれば光線を拡散して、何人敵が来ても一発で終了って訳。
    ああ、悪いけど、あの一発だけで無くなるほど甘くねえぞ。テメェが死ぬまで何発でも撃ってやる」

上条(ここまで逃げるので精一杯……とてもじゃねえが反撃できるような余裕はねえ……)

麦野「誇っていいわよ。ここまで手こずらせたのは学園都市の中でも第二位と第三位しかいないから。
    アンタはその超能力者と戦った、ってあの世で自慢してみたらいいんじゃない?」

上条「悪いが、まだ死んでやるつもりはこれっぽっちもねえんだよ……!」

麦野「いい度胸ね……一応聞いてあげるわ。アンタ、大能力者? まあ、それ位は当然――」

上条「無能力者だ」

麦野「……はあ?」

上条「聞こえなかったのか? 俺は無能力者だっつってんだよ」

麦野「……無能力者、か。ずいぶんヘタクソな冗談ね」

上条「悪いが、正真正銘の無能力者だ……自分で言って悲しくなるっつうの」


 上条は無能力者であるが、その事実は今この場では何の意味も持たない。
しかし、それは麦野の様子を急変させるには十分であった。





213: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:28:38.36 ID:humQ1rYV0



麦野「……じゃあ何? 私は無能力者ごときにこんな手こずってるって言いたいのか?
    これからフレンダもテメェもぶっ殺して、クソみてえな第二位をぶっ倒しに行く私が無能力者ごときに?」

上条「……何が言いてえのかは分かんねえけど、そういう事になるんじゃねえか?」


麦野「……無能力者のゴミ屑が、超能力者様の邪魔してんじゃねえぇぇぇよォ!!」


上条「……!? な、何言ってんだ?」

麦野「テメェらは生きる価値もねえゴミなんだよ! そのゴミが私の目の前で偉そうに戦おうとなんかすんじゃねえ!!
    クズは死ぬまでこき使われてそのまま死んじまえば良いんだよォォォ!!」


 麦野の突然かつ理不尽な激昂に対して、上条はただ困惑するしかなかった。
そのまま麦野は猛然と上条に走り込み、右脚を後ろに引きそして、


麦野「このクズがぁッ!」

上条「がほっ……ぐっ……」


 麦野の重い蹴りが上条の体を吹き飛ばした。そのまま上条は二メートル程飛ばされ地面に衝突する。
先ほどとは全く異なる肉弾戦。何故、麦野はいきなりこの様な行動をとったのか。
それは、無能力者ごときに能力を使うのが許せないから、自分と対等なものとしてしまうのを認めたくないからだ。


麦野「テメェなんかに能力使ってた自分がバカみてえだ……このまま死ねよ、クソ無能力者」

上条「ごはっ……な、何で急に……」

麦野「黙れ、最後に黒焦げにしてやるから感謝しな」







214: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 06:30:13.61 ID:humQ1rYV0



 上条を蹴り飛ばし、五メートル程離れた所から麦野は狙いを定めた。
しかし、打ち所が悪かったのか横たわったまま上条は動かない。このままだと上条に訪れるのは――死。


麦野「今度こそサヨナラだ、ゴ……っ!?」


 そこに響き渡るのは、一つの轟音。正体不明の一撃が麦野を襲う。
麦野はそれをかろうじて回避し、結果的に光線を発射することは出来なかった。
では、このビルが揺れるほどの衝撃は誰が生み出したのか。その人物に、上条と麦野は心当たりがあった。


麦野「ハッ……まさかこんな所で会うとはね。……忌々しい第三位様よォ!?」




美琴「久しぶりね、第四位……『原子崩し』」







216: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 09:29:58.50 ID:humQ1rYV0



上条「……御坂!?」

美琴「アンタは相変わらずまたそうやって……でも、安心しなさい。今度こそ……私が力になるから」

麦野「久しぶりだね……『超電磁砲』」

美琴「私としては、もう二度とアンタになんか会いたくなかったけど……」

麦野「だったら大人しく尻尾振って帰れば良いんじゃねえか?
    まっ、後ろ向いた瞬間……その背中を穴だらけにしてやるけどなぁ!!」

美琴「いい度胸ね、一度私に負けたくせに……それとも、また負けて惨めな気持ちになりたいのかしら?」

麦野「……今日は最高に良い日だ。ムカつくヤツらをみんな殺せる……まずはテメェだ第三位!」

美琴「……チッ、ねえアンタ大丈夫? 立てる?」

上条「ああ……やっと意識がはっきりしてきた。それよりお前……大丈夫なのか?」

美琴「超能力者は超能力者が相手をするのが一番でしょ? アンタもたまには観戦してても良いのよ」

麦野「ゴチャゴチャ言ってんじゃねえよクソガキがぁぁ!!」


 怒りに任せ美琴に光線を数発放つ麦野。その一撃は、やはり超能力者だという事を再確認させる程の威力を持っている。
だが、その小細工の無い直線的な攻撃はこの二人に対しては無意味だ。なぜなら、


上条「おいおい、忘れたのか? この右手の前じゃ、テメェの攻撃なんか意味ないってさ」

麦野「……ふざけやがってゴミど」

美琴「よそ見してたら、危ないわよ?」

麦野「……っ! クソッ……」


 麦野の攻撃を上条が防ぎ、その攻撃の隙を狙い美琴が電撃を放つ。
上条当麻の右手、『幻想殺し』はこの都市においての『天災』であると共に、全ての能力から身を守る強大な盾である。
その盾を手に入れた超能力者は、もしかしたら今この時だけは最強なのかもしれない。






217: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 09:30:34.67 ID:humQ1rYV0



麦野「雑魚が……一人だろうが二人だろうがまとめて消してやる」

美琴「今の状況分かってんの? あの時はそっちが二人組だった分、こっちもお返しさせてもらうわよ」

麦野「その言い方……もう買った気でいんのかコラァ! 余裕ぶってんじゃねえぞクソガキ共ォ!!
    今からテメェの×××にもう一つ穴開けて使いやすくしてやるからよ……!!」


 怒りに身を任せながらも麦野の攻撃は的確であり、上条はギリギリのところで防いでいるというのが現状だ。
少しでも隙を見せようものなら一瞬で命を奪われるだろう。二対一であってもこの状況を維持できるのは、
麦野が裏の世界での汚れた闘いに慣れているからであり、普通の人間にはついていくことは不可能であろう。


麦野「笑わせんな、防ぐだけで精一杯かぁ!? だったら……」

上条「御坂! あのカードは使わせたらマズイ、何とかしてくれ!」

美琴「分かってるつう――っ!?」


 麦野が空中に投げたカードを美琴は電撃で落とそうとする。
しかし、電撃を放つその前に美琴は違和感を感じた。その違和感とは、見えないところからの殺気であった。
そのせいで美琴は電撃を放つのではなく身を守る事を優先した。実際、その判断は正しかったと言える。
美琴と上条を狙う鈍く光る拳銃の存在――ドレスの少女が彼らを陰から狙っていた。


上条「なっ……どうした御坂!?」

美琴「目の前だけじゃない……狙われてる……!」







218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 09:32:14.76 ID:humQ1rYV0



麦野「よそ見してんじゃねえぞ!! ……とっておきだ、避けてみな」

上条「カードが……五枚!? まさか――」


 麦野が空中に投げたカードは一枚ではなく、五枚のカードが宙を舞った。
それぞれが違った動きをする中から、麦野は三つのカードを選びそこに目がけて光線を発射した。
その結果、五十を超える光線が前方のあらゆる角度から二人に襲い掛かる。


上条(……避けきれねえ……御坂!?)

美琴「超電磁砲を……舐めんなああああ!!」

 
 美琴は叫びながらその光線に対抗するように、電撃を前方にあらん限りの力で放つ。
その電撃が光線に干渉し、二人に向けられていたそれらは全て逸れ、脆くなったビルの壁に複数の穴をあけた。


麦野「チッ……こればかりは相性ってヤツを認めねえとな……本当に忌々しいガキだ」

美琴「……はあ……はあ、今のは……危なかったけどね……!」


 麦野は複数のカードの中から自分に被害の出ない角度のものを的確に選び、
美琴は上条に被害の出ない範囲で最大限の電撃を放った。
それぞれがわずか数秒でこれらを成功させる事からも、超能力者というものがいかに化け物じみているかが窺える。







223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:53:36.54 ID:XicBna1G0



麦野(クソッ……面倒くせえ、このクソガキ共をどうにかして楽に殺すやり方は……あ?)


