1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 02:39:36.44 ID:YXKVeJ5y0


P「んじゃ、俺上がるからあとよろしく」

律子「はい。お疲れ様でした」

貴音「私もそろそろ……」

P「貴音もか。なら一緒に帰る?」

貴音「そうさせていただこうかと」

律子「また明日ね」

貴音「失礼します、律子嬢」

P「また明日な」

バタン


P「…………」

貴音「………あんちゃん」

P「ん?」

貴音「らぁめん屋連れてってえな」

P「いいよ」




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 02:47:24.63 ID:YXKVeJ5y0


P「しかし先週も先々週もラーメン食べたっていうのに…」

貴音「いくら食べても飽きるもんやないんです」

P「そう?」

貴音「そうです。せやのに分かってもらえへんのが悲しゅうて…うぅ……」

P「まあラーメンは俺も好きだけどさ…」

貴音「ほないきましょ、ね」

P「…あっ」

貴音「今日は雨上がりやし、涼しくて好きやわ」

P「………」

貴音「……気持ちええ夜ですね」

P「……だな。ラーメン屋行くか」

貴音「はい」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 02:53:17.00 ID:YXKVeJ5y0


──────

「らっしゃい。おぉ貴音ちゃん」

貴音「大将、今日も来ました」

P「ども」

貴音「とりあえずいつものやつ頼みます。醤油の」

「あいよ。兄ちゃんは?」

P「じゃあ、俺も同じやつ……」


貴音「……あんちゃん」


P「………とんこつで」

「了解。ちょっと待ってな」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 02:56:40.27 ID:YXKVeJ5y0

貴音「いっつも言うてますのに……」

P「だって迷うし……」

貴音「こういうときはちゃう味にせなあきません」

P「気を付けます」

貴音「お願いします」



P「……いやー、涼しいな」

貴音「…屋台やとこの季節は気持ちよく食べれるんですよ」

P「うん。ちょっと肌寒いけど……」

貴音「食べとったら温まります。ちょっと我慢してください」

P「……お前はちゃっかり上着羽織ってるんだな」

貴音「女性のたしなみですから」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:01:50.34 ID:YXKVeJ5y0


──────

「あいよ、醤油ひとつとんこつひとつ」ドン

P「どうも」

貴音「おおきに」

P「貴音、箸とって」

貴音「はいな」

P「ありがとう」

貴音「ほないただきます」

P「いただきます」



貴音「……ふぅ、ふぅ…はふっ…ふっ…ん…」ズルズルズル

P「ふーっ、ふーっ……ふーっ……」

貴音「……はぁ…ふぅ…はふ……」ズルズルズル

P「……ふーっ…ふーっ、ふーっ…」チュルチュル



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:06:31.60 ID:YXKVeJ5y0


貴音「…んく、ゴク……ぷはぁっ」

P「はーっ…はっふ…あっふ…」ズルズル

貴音「…あんちゃんは相変わらず猫舌なんやね」

P「ふっ、はふっ……ゴクッ、はあっ……何て?」

貴音「食べ方がおもろいなぁ思ったんです」

P「……変だった?」

貴音「いいえ。お構い無く」

P「……?」

貴音「お水もらえます?」

P「あぁ、はい」

貴音「おおきに」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:12:38.30 ID:YXKVeJ5y0


貴音「……はっ…ふっ……」ズルズルズルズル

P「…貴音は食いっぷりがいいな」

貴音「らぁめんは思いっきり食わな美味しくないんです……」ズルズルズルズル

P「それにしても……アイドルが口一杯に頬張って」

貴音「はんはいいはいあ?」ズルズルズルズル

P「………いや」

貴音「はえほんえんはあひやわへんほいへ」ズルズルズルズル

P「…何言ってんのか分かんないぞ」

貴音「………ゴクッ……ふぅ…」


貴音「…食べとんねんから邪魔せんといてください」

P「……あぁ…ごめん」

貴音「……ええんですよ。ふふ…」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:18:42.58 ID:YXKVeJ5y0


貴音「……あんちゃん、とんこつ一口食べても…」

P「欲しいか?いいぞ」

貴音「…いただきます」

P「俺も醤油貰うな」

貴音「どうぞ」



貴音「…冷ましすぎ……」ズルルルッ

P「…ごめん…」チュルチュル

貴音「こんなんやったら、一緒に食べるのも苦労しますね」ズルルルルルッ

P「そうだなあ…」チュルチュル

貴音「…ゴクッ…まあ、それでも構わんからええんですけどね」

P「頑張って熱いの慣れるようにするよ」

貴音「楽しみにしときます」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:23:26.71 ID:YXKVeJ5y0


P「…んっ…ゴクリ……ふう、温まってきた」

貴音「だから言うたでしょ?すぐ温まるって……はふっ……んふ…」ズルズルズル

P「……いつの間にか上着脱いでるし」

貴音「気づかんかったんですか?」

P「いや、ホントにいつの間にだよ」

貴音「そら気づかれんようにしたんですから……ふっ…む…」ズルズルズル

P「ん? なんで?」


貴音「……ぷはっ……脱ぐところを見られていい殿方は一人だけや言うことですよ」

P「へえ……」

貴音「…………はぁ」

P「?」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:32:18.26 ID:YXKVeJ5y0


──────

貴音「大将、ほなまた来ます」

P「ご馳走さまでした」

「おうよ。いつでもいらっしゃい」

貴音「ではこれで」

「ありがとうございましたー!」



P「はぁ、腹一杯……」

貴音「ご馳走さま、あんちゃん」

P「ああ」

貴音「……ふぅ…ようけ食いました……」ポンポン

P「替え玉頼んでたもんな……ポンポンするな」

貴音「一人やとそんなに食わへんのですけど…つい」

P「そうだったの?」

貴音「そこまで食欲が進まんって言いますか……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:35:59.92 ID:YXKVeJ5y0