 様々な方法を思案しているそのさなか、麦野の意識はある音に集中した。
その音とは、先程から凄まじい威力の電撃や光線の被害を受けていたビルのミシミシ、という悲鳴であった。
超能力者という化け物の攻撃が、崩れかかった廃ビルにとどめを刺すのは時間の問題だと思われる。


麦野(これを利用しない手は無いわね……生き埋めか、潰れるか……面白いじゃない。
    仮に生き延びても、一人ずつ……ブチ殺す)

上条「(御坂……どうする?)」

美琴「(次の相手の攻撃の隙を突いて……決める)」


 相手との間合いを取りながら、上条と美琴は相手の攻撃を待つ。
次の一瞬で勝負が決まるであろうというのが二人の予想であったが、麦野の考えはそれとはまったく正反対のものであった。


麦野「よーく分かったわ。その目障りな姿も耳障りな声も、全て埋めちまえば良い」

上条「……埋める? 何をするつもりだ?」

麦野「それは……こういう事だよ!!」


 麦野は二人にではなく天井目掛けて幾つもの光線を放つ。
一発一発天井に当たるたびに衝撃音が響き、大きくビルを揺らがす。


上条「なっ……!? 何してんだテメェ!?」

麦野「おいおい、そんな事言ってる余裕なんかねえぞゴミ。ほら、上」

美琴「上……崩れる!? アンタ、これを狙って……!」

麦野「どう? なかなか楽しいイベントでしょ? さあ、無様に生き延びようと足掻いてみな」


 その言葉を最後に三人の、頭上に瓦礫が落下し始め天井は崩壊していった。。
戦闘が行われていた部屋の面影は跡形もなくなり、大量の瓦礫だけが残されただけであった。





224: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:54:13.99 ID:XicBna1G0



イン「……っ! 凄い音……」

フレンダ「さっきの部屋の方からみたいだったけど……大丈夫かな」

イン「とりあえず、何とかしてここから脱出しないと……」

フレンダ「ごめんね……手にも足にも手錠されて上手く歩けなくて」

イン「大丈夫、何も気にしなくていいかも。私はシスターさんだから、困った人を助けるのは当然なんだよ」

フレンダ「……ありがとう。でも……結局、ここも崩れちゃうかもしれないから急がないとヤバいって訳よ」

イン「そうだね、早くしないと……誰!?」

フレンダ「えっ!? 何? 誰かいる訳!?」

上条「その声……インデックスか!?」

イン「と、とうまなの!?」





225: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:54:46.25 ID:XicBna1G0



イン「とうま! 大丈夫!?」

上条「ああ、あの部屋は天井が崩れちまって生き埋めになりかけたけど……なんとか逃げられた」

フレンダ「で、でも足から血が……」

上条「さすがに無傷で脱出、って訳にはいかなくてさ……まあ、大丈夫だ」

イン「とうま……無茶はしないでね?」

上条「そうしたいのは山々だけど……今更だよな……。ところで、そっちの金髪の女の子は大丈夫だったのか?」

フレンダ「へっ? 私? 私はこのシスターのおかげで何とか逃げられたって訳よ」

上条「そうか……あんたが裏切り者のフレンダか?」

フレンダ「……それ、麦野にも言われたけど……結局、何が何だかさっぱりって訳」

上条「嘘を言ってるようには聞こえないな……」

イン「……ねえ、とうま。試してみたい事があるんだけど」





226: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:55:36.61 ID:XicBna1G0




美琴「痛た……あの女、ずいぶん派手な事してくれたわね」

美琴(でも、あんな手段に出るようなヤツじゃないと思ってたんだけど……もっと直接的な方法で来るというか……っ!)

美琴(まさか、狙いは……分断!? アイツと私を離れさせて一人ずつ……やられたか)

美琴「そうと分かれば、一刻も早くアイツを見つけないと……」


「あら、無事に逃げられたみたいね。さすがは第三位ってところかしら」


美琴「……誰!? もしかして、さっき私を撃とうとした……」

心理定規「その通りよ。初めまして、『超電磁砲』」

美琴「へえ……ずいぶんいい趣味してるじゃない、そのドレス」

心理定規「そうかしら? でも、褒めてもらって悪い気はしないわね」

美琴「だけど、そのままだと少し微妙ね。……私が真っ黒にしてあげようか?」

心理定規「魅力的な提案だけど……丁重にお断りさせてもらうわ」





227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:56:52.27 ID:XicBna1G0



上条「……この女の子の頭を触れって?」

イン「うん、私の予想が正しければ多分……」

上条「分かった、じゃあちょっと失礼するぞ?」

フレンダ「えっ? な、何をする気な訳?」

上条「動くなよ……。……っ!?」


 フレンダの頭に上条の手が触れた時、何かを壊すような音が響いた。
その音は上条の右手、「幻想殺し」がその力を発動させた事によって発せられたものだ。


上条「幻想殺しが……どういう事だ、インデックス?」

イン「この人の話を聞いてたんだけど、おかしな事がたくさんあったんだよ。仲間にしか話していない、
    でも仲間に捕えられている。そしてこの人は裏切ったと言われていた。そこから考えると……」

上条「……何らかの能力にやられてたって事か。それで情報も隠さずに伝えちまったんだな」

フレンダ「何それ……。結局、私は利用されたって訳……?」

上条「ずいぶんな事をしてくれるじゃねえか……! なあ、心当たりとかはねえのか?
    何か仕掛けようとしてきたヤツとか、何か怪しい道具を持ったヤツとかさ」

フレンダ「……ドレスを着た女。そいつに何かされたような……」

上条「その女が怪しいな……まだこのビルに潜んでるかもしれねえ。お前達、気を付けて逃げろよ」

イン「お前達って……とうまはどうする気なの?」

上条「決まってんだろ。……麦野沈利に、しっかりたっぷり説教してやるんだよ!」

フレンダ「せ、説教……? ……助けてもらってなんだけど、何言ってんのこの人?」

イン「……ごめんね、本人はいたって真面目だから余計にたちが悪いんだよ」





228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:57:30.55 ID:XicBna1G0



美琴「さーて、アンタがどういう能力を使うかは分からないけど……さっさと終わらせるわよ」

心理定規「そんなに焦らないでもらえる? それに……私一人で相手をするにはもったいないわ」


 ドレスの少女の言葉に呼応するかのように、武装した男が二人現れた。
手にしているのは両手で抱えるのがやっとと見える、大きめの銃器。


美琴「悪いけど、そんなオモチャ持ってきても無意味よ。大人しく帰った方が身のため……さあ、どうする?」

心理定規(第三位と言っても所詮は人間、それにこの女は暗部とは関係がない。それなら……楽勝ね)

美琴「……急に黙っちゃって、何考えてるか分かんないけど無駄な事はしない方が良いわよ」

心理定規「そんな強がりを言えるのも今のうちよ。あなたとこの男、その距離は……っ!?」


 ドレスの少女は自身の能力名にもある通り、美琴と武装した男一人の間にある心の距離を測ろうとした。
その答えは言うまでもなく、「他人」であったり「敵」と言ったくらいの距離であろう。
しかし、すぐに少女は異変に気づく。美琴の心理に作用することが、できない。


心理定規(ど、どういう事……? あの女、何か……いったい……?)

美琴「……ねえ、急に顔真っ青にしちゃってどうしたの? 何もしないならビリビリっとやっちゃうわよ?」

心理定規「いえ、何かの間違いのはず……そうでなきゃ、こんな事が……!」

美琴「もしもーし? 聞こえてますかー?」





229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:58:01.53 ID:XicBna1G0



心理定規「……駄目、何度試しても上手くいかない……」

美琴「あ、さてはアンタ……精神系の能力者でしょ」

心理定規「……っ、答える必要は無いわ」

美琴「いや、無理しなくてもいいって。それと、言っておくけど何度やっても無駄だからね」

心理定規「……!? どういう事かしら……?」

美琴「……『心理掌握』。この名前は精神系の能力者なら知ってるはずよね」

心理定規「『心理掌握』……精神系能力者では学園都市最強の超能力者……それが何の関係があるのかしら?」

美琴「うん、簡単に言うとね――私は『心理掌握』の能力による干渉を防ぐ事ができる」

心理定規「……!? だったら私の能力も……そ、そんな……」

美琴「という訳だから、ごめんなさいね? ……よいしょっと!」


 美琴の少しふざけた掛け声とともに三人に対して電撃が放たれた。
何の抵抗もできず、体に痺れを感じながらその三人は倒れてしまう。結論を言えば、美琴の圧倒的勝利だ。


美琴「さて……アイツ、無茶してなければ良いけど」





230: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/08(水) 23:59:20.12 ID:XicBna1G0



 一方その頃、「アイツ」は――。


上条「……ちょっと痛むかもしれねえけど、良いか?」

フレンダ「う、うん……でも、出来れば優しくしてほしいって訳よ……」

上条「ああ、俺に任せてくれ。……少し、力を抜いてくれるか? それだと余計に痛むぞ?」

フレンダ「……力を抜いて……ふう……。じゃあ、お願い」

上条「よし……いくぞ?」

フレンダ「こ、怖いから早くしてほしいって訳よ……」

上条「そんなに足を動かすなよ……じゃあ、……ふんっ!」

フレンダ「……っ! ……結局、痛いものは痛いね」

上条「悪い……でも、こうしないと楽にならないぞ?」

フレンダ「うん……分かってるから、早く済ませて……」

上条「そうだな……ふんっ!」

フレンダ「くうっ……痛い……」

上条「我慢しろって……痛いのは今だけだからさ」

フレンダ「でも……打ち付けられる度に衝撃が……」

上条「……大丈夫だ、俺を信じてくれ」



イン(とうまがコンクリートの塊で、手錠を壊そうとしているだけなんだよ)





231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/09(木) 00:00:32.23 ID:EbbV7YaX0



上条「よし、何とか壊せたな……」

フレンダ「やっと満足に歩けるって訳よ。ありがとね」

イン「とうま……この建物、もう崩れちゃいそうなんだよ」

上条「ああ……時間はあまり無いかもしれねえな。早く麦野沈利を見つけねえと……」

フレンダ「麦野……瓦礫の下敷きとかになってないよね?」

イン「心配なの?」

フレンダ「うん……結局、私の命を奪おうとしたのも勘違いだった訳だし……それに捕まっちゃったのは私自身が悪いから」

上条「……よし、俺が探してくるからお前達はとりあえず……ん? 足音……誰だ!?」





「ふーれんだぁ……やっと見つけたよ」





フレンダ「……っ!?」

上条「……このタイミングで来やがったか、麦野沈利」

麦野「元気そうで何よりってところかな。さて…………ブチコロしてやるから覚悟しろよォォォ!!」





236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:25:37.65 ID:A00sFS9S0



フレンダ「麦野……」

麦野「気安く呼ぶな売女が。……そこの無能力者と一緒にまとめて始末してやるよ」

上条「待て……あんたは勘違いしてる。その子が裏切ったように見えたのは能力で騙されてたからだ!
    だからもうそんな事する必要は無いんだよ!」

麦野「騙されてた、ね……で、それが何?」

上条「な、何って……だからもう仲間を殺さなくても良いだろうが!?」

麦野「勘違いや騙されてたとかじゃない。そいつの失敗で私が酷い目にあったんだから殺すのは当然」

上条「……テメェ、大切な仲間だろ! 何でそんな簡単に命を奪おうと出来るんだよ!?」

麦野「仲間? 私の役に立つか立たないか、それだけ分かれば良いんだ。で、そいつは役に立たない。
    だから殺す、簡単じゃない。なあ、フレンダ?」

イン「とうま……この人には何を言っても無駄かもしれない……。
    この人は自分さえ良ければ他はどうでも良い、って本気で思ってる」

上条「インデックス……それでも、俺は諦めねえ。……あいつに俺の言葉を届けるんだ」

麦野「さて……誰から死にてえのか言ってみろよ無能共!!」


 そう言い放つと共に、麦野はフレンダ目がけて光線を発射した。
上条は右手でこれを打ち消すがそれは彼女の思惑通りであり、その隙を見逃さず麦野は距離を一気に詰める。
不意を突かれた上条は、自分の眼前まで敵が来たにもかかわらず対応ができない。
そして上条の顔面に麦野の拳が衝突し、上条の体をいとも容易く地面に叩き付けた。


イン「とうま!」

上条「ぐうっ……テメェ……!」

麦野「ハッ、第三位がいねえと何にも出来ねえのか無能力者!? 悔しかったら抵抗してみろよ!」

上条「……抵抗か、それは俺に戦えって言ってんのか?」

麦野「はぁ? 何だ、怖気づいたのか!?」

上条「いや……色々考えたけど結論はこうだ。俺はあんたを殴らない」





237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:26:16.46 ID:A00sFS9S0




麦野「殴らない……つまり何もしないって言いたいのかテメェ」

上条「ああ、俺はあんたと戦いに来たんじゃない、止めるのが俺の役目だ。だから俺はあんたを殴らない、そして言葉で理解してもらう」

麦野「言葉で……か、舐めてんじゃねえぞゴミがぁ!!」


 上条のその決意は麦野を激昂させ、理性を完全に失った麦野の暴行が始まった。
顔面、腹部、人体のありとあらゆるところへ麦野の拳、または脚が傷をつける。
上条は最初の数発はなんとか耐えたものの、脇腹に麦野の右脚が当たるとそのまま地面に伏してしまった。


上条「があっ……! ごふっ……っ……!」

フレンダ「酷い……麦野、私を殺しに来たんでしょ!? だったら私にすればいい!」

麦野「黙ってろ!! 私はこの身の程知らずな無能力者に現実を教えてあげてるんだ、むしろ感謝してほしいわね」

イン「とうま! これ以上は見ていられない……私が――」

上条「……駄目だ」


 インデックスは麦野を止めようと二人の間に入ろうとする。
しかし、その前に上条は立ち上がりインデックスに向かって自分の決意を発する。


上条「インデックス……来るな、これは俺の我が儘なんだ。こいつだけは……どうしても言葉で分からせてやりたいんだ」

フレンダ「そ、そんな事する必要ない……何で自分の命を大切にしない訳よ!?」

上条「あの無能力者に俺は『止める』と言った。だったら、俺のやり方でその約束を守る……二度とこんな事をさせないためにも……!」





238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:27:16.50 ID:A00sFS9S0



 浜面は倒れている滝壺と絹旗を何とか抱え上げ、激しい戦闘でボロボロになった第三学区のビルの中を歩いていた。


浜面「絹旗……お前は何とか意識はあるみてえだな」

絹旗「……私の心配をしている場合ですか浜面? 滝壺さんの様子を見てください……超危険な状態と言っても良いでしょう」

浜面「ああ……『未元物質』相手に戦ったって事は当然『体晶』を使って自分の体を限界まで酷使したんだろう。
    意識がなくなっても無理はない」

絹旗「……あなたに一つだけお願いがあります。滝壺さんだけは、絶対に死んでも守ってあげてください」

浜面「絹旗……」

絹旗「……まぁ、どのみち使えない人間の面倒を見るほど暗部は優しくありません。だったら『こんな所』にいる必要はもう無いです。
    そのかわり……超キチンと面倒を見てあげてください。もし逃げ出したら……オシオキです」

浜面「それは……嫌だな。言われなくてもそう――っ! ……絹旗、聞こえるか?」

絹旗「……ええ、残念ですが聞こえます。がちゃがちゃって機械みたいな超重々しい音が」


 浜面達の目の前に現れたのは銃を持ち、全身を防護服に覆われた集団だった。その数は五人、通常なら絹旗一人で何の問題もない相手だ。
しかし、今の絹旗は『未元物質』との戦闘で相当なダメージを受けており、普段通りの彼女を期待することは難しい。


浜面「クソッ……見逃すんじゃなかったのかよ!?」

戦闘員「目標を確認。これより抹消しますがよろしいですか?」

垣根『ああ、任せた。それと最後にこれだけ伝えさせてくれ』


 戦闘員の一人はその無線を浜面達にも聞こえるように設定し、垣根帝督の声がそこから浜面達に届けられる。


垣根『俺は見逃すと言ったが、他のヤツがテメェらを見逃すとは言ってないよな?』

浜面「……クソ野郎があっ!」

垣根『おー怖えー。じゃあな、せいぜい頑張れよ?』





239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:27:50.71 ID:A00sFS9S0



浜面「……そうだよな、俺だけ楽しようって訳にはいかねえよな」

絹旗「……何を言ってるんですか浜面? あなたは滝壺さんを連れて早く逃げてください。……ここは私が食い止めます」

浜面「お前こそ何言ってんだ……その体なら立ってるのも厳しいだろ」

絹旗「それでも、部下と同僚の面倒くらいは見てあげるのが超当然でしょう? 大丈夫です、死んでもここは通しません」


 そう言うと絹旗は浜面の腕を離れ自らの力で立ち上がった。しかし、体から流れる血液の量、そして痛々しい傷。
『窒素装甲』すら無視する『未元物質』という存在に改めて戦慄するとともに浜面は決意を改める。


浜面「絹旗、それじゃ全然駄目だ。……そんな考えだけは許さねえ」

絹旗「な、何を言ってるんですか!? 私に任せてくださいと言ってるじゃないですか!」

浜面「約束したんだよ、俺は俺の仕事をやるってな。だから、お前も滝壺も……フレンダも麦野も全員生きて帰るんだ」

絹旗「……超楽観的な考えですね。でも、浜面にしてはなかなかです。浜面のくせに、と言った方が良いでしょうか?」

浜面「うるせえ! ……いけるか、絹旗?」

絹旗「私はあんな銃では絶対に死にません。だから滝壺さんを……超完璧に守りましょう」

浜面「当たり前だ。しかしとんでもない事になったな……。これが終わったら、麦野に土下座させようぜ」

絹旗「浜面にしては超いい考えです」


 一刻も早く治療を受けるべき少女が二人、時間を掛けるわけにはいかない。
浜面はレディース用の拳銃を握りしめ、敵を確認する。現在見える敵は五、これを退けてもまだ次が来るかもしれない。
それと同時に左手で携帯を操作する。相手は、二度と会いたくないが頼りになる人物、と浜面は信じている。



浜面(これで保険は出来た……後は、俺のやり方で約束を守るだけだ)

絹旗「浜面、行きますよ。全部叩き潰して超速やかに帰りましょう」

浜面「……ああ、行くぞ!」

戦闘員「戦闘の意志を確認。始めろ」


 響き渡る銃声、浜面は銃弾の雨を潜りながら滝壺を抱え上げ近くの部屋の中に彼女を押し込んだ。
滝壺の身の安全を確保したのち、二人は攻勢に打って出る。





240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:28:52.06 ID:A00sFS9S0



麦野「ずいぶんご立派な考えじゃねえか。それでも……相手を選ぶべきだったなぁ!?」

上条「……ぐうっ、っ……がっ……」


 立ち上がった上条へ再び麦野の重い拳や蹴りが襲い掛かる。
相手の右脚を自らの左腕で防いでも、その上から感じる衝撃は強く上条の顔には苦痛の色が浮かぶ。
それでも上条は抵抗しない。耐えながら、そして相手をまっすぐに見据えながら言葉を紡ぎ始める。


上条「どうして……どうしてテメェはこんな事をするようになっちまったんだ……」

麦野「理由なんか考える必要ある? 力があるからそれを使う、ただそれだけの話。
    まぁ、無能力者には力なんてないから分からねえだろうけど、な!!」

上条「があっ……だからって……げあっ……!」


 そう言いながらも麦野は上条への暴行を止めない。
ひたすらに殴り、蹴り上げ、倒れた上条の頭を踏みつけながら虫けらでも見るような目で話す。


麦野「いいか? テメェら無能力者がいくら足掻いたところで無能(ゼロ)は無能なんだよ!
    そんな無能が必死に私に何か言おうとしても何の意味もない、無駄だ。それでもテメェはただ黙って殴られるっつうのか? あぁ!?」

上条「……絶対に、殴らない……テメェを止めるのはこの手じゃない……このぐふっ……」

麦野「二度と喋ればないように肺に穴でも開けてやろうか? それとも心臓の方が良いか!?」

イン「とうま……駄目、駄目だよ……お願い! もうやめて!!」

麦野「だったらテメェが止めてみろよ。出来るのか? 出来ないだろ? 無責任な事ばっか言ってんじゃねえ!」


 麦野は照準をインデックスに向けた。両者の距離は十メートル、この距離では麦野は確実に目標を仕留める事ができる。
インデックスには対抗手段が無い。ただ逃げる事しか出来ないがそれすらも第四位という女は許さない。


麦野「逃げた瞬間あの世行き、逃げなくても結果は同じだけどね。さて、どうするのかしら?」


 その言葉に反応した者が一人、他でもない上条当麻という男だ。


上条「や……めろ……インデックスは関係ないだろが……」






241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:29:27.12 ID:A00sFS9S0



麦野「そうね、でもこの女はやめろと言った。私に命令した訳だから、その責任は取ってもらわないといけないでしょう?」

上条「そんな事で……人を殺……すつもりか……」

麦野「今更そう言われても、私はもう殺した数なんて数えてないわ。無能力者も武装した相手も、能力者も誰でもね。
    そこに居るフレンダだって私と同じ、テメェの助けようとしてるのは人殺しだ。
    そんなヤツをテメェは助けようとしてるんだから救えねえな! そうだろフレンダ!?」