P「一人のときと何か違うのか?」

貴音「そら全然」

P「へぇ…?」

貴音「……当たり前やないですか。いっつもあんちゃんと食っとんのに、今さら一人で食うても楽しくないんよ」

P「そっか」

貴音「そうです」

P「そうだなあ。俺も何て言うか……」



P「…貴音といると、ラーメンが美味しい気がする」

貴音「…………意味分かって言うてます?それ……」

P「……?」

貴音「………はぁ」


貴音「あんちゃんはいけずやわ…」

P「?」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:40:09.74 ID:YXKVeJ5y0


貴音「で、もう帰りはるの?」

P「まあこんな時間だしな……送っていくよ」

貴音「…じゃあ、送り狼にならんといてくださいね?」

P「なっ、ならないよ」

貴音「ならんのですか?残念……」

P「んんっ?」

貴音「どないしました?」

P「…変なこというなよ」

貴音「仕返しです」

P「なんの仕返しだよ…?」

貴音「ふふふっ……何も」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:48:41.41 ID:YXKVeJ5y0


──────

貴音「……ここまででええよ」

P「え?まだお前の家までもう少し……」

貴音「ええの」

P「でも、せっかくだし」

貴音「ええの。ここでええの」

P「……そっか」


貴音「…………ごちそうさま」

P「…どういたしまして」

貴音「…………」

P「…………」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 03:54:12.79 ID:YXKVeJ5y0


貴音「……ほな、また明日…」

P「おう……また明日」

貴音「…………」

P「…………」



貴音「………行かんの?」

P「いや、見送ろうと思って」

貴音「うちかてそう思っとったんやん」

P「あらら」

貴音「…あーらら」


P「……俺は先に帰らないからな。プロデューサーだもん」

貴音「……うちもやわ」

P「…どうする?」

貴音「どうしましょ……?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:03:03.78 ID:YXKVeJ5y0


P「…貴音、帰れよ」

貴音「あんちゃんが先帰りぃな」

P「もう遅いから。日付変わっちゃうから。終電なくなるから」

貴音「せやったら帰りぃな」

P「だから俺はプロデューサーとして、お前を…」

貴音「もう、さっきから何やの?それ」

P「心配な目に会わせたくないからな」

貴音「……うちがそんなに心配?家すぐそこやのに」

P「もちろん」

貴音「このまま電車なくなったらどないすんの?」

P「……さあ…」


貴音「………あほあんちゃん」

貴音「…ほんまに電車なくならしてまうで……?」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:10:34.65 ID:YXKVeJ5y0


P「…………」

貴音「…………」

P「…………」

貴音「……はよ行かな。な」

P「だからお前が帰ったらだな……」

貴音「あほちゃうん?そんなんばっか言うて。あんちゃんあほや」

P「だからプロデューサーとして…」

貴音「……あほらし」

P「……ホントだよ、もう」


貴音「……もうええわ。ほな来て」

P「おっ」

貴音「最後まで送ってくれへん?」

P「はっはっ。よしきた」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:19:51.21 ID:YXKVeJ5y0


貴音「もう……次はうちが見送るんですからね」

P「そんな日はないと思うな」

貴音「いいえ。あります」



P「でも、なんで最初家の手前まででいいなんて言ったんだ?」

貴音「分からんのやったらいいです」

P「えー?なんでだよ」

貴音「……わざわざ言うことでもあらへんもん」

P「うーん…何でだろう……」

貴音「別に考えんでええんです!」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:21:54.46 ID:YXKVeJ5y0


──────

貴音「着きました」

P「おう。お疲れ」

貴音「中まで来んでいいですよ」

P「それはさすがにな」

貴音「…………」

P「じゃ、今度こそまた明日」

貴音「………また一緒に」

P「おう、いつでもいいぞ」

ガチャ

貴音「………お休みなさい」

P「………お休み」


パタン



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:24:24.28 ID:YXKVeJ5y0


P「……………」

P「……………」


P「……………」


──────
ガチャ

『やっぱもう遅いし……今日は泊まっていきぃや』

──────


P「………なーんて」

P「………帰ろ」スタスタ



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:28:01.25 ID:YXKVeJ5y0








ガチャ

貴音「…………」

貴音「………………」



貴音「………帰るん早いねん、あほ」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:35:58.24 ID:YXKVeJ5y0


──────

貴音「おはようございます」

P「おう、おはよう」

律子「どうしたの貴音?今日はずいぶん早いのね」

貴音「たまたま朝早く起きてしまったので…」

P「寝られなかったのか?」

貴音「いえ、そのようなことはありませんので。本日もよろしくお願い致します」

P「そうか」

律子「じゃ、私はもう出掛けないといけないので。プロデューサー、他の子達への連絡お願いします」

P「あいよ。行ってらっしゃい」


バタン



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:40:08.98 ID:YXKVeJ5y0





貴音「……あんちゃん、なぁあんちゃん」

P「うん?」

貴音「もう少し粘ってくれてよかったんちゃうん?」

P「は?」


貴音「……何もありません。あほ」

P「えぇ…?」

貴音「もうええんです」


貴音「今日もらぁめん屋連れてってな?」

おわり



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/01(月) 04:46:34.56 ID:YXKVeJ5y0

貴音に関西弁喋らせたかっただけ
中身なさすぎわろた

おつきあいありがとう


元スレ
貴音「あんちゃん、なぁあんちゃん」