上条「……本当……ぐうっ……なのか?」

フレンダ「そ、それは……」

麦野「何も答えられねえだろ? ほら、暗部っつうのはそういうヤツらの集まりなんだ。
    だからテメェみたいな生ぬるい人間が来るようなところじゃねえんだよ!!」

上条「それえも……それでも俺は助ける。目の前に居るヤツが死んでいくところを黙って見る事なんて絶……対にしたくない」

麦野「……気持ち悪い野郎だ。残念だったな、ここに来たのが間違いだったんだよ、せめて一瞬で死なせてやる」


 麦野はインデックスからは照準を離し、その手を横たわる上条の首にかけた。
この状態で能力を発動させたら、上条の頭部など簡単に消し飛んでしまうだろう。


麦野「おい、死ぬ間際に何を考えているか教えてみなよ。なんなら命乞いでもしてみたらどう?」

イン「と、とうま!!」

フレンダ「それ以上は絶対にダメ! 麦野、私を殺すのが目的なんでしょう!?」

麦野「動くな。いつ殺しても良いんだ、止めようとしたらすぐに殺す。……さて、最後に言いたい事は何かしら?」


 その麦野の問いかけに、上条は静かに口を開く。何かにすがるように、答えを求めながら。



上条「教えてくれ……テメェは、どうやったら救われるんだ。どうしたら、人を殺す事なんて考えないような生き方が出来る様になるんだ……」





242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:30:13.36 ID:A00sFS9S0



麦野「……人の話を聞いてたか、無能力者。テメェは今から死ぬんだぞ!? なのに何で最後まで人の心配なんかしてやがるんだ!?」

上条「俺がテメェの……事を考えちゃ悪……いのかよ。俺は真剣に考えてるんだ……どうしたら、どうしたら良い?」

麦野「そんな事……そんな事知る訳ねえだろうがぁぁぁ!!」


 麦野は右手を首にかけたまま反対の手で上条を再び殴り始める。
その一発一発が上条に当たるたびにうめき声が聞こえ、ついには口から血を吐き始めた。


麦野「気持ち悪いヤツだ! 何でそこまで自分を犠牲にする!? 何の得がある!? 何で死んでまで私を救おうとする!?」

上条「俺は、ぐうっ……があっ……約束、ごはっ……した……テメェを止める。
    だったら、二度とこんな事させないように完全にテメェを『止める』。それが俺の……っ……やり方だ」

麦野「頭がおかしいんじゃねえのか!? テメェを私は知らねえ、そんな見ず知らずの人間の事を考える必要なんてねえだろうがぁぁあ!!」

上条「何度も言った……約束がある、俺はそのためにテメェを止める」

麦野「その約束……誰としたか教えてみろ。それがテメェの今動いている理由だ、相当大事な人なんだろ?
    さあ、言え! 言って私を納得させろよ! 何でこんなキチガイみてえな事をしている理由を言ってみろ!!」

上条「誰……そういえば、俺はあいつの名前を知らねえや」

麦野「……あぁ?」

上条「名前も知らないチンピラだ。そいつに頼まれた、麦野を止めろ、フレンダを助けろってな」

麦野「チンピラ……浜面の事か。テメェ、名前も知らないくせにそいつと約束したってのか?」

上条「ああ、一度しか会った事はない。……でも、あいつは約束を守るのには十分なヤツだって思ったんだ」

麦野「だからこんな死ぬような思いをしてるってか……何だそれ、意味分かんねえだろうが!」

上条「そうだな……それでも、俺はあいつを信じてここまで来た。そしてあんたを助けたいと思った……それが理由だ」





243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:31:38.07 ID:A00sFS9S0



麦野「何だよ……何なんだよお前……」


 麦野には理解できない。
この目の前の男は何を考え、何を求めて行動しているのか。自らの命を懸ける事など麦野は絶対にしない。
自分のためなら人も殺す、どんなに酷い事でもする、不要なものは消す。そんな自己愛に満ちた人間、それが麦野沈利だ。
 
 この正反対の位置に居る存在、それが上条当麻である。自らの事など考えず、ただ目の前の人を救う、それが麦野には理解できない。
今まで汚れた世界では出会った事の無い人物、表の世界の人物、純粋にだれかのためを思って動く事が出来る。この男は、誰だ。

 上条の首にかけられた力が少しづつ和らいでいく。
麦野は上条から体を離して立ち上がり、上条を見下ろしながら話し始める。


麦野「テメェが何を言ったところで何も変わらない。私は人を殺す、私以外の人間も同じようにする。
    ただ同じような日々が続くだけだ、そこまで頑張っても何も変わらねえんだよ」

上条「……そんな事は無い、他の生き方があるんだ。まだ、誰でもいつだって後戻りは出来る」

麦野「今更後戻りなんて出来る訳ねえだろうが!? そういう生き方しかもう私には残ってねえんだよ!!」

上条「それしか無い、それは違う。そんなの、テメェの甘えだ。惰性でただ生きているだけだろうが」

麦野「甘い……? 何言ってやがんだテメェ、汚れた世界に甘さなんかねえよ!!」

上条「その考えが甘いんだよ……テメェはもう戻れないって勝手に思い込んで、そこから出ようとしてないだけだ。
    こんな毎日を続ける自分を許せたのか? その場所でただ立ち止まったまま、誰かに良いようにされてるだけじゃねえか?」

麦野「私はいつだって私に従って生きてきたんだ、誰にも利用なんてされてねえんだよ!!」

上条「本当にそう思うか? 誰かが邪魔だと思った人物をテメェは代わりに殺している。
    それでも利用されてないって言えるのか? 自分の意志だけで人殺しを続けてたって言えるのか!?」

麦野「……ゴチャゴチャうるせえ!! テメェにそんな事言われる必要なんてねえんだ!!
    好きに生きて邪魔なヤツは消す、それの繰り返しが私のやり方なんだ!! そうやって一人で生き続けるだけで良いんだよォォォ!!」

上条「そうか……お前、悲しい生き方しかできなかったんだな」





244: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:33:32.65 ID:A00sFS9S0




麦野「……違う、そんな生き方を私はしてきたわけじゃない! テメェの言った事なんて何一つ当たってねえ!」

上条「……いや、それも無理しているだけだ。全て分かったよ、本当は何をしたいのか、どんな生き方がしたかったのか」

麦野「……何を言っても聞かねえみたいだな。おい、私と戦えよ。このまま無抵抗のヤツを殺すのは胸糞悪い」

上条「何度も言ったはずだ、俺はテメェを殴らない……」

麦野「じゃあ言い方を変えてやるよ。私を力ずくで止めてみな、そうしないと……あの女を先に殺してやる」


 麦野はそう言うとインデックスとフレンダの方を見た。おそらく彼女は本気で二人を消そうとするだろう。
上条はどうしても麦野を殴りたくなかった、自らの言葉で彼女を止めたかった。
それでも、麦野は戦いを求める、無能力者の上条に超能力者の麦野が。
そこに上条は何かを感じた、戦う理由を見つけた気がした。
上条は拳を握る、名前も知らない無能力者のために。目の前にいる少女二人を傷つけないために。
そして、麦野沈利という孤独な人間を止めるために。


麦野「どうする、無能力者。私と戦うか、見殺しにするか……選べ!」

上条「……分かった。テメェが人の命を奪う事に何の躊躇いも無いって言うのなら、そのまま生きるしか出来ないって言うのなら――」


 上条は立ち上がり、そして血を流しながらボロボロの体で麦野に立ち向かう。




上条「――――そんな悲しい幻想は、俺がこの手で跡形もなくぶち壊してやる」







245: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:34:50.97 ID:A00sFS9S0



麦野「……カッコつけてんじゃねえよゴミがぁ!!」


 麦野のその叫びとともに最後の戦いは始まった。
彼女から繰り出される光線、それを上条は右手で打ち消した。その隙を狙い、麦野はそのまま上条の懐に飛び込む。
だが、先程と同じやり方だと上条は見抜き、瞬時に麦野の打撃を防御する。腕がその衝撃で痺れるがそれでも上条は倒れない。


麦野「ハッ、よくその体で立ってられるね。もう限界の癖にずいぶん頑張るじゃねえか」

上条「……絶対に倒れねえ。これ以上の痛み、今まで何度も受けてきた……」

麦野「だったら……痛みを感じる前に消してやるよォォォ!!」


 そう言うと麦野は上条を突き飛ばし、自らは後ろに跳び距離を取った。その距離は十五メートル。
その後麦野が取り出したのは『拡散支援半導体』と呼ばれたカードのようなもの。
これを上条は今まで辛うじて逃れていたが、今はインデックスとフレンダが近くに居る。
この場で使わせてはいけない、使わせてしまっては全てが終わる、と上条は本能的に麦野に飛びついた。


上条「それだけは……やらせねえ!!」

麦野「飛び込んでくるのも予想通り、前だけ見てたら――終わりだ」

上条「……上!? まさか、またテメェさっきのように……!」


 麦野は斜め上に向かって光線を放ち、そのまま天井に穴が開き、その周囲一メートルの天井は崩れ落ちる。
上条はその瓦礫をよけながらも『拡散支援半導体』を使わせないように麦野を止めなければいけない。
選択を迫られる上条、今避けるか、避ければフレンダとインデックスの命も危うい。それならば、


上条「自分の体なんて……どうでも良いだろうがああ!!」


 落ちてくる瓦礫などに恐怖はしない。崩れ落ちる天井など気にせず上条は麦野との距離を詰める。
麦野はカードを空中に投げ、落ちてくる瓦礫の中にそのカードが隠れてしまった。
それは上条からは見えず、麦野からは見えるという絶望的な角度。麦野が空中に照準を定め、そして――


美琴「そんな事、許さない!!」





246: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:36:00.40 ID:A00sFS9S0



 凄まじいほどの電撃が上条たちの頭上に向かって伸びていった。
美琴の放った電撃は落ちてくる瓦礫もろともカードを吹き飛ばす。しかし上条たちには瓦礫は当たらず、不必要なものだけを取り除いた。
その威力、正確さは第三位、『超電磁砲』の実力をはっきりと表している。


麦野「クソッ……忌々しい第三位がァァァ!! ――ッ!?」

上条「……終わりだ、麦野沈利」


 麦野の眼前にはすでに上条がたどり着いていた。その勢いのまま上条は拳を麦野の顔面に衝突させる。
一瞬よろめくがそれでも麦野は倒れず、すぐさま上条に反撃を仕掛ける。


麦野「がっ……。痛え……痛えじゃねえかゴミがァ!!」


麦野は咄嗟に渾身の力で右脚を上条に繰り出す。怒りに任せたその蹴りは、今までで一番の威力であろう。
だが、倒れない。左腕で防ぎながら上条は固く握られた右拳を後ろに引いた。


麦野「テメェ……無能力者の分際で!!」

上条「やり直せよ、超能力者」


 上条の拳が麦野の顔面に直撃する。重く、防ぎようのない一撃。
そのまま『原子崩し』は沈黙し、両者の戦いについに決着がついた。






247: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:38:06.97 ID:A00sFS9S0



 しばらくした後、横たわっていた麦野は目を覚ます。
彼女の顔には一人の少女の手、フレンダの手が優しく添えるように置かれていた。


麦野「……っ、……」

フレンダ「麦野! ……気が付いた?」

麦野「テメェ……何してんだ」

フレンダ「麦野がなかなか目を覚まさないから……私、心配だった訳よ」

麦野「馬鹿な事言ってんじゃねえよ、私はお前を殺そうとしてたんだ。……私の心配なんてする必要ねえだろうが」

美琴「何、アンタ照れてんの? そういうキャラだった訳?」

麦野「第三位……よくも私の邪魔を……!」

美琴「その体で争うのは無理じゃないかしら? それより、コイツが何か言いたい事があるみたいよ」

上条「……目が覚めたか。どうだ、まだ続けるか?」

麦野「当たり前だろうが! テメェみたいなヤツになんて――」


 麦野が言い終わる前にフレンダが涙交じりに抱き着きながら麦野に懇願する。


フレンダ「麦野……もうやめようよ。今まで、麦野だって辛かったと思う、一人だったかもしれない。
      でも、もう私達が居る。だから、やめよう……みんなで楽しく過ごそうよ」





248: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:38:49.69 ID:A00sFS9S0



麦野「……甘い事言うなよ、フレンダ。そんな簡単に暗部なんてクソみてえな世界が許してくれる訳が無い。
    結局は何も変わらない、何もだ」

上条「……だったら、テメェが変えてみろよ」

麦野「……変える? この暗部の世界をか? そんな善人みてえな事、出来る訳がねえだろうが!?」

上条「善人になれなんて言わねえよ。でも、テメェの力はそれが出来るほどの力だ。その力を誰かのために使ってみろ。
    今更テメェのやった事が許される訳じゃない。だったら、これ以上堕ちるな」

麦野「誰かのため……やってられるかよ、そんな事」

上条「分かった。誰かじゃない、仲間のためにその力を使え。テメェの仲間が誰も悲しまないように、その力を使って欲しい」

麦野「仲間? そんなもの、私には」

フレンダ「『アイテム』が……滝壺や絹旗や浜面が居る! 私だって許されないかもしれないけど、麦野を大切に思ってる。
      これって仲間じゃないの? 麦野……もう一度、みんなで集まろうよ」

麦野「……無理だ、私にはそんな暖かい事似合わない。このままクソみてえな生活してた方が良いんだ」

上条「それを決めるのはテメェじゃねえ、テメェの仲間だ。少しでも良いから仲間を信じてみろ、だから怖がるな」

麦野「……ゴミみてえな説教しやがって。何で私はこんなヤツに負けたんだ、クソッ……!」

フレンダ「麦野……帰ろう? また、みんなでファミレスに行こうよ。浜面にドリンク持ってこさせたりさ」

麦野「……黙ってろ。浜面か……あの馬鹿どもは」

フレンダ「――っ!? 浜面から電話だ……浜面?」





249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:40:03.90 ID:A00sFS9S0



浜面「五人で済めばラッキーだと思ったら……はあ、はあ……どんだけ居るんだよ!?」

絹旗「超キリがありません……このままでは滝壺さんの様態も超危険なまま……」

浜面「……いや、絹旗。そうでも無さそうだぜ」


 相対していた戦闘員の後ろから同じように武装した集団が現れた。その集団とは、


黄泉川「警備員だ! 大人しく武器を捨てて投降しろ!!」


 完全武装した警備員総勢五十名。
通報があったのもそうだが浜面の連絡を受け状況を判断し、その結果大部隊がこの場に到着した。


浜面「……よし、何とか間に合った!」

絹旗「浜面……警備員に連絡しちゃったんですか?」

浜面「ああ、馴染みの警備員が居てな。連絡を入れて携帯をつなぎっぱなしにしといたんだ」

絹旗「……暗部の抗争に警備員を呼ぶとか、浜面はやっぱり超浜面ですね」

浜面「し、仕方ねえだろ!? これ以外に方法が思いつかなかったんだよ!」

絹旗「……まあ、いいです。それでは私は少し……っ……」

浜面「絹旗! 大丈夫か!?」

絹旗「大声出さないでください……超不愉快です。それより、滝壺さんを早く……」

浜面「……分かった。救急車も来てるから俺は滝壺を運んでくる」

絹旗「分かりました……私は少し、休みます」





250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:41:02.85 ID:A00sFS9S0



黄泉川「浜面……またずいぶんと厄介な事に巻き込まれてたみたいじゃんよ」

浜面「俺の事はいい……ともかくこいつを病院まで運んでやってくれ!」

黄泉川「……安心しな。全部任せろ、その後しっかり事情聴取と言う名のお説教だから覚悟するじゃん?」

浜面「何してくれても構わねえ。でも、こいつだけは……絶対に……絶対に……!」

黄泉川「ああ、浜面。少しはマシな顔つきになったじゃんよ」


 そう言い残すと黄泉川は周りの人間に指示を出しながら的確にこの場を収束させていった。
絹旗も同じように病院行きとなり、浜面は通報者という立場もあってその場を抜けることは出来なかった。


浜面「……こっちは大丈夫だ。でも、麦野やフレンダ……それにあいつ。連絡を取ってみるか」





251: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:42:25.88 ID:A00sFS9S0



フレンダ「浜面?」

浜面『ああ、俺だ。「スクール」の下っ端達とやり合ったが何とかなった。滝壺と絹旗も死んじゃいねえ』

フレンダ「そっか……浜面にしては頑張ったって訳よ」

浜面『お前まで絹旗みてえな事を……。ところで、麦野は大丈夫なのか……?』

フレンダ「麦野は今……不貞腐れてるから結局、話しても無駄って訳よ」

麦野「誰が不貞腐れてるんだコラァ!」

フレンダ「うおっ……そういう訳だから、こちらは問題なし」

浜面『そうか……あいつ、しっかり約束を守ってくれたんだな』

フレンダ「うん……あの男、最後まで約束を守るって言ってた」

浜面『ああ、あいつは「ヒーロー」だからな……。フレンダ、麦野に伝えてくれないか』


 浜面は電話を切る前に少し声を明るくしてこう言った。


浜面『「アイテム」は……全員生き残った。だから、次の指示を出してくれ』





252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:43:17.48 ID:A00sFS9S0



フレンダ「浜面から、指示をくれってさ」

麦野「……あの馬鹿、カッコつけやがって」

フレンダ「あの人達、行っちゃったね。何だったんだろう?」

麦野「さあな……ムカつくヤツらだって事しか分からなかったけどね」

フレンダ「麦野……一緒に帰ろう? この先どうなるか分かんないけど、今は……」

麦野「結局は何も変わらない……でも、このまま生きるのもアイツに負けた気がして腹が立つ。
    それでも、どうせ私には私の生き方しか出来ない。……考えるのも面倒だ、とりあえず今は」


麦野「――帰ろう。今は、今だけは……少し甘くなろう」

フレンダ「……結局、一緒に居るのが一番って訳よ!」

麦野「黙ってな。……今私はムカついてるから、お前を真っ二つにするかもしれないよ」

フレンダ「……それだけは勘弁って訳よ」





253: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:44:04.58 ID:A00sFS9S0



垣根「『能力追跡』の抹殺は失敗、『原子崩し』をビルごと爆破して消す作戦、これも失敗」


 垣根帝督は自らの指にはめた「ピンセット」と呼ばれるものを弄りながら呟いた。
「スクール」も現在ほぼ壊滅状態、彼は次に打つ手を考えていた。

垣根「あいつもビルの中で連絡が取れない状態。ったく、使えねえヤツらばっかりだな。まっ、最後に頼れるのは自分って事か」


 すべての戦いは終わっていない。その一つが垣根の戦いである。
垣根の狙いは学園都市最強の男――第一位、一方通行だ。


垣根「さて……第一位のクソみてえな顔でも潰しに行きますか」





254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:44:39.96 ID:A00sFS9S0



病院


冥土帰し「いらっしゃい、それともおかえり、どっちが良いかな?」

上条「……どっちでも良いです」

イン「まったく……とうまはいつもいつもいつもいつもいつもいつも無茶して!!」

美琴「アンタはそうやって……またまたまたまたまたまた厄介事に巻き込まれて!!」

上条「すいませんが、面会謝絶にしてもらっても良いですか?」

冥土帰し「それは無理かもね? とりあえず君は、この子達に謝るべきだと思うよ?
      出来ればそちらの子の電撃で色々なものが壊れる前にね」

上条「……えーと、お二人さん?」

イン美琴「…………」

上条「許してくださったりしないかなーなんて思ったり思わなかったり……。
    いや、上条さんとしては穏便に解決したいのでございますの事よ?」

イン美琴「……他に言う事は?」

上条「……すいまっせんでしたあああああ!!!」





255: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:45:39.42 ID:A00sFS9S0



美琴「……で、どうして第四位なんかの所に行こうとしたのよ。納得がいくようにきっちりと説明しなさい」

上条「いや、別にお前には関係な……」

美琴「電撃で刺激したら細胞って活性化されるのかしら? ねえ、どう思う?」

上条「……ええとですね、何と言いましょうか」

美琴「はあ……もういいわ。どうせまた、私には言えない理由なんでしょう?」

上条「うーん……そういう事にしといてくれ」

美琴「じゃあ、一つだけ聞かせて。……アンタは、何のために戦ったの?」

上条「そんなの、決まってるだろ?」


上条「――説きょ イン「自分のためだよね、とうま」


上条「えっ? まあ、それも間違ってないかもな」

イン(さすがにそれを言わせるわけにはいかないんだよ……)

美琴「じ、自分のため? ふーん……そういうカッコいい事言っちゃう訳か。
    あっ、いや、別にカッコ悪いなんて言ってるんじゃないのよ? むしろカッコいい……って何言わせるのよ!」

上条「何も言ってないんだが……まっ、お前にもかなり助けられちまったな。ありがとよ、御坂」

美琴「べ、別に大した事はしてないわよ。ただ……今回こそ、力になりたかったと言うか……その」

上条「何にせよ助かった……ちょっと眠いな。少し寝させてもらっても良いか?」

イン「分かったんだよ。ゆっくり休んでね、とうま」

美琴「早く治しなさいよ、じゃあね」

上条「おう、おやすみ……」





256: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:46:43.14 ID:A00sFS9S0



冥土帰し「君、ちょっと良いかな?」

イン「私? 別にいいんだよ。何か用?」

冥土帰し「……彼に最近、何か変わった様子はないかい?」

イン「変わった様子……ストレスが溜まってたり、途中で変な行動をとったりするのはちょっと心配かも」

冥土帰し「そうか……もし彼に何かあったら、すぐに僕の所まで運んでくれるかな?」

イン「うん、分かったんだよ。……とうま、何か病気でもあるの?」

冥土帰し「そういう訳じゃないさ。ただ、彼は怪我ばかりするから僕も心配なだけだからね?」

イン「そうなんだよ。とうまは無茶ばかりするから私も心配かも」

冥土帰し「うん、では明日までゆっくり休むよう伝えておいて貰えるかな? 明日には治るはずだ」

イン「はーい。それまでとうまは私がしっかりと見ておくから、安心してほしいんだよ」

冥土帰し「それは心強いね。では、頼んだよ?」





257: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:47:30.50 ID:A00sFS9S0



翌日


上条「上条さんふっかーつ!!」

イン「すっかり良くなったみたいだね」

上条「ああ、心配かけたな。……さて、久しぶりの末尾の時間だ!!」

イン「……とうま、もうやめておいた方が」

上条「いやいや、まだ俺の説教欲は満たされていないんだ! 満足するまで俺はやる!」

イン「……まったく聞く耳を持たないんだよ」

上条「さて、次は……こいつらの中から決めるぞ!」


末尾 0 →御坂美琴

末尾 1 →御坂妹

末尾2、3→御坂美鈴

末尾4、5→五和

末尾6、7→芳川桔梗

末尾8、9→寮監


イン「どうして女の人ばかりなのか説明してほしいかも!」

上条「な、何だよ急に……」

イン「今回のメンバーはさすがに危ない人ばかりなんだよ……かなり心配かも」

上条「危ない? どういう意味だ?」

イン「……とうまには一生分からないと思う」





258: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:48:38.32 ID:A00sFS9S0



上条「では、久しぶりの……末尾カモン!」


末尾 0 →御坂美琴

末尾 1 →御坂妹

末尾2、3→御坂美鈴

末尾4、5→五和

末尾6、7→芳川桔梗

末尾8、9→寮監


イン「寮監ってのは誰なの?」

上条「どこかで聞いた事あるような……でも何か嫌な予感がするな」

イン「とりあえず、たんぱつとクールビューティといつわ以外だったら誰でも良いかも」

上条「しかし、御坂は毎回リストに入ってるのに選ばれないよな」

イン「どこまで選ばれないのかちょっと気になるね」





260: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/12(日) 04:55:06.87 ID:A00sFS9S0



上条「……美鈴さんか」

イン「短髪のお母さんだよね? 説教する事なんてあるのかな……」

上条「うーん、それはなんとかなるかもしれないが……人の親に説教ってのもな」

イン「じゃあやめておく? 私としてはそっちの方が良いんだよ」

上条「……いや、ここで逃げてはいけない! 美鈴さんにバシッと説教してやる!!」

イン「張り切るのは良いけど、無茶は駄目なんだよ」

上条「分かってるって。……よーし、やってやるぜー!!」

イン(大人に説教……それはどうなんだろうと思いながらも、私は今日もとうまを見守るんだよ)



277: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 05:59:15.74 ID:Qo/Ab5420



上条「御坂さん……まず会う事自体が難しいな」

イン「どうするのとうま? また誰かに聞いてみる?」

上条「そうだな……じゃあここはやっぱり御坂に聞いてみますか」

イン「最近、短髪に頼る事が多い気がするんだよ」

上条「確かに。まあ深くは気にするな、電話電話っと」

イン(上手く利用してるだけ……いや、短髪も嬉しそうだから言わないでおくんだよ)

上条「さーて、出るかな?」

イン「間違いなく出るから心配しなくても良いんだよ」

上条「何だそれ?」





278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:00:10.03 ID:Qo/Ab5420



常盤台学生寮


美琴(御坂美琴は知っている、経験則で知っている……。そろそろ電話が、アイツから電話が来るはず!)

美琴「さあ来い電波! 鳴れよ携帯!」

黒子「お、お姉様……いったい何を」

美琴「へ? いや、別に何でもないのよ?」プルル

美琴「とか言ってるうちにキター! も、もしもし!?」

上条『よう、御坂。急にすまん、今大丈夫か?』

美琴「そ、そうね。忙し……いや、ちょうど暇してたところなのよ」

上条『そうか、じゃあちょっと話があるんだが』

美琴(話? まさか……デート!? でもコイツの事だからまた誰か別の女の話を……いや、もしかしたら今度こそ!)

上条『もしもし? 御坂?』

美琴「な、何かしら? 先に言っておくけど私は今日は暇だから、その辺は心配しなくて良いわよ!」

上条『? まあいいや。それで話なんだけど』

美琴「うん……」

上条『お前の母さんに会いたいんだけど、どうすれば良いか教えてくれないか?』

美琴「……あぁ?」





279: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:01:02.58 ID:Qo/Ab5420



上条『聞こえなかったのか? お前の母さん、御坂美鈴さんに会いたいんだ』

美琴「ふ……ふふふ……」

上条『おい、聞いてんのか? 俺はどうしても会いたいんだよ。頼む、教えてくれ!』

美琴「……そこら辺の女の子だけでは飽き足らず、ついに人妻にまで手を出しおったかコラァ!!」

上条『はあ!? 何言ってんだテメェ!?』

美琴「しかもよりにもよって私の母親なんて……! 今日という今日は許さないわよ!!」

上条『落ち着け! 俺はただ会って話したいだけなんだ! 連絡先を教えてくれればそれで……あっ』

美琴「……何よ。自分の非道な行いについに気づいたのかしら?」

上条『そういえば俺、電話番号知ってたわ』

美琴「…………えっ? 何それ!?」

上条『前に交換してたの忘れてたわ。すまん、御坂。という訳でまたなー』

美琴「ちょっと待て! 人の話を――」プツッ

黒子「お、お姉様?」

美琴「うう……私はわざわざペア契約までしたのに……あのバカ母め……!」





280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:01:55.97 ID:Qo/Ab5420



上条「いやーうっかりしてたよ。別に御坂に電話する必要なかったな」

イン(短髪……きっといい事あるから落ち込まないでね)

上条「では、早速電話をしてみるかね」プルル

??『もしもし?』

上条「おっ、繋がった。って、男の声?」

??『ああ、良かった……この電話の持ち主のお知り合いですか?』

上条「そうですけど……そちら様はいったいどちら様で?」

運転手『私はタクシーの運転手です。実は……』

美鈴『おーい運転手ー! なーに人の電話勝手に使ってるのよー』

上条「まさか……その女の人、酔ってます?」

運転手『ええ……まだ昼間なのに、かなり飲んでいるみたいですね』

美鈴『美鈴さんはぜーんぜん飲んでいないわよー? うっ……気持ち悪い』

上条「……不幸の予感がする」





281: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:03:42.55 ID:Qo/Ab5420



運転手『つかぬ事をお聞きしますが、あなたは学園都市の方ですか?』

上条「へ? そうですけど……何故それを?」

運転手『本当ですか! いや、ダメ元で聞いてみたんですけど良かった良かった』

上条「何をおっしゃっているのでございましょうか……?」

運転手『今からお連れしますので後の事はお任せしますね。では住所を教えていただけますか?』

上条「いや、知り合いは知り合いですけどそれは俺には関係ないというか!」

美鈴『もうダメ……限界……』

運転手『ああ、駄目ですよ!? すいません! 一刻も早くお願いします!』

上条「……はあ、分かりました。第七学区の――――――です」

運転手『ありがとうございます! それではまた!』プツッ

イン「大変だね、とうま」

上条「……結果オーライという事にしておこう」





282: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:04:44.94 ID:Qo/Ab5420



運転手「いやー助かりました! それでは、よろしくお願いしますね」

上条「……ご苦労様でーす」

美鈴「あれー? 上条くんだー! 久しぶり!」

上条「久しぶりですね御坂さん。……出来れば素面の時に会いたかったですが」

美鈴「だから私は酔ってないっつうのー! 何だーその目はー?」

イン「とうま……どうするの? 短髪に連絡する?」

上条「いや……それはやめておいてあげよう。それこそ親の面目丸つぶれだろうからな」

美鈴「ううっ……気持ち悪い……」

イン「もう説教しても良いんじゃない?」

上条「俺もそう思う……とりあえず今は、部屋に連れて行くしかなさそうだ」





283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:05:45.46 ID:Qo/Ab5420



上条の部屋


上条「はい、とりあえず水飲んでください」

美鈴「ありがとう……ふう」

イン「どう? 落ち着いた?」

美鈴「ええ、ごめんね。急に押しかけたみたいになっちゃって」

上条「いえ……御坂さんに会いたかったからむしろちょうど良かったですよ」

美鈴「あら、私に会いたいだなんて……美琴ちゃんはどうしたのよー?」

上条「えっ? まあ、アイツはアイツで楽しくやってるんじゃないですか?」

美鈴「そう? なら良いけどね」





284: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:06:51.94 ID:Qo/Ab5420



その頃の美琴


美琴「まさか人の母親にまで……いや、さすがにアイツでもそれは……」

美琴「それでもアイツなら……アイツならやりかねない!
    未亡人位ならとっくにフラグの一つでもたててそうだし……」

黒子「……何を悩んでいらっしゃいますの?」

美琴「放っておいて! 今私は家庭崩壊の危機に直面しているのよ!!」

黒子「か、家庭崩壊?」

美琴「あーもう! パパー! 早く帰ってきて―!!」





285: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:07:29.30 ID:Qo/Ab5420



上条「ところで、何で学園都市に居るんですか?」

美鈴「この前と同じ感じで、学園都市にしかないデータが必要なのよ」

上条「それでまた飲んでこうなったと……」

美鈴「ええ……ごめんなさいね?」

上条「いや、良いんですよ。それで御坂さん、ちょっと聞きたい事があるんですが……」

美鈴「ん? 何かしら? お礼に美鈴さんに答えられる事なら何でも答えてあげるわよー。
    あっ、でも美琴ちゃんのスリーサイズは本人に聞いてあげてね?」

上条「……何ですかそれ。で、話なんですけど、最近悩みとかありませんか?」

美鈴「悩み? 私の悩みを聞いてどうするの?」

上条「まあ、色々話を聞いてみようかと」

美鈴「……ふっふー。少年、いくら私が若く見えるからって人妻を口説いちゃダメよ?
    そうやって悩みを聞いてあげて、コロッと落とすっていうのは常套手段だけど相手は選んでね」

上条「ちっがーう! ……ともかく悩みを教えてください」

美鈴「仕方ないわね……でも、その前に」

上条「……その前に?」

美鈴「お酒を買いに行こうー!!」

イン「とうま、この人まだ酔ってるね」

上条「……だな」





286: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:08:34.53 ID:Qo/Ab5420



街中


上条「……第七学区に酒を買える場所なんてあるのか?」

美鈴「お酒くらいどこでもあるでしょー? そんな心配しないの……ぶはー」

上条「酒くさっ! ……何してんだろう、俺」

土御門「よーう、カミやん。キレイなお姉さんなんか連れてデートですかにゃー?」

上条「土御門か。残念だけど、デートじゃないぞ」

美鈴「おっ! 今私の事をお姉さんって言った? いい子ねー、よしよし」

土御門「うわっ、やりづらいぜよ……で、カミやん達は何してるんだ?」

上条「色々あって酒を買いに外に出たんだが……どこにあるのかと考えているところだ」

土御門「それならこの土御門さんにお任せあれだぜーい。安くて品ぞろえのいい店を教えてやるよ」

上条「おお、助かるぜ。……でも、鍋の時といい何でお前そんな店知ってるんだ?」

土御門「秘密ぜよ」





287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:09:19.02 ID:Qo/Ab5420



上条「ともかくありがとよ、土御門」

土御門「これくらいお安い御用だにゃー。ところで、怪我は治ったか?」

上条「……全部知ってるのか? 相変わらず色々やってるみたいだな」

土御門「それがオレの仕事だからな。……カミやん、あまり無茶はするなよ」

上条「……ああ、分かってるって」

美鈴「なーに辛気臭い顔しちゃってるのよー! ほら、早く行きましょー」

上条「先に行かないでくださいって! という訳でじゃあな、土御門」

土御門「おう、またにゃー」

土御門(御坂美鈴……現時点では心配する必要は無いし放っておくか)





288: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:10:00.93 ID:Qo/Ab5420



戻って上条の部屋


上条「ただいまーインデックス。……しかし、重かった」

イン「おかえりとうま。ずいぶん買ってきたんだね……」

美鈴「大人の財力舐めんなよー。まっ、旦那にはそんなに渡してないけどね」

上条「はあ……そうですか。そういえば何で酒を買わなきゃいけなかったんですか?」

美鈴「私の悩みを聞きたいんでしょ? それなら飲みながらじゃないと!」

上条「まあ、話してくれるならそれで良いですけどね」

美鈴「さーて、上条くんは何飲む?」

上条「もちろん俺はジュースですよ」

美鈴「えー、一緒に飲もうよー?」

上条「未成年だから駄目でしょうが! つうか子供に進んで飲ませようとするな!」

美鈴「ふふふ……冗談よ、ノリが悪いぞー? まあいいや、かんぱーい!」

上条「……かんぱーい」





289: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:10:39.20 ID:Qo/Ab5420



それからしばらく経って


美鈴「……でね、ウチの旦那ったら全然帰ってこなくて……私は一人で過ごしてるのよ?」

上条「はあ……そうですか」

美鈴「それに最近は美琴ちゃんも冷たいし……ちょっと上条くん、聞いてるの!?」

上条「聞いてます、ええしっかり聞いてますとも……」

イン「とうま……この人完全に酔っぱらっちゃってるね」

上条「ああ……説教するタイミングが見つからない」

美鈴「最近はお肌の調子も悪くて……君のお母さんはいったいどうなってるのよー!?」

上条「……何故ウチの母親がそこで出るんですか?」

美鈴「あの肌はおかしい! 絶対何か秘密があるはずよー!!」

イン「しいなに関しては私も同感なんだよ」

上条「息子としてもそれは気になるところだ」





290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:11:32.92 ID:Qo/Ab5420



美鈴「結局私はただ若いんじゃなくて『その年齢にしては』、っていうのがついて消えないのよ!」

上条「……その話、さっきも聞きましたよ」

イン「とうまー……私、何だか眠くなってきたんだよ……」

上条「気づいたらもう夜の十一時……インデックス、先に寝てろ」

美鈴「ちょろっとー、聞いてるのー?」

上条「聞いてますよー……あれ、ジュース無くなっちまった。これでも飲むかな」グイッ

美鈴「あれ? それはジュースじゃなくて……」

上条「んぐんぐ……ぷはー! 何これうめえ! もう一杯! んぐんぐ……」

美鈴「あらら……知-らないっと」





291: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:12:48.31 ID:Qo/Ab5420



それからまたしばらく経って


上条「だから! 俺はただの男子高校生なのに命を狙うとかおかしいでしょ!?」

美鈴「は、はあ……」

上条「インデックスは噛みつくし、御坂はビリビリするし!!
    ステイルのヤツは俺を盾にしやがるし、神裂もちょっと裸見たくらいで抜刀するし!」

美鈴「そ、そうなんだー……へー」

上条「何が窒息死、だよ! そんな一言で人間死んだら苦労しねえっつうの!!
    『向き』変換とかで死にかけるし、土御門は俺をボコボコにするし、
     石向けられてバラバラになりそうになるし、ゴーレムとか言うのも無茶苦茶強いし、
     杖引っ掻いただけで殴られたみたいになるし、単語帳ビリってだけで痛いし、
     十字架投げて拒絶するー! とか楽しすぎだろ!! 学園都市を揺らすとか、
     動物使って襲うとか、イカサマ野郎に負けたら破滅ロード、堕天使って行き過ぎだろ!?
     ムカついたら気絶とか、右手を切るーとか、挙句の果てには小麦粉ですよ!?
     食べ物粗末にすんなっつうの!! こちとらもやしで頑張ってんじゃオラァああ!!!」

美鈴「……何の話をしているの?」

上条「俺には右手しかないのに無茶な敵多すぎなんだよおお!!」

美鈴(この子……ずいぶん心に溜めてたみたいね)





292: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:13:46.21 ID:Qo/Ab5420



上条「ぐすっ……えぐっ……俺はただの無能力者なのに……」

美鈴「えーと……なんだか大変な目に遭ってたみたいね」

上条「……死にかけた事は数知れず……この前のなんて軽い方ですよ……んぐっんぐ、ぷはー!」

美鈴「ああ……あの時は助けてくれて本当にありがとうね。改めてお礼を言うわ」

上条「んぐんぐ……別にお礼が欲しくて戦ってわけじゃありませんの事よー!!」

美鈴「はあ……ところで、美琴ちゃんも……そういう危険な目に遭っていたりするの?」

上条「御坂ですかぁ? あーアイツはそうでも……いや、一回危なかったか?」

美鈴「……その話、詳しく聞かせてくれないかしら?」

上条「だーめでーす! それは俺とアイツの秘密なんでーす!!」

美鈴「そう言わずに教えて! 自分の娘の事を知りたいと思うのは当然でしょう?」

上条「ぜったいだめー! ぬひひー……んぐっんぐ」

美鈴「ずいぶん厄介な酔っぱらいね……」

イン「ううん……あなたが言っても……うん……説得力無いんだよ……むにゃ」





293: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:14:22.24 ID:Qo/Ab5420



美鈴「ねえ、本当に美琴ちゃんは大丈夫なの?」

上条「だーいじょーうぶですってば!! ただ、一人で思い悩む事もあったんじゃないっすかねー?」

美鈴「思い悩む……?」

上条「アイツも難しい時期ですからねー。誰かに相談したくても出来ないーとかあったようなーなかったようなー」

美鈴「どっちなの!? 真面目に答えて!」

上条「上条さんはいつだって真面目なのですの事ですよー」

美鈴「お願い……自分の娘に何かあったって聞いて、黙っていられる親はいないわよ」

上条「うーん……まあ、結局は誰にも言えなかったって……んぐっ、だけですよ。
    誰にも言えなくて、本当にどうしようもないって感じ、ですか?」

美鈴「誰にも……親にも言えない事なの?」

上条「あー、絶対無理ですね。つうか親なら娘が悩んでるとかそういうのは自分で気付いてやれっつうの!」

美鈴「えっ? いきなりそんな事を言われても……」

上条「何だぁ? 口答えすんのかぁ? いいだろう、上条さんがきっちりお説教してやる!!」





294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:14:51.53 ID:Qo/Ab5420



美鈴「お説教? 君、何を言っているの……?」

上条「お説教はお説教だろうがー! いいか御坂さん、子供っつうのはいつの間にか大人になる。
    でもな、子供の時は悩む事ばっかでそれで辛い思いをする事もたくさんあるんだ!」

美鈴「それはそうだけど……」

上条「しかも学園都市は親から離れて生活してるヤツが多い。
    親と会うのも難しい、寂しい思いをしてるヤツだってたくさんいるだろう。
    でも子供っつうのは、親と連絡を取るのが恥ずかしかったりするんだよ。
    だから尚更、親から積極的に話を聞いてあげるのが大事なんだ!」

美鈴「言葉を返すようで悪いけど、私は娘と上手くやってるつもりよ?
    それに、あの子はあの子で上手くやっていると私は思ってる」

上条「ああ、確かにアイツは上手くやってるかもしれないよ。だけど俺は、んぐっ……アイツの涙も見たし、苦しみにも触れた。
    その時のアイツは孤独だったよ。味方なんて存在しない、絶望した顔だった」

美鈴「……それは確かに知らなかったわ。でも、信じられない……本当にそんな事があったの?」

上条「信じなくても良いさ。でも、アイツだって悩んで悩んで、それでどうしようもなくなる事だってあるんだよ。
    その時に頼れるのは……子供には親しかいないんだ。だから、もっとうざいくらいに心配してやって欲しい」

美鈴「君の言ってる事は間違ってないかもしれない。でも、人には生き方がそれぞれあるの。
    娘の生き方を、親が簡単に邪魔することは出来ない……もちろん助けてあげたいけど、
    自分の力で歩くべきところもあるんじゃないの?」

上条「アンタの言ってる事も分からなくは無い。でもな、子供はもっと親に頼っても良いんだ。
    そしてその逆、つまり親が子に頼ってもおかしくは無い」

美鈴「親が、子に……?」





295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:15:49.65 ID:Qo/Ab5420



上条「ああ。アンタはあの時、娘に頼るのは親のプライドが許さない、
    それをしたら二度と親として顔を合わせられないと言ったな?」

美鈴「……ええ、それがどうしたの?」

上条「俺はそれが理解できねえんだよ。そりゃ親ってのは子供の支えとなる存在だ。
    出来るだけは立派な存在としている方が理想的だよ……でもな、いつでもそうあるべきって訳でもないんだ」

美鈴「弱さを見せても良い、って言いたいのかしら?」

上条「一度弱い所見たくらいでがっかりするような奴なんて居ねえよ。困ったら頼れば良い。
    辛くなったら泣けば良い、そうやってお互い弱さを見せ合うのも家族なんじゃねえのか!?」

美鈴「そうね……でも、私にだって親としてのプライドがある。それは子供の君が分かるはずも無い。
    分かるはずもない事を偉そうに語るのは危険な事、そして君の考えは理想論にすぎないわ」

上条「理想なんかじゃない、現実だ。俺の父さんは俺の前で不安を打ち明けた、耐えきれずに涙を流した、
    自らの弱さをすべてさらけ出した。それでも、俺は父さんを少しでも軽蔑したり失望したりはしなかった。
    どうしてか分かるか? そんなの簡単だ――それ位で親子の関係なんて揺るがないんだよ」

美鈴「……君のお父さんは素敵な人ね、少し羨ましいわ」

上条「別に何の変哲もないただの父親さ、命を狙われた御坂さんの時とは全然状況が違う。それに……もしかしたら、
    アンタが娘に電話しなかったのは、子供を危険な目に遭わせたくないっていう親の本能かもしれないしな」

美鈴「本能……か。ずいぶん優しい言い方をしてくれるわね。でも、私に弱さを見せる事ができるのかしら……」

上条「いいぜ、御坂美鈴。アンタが自分をさらけ出せないって言うのなら――」





296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:16:36.60 ID:Qo/Ab5420




上条「――――まずは、そのふざけたげ……ぐう……ぶち……すう……」



美鈴「あら……酔いつぶれて寝ちゃったのね」

上条「うーん……ぶち……こわ……すぴー……」

美鈴「ふふ、ずいぶんナマイキ言ってくれたわね上条くん? まっ、子供でも色々思う所はあるわよね」

上条「……せっきょ……っきょう……たのし……ぐう」

美鈴「でも、そういう子は嫌いじゃないわよ。……美琴ちゃんも、これにやられたのかしらね」





297: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:17:51.12 ID:Qo/Ab5420



翌朝


美鈴(……ふう。シャワー、勝手に借りちゃったけど大丈夫よね?)

美鈴(うーん……でも何だかスッキリね。色々言ったせいかしら)


美鈴「さーて、上条くんは……あら?」

イン「とうま、起きてよー。とうまー」

上条「うう……頭が痛い……ごめん、もう少し寝る……」

イン「とうまー? ……もう、仕方ないんだよ」

美鈴「おはよう、上条くんは……起きれないみたいね」

イン「うん……私が寝た後何かあったの?」

美鈴「んー? 別に大した事は無かったわよ。ただ……お説教されたくらいかしら?」

イン「……うん、とうまはいつでもとうまなんだね」

美鈴「そういえば……気になっていたんだけど、あなたって上条くんの恋人?」

イン「えっ!? わ、私は別に恋人では無くて、でもそういうのが無いという訳でもなくて……その、えっと」

美鈴「ふふ、分かったわ。つまり……美琴ちゃんのライバルね?」

イン「う、うう……ちょっと意地悪かも」





298: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:18:23.63 ID:Qo/Ab5420



美鈴「ねえ、もう一つだけ聞いてもいい?」

イン「……答えにくい質問以外なら」

美鈴「学園都市で生活する事……あなたはどう思う? 危険だと思わない?」

イン「私は……とうまの近くにしか居られないから何とも言えないけど、この都市は決して安全ではないと思う」

美鈴「そう……やっぱりそう思うのね」

イン「でも、とうまが居るから大丈夫。きっととうまは、私だけじゃなくて他のみんなも守ってくれるから」

美鈴「美琴ちゃんもその『みんな』の中に入っているのかな?」

イン「もちろんなんだよ」

美鈴「なるほどね……ありがとう、それさえ聞ければもう安心。私はもう行くから、上条くんによろしく言っておいてね?」

イン「うん、あなたも気を付けてね」





299: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:19:07.13 ID:Qo/Ab5420



常盤台学生寮


寮監「御坂、来客だ」

美琴「来客? 誰だろう……って!?」

美鈴「ヤッホー! 美琴ちゃん、元気にしてた?」

美琴「な、何しに来たのよ」

美鈴「えー? 何その言い方、せっかく愛しの娘に会いに来たのにー」

美琴「……気持ち悪いんだけど、何かあったの?」

美鈴「まーまー。それより、こっちに来なさい」

美琴「はあ……何する気――へっ? ……何よ、急に抱き着いたりして」

美鈴「何でもないわ、ただ……こうしたかっただけよ」

美琴「……変なの。まっ、別に良いけどね」

美鈴「あれ? 美琴ちゃん、もしかして照れてる?」

美琴「照れてなんていないわよ! ……それより、来るなら来るで連絡くらいしても」

美鈴「本当は泊まるつもりも無かったんだけど、上条くんに面倒見てもらっちゃってね」

美琴「……その話、詳しく聞かせてもらえるかしら?」





300: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) 2011/06/14(火) 06:20:33.07 ID:Qo/Ab5420



美鈴「んー? 何? 気になるのー?」

美琴「べ、別にそういう訳じゃないわよ! ただ、ウチのバカ母が迷惑かけたって事だったら謝らなきゃいけないじゃない!」

美鈴「なるほど、それを利用してデートするって訳か! なかなかの策士ね、さすがわが娘!」

美琴「……そうかその手が、ってちがーう!! ……で、本当に迷惑かけてないでしょうね?」

美鈴「一晩泊まったのと、シャワーを借りたくらいかしら? あと、なかなか熱い子よね、私も久しぶりに色々してスッキリしちゃった」

美琴「…………アイツ、やっぱり人妻狙いだったのかああああ!!!」

美鈴「お、落ち着いて。ところで美琴ちゃん、上条くんの事……気になるんでしょう?」

美琴「えっ!? いや、そんな事は……その……」

美鈴「ふふ、素直じゃないのね。でも、あの子……少しパパに似てるかも」

美琴「似てる……?」

美鈴「言葉で何かを相手に与えようとする、そういう姿が似てるかもしれないって事。
    ……もっとも、上条くんのは理論も何もない感情論だったけどね。まっ、あの年くらいなら仕方ないか」

美琴「で、でも……」

美鈴「それがまたカッコいい、って言いたいのかしら?」

美琴「そうそう……って違うってば! それよりいい加減に離して!」

美鈴「はいはい、もうちょっとだけねー」

美琴「……もう、何なのよ」











元スレ
SS速報VIP:上条「説教がしたい……」